鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界──2ndフル・アルバムの予約受付を開始!

昨年10月にリリースした2nd EP『文明開化』が「第9回CDショップ大賞2017 東海ブロック賞」を受賞、そして数多くのライヴをこなし、ライヴ・シーンにおいてもひときわ注目を集めているロック・バンド“鳴ル銅鑼(ナルドラ)”。そんな彼らの2nd フル・アルバム『汎神論』が2017年9月6日にリリースされる。注目を集めつつあるいま、バンドの真価を問われる作品とも言えるだろう。しかし彼らはそんなハードルをものともしない、キラーチューン満載のアルバムをつくりあげた。OTOTOYでは今作をハイレゾ配信…… の前に予約受付を開始! さらにリード曲「DUNE」の期間限定フリー配信、2nd EP『文明開化』のハイレゾ配信がスタート! 9月にリリースされる新アルバムについて、ソングライターの三輪和也が語ってくれたインタヴューをお楽しみください。

9月6日リリースの最新作を予約受付開始!


鳴ル銅鑼 / 汎神論

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC
>>>ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 324円(税込) / アルバム 2,160円(税込)

【収録曲】
1. 兆シ
2. 誘惑
3. 劣等感
4. 壱、壱、零
5. ハーメルンシンドローム
6. 夏ノ魔物
7. 都会の雨
8. 道連れ
9. 露命
10. 今夜は色盛り
11. 小春空
12. DUNE

2017年8月23日(水)より配信スタートになります。
配信日に先駆けて予約販売もスタート。
予約に関してはこちら

新アルバムより先行シングルを無料配信


鳴ル銅鑼 / DUNE

【配信形態】
右 : ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC
左 : ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 0円(税込)

※配信期間は2017年8月23日〜9月5日までの期間限定です


鳴ル銅鑼/DUNE


INTERVIEW : 鳴ル銅鑼

精力的なライヴ活動を行い、かねてからその存在が注目されていたロック・バンド、鳴ル銅鑼が満を持してOTOTOYインタヴューに初登場。1度聴いたら忘れられないバンド名はもとより、日本語の響きに拘ったその楽曲からも凡庸なアーティストにはない突出した感性を感じさせる彼らが世に放つ2ndフル・アルバム『汎神論』は、はっきり言って良曲揃いの大傑作だ。今回、この作品を生み出した中心人物であるソングライター、ヴォーカル、ギターの三輪和也に単独インタヴューを敢行して、その生い立ちから今作の誕生までを掘り下げて話を訊いてみた。妖艶、中性的、エロい…… 彼を称するそんな言葉に対し、本人は何を思っているのか? そして鳴ル銅鑼にとっての『汎神論』とは?

インタヴュー&文 : 岡本貴之
写真 : 大橋祐希

「岐阜」っていう曲はなかなかないですからね(笑)

──鳴ル銅鑼は岐阜出身のバンドということですが、現在も岐阜を拠点にしているんですか。

三輪和也(唄 / 六弦) : 1年ぐらい前に東京に引っ越してきました。東京って地方の人間からすると「なんでもある」って憧れだと思うんですよ。でも、来てみたら「なんでもあるけど、なんにもないのかな」っていう印象を受けたのも事実です。実は地方の文化が集まってできた街で、東京で一からできた文化ってなかなかないのかなって思ったりもしましたね。

──三輪さんが育った岐阜はどんな街なんでしょう。

三輪 : 海がないんですけど、水が綺麗で川魚とお米が美味しいとか、飛騨高山が有名だったりとかですね。まあそれしかないんですけど(笑)。

──僕も何度か行ったことありますけど良いところですよね。でも、東京に出てきたっていうことは音楽を通して憧れがあったということ?

三輪 : 昔から父親に、もし日本で何かで1番になりたいことがあればとりあえず東京に行かないといけないし、世界最強の何かになりたいならNYに行きなさいって言われてたんです。それで、「東京ってなんなんやろ?」って田舎の子供ながらに思っていて。鳴ル銅鑼という音楽も地方で生まれた文化、芸術の1つだと思うので、それを携えて東京に住んでみたいって思いましたし、なんでこれだけ多くのアーティストが「東京」っていうタイトルの曲を書いているのか知りたいなって。「岐阜」っていう曲はなかなかないですからね(笑)。

──確かに(笑)。1年経って、鳴ル銅鑼の「東京」は生まれそうですか?

三輪 : まだ「東京」って曲は生まれていないんですけど、今回の『汎神論』には上京してからの曲が多く入っていて。「都会の雨」は上京して1ヶ月目に降った大雨のときに書いた曲です。この曲は自分の故郷・岐阜に想いを馳せながら、まだ慣れていない東京で生きて行くんだって思いながら書きました。

“汎神論”というのが僕のいま生きている状況に合うと思った

──三輪さんが音楽を始めたきっかけってなんだったんですか。

三輪 : 僕の祖父が絵を描いたり陶芸をしたり、芸術家で。僕ももともと絵を描いたりしたいなって思っていたんですけど、絶望的に絵も字も下手なんです(笑)。でも、祖父に言われて書いた詩が全国のコンクールの特選に選ばれて、そこから頻繁に詩を書くようになったんです。それで歌も得意だったので音楽をやろうと思って、中学生のときに父親にアコースティック・ギターを買ってもらったのが始まりです。

──へえ〜言葉が先だったんですね。その最初に書いた詩は曲になってないんですか?

三輪 : なってないです、するつもりもないですし。今見ると、小3の頭脳じゃないと書けないんです。「ビー玉の海」というタイトルの詩で、ビー玉を海に見立てて書いているんですけど、その自由さも言葉選びも、いまの僕がメロディをつけて歌っても、入っていかないんです。僕も「これにメロディつけたらどうなるんやろ?」って思ったんですけど、「みんなのうた」みたいな小学生が歌うあの感じじゃないと無理だと思ってやめました。めっちゃ前のやつですけど、詩のコンクールをネット上で全部探してみたらどこかにあるんじゃないですかね。

──詩を書くところから音楽に結びついたのはどうして?

三輪 : 父がバンド・ブーム世代なので、レッド・ツェッペリンのコピバンをやっていような人で、「男の子はギターと煙草は絶対やっとかなあかん」って言っていて(笑)。アコギを買ってもらったときも、その当時僕は知らなかったディープ・パープルの「Smoke on the Water」を教えられたりとか。それと母親がグラム系が好きで、デヴィッド・ボウイとか、日本なら忌野清志郎さんとかジュリー(沢田研二)が大好きで聴いていて。でも父はそういうポップな音楽が嫌いで、「ビートルズを聴く男はアソコが小さい」っていうこだわりがあって(笑)。ビートルズとか弾いていると殴られたので。だから父が帰ってきたら急に「Smoke on the Water」のイントロを弾くという(笑)。そういう環境でした。

──鳴ル銅鑼はどうやってできたバンドなんですか?

三輪 : 友だちの集まりです。ドラムの(岩田)遼平くんは、僕の小学1年生からの幼馴染で。僕はギターをやっていたんですけど、遼平くんはゲーセンの「ドラムマニア」がうまくて有名で。嫌味で「ゲーセンのドラムなんか叩けても本当のドラムは無理」って言ったら「いや、叩ける」っていうので一緒にスタジオに入ったら当然叩けなくて。でもそれがおもしろかったらしくてドラム教室に通いだして、2人だけでバンドを始めました。ギターの蒲(信介)くんは僕がよく行ってた飲食店で知り合って。蒲くんとベースの(グローバル)徹くんが高校の同級生だったんです。

──初めてライヴを観たときに、歌声とか所作が色っぽいというか、中性的な人だなっていう印象があったんですけど、そういう自覚はあります?

三輪 : う〜ん、どうなんですかね。最初に鳴ル銅鑼が始まったときに、「金津園」という曲をMVにしてやってたんですけど、僕は“下卑たもの”をできるだけ上品に詞にしたり、汚いものを綺麗に表すことにおもしろみを感じていて、それをただやっていただけなんですけど、「エロい」って言われて。最初は嫌だったんですよ。「エロい」ってなんか薄っぺらい気がして。でも段々「エロい」っていうのは、「音楽的な色気がある」ってことかなと思って。品がある色気なのであれば嬉しいなとは思いますけど、特に狙っているわけではないですね。中性的ですかね?

──例えば今回のアルバムの曲で言うと、「兆シ」は透明感がある女性的な声に聴こえたり、「誘惑」では色気のある男性的な歌い方、「劣等感」は巻き舌で汚れている感じっていう、曲によって表現の仕方が違って、男性の歌声とも女性の歌声とも取れない、そんなところに中性的な匂いを感じます。

三輪 : ああ〜、そこはもともとの声質だと思います。中性的な歌声って狙ってやれるものではないと思うので。ただ、曲によって表現の仕方は変えてはいますね。

──なるほど、表現方法の特徴は言葉の使い方にも表れていますよね。今回のアルバム・タイトルは『汎神論』ですが、これはどんな意味でつけたのでしょうか。

三輪 : “汎神論”というのは、ゲーテとか色んな哲学者が語っている宗教観なんですけど、所謂、無神論とはちょっと違って神がいないのではなくて「万物に神が宿る」っていうことで。例えばこの机とか椅子にも神が宿る、イコール神様はいないっていうことでもあるんですけど。全員が平等だっていう。だから神様にお祈りして助けを乞うよりは、手前の足で動きなさい、手でつかみ取りなさい、という宗教観ですね。それが僕のいま生きている状況に合うと思ったので、このタイトルにしました。

沸点の低い、一歩引いた音楽をやりたい

──このアルバムが完成する上で、キーになった曲ってあります?

三輪 : 「兆シ」と「DUNE」だと思います。「兆シ」に〈光が無いなら 闇を従え行こう〉〈正しい今日より煌めく今日を〉という歌詞があるんですけど、これが僕の言いたいことのほとんどなんです。駄目な日があってもそれは糧になるし、光に愛されなかった人間は、マイナスなものを力にするしかないよっていう。光を打ち消す大きな闇になるしかないよねっていう。それと「DUNE」の〈終わる事の無い夢を 私に見せて欲しい〉っていう、“永遠はないと思うけど、それを信じ続けられるピュアな部分”がこのアルバムの全体像を創り上げていると思います。

──昭和歌謡的なメロディもありますけど、こういうニュアンスが出てくるのはどうしてですか?

三輪 : 僕がたぶん、そういう音楽を聴いてきたからだと思います。最近の音楽を聴いていないから、どうしてもメロディをつけるときにハイカラにならないというか。それがいまの時代に一周して新しいってなるんじゃないかとは思うんですけど。でも僕以外の3人は最近の音楽を聴いてるので、ちょうどバランスが取れて聴きやすくなってるんだと思います。

──それで言うと「壱、壱、零」「ハーメルンシンドローム」はフェスで盛り上がりそうな最近の音楽っていう気がします。

三輪 : 本当ですか? フェスでやれそうな曲がないのがこのアルバムの魅力だと思ってるんですけど(笑)。それはそれで嬉しいです。フェスで盛り上がるっていうことを意識してやってる人もいますし、そういう人たちは「楽しませるプロ」だと思うんですけど、同じエンターテイメントでも僕らは「聴かせるプロ」でいたいので。今回のアルバムは自分的には、“ウェイウェイ"した楽しい感じよりは沸点の低い、椅子に座って“ふぅ"ってしたときにちょうど良いくらいの、長く聴いてもらえるアルバムになったと思ってます。

──「沸点が低い」っていう言葉は良いですね。

三輪 : ずっと言ってます、メンバーにも。僕は沸点の低い、一歩引いた音楽をやりたいからって。あんまりドカーンとしたことをやりたくないので。

──アッパーな曲、しゃれたアレンジの曲、昭和歌謡的な曲、っていう2曲ずつのセクションに別れている感じを受けました。その中で、だいたい一人称が「私」じゃないですか? 三輪さんは自分のことを歌っているのか、それとも曲の主人公を作っているのか、どっちですか?

三輪 : 「誘惑」とか「劣等感」みたいに「俺」って言うときは、めちゃくちゃ近い存在の自分を歌うようにしています。普段は「俺」って言わないんですよ。「俺」って言うとちょっと下品な感じが出るし、「僕」っていうと上品な感じはあるけど弱々しい感じが出る、「私」って言うと男か女かわからないし、不特定な自分になる。それを曲によって組み替えていて。本当は全部自分のことなんですけど、何かに自分を投影して、自分自身と歌の間に中継を1つ入れているようなところはあります。例えば「道連れ」だと、昔はすごく綺麗で男性に相手にされてきた女性が、ちょっと時が経って男性に相手にされなくなって、という設定があって。そこに音楽家としていつかは枯れていくという自分を投影しながら詞を書いているんです「兆シ」の「僕ら」というのは、僕と僕の周りにいてくれる人みんなのことだったり、色んな表現がありますね。でも歌っていることは自分のことに近いですかね。

──「今夜は色盛り」はもっとブルージーというか、ルーズなロックンロールにもできるんじゃないかと思いますけど、泥臭い感じにはなっていないですよね。やっぱり洒落ているというか。

三輪 : ロックンロールって熱量がある音楽じゃないですか? 自分に熱量がないわけじゃないんですけど、自分はドライな人間というか、冷めて見られることが多いので、曲も無理をして寄せるよりは自分の得意なところをキープする方がおもしろいというか、イキ切らないことが音楽的にセクシーかなって。イキ切る瞬間は1回あって良いと思うんですけど、「もうちょっとなのに」っていうおあずけ感というか、イキ切らない感じがすごく上品なものなのかなって思います。

──『汎神論』は2ndアルバムですが、ロック・バンドは2ndアルバムに良い作品が多いっていいますよね。オアシスなら『モーニンググローリー』レディオヘッドなら『ザ・ベンズ』とか。

三輪 : 僕が思うのは、2ndアルバムって暗いアルバムが多い気がします。それがいいんだろうなって。それで3rdとか4thで開けたアルバムになったりして精神的にも落ち着いた感じになって。2ndってつくるのが1番しんどいと思うんですよ。1stが出て世間に注目を浴びるようになって、でもまだ上手くいくかわからないという不安の中で書いているから、自分が安定していないと思うんです。だから2ndは良い曲が多いんだと思います。レディオヘッドは絶対『ザ・ベンズ』だと思います。「このアルバム、サビないんか」って思いますけど(笑)。意地悪やなぁ~って。でもそれがいいんですよね。

──『汎神論』もそれくらい語られるアルバムにしたい?

三輪 : 語られたいですね。3枚目、4枚目を出したときに、「いや、鳴ル銅鑼は『汎神論』だから!」って言ってくれるファンの子たちを抱きしめたいですね。「このアルバムの良さがわかれば相当音楽が好きだぜ!」っていう作品になっているので。

昨年リリースの2ndミニ・アルバムもこのタイミングでハイレゾ配信開始!


鳴ル銅鑼 / 文明開化

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC
>>>ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 324円(税込) / アルバム 1,620円(税込)

【収録曲】
1. 独立宣言
2. 俗
3. フィクション
4. D-N-A
5. 軽蔑
6. 夢の痕
7. この世の全て

RECOMMEND

the irony / 10億ミリのディスタンス

九州出身の4人組バンド the irony(ザ・アイロニー)による2枚目の全国流通ミニアルバム。繊細で切実な船津陽史(Vo/Gt)の歌声と、大胆に織り込まれる洋楽的なエッセンスが取り入れられたスリリングな1枚。


The cold tommy / BABY OVER THE WORLD

東京スカパラダイスオーケストラ主宰の「JUSTA RECORD」からのメジャー・デビューを果たしたThe cold tommy。ドラマー脱退後の新体制として初のスタジオ・レコーディング作品。

LIVE SCHEDULE

『汎神論』リリース・ワンマン・ツアー「縁ト遠」
2017年9月13日(水)@仙台LIVE HOUSE enn 3rd
2017年9月30日(土)@四日市Club Chaos
2017年10月1日(日)@京都GROWLY

『汎神論』リリース対バンツアー「艶ト宴」
2017年10月10日(火)@広島CAVE BE
出演 : 鳴ル銅鑼/バンドごっこ/ビレッジマンズストア/PINCH COX / ME‹P›WL / neonmist

2017年10月12日(木)@福岡UTERO
出演 : 鳴ル銅鑼/Large House Satisfaction/and more

2017年10月13日(金)@大分ClubSPOT
出演 : 鳴ル銅鑼/Large House Satisfaction/and more

2017年10月14日(土)@小倉FUSE
出演 : 鳴ル銅鑼/Large House Satisfaction/ワガマンマ

2017年10月16日(月)@高松DIME
出演 : 鳴ル銅鑼/Large House Satisfaction/and more

2017年10月17日(火)@神戸太陽と虎
出演 : 鳴ル銅鑼/神はサイコロを振らない/Mr.Egg Plant/FOMARE/【O.A】& Side Dish、and more..

2017年10月22日(日)@水戸LIGHTHOUSE
出演 : 鳴ル銅鑼/バンドごっこ/vivid undress/and more

2017年10月23日(月)@新潟CLUB RIVERST
出演 : 鳴ル銅鑼/the irony/GOODWARP/THE BOY MEETS GIRLS/lazuli rena nicole

2017年10月24日(火)@宇都宮HEAVEN'S ROCK utunomiya VJ-2
出演 : 鳴ル銅鑼/バンドごっこ/vivid undress/and more

2017年10月29日(日)@豊橋 clubKNOT
出演 : 鳴ル銅鑼/and more

『汎神論』リリースツアーファイナルシリーズ「点ト線」
2017年11月17日(金)@大阪Music club JANUS
出演 : 鳴ル銅鑼/ホロ/and more

2017年11月22日(水)@岐阜ants
出演 : 鳴ル銅鑼/and more

『汎神論』リリースツアーファイナルワンマン「円」
2017年11月24日(金)@渋谷WWW

詳しいライブ情報はこちら

PROFILE

鳴ル銅鑼

三輪和也(唄/六弦)、カバ(六弦/歌)、グローバル徹(四弦)、岩ってぃ(太鼓)

2013年3月に結成された岐阜発4人組ロック・バンド。日本語独特の響きに拘り、それを巧みに操るソングライター、三輪和也の書き上げる楽曲を、聴き手の心を揺さぶる艶やかな唄声とバンド独自の切り口で鳴らす。唯一無二と言っても過言ではないその世界観とサウンドは必聴。結成数か月後にしてZIP-FM「FIND OUT」のマンスリー・クローザーに抜擢されると、2014年に入り〈RO69JACK 2014〉で優勝、その後〈ROCK IN JAPAN FESTIVAL〉のステージに立ち、cinema staff主催の〈OOPARTS〉や〈MINAMI WHEEL〉にも出演。2015年、自身初となる全国流通盤1st EP『無知』をリリースするとスマッシュヒットを記録、2年連続の出演となった〈SAKAE SP-RING〉〈OOPARTS〉〈MINAMI WHEEL〉などでまたも好演、ライヴにおいても高い評価を獲得する。2016年1月に、1st Full Album『極彩色』をリリースするとさらにその活動は加速し、ツアー・ファイナルとして行った名古屋CLUB QUATTROワンマン公演でも大成功を収めた。また、これまでにTHE BACK HORN、[Alexandros]、04 Limited Sazabys、感覚ピエロ、ミソッカス、0.8秒と衝撃。などとの共演も果たし、現在のライヴ・シーンにおいてひときわ注目を集めている。

2016年にリリースした2ndEP「文明開化」で、「第9回CDショップ大賞2017 東海ブロック賞」を受賞。

アーティスト公式HPはこちら

 
 

インタヴュー

「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース
[CLOSEUP]・2017年11月22日・「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース 数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tearsとしても活動する柏原譲によるユニット、Polarisが2年9ヶ月ぶりとなる新作ミニ・アルバム『走る』をリリースした。〈bud music〉へと移籍後初のアルバムリリースとなる今作は、Nabowaの川上優がサポート・ドラムとして参加。新曲5曲に加え、フィッシュマンズ「SEASON」のカヴァーを含めた6曲を収録し、新たなPolarisのサウンドが凝縮されている。OTOTOYでは今作を1ヶ月独占ハイレゾ配信とともに、オオヤユウスケ、柏原譲の2人へのインタヴューを掲載。今年彼らがどのような活動をし、このアルバムをリリースしたのか、話を訊いた。 2年9ヶ月ぶりの新作をハイレゾ配信! Polaris / 走る (24bit/96kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(
by ?
ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズって?!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズってナニモノ?! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”…… というキャッチコピーとともに7人全員がマイクをとって歌い、昭和歌謡もアイドル・サウンドもフォークもロックもパンクも飲み込んだ“ナツカシイサウンズ”を展開する京都のバンド「バレーボウイズ」。もう、これ、あなたの心を鷲掴みにすること間違いなしです! まずはOTOTOY大プッシュということで、とにかく聴いて欲しいのです。なのでフリー音源「真夜中のレコォド」を用意しました、まずは聴いてください! しかも、そんな彼らの1stをハイレゾで配信しているのはOTOTOYだけ。 ということで、興奮してなにがなんだかわからないかもしれませんが、とにかく聴いて欲しい一心でインタヴューも掲載します。「ひとりバレーボウイズ」としてソロ活動もしているネギ(guitar / vo)に登場してもらいました。先日開催された〈ボロフェスタ2017〉で撮影されたライヴ写真とともにぜひ。 まずはこれをダウンロード!!! 収録曲「真夜中のレコォド」期間限定で無料で配信中! バレーボウ
by JJ
H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・キラキラとワクワクが空から降ってくる!!! H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント ルックスと人柄の良さ、人並み外れた演奏力で子供から大人まで幅広い層から支持を集め、人気沸騰中のピアノ・トリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。着々と年末へのカウントダウンもはじまりつつある11月8日に、聴くとたちまち笑顔が溢れ、踊れる、そんなアレンジをほどこしたクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。誰もが耳にしたことのある定番曲の数々をカヴァー、さらにオリジナル楽曲も2曲収録された贅沢この上ない1枚に仕上がっている。OTOTOYでは今作のハイレゾ配信を実施するとともに、キラキラときめくクリスマスへの思いを馳せる、新定番のアルバムについて訊いた、メンバーへのメール・インタヴューを掲載します! 笑って踊れるウィンター・アルバム!! H ZETTRIOのChristmas Songs / H ZETTRIO'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 432円(税込) /
by 岡本 貴之
筆者について
同じ筆者による他の記事