【BiS連載vol.86】祝・メジャー・デビュー!! プー・ルイのいなかった6人の約半月を振り返る

2016年9月、5人のメンバーで再スタートを切り、2017年5月に新メンバー・ももらんどとパン・ルナリーフィが加入、GANG PARADEのカミヤサキがレンタル移籍し、現在7人体制で活動中の新生アイドル研究会BiS。5月末より行ってきた全国ツアー〈BAD SOCiAL TOUR〉のファイナル公演〈IDOL is DEAD〉を目前にペリ・ウブが感染性腸炎により入院、無事退院したもののリーダーのプー・ルイがダイエットに挑戦する企画〈DiET or DiE〉でまさかの失敗。9月16日より活動休止となり、6人での活動を余儀なくされた。そして10月6日の赤坂BLITZ公演を6人で迎えたBiS。ライヴ途中でプー・ルイが復帰し、2回目のメジャーデビュー、両国国技館でのワンマンを発表し、再び7人で走り始めた。そんなBiSの6人で活動した期間を6人とともに振り返る。

新生BiS、7人体制での2ndシングルを配信中

BiS / I can't say NO!!!!!!!

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ 400円(税込)

【Track List】
1. I can't say NO!!!!!!!
2. Fly-Brand-new BiS ver-


I can't say NO!!!!!!! / BiS 新生アイドル研究会


INTERVIEW : BiS(プー・ルイ以外)

BiSの歴史のなかで初めてのプー・ルイ不在期間。日数にしてみればわずか20日程度のことだが、メンバーにとってはあまりに濃い日々だったことに違いない。10月6日の赤坂BLITZで復活し、現在7人でリスタートを切ってはいるが、この6人での活動を振り返っておくことは、今後のBiSにとって大きな意味を持つことだろう。2017年8月のペリ・ウブの入院から、プー・ルイの不在、そして復活までの約3ヶ月を6人に振り返ってもらった。

インタヴュー&文 : 西澤裕郎
写真 : 大橋祐希

ペリの入院をきっかけに「Fly」にも向き合えた

──今日は、2017年8月から10月までに起こったBiSの出来事を振り返っていきたいと思います。まず、8月3日にペリ・ウブが感染性腸炎で入院することになりました。それに伴い8月6日に赤坂BLITZで開催予定だった、全国12都市を巡るワンマン・ツアー〈BAD SOCiAL TOUR〉のツアー・ファイナル〈IDOL is DEAD〉が10月6日に延期となりました。そのときの心境を改めて教えてもらえますか。

ペリ・ウブ(以下、ペリ) : この世の終わりじゃないですけど、私には入院する選択肢しか残されていなくて… 飲み込むのに時間が結構かかりました。

ペリ・ウブ

カミヤサキ(以下、サキ) : それまで目標にしていたものが突然なくなっちゃったから、グループの空気的にはズドーンとはしてたかなと思います。ただ、全員がそういう雰囲気になりすぎたらヤバいと思って、私はそれを出し過ぎないようにしていたんです。その分1人でいるときの反動が大きくて…。

キカ・フロント・フロンタール(以下、キカ) : 7人の状態も雰囲気もよくて、満を持して赤ブリいくぞ! って感じだったので、「あぁ、また流れが止まってしまうのか」という焦りみたいなものはありました。もちろん病気はしょうがないんですけど。

ペリ : ものすごく… 何も言えない…。

サキ : これは、克服したから今だからこそ話せることだから(笑)!

ペリ : 落ち込んでいたってことも、今初めて聞いたんですよ。

──メンバーがペリのお見舞いに来たとき、そういう姿は見せなかった?

ペリ : もちろん何もないとは思っていなかったんですけど、私も落ち込んでいたとか考えないようにしてたのもあったので。

──延期になった8月6日は、同じ事務所所属のBiSHとGANGPARADEが代替公演〈SORRY!!NEXT BiS ONEMAN is 10.6!!〉を開催しました。どういう気持ちでライヴを見ていたんでしょう。

サキ : まず2組への感謝があるんですけど、最初はその日を迎えるまでに気持ちを切り替えるのが大変でした。もともとは自分たちが立つはずの赤坂BLITZだったから、2グループに力を借りるっていう気持ちに100%なるまでが大変で。でも、このステージを観ることで10月6日に活かせるはずだからと思って、リハーサルから前向きな気持ちで2組のライヴを観ることができました。

カミヤサキ

ゴ・ジーラ : 中止になって1番ダメージがあるのは、演者じゃなくてお客さんだと思ったので、お客さんたちが報われることってなんだろうって考えたら、その2グループに力を貸してもらうことしかないと思って。2組がお客さんを楽しい気持ちにさせてくれて、ありがたかったです。ただ、リハーサルを観たときに、「あぁぁぁ、立ちたかったー!!」、羨ましいなって気持ちにもなったので、それを10月6日に活かせればいいなと思いました。

──8月6日のライヴでは、当初9月末までとアナウンスされていたサキちゃんとアヤ・エイトプリンスとのレンタルトレード無期限延長も発表されました。

一同 : 忘れてた──!

サキ : もはや忘れるレベル(笑)。

──でも、9月に戻っちゃったら赤坂BLITZはこの7人で立てないわけで、その点ではよかったのかなとも思うんですけど。

キカ : ツアーで「今のこの7人がBiSです」って、言いまくっていましたしね(笑)。

キカ・フロント・フロンタール

──8月26日からは、LSNとのツーマン・ツアー〈BiS vs LSN PSYCHO KiLLERS〉が全国4箇所で行われました。そのツアーで「Fly」を初披露したわけですけど、この曲は旧BiS時代にサキちゃんが初めて付けた振り付けをした楽曲でもあります。現BiS用に、どういうコンセプトで振り付けを再構築したんでしょう?

サキ : 新しい「Fly」の振り付けは難産でした。昔、自分が付けた振りが元にあるのと、オケが新しくなっていることもあって、どこまで昔の振り付けを残して、どこまで新しくすればいいのか、すごく考えちゃって。でも、ペリの入院をきっかけに、この7人で「Fly」をやることの意味を改めて考えて、この7人でできる「Fly」をやろうと思って作り直したんです。例えば、以前はゴキブリ・ジャンプをするところは2人1組でバラバラに飛んでいたけど、今回は7人で一緒に飛んでいくって意味をつけたり、振り付けにいろいろな意味を含めています。ペリの入院をきっかけに「Fly」にも向き合えたかなと思います。

──9月3日に新宿BLAZEでLSNとのツアー・ファイナルを行い、9月15日にはプー・ルイの活動休止が発表されています。今振り返ると、こんな短い期間にいろいろあったのかって感じがしますよね。

サキ : 最近過去の話をしていると自分でも「あれっ?」ってわかんなくなるんですよ(笑)。記憶が危うくなっている。その間〈WACKスクランブルズフェス〉もあったし。

パン・ルナリーフィ(以下、パン) : 〈夏の魔物2017 in KAWASAKI〉もあったよね。

ゴ・ジーラ : あった──!

ペリ : 濃い!!

サキ : そのあたりの精神疲労がすごかったんですよ。心の消耗の仕方が尋常じゃなかった。

──心の消耗っていうのは?

サキ : ファイナルがなくなっちゃったことで、自分の中でそれまでの気持ちがうまく切り替えきれていなかったところがあって。これまで、そこからさらに気持ちが落ちていく経験をしていたから、絶対そうなりたくないと思って。下がっていた気持ちを無理やり9月9日の〈SCRAMBLES&WACK 3rd ANNiVERSARY "WE ARE GROWiNG UP!!”〉まで引っ張ったんです。そしたら、その反動がすごくなっちゃって。ライヴの後、渡辺(淳之介)さんやライヴ制作の佐藤さんから、ライヴに関する自分の立ち回り方のアドバイスをいただいたときに、自分の考えていたことがダメだったんだって落ちちゃって。ライヴに関して入りこみすぎて、歌詞が自分に突き刺さるような状態にもなっていて、それくらい余裕もなかったし、しんどくなっていました。

──そういうサキちゃんの雰囲気に、他のメンバーは気がついていた?

ゴ・ジーラ : そんなにズドーンって感じではなかったけど、悩んでいる感じはわかりました。でも、その悩みに応えられる器量が私にはないので、傍観していて…(笑)。

ゴ・ジーラ

──逆に最近、ゴジラは元気というかポップなモードに突入していますよね。

ゴ・ジーラ : ふふふふ(笑)。本当ですか?

ペリ : なんか、急に弾けたよね。

ゴ・ジーラ : ポップに生きようかなと思って(笑)。

サキ : 私としては、そういうゴジが頼もしかったんです。10月に入って、どこかのライヴ帰りに、「最近ライヴをやっていると歌詞が突き刺さりすぎて、限界を超えたあとにまた限界を超えなきゃいけないライヴが多すぎて、心労がすごいんだよね」ってことを一方的にゴジラに話しました。言えるだけで楽だったので助かりました。あと、広島のツアーの後も爆発しちゃって。そのときはペリが私を慰めてくれたんです。

ペリ : ハグしたんですよ。それだけなんですけど(笑)。頑張ろうねーって。

それぞれのメンバーのことを改めてわかる機会になった

──そんな状況の中、9月15日、四谷アウトブレイクでのライヴの夜、プー・ルイの活動休止が発表されました。みなさんはどうやって知ったんでしょう。

ゴ・ジーラ : 24時くらいに、LINEで全員宛に「BLITZに立てない」って送られてきて。

ペリ : 次の日も普通にライヴもあるし、えっ? って感じでした。

キカ : ちょうどライヴも11連続で続いている途中だったんですよ。

サキ : 私はちょうどお風呂に入っている間に連絡が来ていて。スマホを観たらLINEもきていたし、渡辺さんとプー・ルイからも着信履歴がきていたので、これは… もう終わった… と思いました(苦笑)。

ももらんど : 私はその日理解できてなくて… 現場マネージャーの池さんに話を聞いてやっとわかった感じです。

ももらんど

ゴ・ジーラ : ドッキリかと思った。

ペリ : 私はそれを見て、とりあえず寝た。

キカ : 寝たんかい(笑)!

──あははは。夜の12時にプー・ルイの活動休止を知り、そこから次の日のライヴに向けて、6人で歌割りや振り付けもし直していったんですよね。

ペリ : 朝早く集まって練習しました。そこから毎日、その繰り返しでした。

──9月17日にリキッドルームで行われた〈柳家大感謝祭 “東京奇天烈博覧会”〉出演後の楽屋では、「新メンバーの募集」がメンバーに伝えられていましたよね。

一同 : そうだ──!

サキ : あのときのライヴはアウェー続きだったんだよね。でも逆にライヴがないほうが私は怖かった。現場に来てくれている方は毎日BiSの姿を見てくれていたし、少しでも前向きなところを感じてもらえればいいなと思いながら、私たちもライヴを作れていたんです。ライヴに関しても、みんなでどうする? って話し合えたし、それぞれのメンバーのことを改めてわかる機会になったのがよかったのかなって。

──ちなみに活休になったあと、プー・ルイと話す機会はあったんですか。

サキ : 2回くらい集まってちゃんとしゃべりました。活動休止に繋がったのはダイエット結果だけじゃないと思ったし、そこに関して、自分たちも見て見ぬ振りをしてしまったのがよくなかったとか、そういうことを話しました。

ペリ : まず6人でしゃべって意見をまとめてからプーちゃんに言ったんです。前は言えなかったけど、思っていることを1人ずつ言えるようにもなれました。

キカ : 私は活休発表2、3日後、個人的に連絡を取ったとき、私がプーちゃんに甘かったのかなと気づいて。それは優しさじゃなくて、甘やかしだったのかなと思って、逆にごめんって伝えました。

ーー5月からBiSに加入したパンとももの2人はどうですか?

パン : それまではプーちゃんの言っていることは絶対で、イコール自分の意見として納得していたんですけど、6人でいるときに自分の思いを言うことができたんです。7人のときは自分の意見を言わずにやっていたから、それを見直してから、自分の意思を出そうって思えるようになりました。

パン・ルナリーフィ

ももらんど : 私は活動休止になる前はプーちゃんと全然話をしていなくて。ダイエットのことも聞けなかったから、自分から話して、そういうのを聞こうって思いました。それまでは気を使っちゃって聞けなかったから。

ゴ・ジーラ : 私は気を使えるほうじゃないんで、連絡もしないし、来ずって感じでした(笑)。

サキ : でも、あのときはゴジが結構引っ張ってくれていたと思っていて。BiSに対してこう思っているっていうのが見えた期間でした。

ここが旧BiSを超える分岐点だと思っていて

──そして6人で迎えた10月6日の赤坂BLITZ公演ですが、5曲目の「パプリカ」が始まって、客席で観ていたプー・ルイをサキちゃんがステージに呼び込みました。それは6人で決めていたことなんでしょうか?

キカ : みんなの気持ちが一緒になるまで話し合ったんです。

ゴ・ジーラ : この6人が何でも言い合える関係だし、自分自身も頑張れると思っていたからこそ、7人でやりたい気持ちが強くて。「赤坂BLITZは前のBiSにとっても大事な場所だから、新しくなったBiSではポジティヴなものに変換してやっていきたいんです」って渡辺さんにメールもしました。やっぱり赤ブリは7人で立たないとおかしいし、誰も楽しくないんじゃないかと思ったんです。

──プー・ルイは本当に知らなかったんですね?

ペリ : 何も伝えていませんでした。

サキ : 忘れもしないんですけど、「パプリカ」でプー・ルイが戻ってきたとき、駆け寄ったときのプー・ルイが本当に何とも言えない顔をしていて(笑)。「ごめーん」と「なにこの状況」と「どういう顔したらいいの私」っていういろんな感情が見えて、こいつ、なんちゅう顔してるんだと思って(笑)。

キカ : ステージに立つ人がやる顔じゃなかったよね(笑)。

サキ : それくらいプー・ルイもびっくりしていたんだと思います。

──「パプリカ」で呼び込んだのは、スクワットの苦行の中に飛び込んで来いっていうメッセージでもあったんでしょうか?

サキ : 通過儀礼というか、禊じゃないですけど(笑)。

ペリ : 1曲目から呼びこむって案もあったんですけど、私は、それまで6人で頑張ってきた姿もプーちゃんに見せたかったんです。

──プー・ルイがステージに戻ったあと、ももはMCで「ふざけんなよ!」って強めに言っていましたけど、あれはどういう気持ちで言ったんですか?

ももらんど : 本当の気持ち。

一同 : ははははは(笑)。

キカ : ももに言われたら、ハッてなるからね。

サキ : 会場もちょっとポップになるんですよね(笑)。それこそ8月6日は、BiSHとギャンパレが祭りに変えてくれたから、この日もプー・ルイの突然の戻りを祭りに変えたかった。もものあの一言はいいなって思いました。

──「パプリカ」5連発の後、「このあと、なんの曲やりたい?」とサキちゃんがプー・ルイに尋ねました。プー・ルイは「I can't say NO!!!!!!!」と答え、すぐに曲がはじまったので、てっきり事前に知っているのかと思いました。


I can't say NO!!!!!!! / BiS 新生アイドル研究会

サキ : こっちはこっちで、いろんなプー・ルイの答えを想像して、いろんなつっこみを用意していたんですよ(笑)。もしかしたら「gives」っていうかなと思ったんですけど。

ペリ : 「gives」がきたら、「ちげーだろ!「I can't say NO!!!!!!!」だよ!」って言おうと思っていたんですけど、「I can't say NO!!!!!!!」って言われたので、「わかってんじゃねーか! 位置つけよ!」って返しました(笑)。

──(笑)。「gives」は、新生BiSにとって大切な曲として、少しずつ歌い重ねて成長させてきた曲ですけど、この日の「gives」はいかがでしたか?

サキ : 私、記憶が飛んでいるんですよ(笑)。

ゴ・ジーラ : 私も!「パプリカ」が終わった時点で朦朧としていました。

サキ : いろんな意味で、出し切らないと終わると思っていたライヴだったので、みんなそういう状態だったんだと思います。私も全部の曲を肉を切っているくらいの感じでやっていたので(笑)、終わってから思い出せることがないくらいの感じでしたね。でも、この日の「gives」は自然と入れていたのかなとは思います。  

──そしてアンコールでの「primal.」は完全生歌でした。昔の赤ブリでもアンコールの「primal.」は生歌で歌っていましたが、どのような気持ちで歌いましたか?

ペリ : 丁寧に1人ずつにちゃんと届くように意識集中して歌いました。

パン : 私は緊張がやばくて。いつも落ちサビで声が出なくて成功しないんですよ。それに加えて生歌だから。でも、やっぱり生歌のほうがみんなに伝わっているのかなと思ったし、それをやるには自分ももっと歌えるようにならないといけないので、生歌で全曲できるように頑張ろうと思いました。

──ももはどうでしたか?

ももらんど : 私は歌割りが1番少ないんですけど、その部分を一生懸命やろうと思って歌いました。BLITZ前のボイトレで先生にちゃんと教わったので、その歌い方を出し切りました。

サキ : 声、めっちゃ出ていたよね。

ゴ・ジーラ : 私は本当にこの日の記憶自体がなくて…(笑)。アンコールで出て行ったところは覚えているんですけど、次に覚えているのが「レリビ」が終わったところで。私、ライヴしたのかな? っていう感じなんです。やりきるしかないみたいな気持ちだったから、記憶が飛び出しちゃいました。

──そしてこの日、日本クラウンからのメジャーデビューが発表されました。

ペリ : すごいことですよね、本当に!!

ゴ・ジーラ : 本当に、うれしい──ー!! ほ──んとにうれし──ー!

──さらに両国国技館のワンマンも決まりました。

キカ : 超、嬉しいです!

サキ : 満員になったら、横浜アリーナのときと同じくらいのお客さんの数になるので、それを思うとめっちゃやばいなと思います。プレッシャーもありつつ、楽しみだなという思いもありつつ、埋めたいなという気持ちも強いです。

ゴ・ジーラ : 私はここが旧BiSを超える分岐点だと思っていて。それが1番大事ですね。

──そういえば、新メンバー募集はどうなったんでしょうね…?

一同 : そうなんですよー!

サキ : さっきから「そうだー!」っていうのが多すぎるね(笑)。

ペリ : 情報量が多すぎるんですよ(笑)。

──(笑)。紆余曲折ありましたが、プー・ルイが戻ってきて、現在7人体制でリスタートを切りました。プー・ルイがいなくなる前の7人と、今の7人では変わったと思いますか?

サキ : プー・ルイだけに頼り切らなくなったのかなとは思います。私もプー・ルイと2人で話しちゃうところがあったので、それじゃダメだと思って、より外に向くようになりましたし。

ゴ・ジーラ : 7人が円になった気はします。これまでみたいに、サキちゃんとプーちゃんが話し合ってくれたころを受けて動くんじゃなく、みんなで丸く円になってわーわーするようになったから、形は変わったかなと思います。

──BiSは本当にいつ何があるかわからないですからね。今振り返った2ヶ月だかでもこんだけいろいろありましたから、これからどうなっていくのか怖くもあり、楽しみでもあります。

キカ : この濃すぎた2ヶ月を通して、どんなことがあっても頑張ろうって思えるようになりました。だから、私たちはどんなことも来いよ!! って気持ちです(笑)。

LIVE SCHEDULE

BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR
2018年1月6日(土)@東京・中野heavysick ZERO
OPEN 16:00 / START 17:00
2018年1月14日(日)@名古屋・NAGOYA CLUB QUATTRO
OPEN 16:00 / START 17:00
2018年1月21日(日)@大阪・LIVE HOUSEバナナホール
OPEN 16:00 / START 17:00

BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL??
2018年3月4日(日)@東京・両国国技館
OPEN 17:00 / START 18:00

新生BiSのアルバムもチェック

新生BiS、7人体制での1stシングルを配信中

BiS / SOCiALiSM

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV / AAC

【配信価格】
単曲 270円(税込) / まとめ 540円(税込)

【Track List】
1. gives
2. twisted grunge

※まとめ購入で、デジタルブックレットがついてきます。

新生BiS、2ndアルバムを配信中

BiS / Re:STUPiD

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz)(32bit/96kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 257円(税込) / まとめ 2,057円(税込)

【Track List】
1. gives
2. twisted grunge
3. ミステリアスホール
4. SAY YES
5. Never Starting Song
6. NOT the END
7. ぎぶみあちょこれいと
8. ロミオの心臓
9. 明日が来るなら
10. NAKODUB

※アルバムまとめ購入で、デジタルブックレットがついてきます。

新生BiS、初アルバムをハイレゾ配信中

BiS / Brand-new idol Society2

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz)(32bit/96kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 257円(税込) / まとめ 2,057円(税込)

【Track List】
1. Give me your love全部
2. My Ixxx
3. Nerve
4. primal.
5. BiSBiS
6. Human after all
7. IDOL
8. Happy Birthday
9. レリビ
10. Not Special
11. BiS
12. 太陽のじゅもん
13. CHANGE the WORLD

※アルバムまとめ購入で、デジタルブックレットがついてきます。

これまでのBiSの音源を復習しておこう

DiE

BiS

¥ 1,500

PPCC

BiS

¥ 1,050

BiSプロフィール

英語でBrand-new idol Society の略、日本語で新生アイドル研究会。アイドルを研究し、アイドルになろうとする、アイドルになりたいプー・ルイ、ペリ・ウブ、ゴ・ジーラ、キカ・フロント・フロンタール、カミヤサキ、パン・ルナリーフィ、ももらんどからなる7人組。

BiS Official Web

BACK NUMBER

vol.1 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
アイドル・グループ・プー・ルイを結成する前代未聞のプロジェクトがついにスタート!

vol.2 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.2 - オーディション -

vol.3 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.3 - ナカヤマユキコ編 -

vol.4 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.4 - ヨコヤマリナ編 -

vol.5 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.5 - メンバー全員決定 -

vol.6 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.6 - 初お披露目。そして、グループ名は? -

vol.7 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.7 -『エレガントの怪物』-

vol.8 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.8 -初レコーディング作品フリー・ダウンロード開始!

vol.9 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.9 -BiS初のフル・アルバムが、2011年3月23日発売決定! -

vol.10 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.10 -1st フル・アルバム『Brand-new idol Society』先行配信開始! -

vol.11 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.11 -待望の初アルバム『Brand-new idol Society』配信開始!

vol.12 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.12 -アイドル・グループ構成員増殖計画セカンド・シーズンスタート!

vol.13 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.13 -中野heavy sick zeroのワンマン・ライヴ!

vol.14 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.14 -BiS次回作の一斉楽曲コンペ開催決定! !

vol.15 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.15 -BiSとtengal6のコラボ楽曲フリー・ダウンロード!

vol.16 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.16 -号外! BiSからヨコヤマリナが電撃卒業!

vol.17 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.17 -リナハムありがとう! 衝撃のPV公開!

vol.18 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.18 -7月9日下北沢shlterで新メンバー発表! -

vol.19 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.19新メンバーテラシマユフ入学式-

vol.20 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.20 -渋谷WWW目前プー・ルイ、インタヴュー-

vol.21 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.21 -渋谷WWW「BiBフェス!」ライプ・レポート! ! ! -

vol.22 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.22 -「怒髪天のハロウィン 百鬼フェスティバル」にBiSが登場っ! ! ! -

vol.23 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.23 -怒髪天にBiSが突撃インタヴュー&ライヴ-

vol.24 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.24 -売り切れ続出! タワーレコード限定シングル発売開始! -

vol.25 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.25 -テラシマユフへインタヴュー! 優等生が見せた葛藤-

vol.26 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.26 -リキッド・ルーム・ワンマン目前メンバー・インタヴュー! -

vol.27 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.27 - 満員御礼! BiSリキッドルーム・ワンマン・ライヴ!

vol.28 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.28 - プー・ルイ インタヴュー「理想のリーダー像とは」連続企画スタート!

vol.29 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.29 - ヒラノノゾミ インタヴュー「アイドルグループでの存在意義」

vol.30 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.30 - テラシマユフ インタヴュー「BiSに優等生は必要! ? 」

vol.31 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.31 - 新メンバー・ワッキー&ミッチェル 初インタヴュー

vol.32 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.32 - プ—・ルイ インタヴュー「リーダーとしての葛藤と決意」

vol.33 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.33 - アナログ盤『ABiSCDiS』リリース記念 BiSの工場見学

vol.34 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.34 - 渡辺淳之介(BiSマネージャー) インタヴュー「BiS誕生以前の物語」

vol.35 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.35 - 祝・メジャー・デビュー『PPCC』BiS全力特集

vol.36 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.36 - Road to 赤坂BLITZ

vol.37 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.37 - 辻本翔(BiS アシスタント・マネージャー)インタヴュー—「研究員からBiSマネージャーへ」

vol.38 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.38 - BiSメジャー1stアルバム『IDOL is DEAD』 松隈ケンタ(BiSサウンド・プロデューサー) INTERVIEW

vol.39 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.39 - BiSメジャー1stアルバム『IDOL is DEAD』 南波一海によるロング・レビュー掲載

vol.40 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.40 - 『IDOL is DEAD』リリース記念 BiS公開インタヴュー

vol.41 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.41 - 2012年のBiS、そして2013年へ

vol.42 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.42 - BiSとDorothy Little Happy『GET YOU』リリース

vol.43 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.43 - プー・ルイ、国技館に降り立つ

vol.44 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.44 - 国技館ワンマンへの道!!

vol.45 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.45 - 2013年3月16日(土)@東京・両国国技館 「WHO KiLLED IDOL? 」

vol.46 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.46 - ミチバヤシリオ インタヴュー 加入1年にして語る現在の想いとこれから」

vol.47 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.47 - 新メンバー初インタヴュー テンテンコ、カミヤサキ、ファーストサマーウイカ

vol.48 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.48 - BiS、6人体制になって初のシングル『DiE』をリリース プー・ルイ インタヴュー

vol.49 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.49 - BiS階段 おばあちゃんに訊く!!「この音楽はなんだと思いますか?」@巣鴨地蔵通商店街

vol.50 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.50 - BiS『Fly / Hi』をリリース ミッチェル、卒業インタヴュー

vol.51 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.51 - ヒラノノゾミ、インタヴュー「解散までにもう少し足跡を残したい」

vol.52 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.52 - コショージメグミ、インタヴュー「BiSをやりきる、それだけですね」

vol.53 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.53 - カミヤサキ、インタヴュー「もっと自分に自信を」

vol.54 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.54 - ファーストサマーウイカ、インタヴュー「いまを積み重ねるしかないですから」

vol.55 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.55 - テンテンコ、インタヴュー「わたしがいなくてもいるみたいな存在になれたらいいなって」

vol.56 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.56 - 渡辺淳之介、インタヴュー「BiSは解散に向けて、再びおもしろさを取り戻せるのか?」

vol.57 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.57 - 飛ばねぇアイドルは、ただのアイドルだ。BiS、上田剛士(AA=)を迎え新曲リリース

vol.58 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.58 - BiS、ラスト・アルバム完成!!ーBiSが生まれるきっかけになった4人のメンバーで解散までの歩みを語る

vol.59 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.59 - BiS、カミヤサキのコスプレ連載「2.5次元まで」Vol.3 キルラキル

vol.60 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.60 - 泣いても笑っても、これが最後のダンス・チューンーーBiS、ラスト・シングル『FiNAL DANCE/nerve』をリリース

vol.61 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.61 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、コショージメグミ編ーーアイドルがしたくて入ったわけじゃなくて、BiSが好きで入ったから

vol.62 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.62 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、ファーストサマーウイカ編ーーおっきいお葬式をしたいなって、「楽しかったね、ありがとうな」っていう

vol.63 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.63 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、テンテンコ編ーー夏休みの宿題をまったくやらずに最終日っていう感じなんです

vol.64 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.64 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、カミヤサキ編ーー楽し過ぎて終わるのがイヤになるようなトラウマを残すライヴをしたいな

vol.65 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.65 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、ヒラノノゾミ編ーー「こっちは3年やってきてるんだぞ!」っていうプライドもある

vol.66 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.66 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、プー・ルイ編ーーBiSは爆弾みたいだったんで、爆発するんだなって

vol.67 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.67 - BiS復活インタヴュー、プールイ「いろんなものを壊したい」

vol.68 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.68 - 新生BiSインタヴュー、ゴ・ジーラ「ダークホースになりたいです」

vol.69 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.69 - 新生BiSインタヴュー、ペリ・ウブ「将来の夢は大和撫子」

vol.70 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.70 - キカ・フロント・フロンタール「世界一やばいアイドルになりたい」

vol.71 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.71 - アヤ・エイトプリンス「音楽の人生だったんです」

vol.72 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.72 - プー・ルイ「私が1番の研究員なんですよ」

vol.73 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.73 - 新生BiS「みんなと一緒に大きなものをひっくり返したい」

vol.74 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.74 - 新生BiS、2017年新春記念・おみくじ付き新曲フリーDLーーメンバー全員インタヴュー掲載

vol.75 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.75 - 渡辺淳之介「いまでも音楽に狂わせてほしいと思っている」

vol.76 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.76 - プー・ルイ「うちらは正真正銘BiSなので背負わないといけない」

vol.77 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.77 - アヤ・エイトプリンス「この5人が私は好きです」

vol.78 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.78 - ゴ・ジーラ「最近は私がBiSです! って感じになったかもしれない」

vol.79 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.79 - キカ・フロント・フロンタール「今までのいろいろを背負って臨みたい」

vol.80 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.80 - ペリ・ウブ「新メンバーが入ったら絶対にいい方向に進むと思う」

vol.81 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.81 - カミヤサキ「ちゃんとBiSを作る役割を果たしたい」

vol.82 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.82 - パン・ルナリーフィ「エースをとれるような存在になりたい」

vol.83 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.83 - ももらんど「誰にでも楽しい感じを伝えられるようになりたい」

vol.84 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.84 - 7人体制初全国ツアー中のBiSインタヴュー「過去を塗り替えて楽しい思い出に変えたい」

vol.85 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.85 - BiS vs LSN PSYCHO KiLLERSーーBiSでしか満足できない身体にして終えたい!

o

 
 

連載

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第13回
[CLOSEUP]・2018年02月13日・斎井直史のヒップホップ連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第13回──未知なる魅力を持つシンガー・MALIYA 今月もやってまいりました、ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」です! 連載1周年を迎えた前回はジ・インターネットのヴォーカリストであるシドにフックアップされたLAのシンガー・Maliaを特集しました。そして今月は...テン年代シーンを活性化させている話題の、〈TEN'S TOKYO〉より1stアルバム『ego』をリリースしたばかりのシンガー、MALIYA(字が違います!)のインタヴューを掲載。そうです! このコーナー始まって以来初のインタヴュー記事! 今作はOTOTOYでも配信あり、しかもハイレゾ版はここだけいうことで、気になった方はぜひ音源もチェックしてみてください! 注目シンガーの1stアルバム。ハイレゾはOTOTOYのみ!MALIYA / ego'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 300円(税込) / アルバム 3,000円(税込)【収録曲】''1. Hard Liquor2. Ta
by 斎井 直史
連載企画『メッセージ・フロム・アンダーグラウンド』第7回──永山愛樹(TURTLE ISLAND / ALKDO / ボンクラ峠)編
[CLOSEUP]・2018年02月10日・連載企画『メッセージ・フロム・アンダーグラウンド』第7回──永山愛樹(TURTLE ISLAND / ALKDO...etc.)編 久しぶりの寄稿となる遠藤妙子による連載企画『メッセージ・フロム・アンダーグラウンド』。今回はTURTLE ISLANDのメンバーで、ALKDO、ボンクラ峠でも活動するバンドマン、永山愛樹へのインタヴューをお届けする。彼はバンドとしての活動はもちろん、2012年からスタートした愛知県豊田市の豊田大橋の下の千石公園にて開催されている「橋の下世界音楽祭」の運営にも関わるなど、バンドだけではない音楽、そして生活のあり方を提示し続けている。今回のインタヴューでは彼の音楽との出会いから、音楽観、そして「橋の下世界音楽祭」への向き合い方などたっぷりと話を伺った。 INTERVIEW : 永山愛樹(TURTLE ISLAND / ALKDO / ボンクラ峠) 2012年からスタートした「橋の下世界音楽祭」。愛知県豊田市の豊田大橋の下の千石公園で繰り広げられるこの祭り、盆踊りからハードコアパンク、アジアを中心にアフリカなど各地のサウンドが鳴り響き、世代も人種もジェンダーも超え多様な人々が集う
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)
[CLOSEUP]・2018年02月10日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第1回》 ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編) 連載開始にあたって──ライター・岡本貴之 ときに軽やかに、抒情的に、あるときは攻撃的に。音楽シーンのみならずお茶の間にまでその存在が浸透したロック・スターであった忌野清志郎(いまわの きよしろう)。今もなお、CMソングとしてテレビから毎日流れてくるその歌声は色あせることがありません。 2009年に旅立ちおよそ10年の歳月が流れようとしている今、忌野清志郎とその音楽の魅力を改めて掘り下げ、世代を問わず多くの人に伝えたい。そんな思いから、ライター・岡本貴之と、リアルタイムで清志郎の活動に触れる機会がなかった20代のフォトグラファー・ゆうばひかりの企画・取材により連載記事をスタートさせます。タイトルはあれこれ考えた結果〈【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎〉としました。取材対象者の方々1人1人の中にある、大好きな清志郎さんへの想い。そして長く愛される連載であることを願って、RCサクセションの楽曲「I LIKE YOU」から拝借させてもらっています。また、連載開始にあたり、忌野清志郎事務所・Babysさんから
by 岡本 貴之
【集中連載】GANG PARADE Vol.1 ココ・パーティン・ココ「みんなは1人のために 、1人はみんなのために」
[GANGPARADE]・2018年02月06日・【集中連載】GANG PARADE Vol.1 ココ・パーティン・ココ「みんなは1人のために 、1人はみんなのために」 BiSやBiSHと同じ事務所WACKに所属する7人組アイドル・グループ、GANG PARADE。2017年5月よりカミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの無期限限定レンタル・トレードが行われ、アヤを入れた7人体制での初アルバムをリリース、恵比寿LIQUIDROOMでのワンマン・ライヴも超満員の中大成功させた。2018年2月から全国8カ所ツアー、2月20日にアヤ含む7人体制ラストシングルのリリース、2月23日にはマイナビBLITZ赤坂でツアー・ファイナルを控えている。そして、3月3日でレンタルトレードが終了、3月4日に両国国技館で開催されるBiSのワンマン〈BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL??〉内でトレード終了式が行われる。そんな激動の最中にいるGANG PARADEの個別インタヴューを掲載。第1回は、100kmマラソンに挑戦するココ・パーティン・ココが登場。果たしてココは100kmを走り切ることができるのか?! アヤ含む7人体制ラ
by 西澤 裕郎
【新連載】Summer Rocket愛わなびの「くりえいてぃ部」ーーVol.2 ほげちゃん編
[CLOSEUP]・2018年01月26日・【連載】Summer Rocket愛わなびの「くりえいてぃ部」ーーVol.2 ほげちゃん編 「夏」をテーマに2016年7月から活動中のアイドル・グループ、Summer Rocket(サマーロケット)。SEBASTIAN X、音沙汰の永原真夏と工藤歩里が楽曲を手がけ、こつこつとライヴ活動や雑誌のレポート活動などを行い、じわじわと知名度と人気があがってきている彼女たち。その中でも、オリジナルZINEを作るなど、ひときわ創作に強い意欲を持っているメンバー、愛わなびが敬愛する表現者たちにインタヴューを行い、各アーティストがどのような考えを持って活動しているのかを学び、その回ごとにインスピレーションを元に総括を創作して公開していく連載第2回。ゲストは、ほげちゃんさん。わなびは何を学んだのか? ぜひお楽しみください! 愛わなびの「くりえいてぃ部」ーーVol.2 ほげちゃん編 皆様、明けましておめでとう御座います。ご無沙汰しております、愛わなびです。気づいたらもう、2018年になっちゃいましたね! 今年は、戌年ということでワンだほー! といきたいところ! …… う〜ん30点! 人として、成長できる1年にできたらいいなあ
【EMPiRE】Epsode2 MiDORiKO EMPiREインタヴュー「帝国なので、EMPiRE独自の空間を作りたい」
[EMPIRE]・2018年01月23日・【EMPiRE】Epsode2 MiDORiKO EMPiREインタヴュー「帝国なので、EMPiRE独自の空間を作りたい」 BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループ、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれ、BiSHを手がけているチームが担当を行う。まだ3回しかライヴを行なっていないEMPiREだが、2018年4月11日に1stフル・アルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』のリリースが決定!! さらに、2018年5月1日(火)にはマイナビBLITZ赤坂にて初ワンマンの開催も発表された!! 前代未聞のスピード感で進んでいくEMPiRE、初となる個別インタヴューを5週に渡り掲載していく。第1回は、MiDORiKO EMPiREの声をお届けする。 2018年4月11日、1stフル・アルバムのリリースが決定!!THE EMPiRE STRiKES START!!発売日 : 2018年4月11日[初回限定豪華盤]カセット+DVD+写真集(50P
by 西澤 裕郎
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! ハシヤスメアツコ「「今を生きる」をテーマに生きてます」
[BISH]・2018年01月11日・【BiSH】Epsode45 ハシヤスメアツコ「「今を生きる」をテーマに生きてます」 2016年10月にメジャー・ファースト・アルバム『KiLLER BiSH』をリリース、2017年7月22日には幕張メッセ・幕張イベントホールで開催された全国ツアー・ファイナル〈BiSH NEVERMiND TOUR RELOADED THE FiNAL “REVOLUTiONS“〉を7,000人の観客を集め大成功させた“楽器を持たないパンク・バンド”BiSH。11月4日、5日の2日間限定で全国のタワーレコードで無告知のまま299円でゲリラ発売し話題を呼んだメジャー2ndアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』をOTOTOYではデジタルブックレット付きでハイレゾ配信中。2018年はツアーに始まり、5月にはBiSH最大規模となる横浜アリーナでのワンマン・ライヴも決定!! 6周目となるメンバー個別インタヴュー、第6回はハシヤスメアツコへのインタヴューをお届けします。 BiSHのメジャー2ndアルバムをハイレゾ音源(歌詞ブックレット付き)BiSH / THE GUERRiLLA BiSH'【配信価格】WAV / ALAC
by JJ
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode44 リンリン「世間にヤバイ曲たちを見せたい」
[BISH]・2017年12月28日・【BiSH】Epsode44 リンリン「世間にヤバイ曲たちを見せたい」 2016年10月にメジャー・ファースト・アルバム『KiLLER BiSH』をリリース、2017年7月22日には幕張メッセ・幕張イベントホールで開催された全国ツアー・ファイナル〈BiSH NEVERMiND TOUR RELOADED THE FiNAL “REVOLUTiONS“〉を7,000人の観客を集め大成功させた“楽器を持たないパンク・バンド”BiSH。11月4日、5日の2日間限定で全国のタワーレコードで無告知のまま299円でゲリラ発売し話題を呼んだメジャー2ndアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』をOTOTOYではデジタルブックレット付きでハイレゾ配信開始!! リリースに伴い数々のTV番組に出演しお茶の間を騒がせました。来年2018年はツアーに始まり、5月にはBiSH最大規模となる横浜アリーナでのワンマンライヴも決定!! 6周目となるメンバー個別インタヴュー、第5回はリンリンへのインタヴューをお届けします。 BiSHのメジャー2ndアルバムをハイレゾ音源(歌詞ブックレット付き)BiSH / THE GUERRiLL
by JJ
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事