沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作ハイレゾ配信

マウント・キンビー(カイ・カンポスとドミニク・メイカー)

ジェイムズ・ブレイクのキャリア初期のコラボレーターとしても知られるカイ・カンポスとドミニク・メイカーによるマウント・キンビー。2013年、名門〈ワープ〉に移籍後リリースした『Cold Spring Fault Less Youth』から、約4年、ひさびさに新作『Love What Survives』をリリースする。すでに先行リリースされているジェイムズ・ブレイクとのひさびさのコラボーレートもすでに話題になっているが、前作『Cold Spring Fault Less Youth』からまたもサウンドを大胆に変えてきた。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、インタヴューをお届けしよう。


Mount Kimbie / Love What Survives(24bit/44.1kHz)

【Track List】
01. Four Years and One Day
02. Blue Train Lines (feat. King Krule)
03. Audition
04. Marilyn (feat. Micachu)
05. SP12 Beat
06. You Look Certain (I’m Not So Sure) (feat. Andrea Balency)
07. Poison
08. We Go Home Together (feat. James Blake)
09. Delta
10. T.A.M.E.D
11. How We Got By (feat. James Blake)
12. SP12 Beat (Part 2)

【配信形態 / 価格】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/44.1kHz ) / AAC
単曲 288円(税込) / アルバムまとめ購入 2,571円(税込)

INTERVIEW : MOUNT KIMBIE

ポスト・ダブステップの象徴的な作品となった1st『Crooks & Lovers』。簡単に言ってしまえば、アンビエント&チルアウトな空気感をダブステップへと呼び寄せた革新的な作品と言えるだろう。その後、2013年、彼らは名門〈ワープ〉へ移籍し、リリースした2nd『Cold Spring Fault Less Youth』をリリースした。このアルバムでは、チルなポストダブステップ・サウンドのある種のオリジネイターでありながら、そこには止まらず、テクノ〜ポストロック的なサウンドなどを取り入れ、まさにガラリとサウンドを変化させ、それでもなお高い評価を受けた。そしてここにリリースされた新作は『Love What Survives』はこれまた新たな展開を見せている。ここまでに行われてきた大量のライヴ活動のフィードバックからか、リズムはよりダイナミックに波打っている。そのあたりは、ビートに溢れるクラウトロック的なモータリック・ビートの大胆な援用もあるかもしれない。もはや“ポスト・ダブステップ”という言葉では、全く捉えることのできない、新たなサウンドを獲得しているのだ。本作の配信とともに、こちらオフィシャル・インタヴューが届いた。おそらく本人たちの言葉は、本作で起こった変化に関して、その解明にヒントを与えてくれるだろう。

文・構成 : 河村祐介
通訳 : 原口美穂

変化と前進を経て今活動を続けて存在できていることを表したタイトル


──『Love What Survives』というアルバム・タイトルをつけようと思ったキッカケはなんですか?

カイ : アルバムの内容がなにかというと、変化なんだ。僕たちは長い間一緒に音楽を作っているわけだけど、音楽はもちろん変化したし、それは良い変化だと思う。僕たちは、絶えず前進しているからね。その変化と前進を経て今活動を続けて存在できていることを表したタイトルなんだ。

──前作『Cold Spring Fault Less Youth』では、〈Tempest〉のアナログ・ドラムマシンをレコーディングで使用したそうですが、今回の『Love What Survives』では〈KORG〉のDELTAとMS-20というシンセを使ったそうですね。あなたたちにとってアナログ機材の魅力とはなんでしょうか?

カイ : サウンドがどうというよりも、それを使って作業するのが好きなんだよね。自分の脳と手が繋がっているから、DELTAとMS-20で作業をすると頭の中がそのまま表現できる感覚がある。アナログだとアクシデントや思ってもみなかったことが起こることも多いし、それが新しいアイディアに繋がることもある。そこが魅力だね。

──ドミニクはアメリカに移り住んだそうですが、その理由を教えてください。また、移り住んだことで『Love What Survives』の制作にあたえた影響はありましたか?

ドミニク : そうなんだ。彼女がLAに住んでいるから、僕も引っ越したんだよ。それまではブライトンに住んでいたんだけど、ちょっと飽きていたんだよね。だから変化も求めていたのもあって、LAに引っ越すことにしたんだ。LAのスタジオにカイが来たときのライティング・セッションで最初のアイディアがいっぱい出てきたんだけど、その時に、離れていても制作できることに変わりはないと思った。引っ越してからもLAとロンドンを往復してるし、それぞれ違う場所で生活しているから、お互いに新鮮な世界観や視点をシェアすることができる。それはすごく良いことだと思うね。

──『Love What Survives』は、資料によれば「これまで自分たちの成功の基盤だったものをすべて払拭することからはじまった」とのことですが、何を払拭したのか具体的に教えてください。

ドミニク : 主には、曲の作り方だね。なにで音楽を作るか、どうやって曲を作るかといったこれまでに築き上げて来た曲の作り方があったんだけど、今回はそれを更新したかったんだ。だから、さっきも話したように、新しい機材を使って新しい分野を探索してみたんだ。慣れるまでに時間はかかったけど、すごくエキサイティングだったよ。

──逆に、払拭されていないもの、変わっていないものは?

ドミニク : 音楽を作りたいという熱意。それは楽曲のライティングのプロセスの上で変わってないし、それがあったからこそ新しい機材に挑戦してみたかった。ニュー・アルバムの制作をはじめるまで2、3年のギャップがあったし、その間に変化もあったけど、お互いこれまでにやってきたことにとらわれず、自由にやりたいという考えは同じだった。話していて内容も、以前なにをやったかというトピックよりも、まだやったことのないことはなにかっていうトピックのほうが多かったしね。作りたいという気持ちが変わらなければ、なにを作りたいか、これまでになにを作ってきたかを把握しておくというのはそこまで重要じゃないと思う。

──2、3年の間の変化とは例えばなんですか?

ドミニク : 個人的には、僕は沢山の新しい音楽を発見したんだ。新しいエリアとかアーティストとか。それが直接今回のアルバムに影響していなくても、2人ともそれにすごく興奮してた。それ以外は、マークとアンドレアがバンドに入ったこと。4人でライヴをやるっていうのは、もっとおもしろいし、前よりも自分たち自身がパフォーマンスを楽しめるようになった。レコードにも参加してもらってるし、一緒にツアーに出るのがすごく楽しみなんだ。

自然の流れでコラボレーションが実現するんだよ


──もともと親しかったジェイムス・ブレイクやキング・クルールに加え、ミカチューやアンドレア・バレンシーといった人たちも参加しています。この4人が参加することになった経緯を教えてください。

ドミニク : オーディション(笑)。

カイ : ははは(笑)。ジェイムズとキング・クルールは前にもやったことがあったし、ミカチューは友だちで、彼女のことはいつもすばらしいアーティストだと思っていたから、彼女が乗り気になってくれて、緊張もしたしうれしくもあった。アンドレアも同じ。アーティストに参加してもらうときは、曲が完成してから「さぁ、誰に歌ってもらおうか」という感じではないんだ。作業しているトラックがあって、たまたまわりにそれに合いそうなアーティストがいて、頼んで参加してみてもらう。そんな自然の流れでコラボレーションが実現するんだよ。

──アーティストに自分たちがなにを望んでいるかを伝えて、それをやってもらうんですか? それとも彼らに任せる?

ドミニク : コラボする相手に何かを期待することはないんだ。ただプロセスをエンジョイしているだけ。皆才能があることはわかっているから、その才能を自分たちの音楽に入れて混ぜてくれればそれでいい。

カイ : トラックを、僕たちでは思いつかなかった新しい方向に導いて欲しいという期待はあるかもね。

ドミニク : 確かに。

──あなたたちはダブステップのシーンから出てきたバンドですが、ダンスフロアとは一定の距離がある音楽を鳴らしてきたと思います。そしてその距離は、クラウトロックの要素が色濃い『Love What Survives』でより広がったと感じました。昔ほど、クラブ・ミュージックへの関心が強くないのでしょうか?

カイ : 最初の頃は、ふたりにとっても、ダンス・ミュージックは音楽を作りたいと思わせてくれる大きなインスピレーションだった。その当時でさえもクラブ向けに音楽を作っていたわけではないけど、それから約10年、ダンス・ミュージックは変化したと思う。エレクトロニック・ミュージックでは色々とおもしろいことも起こっているけど、まったくおもしろくないものも同時に起こってる。僕たちはもともとひとつのシーンだけと繋がりたいわけではないけど、おもしろくない音楽をみていると、前ほど興味を持たなくなってしまって。もっと他のエリアを試してみたくなったんだ。他になにかおもしろいものを見つけられるか、作れるかというのはチャレンジでもあるしね。でも、曲の作り方やサウンドのほとんどは同時にバンドっぽいわけでもないし、完全にその要素がなくなっているわけではないよ。ダンス・ミュージックでも、自分たちがおもしろいと思うものは聴くし。

──キング・クルールが参加した「Blue Train Lines」のベース・ラインやドラムが、ジョイ・ディヴィジョンに通じるように思えて面白かったです。ポスト・パンクはよく聴きますか?

カイ : もちろん。あの曲は、他の曲に比べて若干構成がもっとトラディショナルで、ヴォーカルが多い。ジョイ・ディヴィジョンのような音楽は、自分たちで曲を書き始めたときからずっと聴いているんだ。でも、今やっとそういった影響が入ってこれるスペースを僕たちの音楽が持てるようになったんだと思う。あと、ジョイ・ディヴィジョンやファクトリー・レコードも、当時面白いエレクトロニック・ミュージックに囲まれながらもバンドとして存在していた。そこがお互いに共通する基準点に自然になっているんじゃないかな。

──「Marilyn」のドラムにジャズの要素を見いだしたのですが、ジャズの影響はどれくらい強いですか?

カイ : ジャズは好きだし、聴くよ。レコード・コレクションにもジャズは沢山あるし、影響も受けていると思う。でも、ジャズに影響されてなにかを作ろうと考えたことはない。やっぱり、音楽を作るときはベストなものを作りたいんだ。僕たちはジャズ・ミュージシャンではないから、ジャズを取り入れようとすると中途半端になってしまう。沢山聴いているからサウンドからヒントを得ることはあるかもしれないけど、ジャズ関連の何かを作りたいとまでは思わないね。

──『Love What Survives』の随所で見られる、どこか湿り気のあるリヴァーブやエキゾチックなサウンドは、ジョー・ミークを彷彿させるものだと感じました。ジョー・ミークの作品や、彼がプロデュースした作品を聴いたことありますか?

カイ : あんまり。むしろ、今から開拓できる新しい音楽だね。

アメリカのデッカい音楽シーンで名前を知ってもらえたというのは良かった


──「SP12 Beat」や「Delta」などのタイトルは、それぞれE-mu SP-12とKORGのDELTAという機材が由来だと思うのですが、こうした遊び心も面白いと感じました。曲名をつけるときは、あまり深く考えないほうですか?

カイ : そう。機材の名前だよ(笑)。タイトルは考えはするんだ。それが簡単なときと時間がかかるときがあるんだよ。インストの曲の場合は、歌詞がないからあまり考えないかな。インストこそ良い意味で決まった内容がないし、タイトルでそれを決めつけてしまいたくはないんだ。音を聴いて、みなに自由に解釈して欲しい。だから機材の名前を付けたり、凝ったタイトルは付けないようにしているね。

──『Love What Survives』を聴いて、あなたたちの音楽は様々な要素が溶け合っているとあらためて実感し、その特性は着実に進歩しているとも感じました。あなたたちなりに、こういう音を作りたいという明確なヴィジョンは見えていますか?

ドミニク : クリアなヴィジョンはないけど、もっと早く次の作品を作りたいとは思ってる。少なくとも、4年よりは短い期間で作りたいな。

──今回は、なぜ時間がかかったのですか?

カイ : 前のアルバムの後、何もしない期間を設けようと思ったんだけど、それが思ったよりも長引いてしまって。だから、制作を始めた時は全てを一からスタートするみたいな感じで、感覚をつかむのに時間がかかった。それで学んなんだ。マウント・キンビーのプロジェクトのためでなくても、アルバムのための曲でなくても、音楽を作るっていう作業は絶えずやっておいたほうがいい。勢いを止めないって大切なんだよ。

チャンス・ザ・ラッパーの「Juke Jam」で、あなたたちの曲がサンプリングされましたが、このことで興味深い反響はありましたか?

ドミニク : 少しはね。アメリカのデッカい音楽シーンで名前を知ってもらえたというのは良かった。非現実的な経験だったし、変な感じだったね。


──それがきっかけで何か変化はありましたか?

ドミニク : 全然(笑)。僕たちと彼らは違う世界に存在してるから(笑)。

──わかりました(笑)。以上です。ありがとうございました。

ドミニク : ありがとう!

カイ : 来日を楽しみにしているよ。

MOUNT KIMBIE 来日情報



LIVE : MOUNT KIMBIE
guest : yahyel

大阪公演
10月6日(金)
@Fanj Twice
OPEN 18:00 / START 19:00
前売TICKET¥6,000 (税込・1ドリンク別途)
※未就学児童入場不可
INFO: SMASH WEST 06-6535-5569

東京公演
WWW & WWW X Anniversaries
10月9日(月)
@WWW X
OPEN 18:00 / START 19:00
前売TICKET¥6,000(税込・1ドリンク別途)
※未就学児童入場不可
主催:シブヤテレビジョン
INFO: BEATINK 03-5768-1277

チケット詳細はこちらのページへ
http://www.beatink.com/Events/Mount-Kimbie-x-yahyel/

RECOMMEND


Mount Kimbie / Cold Spring Fault Less Youth(24bit/44.1kHz)

名門〈ワープ〉に移籍し、そのサウンドをがらっと変えながらも「マウント・キンビーのサウンド」を確立した2ndアルバム。

yahyel / Flesh and Blood(24bit/44.1kHz)

ベース・ミュージック以降のエレクトロニクスと現在のR&Bをつなぎ合わせた新世代。クラブからライヴハウスまで、より広いフィールドで活躍を狙う。
【あわせてコチラの特集記事も】yahyelインタヴュー!'

Burial / Untrue (Bonus Tracks Version)

2007年リリース、ここからマウント・キンビーの1stまでが、まさにポスト・ダブステップ出現のプロセスと言えるだろう。ダブステップの新たな成熟を見せたブリアルの2ndアルバム。

PROFILE

Mount Kimbie

ドミニク・メイカーとカイ・カンポスによるマウント・キンビー。かつてジェイムス・ブレイクもライヴ・メンバーとして在籍し“ポスト・ダブステップ”という言葉が広く認知され、ひとつの分岐点を迎えたエレクトロニック・ミュージック・シーンにおいて、中心的な役割を果たしてきた。コーンウォールで育ったカンポス。ブライトンで育ったメイカー。2人はロンドンのサウスバンク大学在学中に学生寮で出会い、当時熱中し始めていたエレクトロニック・ミュージック──とりわけ新興のダブステップ・サウンド──を通じて絆を深めていった。シーンに登場した2009年以来、マウント・キンビーは幾度も予想を裏切りながら、ベッドルーム・スタジオのプロデューサーから、近年最も完成されたエレクトロニック・アルバムのひとつを世に問うたクリエイターへと変貌、ポスト・ダブステップの最右翼として成長を遂げた。先に発表された 新曲にはジェイムス・ブレイクがヴォーカルで参加、ポスト・ダブステップの地平を押し広げた両雄の共演、3rdアルバムによって、マウント・キンビーはさらなる飛躍を遂げた。

Mount Kimbie Official Site

o

 
 

インタヴュー

あたたかく揺れるギターポップ、名コラボ平賀さち枝とホームカミングス新作配信開始!
[FEATURE]・2018年01月24日・あたたかく揺れる、幸福感あふれるギター・ポップ──名コラボ、平賀さち枝とホームカミングス新作配信開始! 待ってました! 2014年の名曲『白い光の朝に』から3年、平賀さち枝とHomecomingsによるコラボ・ユニット平賀さち枝とホームカミングスが新作をリリース! 平賀の透き通る瑞々しい歌と、ホムカミのあたたかいギター・ポップ・アレンジが合わさり、ただただ幸福感を感じること間違いなしのユニットとなっております! ライブで既に披露されていた「カントリーロード」含む3曲と、HomecomingsによるPavementのカヴァー「スピット・オン・ア・ストレンジャー」、平賀さち枝の弾き語りナンバー「夏風邪」の5曲をお届け。今回OTOTOYでは、平賀さち枝とHomecomingsヴォーカル畳野彩加にインタヴューを敢行。再コラボに至った経緯やお互いの関係に迫りました! 3年ぶりとなるコラボ新作リリース!平賀さち枝とホームカミングス / カントリーロード / ヴィレッジ・ファーマシー'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,20
カフカから“KFK”という新たな遊び場へ──ジャンルレスに吐き出された1stミニアルバムを配信開始!
[FEATURE]・2018年01月24日・より自由に、よりジャンルレスに、大胆に、好きなものだけを──カフカから“KFK”という新たな遊び場へ 美しいメロディと内省的でエモーショナルなリリックを乗せたギター・ロックでインディ・ロック・ファンの注目を集めてきたカフカ。そんな彼らが、2017年12月に"KFK"へと改名し新たなスタートを切る! カフカの特徴とも言えるギター・ロックを中心としたバンド・サウンドから一転、ロック、エレクトロ、ヒップホップ、ソウル、R&B、ヴェイパーウェイブまでを飲み込みジャンルレスに吐き出された、KFKの初期衝動ともいえる1stミニアルバムが届いた。彼らの新しい遊び場はどのように創られていったのか。大胆に10周年をスタートした彼らにインタヴューを敢行した。インタヴューとともに、カフカから生まれ変わった、KFKの自由に表現された今作を聴いてほしい。 KFK、ジャンルレスに吐き出された1stミニアルバム!KFK / ラブソングフォーディストピアシティトーキョー'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 900円(税込)【Track List
by ?
13年の時を経て、再び轟音鳴り響く!!──DMBQ最新作を2週間先行配信 & 増子真二インタヴュー掲載!!
[CLOSEUP]・2018年01月24日・13年の時を経て、再び轟音鳴り響く!!──DMBQ最新作を2週間先行配信 & 増子真二インタヴュー掲載!! 1989年の結成以来、日本のオルタナティヴ・シーンの先頭をひた走り続けて来たロック・バンド、DMBQがアルバム『The Essential Sounds from the Far East』のリリース以来、13年ぶり(!!)となる新作『KEEENLY』をリリース!! 増子真二(Gt,Vo)、和田晋侍(Dr)、Maki(Ba)の3人編成となった今作では自然現象としてのフィードバックの嵐と、時間感覚のように自在に伸縮するリズム、地割れのような低音のハウリング、そして崩壊寸前の高速アンサンブルなどロック本来の粗野な暴力的音表現を、現代の感覚を通して追求した1枚に。OTOTOYでは今作をCDに先駆け2週間先行配信するとともに、リーダーである増子へのインタヴューを掲載。BOREDOMSへの参加やMakiとのアンビエント・ユニット“Moan”、他のバンドへのプロデュースやエンジニア・ワークなど、音楽活動自体は止まっていなかったにも関わらず、なぜ13年間もDMBQとしての音源制作は沈黙を貫いていたのか…。貴重な証
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【後半】──「金になると思わせるだけのものが俺たちにはあった」
[FEATURE]・2018年01月22日・「金になると思わせるだけのものが俺たちにはあった」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【後半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。 先日公開したインタヴュー前半ではメジャー・デビューを果たした今の心境やデビュー当時の彼らの活動、1stアルバムをリリース以降の彼らの想
by JJ
ルーツに素直に向き合うこと──ポニーのヒサミツの2ndアルバムを1週間先行 & ハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2018年01月17日・ルーツに素直に向き合うこと──ポニーのヒサミツの2ndアルバムを1週間先行 & ハイレゾ独占配信 1stアルバム『休日のレコード』がタワレコメンに選出、7インチ・シングル『羊を盗め』が〈カクバリズム〉からリリースされ話題を呼んだ、前田卓朗によるカントリー・ポップ・ソロ・ユニット、“ポニーのヒサミツ”が4年ぶりとなる2ndアルバム『The Peanut Vendors』をリリース! 今作はライヴ・メンバーとして共に活動してきた大塚智之(シャムキャッツ)らに加え、中川理沙(ザ・なつやすみバンド)と谷口雄(1983、あだち麗三郎クワルテッット)がゲスト参加。彼が敬愛するカントリーやポップスの世界観が色濃く反映された1枚となっております。そんな今作をOTOTOYでは1週間先行にて配信すると共に、ハイレゾ版を独占配信。彼へのメール・インタヴューと共にお楽しみください。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!ポニーのヒサミツ / THE PEANUT VENDORS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収
スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
筆者について
同じ筆者による他の記事