10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信

PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください!


結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!



GHEEE / CINQ

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)

【収録曲】
01. Insomnia
02. Empty laurel
03. There's a way
04. Mind bomb
05. Goodbye & Lullaby
06. Hello Cheers
07. Alone ahead
08. For real
09. There's a way(ACOUSTIC)
10. Goodbye & Lullaby(DEMO)
11. Beautiful stungun (ACOUSTIC)
他、全18曲収録


GHEEE “CINQ” medley


INTERVIEW : GHEEE

ミュージシャン同士が集まって2007年に始動したGHEEE(ギー)が、今年で結成10周年を迎えた。そして、アニヴァーサリーを飾る5枚目のアルバム『CINQ(サンク)』が完成! 聞けば、前作『QUAD』以上の強行軍で制作は進んだそうだが、やはり音源ではそんなことをまったく感じさせないのが彼ららしい。

ツイン・ヴォーカル、シンプルかつラウドなギター・ロック、スピード感のある英詞曲といった持ち味は健在でありながら、今のGHEEEは曲作りの際に浮かんだ言葉や鳴らしたくなったフレーズを自然なまま曲に反映させていて、楽しさがより前面に出た気もする。アルバムには、アコースティックやデモ・ヴァージョン、インストも収録されているので、このバンドの凄みを多角的に堪能してみてほしい。

そんな新作『CINQ』について、10年やってきたからこそのバンドの強み、メンバーの関係性などにも触れながら、GHEEEを引っぱる近藤智洋と深沼元昭に話を聞いた。

インタビュー & 文 : 田山雄士

何歳になろうと好きなモンは好き

──10年続きましたね、GHEEE。何気なく見えるかもしれないけど、すごいことだと思うんです。

近藤智洋(Vo&Gt) : 本当だよねえ。俺らもこんなに続いたのは、まったく想定外で。そりゃあ1、2年でやめるつもりもなかったけど、先のことなんて何も考えてなくてさ。

深沼元昭(Vo&Gt) : GHEEEを始めた頃は「プロ・ミュージシャン同士が集まって組んだバンド」ってインタビューとかで話してて、「デビューするぞ!」みたいな感覚とはまた違うのがすごく新鮮で。「部活のようにやれればいいかなあ」と思ってたんですけど、部活だったらとっくに卒業してますよね(笑)。

近藤 : 留年してる(笑)? こういうバンドってたぶん2、3枚出したら、だんだん会わなくなったり、ライヴの間隔が空いたり、自然消滅するのがほとんどだと思うんだけど。なんでだろうね?

深沼 : 各自のバンドもある中で、フレッシュさを求めて始まるパターンがきっと多いんだろうし。役目を終えたのなら、やめるのは悪いことじゃないですけどね。

──結成当初から、簡単に終わらせたくない思いはありましたよね。

深沼 : 特に1st『GHEEE』、2nd『Reconquista』の頃はね。「企画色があるように見られるけど、そうではないんだよ?」という。で、だんだん部活感も抜けていって。

近藤 : うん。それぞれがメインのバンドを含めていろんなことをやりつつ、間にGHEEEが入ってくるペースが、3rd『Ⅲ』あたりからうまく掴めてきたかな。何よりも、4人の空気感が合ってるのがいちばん大きいね。たまに集まってもごく自然に再開できるのって、なかなかない関係性かもしれない。

深沼 : いつもの雰囲気にすぐなれるんですよね。でもって「次はこうして行こうぜ!」みたいなのをガツガツ言う感じはまったくない。だから、ずっとあっていいバンドなのかなと思ってます。

2008年のアーティスト写真より

──ライヴ活動もほぼ止まってない気がします。

深沼 : 続いてますね。

近藤 : みんな大変なはずなのに、GHEEEは集まったときに誰も焦ってないのがいいよね。ライヴが近い中でリハが少なくても、レコーディングの日程が詰め詰めでも、焦らないというか出さないというか、逆に笑っちゃってる。それが居心地よくいられる理由かな。陰ではきっとがんばってくれてて、さりげない大人な感じ。

深沼 : いざやるとなったら、曲をバンと書いて、ダーッとアレンジして、一瞬でレコーディングしますよね。あと、Hisayoちゃんはファイルのやり取りに慣れてるから、GHEEEの場合は俺も近藤さんも歌とギターだけ入れたデモを彼女に送る。そうすると、ベースを入れて返してくれるんで。

近藤 : おかげで、スタジオに入れないときでもアレンジの形は見えやすいよね。

──スピーディーですよね、作業が。

近藤 : 『CINQ』の取材もこれが初めてだから、まだぜんぜん整理できてないよ(笑)。リズムは一日だけで全曲録ったけど、やっぱりピリピリなんてしてなくて。

深沼 : その質自体が10年間変わらないですよね。

近藤 : そこまで考えてメンバーを集めたわけじゃないから、結果的によかったなと。計画性は本当にない(笑)。だって、去年だもんね。「来年で10周年だよね」ってのがライヴのMCでポロッと出て。

深沼 : 「そういえば」みたいな感じでしたね。ライヴ中に思い出したように言うのもおかしな話だけど(笑)。

近藤 : 10年でいちばん変わったのは、そうやってリラックスしてライヴをするようになったことだと思うよ。当初よりもMCの時間が増えたじゃん。曲でかっこいいところを見せられる自信もあるから、気負いがどんどんなくなって。そのギャップを俺ら自身が楽しんでる。

深沼 : バンドって本来もっとストレスがあったりするものだから、人の組み合わせにしても、まだ楽しめてるのも、ある種のミラクルですね。お客さんにしても、GHEEEはずっと見てくれてる人がたぶん多いんですよ。それでも今も楽しんで聴いてもらえて、ライヴは昔よりも盛り上がりやすい気がしてて。

──そうですね。

2008年のライヴより

深沼 : 30代から40代になっていく中で、いわゆるヘヴィなギター・ロックをどう楽しめばいいのかみたいなことを10年前はよく考えてたけど、GHEEEがこうして10年続くうちに「好きならいいじゃん」って。リスナーも含め、大人になったら大人な音楽を聴くのかと思いきや、意外にそうでもなくて、何歳になろうと好きなモンは好きなんですよね。適齢期なんてない。

近藤 : だと思うよ。俺も50歳の壁を過ぎたけど、なってみたらどうってことなかった(笑)。

──PEALOUTとPLAGUESから聴いてますけど、好きな音楽はやっぱりずっと好きですよ。

深沼 : そうそう。僕もその感覚がわかったし、GHEEEのお客さんもわかってくれてる気がします。今は「これでいいんだ」ってのをしっかり自覚してて、もう葛藤がない。10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてるのが大きいですね。

10年の経験上、近藤さんの意見を取り入れたほうが面白くなる

──じゃあ、ニューアルバム『CINQ』の話に行きましょうか。

近藤 : そうだね。去年のライヴで「10周年となれば、アルバム作らなきゃいけないねえ」とかMCでしゃべりながら、だんだんと自分たちの中で制作モードにしていった感じかな。

深沼 : なんだかんだで普段から、近藤さんも僕も新曲を作ってきたりしますしね。たまに、2ヵ月くらいライヴ間隔が空くこともあるんです。そういうときに「せっかくひさしぶりだし」って感じで持ってくる。


GHEEE “Empty laurel” (Official Music Video)

──それがアルバムに繋がっていく。

深沼 : そうですね。「Alone ahead」がいちばん古くて、「Hello Cheers」「Mind bomb」ができて。このへんは早くからありました。

近藤 : レコーディング直前のライヴで「Empty laurel」「There's a way」を1回だけやったね。それ以外は録音のときに初めて合わせた。

深沼 : この9月から10周年のツアーが始まってるんで、今となってはすでに全曲ライヴでやってますけどね(笑)。オープニングの「Insomnia」も土壇場で僕が書いて。

──びっくりしましたね、いきなりのインストで。これまでとはまた違うテイストが、1曲目から伝わってきたので。

深沼 : ツイン・ヴォーカルのバンドなのに、のっけからどっちも歌わないっていう(笑)。

近藤 : それが意表を突く感じでいいかなって、敢えて1曲目にしたの。「かっこいいけど、置き場所に困るね」みたいな話はしつつも。

深沼 : 僕はそういうとき、わりと保守的なんですよ。「真ん中あたりにしましょう」とかね。でも、近藤さんはイケイケなことを言う。

近藤 : 「絶対、1曲目がいいよ!」ってね(笑)。

深沼 : 10年の経験上、近藤さんの意見を取り入れたほうが面白くなるから。あと、「Insomnia」では12弦ギターを弾いてます。たまたま買ったので、使ってみたくて。

(2011年)

──深沼さんはそうした閃きが楽曲に繋がりますよね。以前も話に出ましたけど(※)、chayさんのプロデュースでマンドリンを使った経験を自分の作品にも活かしてて。今回もマンドリンは登場してるし。

Mellowhead『Kanata』インタヴュー
http://ototoy.jp/feature/201504220001

近藤 : 本当だ。マンドリンがアコースティック・ヴァージョンで活躍してる。

深沼 : 確かに、僕はこうやって曲に出ますね(笑)。「Insomnia」はマンドリンに近いアプローチを12弦ギターで弾いた感じです。でもね、メンバー全員そういうのたぶんありますよ。GHEEEの外でもらった刺激が自然に集まってるというのかな。

──「新作にこんな要素を入れたい」的な話は改まってしないってことですよね?

深沼 : しない! 曲が完成したら入ってた、みたいな(笑)。

近藤 : 曲を持ってきたときに、「あ、今こういうモードなんだな」ってのを他のメンバーが感じ取るんだよね。口であーだこーだはほぼ言わない。

深沼 : 演奏したりライヴのアレンジをしたりしながら、「なるほどな」と推し量っていくんです。

近藤 : アルバムの曲が揃ってきたら、たとえば深沼くんが「ちょっとゆったりしてて長めの熱すぎない曲が欲しいですね、近藤さんお願いします」みたいにトータル・バランスを取ってくれるんだよね。それで今回だと、俺が「Goodbye & Lullaby」を作った感じ。

──この曲はあとからアルバムに入った感じがしますね。

深沼 : 近藤さんが曲を作る場合って、弾き語りをパッと持ってきて、アレンジをみんなでやることが多いけど、「Goodbye & Lullaby」は近藤さんの中で明確なビジョンがあったから、それを膨らませてバンド・ヴァージョンにしました。デモがすごくよかったので、ボーナス・トラックで入れちゃってます。英詞の雰囲気もいいですよね? 〈Too late〉〈to wait〉とか、きっちりライムしてて覚えやすい。

近藤 : うん。GHEEEの楽しみどころのひとつに「英詞を書ける」があるからね。近藤智洋のソロは日本語詞でやってるけど、PEALOUTのときも英詞はやってて得意なんだ。で、中学生でもわかる英詞にしてる。あのね、訳詞を書くのが好きなの。

深沼 : いい感じの超訳なんですよね。(歌詞カードを見ながら) あ! 「Hello Cheers」のサビにも超訳ありますよ。“pureness”の訳が“守るべき純粋さ”になってるもん。

近藤 : ふはははは!(笑)

(2011年)

──「Hello Cheers」と「Mind bomb」は先にライヴでやってたのが意外でした。

深沼 : 「Hello Cheers」は、近藤さんのシンプルなコード進行が好きなところが出てますよね?

近藤 : そうそう、最近のモードというか。誰でも弾ける、CとGとAmみたいな感じのノリでさ(笑)。いろんなことを経て、やっぱり思考がシンプルになってるんだろうね。

深沼 : それが新鮮な響きになったりするんですよ。どうアレンジしようかすごく考えるし。

近藤 : 去年ライヴでやってたときはここまで壮大じゃなかったから、意外に感じるのかもね。レコーディングでかなり変わったと思う。エンディングの部分でスライド・ギターが入ったのとか、びっくりしたもん。あれは深沼くんが足してくれて、「おっ、こう来たか!」みたいな喜びがあったな。

──「Hello Cheers」が近藤さん、「Mind bomb」が深沼さん作なんですけど、初めて聴いたとき、個人的には逆に感じました。

近藤 : へえぇ〜、そうなんだ! 「Hello Cheers」は深沼くんに目立つところを歌ってもらってるからかな。

深沼 : 声張ってますからね。「Mind bomb」に関しては、確かに僕の曲としてはちょっと変わってるんですよ。

近藤 : 俺も新鮮だったね、「Mind bomb」は。デモを最初にもらったときに「深沼くんがこのリズムは珍しいな」と。

深沼 : 変わったことをやろうと思ったわけじゃないんですけど、なんとなくできちゃって(笑)。最初にリフがあって、それを弾いたときにいっしょに出てきたリズムで。

──インスト・ヴァージョンを聴くと、その変わってる部分が伝わりやすいです。

深沼 : Aメロもサビもずっと同じコード進行で、ちょっと視点を変えてるだけですからね。こういうトライバルなノリもなかったか、そういえば。ライヴでやってたんで、レコーディングでもYA/NAさんはすんなりいいドラムを叩いてくれました。

改まって話さなくても、バンド内のムードとして自然と合ってくる

(2014年)

──アルバム全体のサウンドについては、何か意識しましたか?

深沼 : 僕自身がエンジニアを毎回やってるので、リリースして3年くらい空くといろいろ考えますよね。3rd『Ⅲ』と4th『QUAD』はぎっちり詰まった筋肉質な音だったんですけど、今回はヘヴィでありつつももう少し抜けのいい、透明感のある音にしたくて。ハイファイさを意識しました。

近藤 : 前作よりも音がちょっと小っちゃく感じるんだけど、マスタリングで敢えて詰め込まなかったってことなんだ。そのおかげですごく豊かに聞こえると思う。ハイレゾ向きなんじゃないかな。

深沼 : 「Silver tongue」みたいなベース中心な曲の場合は、マッチョに録ったほうが映えるじゃないですか。そういう音圧も大事なんだけど、前作までである程度やり切ったんで、なんか違うのをやりたくなってきて。やっぱり、アルバムごとにサウンドもかなり変わってるんですよね。


GHEEE「Silver tongue」

──ツインギターもちょっと違った質感ですね。特に「Alone ahead」「For real」あたり。

深沼 : 絡め方はけっこう変えました。以前なら、ギター2本入れた上で味付け用のもう1本を足すことが多かったんですよ。そこを2本で翻訳するようになってきてる。隙間を作りたい気分だったので。

──クリーントーンを活かしたいのもあったのかなと。

深沼 : はい。歪ませたほうが面で埋まるので単純に迫力は出るんですけど、クリーンで鳴らすことを意識しましたね。やや足りないくらいの歪みで弾くのが、今は好きな音だったりする。

近藤 : 俺も今はその気分なんだよね。改まって話さなくても、バンド内のムードとして自然と合ってくるものでさ。「Insomnia」なんかインストだから、入れようとすればいくらでも入れられるんだけど、そこを抑えられてるのがいいポイントだと思う。

──その一方で、GHEEEの10年をストレートに感じる「Empty laurel」のような曲もちゃんとありますね。

近藤 : 頭で印象的なギターリフが鳴って、まさに王道だよね。集大成感もある。

深沼 : メロディの流れも展開もGHEEEらしいので、10周年っぽいかもしれないですね。

(2014年)

──そして、10年前のナンバー「Beautiful stungun」も。

深沼 : アコースティック・ヴァージョンで入れました。「Beautiful stungun」はね、近藤さんと2人でアコースティック・ライヴでやると、原曲とまったく違う別モノになる感じで面白いんですよ。だから、形として残したくて。

近藤 : そもそもアコースティックでやるタイプの曲じゃないから、昔は力業で成立させてたよね。でも、今やすっかり得意になった。

深沼 : もうひとつの「There's a way」も録ってて楽しかったですね。近藤さんのこういう曲って、アコースティックですごく映えるから。

近藤 : 10年の流れも見えるところがあるし、新しいGHEEEも感じられるアルバムになったんじゃないかな。先のことは……やっぱり決めてない(笑)。

深沼 : 決めないから続いたバンドですしね(笑)。GHEEEの空気を吸うために集まるのは、10年経った今も楽しいですよ。


過去作 & 関連作品

過去の特集記事

>>Mellowhead『Kanata』リリース時のインタヴュー(2015年4月)
>>GHEEE『QUAD』リリース時のインタヴュー(2014年5月)
>>PLAGUES『CLOUD CUTTER』リリース時のインタヴュー(2012年10月)
>>GHEEE『Ⅲ』リリース時のインタヴュー(2011年5月)

RECOMMEND

amenoto / 草々

GHEEEとレーベル・メイトである石井翠のソロ・プロジェクト、amenotoの最新作。今作はバンド・メンバーによってレコーディングした3曲に、彼女自身がDTMで全てのトラックを制作した2曲を加えた全5曲を収録。


佐々木亮介 / LEO

ベース・Hisayoがメンバーを務めるa flood of circleのギター・ヴォーカル、佐々木亮介の初ソロ作品。バンドとは一味違ったブルース色が強く反映された全6曲を収録。録音は世界的にも有名なRoyal Studios。

LIVE SCHEDULE

GHEEE 10th Anniversary ONE-MAN Tour 2017

2017年11月11日(土)@福岡public bar Bassic【近藤&深沼弾き語り】
2017年11月12日(日)@福岡INSA
2017年11月25日(土)@下北沢CLUB Que

ライヴ情報の詳細はこちら

PROFILE

GHEEE

90年代中盤以降、渋谷系の流れを受けて先鋭的かつ洋楽志向のギターロック・バンド達が独自のシーンを築く中、その代表的存在として活躍していたプレイグス、ピールアウト、ゼペット・ストア。その中心メンバー達にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり、2007年初頭、新たに「GHEEE」(ギー)を結成。ピールアウトとプレイグスのフロント・マンだった近藤智洋と深沼元昭がツイン・ボーカルをとる夢の2トップが実現。これまでに4枚のアルバムを発表し、全国各地でライブも展開。そのラウドかつ問答無用のギターロックは世代を超えて熱い支持を集めている。今年でちょうど結成10周年を迎え、3年ぶりとなる待望の5thフル・アルバムが完成!

【GHEEE are】
■Vocal&Guitar : 近藤智洋(ex.PEALOUT)
■Vocal&Guitar : 深沼元昭(PLAGUES / Mellowhead)
■Bass : Hisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)
■Drums : YA/NA(ZEPPET STORE / vez)

GHEEE Official HP http://www.lavaflowrecords.com/gheee/

 
 

インタヴュー

15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年11月22日・15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始 今年2017年に結成15周年を迎えた“neco眠る”。そんなアニバーサリー・イヤーに、彼らから新作アルバム『Typical』が届きましたよ〜!! 新メンバー・おじまさいり((Key from CASIOトルコ温泉)加入後初、そして実験性とポップ・センスが高次元で結合した前作『BOY』以来、実に3年ぶりとなるフル・アルバムとなっております!!! 初期作を担当していた森雄大(Gt)、前作で全曲の作曲を担当したBIOMAN(Synth)、栗原ペダル(Gt)、そして新メンバーのおじまさいりがソングライティングを担当、さらにスチャダラパーやロボ宙、安部勇磨(never young beach)なども参加し、各人の個性が爆発した10曲を収録! そんなバラエティに富んだポップで踊れる今作『Typical』を独占ハイレゾ配信を開始するとともに、メンバーの森雄大、おじまさいりへのインタヴューを掲載します! 3年ぶりフル・アルバム! ハイレゾはOTOTOYだけ! neco眠る / Typical'【配信形態】AL
by JJ
「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース
[CLOSEUP]・2017年11月22日・「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース 数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tearsとしても活動する柏原譲によるユニット、Polarisが2年9ヶ月ぶりとなる新作ミニ・アルバム『走る』をリリースした。〈bud music〉へと移籍後初のアルバムリリースとなる今作は、Nabowaの川上優がサポート・ドラムとして参加。新曲5曲に加え、フィッシュマンズ「SEASON」のカヴァーを含めた6曲を収録し、新たなPolarisのサウンドが凝縮されている。OTOTOYでは今作を1ヶ月独占ハイレゾ配信とともに、オオヤユウスケ、柏原譲の2人へのインタヴューを掲載。今年彼らがどのような活動をし、このアルバムをリリースしたのか、話を訊いた。 2年9ヶ月ぶりの新作をハイレゾ配信! Polaris / 走る (24bit/96kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(
by ?
大西順子、ジャズ・ピアノストを語る
・2017年11月21日・大西順子が語る、ジャズ・ピアノ──アート・テイタムから現代まで つい先ごろ、約8年ぶりのピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして初のバラッド集『Very Special』と2枚同時に新作をリリースしたばかりのジャズ・ピアニスト、大西順子。OTOTOYでは新作に関するインタヴューに続いて、こちらのページではその後編、特別企画として、ジャズ評論家、柳樂光隆を聞き手に、大西にレジェンダリーなアーティストから現代にいたるまでのジャズ・ピアノに関して語ってもらった。レジェンダリーなジャズ・アーティストたちに直接師事、またはバンドのいちいんとして共演し、まさに世界レベルで活躍してきたピアニストたる大西の、その審美眼を通して分析される、ジャズ・ピアノはまさに目から鱗ものの情報ばかりです。 大西順子、新作2作に関するインタヴュー前半こちら 8年ぶりとなる待望のレギュラー・トリオ作品大西順子トリオ / Glamorous Life(24bit/96kHz)'【Track List】01. Essential 作曲 : 大西順子02. Golden Boys 作曲 : 大西順子(モントルーL
ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.