ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第8回

YOUNG MAS(Febb)

8月も終わり、夏もじわじわと過ぎ去りつつある今日この頃ですが皆さまいかがお過ごしでしょうか? 先月は「夏の妄想を、湿気で腐らせない2枚と夏休みの課題図書」ということで、北千住を根城に活動するマイク集団・VLUTENT ALSTONESのクルーとして初となる作品『2017』と一十三十一の約2年ぶりとなるアルバム『ECSTASY』、そして新しく創刊されたヒップホップ専門誌「FRESTA(フリスタ)」を紹介いたしました。今月は先日リリースが発表されたばかりのあのアルバムをリリース前に一早くレヴュー掲載! オトトイでも配信予定なので記事を読んで気になった方はそちらもぜひチェックお願いします!

第8回 GRADIS NICE & YOUNG MAS 『L.O.C -Talkin About Money- 』

今月はリリースが楽しみで仕方ない1枚を先走って紹介します。

GRADIS NICE & YOUNG MASによる『L.O.C -Talkin About Money- 』。全編GradiceNiceの曲にFebbのラップで、客演無し。もうこれはFebbの3枚目のアルバムと思って聴いても良いでしょう。そして、「キレのあるFebbが戻ってきた!」というのが自分の第一印象です。おそらく、皆がそう思います。しかも、その印象は、聴き込むことで更に進化します。


10/4リリース!! OTOTOYでも配信予定!!

GRADIS NICE & YOUNG MAS / L.O.C -Talkin About Money-

【収録曲】
1. #NewDayInAGame
2. Roc A Fella (Re Edit)
3. Quiet Money
4. Music Hustler produced by Dj Scratch Nice
5. Military Tactics
6. Arab Money
7. The First
8. King Of Kings
9. Kingdom
10. Yellow x Black
11. Swisher
12. #Don'tForgetIt

【配信形態 / 価格】
WAV / ALAC / FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC
単曲 258円(税込) / アルバム 1,697円(税込)

少しFebbの過去作を振り返りましょう。

まず、ニューヨークなヒップホップを礎とし、自らが若くして磨き上げあげたセンスが伝わる1枚目『THE SEASON』。渋く鋭い、正統派インディー・ラップのアルバムです。この時のFebbのラップは、淡々と鋭いリリックを吐き続ける、そのクールさが魅力でした。一文毎の意味はソリッド。しかし、バースとして文が連なれば余白があり、聴く度にリスナーの解釈が育つ…若手のファーストとは思えないアルバムでした。

次に2作目、『So Sophisticated』。前作と大きく違う点は、彼の言葉と声でした。表現がダイレクトで口語的表現が強くなり、声は低く丸みを増しました。それによりキレのある前作の"ヤバさ"よりも、ストリートの人間が持つ"ヤバさ"の方が圧倒的に際立った仕上がりに。今までに比べ野心的な言葉が桁違いに増えた事も、大きな変化でしょう。久しぶりのアルバムという事もあり、前作とは違う印象の2枚目は賛否が別れたのも事実です。


febb as Young Mason / So Sophisticated Release Live at Clubasia 04.07.2017

そして今作、『L.O.C -Talkin’ About Money-』。今作は前作2枚の特徴が見事に溶け合っています。1枚目のファンを魅了させる事を、約束します。まず、声からして違う。JJJ『HIKARI』での「2024」のフックでもそうですが、声にシャープさが戻っている。それでいて、リリックは2作目のように伝わりやすく口語的。そして副題の通り、金に対して野心的な言葉が並びます。Febbの感情、というよりラップで稼ぐ事に対しての覚悟めいた気持ちがダイレクトに聴く者の脳内に伝わります。それでいて「まるでRoc A Fella、Girls Girls Girls」という「Roc A Fella」のフックのように、肝心なところではミステリアスに仕上げるバランス感覚。もし1作目と2作目でFebbが別人に思えた人も、期待してください。1枚目の頃に戻ったという意味ではなく、更に進化してるという事です。この3枚の経緯を踏まえると、今月は錚々たるアーティストがリリースをしますが、個人的にはこの1枚が最も聴く価値がある1枚だと思います。

また、GRADIS NICEのトラックもFebbが持つ本来の魅力を引き出しています。Doggiesのように危険なラップもできますが、やはりNYらしいビートが板に着いているFebb。GRADIS NICEが、Febb同様ブーンバップから今に至るまでストリート感溢れるサウンドを表現ができるからこそ、実現できた仕上がりなのでしょう。思えばトラップの盛り上がりに伴い、対義語として使われることが増えた「ブーンバップ」という言葉。90年代のヒップホップの太いドラムでループする、ストレートなヒップホップのビートを意味します。そのサウンドに首を振ってきた世代はトラップやそのサブ・ジャンルがシーンを覆い尽くして以降、この津波に流されるか、乗りこなすか試される時なのかもしれません。だとしたら、この1枚こそ偏りのない、波を乗りこなしたブーンバップの進化形ではないでしょうか。もう数年前ですがFla$hBackSで初めてインタビューをした時に、「ヒップ・ホップらしさは"Young with The Old Soul"」とインタビューで答えてくれたFebb。その美学、とくと聴かせてもらいました!

その最高なアルバムの中で一番キレてるラインを今月は紹介します。

馬鹿ばっかり 日本のラップ・ゲーム
イモばかり 金を稼がない
金が無いなら 音楽性も無い
We're The Real Music Hustler
Certified Never Die
「Music Hustler Prod.Dj Scratch Nice」より

この殺意すら感じさせるスリリングな感情こそが、個人的にはストリートのラップに求めている感覚です。いやぁ、最高っす。

あと1人、Febb同様にオールラウンダーな若いラッパーを添えさせてください。もう既に話題になりつつあるMiyachiです。先月、もろにブーンバップなシングル曲「For A Check」をリリースした…というのは後付けの理由でして、正直Febbの事を何度も聴いていた時に、何故か何度もMiyachiを思い返したんですね。英語と日本語の比率や、ミステリアスな日本語、ブーンバップからトラップまで合わせられるオリジナリティなど、共通点を挙げる事はできますが、何故だか自分でもわかりません。


MIYACHI - 9回裏のSASAKI

まだリリースも少なく、インタビューも1つしか見当たらなかったのでそれを基に紹介します。レオン・宮地・パール。NYのマンハッタン、アッパー・ウエスト・サイド(UWS)出身。リリックでは"福岡二丈"と出てきますが、インタビューでは生まれも育ちもNYのUWSと言っています。ヒップホップとの出会いはビギーやダス・エフェックスを挙げており、正統派東海岸といったところ。昭和のヤクザ映画に出てきそうな渋い面構えで「喋り方がわさび」とか言われると謎の迫力がありますが、幼い頃に習っていたクラシック・ピアノの腕前を時折披露するなど、チャーミングな一面もありそう。

そんな事より特筆すべきはその謎めいた日本語。これは日本語ネイティヴではないからといって、成せる技なのでしょうか。例えば英語が話せない人がリリックを書いても、多分聞きかじり英語が並ぶダサいリリックになる事請け合いじゃないですか。それなのにMiyachiのリリックはまるでBUDDHA BRANDのような「正直意味が分からないが、ヤバい!」という感情を呼び起こしてくれます。最近は「好きなように生きる」と叫ぶ自己啓発みたいなラップに飽きてきた自分としては、彼の今後の活躍を期待しています!

最後にちょっと告知です。8月に特集をしたCBSが『Classic Brown Sound』のリリース・パーティーを行います。フィクサーであるRyo Takahashiの基に集まったゲスト陣には、このコーナーでCBSとセットで紹介した鈴木真海子も出演予定です。自分も下手糞DJしますので、ぜひいらして下さい。

斎井直史

〈ピスタチオスタジオ〉

2017年10月1日(日)@恵比寿BATICA
OPEN 17:00〜

2F
Pistachio DJs / %C / HOOLIGANZ / matatabi / suzuki mamiko & Chicken Is Nice / CBS & Chicken Is Nice

1F
Koh / Saii / Kameill / Leo / Shakayork /g.L.t / DJ 134 / DJ J-One

8月の特集時の記事
https://ototoy.jp/feature/2017071001/

編集部的今月のオススメ

BAD HOP / Mobb Life

日本のヒップホップ豊作の秋ですが、やっぱり彼らの初となる全国流通作は外せないでしょう。T-Pablow、YZERRの2人はもちろんなんですが、他のMCたちの個性もビンビンに立ちまくり。多くの人が期待してた1枚だと思いますが、それをあっさり超えてくる彼ら、流石です。

Itto x Jinmenusagi / Eternal Timer

5月にアルバム『I』を出したばかりのUS西海岸からの逆輸入型アーティスト・Ittoとインターネット世代の曲者MC・Jinmenusagiの2人によるコラボ・アルバム。コラボといえど肩肘を張ったバチバチな感じではなく、頭から最後まで気持ちよく聴ける好盤。ハイレゾで配信中です。

Minchanbaby / たぶん絶対

MINT改めMinchanbaby、5年ぶりのアルバム。全曲・粗悪ビーツのプロデュースによる危ないトラップ・ビートとネガティヴワード満載のディストピア的な彼のリリックとスキルの高さにクラクラします。個人的には「蛇田ニョロ」と「肉喰え肉」が耳から離れません...。

(編集部・高木)

「パンチライン・オブ・ザ・マンス」バック・ナンバー

第7回 夏の妄想を、湿気で腐らせない2枚と夏休みの課題図書
https://ototoy.jp/feature/2017081001/

第6回 気持ちのいい夏の始まりのイメトレに適した3枚
https://ototoy.jp/feature/2017071001/

第5回 JP THE WAVYとGoldlink
https://ototoy.jp/feature/2017061001/

第4回 SOCKS 「KUTABARE feat.般若」
https://ototoy.jp/feature/2017051101/

第3回 Febb's 7 Remarkable Punchlines
https://ototoy.jp/feature/2017041001/

第2回 JJJ『HIKARI』
https://ototoy.jp/feature/2017031001/

第1回 SuchmosとMigos
https://ototoy.jp/feature/2017021001/

連載「INTERSECTION」バック・ナンバー

Vol.6 哀愁あるラップ、東京下町・北千住のムードメーカーpiz?
https://ototoy.jp/feature/2015090208

Vol.5 千葉県柏市出身の2MCのHIPHOPデュオ、GAMEBOYS
https://ototoy.jp/feature/2015073000

Vol.4 LA在住のフューチャー・ソウルなトラックメイカー、starRo
https://ototoy.jp/feature/20150628

Vol.3 東京の湿っぽい地下室がよく似合う突然変異、ZOMG
https://ototoy.jp/feature/2015022605

Vol.2 ロサンゼルスの新鋭レーベル、Soulection
https://ototoy.jp/feature/2014121306

Vol.1 ガチンコ連載「Intersection」始動!! 第1弾特集アーティストは、MUTA
https://ototoy.jp/feature/20140413

o

 
 

連載

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)
・2018年05月18日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第8回》高橋靖子 INTERVIEW : 高橋靖子(フリー・スタイリスト)忌野清志郎といえば、ステージやテレビ番組、CM出演時のド派手なファッションがすぐに目に浮かぶ。そんな清志郎の衣装スタイリングを手掛けた中のひとりが、今回ご登場いただく高橋靖子さんだ。1960年代からフリーランスで活動をはじめ、日本のスタイリストの草分け的存在として、デヴィッド・ボウイら数々のロック・アーティストのステージ衣装のスタイリングを手掛けてきた“ヤッコさん”こと高橋さんから見た普段の忌野清志郎は、とてもシャイで純粋な人物だったようだ。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys 清志郎さんはとてもシャイな方でした──高橋さんはみなさんに「ヤッコさん」と呼ばれていらっしゃるそうですが、私たちもヤッコさんと呼ばせていただいていいですか? 高橋 : もちろんです、そうしてもらった方がうれしい(笑)。 ──ありがとうございます! では最初にご紹介させていただきますが、ヤッコさんは
by 岡本 貴之
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode51 モモコグミカンパニー「これからはメンバー1人ひとりが自分で頑張らなきゃいけない」
[BISH]・2018年05月16日・【BiSH】Epsode51 モモコグミカンパニー「これからはメンバー1人ひとりが自分で頑張らなきゃいけない」 2017年11月に発売したメジャー2ndアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』がオリコン・デイリーチャート1位獲得、大阪 / 東京でのゲリラ・ライヴの開催、ミュージックステーションへの初登場など、大きな話題になっている"楽器を持たないパンクバンド”BiSH。現在、全国12ヶ所16公演で開催される〈BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR〉を巡っており、5月22日には自身最大規模となる横浜アリーナでの単独ワンマン公演〈BiSH "TO THE END"〉を開催する彼女たちが3月28日にメジャー3rdシングル『PAiNT it BLACK』をリリース。OTOTOYでは、7周目となるメンバー個別インタヴューを敢行。第6回は、モモコグミカンパニーの声をお届け。 BiSHのメジャー3rdシングルをハイレゾ配信中BiSH / PAiNT it BLACK'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 700円【Track Lis
by JJ
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第16回
[CLOSEUP]・2018年05月15日・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第16回──“Type Beat”文化について GWもあけ、5月も半ば! 第16回目となる「パンチライン・オブ・ザ・マンス」今月もいきますよ! 先月は初の映画特集ということで、神奈川県大和市を舞台にした映画『大和(カリフォルニア)』をピックアップしました。今月は、日本ではまだあまり耳慣れない“Type Beat”という文化を紹介します。いつもより内容濃いめでお届けです! >>先月号、第15回はこちら 第16回 “Type Beat”文化について ちょっと今回は変則的な導入から。時々YouTube等で“Type Beat”とタイトルに入った動画を見かけませんか。 これらの楽曲はお金を払い、使用の際には製作者のクレジットを明記すれば、曲中の音のタグを抜いたデータが使用できます。大抵は学生でも手が届く値段なので、若いアーティストを中心にこうした“Type Beat”文化は急速に広まりました。事実として“Type Beat”から生まれたヒットは多く、Desiigner「Panda」は元々「Meek Mill—Ace Hood “Type Beat”」として
by 斎井 直史
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode50 リンリン「横アリでのライヴは数年経ってもすぐ思い浮かべられるような1日にしたい」
[BISH]・2018年05月04日・【BiSH】Epsode50 リンリン「横アリでのライヴは数年経ってもすぐ思い浮かべられるような1日にしたい」 2017年11月に発売したメジャー2ndアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』がオリコン・デイリーチャート1位獲得、大阪 / 東京でのゲリラ・ライヴの開催、ミュージックステーションへの初登場など、大きな話題になっている"楽器を持たないパンクバンド”BiSH。現在、全国12ヶ所16公演で開催される〈BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR〉を巡っており、5月22日には自身最大規模となる横浜アリーナでの単独ワンマン公演〈BiSH "TO THE END"〉を開催する彼女たちが3月28日にメジャー3rdシングル『PAiNT it BLACK』をリリース。OTOTOYでは、7周目となるメンバー個別インタヴューを敢行。第5回は、リンリンの声をお届け。 BiSHのメジャー3rdシングルをハイレゾ配信中BiSH / PAiNT it BLACK'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 700円【Track List】''1.
by JJ
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)
・2018年05月02日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと) INTERVIEW : のん(女優 創作あーちすと) 連載第7回にご登場いただくのは、女優 創作あーちすと、として大活躍中の「のん」。2017年に音楽レーベル〈KAIWA(RE)CORD〉を立ち上げ、8月6日に開催された〈WORLD HAPPINESS 2017〉に出演したことを皮切りに音楽活動を本格させてきた彼女が、2018年5月9日(水)に待望の1stアルバム『スーパーヒーローズ』を発表する。そのリード曲として5月2日(水)にアナログ・配信限定で先行リリースされるのが「わたしはベイベー」だ。矢野顕子作詞・作曲により生まれた同曲のモチーフはズバリ、「忌野清志郎」。かねてから清志郎ファンとして知られ、この連載のタイトルでもあるRCサクセションの楽曲「I LIKE YOU」をカヴァーしているのんに、清志郎の魅力を語ってもらった。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys アルバムからリード曲を先行配信中 のん /
by 岡本 貴之
【連載】sora tob sakanaメンバー間インタヴュー 第3回 寺口夏花が神﨑風花に訊く
[POWERPUSH]・2018年05月02日・【連載】sora tob sakanaメンバー間インタヴュー 第4回 神﨑風花が山崎愛に訊く 神﨑風花、山崎愛、寺口夏花、風間玲マライカによる4人組アイドル・ユニット、sora tob sakana。メジャー1stEP『alight ep』のリリース日、5月16日(水)まであと2週間となった本日5月2日に、EPから2曲を通常・ハイレゾ音質ともに先行配信がスタート。OTOTOYではこの先行配信に加え、sora tob sakanaの世界を知るにはかかせない旧譜4タイトルを5月31日までの期間限定で30%オフでお求めいただけます。 そして、メンバー間インタヴューの4回目は神﨑風花が山崎愛にインタヴューしました。好きな食べ物、とある外国のこと、そしてグループのことまで縦横無尽なふたりの会話をお楽しみください。 M1.M2の2曲を先行配信中!sora tob sakana / alight ep 【収録曲】 M1. Lightpool (先行配信中) M2. 鋭角な日常 (先行配信中) M3. 秘密 M4. Brand New Blue M5. 蜃気楼の国 M6. Lighthouse 【配信形態】24bit/48
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ
・2018年04月20日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》山本キヨシ INTERVIEW : 山本キヨシ(アムリタ・カスタム・ギターズ 店長)1980年代後半、日本のロック界で確固たる地位を築いていたRCサクセション、忌野清志郎。その存在に憧れて音楽業界へと足を踏み入れた者も多かった。今回ご登場いただく山本キヨシさんも、そのひとりだ。現在は渋谷でカスタム・ギター・ショップ「アムリタ・カスタム・ギターズ」の店長を務めつつ、数々のライヴにも携わっている山本さんは、楽器担当スタッフとして忌野清志郎のライヴ、レコーディングには欠かせない存在であり、清志郎のステージのハイライトであった「マントショー」でも活躍したことで知られている。晩年まで最も清志郎の近くにいた人物の1人である彼が語る数々のエピソードからは、音楽家としても人間としても魅力的な忌野清志郎の姿が見えてくる。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys ※文中、作品の括弧内はオリジナル発売日 みんなに対してフラットだったというか、そういう部分が最高に
by 岡本 貴之
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode49 ハシヤスメ・アツコ「常に背中を見せ続けられるようにしていたい」
[BISH]・2018年04月20日・【BiSH】Epsode49 ハシヤスメ・アツコ「常に背中を見せ続けられるようにしていたい」 2017年11月に発売したメジャー2ndアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』がオリコン・デイリーチャート1位獲得、大阪 / 東京でのゲリラ・ライヴの開催、ミュージックステーションへの初登場など、大きな話題になっている"楽器を持たないパンクバンド”BiSH。現在、全国12ヶ所16公演で開催される〈BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR〉を巡っており、5月22日には自身最大規模となる横浜アリーナでの単独ワンマン公演〈BiSH "TO THE END"〉を開催する彼女たちが3月28日にメジャー3rdシングル『PAiNT it BLACK』をリリース。OTOTOYでは、7周目となるメンバー個別インタヴューを敢行。第4回は、ハシヤスメ・アツコの声をお届け。 BiSHのメジャー3rdシングルをハイレゾ配信中BiSH / PAiNT it BLACK'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 700円【Track List】''1. PAi
by JJ
筆者について
斎井 直史 (斎井 直史)

音楽業界をおもしろくしようとOTOTOYに詰め寄ったところ、今では色々調教されて悦んでいる。大学生活をキック・ボクシングに投げ打った反動で、今、文科系男子への衝動がと・ま・ら・な・い!ヒップホップが好きです。ニュートラルに音楽を捉えて、「一般ピープル視点を失いたくない!」と思ってる一般ピープル。