ジャズ・ピアノの奥深さにハマる秋! 大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信

2017年は大野雄二特別活動年といっても過言ではないでしょう。今年に入ってなんと3作目となる作品は、5年ぶりとなるトリオ名義でのジャズ・アルバム! 現編成のトリオでのリリースは初でもある。スタンダード・ジャズナンバーから、もちろんルパンの曲まで12曲収録。これから深まる秋の夜長にハイレゾ音質でじっくり耳を傾けてはいかがでしょうか。

YUJI OHNO TRIO / LET'S FALL IN JAZZ

【Track List】
01. LET’S FALL IN JAZZ feat.Lyn
02. SWEET SUE, JUST YOU
03. MISTY TWILIGHT
04. LET’S FALL IN LOVE
05. LOVE SQUALL
06. LET’S FALL IN JAZZ -interlude-
07. MY ONE AND ONLY LOVE
08. LET’S FACE THE MUSIC AND DANCE
09. A FOGGY DAY
10. LOVE THEME
11. THEME FROM LUPIN III
12. LET’S FALL IN JAZZ -reprise-

【配信形態 / 価格】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC
単曲購入 540円(税込) まとめ購入 3,240円(税込)

彼にとって原点回帰的な一枚

思いっきり敬意をこめて、“ワーカホリック”と呼ばせていただきたくなる。いや、“ジャズホリック”か。

大野雄二

レコーディングにライヴ・パフォーマンスにプレイに作曲に編曲にプロデュースに、つねに精力的な活動を続けている大野雄二だが、とりわけこの2017年の活躍は羽が生えたように軽快だ。女性3人組コーラス・グループ“Fujikochans”をフィーチャーして日本語のジャズ・ソングに取り組んだ画期的な『introducing Fujikochans with Yuji Ohno & Friends』を3月15日に発表し、6月21日には人気バンド“Yuji Ohno & Lupintic Six”の通算第2作『RED ROSES FOR THE KILLER』をリリース。その間の5月14日には、鶯谷・東京キネマ倶楽部で「ルパン三世コンサート~LUPIN! LUPIN!! LUPIN!!! 2017~」を開催、チケットは発売10分でソールド・アウトとなり、ニコ生独占生中継にも3万人ものファンが来場した。“ジャズはマニアックだ”“ジャズは難しい”“ジャズには多数の顧客がつかない”・・・そんな妙な先入観を、大野雄二は明るく楽しくカッコいい音作りで、身をもって崩しにかかっているのだ。

上村信

そして来たる9月27日には、自身のアコースティック・ピアノを大きくフィーチャーした新譜『LET'S FALL IN JAZZ』をリリースする。ここまでピアノが活躍する作品は、2012年リリースの『BOSS PIANO』以来5年ぶり。当時からのファンであれば“ボス”の帰還にすっかり嬉しくなってしまうはずだし、最近になって大野ワールドに開眼した聴き手ならば、このアルバムをきっかけにジャズ・ピアノの奥深さにハマること間違いなし。「ルパン三世」関連音楽、「犬神家の一族」などの映画音楽、テレビ主題歌、CMソングなど幅広い活動を続けてきたとはいえ、大野雄二はもともと気鋭のジャズ・ピアニストとしてシーンに登場している。このアルバムは、彼にとって原点回帰的な一枚でもあると言っていいはずだ。

市原康

メンバーは、2016年3月に結成された“大野雄二トリオ”の顔ぶれがそのまま起用されている。ウッド・ベース(コントラバス)を担当する上村信は1990年代から第一線で活動を続ける名手。現在のウッド・ベース界は本当に多士済々で、カマシ・ワシントン等のバンドで活動するマイルズ・モズリーのように数々のエフェクターを用いて音を出す奏者もいるが、上村はナチュラルというか無添加というか、とにかく生の楽器の響きを非常に大切にする。大野雄二とはこれが初の共演レコーディングだが、力強い音色、安定したビートには“ジャズ・ベースの普遍”がある。ドラムスの市原康は“Yuji Ohno & Lupintic Six”の一員としても活躍中。人気トランペット奏者、市原ひかりの父親としても知られていることだろう。大野雄二との共演は1970年代、ユー&エクスプロージョン・バンドの頃までさかのぼる。『LET'S FALL IN JAZZ』では1曲を除きすべてブラッシュで演奏、メロディ楽器を引き立てるプレイに達人ぶりが光る。

曲目は、大野雄二の自作とアメリカ産のスタンダード・ナンバーが程よくブレンドされている。駆け出しの頃から演奏していたという「レッツ・フェイス・ミュージック・アンド・ダンス」でのメロディアスこのうえないプレイ、ファースト・アルバム『ミスター・ハピゴン(マイ・リトル・エンジェル)』以来の再演であろう「マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ」での語りかけるようなタッチも大きな聴きものだ。そして麻倉未稀に提供した楽曲をジャズ・ナンバーに再生した「ミスティ・トワイライト」では、あえて音数を絞りに絞ったピアノ・プレイが、それをサポートするベースやドラムスの存在感を際立たせる。ルパン・ファンには「ルパン三世 愛のテーマ」「ルパン三世のテーマ」が、とりわけごちそうになることだろう。

Lyn
またタイトル曲「LET'S FALL IN JAZZ」には注目の女性シンガー、Lynがゲストとして加わっている。伝説のソウル系シンガー・ソングライターであるダニー・ハサウェイ(レイラ・ハサウェイの父)の音楽に感銘を受けて歌手を志し、デビュー後はMISIA、Jill--Decoy association、露崎春女などのサポートも務めてきた実力派だ。“ジャズを聴いたらこんなに楽しいよ、いろんないやなことが吹っ飛んじゃうよ。ジャズに恋しようよ”。大野雄二の持つジャズ観がばっちり反映された歌詞を心地よさそうに表現している。

一切の電気楽器を使わない、純アコースティックのジャズ。アンプやエフェクターを通さない、生の音の美しさと迫力をぜひハイレゾで満喫しつくしてほしい。しかも今年は、大野雄二が「ルパン三世」の音楽を手がけてから40周年という記念すべき年にもあたる。アニバーサリー・イヤーの第3弾としてこの原点回帰的なアルバムを出したあと、年末にはコンピレーション作品のリリースが予定されているともきく。「まったくすごいパワーだぜ大野さん、俺たちも負けてられないな」とルパン一味も微笑んでいるのではないだろうか。
(Text by 原田和典)

大野雄二 過去の特集記事

色気漂う大人の娯楽作
ルパン音楽生みの親、大野雄二・新バンドの最新作をハイレゾ配信
https://ototoy.jp/feature/2017062301

日本語ジャズって楽しい!
ルパン生みの親、大野雄二がコーラス・グループFujikochansをプロデュース
https://ototoy.jp/feature/20170315555

ルパンこそ大野雄二の歴史である
——Yuji Ohno & Lupintic Five初ベスト配信&ロング・インタヴュー
https://ototoy.jp/feature/201512160

須永辰緒に訊く、大野雄二によるルパン音楽の魅力
——『LUPIN THE THIRD 「JAZZ」』初ベスト&シリーズ初ハイレゾ配信
https://ototoy.jp/feature/20150826

ルパンがハイレゾでスウィングする!
大野雄二率いるLupintic Fiveによるルパン・ ジャズ最新作はまるでライヴ盤!
https://ototoy.jp/feature/2014121101

大野雄二 関連作品

Yuji Ohno & Lupintic Six / RED ROSES FOR THE KILLER

2nd Album完成!今作はライブバンドの魅力と最新アレンジが詰まった、ハードボイルドでアッパーな楽曲が勢揃い!

Fujikochans / introducing Fujikochans with Yuji Ohno & Friends

Lupintic Sixではおなじみの女性コーラス・グループによる初のヴォーカル・アルバム。ルパン音楽はもちろん、オリジナル・ナンバーも多数収録。

Yuji Ohno & Lupintic Six / iYEAH!! YEAH!!(24bit/48kHz)

Yuji Ohno & Lupintic Six名義でのファースト・アルバム。新旧ルパンナンバーをファンキーに仕上げた全11曲を収録。

LIVE SCHEDULE

大野雄二トリオ【大野雄二(pf)、上村 信(Ba)、市原 康(Dr)】

2017年9月29日(金)@新宿J
2017年9月30日(土)@前橋市民文化会館 小ホール
2017年10月4日(水)5日(木)@愛知jazz inn LOVELY
2017年10月8日(日)@御茶ノ水NARU
2017年10月12日(木)13日(金)@大阪ミスターケリーズ
2017年10月15日(日)@東京Jazz Club さくらんぼ

PROFILE

大野雄二トリオ

大野雄二率いるトリオバンド。2016年3月末より新体制として始動。初代You & Explosion BandのメンバーでありYuji Ohno & Lupintic Sixとしても活動を共にする名ドラマー市原康、そして実力派ベーシストの上村信が加わり全国のジャズライブハウスや会館を中心に活動中。

大野雄二 Official HP : http://www.vap.co.jp/ohno/index.html

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】刺々しくも清らかなサニーデイ・サービスの「クリスマス」──小西康陽remixを配信開始
[CLOSEUP]・2017年12月15日・刺々しくも清らかなクリスマスの物語──サニーデイ・サービス「クリスマス」小西康陽remixを配信開始 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。その収録曲で、フェアリーテイル・ファンクな名曲「クリスマス」が小西康陽によるリミックスを経て、メロウでジャジーな楽曲へと変化を遂げた。さらに曽我部が書き下ろした新たなクリスマス・ソング「Rose for Sally(クリスマス・ソング)」も収録。また12月25日(水)にリリースされる『Popcorn Ballads(完全版)』の予約受付も開始! どちらもハイレゾでご用意しております! サニーデイからの最高のクリスマス・プレゼントを、レヴューとともにお見逃しなく! サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / クリスマス -white falcon & blue christmas- remixed by 小西康陽'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格
セーラームーンの音楽の世界をオーケストラ・サウンドで再現!クラシック・コンサート・アルバム・リリース!
[FEATURE]・2017年12月11日・祝セーラームーン25周年! 史上初となったクラシック・コンサートの模様を収録したアルバムをハイレゾ配信! 2017年で『美少女戦士セーラームーン』は誕生から25周年! 周年を祝うプロジェクトの1つとして今年8月2、3日に東京芸術劇場にて開催された、史上初の『美少女戦士セーラームーン』クラシック・コンサートの模様がこの度ハイレゾ音源化! 作品を彩り、時を越えて今もなお愛され続けている名曲たちが珠玉のオーケストラ・サウンドであなたの耳でも甦ります! OTOTOYでは当日のコンサートにも出向き、その日の興奮を実際に体感したライターによるレヴューを掲載。是非とも良い音で迫力のサウンドに触れてみてください! セーラームーンの名曲たちを極上のオーケストラ・サウンドで美少女戦士セーラームーン 25周年記念Classic Concert ALBUM'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 432円(税込) / アルバム 4,200円(税込)【収録曲】01. アバンタイトルBGM オープニングナレーション02. ムーンライト伝説03. 愛の戦士04
ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラック・メイカー!──Nujabesの過去作配信開始
[CLOSEUP]・2017年12月13日・ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラックメイカー!──Nujabesの過去作配信開始 日本を代表するトラックメーカーとして活躍しながら、2010年に36歳という若さでこの世を去ったNujabes。そんな彼の過去作をOTOTOYではまとめて一気に配信を開始する。ジャズとヒップホップを自在にクロスオーヴァーするサウンドからジャジー・ヒップホップというジャンルまで確立させた彼の名盤の数々をこのレヴューとともにお楽しみください。(Texted by 高柳圭佑) REVIEW : FIRST COLLECTION 12inchを中心にリリースを重ねていた〈hydeout production〉初のレーベル・コンピレーション・アルバム。プロデュースはレーベルを主宰するNujabes。それまでアナログ盤でしか聴くことのできなかったShing02とのM6「Luv(Sic)」、M14「Luv(Sic)pt.2」が収録されている。他にもNujabesのビートにFunky DLの軽快なラップが響き渡りるM2「Don’t Even Try It」など初期hydeoutの代表作が揃っていて、この先の進化の過程
by marvinkei
【REVIEW】「絶望」と対峙する人間――映画『GODZILLA 怪獣惑星』公開記念特集レヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月27日・「絶望」と対峙する人間──映画『GODZILLA 怪獣惑星』公開記念特集レヴュー! 1954年に誕生した、映画『ゴジラ』は、巨大な文化的アイコンとして世界中の人々に愛されてきた。そして2017年、“ゴジラ”は誰も予想しなかった新たな“進化”を果たす。それがアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』である。本作で描かれるのは、これまでのどんな“ゴジラ”とも一線を画すシビアでハードな未来世界。二万年もの間、地球に君臨し続けてきた“ゴジラ”とそれに対峙する人類の因縁の物語だ。そしてそんな『GODZILLA 怪獣惑星』の世界へとさらに私達を引き込むのが、劇中で流れるサウンド・トラックたち。音楽を担当したのは「HERO」「真田丸」「半沢直樹」など大ヒットドラマの音楽を手掛け、さらに『ゴジラvsスペースゴジラ』、『ゴジラ2000 ミレニアム』の映画音楽も担当した、服部隆之。そして、主題歌には稀代の才能を持つ新人女性ヴォーカル、XAIが異例の大抜擢。プロデュースは世界的人気を誇る、BOOM BOOM SATELLITESの中野雅之が担当しており、彼女の神秘的な歌声が救いの手となるような美しい『WHITE OUT』
by ai
【REVIEW】ampel・河原太朗のソロ・プロジェクトが始動!──TENDREとしてソロデビューEP『Red Focus』をリリース!
・2017年12月06日・数々のアーティスト・サポートを務めている河原太朗がついに表舞台に!──ソロ・プロジェクトTENDREが始動 3人組バンド・ampelのメンバー河原太朗(Vo/Ba)のソロ・プロジェクト“TENDRE”がデビューEP『Red Focus』をリリース! KANDYTOWNやYogee New Wavesなど様々なバンドやアーティストのライヴ・サポート、レコーディングに参加し、彼の名前がクレジットされているのを目にする機会が最近多いが、果たして彼自身はどんな音楽を奏でているのか…… 本作を聴いて確かめてほしい。ぜひこちらのレビューとともにお楽しみください。 ソロ名義でのデビューEPTENDRE / Red Focus'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 1234円(税込)【収録曲】''1. DRAMA2. DISCOVERY3. crave4. Night & Day5. hanashi6. Them Changes REVIEW : TENDRE彼が生み出す音はこの上なく洒落ている。俗っぽい言い方になってしまうがこの一
by marvinkei
祝! 誕生40周年「ルパン三世のテーマ」コンピレーション・アルバムがリリース
[REVIEW]・2017年12月06日・国民的テーマ・ソング「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念コンピがリリース&旧譜プライスオフ開催 ルパン三世の誕生から50周年、そして「ルパン三世のテーマ」が誕生して40周年。「ルパン三世のテーマ」だけを詰め込んだ記念コンピレーション・アルバムがリリースされた。今や日本ならず世界中から愛されている作品に、さまざまな角度から華を添えられた17曲のパレードを、ぜひご堪能いただきたい。 また、誕生40周年を記念して旧譜10タイトルの30%プライスオフ・キャンペーンを実施。まとめ買いなら今がチャンス。クリスマス・プレゼントにも最適な作品たち。2018年1月31日までの期間限定ですので、この機会にお買い逃しなく! 「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念作品~ THE BEST COMPILATION of LUPIN THE THIRD 『LUPIN! LUPIN!! LUPINISSIMO!!!』'【Track List】01. THEME FROM LUPIN III 2015 / You & Explosion Band02. THEME FROM LUPIN III 2015~ITALIAN BLUE ver
【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信
・2017年11月28日・【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信 すでにリリースから数日で、世界中に大きな評価を受けているビョーク『ユートピア』。インパクト大のヴィジュアル、そしてサウンド・コラボレーターのアルカとの2作目となるその音楽性は新たな次元へと突入している。繊細な表現と、まるでそれが流れた空間を包み込んで異界化してしまうような凄まじいエネルギーが同居する、その脅威の歌声はハイレゾでぜひとも隅々まで楽しむべき作品といえるだろう。OTOTOYでは本作のハイレゾ配信とともに、気鋭のライター、八木皓平による詳細なレヴューにて、その魅力をお伝えしよう。 24bit/96kHzで配信中björk / Utopia(24bit/96kHz)'【Track List】01. Arisen My Senses02. Blissing Me03. The Gate04. Utopia05. Body Memory06. Features Creatures07. Courtship08. Losss09. Sue Me10. Tabula Rasa11. Claimstaker12. Paradisia13. S
by 八木 皓平
セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!!
[CLOSEUP]・2017年11月16日・セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!! 10代の心象風景を激しさとせつなさとともに描く楽曲とライヴで話題を呼んだ3ピース・バンド、セツナブルースター。2008年に活動休止を宣言した彼らが、12月3日(日)、マイナビBLITZ赤坂で開催予定の〈DECEMBER'S CHILDREN〉昼の部で復活を果たす。2002年12月11日にリリースされた『キセキ』発売15周年を記念して、ギター倉島大輔の弾き語りを中心に全収録曲演奏、メンバーの島田賢司(B&Vo)と宮下裕報(Dr&Vo)も出演し、公式には9年ぶりにバンド形式の演奏も行われることがアナウンス。それを記念しOTOTOYではインディーズ期の名盤を一挙配信開始。さらにインディ2ndアルバム『「二十歳」より』のデモ音源を期間限定で試聴解禁。彼らの高校の同級生のライター西澤裕郎がレビューでその歩みを振り返る。この機会を絶対に見逃さないように。 >>セツナブルースター「キセキ」リリース15周年特設ページはこちら セツナブルースター、インディーズ時代の名盤を一挙CD音質にて配信開始 記念すべきインデ
by 西澤 裕郎