インディR&B? フューチャー・ソウル?──世界規模で盛り上がる音楽シーン、そして連動する日本のバンドたち

森大地(ex-Aureole)、萩原朋学(KAGERO / SaraGrace'sOneHotNight)、tsubatics(ex-Aureole / MUSQIS / suthpire)、松本一輝(THE ROAMERS / リリカ リリス)、桑原渉(WINDOWZ)の5人によって結成されたバンド、Temple of Kahn(テンプル・オブ・カーン)。この錚々たるメンバーの集結により音源発表前から注目を集める彼らが、初のEP『Good Luck EP』を11月8日にリリースする。OTOTOYでは待望のデビューEPを期間限定でフル試聴を行い、Temple of Kahnを読み解くヒントとなるインディR&B、フューチャー・ソウルのアーティストをまとめた記事を掲載。海外だけでなく、日本でも連動するその音楽シーンとともに、その楽曲を聴いてみてはいかがだろう?

Temple of Kahnの初EPを期間限定フル視聴

Good Luck EP / Temple of Kahn

【収録曲】
1. Always Hope
2. Sweeper
3. Cut And Past
4. Passing Through The Gates
5. Levitate
6. The Reason
7. Good Luck


Temple of Kahn / Always Hope


※ 曲名をクリックすると試聴できます。

レーベル kilk records  発売日 2017/11/08

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


“インディR&B”、“フューチャー・ソウル”と呼ばれる音楽をフィーチャー

近年の世界規模で巻き起こっているブラック・ミュージック・シーンの盛り上がりは言うまでもない。そしてこの盛り上がりのおかげもあってか、今やブラック・ミュージックといっても単にソウルやジャズやヒップホップとジャンル分けのすることのできないほど多くの音楽が生み出さ細分化されている。その中でも今世界的に流行し、日本でも徐々に音楽好きの間から広まっているダンス、エレクトロ、ベースミュージックを吸収したブラック・ミュージック、よく“インディR&B”“フューチャー・ソウル”と呼ばれているこの音楽に今回フィーチャーしようと思う。まずはシーンの中心にいる洋楽のアーティストから。

Daniel Caeser


Daniel Caesar / Get You ft. Kali Uchis

カナダ出身のR&Bシンガー。今後の活躍が期待される新人にフォーカスした“Apple Music Up Next”にカナダ人として初めて選出される。今年の夏にはデビュー・アルバムを発売。リード曲のKali Uchisを客演に迎えた「Get You」は、YouTubeで950万回以上再生されている。

FKJ


FKJ / Skyline

パリを拠点に活動するビート・メーカー。ソウルやファンクを軸としながら、ヒップホップ的なサンプリングとエレクトロなグルーヴがうまく溶け合っている。また、キーボード、ギター、サックス、サンプラー、ベース、ラップトップPC、ボーカルと一人七役こなすマルチプレーヤー。

Masego


Masego / Send Yo' Rita!

“トラップハウス・ジャズ”と自らの音楽を標榜する。サックスプレーヤーだが、鍵盤、ベース、ギター、MPCなどを操ることができる。その才能はDJ Jazzy Jeffも高く買っている。また、日本人プロデューサーのstarRoとも共演している。

Syd


Syd / All About Me

ヒップホップ集団OFWGKTAに所属するバンドThe Internetのボーカルを務めるSydのソロ・プロジェクト。The Internetの作品とは違い、よりエレクトロニックな要素が強い。

DEAN


DEAN / love

2016年に自信初のソロ作を出したばかりの韓国出身アーティスト。Anderson .PaakやZicoとのコラボなど一気に躍進している。

khalid


khalid / Young Dumb & Broke

米テキサス州エル・パソ出身の現在まだ18歳であるkhalid。デビュー・アルバムを出したばかりの彼のサウンドは、ソウルをベースに、カントリー、エレクトロの要素も織り交ざっている。

Taylor McFerrin


Taylor McFerrin / 'Invisible/Visible' ft. Bobby McFerrin & Cesar Mariano

ブルックリンを拠点に、プロデューサー、作曲家、ピアニスト、DJとして活躍する。70年代のソウルから近年のビート・ミュージックを感じることのできる2014年に発表された彼のファースト・アルバムには、ロバート・グラスパーやサンダーキャットが参加している。

“バンド・フォーマットで奏でる新しいダンス・ミュージック

ここまで洋楽のアーティストを紹介したが、現在日本でもこの流れを汲んだアーティストも出始めている。ここまで洋楽のアーティストを紹介したが、現在日本でもこの流れを汲んだアーティストも出始めている。例えば、PAELLAS、City Your City、yahyel、D.A.N.。

D.A.N.は昨年に〈FUJI ROCK FESTIVAL〉に、今年は〈SONICMANIA〉への出演を果たしている。yahyelも今年の〈FUJI ROCK FESTIVAL〉に出演と知名度が増している。そしてこの4組に共通しているのが若者からの支持だ。古典的なソウルやジャズとは違い、若者でもとっつきやすい。そのうえ洒落ていてクール。それが若者の得意なSNSを中心に拡散されている。

そして、そんな今流行りのこのシーンの系譜を受けつつ、挑戦的なサウンドを生み出しているバンドがいる。Temple of Kahnだ。ex-Aureole / kilk records主宰の森大地による新バンドであるTemple of Kahnは、“バンド・フォーマットで奏でる新しいダンス・ミュージック”をコンセプトにソウル、エレクトロニカ、ベース・ミュージックとまさしくジャンルの枠を超えたサウンドで“いま”を感じることができる。音源がどうライヴで生まれ変わるかも注目の1つだ。OTOTOYでは、初音源のリリースにあわせインタヴューも掲載予定。その実像に迫る。

※ 曲名をクリックすると試聴できます。

レーベル kilk records  発売日 2017/11/08

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


text by 高柳圭佑

今回紹介したアーティストの配信作品と過去の特集記事はこちら

〈特集記事〉
>>PAELLAS 1stアルバムを語ったインタヴューはこちら
>>『D.A.N.の新譜放談』第1回 :祝1stアルバム・リリース決定!
>>『D.A.N.の新譜放談』第2回 : 今回は「歌モノ」でいってみましょい!
>>『D.A.N.の新譜放談』第3回 : 1stアルバム・ハイレゾ版を先行DL曲付きで予約開始
>>『D.A.N.の新譜放談』第4回 : アルバム祝ブレイク! & 祝フジロック出演!
>>『D.A.N.の新譜放談』第5回 : ひさびさ開催新譜放談、今回は2017前半をゆるっと放談

Temple of Kahn 関連作品はこちら

LIVE INFORMATION

Temple of Kahn “Good Luck” release party
2017年11月12日(日)@神楽音
時間 : Open 18:30 / Start 19:00
出演 : Temple of Kahn / TAMTAM / LAGITAGIDA / マドナシ(キツネの嫁入り)

PROFILE

Temple of Kahn

vo/syn : 森大地(ex-Aureole)、ds : 萩原朋学 (KAGERO / SaraGrace’sOneHotNight)、b : tsubatics (ex-Aureole / MUSQIS / suthpire)、gt : 松本一輝 (ex-THE ROAMERS / リリカ リリス )、syn/tp : 桑原渉 (WINDOWZ) による5人組バンド。2017年5月より都内を中心に活動を行っている。初ライヴは神楽音のこけら落としとなる公演でハイスイノナサ、WOZNIAKと共演。電子パッドやサンプラーを用いた打ち込みを使用しない人力プレイのライヴは、音源とはまた一味違うライヴ・バンドとしての高い評価も得ている。11月には神楽音でTAMTAM、マドナシ(キツネの嫁入り)、LAGITAGIDAを招いたリリース・パーティーも決定。

>>Temple of Kahn official site

o

 
 

レヴュー

セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!!
[CLOSEUP]・2017年11月16日・セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!! 10代の心象風景を激しさとせつなさとともに描く楽曲とライヴで話題を呼んだ3ピース・バンド、セツナブルースター。2008年に活動休止を宣言した彼らが、12月3日(日)、マイナビBLITZ赤坂で開催予定の〈DECEMBER'S CHILDREN〉昼の部で復活を果たす。2002年12月11日にリリースされた『キセキ』発売15周年を記念して、ギター倉島大輔の弾き語りを中心に全収録曲演奏、メンバーの島田賢司(B&Vo)と宮下裕報(Dr&Vo)も出演し、公式には9年ぶりにバンド形式の演奏も行われることがアナウンス。それを記念しOTOTOYではインディーズ期の名盤を一挙配信開始。さらにインディ2ndアルバム『「二十歳」より』のデモ音源を期間限定で試聴解禁。彼らの高校の同級生のライター西澤裕郎がレビューでその歩みを振り返る。この機会を絶対に見逃さないように。 >>セツナブルースター「キセキ」リリース15周年特設ページはこちら セツナブルースター、インディーズ時代の名盤を一挙CD音質にて配信開始 記念すべきインデ
by 西澤 裕郎
【REVIEW】ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信&期間限定フリーDLも!
[CLOSEUP]・2017年11月17日・ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信 & 期間限定フリーDLも! 九州大学のサークル・メンバーで2015年に結成され、はっぴいえんど、山下達郎、PAVEMENT、sea and cake、ミツメ、ホテルドミニク、Mac Demarco...古今東西のポップ・ミュージックたちと、同郷の先達であるNumber Girlをナードな佇まいで咀嚼した、人懐こさと青さ漂うサウンドを鳴らす3人組、その名もよあけ(yoake)。 そんな彼らが九州のオルタナティヴ・シーンにおける最重要人物、PANICSMILE・吉田肇が主宰する〈Headache Sounds〉より初の全国流通作となる1stアルバムをリリース!! OTOTOYでは是非とも多くの人に聴いていただきたく、12月15日の発売に先駆け約1ヶ月の先行配信と、アルバムの楽曲より「MABOROSHI」の期間限定フリー・ダウンロードが決定! レーベル・オーナーである吉田肇のコメント、そしてアルバム・レヴューと共にまずはフリー楽曲の一聴を! アルバム収録曲より期間限定フリー・ダウンロード!よあけ / MABOROSHI(期間
むすびズム、ラスト・シングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年11月21日・むすびズム、ラスト・シングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 ASOBISYSTEM発、5人組アイドル・グループ、むすびズム。12月10日の3周年ワンマン・ライヴをもって解散することになった彼女たちの、4枚目にしてラスト・シングル『恋の戦士』がリリース。前作の『キミに夢CHUXX』に引き続き、今作もSEIJプロデュースによるキャッチーなシンセ・ポップ・サウンドに仕上がっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ独占配信するとともに、メンバーからのコメントを掲載。キラキラ可愛い5人のビジュアルと歌声は永遠です!! アルバム購入でブックレットpdfつき!むすびズム / 恋の戦士【A盤】'【収録曲】1. 恋の戦士2. またね 3. 恋の戦士 -Instrumental-4. またね -Instrumental- 【配信形態】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 300円(税込) / まとめ価格 1,200円(税込)むすびズム / 恋の戦士【B盤】'【収録曲】1. 恋の戦士2. 確信のフライデー 3. 恋の戦士 -Instrumental-4. 確信のフライデー -In
現役高校生5人組ロック・バンド、FAITHがポップ・パンクを正面突破
[CLOSEUP]・2017年11月17日・この音楽は勇気で、正義だ──現役高校生5人組FAITHがポップ・パンクを正面突破 すごいやつらが現れた! 長野県伊那が生んだポップ・パンクのニューヒーロー候補、FAITH! 現役高校生5人組、うち3人が日米のダブルという珍しい組み合わせに加え、Vo.ドリチュラーあかりはSPINNSのモデルとしても活躍中。「モデルがファッション感覚で音楽やってるんだろ?」そう思いの方もいるかもしれませんが、すでに実力は折り紙付き! 今夏開催された10代限定夏フェス〈未確認フェスティバル2017〉ではファイナリスト8組の1組に選ばれており、サウンドも往年のエモ / ポップ・パンク好きにはたまらない海外志向の本格派! OTOTOYではそんな期待のニューカマーの記念すべき初全国流通盤を配信とともに、現役大学生の目線から独自のレヴュー掲載! FAITH / 2×3 BORDER【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 1201円(税込)【収録曲】1. Take me away from here2. Bana Pla3. distance4. DON’T FALL5. S
by 中の人
BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年11月17日・BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信 ウィル・ウィーゼンフェルトのメイン・プロジェクト、バスの3rdアルバム『Romaplasm』が到着した。もはや老舗アンダーグラウンド・レーベルとなった〈アンチコン〉からリリースされた本作は、開放感に溢れるポップな作品に、また“ビートメイカー”から一歩踏み込んだ、シンガー・ソング・ライターとしての側面も前面に出た作品となった。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信。ダディー・ケヴによるマスタリングもぜひとも堪能していただきたい。さらにはレヴューとともに、こちらもハイレゾ配信となっているジオテック名義『Abysma』リリース時の記事も関連作として再掲してお届けします。 Baths / Romaplasm(24bit/48kHz)'【Track List】01. Yeoman02. Extrasolar03. Abscond04. Human Bog05. Adam Copies06. Lev07. I Form08. Out09. Superstructure 10. Wilt11. Coitus12. Broadback【配信形態 /
by 寺島 和貴,河村 祐介
フューチャー・ソウルの新たなページをめくる最新作『ar』──活動再開を果たした吉田ヨウヘイgroupの新作を配信開始!
[CLOSEUP]・2017年11月15日・フューチャー・ソウルの新たなページをめくる『ar』──活動再開の吉田ヨウヘイgroup、最新作を配信開始! 1stアルバム『From Now On』を2013年にリリースして以来、インディ・シーンの注目株として陽の目を観ていた突如、2016年2月に活動を一時休止。同年10月に活動を再開させた吉田ヨウヘイgroupが、『paradise lost, it begins』以来およそ2年5カ月ぶりの4thアルバム『ar』をリリースした。音楽に深い造詣のあるメンバーのセンスや技術が嗜好に寄り添うように体現された本作は、フューチャー・ソウルが盛り上がりをみせる現代の音楽シーンに一石を投じる作品となっている。アルバム全12曲、すべての楽曲で異なる表情を写す吉田ヨウヘイgroupの現在のフェーズが伺える最新作を、OTOTOYでは配信とともにレヴューを掲載する。 吉田ヨウヘイgroupの約2年半ぶりの新作を配信開始! 吉田ヨウヘイgroup / ar'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】 単曲 257円(税込) / アルバム 2057円(税込)【収録曲】''01.
by 中の人
【REVIEW】地に足がついていない!?──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース
[CLOSEUP]・2017年11月15日・【REVIEW】地に足がついていない!? ──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース OTOTOYとレコード・プレス・メーカーの東洋化成によるコラボレーション・レーベル〈TOYOTOY〉から初のアナログ盤となる『銀ギラ』のリリースや、自主企画イベント〈アメ村天国〉の開催など、今年は飛躍の年であることがうかがえる、愛はズボーン。そんな彼らがこのたび満を持して、1stフル・アルバム『どれじんてえぜ』をリリースした。本作のジャケットは世界的画家・黒田征太郎が手掛けている。黒田は愛はズボーンのメンバーたちが敬愛している画家で、まさに細部にまで強い想いが込められた作品に仕上がったと言えるだろう。そんな彼らの活躍を良質なハイレゾ音質で感じることができるのは、OTOTOYだけ! 本作をさらに楽しむテキストとして、レヴューも掲載! 未来の音楽濃縮盤をとくとご堪能いただきたい! ハイレゾはOTOTOYだけ! 未来の音楽が濃縮された、1stフル・アルバム愛はズボーン / どれじんてえぜ'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 2
by 宮尾茉実
《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む
[CLOSEUP]・2017年11月15日・《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む 10年超のバンドキャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らが、この度第9弾「アメニモマケル」の配信をスタートした。彼らの魅力にもっと浸ってもらえる楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみください。 goodtimes、全ての恋愛経験者に捧ぐ第9弾goodtimes / アメニモマケル'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. アメニモマケル REVIEW : 全ての恋愛経験者が唸る、く人の"あの頃"を刺激する goodtimesは前回のインタヴューで、情景が浮かびやすい曲を作っていると語っていたわけだが、今回も人が「もう触れたくない」としまい込んでいた気持ちに、ピンポイントで突き刺さる"あるある"な楽曲「アメニモマケル」をリリー
by 宮尾茉実