〈りんご音楽祭2017〉開催直前!! オーガナイザー・ 古川陽介と巡る「松本」の激オススメスポット

古川陽介(〈りんご音楽祭〉オーガナイザー)

2017年9月23日(土)、24日(日)、長野県松本市にて〈りんご音楽祭2017〉が開催される。松本市の古民家を改造したパーティーハウス〈瓦RECORD〉に集う地元地域のスタッフたちが作り上げている地域密着型の野外フェスティバル〈りんご音楽祭〉。9年目となる今年は、日本全国各所からポップ・ミュージックとアンダーグラウンドの垣根を越えた186組のアーティストが出演!! トークブースも加わり、よりおもしろみと挑戦に満ちた今年の開催を目前に、〈瓦RECORD〉オーナーで主催者であるdj sleeperこと古川陽介に松本のオススメスポットを案内してもらった。さらに、毎年恒例の「RINGOOO A GO-GO 2017」出演者のコンピレーション・アルバムを期間限定で無料ダウンロード!!

7ステージ・全186組による夢の2日間が長野県松本で開催

りんご音楽祭2017

2017年9月23日(土)、24日(日)@長野県松本市アルプス公園
時間 : 9月23日 10:00 / 9月24日 9:00
料金(税込)
■通し券 13,800円
■9月23日(土)1日券 7,500円
■9月24日(日)1日券 7,500円
■キャンプ券 15,000円(2泊3日 9月23日・9月24日宿泊)
■グループ券※4名分 通し券 53,000円
■グループ券※4名分 9月23日(土)1日券 28,500円
■グループ券※4名分 9月24日(日)1日券 28,500円
※15歳以下、60歳以上は入場無料
〈プレイガイド〉
ローソンチケット 0570-084-003 http://l-tike.com/concert/ringofesticket/ (Lコード : 72272)
チケットぴあ 0570-02-9999 http://w.pia.jp/t/ringofes/ (Pコード : 1日券 339-027 / 通し券 782-840)
イープラス http://eplus.jp/ringofes2017/
楽天チケット http://r-t.jp/ringo
CNプレイガイド http://cncn.jp/ringo2017/
セブンチケット http://7ticket.jp/s/057092
各協力店舗

〈JTBパッケージツアー〉
http://www.jtb.co.jp/tabeat/List.asp?TourNo=c1af559532964561b4f521b8

>>りんご音楽祭2017 公式HP(オフィシャル・サイト)
9月23日(土)ステージ別あ→ん順
■りんごステージ■
OGRE YOU ASSHOLE / C.O.S.A. × KID FRESINO / CHAI / TOWA TEI / トクマルシューゴ / どついたるねん / New Optimism(ハトリミホ from CIBO MATTO) / 野宮真貴 × 斎藤ネコ × Watusi(COLDFEET) × ヴィーナス・カワムラユキ[しぶや花魁 presents 渋谷系セッション] / Michael Kaneko / 峰村慶太朗

■りんごステージ・サブブース■
あっこゴリラ / FDFANTA汁CHILLSTASKI(HIPHOP最PSY高CORE会議) / 佐伯誠之助 / DJ HASEBE / FUNLETTERS / よいまつり

■そばステージ■
Kan Sano / XTAL(Traks Boys、(((さらうんど)))) / GOCOO+GoRo / 櫻井響 / 落日飛車 Sunset Rollercoaster(from 台湾) / CICADA / sorto&nodo / Churashima Navigator / ザ・なつやすみバンド / harikuyamaku / mabanua / DJ YOGURT / ラビラビ

■おやきステージ■
DJ EYヨ(BOREDOMS) / ILLICIT TSUBOI & なかじまはじめ / okadada / Campanella × RAMZA / CRZKNY / SIMI LAB / STUTS / 仙人掌 / ZEN-LA-ROCK / テクノウルフ / DJ HIKARU / DJ moe / RAMZA / Licaxxx / ローホー / SNEEK PIXX【VJ】

■わさびステージ■
碧みき / irummi / ENTH / 岡沢じゅん / all about paradise / Car thief school / the circus / ささきりょうた / 笹口騒音オーケストラ / 太陽のくしゃみ / TANGINGUGUN / ながとろ / ナツノムジナ / NAMUAMEN / NINJAS / YOKOYURE

■わさびステージ・サブブース■
carin(虹色J●POP) / DJ JUN(samsara) / ズンドコショーゴ / テンション花車 / DJ NICO / DJ YUKI / riko(MARKING RECORDS)

■きのこステージ■
GURAGURA[Hair Stylistics a.k.a 中原昌也/XTAL(Traks Boys、(((さらうんど))))/so/BAb1A] / HOMEALONE[DJ HIKARU/ Mr.マジック・バジャール a.k.a カレー屋まーくん] / JOY RIDE[okadada/OG from Militant B/矢車] / THEBLACKDOOR[CMT/Shintaro/YU(SWELL)] / ALi【Lighting】 / カヲリキッド【Liquid Lighting】

■レッドブルメガステージ■
OBRIGARRD / KIRAYAMA(Record & Music Bar “on”、Ku’damn) / Sakiko Osawa / SINKICHI(Churashima Navigator) / TSUTCHIE(SHAKKAZOMBIE) / PARKGOLF / MATTY / DJ MITSU(nobodyknows+) / Licaxxx / Watusi(COLDFEET)

■いなごステージ■
逢根あまみ&おだ犬(終末トラベラー)【TALK : 昭和遺産ラブホテル】 / かさご(SOCORE FACTORY)【TALK : 怪談】 / 金原みわ(珍スポトラベラー)【TALK : 珍スポット】 / けんちん(団地愛好家)【TALK : 団地】 / 佐伯誠之助【TALK : 人生】 / シカク(変な本屋)【TALK : ミニコミ寄席】 / スズキナオ(ライター)【TALK : 酒】 / だみあん君(廃墟写真家)【TALK : 廃墟】 / 徳谷柿次郎(ジモコロ編集長)【TALK : ウェブメディア】 / 原田ちあき(漫画家)【TALK : てきとうタロット】 / パリッコ(ライター)【TALK : 酒】 / ぼく脳(芸人)【パフォーマンス】 / 松原タニシ(事故物件住みます芸人)【TALK : 怪談】 / 村田らむ(ルポライター)【TALK : ホームレス、樹海、ゴミ屋敷】 / UC(日本給水党党首)【TALK : 団地】 / ina takayuki【Live Painting】

■神出鬼没■
G.G.C[NAO CHA CHA CHA × ダーリン.saeko × Yacheemi(餓鬼レンジャー)]【DANCER】

■ログハウス■
VJ mitchel in 光線クラブ【VJ】

■休憩広場■
handmade candle lifart…【凸】
9月24日(日)ステージ別あ→ん順
■りんごステージ■
うさぎのみみっく!! / 踊ってばかりの国 / サイプレス上野とロベルト吉野 / ZAZEN BOYS / 田島貴男(ORIGINAL LOVE) / D.A.N. / tofubeats / MONO NO AWARE / ゆるめるモ! / Yogee New Waves

■りんごステージ・サブブース■
MCウクダダとMC i know / 掟ポルシェ / Keigo(ヒューマンビートボクサー) / クリトリック・リス / せのしすたぁ × YOCO ORGAN / むぎ(猫) / モーリー・ロバートソン

■そばステージ■
asuka ando / 雨ふらしカルテット / ヴィーナス・カワムラユキ feat. 斎藤ネコ / 大比良瑞希(Band Set) / CAT BOYS / DJ KRUSH / jizue / G.RINA & Midnight Sun / Slow Riddim & Good Times / ディープファン君 / 田我流 / DJ HASEBE / BLACKSMOKERS[KILLER / BONG×JUBE×BABA×YAZI×CHI3CHEE×ROKAPENIS] / MACHINA / DJ YOGURT

■おやきステージ■
川辺ヒロシ(TOKYO No.1 SOUL SET) / Campanella / KURANAKA a.k.a 1945 / SUGIURUMN / dj sleeper(りんご音楽祭、Record & Music Bar “on”、瓦RECORD) / Seiho / チプルソ / Twinpeaks[DJ YAZI × Haruka] / 唾奇 × Sweet William / DJ NOBU / バケツドラマーMASA / DJ MAMEZUKA / ゆるふわギャング / RITTO × 4号棟 / 呂布カルマ / SNEEK PIXX【VJ】

■わさびステージ■
石田千尋 / 花魁少年 / ガラクタカンパニー / ダイバーキリン / Tempalay / ニイタカヤマ / ノンブラリ / The Hypes / Have a Nice Day! / プププランド / HELLHEAD / みずすまし / 雄大 / 路地 / The Wisely Brothers

■わさびステージ・サブブース■
折橋栄一(Momentom) / carin(虹色J●POP) / DJ JUN(samsara) / ズンドコショーゴ / テンション花車 / DJ NICO / 花形ハヤシ / DJ YUKI

■きのこステージ■
三茶番外地[DJ MAYURI(metamorphose)/Omega f2;k/ebatee&knak28/AOSHO] / Ku’damn[SUGIURUMN/DJ TASAKA/KIRAYAMA(Record & Music Bar “on”)/DJ KIM] / Gift[asuka ando/ALTZ/YA△MA/RAIJIN/NAO*/YOTTU] / ALi【Lighting】 / カヲリキッド【Liquid Lighting】

■レッドブルメガステージ■
iSOP / UZOMEKI DJz(tottaka&NOBUMITSU) / OG from Militant B(JOY RIDE) / DJ TASAKA / DRAMATICBOYS(秘境祭) / Hayakumo Kengo / Mr.マジック・バジャール a.k.a カレー屋まーくん / モーリー・ロバートソン / YANMAH / WSZ80 a.k.a LEF!!!CREW!!!

■いなごステージ■
逢根あまみ&おだ犬(終末トラベラー)【TALK : 昭和遺産ラブホテル】 / 掟ポルシェ【TALK : 人生】 / 金原みわ(珍スポトラベラー)【TALK : 珍スポット】 / クリトリック・リス【TALK : 人生】 / けんちん(団地愛好家)【TALK : 団地】 / 佐伯誠之助【TALK : 人生】 / シカク(変な本屋)【TALK : ミニコミ寄席】 / スプーンアート店長 松原弘己(スプーンマン)【パフォーマンス】 / だみあん君(廃墟写真家)【TALK : 廃墟】 / 徳谷柿次郎(ジモコロ編集長)【TALK : ウェブメディア】 / 原田ちあき(漫画家)【TALK : てきとうタロット】 / ぼく脳(芸人)【パフォーマンス】 / 村田らむ(ルポライター)【TALK : ホームレス、樹海、ゴミ屋敷】 / UC(日本給水党党首)【TALK : 団地】 / よいまつり【TALK : 銭湯】 / ina takayuki【Live Painting】

■神出鬼没■
ダーリン.saeko【DANCER】 / Yacheemi(餓鬼レンジャー)【DANCER】

■ログハウス■
VJ mitchel in 光線クラブ【VJ】

■休憩広場■
handmade candle lifart…【凸】
〈RINGOOO A GO-GO〉(https://ototoy.jp/_/default/p/82557)
Car thief school(札幌) / 雨ふらしカルテット(青森) / 雄大(埼玉) / 石田千尋(東京) / all about paradise(東京) / MACHINA(東京) / ディープファン君(東京) / 路地(東京) / 花魁少年(神奈川) / sorto&nodo(神奈川) / バケツドラマーMASA(神奈川) / HELLHEAD(神奈川) / FUNLETTERS(山梨) / 峰村慶太朗(長野) / 碧みき(愛知) / ながとろ(石川) / irummi(京都) / ガラクタカンパニー(京都) / ダイバーキリン(大阪) / YOKOYURE(大阪) / the circus(徳島) / うさぎのみみっく!!(福岡) / NAMUAMEN(福岡) / The Hypes(那覇)
RINGOOO A GO-GO 2017出演者によるコンピレーション・アルバムをフリーDL!!

りんご音楽祭 presents RINGOOO A GO-GO 2017 COMPILATION ALBUM

【配信価格】
mp3 まとめ購入のみ 0円

【配信期間】
2017年9月24日(日)24:00まで

1. 太陽の道(LIVE) / 峰村慶太朗
2. アイム / 雨ふらしカルテット
3. シンメトリック / うさぎのみみっく!!
4. 夜明け / ディープファン君
5. Untouchable / FUNLETTERS
6. bpm 89 / MACHINA
7. still awakening / sorto&nodo
8. brick dove / バケツドラマーMASA
9. G / 花魁少年
10. 言えない / ながとろ
11. ユレる / YOKOYURE
12. Perfect Sunrise / all about paradise
13. 海沿いの街 / ガラクタカンパニー
14. あなたの歌 / 碧みき
15. ネオンライト / Car thief school
16. 春始符 / 雄大
17. 渚にて / 路地
18. 残暑 / irummi
19. エンド・オブ・ザ・ワールド / the circus
20. I Hate Your Ice / The Hypes
21. Beautifull / NAMUAMEN
22. 風がさわぐ / ダイバーキリン
23. ファミレスへ行こうよ / 石田千尋
24. 祈り / HELLHEAD

〈りんご音楽祭〉オーガナイザー・古川陽介と巡る「松本」おすすめスポット

2009年に誕生した野外音楽フェスティバル〈りんご音楽祭〉も今年で9年目を迎えます。9月23日(土)、24日(日)に開催される今回は、新たにトークステージが追加され7ステージに186組が出演!! 音楽だけでなく、トークに、食事に、自然に、五感を使いっぱなしで楽しめる2日間となりそうです。

そもそも〈りんご音楽祭〉は、当時26歳であった「瓦RECORD」オーナーの古川陽介がはじめたもので、アーティストに声をかける際、必ずそのアーティストのライヴを見てから決めるとのこと。これまで、水曜日のカンパネラやPUNPEEがいち早く出演するなど、その審美眼には強い信頼があります。

ラインナップは間違いないと思ったOTOTOY取材班は、このたび〈りんご音楽祭〉が開催される松本の魅力に迫るべく、古川氏にオススメのスポットを紹介してもらうことにしました。ぜひ古川氏と一緒に松本を巡っている気持ちで読んでいただけたら嬉しいです。

1日目 : ヴィレッジ・ヴァンガードも〈りんご音楽祭〉大プッシュ

2017年9月7日(木)、新宿駅発の特急スーパーあずさに乗り込み、いざ松本へ!! 乗り換えなしで約2時間半という距離感は、ちょっとした旅行気分になれるので、なんだかワクワクする気持ちに溢れます。

松本につくと、古川氏から指定された、ヴィレッジ・ヴァンガード松本パルコ店へ足を運びました。この日は、ヴィレッジ・ヴァンガード×りんご音楽祭2017 いなごステージ コラボ・トーク企画「金原みわのよいまつり! supported by りんご音楽祭」というトークショーが行われるとのこと。今年からできたトークステージをプロデュースする、金原みわさんとよいまつりさんに加え、2日間とも出演する原田ちあきさんが1時間半に渡りトークを繰り広げました。

左から、古川氏、原田ちあきさん、よいまつりさん、金原みわさん

恐縮ながらお三方のことを詳しく存じ上げなかったのですが、これがめちゃくちゃおもしろかった!! 珍スポトラベラーの金原さんは、スプーンでできたオブジェなどばかりを展示している松本のカフェを紹介したり、よいまつりさんは銭湯についての細かい知識を図付きで紹介、原田ちあきさんはご自身の書かれている漫画について独特の角度から話して笑いを誘っていました。〈りんご音楽祭〉に行かれるかたはトークステージ、要注目ですよ、マジで!! そして、ヴィレヴァンさんでは彼女たちの書籍、りんご音楽祭オフィシャルグッズ、出演アーティストの関連グッズなどをまとめた〈りんご音楽祭〉コーナーもあるので、マストチェックです!

ヴィレヴァン入り口に設定された〈りんご音楽祭〉コーナー

りんご音楽祭オフィシャルグッズ、出演アーティストの関連グッズもあります!

金原みわさん、よいまつりさん、原田ちあきさんの関連書籍も買える!!

トークショーが終わり、お店の方にご挨拶をした後、いよいよ古川氏による松本オススメ・スポット案内がスタートしました!! まず最初に連れて行ってくれたのは、まさかの……

海なし県、長野なのにお寿司!? 「三重鮨」の下には海がある?!

腹ペコの一同を連れて行ってくれたのは、まさかのお寿司屋さん。堂々とした面持ちでカウンター席に座り、大将と世話話をする古川氏は、迷うことなく特上寿司を人数分注文!!

なぜ寿司屋なんだ、そんな気持ちを抱えながら、店内に飾られた魚拓を眺める私

すると、貝三種が登場!! 新鮮でぷりぷりでうめーーーーー!!

そしてやってきました、特上寿司!! 見た目からもわかると思うんですけど、半端なく美味いいい!! 一瞬でなくなってしまいました。なんと、1人前1,800円という衝撃価格!! 東京で食べたらいくらするんだっっ。お得すぎるでしょ!!

追加で注文した、うに巻き。ご飯の中心部分までずっしり詰まっていました。古川氏が最初にここに連れて来た意味がわかりました。そして、たしかに「三重鮨」の下には海があるといっても過言ではなし!! ごちそうさまでした!

三重鮨



住所 : 長野県松本市中央4-8-32
電話 : 0263-32-8882
休日 : 月曜日
営業時間 : 17:30~24:00

松本の音楽カルチャーの発信地「瓦レコード」

お腹を満たした我々は、古川氏がオーナーを務める〈瓦RECORD〉に向かうことに。〈瓦RECORD〉は松本市の古民家で、クラブやライブハウスに限りなく近いパーティーハウス。 レコード・CDコーナー、ライヴ・スペース、バー・スペース、仮眠スペースなどもあり、音楽好きたちがゆっくり音楽を楽しんだりチルアウトできるような最高の雰囲気の場所です。この日、筆者もここに泊まらせていただけるということで、なんだかワクワクしております。

入り口には「瓦」という文字でくり抜かれたドアが。おしゃれ!!

入ってすぐのところにはバーカウンターやたくさんのソファーがあって、くつろげます。

趣のあるバーカウンター

奥にいくとライヴ・スペースが!! 古川氏はdj sleeperという名義でDJもしています

古民家のなかで回って光る色合いが幻想的

瓦RECORD



住所 : 長野県松本市清水1-1-2
電話 : 0263-33-8366
営業時間 : 瓦RECORDの通常営業は金・土・祝前日の21時から朝までです。それ以外でもイベント時はオープンします。
Official HP

音楽好きたちが集うライヴ・スペース「Give me little more.」

荷物を置いて少しくつろいだ我々は、〈瓦RECORD〉から歩いて5分もかからない場所にあるオルタナティヴ・スペース / バー・スペース、Give me little moreへ。エスニック料理、ライヴ、映像 / 映画上映、トークイベント、展示、演劇などなど、カルチャー全般が集う場所で、扉を開けるとまずはバーカウンターが現れます。

ちょうどこの日のライヴが終わり、バーカウンターはたくさんのお客さんたちがお酒を飲みながらコミュニケーションをしておりました

以前、OTOTOYの打ち合わせでお会いしたことのあった、おぞうにレコーズの工藤祐次郎さんがこの日ライヴをしていたということで、約4年ぶりの再開に筆者もテンションがあがりました。まさに出会いの場

ここがライヴ・スペースです。とってもいい感じ

店長さんと古川氏で2ショット。聞けば、店長さんは大学で松本にやってきて、大学卒業後に〈瓦RECORD〉のスタッフを経て、このお店をはじめたそう。他のお客さんも意外と松本出身ではない人が多く、びっくり

Give me little more.



住所 : 長野県松本市中央3-11-7
電話 : 080-5117-0059
休日 : 日、月曜日
営業時間 : 19:00~1:30頃
Official HP

Give me little more.を後にした我々を連れて、古川氏が松本の裏道などを案内してくれました。入ってみたいお店もたくさんあったけど、ここでは写真だけ掲載します。ぜひ行ってみてくださいね!!

ここは外せないラーメン屋さんとのこと。「Q」ってなんの頭文字や?

古本とコーヒー!! 夜11時までやっているって最高

ファミリー・パブ… だと…?

松本の珍スポ!! とある細い路地の途中に謎の絵が。しかもわざわざ掘られている。誰が、なんのために…?

地元の仲間たちでにぎわうBAR「elbow room」

続いて古川氏が連れていってくれたのは、地元で遊んでる人々が集うBAR「elbow room」。お店に入ったら、〈りんご音楽祭〉の会場設営スタッフの方もいたり、松本で生活している方々がゆったりとお酒を飲んでいました。

壁に無数にくっついているCDたち。なんのCDかひっくり返してみたかったけど我慢

店内は活気に溢れています

オススメのクリームチーズの醤油漬けとオリーブ。ちょっと舐めただけでお酒がススムススム。しかも200円代という安さ!!

光るグミ。おしゃれ

elbow room



住所 : 長野県松本市大手4-3-3
電話 : 0263-39-3017
休日 : 日曜日
営業時間 : 18時~深1時

熱い店主と美味い信州料理「微酔い処 ちくま」

われわれの胃袋は止まるところを知りません。3軒目は、松本駅から徒歩10分、縄手通りにある居酒屋「微酔い処 ちくま」。お店の佇まいも内装も店主も、すべて渋くて男前でたまらない居酒屋さんです!!

手書きのメニューに心踊る

信州ハイボールとお通しのちくわをかりかりにあげた料理(食べるのに夢中で名前聞き忘れました…)

雑キノコおろし。やっぱり長野といえばキノコでしょ!! 超絶うめーーーーー!!

たこの吸盤のお刺身。これも海の幸だけど、とてつもなくうまい!!

トリとネギをあえた料理でとにかく(食べるのに夢中で名前聞き忘れました…)

古川氏と店主さん。〈りんご音楽祭〉の話をしていて、店主さんがクリトリック・リスが来るのを毎年楽しみにしているという話をしていたのがなによりもグッときました。地域に根付いているのを感じた瞬間でした

微酔い処 ちくま



住所 : 長野県松本市大手4-1-25
電話 : 0263-39-0628
営業時間 : 夕方6時~やれるだけ!!
Official HP

実はこの後もう一件飲みにいったのですが(※あくまで仕事ですからね、あくまで)、人生ではじめて味わうような◯◯を肴にお酒を飲むという貴重な体験をさせてもらいました。あまりにうますぎるのに知る人ぞ知る店ということで、紹介するのはここでは控えさせていただきます(ごめんなさい)。おいしい料理と酔いが深くなってきたこともあり、古川氏と熱い話に華がさきました。

この日話していて感じたのは、とにかくたくさん遊んで、たくさんの人たちに会うことが、〈りんご音楽祭〉を生み出しているということ。もちろんそれを続けるためにたくさん働く。シンプルかもしれないですが、全力で遊びきることができる人はそれほど多くないのではないかと思います。古川氏はどちらも全力でやっている人。それが伝わって来る1日目でした。

酔い覚ましに〈瓦RECORD〉まで歩いて帰りました

とてもいい雰囲気。時刻は深夜2時頃

松本のソウルスポット「四柱神社」にて〈りんご音楽祭2017〉成功に向けてお参りをする古川氏

2日目、スタート

ぐっすりと寝て起きると、古川氏はバーカウンターで、RINGOOO A GO-GO 2017出演者によるコンピレーション・アルバムの選曲を行なっていました。現在、OTOTOYでフリーダウンロードできるので、それを聴きながらこの記事を読むのもおススメですよっ!!

昼間の〈瓦RECORD〉の外観

音楽雑誌もたくさんあります

これまでの〈りんご音楽祭〉ポスターが壁に貼ってあり歴史を感じます

松本に来たら温泉は入りたい!! 「湯々庵 枇杷の湯」

2日目最初に連れて来てもらったのは、「湯々庵 枇杷の湯」。〈りんご音楽祭〉と提携している温泉ということで、初日の9月23日(土)のみ営業時間が22時まで拡張して営業しているとのことです。嬉しすぎる!! 古川氏のオススメで我々はサウナと水風呂を3往復し、露天風呂に浸かるという通な楽しみ方をしました。それまでの疲れが浄化されていくような天国のような時間でした。

おかみさんとお話をする古川氏。本当に顔が広いし、地域に根ざしているんだなあ

とても広くてのんびりできます

広く清潔感のある大浴場

風呂桶の積み方がまたよいです

一度服を着て外にでると「お殿様の野天風呂」に行くことができます

これがお殿様の野天風呂!! 紅葉の時期とかもよさそう

湯々庵 枇杷の湯



住所 : 長野県松本市浅間温泉3-26-1
電話 : 0263-46-1977
休日 : 月曜日(祝日の場合は翌日)
営業時間 : 9:00~21:00(最終受付20:00)※9/23(土)のみ22:00までの営業です。
Official HP

美味しい蕎麦とお水だからこそ食べてほしい「手打ちそば あるぷす」

昨日あれだけ食べたけれど、お腹がすいた我々は、お蕎麦を食べることしか頭にありませんでした。そこで古川氏が連れて着たのが、「手打ちそば あるぷす」。松本に着たらここでしょ、という名店です。

オススメを教えてくれる古川氏。初めての人は3種類のそばを楽しめるやまびこセット一択とのこと(指が2本なのは裏メニューにある別の注文をもしたからです)!! それでっ!!

お蕎麦の前に、くきわさびも頼んじゃいました。わざびが効いててたまらんうまさ

昨日に引き続き、きのこおろし。安定のうまさ

そして馬刺し!! 長野は馬刺しも名物なんです

いよいよきました!! やまびこセット!! 二八、十割、水そば、3種類のそばの盛り合わせです。水と塩でそばを食べるなんて初めての体験っ!! んまっ!!

手打ちの様子も見ることができます!

うれしいプチ情報、お店の裏には足湯もあります!! お時間あればお蕎麦食べて足湯なんてオツじゃない?

手打ちそば あるぷす



住所 : 長野県松本市浅間温泉3-1-13
電話 : 0263-46-1471
休日 : 水曜日
営業時間 : 19:00~1:30頃
Official HP

〈りんご音楽祭〉の開催地、アルプス公園

そして我々は〈りんご音楽祭〉の開催地である、アルプス公園にやってきました。この公園に7つのステージが設営されて186組のアーティストたちがパフォーマンスを繰り広げるのです!!

〈りんご音楽祭〉はアルプス公園の1/5くらいのスペースしか使っていないそうで、めちゃめちゃ広くて眺めの綺麗な公園なのです。この公園に来たときに〈りんご音楽祭〉をやろうと思ったという理由がわかるくらい素敵な公園です

いまはなにもない野原ですが、ここにはおやきステージができます

りんごステージの設営がはじまっていました

とても眺めのいいこの場所にももちろんステージが。そばステージです!

これだけだとわかりづらいので…

2016年の写真ですが、こんなに人が入ってライヴが行われます!!

毎年思いもよらぬパフォーマンスでお客さんたちが湧きます!!

こんな夢のステージも

ステージからはこんな風景が見えるんですね!!

はやく〈りんご音楽祭2017〉に行きたいっ!!

行きたいっっっっっ

行きたいぞーーーーーーーーーーーーっっっっっ!!

去年の様子だけでも雰囲気が伝わったんじゃないでしょうか?

秘密基地的音楽スタジオ&カフェBAR「marsmoo」

アルプス公園の素晴らしさに感動した我々は、なんと〈りんご音楽祭〉のデザインが生み出されている場所、marsmooに連れて行ってもらえることに。車で15分くらいの場所に見えて来たのは2階建てのガレージ。ここにデザイン事務所”Splice-design"と音楽スタジオ”marsmoo STUDIO"、さらにはカフェBAR”カフェマモー"もあるのです。ちなみに、marsmooではフリーペーパー"marsmoo too"も発行!! コラムや音楽アルバムの紹介など毎月多種多様なコンテンツが展開中で、とてもクリエイティヴに溢れている空間です。

2階建てのガレージのなかにデザイン事務所、音楽スタジオ、カフェBARが!!

壁にはカラフルなデザインの絵が描かれています

もちろん、りんご音楽祭のポスターも貼ってあります!

〈りんご音楽祭〉では、ライヴ出演に加えて、わさびステージのオフィシャルドリンカーとしてお酒も作る予定の岡沢じゅんさん

ここから〈りんご音楽祭〉のデザインが生まれている

フリーペーパー"marsmoo too"のバックナンバー。表紙は松本の人たちが写っているそう

日本から世界までおもしろい雑貨が集うお店「samsara」

そろそろ東京に戻らなければならない時間が近づいてきた筆者、そしてギリギリまでいろんな場所に連れて行きたいといってくれる古川氏。正直、こんなにたくさんの場所に連れていってもらえると思っていなかったので情報処理が追いつかないけれど、次はどんな場所が待っているのかと期待している自分もいた。松本駅方面に向かいながら最後に2件、連れていってもらいました。

こけしだったり、変なお面だったり、エスニックなものがたくさん揃う雑貨屋さん

松本の至る場所にある「道神面」も売ってました

なんど奥にはお堂があって、アコースティックライヴもできるそう!!

世界の手仕事っていうフレーズ、なんか頼もしい

samsara



住所 : 長野県松本市中央3-3-18
電話 : 0263-50-7893
休日 : 日曜日
営業時間 : 10:00~18:00(11月~3月) / 10:00~19:00(4月~10月)
Official HP

オフィシャル・キャンドルも作ってます!「TOCA by lifart…」

ここはキャンドルと雑貨のお店やさん

なんと、ここでキャンドルを手作りしているそうです!!

〈りんご音楽祭〉のオフィシャル・キャンドルも作っているそうで、試作品を特別に見せてもらいました!! りんごのいい匂いがしました

TOCA by lifart…



住所 : 松本市大手4-3-17
電話 : 0263-87-8942
休日 : 水・木曜日
営業時間 : 12:00-19:00
Official HP

と、ここでついにタイムアップになってしまいました。前日17時から、この日16時までたっぷり23時間、まったく時間を余すことなく松本を案内していただきました。古川氏はまだまだ連れて行きたいところがあるのになと言っていましたが、本当に濃密な時間でした。

実は筆者も長野県出身で長野市が地元なのですが、地元に対しておもしろい場所なんてそんなにないんじゃないかという気持ちをどこかに持ってしまっていました。しかし、古川氏は松本が本当にいいところで、他の場所に行っても最終的に松本に戻ってきたくなると何度も言っていました。実際、それは口先だけでばなく、このレポートを読んでもらうなかでも伝わったのではないかと思います。空気と水が綺麗で、紹介してくださったようなこだわりをもったいいお店もたくさんある。筆者もすっかり松本のことが好きになってしまいました。

なにより、この2日間で巡ったすべての店で、古川氏がお店の方たちと密にコミュニケーションをとっているのが印象的でした。音楽のイベントとなると、どうしても音楽関係者とばかり連絡やコミュニケーションを取りがちになるのですが、古川氏が関わっている人たちはどなたも松本に生活する人々でした。BARで出会った方とは翌日のアルプス公園の設営で顔をあわせたり、別の場所で出会ったり、生活と音楽が密接に繋がっていました。

〈りんご音楽祭〉は音楽のフェスティバルではありますが、松本という街があってこそのフェスなんだなということを強く感じた2日間でした。今年〈りんご音楽祭〉に足を運ばれる方がいらっしゃいましたら、ぜひ松本の街も一緒に楽しんでもらえたら、より思い出に残る2日間になるんじゃないかと思います。ぜひ会場でお会いしましょう!! 古川さん、2日間ありがとうございました!!

取材&文 : 西澤裕郎

松本市で開催される〈りんご音楽祭〉は9月23日(土)、24日(日)!!

7ステージ・全186組による夢の2日間が長野県松本で開催

りんご音楽祭2017

2017年9月23日(土)、24日(日)@長野県松本市アルプス公園
時間 : 9月23日 10:00 / 9月24日 9:00
料金(税込)
■通し券 13,800円
■9月23日(土)1日券 7,500円
■9月24日(日)1日券 7,500円
■キャンプ券 15,000円(2泊3日 9月23日・9月24日宿泊)
■グループ券※4名分 通し券 53,000円
■グループ券※4名分 9月23日(土)1日券 28,500円
■グループ券※4名分 9月24日(日)1日券 28,500円
※15歳以下、60歳以上は入場無料
〈プレイガイド〉
ローソンチケット 0570-084-003 http://l-tike.com/concert/ringofesticket/ (Lコード : 72272)
チケットぴあ 0570-02-9999 http://w.pia.jp/t/ringofes/ (Pコード : 1日券 339-027 / 通し券 782-840)
イープラス http://eplus.jp/ringofes2017/
楽天チケット http://r-t.jp/ringo
CNプレイガイド http://cncn.jp/ringo2017/
セブンチケット http://7ticket.jp/s/057092
各協力店舗

〈JTBパッケージツアー〉
http://www.jtb.co.jp/tabeat/List.asp?TourNo=c1af559532964561b4f521b8

>>りんご音楽祭2017 公式HP(オフィシャル・サイト)
9月23日(土)ステージ別あ→ん順
■りんごステージ■
OGRE YOU ASSHOLE / C.O.S.A. × KID FRESINO / CHAI / TOWA TEI / トクマルシューゴ / どついたるねん / New Optimism(ハトリミホ from CIBO MATTO) / 野宮真貴 × 斎藤ネコ × Watusi(COLDFEET) × ヴィーナス・カワムラユキ[しぶや花魁 presents 渋谷系セッション] / Michael Kaneko / 峰村慶太朗

■りんごステージ・サブブース■
あっこゴリラ / FDFANTA汁CHILLSTASKI(HIPHOP最PSY高CORE会議) / 佐伯誠之助 / DJ HASEBE / FUNLETTERS / よいまつり

■そばステージ■
Kan Sano / XTAL(Traks Boys、(((さらうんど)))) / GOCOO+GoRo / 櫻井響 / 落日飛車 Sunset Rollercoaster(from 台湾) / CICADA / sorto&nodo / Churashima Navigator / ザ・なつやすみバンド / harikuyamaku / mabanua / DJ YOGURT / ラビラビ

■おやきステージ■
DJ EYヨ(BOREDOMS) / ILLICIT TSUBOI & なかじまはじめ / okadada / Campanella × RAMZA / CRZKNY / SIMI LAB / STUTS / 仙人掌 / ZEN-LA-ROCK / テクノウルフ / DJ HIKARU / DJ moe / RAMZA / Licaxxx / ローホー / SNEEK PIXX【VJ】

■わさびステージ■
碧みき / irummi / ENTH / 岡沢じゅん / all about paradise / Car thief school / the circus / ささきりょうた / 笹口騒音オーケストラ / 太陽のくしゃみ / TANGINGUGUN / ながとろ / ナツノムジナ / NAMUAMEN / NINJAS / YOKOYURE

■わさびステージ・サブブース■
carin(虹色J●POP) / DJ JUN(samsara) / ズンドコショーゴ / テンション花車 / DJ NICO / DJ YUKI / riko(MARKING RECORDS)

■きのこステージ■
GURAGURA[Hair Stylistics a.k.a 中原昌也/XTAL(Traks Boys、(((さらうんど))))/so/BAb1A] / HOMEALONE[DJ HIKARU/ Mr.マジック・バジャール a.k.a カレー屋まーくん] / JOY RIDE[okadada/OG from Militant B/矢車] / THEBLACKDOOR[CMT/Shintaro/YU(SWELL)] / ALi【Lighting】 / カヲリキッド【Liquid Lighting】

■レッドブルメガステージ■
OBRIGARRD / KIRAYAMA(Record & Music Bar “on”、Ku’damn) / Sakiko Osawa / SINKICHI(Churashima Navigator) / TSUTCHIE(SHAKKAZOMBIE) / PARKGOLF / MATTY / DJ MITSU(nobodyknows+) / Licaxxx / Watusi(COLDFEET)

■いなごステージ■
逢根あまみ&おだ犬(終末トラベラー)【TALK : 昭和遺産ラブホテル】 / かさご(SOCORE FACTORY)【TALK : 怪談】 / 金原みわ(珍スポトラベラー)【TALK : 珍スポット】 / けんちん(団地愛好家)【TALK : 団地】 / 佐伯誠之助【TALK : 人生】 / シカク(変な本屋)【TALK : ミニコミ寄席】 / スズキナオ(ライター)【TALK : 酒】 / だみあん君(廃墟写真家)【TALK : 廃墟】 / 徳谷柿次郎(ジモコロ編集長)【TALK : ウェブメディア】 / 原田ちあき(漫画家)【TALK : てきとうタロット】 / パリッコ(ライター)【TALK : 酒】 / ぼく脳(芸人)【パフォーマンス】 / 松原タニシ(事故物件住みます芸人)【TALK : 怪談】 / 村田らむ(ルポライター)【TALK : ホームレス、樹海、ゴミ屋敷】 / UC(日本給水党党首)【TALK : 団地】 / ina takayuki【Live Painting】

■神出鬼没■
G.G.C[NAO CHA CHA CHA × ダーリン.saeko × Yacheemi(餓鬼レンジャー)]【DANCER】

■ログハウス■
VJ mitchel in 光線クラブ【VJ】

■休憩広場■
handmade candle lifart…【凸】
9月24日(日)ステージ別あ→ん順
■りんごステージ■
うさぎのみみっく!! / 踊ってばかりの国 / サイプレス上野とロベルト吉野 / ZAZEN BOYS / 田島貴男(ORIGINAL LOVE) / D.A.N. / tofubeats / MONO NO AWARE / ゆるめるモ! / Yogee New Waves

■りんごステージ・サブブース■
MCウクダダとMC i know / 掟ポルシェ / Keigo(ヒューマンビートボクサー) / クリトリック・リス / せのしすたぁ × YOCO ORGAN / むぎ(猫) / モーリー・ロバートソン

■そばステージ■
asuka ando / 雨ふらしカルテット / ヴィーナス・カワムラユキ feat. 斎藤ネコ / 大比良瑞希(Band Set) / CAT BOYS / DJ KRUSH / jizue / G.RINA & Midnight Sun / Slow Riddim & Good Times / ディープファン君 / 田我流 / DJ HASEBE / BLACKSMOKERS[KILLER / BONG×JUBE×BABA×YAZI×CHI3CHEE×ROKAPENIS] / MACHINA / DJ YOGURT

■おやきステージ■
川辺ヒロシ(TOKYO No.1 SOUL SET) / Campanella / KURANAKA a.k.a 1945 / SUGIURUMN / dj sleeper(りんご音楽祭、Record & Music Bar “on”、瓦RECORD) / Seiho / チプルソ / Twinpeaks[DJ YAZI × Haruka] / 唾奇 × Sweet William / DJ NOBU / バケツドラマーMASA / DJ MAMEZUKA / ゆるふわギャング / RITTO × 4号棟 / 呂布カルマ / SNEEK PIXX【VJ】

■わさびステージ■
石田千尋 / 花魁少年 / ガラクタカンパニー / ダイバーキリン / Tempalay / ニイタカヤマ / ノンブラリ / The Hypes / Have a Nice Day! / プププランド / HELLHEAD / みずすまし / 雄大 / 路地 / The Wisely Brothers

■わさびステージ・サブブース■
折橋栄一(Momentom) / carin(虹色J●POP) / DJ JUN(samsara) / ズンドコショーゴ / テンション花車 / DJ NICO / 花形ハヤシ / DJ YUKI

■きのこステージ■
三茶番外地[DJ MAYURI(metamorphose)/Omega f2;k/ebatee&knak28/AOSHO] / Ku’damn[SUGIURUMN/DJ TASAKA/KIRAYAMA(Record & Music Bar “on”)/DJ KIM] / Gift[asuka ando/ALTZ/YA△MA/RAIJIN/NAO*/YOTTU] / ALi【Lighting】 / カヲリキッド【Liquid Lighting】

■レッドブルメガステージ■
iSOP / UZOMEKI DJz(tottaka&NOBUMITSU) / OG from Militant B(JOY RIDE) / DJ TASAKA / DRAMATICBOYS(秘境祭) / Hayakumo Kengo / Mr.マジック・バジャール a.k.a カレー屋まーくん / モーリー・ロバートソン / YANMAH / WSZ80 a.k.a LEF!!!CREW!!!

■いなごステージ■
逢根あまみ&おだ犬(終末トラベラー)【TALK : 昭和遺産ラブホテル】 / 掟ポルシェ【TALK : 人生】 / 金原みわ(珍スポトラベラー)【TALK : 珍スポット】 / クリトリック・リス【TALK : 人生】 / けんちん(団地愛好家)【TALK : 団地】 / 佐伯誠之助【TALK : 人生】 / シカク(変な本屋)【TALK : ミニコミ寄席】 / スプーンアート店長 松原弘己(スプーンマン)【パフォーマンス】 / だみあん君(廃墟写真家)【TALK : 廃墟】 / 徳谷柿次郎(ジモコロ編集長)【TALK : ウェブメディア】 / 原田ちあき(漫画家)【TALK : てきとうタロット】 / ぼく脳(芸人)【パフォーマンス】 / 村田らむ(ルポライター)【TALK : ホームレス、樹海、ゴミ屋敷】 / UC(日本給水党党首)【TALK : 団地】 / よいまつり【TALK : 銭湯】 / ina takayuki【Live Painting】

■神出鬼没■
ダーリン.saeko【DANCER】 / Yacheemi(餓鬼レンジャー)【DANCER】

■ログハウス■
VJ mitchel in 光線クラブ【VJ】

■休憩広場■
handmade candle lifart…【凸】
〈RINGOOO A GO-GO〉(https://ototoy.jp/_/default/p/82557)
Car thief school(札幌) / 雨ふらしカルテット(青森) / 雄大(埼玉) / 石田千尋(東京) / all about paradise(東京) / MACHINA(東京) / ディープファン君(東京) / 路地(東京) / 花魁少年(神奈川) / sorto&nodo(神奈川) / バケツドラマーMASA(神奈川) / HELLHEAD(神奈川) / FUNLETTERS(山梨) / 峰村慶太朗(長野) / 碧みき(愛知) / ながとろ(石川) / irummi(京都) / ガラクタカンパニー(京都) / ダイバーキリン(大阪) / YOKOYURE(大阪) / the circus(徳島) / うさぎのみみっく!!(福岡) / NAMUAMEN(福岡) / The Hypes(那覇)
RINGOOO A GO-GO 2017出演者によるコンピレーション・アルバムをフリーDL!!

りんご音楽祭 presents RINGOOO A GO-GO 2017 COMPILATION ALBUM

【配信価格】
mp3 まとめ購入のみ 0円

【配信期間】
2017年9月24日(日)24:00まで

1. 太陽の道(LIVE) / 峰村慶太朗
2. アイム / 雨ふらしカルテット
3. シンメトリック / うさぎのみみっく!!
4. 夜明け / ディープファン君
5. Untouchable / FUNLETTERS
6. bpm 89 / MACHINA
7. still awakening / sorto&nodo
8. brick dove / バケツドラマーMASA
9. G / 花魁少年
10. 言えない / ながとろ
11. ユレる / YOKOYURE
12. Perfect Sunrise / all about paradise
13. 海沿いの街 / ガラクタカンパニー
14. あなたの歌 / 碧みき
15. ネオンライト / Car thief school
16. 春始符 / 雄大
17. 渚にて / 路地
18. 残暑 / irummi
19. エンド・オブ・ザ・ワールド / the circus
20. I Hate Your Ice / The Hypes
21. Beautifull / NAMUAMEN
22. 風がさわぐ / ダイバーキリン
23. ファミレスへ行こうよ / 石田千尋
24. 祈り / HELLHEAD

出演アーティストの音源は下記から購入可能!!

ASYLUM

V.A.

¥ 1,543

o

 
 

コラム

【連載】OTOTOY伊達のオススメアニメ 第3回
・2018年04月19日・【連載】OTOTOY 伊達のオススメ・アニメ! 春爛漫編 第3回 と、いうことで3回目です! これまで計5本のアニメを紹介しました! 自分に合いそうなアニメをみつけることはできましたかでしょうか? すこしでも興味を持って貰えればうれしい限りでございます。さて、前回の記事で「2クール目に突入」や「第2期が放送開始」といった内容を書きましたが、この1クールとは約3ヶ月の放送期間のことです。 一般的にこの期間で全12~13話が放送されるわけですね。しかし、作品によっては全24話(2クール)近くで放送するものもあれば、完結後に第2期の放送が決定するものもあったり、劇場版が制作されることもあります。好きな作品は永遠に続いて欲しいものですが、なかなかそういうワケにもいかず。最終回後の喪失感がつらいこともしばしば。 「じゃあ好きになった作品が終わったらどうすれば……」というあなたに! 今回は今春スタートのこの作品をオススメします! 2018年オススメ春アニメ 春爛漫編 第3回PERSONA5 the Animation きっとあなたの心も盗まれます! 『PERSONA5 the Animation』 ストーリー (
by 伊達 恭平
【連載】OTOTOY伊達のオススメアニメ 第2回
・2018年04月17日・【連載】OTOTOY 伊達のオススメ・アニメ! 春爛漫編 第2回 と、いうことで2回目です! 4月も折り返しですね。みなさん新しい環境には慣れましたでしょうか? そろそろアニメを見る余裕も出てきたんじゃないですか? 「第一話を見逃したんですけど……」なんてかたに朗報! いまは様々な動画配信サイトで見逃し配信なども行なっております。かくいう私も、リアルタイムで視聴できない場合は、各種動画配信サイトなどで楽しんでいます。自宅でも外出先でもそのお手元のスマートフォンがあれば、いつでもどこでもアニメを楽しむことができるのです! こんなにすばらしい時代なので、すでに放送から数話が経ってしまった2018年春放送アニメも、いまから余裕で楽しむことができるというワケです。何をはじめるのにも、遅すぎるということはありません! というわけで今回は2回目。いまから見直しても大丈夫! 2018年春放送中のアニメから、いわゆる続き物(2クール目)のオススメ作品を紹介致します! ではいってみましょう! 今回はこちらのふたつです! 2018年オススメ春アニメ 春爛漫編 第2回1. あまんちゅ! ~あどばんす~'2. ダーリン・イン
by 伊達 恭平
【連載】OTOTOY伊達のオススメアニメ
・2018年04月12日・【連載】OTOTOY 伊達のオススメ・アニメ! 春爛漫編 第1回 と、いうことで初めまして! このたび、このアニメ・コラム連載を担当することになりました、OTOTOY新入社員の伊達であります! こちらのコラム連載ですが、他のOTOTOY編集者の面々が全く気づいておらず、私、伊達がはがゆい思いをしております、アニメの世界の魅力、楽しみ方を伝える為にはじめた次第なんでございます。以降お見知り置きを! そんなこんなでこのコラムでは私が超独断と偏見でオススメのアニメを紹介するというヤツで。もちろんOTOTOYなので、アニソンはもちろんなのですが、アニメそのもののさまざまな情報もお届けできればと思っています。既に趣味としてアニメを楽しんでいる方も、そっち方面も興味あるっちゃあるという方も一緒に楽しんでいただければ、私、伊達もうれしいかぎりでございます。更新は毎週火・木曜日を予定しているんですね、はい。通勤、通学、お昼休み、今日帰って何をしようか悩んでいる様な空き時間、そして仕事中…… は、おっとダメですね。ともかく手持ち無沙汰な空き時間に気軽にサクっと見て頂ければ、貴方もいつの間にかアニメの世界に夢中! となるかは
by dazzo
いま聴くべきは、こいつらだ! ──2018年最初の、OTOTOYおすすめ10選
・2018年02月21日・いま聴くべきは、こいつらだ! ──2018年最初の、OTOTOYおすすめ10選 昨年2017年も、CHAIやバレーボウイズ、台風クラブをはじめ、数多くのニュー・カマーが登場し、傑作を生み出すことでインディー・シーンを盛り上げていましたね。さて年は変わって2018年。今年はどんな音楽と出会うことができるのでしょうか?! 2018年に入り、2ヶ月が経とうとしているいま、今年にはいって、すでにリリースされたOTOTOY的おすすめ10選を掲載! 2018年のはじまりはこいつらから! それではいってみましょ〜!! キイチビール&ザ・ホーリーティッツ『トランシーバ・デート』 2018年、まず注目していただきたいのはこちら! “ハッピーサッドの先にあるハッピー”を歌う5人組ロック・バンド、キイチビール&ザ・ホーリーティッツです! Theピーズやホフディランなど、90年代のロック・バンドの影響を感じさせつつも、彼ら独特のユルくて鋭いサウンドを展開するこのバンド、あなたのハートをグッと掴むこと間違いなし! 1stアルバム『トランシーバ・デート』には、現段階の彼らの代表曲「パウエル」をはじめ、ヴォーカルのキイチビールのかわいら
by 鈴木 雄希
“東京と京都のうたを紡ぐ”イベント〈うたのゆくえ〉特集
[CLOSEUP]・2018年02月09日・“東京と京都のうたを紡ぐ”イベント〈うたのゆくえ〉特集 東京はいつだって文化の発信地だ。新しいもの古いもの、何かが蠢く瞬間を東京はすぐにキャッチする。何かを抱えてこの地にやってきた者、何かを抱えてそこに生まれた者、抱えた何かを葬り去ろうとする者、抱えた何かにまみれてしまっている者。東京はそうした様々な人々の情熱を表現へと還元させてくれるカルチャー・アマルガム・シティと言っていい。 かたや京都は東京よりはるかに長い町としての歴史を抱え、そのあまりに深い伝統と亡霊に時折足元を掬われながらも、常に若く無邪気な息吹が次々とやってきてはその伝統にひるむことなく上書きしていく町。老弱男女が一つになって生活を営み、しかも音楽も他の文化も食生活もが同じ土俵の上にある。それらフラットな土壌の上で定期的に新鮮な風が吹く京都は、文化が蓄積されアップデートされていく町と言えるかもしれない。 そんな文化の東西の文化発信源をそれぞれ拠点とする若き音楽家、バンドが3月3日の渋谷に揃う。さりげなく発表され、さりげなく話題を集めているイベントだが、よくよく考えたらこれは前代未聞級の素晴らしい企画だ。主催者の度量の大きさに感服する。 2010
高橋健太郎、橋爪徹と2017年のハイレゾを振り返り2018年を占う──OTOTOYトピック2018 ハイレゾ編
[POWERPUSH]・2018年01月23日・高橋健太郎、橋爪徹と2017年のハイレゾを振り返り2018年を占う──OTOTOYトピック2018 ハイレゾ編 昨年末より掲載してきた音楽トピックをジャンルごとに振り返る「OTOTOYトピック2017」。ヒップホップ編、アイドル編、J-POP編、ロック編と続き、今回はハイレゾ編。“ハイレゾ音楽制作ユニット”として活動する音楽ユニット、Beagle Kickのプロデューサーであり、オーディオ・ライター、音響エンジニアとしても活動する橋爪徹を迎え、音楽評論家であり、プレイヤー、サウンド・エンジニアも務めるOTOTOYシニア・プロデューサーの高橋健太郎と、2017年のハイレゾ関係の動向を振り返り、今後のハイレゾを取り巻く環境を占う対談を行なった。 ハイレゾってなに? って方はまずはこちらのページをチェックです! ハイレゾ対談 : 橋爪徹 × 高橋健太郎 高橋健太郎(以下、高橋) : 橋爪さんはオーディオ・ライターと録音と、どんなバランスでやっていらっしゃるんですか。 橋爪徹(以下、橋爪) : 現在は週4で働きながら、空いた時間でオーディオ記事を作ったり、OTOTOYでも配信しているBeagle Kickを和田(
てらいなくポップに振り切る新世代──矢島和義、岡村詩野に訊く、OTOTOYトピック2017ロック編
[CLOSEUP]・2018年01月11日・てらいなくポップに振り切る新世代──矢島和義、岡村詩野に訊く、OTOTOYトピック2017ロック編 昨年末からスタートした「OTOTOYトピック2017」。ヒップホップ、アイドルに引き続き今回はロック編!! 様々な出来事が起きた2017年、ロック・シーンはどんな一年だったのでしょうか。スカートやミツメなどと縁深いレコード屋・ココナッツディスク吉祥寺店から名物店長・矢島和義、そして音楽評論家の岡村詩野を迎えて振り返ります。対談の最後にはお二人からベスト・ディスク5タイトルを選出していただきました。お読み逃しなく!! もう「インディーだからカッコいい」っていう概念がないインタヴュー&文 : 鈴木雄希 構成 : 阿部文香 ──まず今年ロック・シーンにもいろんなことが起きたと思うのですが、おふたりが感じるキーワードみたいなものってありましたか? 矢島和義(以下、矢島):なんだろう…… 「メジャー」かな。スカートや、どついたるねん、never young beach(以下、ネバヤン)、Yogee New Waves(以下、ヨギー)とかもメジャー・デビューをしたし。あとラブリーサマーちゃんがCMの曲をやったりとか、イ
by 鈴木 雄希
スカート・澤部渡に訊く2017年に聴きたい旧作&今年の作品、シーンを紐解く『Year in Music 2017』
[CLOSEUP]・2017年12月28日・スカート・澤部渡に訊く2017年に聴きたい旧作&今年の作品、シーンを紐解く『Year in Music 2017』 岡村詩野が講師を務め、音楽に関わるさまざまな表現を学ぶ場『岡村詩野音楽ライター講座』。先日まで開かれていた2017年の10月期では『Year in Music 2017』を共通テーマとし、2017年にリリースされた作品の中からベスト・ディスクを選出し、原稿を執筆してきました。本ページでは、今回の講座の最終回にゲスト講師として登場していただいた、スカートの澤部渡氏と岡村詩野のトークセッションの模様を掲載。さまざまな音楽が生み出された2017年に聴くべき名作について語ってくれています。またライター講座の講座生によって選定された、2017年のベスト・ディスクについてのレヴューも掲載。昨年の音楽シーンの振り返りにもどうぞ! >>『Year in Music 2017』はこちらから!!
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/