しずくだうみプロデュース“眠いふたり”ユニットsommeil sommeil──初のリリース作品を配信開始

フランス語の“睡眠”を名前に冠した、sommeil sommeilは夏芽すやり、nemumiの“眠いふたり”によるユニット。プロデュースは、闇ポップ・シンガー・ソングライター、しずくだうみが担当し、作詞も彼女が手がけている。そしてOTOTOYでは、初音源『she never.』の配信を記念してインタヴューを決行。that's all folksと田口禎也を作曲に迎えて制作された全3曲が収録された神秘的に感じられる本作とともにインタヴューをおたのしみください。

しずくだうみプロデュースの眠いふたりによるユニット


sommeil sommeil / she never.

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/44.1kHz) / AAC
>>>ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 324円(税込) / まとめ 864円(税込)

【収録曲】
1. トーキョーシティーボックス
2. 映画みたい
3. ミッドナイトバス

INTERVIEW : sommeil sommeil

シンガー・ソングライター、しずくだうみがプロデュースするユニット「sommeil sommeil」が結成された。フランス語で睡眠を意味する名前を冠し、シティ・ポップに近い洒落た楽曲と、そこに乗ったクールなヴォーカル、そしてどこか無機質でアーティスティックなジャケットやMV。いったいどんな人たちがやっているのかと思いきや、想像以上の2人だった。

今回のインタヴューでは、ユニット結成の経緯やふたりのこれまでの経歴など、しずくだを交えながらたっぷりとうかがった。自らを「ロボットぽい」と称しながらもしっかり者の夏芽すやり、たまに衝撃発言(?)を投下しつつインタヴュー中もずっとニコニコと笑顔のnemumi。彼女たちが描くそれぞれの未来は「フェス出演」と「世界を愛で包む」ことだという。いったいこれからどんな成長を遂げていくのか、とても楽しみな存在が誕生した。

取材&文 : 前田将博
写真 : 大橋祐希

特になにもなく、のうのうと生きてきました…… えへへへへ

左からnemumi、夏芽すやり

──ふたりとも眠そうな名前ですが、しずくだうみ(以下、だうみ)さんがつけたんですか?

nemumi : 以前、使っていたSNSのアカウント名が「ねむみの森」だったんです。三鷹に住んでいたことがあったので、「三鷹の森ジブリ美術館」から「の森」をとりました。あと前から「顔が眠そう」っていう言われることが多くて、あだなが「ねむみ」だったので。

夏芽すやり(以下、すやり) : 私は「眠い名前がいい」ってだうみさんに言ったら、「すやりがいいんじゃない?」ってつけてくれました。「( ˘ω˘)スヤァ」っていう絵文字のイメージだけあったんですけど。

──ふたりともだうみさんがやっていたアイドルのオーディションを受けたんですよね。すやりさんは、その後ソロで活動をはじめて。それ以前は、音楽活動などはしていたんですか?

すやり : メイドカフェでアルバイトをしていて、そこのステージで歌ったりしていたくらいですね。そのあとライヴハウスでも働いていたんですけど、そこでBELLRING少女ハートさんやBiSHさんとかを観て、自分でもやってみたいと思ったんです。でも私はアイドルにはなれないと思っていたので、なにかしら音楽で発信できればなと。

──メイドカフェがはじめてのステージ?

すやり : その前はバンドをやっていましたね。Awesome City Clubみたいな、おしゃれっぽくてシティ・ポップ系な感じの。そこでシンセとコーラスをやっていました。

──nemumiさんは?

nemumi : 特になにもなく、のうのうと生きてきました。…… えへへへへ(唐突に笑いだす)。

──オーディションにはなぜ応募したんですか?

nemumi : うまくはないけど歌うのが好きで、あと人生でいろんな経験をしたいなと思っていたので。オーディションのサイトを見て、好きな雰囲気だったので応募しました。

──アイドルになりたいというより、歌える場所がほしかった?

nemumi : 歌が歌いたかったんですけど、歌だけで勝負する人にはなれないだろうって。最近はアイドルになりやすい世の中だと思うし、自分の好きな雰囲気のものを探せばアイドルでも自分の好きなことができるかなって思ったんです。それで応募したんですけど、締め切りがすぎていたらしく……。でも、しばらくしてから、だうみさんの曲のMVに出ませんかって言われて、出させていただいて。

──締め切りを過ぎてまで応募したかった?

nemumi : いや、単純に気づいてなかった(笑)。

──だうみさんとしては、ふたりのどこに魅力を感じて声をかけたんですか?

しずくだうみ(以下、しずくだ) : nemumiは、送ってきた写真がすごくちゃんと撮られていて、これはアイドルというより被写体の方が向いているなと。それでMVに使おうと思いました。当時は髪が長くて、私と雰囲気が似ていたこともあって。

──当時とだいぶ雰囲気が変わりましたよね。sommeil sommeilのアー写とも違っていてびっくりしました。

しずくだ : こっちの方が似合っていますよね。髪が長かったときはアイドルっていう想像ができなかったんですけど、しばらくして会ったときに髪を切って染めてて、「nemumiがかわいくなってる!」って。

──すやりさんは?

しずくだ : 顔が良かったことに尽きます。なにもできなくていいから、とりあえず顔がかわいければ大丈夫だろうと。私は顔も声もかわいくないからっていうのが、アイドルのプロデュースをはじめたきっかけなので。

──そんなふたりが、なぜsommeil sommeilをやることになったんでしょう。

すやり : 私がソロでやっていた頃から、ユニット活動がしたいって言ってたんです。ソロでもアイドルさんと一緒にやる機会が多いんですけど、みんなグループ・アイドルだし、やっぱり憧れがあって。それで相談したら、わりとすぐ決まりましたね。

nemumi : それで連れてこられました。「すやりの相方を探しているんですけど」って言われて。

──どんなイメージやコンセプトがあったんですか?

しずくだ : 特になにも考えていませんでした(笑)。なので曲ができてからイメージが固まっていった感じですね。ユニット名は、ねむいふたりだから「睡眠」って意味の言葉を検索してたら「sommeil」を見つけて、いいじゃんて。「まくらなげ」とかも検討していたんですけど(笑)。

母親がぶっ飛んでる人で、影響を受けた

──すやりさんがやっていたバンドもシティ・ポップ系だったそうですが、ユニットの曲もそれに近いものがありますよね。

すやり : すやり単体の曲もそうなんですけど、おしゃれな感じがいいって頼んでいたので、そうなったんだと思います。だうみさんが許せる範囲で、私が好きなものをつくってくれている感じなんですよ。

しずくだ : わりとわがままは聞いています(笑)。

nemumi : 私もおしゃれで良かったって思いました。どんなユニットになるのかわかっていなかったんですけど、好きな感じの曲だったのでうれしいです。

すやり : 「トーキョーシティーボックス」も好きだし、that's all folksさんがつくった2曲(「映画みたい」「ミッドナイトバス」)もキュンとくるものがありましたね。私が渋谷系の音楽が好きだから、オザケンとか90年代感があって。


sommeil sommeil / トーキョーシティーボックス

──すやりさんは、渋谷系が好きだったんですね。

すやり : 母親の影響ですね。母親がぶっ飛んでる人で、妊娠中にもフェスに行ったり、2歳のときにはライヴハウスに連れていかれたり(苦笑)。たびたび家族問題みたいになっていたんですけど、音楽環境には恵まれていましたね。ドライブも好きだったので、洋邦問わず聴いていました。

──当時は、どんな音楽が好きだった?

すやり : 幼少の頃はPUFFYと奥田民生が好きで、YUKIさんやJUDY AND MARYも4歳くらいからずっと聴いていますね。小学生になってバンドを聴くようになって、フジファブリックやサカナクションはその頃からずっと好きで、銀杏BOYZなんかもいまでも聴いています。

──渋谷系に限らず、J-POPや売れてるバンド全般を聴いている感じだったんですね。

すやり : でも中学生の頃に中二病になって、洋楽やUKロックしか聴かなくなって、高校生でまたバンドを聴くようになったと思ったらインディーズのバンドばかり聴いてました(笑)。当時まだお客さんも少なかったKEYTALKやThe SALOVERSとか。高校生の頃はコンサート・スタッフのアルバイトもしてて、貯金しつつたまにフェスに行くみたいな生活でした。

──nemumiさんはどんな音楽を聴いていましたか?

nemumi : 私は全然音楽を聴かないんですよね…。幼稚園の頃はミニモニ。とかが好きで、小学生の頃はYUKIとか東京事変とか、相対性理論やSalyuが好きだったんですけど。

──めっちゃ聴いてるじゃないですか!

nemumi : 小さい頃は聴いていたんです(笑)。

すやり : 小学生でSalyuは早いよね。

nemumi : 映画『リリイ・シュシュのすべて』をみて、この人いいって思ったら、歌手やんって。でも、中学校くらいになったら生活全般に疲れちゃって音楽を聴かなくなった。音楽というより、能動的になにかをしなくなっちゃったんです。それまでは音楽を自分で買ったり、開拓とかしてたんですけど。音楽が嫌いになったわけではなく。

──なぜ疲れちゃったんでしょう。

nemumi : 人とうまく接せないからですね。

──では学校にも行ってなかった?

nemumi : そうです。中学は行ってなくて、高校は通信制でした。

──ライヴに行ったりもしなかった?

nemumi : 小学生の頃はYUKIだけ行ってましたね。当時はライヴに行くっていう発想がなかったので。あと、家族が厳しかったので。

──すやりさんと真逆ですね。

すやり : 私の方は「ちょっとライジング・サン行こうよ」みたいな感じだった(笑)。

nemumi : こっちは、お父さんとかが「家でクラシック聴くんだよ」みたいな感じだった。

──では、音楽活動してたら怒られるんじゃないですか?

nemumi : やってるの知らないですからね(笑)。でも、怒りはしないと思う。中学生のときに元気がなくなって、いろいろゆるくなったので。

──歌うのが好きだったのは、小さい頃から?

nemumi : そうですね。幼稚園にある表彰台みたいなものに乗って、ミニモニ。の歌と踊りを勝手に披露したり、怖いもの知らずな人間でした(笑)。小学生の頃に突然、人前で歌うのが恥ずかしくなってやめて、でも好きっていう気持ちだけ持ったまま大人になりました。

──音楽を聴かない状態から、いきなりオーディションを受けたんですか?

nemumi : 高3くらいに、〈TIF(TOKYO IDOL FESTIVAL)〉に遊びに行ったんですよ。

すやり : 急に!? めちゃくちゃ元気やん(笑)。

nemumi : 目当てはアフィリア・サーガだったんですけど、ほかにもいろいろ観て楽しかった。その次の年にも行って、そこではHauptharmonieさんとかsora tob sakanaさんとかを観て、かわいいー(満面の笑み)って。

──いきなりそこにたどり着くのはすごいですね!

nemumi : そのときもCDを買ったりライヴに頻繁に行ったりみたいなハマり方はしなかったんですけど、聴くこと自体は……… 好き! … だと思いたい(笑)。

すやり : いま突然、告白しましたね(笑)。

──(笑)。音楽を聴かない時期も、アフィリア・サーガは好きだったんですね。

nemumi : そうです。どこかで知って、かわいいなって。あとなにかでたまたまライヴを観る機会があって、すごく楽しかったので。

すやり : アフィリア・サーガはイオンとかでもライヴやったりしてたもんね。ユカフィンさんがめっちゃ好きで、私も観にいってた。

「これはこうしたいんや!」みたいなのをいろんな場面で発揮してしまう

──能動的じゃなかった時期を経てオーディションを受けて、不安はありませんでした? 「トーキョーシティーボックス」のMVでは踊りも披露していますが。

nemumi : ぷるぷるでした。

すやり : でも、(nemumiは)バレエ経験があるからね。

nemumi : 小学生の頃にやっていました。当時はやらされている感じで、あまり楽しさをわかっていなかったんですけど、いまは割りと踊るのは楽しいと思ってやっています。でも、やれるやれないの話でいうと…。

すやり : 上手ですよ。

nemumi : もうちょっとがんばったら人前でもやってみたいです。

──お披露目ライヴ(10月7日)まであと少しですが(笑)。nemumiさんは、レコーディングもはじめてだったんですよね?

すやり : (nemumiは)すごく努力家だと思う。私は4〜8回くらい歌い直したんですけど、nemumiさんは30回くらいかな。こっちは全然いいと思っているのに、本人が納得行かなくて録り直すんですよ。めっちゃストイックなんです。

nemumi : ストイックというか、こだわりが強くて、「これはこうしたいんや!」みたいなのをいろんな場面で発揮してしまうんです。なかなか自分の思い描く歌い方ができなくて、満足するまで付き合わせてしまって…。

──1番苦労したのはどの曲ですか?

nemumi : 「映画みたい」ですね。〈ヘリウムよりきっと軽い〉の部分なんですけど、ヘリウムより軽い感じが全然出せなくて、何回も録り直させてもらいました。

──結果的に満足できるものは録れた?

nemumi : うーん… 及第点? 結局、頭に思い描いている歌は何回やっても自分の口からは出てこなかった。いまの自分が歌えるなかで、限りなくそれに近いテイクが2〜3は出たので、そのなかでエンジニアさんが選んだテイクが入っています。完璧ではないけど、いまはこれかなって。

──すやりさんは順調でした?

すやり : ソロ曲の「モノクロ交差点」のときもそうだったんですけど、感情を込めるのに苦労しました。アイドルの仮歌を入れるバイトとかをやっていたので、音程は合わせるけど感情を込めないみたいなのに慣れていて。そのときは、ちょっと音がずれてても機械で直すみたいな感じだったので、最初のレコーディングのときは歌うのを舐めてたなと思いましたね。あと、どうしても合唱っぽくなっちゃうんですよ。合唱部を4年間やっていたので、ひとりの歌じゃないんです。聴いてても誰の心にも響かないというか。

レーベル そわそわRECORDS  発売日 2017/02/17

※ 曲名をクリックすると試聴できます。

nemumi : そんなことないよ(笑)!

すやり : ねむさまと違って、音程しかとれないんです。“無”過ぎて。それで録ってくれた人が「もっと好きな人のことを考えて」みたいに指導してくれたんですけど、(「映画みたい」の歌詞みたいな)こういうきつい経験はなかったので大変でした。

しずくだ : (笑)。この前ラジオの収録があったんですけど、まじで無な瞬間があってびっくりしました。

すやり : なんか高性能AIみたいだし、ロボットぽいんですよね。表情筋が死んでるというか、真顔になりがちで。

──たしかに、きょうもふたりともずっと違う表情していますよね。

nemumi : 私はずっと口が開いてる(笑)。

すやり : ねむさまはいい意味で、ずっと笑ってるんですよ(笑)。

──でも、できあがった音源はどちらの歌もすごく良いと思いますよ。

すやり : 今回のレコーディングで改めて発声練習とかもしたので、少しは成長できたかなって思います。

その人がアイドルと受け取ればアイドルなので、自由ですね

──最後に、今後の展望を聞かせてください。

しずくだ : 聞いたら、ふたりともぜんぜん違うことを言ってた(笑)。

すやり : 私はフェスに出たいって答えて。

nemumi : 私は、世界を愛で包みたいって。

──すごい(笑)。

nemumi : ユニットでってよりは、個人的な願望ですね(笑)。でも、フェスにも出たいです。

──すやりさんのいうフェスって、たぶん〈TIF〉とかじゃなくて〈フジロック〉とかですよね?

すやり : そうです。どうしてもバンドの感覚になっちゃうんです。

nemumi : 出たいです。

すやり : いま、流されちゃってるよね(笑)。世界を愛で包まなくていいの?

nemumi : いや、それはまた別で…。

すやり : すごいんですよ。彼女の愛で包みたい欲が。

nemumi : すぐ愛で包もうとしちゃうというか。生物とか動物とか、魂が宿っているものに愛情を感じやすくて、守りたいみたいな気持ちを感じやすい。でも、ロボットとかも好きです。

すやり : 私、ロボットだと思われてる(笑)?

nemumi : すやりぬは人間だと思ってる(笑)。

すやり : ぬいぐるみも生きているものだと思って、ペットみたいにかわいがっているみたいですよ。

──もはや魂があるかは関係ない。

nemumi : いやでも、特定の人物に対してみたいなのが逆になくて、すべての命に対して等しく愛を注ぐ感じです。アガペーです。

しずくだ : でも虫は無理らしいですからね(笑)。

nemumi : 無理です!

すやり : 私は逆に動物が苦手なんですよ。鳩が特に苦手で、見るだけでうわーってなっちゃう。

nemumi : そのうわーってなってるすやりぬを守りたいし、うわーって思われてる鳩もケアをしたい。双方に対して、等しくそういった感情が芽生えるんです。でも虫はまだちょっと苦手なので、結構真剣に悩んでいます。

──そういうスタンスなら、お客さんに対しても平等に接せそうでいいんじゃないですかね?

すやり : ガチ恋の人とかきたらどうするの?

nemumi : 母みたいな気持ちでいると思います。宇宙の母でありたい。でも、すやりぬのことは普段ママって呼んでいます(笑)。

すやり : 70%くらいの確率でママって呼ばれます。同い年で、誕生日は私のほうが早いんですけどね(笑)。

──だうみさんとしては、ふたりに今後どうなってほしいですか?

しずくだ : ちゃんと礼儀正しくあってほしいし、私がいなくても成立するようになってほしいですね。ちゃんと楽曲やパフォーマンスで勝負できるようになってほしい。そこは私の仕事でもあるんですけど、そうじゃないとやっぱり長続きしないので。アイドルって肩書がなくても活動できるように、実力をつけてほしいですね。

──sommeil sommeilはアイドルを自称しているわけではないですけど、まわりに呼ばれる分には問題ない?

しずくだ : そこは都合のいいように呼んでくれれば。

nemumi : 私はアイドルだと思っていません(食い気味に)! ただ、その人がアイドルと受け取ればアイドルなので、自由ですね。

──nemumiさんのキャラとかは、めっちゃアイドルぽいと思いますけどね(笑)。

しずくだ : そう思われた方が得ですよね(笑)。ふたりとも、それぞれのキャラを生かしてほしいです。将来的には業務委託して、私の手を離れていってほしいんです。そうなれるくらいの存在になってほしいですね。

関連作もチェック!

関連記事も掲載中です!

>>>しずくだうみの1stアルバム・リリース記念インタヴュー
>>>しずくだうみ × タグチハナ対談

LIVE INFORMATION

〈sowasowa records night〜sommeil sommeilとはなにか〜〉
2017年10月7日(土)@Shinjuku Motion
時間 : Open 18:30 / Start 19:00

〈sommeil sommeil「she never.」発売記念インストアイベント ミニ・ライヴ&特典会〉
2017年11月4日(土)@タワーレコード池袋店 6F 特設イベントスペース時間 : Start 13:00イベント内容 : ミニ・ライヴ&特典会イベント券配布店舗 : タワーレコード池袋店

>>more live information

PROFILE

sommeil sommeil(ソメイユ・ソメーユ)

左からnemumi、夏芽すやり

sommeil=睡眠(フランス語)

夏芽すやり
実はそんなに寝てない

nemumi
ねむみの森からやってきた過眠女子

>>> sommeil sommeil 公式HP

o

 
 

インタヴュー

Summer Rocket、待望の1stアルバムを期間限定フリー配信&メンバー全員インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年12月14日・新メンバーとともに7人のサマロケを作っていきたいーーSummer Rocket、1stアルバムを期間限定フリー配信 永原真夏&工藤歩里が楽曲プロデュースを務める、永遠の夏を歌うアイドル・グループ、Summer Rocketが待望の1stアルバムを完成させた。これまでにリリースされてきた4枚のシングルを再レコーディング、リマスタリングした楽曲に加え、初音源化となる「太陽のアリア」「ロードスター逃飛行」を収録した全10曲。発売日の12月25日に先駆け、OTOTOYでは同アルバムのmp3版を無料配信!! そしてメンバー4人へのインタヴューを実施。12月17日(日)には新宿LOFTにて3rdワンマン・ライヴ〈さよならセカイ〉を開催し、新メンバー3人を迎えることも決まっている激動のサマロケ・メンバーが何を考え活動しているのかに迫った。今のサマロケに注目してほしい!! サマーロケット、待望の1stアルバムを期間限定フリー配信!!Summer Rocket / Summer Rocket(期間限定フリーパッケージ)【配信形態】mp3【配信価格】まとめ 0円(税込) 【Track List】1. 太陽のアリア2. Sum
by 西澤 裕郎
オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース
・2017年12月13日・オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』をリリース 邦楽インディーズ / シューゲイザー・シーンで確かな足跡を残し、日本だけでなく海外にもその活躍の場を広げてきたCAUCUS。そんな彼らから4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』が届いた。制作期間中の3年半、ライヴも行わず、スタジオでのアルバムの制作に没頭したという。その結果これまでになく濃密な色彩と、繊密な構成が光る楽曲が並ぶ作品になった。OTOTOYでは11月15日にリリースしたLP盤の音源を『Sound of the Air (High DR Master)』としてハイレゾ配信開始! そこから「Shy Girl」を期間限定のフリー配信でお届け。CD版となる『Sound of the Air』もこのタイミングで配信開始しております! 4年ぶりの“復帰作”をぜひインタヴューとともにお楽しみ下さい。 まずはこちらを聴いてみて! 期間限定フリー配信! CAUCUS / Shy Girl (High DR Master)(期間限定フリー配信)'【配信形態】ALAC、
by 岡本 貴之
細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
【短期連載】いつ解散してもおかしくない緊張感とバンドを続けていく矛盾、どついたるねん、梁井一&岩淵弘樹対談
[CLOSEUP]・2017年12月08日・【短期連載】いつ解散してもおかしくない緊張感とバンドを続けていく矛盾、どついたるねん、梁井一&岩淵弘樹対談 どついたるねんが、12月20日にキングレコードよりメジャー1stシングル『BOY』をリリースする。表題曲「BOY」に加え、ZEN-LA-ROCKとメイリン(ZOMBIE-CHANG)がfeat.で参加した「おならぷーぷーセッション feat. ZEN-LA-ROCK, ZOMBIE-CHANG」、親交のある澤部渡(スカート)がバンド・アレンジを施した「街」、同じく親交の深いミツメの代表曲「煙突」をアレンジした「煙突(モクモク remix)」が収録される。リリース当日には渋谷CLUB QUATTRO にて完全無料のライヴ開催も予定するなど、怒涛の勢いで突き進むどついたるねんの短期連載を3回に渡り掲載する。2回目は、どついたるねんの映像を撮り続けている梁井一と岩淵弘樹をお迎えしインタヴューを敢行。バンドとはなんなのか、そしてメンバーの脱退について彼らだから語れる話を訊いた。 メジャー1stシングルは12月20日リリース!!どついたるねん / BOY'【収録曲】''1. BOY2. おならぷーぷーセッショ
by 西澤 裕郎
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
筆者について
前田 将博 (純三)

V系生まれハロプロ育ち、aikoは俺のファムファタル。 Twitterは @junzo99 です。

同じ筆者による他の記事