【ライヴ・レポート】感動と笑いの緩急の渦! Sundayカミデが2時間のピアノ・ソロ・ライヴで見せたもの

ワンダフルボーイズのヴォーカルや、天才バンドの鍵盤、ベース、さらに読書ラバダブDJ、イベントLove sofaのオーガナイザーまで務めるマルチ・アーティスト、Sundayカミデ。そんな彼が2017年9月24日(日)、上野恩賜公園野外ステージでピアノ・ソロ・ライヴを行った。サックス奏者のUJをはじめ、エレキコミックのやついいちろう、ナイツの塙宣之をゲストに向かえた今回のライヴ。彼らとの共演で、果たしてどのようなステージが繰り広げられたのだろうか。Sundayカミデらしい、感動と笑いたっぷりのライヴの様子をお届けします。

LIVE REPORT : Sundayカミデ

Sundayカミデ(以下、Sunday)のピアノ・ソロ・ライヴ〈ピアノKISS!!! ~君が誰かの平和 to the ダラダラ天王寺ストーリーTHIS IS 君は僕の最高の夜のベイビーParty in the フューチャーになりくさっても!!!~〉が9月24日、上野恩賜公園野外ステージ(上野水上音楽堂)で行われた。

先日OTOTOYでインタヴューをした時に、どうして上野恩賜公園野外ステージを選んだのか質問すると「去年、奇妙くんが独演会(〈奇妙礼太郎 独演会〉)をそこでやった時、僕をゲストに呼んでくれて。次は僕がやるべきだと思ったんです」と話していた。きっと彼なりの使命感があったのだろう。

開演時間になると、会場はオーディエンスで満員に。大きな拍手に包まれながら、Sundayカミデが登場。1曲目はオープニングにピッタリな「ダンスミュージックFOR ME!!!」からスタートした。途中でテンポを変えたり、声色を変えたり、ボイパを披露したり、この日限りのスペシャルなアレンジを魅せて、開始早々から観客を沸かした。

そして、Sundayから「ガリガリのノッポのサックス」と紹介されて、ステージに現れたのはサックス奏者のUJ。2人のコラボで披露したのは、1曲目同様にこちらも天才バンドでカヴァーをしている名曲「Lovestory」。Sundayの伸びやかかつ甘い歌声と寄り添うように、UJのソウルフルなサックスが混じり合い壮大なサウンドへと昇華していた。さらにSundayの高校時代が元ネタになった「天王寺ガール」をお見舞いして、オーディエンスは1曲目の和やかなムードから一転、全員がうっとりとした表情でステージを見守った。

左から、Sundayカミデ、UJ

開演から立て続けに3曲を歌い上げてMCへ。「ハンド・マイクを置いて、立ってMCをするというスタイルは、WOWOWで観た清水ミチコさんのライブを参考にしています……」と開口1発目から会場を笑いに包んだ。もはや、MCなのか漫談なのかわからないような高度なフリー・トーク技術も、Sundayのライヴでは欠かせない名物だ(笑)。中盤戦に入り「ロックジェネレーション」、「平和 to the people」を歌い終えて、この日、2組のゲストであるエレキコミックのやついいちろう、ナイツの塙宣之が入場。話題はやついと塙が、同じ大学の落語研究会に所属していた頃について。

左から、塙宣之、Sundayカミデ、やついいちろう

やつい「(塙くんは)僕の下宿している横の横に住んでたんですよ。わざわざ僕を追いかけてきて」

塙「大学2年生の時に、やついさんをあまりにも好きになって。やついさんの住んでいた“すさき荘”にわざわざ引越しして。やついさんは35号室、僕は37号室に住んでました」

やつい「それで夜な夜な、塙くん家に行ってCDを漁ったりしてたんですよ。2人とも音楽が好きだったので」

Sunday「その話を聞いていたんですけど。さっき楽屋に入られてね(やついさんと塙さんは)全然喋られないんですよ。あのー…… お弁当をふたりで黙々と食べるのやめてもらっても良いですか」

やつい「すさき荘時代から、そんなに喋ってないっすよ」

塙「(やついさんは)僕がいない時に僕の家に勝手に入って、バイト代を貯めて買ったCDコンポをぶっ壊したんですよ」

Sunday「当時の学生からしたらCDコンポなんて、高いですからね」

やつい「(話題を無視して)塙くんは、部屋がめちゃくちゃキレイなんです」

Sunday「っぽいですね」

やつい「そうでしょ。僕は喘息持ってるんですけど、僕の部屋にいると喘息が出ちゃうんですよ。自分の家にいるのに! だから、ヤバイと思ったら塙くんの家に行くと治るんですよ。そのくらい違うの!」

塙「何回もやついさんが死にかけているところ見てて……」

こんなやり取りが延々続き、しびれを切らしたSundayが「歌いたくないんすか?」とツッコミを入れて、会場は爆笑。

なんと、3人でメジャー・デビューをしようと目論んでいるという「LIFE」を初披露した。この日、唯一ピアノの弾き方りではなくバックで流れるオケに合わせて歌い上げる3人。曲調は軽やかで、聴いていてとても幸せな気分になれる。出だしの〈僕ら繋いでゆくよ OhベイビーDon't stop このスタイルでLIFE LIFE LIFE〉という歌詞が特徴の、ゆったりとしたテンポのダンス・ナンバーだ。これがまた、日曜日の夕方にビールを片手に持ちながら聴けるのは幸せ以外の何物でもない(僕はお酒を飲んでないので悪しからず、お客さんを見ながら思いました)。

そして、ふたりが退場して再びピアノ・ソロに。先ほどのにこやかな雰囲気を変えるキレイなピアノの旋律で「ロッケンロールベイベー」を歌いながら「20歳の時に彼女とスペイン村へ向かう車中、僕がかけるCD全部、こう言われたっていうことを歌います。もし、お気を悪くしても僕が言うんたんじゃなくて、僕が20歳の時に付き合ってくれてた女の子が言ったんで……」と、原曲にはない「ジョン・レノンきもい、Pファンクださい、スキッド・ロウ重い」と彼女から浴びせられた苦い言葉を歌詞の乗せるひとコマも。感動させるかと思えば、急に笑いを盛り込んでくる飄々とした姿勢こそ、Sundayカミデがエンターテイナーと言われる所以なのかもしれない。

日が沈み始め、東京の夜空がねずみ色に変わった頃、ステージには再びUJが登場。Sundayがどんな気分なのか聞くと、「感動してます!」と実に清々しいコメントをした。この日、2回目にコラボした楽曲は「Joy to the world」。メロウでHIPな2人の演奏に合わせて、オーディンスも全力の手拍子で応える。本当に美しい光景…… 夕方と夜の間の空に、Sundayの声が響き渡った。

最後はワンダフルボーイズの最新アルバム『ロックロックロックジェネレーション SUPERVERSION!!!』のラストに収録されている「And love」。これ以上ない、最高にロマンチックなバラードだ。今更な感じがするけど、改めてSundayカミデという人は本当に素晴らしい歌を歌う人だと思った。ステージの上に浮かんだ満月までもライヴの演出に思えてしまうほど、美しい情景が目の前に広がっている。そんな100点満点のステージングを満喫しているうちに本編が終了。

オーディエンスの大きな拍手に包まれて、Sundayがステージからはけるかと思いきや「アンコールがあった、ということでね。やらせていただきます」と間髪入れずにアンコールへ。「これを言ったら人気が下がるかもしれないんですけど」と何やら大発表の予感をさせつつ、MCを続ける。「僕ね、ずっと、小学生頃から好きな人がいて…… 吉川晃司さんなんですけど」とドカーンと再び会場に笑いを起こす。吉川晃司が好きだ、という突然のカミングアウトからCOMPLEXのモノマネに! さっきの感動が嘘だったかのように、再び和やかなムード。そんなMCのあとに演奏したのは名曲「君が誰かの彼女になりくさっても」。なんで、吉川晃司のあとに!? ってツッコミを入れたい気持ちを抑えつつ、ステージを観るとやっぱりロマンチックなメロディと歌声は健在。そのまま「ビューティフルグッバイ」、「Star Light Future」を歌い上げて2時間に及ぶステージは幕を閉じた。感動と笑いの緩急が凄すぎた最高のライヴだった。

テキスト : 真貝聡
写真 : タイヤユイコ , ハルノタカナシ

過去作もチェック!

SUNDAYカミデ / MY NAME IS!!!

Sundayカミデのソロ音源! 青春群像私小説付きにてここに完成! 奇妙礼太郎がカバーして話題になった「君が誰かの彼女になりくさっても」につづきライヴではたびたび歌われる隠れた名曲「天王寺ガール〜君だけのライフ〜」をセルフ・カヴァー。ピアノを中心としたミニマル・サウンドの私小説世界が唄になりひろがる。

RECOMMEND

ワンダフルボーイズ / ロックロックロックジェネレーション SUPERVERSION!!!

ワンダフルボーイズの3枚目のフル・アルバム。所々に散りばめられたスキット【(skit). 寸劇(短い演劇)、スケッチ・コメディー】により、さらに物語性を高めた「マジであったことポップミュージック」が見所。天才バンドでリリースされた「ロックジェネレーション!!!」「ダラダラ」や、The夏の魔物に提供した曲「ダーリンno cry!!!」のセルフ・カヴァーに加え、空きっ腹に酒の田中幸輝、FUNKYMICを迎えて製作された「夜のベイビーSpecial」など全16曲を収録した聴きごたえのある1枚。


天才バンド / ロミオとジュリエット

奇妙礼太郎、Sundayカミデ、テシマコージの3人からなる天才バンドが約1年7か月ぶりのサード・アルバムをリリース! 2017年3月に行われた〈諸君! ロックの秘密文書をこのクソみたいな世界から奪取せよ! ツアー2017〉から厳選のライブ音源とそのツアーの熱量をそのままにツアー後行われたスタジオレコーディング音源を収録。

LIVE SCHEDULE

〈ワンダフルボーイズワンマンツアー「THIS IS SUPERVERSION!!!」〉
2017年11月10日(金)@大阪 Shangri-La
2017年11月16日(木)@名古屋 Live & Lounge Vio
2017年11月17日(金)@東京 O-nest

その他

〈ボロフェスタ2017〉
10月22日(日)@京都 KBSホール ※ソロ

〈スパイスだもの。〉
10月28日(土)@兵庫県 丹波市 丹波悠遊の森 ※ワンダフルボーイズ

〈Love sofa – レギュラーズSP!!! –〉
10月29日(日)@大阪 CONPASS ※ワンダフルボーイズ
11月3日(金)@大阪 umeda TRAD ※天才バンド

〈ピアノKISS!!!〉
11月4日(土)@京都 SOLECAFE ※ソロ

〈GROOVYROOMS2017〉
11月5日(日)@大阪 Banana Hall ※ワンダフルボーイズ

〈TOKYO PRIMA〉
11月6日(月)公開生放送ゲスト : スーパー・ササダンゴ・マシン

〈ピアノKISS!!!〉
11月9日(木)@東京/四軒茶屋※ソロ

PROFILE

Sundayカミデ(ワンダフルボーイズ / 天才バンド)

2000年からブラジルジャズBand、A.S.PやレゲエPOPBandのBOWLING.No9のベーシストとして活動。2010年からワンダフルボーイズのヴォーカル、2013年からは天才バンドのピアニストとしても活動中。

アーティスト公式HPはこちら