しょうもない毎日のなかに求める一瞬の輝き──tetoが待望の1stミニ・アルバム『dystopia』をリリース

笑いあって描き合って抱き合える…… そんな“ユートピア”のような世界が、『dystopia』と名付けられたこのミニ・アルバムには広がっている。そんな作品をバンド結成から1年半、これまで5曲入り自主音源と、6月にリリースされたHelsinki Lambda ClubとのスプリットCDのリリースしかなかったtetoがつくり上げたのだ。待望のリリースとなる1st EP『dystopia』は、ど真ん中なパンク・チューンからガレージ・サウンドを取り入れた、キャッチーで疾走感満載な楽曲が並び、懐かしさと新しさが共存した作品となっている。OTOTOYではメンバー4人全員へのインタヴューを敢行し、本作『dystopia』について存分に語ってもらった。難しいことは言いません! 単純にかっこいい音楽がそこにはある! ぜひインタヴューと共にチェックしよう!

teto はじまります


teto / dystopia

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込) / アルバム 1,200円(税込)

【収録曲】
1. 暖かい都会から
2. this is
3. ルサンチマン
4. My I My
5. teen age
6. 9月になること
7. utopia
8. あのトワイライト

INTERVIEW : teto

はじめて彼らのステージを観たのは、今回のインタヴューを終えた約1週間後の『UKFC on the Road 2017』。「俺らが出演するのはGATEステージっていう小さなステージなんですけど……」と話していた小池貞利はライヴ当日、覚醒したかのようにステージ上を暴れまわり、山崎陸も何かに取り憑かれているのか!? と、驚くほど頭をブンブン振りまくっている。「なんなんだ、コイツらは……」その日、tetoのライヴを観た数百人のオーディエンス全員が息を飲んで見つめていた。限界値を超えた爆発力、観ているだけなのに汗をかいてしまうほどの気迫。初のミニ・アルバム『dystopia』はそんな彼らのすべてが詰まっている傑作。一体、彼らは何者なのか!? アルバムに込められた想いとは!? そんな疑問が今回のインタヴューで明るみになった。

インタヴュー&文 : 真貝聡
写真 : 作永裕範

新たな芽として見てもらってるのかな……

左から小池貞利(Vo&Gt)、佐藤健一郎(Ba)、福田裕介(Dr)、山崎陸(Gt)

──突然ですけど、「ライヴの印象と違いますね」って言われませんか?

小池貞利(Vo&Gt)(以下、小池) : よく言われますね。この間、雑誌でインタヴューしていただいた時も「もっと、はっちゃけてると思いました」って言われて。つまらないね! じゃないですけど(笑)。「実際に会って話すとそんなにパンチないね」って。

──あははは! その記事、読みました。前は病院でインタヴューを受けたとか。

小池 : そうなんですよ。ライヴ中に骨折しちゃって。手術の前日に病室でインタヴューしてもらいました。

──えっ! ライヴで骨折?

小池 : ライヴで。ステージから落っこちちゃって。それで肩が折れちゃいました。

──ステージ上の小池さんを観てると、怪我しても無理ないなと思っちゃいます(笑)。

小池 : さすがに骨折はなかったですけどね(笑)。みんなもないでしょ?

山崎陸(Gt))(以下、山崎) : ないね。

小池 : 普通ないよね? キモいよね、ライヴで骨折って(笑)。

──あははは。では、活動についてもお聞きします。結成して1年半の間に1st EP 『Pain Pain Pain』、Helsinki Lambda Clubとのスプリット・シングルをリリースして、どちらも好評。しかも、スペースシャワーTVのパワープッシュ「it」に「36.4」が選ばれて、大きいフェスにも呼ばれて、というのが現状ですよね。ミニ・アルバムを出す前から高い評価を得てますが、いまの状況をどう受け止めてますか?


teto/36.4

山崎 : まあ、バンドのみんながどう思ってるかわからないですけど。個人的には夢みたいだな、という感じです(笑)。

小池 : 「音源はあった方が良いから、録ろうか」って自主制作音源をつくったら、意外に色んな方に聴いていただけて。ありがたいなっていうのはあります。

──とある記事で、「自主制作音源がすごい売れた」って書いてあったんですけど。

小池 : 初回分がすぐになくなって、そこから何度も追加プレスして、今年の夏にフェスにも出るから、最近も再プレスしたばかりなんですけど、それも一瞬でなくなって。

──スゴイですね!

小池 : ネットで注文がバーッ! ってきて。分単位で無くなったので、いろんな方がしっかりアンテナを張ってくださってるんだなと思います。

──小池さんは「俺らみたいな音楽がメインストリームに行っちゃうとすれば日本、大丈夫か、と思う」ってインタヴューで話してましたけど。リリースして、すぐに反響がきたことをどう感じてますか?

小池 : どうなんですかね。いまが1番良いポジションと言ったら、語弊がありますけど。この位置ぐらいだから世間は話題に挙げてもらえるんじゃないですか? 新たな芽として見てもらってるのかな…… わからないですけど。まあ、評価してもらってる理由の1つだとは思います。

──最近はメディアやフェスで露出が増えてきたからこそ、「tetoってこうだよね」って声も多いと思います。ご本人として、どんな感想が1番しっくりきますか?

福田裕介(Dr)(以下、福田) : 「ライヴに勢いがあるね」って言われますけど、俺らは演奏が下手だから(笑)。下手なりにそういうところで良さを見せていけたらって思います。

山崎 : そうだね。

──忘れらんねぇよの柴田さんが「tetoは破滅の音楽なんだよ、それをこれまでやれていたのは、俺が思いつく限りカート(・コバーン)と峯田(和伸)とteto」って、Twitterでつぶやいてましたね。その破滅的な音楽っていうのは、自身で自覚してますか?

小池 : そういう音楽に影響を受けているので、そうなれたら良いなってありますけど。自分たちで自覚してやってるわけじゃないです。

「別に今日、死んでも良いや」くらいの気持ちで毎回やろうって

──なるほど。4人が共通して、リスペクトをしているバンドっているんですか?

小池 : そもそも(俺以外)3人で音楽の話ってする?

山崎・佐藤・福田 : しないね。

小池 : 俺と山崎はするじゃん。どちらかというと、メタルとかハード・ロック系だよね?

山崎 : そうね。

小池 : それこそUSインディー的なパンクもそうですけど、ハードコアだったり。(佐藤、福田に向かって)ここはあんまり音楽の話はしないか(笑)。

福田 : 全くしない(笑)。サウンド的な話はするけど、好きな音楽については話さないですね。

──そういう共通のバンドがいれば、どんな音にするかコミュニケーションを図りすいと思うんですけど。それがなくても意思疎通がとれてるんですね。

小池 : いやぁ、とれているかは……(笑)。4人で「こういうバンドが良いよね」って話はあんまりしなくて、共通認識はないんですよ。昔は口に出すのが野暮だし、面倒くさいって思ってたこともあるので、あえて言わなかったんですけど。最近はそういう話をした方がイメージしやすいし、良いのかなって思いますけど…… あんまり音楽の話題にならないね。

福田 : ならないね〜本当にならない。

──ちなみにtetoの強みってなんだと思いますか?

福田 : 曲がわかりやすいっていうのがあります…… 伝わりやすいというか。CDを聴いてライヴに来たら、また違う見方があるので。そういうところがおもしろいかなと思いますけどね。

佐藤健一郎(Ba)(以下、佐藤) : 歌詞が良いです。

小池 : あざす。

佐藤 : あはははは。

小池 : 本当にこの4人じゃないとダメな理由はライヴを観てもらえれば分かるので、そこですかね。バランスというか、みんな主役になれますし……(福田)裕介以外。

福田 : 俺だけ冷たすぎるだろ。

小池 : (笑)。

──リスナーを含めて、音楽評論家からも高い評価を得てるじゃないですか。だからこそ、台風の目の中にいる4人はどこまで意図的なのか気になったんですよね。

山崎 : 俺はいまやっと焦りだしたところですね。「ギタリストとして、もっと上達しないとヤバイぞ」って。いま、やっとですね…… 今日です。

小池 : この瞬間!? いまの質問でトリガーが引かれた、みたいな。

山崎 : ギク! って(笑)。本当に知識も技術もないので、ただガムシャラにやっていただけなんですよ。「別に今日、死んでも良いや」くらいの気持ちで毎回やろうって。

──音楽をやる以外、4人で集まることはあるんですか?

福田 : ないっすね。

佐藤 : 楽器を持たないで会うの久しぶりですね。

山崎 : そうね! いつぶりだろう?

佐藤 : 随分、久しぶりだと思いますけど。

山崎 : (福田)裕ちゃんは住んでるのは群馬、(小池)貞ちゃんは埼玉、(佐藤)健ちゃんは近いから会おうと思えば会えるけど、会わんよな。

佐藤 : そんな感じですね。

──話を聞いてると、どうやってあんなグルーヴが生まれるのか謎は深まるばかりです。

小池 : どう? 俺は1つあるけど。

山崎 : 俺は各々をほぼ100%信用してて。こいつらが好き勝手にやってたらカッコイイだろうって感じです。その信頼感がイイ要因になってるのかなって思いますけど。

小池 : 4人とも通ってきた音楽とか道がバラバラなんですけど、ただ結局は人間的な部分だと近いところを見てるなって。それも理由だと思います。

佐藤 : 確かに。それがあって(グルーヴが)生まれてるのかもしれない。

小池 : 三者じゃなくて、四者四様にできてるのが理由かもしれないですね。結局はこういう人間はカッコイイ、こういう人間はダサいっていうのが全員ハッキリしてるような気がします。曲だったら「これを言いたかったわ」って共感してくれるし。3人とも、俺が思ってるようなことを言ってくれるから、そこですかね。

──音楽の共通点じゃなくて、もっと根本的なところですか。

小池 : ですかね。わからないですけど。

「なんかヤベェな」の、その一言で終わらせて良いと思うんですよ

──アルバムについてもお聞きします。音がどうこうっていうよりも、感情的に「最高!」って言いたくなるような作品ですよね。

小池 : 嬉しいなぁ。それが1番良いよね。

──分析するのが野暮な格好良さというか。

小池 : 「うわ、カッケェ!」みたいなね。それが1番良いし、そういうもんだし。影響がどうとかじゃなくて。

山崎 : じゃないと買わないし、俺が。試聴した瞬間に買おうってならないと。

小池 : 「なんかヤベェな」で良いですよね。その一言で終わらせて良いと思うんですよ。

──作品の方向性はどうやって決めたんですか?

小池 : 具体的な話し合いはしてないですね。ミニ・アルバムって形態は決まってたので。そこから、曲順とか入れる曲の雰囲気はどういう感じが良いかなって考えました。

──作品が出来上がって、改めてtetoはどういうバンドだと思います?

山崎 : 自分でも考えるんですよ、どういうバンドなんだろうって。だけど何にも思い浮かばなくて(笑)。なんすかね、気取ってないのがおもしろいというか。

小池 : 俺が曲を送って、みんなから「こういう曲だね」とか言われたことがないんですよ。「コレに似てるね」とか「こういう風にしたいね」とかもあんまりないし。もしも、オリジナリティが出てるように感じるなら、個々の姿勢が出ているのかなって思いますね。

──それぞれ、アルバムのキーになっていると思う曲はなんですか?

山崎 : 「あのトワイライト」でガツンと締まる感じが良いですね。1曲目に戻りやすいし、非常にアレは良いんじゃないでしょうか。ケツにアンセム的なのがあるような気がしますね。

佐藤 : 私は「My I My」の雰囲気がガラッと変わる感じが結構キーかなって思いますね。気だるいような感じが好みです。

福田 : 「暖かい都会から」ですかね。あれってレコーディングするギリギリまで完成してなくて。入れられるかわからないくらいの感じだったんですけど。なんとか間に合って。アレがあったおかげで、作品としてまとまったのかなって思います。

小池 : ……(小声で)カッコイイ。俺も言おう「アレがあったおかげで」って。

一同 : (笑)。

小池 : 「暖かい都会から」は勝手に時代の切り端を歌えているような気がしてるんですね。最後はアレで締まるのも良いし、はじまるなっていうのはあるし。


teto/暖かい都会から

──時代の切れ端っていうのは?

小池 : 野暮になっちゃうんですけど…… 歌詞を頑張りました。

一同 : (笑)。

小池 : 歌詞を本当に頑張りましたね。その一言に詰めたいです。

──歌詞はどういう状況で思いつくんですか?

小池 : 状況でいうと、ふっと浮かんだ言葉とか、一緒に鼻歌交じりでなんとなく乗せたりして「この感じ良いな」とか。この言葉が出てきたからサビ、Aメロ、Bメロはこういう言葉を使いたいなっていうのが関連して、どんどん形になっていく感じですかね。

──歌うことで自分はこうなりたいって願望はあるんですか?

小池 : 変わりたくないから歌っているかもしれないですね。型にハメられたくないというか「じゃあ君はこういう人だね」っていうのに収まりたくない。いままではそうやって生きてきたので。自分の立ち位置はこうだから、こういうことを言えば良いのかなとか、こうすれば良いのかなって無駄に空気を読んじゃったりしたので。逆にそういうのは全部置いておいて、どうにもなりたくないというか。

──小池さんは曲にしなければ言えないことを歌ってる気がして。普通に生活してたら、言わないような言葉というか。

小池 : そうですね。本当にその通りだと思います。無駄に空気を読んじゃう。メンバーもそういう人間だと思いますけどね、主張しないというか。

佐藤 : みんな人に気を遣うタイプですね。

山崎 : 気を遣ってる感はすごいあるよね。みんな優しいんですよ。

──あははは。話してみると、気遣いな感じは凄く分かります。

小池 : そういうところですかね?

しょうもない毎日の中でも、希望を持って生きれたら楽しいなって

──どういう時に曲をつくりたくなりますか?

小池 : いま、言うべきことだったり、言いたいことがあったりすれば。自分の熱中できる時期っていうのがあるんですけど、この間も3曲くらいバーってかけて。

──フレーズのつくり方とか、言葉選びってどこから?

小池 : 個人的にはあんまり意識は…… でも、どうなんだろう?

山崎 : 音楽じゃないよな、多分。どっかのバンドの歌詞を参考にしてつくってる感じは全然ないです。

小池 : 逆に、こういうのは歌いたくないってことはいっぱいあって。

──それってなんですか?

小池 : チープなことは言いたくないというか。…… それが良い時もあるんですけど。なんか無理くり奇をてらってるとか、ウケを狙っているとか…… いや、ウケを狙っているのも良かったりするしな。

──自問自答してますね(笑)。今作で1番表現したいことって何ですか?

小池 : アルバムのタイトルが『dystopia』なんですけど、曲の中に「utopia」って曲があって。別にそこで終わっても良いんですけど。どっちも自分の人生の中では大切だし、「dystopia」って簡単に言うと「しょうもない、毎日無理だな」ってことがあるからこそ、いまみたいな感じでライヴも出来てますし。逆も然りで、楽しいキラキラした時間が終わったら結局「うーん……」っていう。「なんかしょうもねえな」っていうような日が続いたり。どっちも切り離せない日常だからこそ、こういう作品をつくったんですけど。

──なるほど。

小池 : しょうもない毎日の中でも、希望を持って生きれたら楽しいなって。出来ればキラキラしたいんで。改めて良い作品にできたんじゃないかなって思いますけど。

──中島らもさんの小説に「何十年に一回くらいしかないかもしれないが、“生きていてよかった”と思う夜がある。一度でもそういうことがあれば、その思いだけがあれば、あとはゴミクズみたいな日々であっても生きていける」って言葉があって。いまの話も近しいのかなって。前に「ライヴして、その楽しい時間が終わって欲しくない」って話してましたけど。終わるからこそ、また希望を探せるのかもしれないなって。

小池 : だからこそ、その一瞬を求めるのはありますね。終わらないってことはありえない。すごく寂しいんですけど、いつかは死んじゃうし。tetoをこの気持ちのまま出来ないことも絶対あると思うんです。中島らもさんの話を聞いて思い出したんですけど、『リアル』って漫画に「ジェットコースターに乗ったことある? あれって実際乗ってる時間はほんの何分かでしょ? だからあれに乗ってる最中に、あと何分しかない。あと何秒で終わっちゃうって、そんなことばかり考えてたら何のために乗ったかわかんないよね」って言葉があって。そういうのが根底にありますね。終わっちゃうからって、ずっとそれを考えてたら、それは楽しめない。だったら、その1分間を存分に楽しんだ方が良いなあって思いますね。

福田 : 凄いイイ話だなぁ。

──今後の目標ってありますか?

山崎 : 目指してるものはないですけどね。うーん、なんだろう。バンドとして良くしていく以外に、今はこうなりたいなっていうのは無いです。とりあえず、いまよりもカッコ良くなることは目指してますけど。

──環境としてはどういう状況を望んでますか?

小池 : 歌なので、いろんな人に聴いてほしいっていうのはあります。だけど、アンダーグラウンドなカッコよさ…… それこそ、大衆には受けないカッコよさももちろんわかってるつもり。欲張りだけど、そういうところも持ちたいですかね。だから、その間で揺れているところはあるかもしれないですね。

Helsinki Lambda Clubとのスプリット・シングルもチェック!

teto,Helsinki Lambda Club / split

盟友Helsinki Lambda ClubとのスプリットCD。似ているようで似ていない、似ていないようで似ている、そんな2バンドの凸凹のパズルがセンス良くはまったかのような傑作。

この作品に関する特集ページはこちら

RECOMMEND

Helsinki Lambda Club / ME to ME

ポップなのにちょっとひねくれたサウンドに思わず魅了されてしまうニューオルタナティヴ・ロック・バンドHelsinki Lambda Club。勢いの留まることを知らない彼等の初フル・アルバムは、1曲目の「This is a pen.」のイントロからハッピーで勢いのあるサウンドにやられてしまうこと間違いなし。

この作品に関する特集ページはこちら


PELICAN FANCLUB / Home Electronics

PELICAN FANCLUBによるファースト・フル・アルバム。スタジアムが似合うロックナンバー「深呼吸」で幕をあけ、高速シューゲイザー・ポップ・ソングとも言うべきアルバムリードトラック「Night Diver」やポストパンクの要素を強く感じる「Black Beauty」など、幅広い楽曲群で構成された聴きごたえのある1枚。

この作品に関する特集ページはこちら

LIVE SCHEDULE

〈teto tour 2017 「dystopia」〉
2017年11月8日(水)@下北沢SHELTER
時間:OPEN 18:30 / START 19:00

2017年11月18日(土)@心斎橋PANGEA
時間:OPEN 17:30 / START 18:00

2017年11月19日(日)@名古屋CLUB ROCK’N’ROLL
時間:OPEN 17:30 / START 18:00

チケット : 前売り 2,500円(D代別) / 一般発売 : 2017年9月30日(木)より
※各地対バン後日発表

ライヴ情報の詳細はこちら

PROFILE

teto

2016年1月、ヴォーカル・ギターの小池貞利を中心に結成。同年10月、自身のレーベルを立ち上げ1stEP『Pain Pain Pain』をリリース。同年12月、福田裕介がドラマーとして正式加入し、現編成となる。これまでに、〈下北沢にて'16〉、〈IMAIKE GO NOW〉、〈ヤングライオン祭り'17〉、〈SOUND CRUISING 2017〉等に出演する。

2017年6月、Helsinki Lambda ClubがUK.PROJECT内に設立したレーベル〈Hamsterdam Records〉より、同バンドとのスプリット・シングルをリリース。今夏には〈UKFC on the Road 2017〉や〈BAYCAMP2017〉に出演。2017年8月30日に1stミニ・アルバム『dystopia』をリリース。8月度のタワレコメンに選出された。11月に全国ツアー〈teto tour 2017 「dystopia」〉を開催する。

アーティスト公式HP : http://te-to.net/
公式ツイッター : https://twitter.com/teto_info

o

 
 

インタヴュー

MOROHA、結成10周年記念インタビュー【後半】──「金になると思わせるだけのものが俺たちにはあった」
[FEATURE]・2018年01月22日・「金になると思わせるだけのものが俺たちにはあった」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【後半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。 先日公開したインタヴュー前半ではメジャー・デビューを果たした今の心境やデビュー当時の彼らの活動、1stアルバムをリリース以降の彼らの想
by JJ
ルーツに素直に向き合うこと──ポニーのヒサミツの2ndアルバムを1週間先行 & ハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2018年01月17日・ルーツに素直に向き合うこと──ポニーのヒサミツの2ndアルバムを1週間先行 & ハイレゾ独占配信 1stアルバム『休日のレコード』がタワレコメンに選出、7インチ・シングル『羊を盗め』が〈カクバリズム〉からリリースされ話題を呼んだ、前田卓朗によるカントリー・ポップ・ソロ・ユニット、“ポニーのヒサミツ”が4年ぶりとなる2ndアルバム『The Peanut Vendors』をリリース! 今作はライヴ・メンバーとして共に活動してきた大塚智之(シャムキャッツ)らに加え、中川理沙(ザ・なつやすみバンド)と谷口雄(1983、あだち麗三郎クワルテッット)がゲスト参加。彼が敬愛するカントリーやポップスの世界観が色濃く反映された1枚となっております。そんな今作をOTOTOYでは1週間先行にて配信すると共に、ハイレゾ版を独占配信。彼へのメール・インタヴューと共にお楽しみください。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!ポニーのヒサミツ / THE PEANUT VENDORS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収
スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
筆者について
同じ筆者による他の記事