今年のフジロック、どうでした?ーー岡村詩野と渡辺裕也がふり返る〈フジロック 2017〉対談レポート

今年も新潟県の苗場スキー場にて多くの感動を生み、21回目の開催となった〈FUJI ROCK FESTIVAL '17〉。今年は久しぶりに天候も安定しないなかでの開催となった(2日目の雨は特にひどかった!)にもかかわらず、20年ぶりにエイフェックス・ツインが参加したり、小沢健二が初めてのフェスとして参加したり…… 国内外問わず豪華なメンツが揃い、素晴らしい空間をつくり上げた今年のフジロック。OTOTOYでは渡辺裕也と、岡村詩野による対談レポートで現地の状況をお届け。アツいステージをみせたあのアーティストたちの話はもちろん、“フジロック”の雰囲気やフェス自体の変化まで語ってくれています。あの7月の4日間に戻りたい…… と、まだフジロックの余韻にどっぷり使っている方から、今回は参加できなかったけど雰囲気だけでも感じたい! という方まで、ぜひこの対談をお楽しみください!

レポート対談 : 岡村詩野 × 渡辺裕也
写真 : 大橋祐希


FUJI ROCK FESTIVAL '17
2017年7月28日(金)、29日(土)、30日(日) @新潟県 湯沢町 苗場スキー場
出演 : 国内外約200アーティスト
詳細 : http://www.fujirockfestival.com/ (オフィシャル・サイト)



>>【フジロック直前特集】注目アクト21選もチェック! <<

今年のフジロック、どうでした?

撮影 : 大橋祐希

FUJI ROCK FESTIVAL '17
2017年7月28日(金)、29日(土)、30日(日)@新潟県 湯沢町 苗場スキー場

来場人数 :
7月27日(木)前夜祭 15,000人
28日(金) 32,000人
29日(土) 40,000人
30日(日) 38,000人
延べ 125,000人

渡辺裕也(以下、渡辺) : 今年のフジロック、いかがでしたか? ここ数年はフェスの雰囲気にいくらかの変化が出てきているとも言われてますが。

岡村詩野(以下、岡村) : よくも悪くもレジャー化した印象でした。いわゆる“音楽フェス"という枠組を超えて、広く世代を超えた人たちが夏合宿に参加するような感覚…… というのは初期からあって、それがフジロックの魅力ではあるのですが、今年はとりわけレジャー感ある雰囲気が伝わってきました。

渡辺 : そのレジャー化というのは、つまりはライヴを観ることよりもあの場所にいくこと自体が目的化されてるという意味ですか? もともとフジロックにはそういう側面もあったと思うんですが。

岡村 : ええ、そういうニュアンスは初期からあったと思うんです。参加することに意味がある、というような。それがフジロックの良さでもある。ただ、渋谷のスクランブル交差点で「ウエーイ」ってやるような感じに近い…… これは私の肌感覚でしかないのですが、そういう雰囲気が以前より増していて、それは逆におもしろいなと思ったんですね。そういう形でレジャー化してきたのはとても興味深いです。むしろ、昨今の渋谷の交差点がフジロック化している、と言えるのかもしれないですけど。そう考えたら長年培ってきたフジロックのあの空気は結構な影響力があるんだなと感じますね。

渡辺 : 渋谷スクランブル交差点のフジロック化…… というのは?

岡村 : いまは街だろうとどこだろうと、若者がいたらすぐお祭り騒ぎになるじゃないですか。例えば、今年は全体的に雨模様だったからポンチョと長靴姿の人が目立っていました。で、あのカラフルなポンチョとオシャレな長靴姿の人って昨今は普通に町中でも見かけますよね。アウトドア・ファッションが人気ってこともありますけど、今は日常とレジャーとの間の線引きが曖昧になってきているんじゃないかと思うんです。で、その昨今の非日常としてのお祭りの空気ってフジロックのような野外フェスがひとつの礎になっているんじゃないかなって。

渡辺 : なるほど。多分それって、昨年あたりから問題視されるようになった「椅子たたまない問題」とかも関わってくる話ですよね。

岡村 : さすがに折りたたみ椅子を町中で広げてる人は見かけないですけど、フジロックが自然の山の中という特殊な場所で行われているということをときどき見失うくらい、昨今、日本全体が日常と非日常がシームレスになっているような気もします。逆にいえば、町中で行われてるイベントに対して「あ、フジロックみたい」って思うこともあったりして……。

撮影 : 大橋祐希

渡辺 : それってSNSとかも関わってるのかなーと、いまちょっと思いました。今はツイッターやインスタなんかを通じて、会場にいないひともフジロックで起きていることをリアルタイムで共有してるから。

岡村 : どこにいても同じという?

渡辺 : もちろん同じってことはないんですけど、すくなくとも情報はどこにいようが伝わってきますよね。それこそ出演アーティストの名前が次々とツイッターのトレンドに上がってくるのを見てると、この苗場でいまどれくらいの人がツイートしてるのかなーと思ったり。

岡村 : そのくらいフジロックの影響力は大きいし、レジャーとして定着したということなんだと思いますよ。あと、ア・シード・ジャパンとかごみゼロとかの呼びかけが昔に比べて少なくなった印象だったんですけど、これも近年の特徴ですか?

渡辺 : どうだろう? ただ、以前と比べるとボランティア・スタッフの人員はけっこう削減されたのかもしれないです。特に今年と去年はお客さんが多かったぶん、相対的にスタッフが足りてないような印象はありましたね。ただ、リストバンドがICチップ内蔵型になってからは、入場ゲートの混雑はだいぶ緩和されたと思う。それで昨年は荷物チェックがなくなってて気になってたんですけど、さすがに今年はちゃんと行われてましたし。

どこが変わった? 今年のフジロック

撮影 : 大橋祐希

岡村 : SUICAのようなプリペイドカードがほとんどの店で使えるようになっていたのは参加者には助かったんじゃないでしょうか。

渡辺 : たしかに、電子マネーの利用はだいぶ定着してきたみたいですね。飲食店の行列も、以前ほどではなくなってきたかも。でも、やっぱりお客さんのマナーに関しては、すこしずつ基準値が下がってきてるような気はしました。

岡村 : “クリーンなフェス”っていうのを謳っていた頃を知らない人がたくさん参加するようになったってことなのかもしれないですね。そういえば、場外のリストバンド交換場所あたりで、地元新潟の大学生から、大学の研究か何かに使うとかでアンケートを頼まれたんですよ。「苗場に興味を持ちましたか?」「現地の方と交流ができましたか?」「近隣の施設で知っているところはありますか?」というような、地元との繋がりをテーマにした質問が中心で。フジロックを通じての地域興しのような意識が、新潟の方々の間でも昔よりはるかに強まっている印象でしたね。でも、一方で、経営者が他府県…… ところによっては日本じゃない国の方の経営に変わった民宿もあったらしいですね?

渡辺 : そうらしいですね。毎年フジロックに参加している僕の友人によると、毎年よく利用している民宿のオーナーがまったく別の人に変わっていたと。そういえば、僕も3日間お世話になった宿のおばちゃんに「また来年もきますねー」と言ったら、「ウチは来年まで続いてるかわかんないから、スキーやりにきて!」と言われちゃって(笑)。フジロックのシーズン以外も地域を盛り立てていこうという意識は、たしかにいろんな場面で感じるし、きっとそこにはシビアな現実があるんだろうなと思いました。

岡村 : あと、今年はリストバンドにキャラクターがデザインされていたじゃないですか。あれ、可愛かったですね(笑)。キーホルダー欲しかったんですけど早々に売り切れでした。

渡辺 : フジロックではおなじみの「ゴンちゃん」ですよね。あのキャラが年々フィーチャーされるようになったのも、案外SNS効果なのかもしれないですね。

撮影 : 大橋祐希

岡村 : ここにきてフジロックのキャラらしいキャラが定着したっていうのも興味深いですね。ただ自戒をこめて言うと、SNSで逐一情報を伝えるのは難しいところですね。行きたくても何らかの事情で行けない人にとって実況ツイートはつらいものがある。ムシャクシャする人もいると思うんです。私も行けない年にはツイッターのタイムラインを見て疎外感を強く味わったりします。そのたびに「青春18きっぷでも使わないことには、地方からは首都圏の人の倍以上の交通費も時間もかかるんだよ!」って叫びたくなる。そういう時に、「大小様々なステージがあり、内外様々なアーティストが出て、そこから好きなアクトを自由に選んで見る多様性こそがフジロック。だから、タイムラインのマジョリティになんて一喜一憂するな!」って自分に言い聞かせている。実際、フジロックはもちろん楽しい、でも参加しない人には参加しない人の、ぜんぜん違う音楽との楽しみ方が、人の数だけ音楽の楽しみ方があるはず…… という素晴らしいテーゼをフジロックは提唱しているんじゃないかって思うんですよ。SNSに振り回されがちの現代だからこそ、改めてそこは自覚したいな、来年以降は参加してもツイッターとかは自粛しようと思いました。

渡辺 : 基本的にフジはアクセスしづらい場所でやってますからね。チケット代とか宿泊にかかる費用なんかも考えると、誰もが気軽にこれるフェスとは決して言えないし、ある意味それがあのフェスを特別なものにしてるってところもあると思う。それこそ1年間この日のためにお金を貯めて、遠方から時間をかけてやってくる人が大勢いるから。

映像演出の凝ったパフォーマンスも満載

岡村 : ただ、あくまで俯瞰して見た時に、フジロックってもはやそこまで特別なものじゃない気もするんです。さっきも話したように、いま、日常の中で“フジロックっぽい”と感じる瞬間は結構ある。でも、そこがすごい。そのくらいフジロックはひとつのレジャーの在り方を完成させ、我々の日常生活の中にも“フジロックっぽい何か”を落としこむことに成功したんだと思います。今後、出演アーティストのカラーを毎年調整しながらこうした規定路線を展開していくのか、そろそろ全く違うアングルか何かを投入するのか…… そこがとても興味ありますね。

渡辺 : 僕自身はあくまでもライヴを観たいからフジロックに行ってるので…… って、当たり前なんですけど(笑)。もちろん会場のロケーションが好きとか、そういうのもありますけど、実際に行くかどうかは、やっぱり毎年ラインナップありきで考えてるんですね。特にここ数年、海外の大物アクトは日本での単独公演が難しくなってるじゃないですか。だからこそ、フジロックのラインナップにはどうしても期待したくなるというか。最近のラインナップの傾向については、正直いろいろと思うこともあるんですけど。

岡村 : もっといまっぽいアーティストが…… とかって意見もありますよね。今年なら、ヒップホップ、R&B中心でもいいんじゃないか、とか。でも、そこを言い出したらキリがないですよ。

渡辺 : そこはやっぱり「ロック・フェス」ってことなのかなーとも思ったり。たしかに欧米のトレンドを反映させようとすると、おのずといまはラインナップがヒップホップとかR&B寄りになると思うんですけど、あくまでもフジロックのメインは今後もロックに置かれていくのかなって。でも、開催前にでた運営側のインタヴューによると、「2013年以降もケンドリック・ラマーには毎年オファーをかけてる」という話もありましたね。

苗場食堂

岡村 : 「フジ」も「ロック」ももはや言葉本来の意味を超えてるから、そこはあまり関係ないかもしれないですね。もちろん、少しずつマイナー・チェンジもしています。今年から変わった重要な点としては、《苗場食堂》のステージが隣に移動したことだと思います。あまりに人気すぎて食堂としての『苗場食堂』の長蛇の列がオアシス広場の入り口付近で導線を遮ってしまうのがつらいと行くたびに思うんですけど、ステージ自体は独立して見やすくなりましたね。前は通り道にせり出すステージでしたから。

渡辺 : あのへん一帯はワールドレストランがなくなった代わりにバーとDJブースがつくられて、すこし雰囲気が変わりましたね。《苗場食堂》といえば、最終日深夜にネバヤン(never young beach)がシークレットで出てきたときはすごい騒ぎだったな。レッドマーキーでのライヴも後方まで人が溢れかえってたし、ものすごい人気ぶりでしたね。

岡村 : “ヤシの木フラミンゴ”。結成時のネバヤンの幻のバンド名候補。

渡辺 : あれ、そういうことだったんだ! 道理で若いお客さんたちが待ち構えていたわけだ。

岡村 : ワールドレストランだったところに誕生した《BLUE GALAXY》のDJブースではサラーム海上さんが結構長時間DJやってらしたんですよね。ガイド本とかウェブではそのあたりも事前にアナウンスされていたのかもしれないですけど、入場時にもらえるあのタイムテーブル表にも書いてあるといいのになと思いました。《GAN-BAN SQUARE》でのサイン会とかもそう。あまり知られていないけど、場内のあちこちにあるそういうミニ・ステージみたいなものをチェックするのも楽しいです。《GAN-BAN SQUARE》の初日にはファーザー・ジョン・ミスティ(以下、FJM)がちょっとしたアコースティック・ライヴをやったりしましたからね。これ、直前に決まったのか、気づいた人、少なかったです。

GAN-BAN SQUARE

渡辺 : そのアコースティック・ライヴ、僕は岡村さんのツイートで知ったんですよ。そういう意味では、SNSで情報が伝わっていくおもしろさもあるよなーって。にしても、FJMはかっこよかったですね。あんなに華やかで色気のある人だったとは。

岡村 : FJM一択ですよ! 最初から今年の私は。

渡辺 : そのFJM以外だと、誰のライヴがよかったですか?

岡村 : 6月に本国でやった〈DEMON DAYZ FESTIVAL〉を中継で観ていたというのもあって、今回はそれほどの大発見はなかったですが、ゴリラズはやっぱりよかったですね。最初どうかなと思ったんですけど、次第に良くなっていって。デーモンが英国白人であることの贖罪、ブリット・ポップ時代の償いを、大衆性を維持したまま世界目線でしっかり伝えているということにやっぱり感動しました。

APHEX TWIN(撮影 : 大橋祐希)

渡辺 : まさにそのゴリラズがそうだし、他にもアヴァランチーズとか、エイフェックス(ツイン)とか、メジャー・レイザーとか、今年のフジロックは映像演出の凝ったパフォーマンスがたくさんありましたよね。いまのサーキットで求められているライヴの在り方が、そこにすごく表れているような気もしました。なかでもコーネリアスはすごかったな。演奏の緻密さと、映像とのシンクロ性が、ちょっと図抜けてましたね。

岡村 : コーネリアスの後に《WHITE STAGE》に出た小沢健二の時間帯はオアシス広場でさえもガラガラだったそうですね。

Cornelius(撮影 : 大橋祐希)

渡辺 : 今年はそのオザケンが、ある意味ヘッドライナー以上に注目を集めていたし、ラインナップも全体的に90年代組が目立ってましたよね。僕自身はやっぱり「いま」の音楽がたくさん聴きたいという気持ちがつよいので、そこについてはぶっちゃけ複雑な思いもあったりするんですが。

岡村 : 結局そこに辿り着くという…… (笑)。まあ、でも、同じ90年代出発組でもサニーデイ・サービスみたいに、いままたここにきて最盛期を迎えているバンドもいる。ゴリラズのデーモンもそう。そういう人たちの2ラウンド目、3ラウンド目を確認できたという意味では悪いラインナップじゃなかったですよね。

渡辺 : ゲストにC.O.S.A. × KID FRESINOを呼んでいたところも含めて、やっぱり曽我部さんはすごく意識的ですよね。PUNPEEがリンキン・パークのチェスターについて触れていたのも、すごく印象的だった。彼らのようなヒップホップのアーティストが今後のフロントラインを担っていくことの必然性をあらためて感じたというか。

GORILLAZ

岡村 : そういう意味では、デーモンもリトル・シムズとかを連れてきてほしかったですね。

渡辺 : 本国でのライヴみたいに「フィーチャリングのゲストが次々に登場!」ってわけにはなかなかいきませんよね。でも、逆にロードなんかはシンプルなステージが見れてよかったな。海外フェスみたいに大掛かりな仕掛けがなかったぶん、かえってシンガーとしての存在感がきわだって感じられたし。

LORDE(撮影 : 大橋祐希)

今後のフジへの期待

THE LEMON TWIGS(撮影 : 大橋祐希)

岡村 : 逆に、コテコテの構築サウンドを聴かせたレモン・ツイッグスとかは一切の手抜きなしにスタジオ作品の再現を試みていておもしろかったですね。野外だろうと雨だろうと徹底してやりますよ、というプロ根性がとてもよかった。

渡辺 : 大雨にさらされたオウガ・ユー・アスホールがおわって、サニーデイ・サービスが始まった途端にカラッと雨が止むっていうのも、フジロックならではの演出って感じでした。

岡村 : まさに“サニーデイ”な! でも、今年はその雨に打たれて思いの外体力をもっていかれたので、みるのを断念したものが結構あったんですよ。それが悔しい。マーカス・キング・バンドもそうだし、急遽帰らないといけなくなったためにみられなかった最終日のスタージル・シンプソンとリアル・エステイトも。とにかく見たことないものを優先的にしたかったのですが、今年は雨のためにそれが大幅に狂いました。

渡辺 : たしかに今年はタフでしたね。あんなに雨がつづいたフジロックも久々だったし、そこも含めて楽しかったなって感じも僕はしてるんですけど(笑)。そんな雨続きだった2017年のフジロックを終えて、どうでしょう。来年以降のフジロックにはどんな期待をよせていますか?

岡村 : ひとつには、これは本気で要望したいんですけど、現代音楽、ノイズ、実験系アーティストが出演する隙が一切ないので、そういう音楽家たちが出られるステージ…… 小さくてもいいし、既存のステージでもいいので、これまであまり縁がなかったタイプのアーティストがちゃんと観てもらえる場をつくって欲しいですね。同じように、もっとアフリカや中南米、アジアのアーティストを呼んでほしいなとも思います。フジロックのような開かれた場だからこそ、メインストリームにはない音楽と出会う機会が生きてくると思うので…… 。

渡辺 : まさに。アフリカにせよ、アジアにせよ、欧米中心のポップスでは掬い取れない「いま」の音楽を紹介してきたのもフジロックの魅力だし、できればそこはまた今後のラインナップでフィーチャーしてほしいですよね。《ORANGE CAFE》もだんだんおもしろい場所になってきてるし。

岡村 : そういう意味で、サラーム海上さんが《BLUE GALAXY》でDJされたのは、あまり大きな話題にはならなかったかもしれないですけど、意味は小さくなかったと思いますよ。

渡辺 : たしかに、ワールド・レストランの場をサラームさんたちのDJが引き継いだってことには、そういうメッセージがあるのかもしれないですね。何にしても、フジロックは音楽的に雑多なフェスであってほしいなー。ここ数年のラインナップは国内アクトの比率が増えてきているとも言われてますけど、あくまでもそれはさまざまな音楽の一部であってほしいというか。

撮影 : 大橋祐希

岡村 : そうですね。さっきも話したように、多様性こそがフジロックの提唱してきたテーマだと思うんです。だからステージ数も多いし、傾向もおおよそ分けている。でも、だんだんとそのステージごとの差異も曖昧になってきた。昔、フィッシュが丸1日《FIELD OF HEAVEN》に出っぱなしだったことがありましたが、王道の人気バンドが《GREEN STAGE》とかに出演する傍で、ああいう極端な試みもまたやってほしいですね。そういう意味では、ステージごとにアーティストや要人にキュレートしてもらうのもおもしろいかもしれないです。

渡辺 : 《ALL TOMORROW'S PARTIES》みたいな?

岡村 : そうです。ひとつくらいそういうキュレーション・スタイルのステージがあるとおもしろくないですか? 誰がそのキュレートをするのか? という問題ももちろん出てくるわけですけど、少なくとも私はそういうことをやってみたいですよ(笑)。

渡辺 : それは実現したらおもしろいだろうなー。開催21回目を経て、フジロックはまた改革の時期を迎えるのかもしれないですね。

出演アーティストの音源もチェック!!

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信&期間限定フリーDLも!
[CLOSEUP]・2017年11月17日・ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信 & 期間限定フリーDLも! 九州大学のサークル・メンバーで2015年に結成され、はっぴいえんど、山下達郎、PAVEMENT、sea and cake、ミツメ、ホテルドミニク、Mac Demarco...古今東西のポップ・ミュージックたちと、同郷の先達であるNumber Girlをナードな佇まいで咀嚼した、人懐こさと青さ漂うサウンドを鳴らす3人組、その名もよあけ(yoake)。 そんな彼らが九州のオルタナティヴ・シーンにおける最重要人物、PANICSMILE・吉田肇が主宰する〈Headache Sounds〉より初の全国流通作となる1stアルバムをリリース!! OTOTOYでは是非とも多くの人に聴いていただきたく、12月15日の発売に先駆け約1ヶ月の先行配信と、アルバムの楽曲より「MABOROSHI」の期間限定フリー・ダウンロードが決定! レーベル・オーナーである吉田肇のコメント、そしてアルバム・レヴューと共にまずはフリー楽曲の一聴を! アルバム収録曲より期間限定フリー・ダウンロード!よあけ / MABOROSHI(期間
むすびズム、ラスト・シングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年11月21日・むすびズム、ラスト・シングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 ASOBISYSTEM発、5人組アイドル・グループ、むすびズム。12月10日の3周年ワンマン・ライヴをもって解散することになった彼女たちの、4枚目にしてラスト・シングル『恋の戦士』がリリース。前作の『キミに夢CHUXX』に引き続き、今作もSEIJプロデュースによるキャッチーなシンセ・ポップ・サウンドに仕上がっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ独占配信するとともに、メンバーからのコメントを掲載。キラキラ可愛い5人のビジュアルと歌声は永遠です!! アルバム購入でブックレットpdfつき!むすびズム / 恋の戦士【A盤】'【収録曲】1. 恋の戦士2. またね 3. 恋の戦士 -Instrumental-4. またね -Instrumental- 【配信形態】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 300円(税込) / まとめ価格 1,200円(税込)むすびズム / 恋の戦士【B盤】'【収録曲】1. 恋の戦士2. 確信のフライデー 3. 恋の戦士 -Instrumental-4. 確信のフライデー -In
現役高校生5人組ロック・バンド、FAITHがポップ・パンクを正面突破
[CLOSEUP]・2017年11月17日・この音楽は勇気で、正義だ──現役高校生5人組FAITHがポップ・パンクを正面突破 すごいやつらが現れた! 長野県伊那が生んだポップ・パンクのニューヒーロー候補、FAITH! 現役高校生5人組、うち3人が日米のダブルという珍しい組み合わせに加え、Vo.ドリチュラーあかりはSPINNSのモデルとしても活躍中。「モデルがファッション感覚で音楽やってるんだろ?」そう思いの方もいるかもしれませんが、すでに実力は折り紙付き! 今夏開催された10代限定夏フェス〈未確認フェスティバル2017〉ではファイナリスト8組の1組に選ばれており、サウンドも往年のエモ / ポップ・パンク好きにはたまらない海外志向の本格派! OTOTOYではそんな期待のニューカマーの記念すべき初全国流通盤を配信とともに、現役大学生の目線から独自のレヴュー掲載! FAITH / 2×3 BORDER【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 1201円(税込)【収録曲】1. Take me away from here2. Bana Pla3. distance4. DON’T FALL5. S
by 中の人
BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年11月17日・BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信 ウィル・ウィーゼンフェルトのメイン・プロジェクト、バスの3rdアルバム『Romaplasm』が到着した。もはや老舗アンダーグラウンド・レーベルとなった〈アンチコン〉からリリースされた本作は、開放感に溢れるポップな作品に、また“ビートメイカー”から一歩踏み込んだ、シンガー・ソング・ライターとしての側面も前面に出た作品となった。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信。ダディー・ケヴによるマスタリングもぜひとも堪能していただきたい。さらにはレヴューとともに、こちらもハイレゾ配信となっているジオテック名義『Abysma』リリース時の記事も関連作として再掲してお届けします。 Baths / Romaplasm(24bit/48kHz)'【Track List】01. Yeoman02. Extrasolar03. Abscond04. Human Bog05. Adam Copies06. Lev07. I Form08. Out09. Superstructure 10. Wilt11. Coitus12. Broadback【配信形態 /
by 寺島 和貴,河村 祐介
【REVIEW】地に足がついていない!?──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース
[CLOSEUP]・2017年11月15日・【REVIEW】地に足がついていない!? ──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース OTOTOYとレコード・プレス・メーカーの東洋化成によるコラボレーション・レーベル〈TOYOTOY〉から初のアナログ盤となる『銀ギラ』のリリースや、自主企画イベント〈アメ村天国〉の開催など、今年は飛躍の年であることがうかがえる、愛はズボーン。そんな彼らがこのたび満を持して、1stフル・アルバム『どれじんてえぜ』をリリースした。本作のジャケットは世界的画家・黒田征太郎が手掛けている。黒田は愛はズボーンのメンバーたちが敬愛している画家で、まさに細部にまで強い想いが込められた作品に仕上がったと言えるだろう。そんな彼らの活躍を良質なハイレゾ音質で感じることができるのは、OTOTOYだけ! 本作をさらに楽しむテキストとして、レヴューも掲載! 未来の音楽濃縮盤をとくとご堪能いただきたい! ハイレゾはOTOTOYだけ! 未来の音楽が濃縮された、1stフル・アルバム愛はズボーン / どれじんてえぜ'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 2
by 宮尾茉実
《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む
[CLOSEUP]・2017年11月15日・《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む 10年超のバンドキャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らが、この度第9弾「アメニモマケル」の配信をスタートした。彼らの魅力にもっと浸ってもらえる楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみください。 goodtimes、全ての恋愛経験者に捧ぐ第9弾goodtimes / アメニモマケル'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. アメニモマケル REVIEW : 全ての恋愛経験者が唸る、く人の"あの頃"を刺激する goodtimesは前回のインタヴューで、情景が浮かびやすい曲を作っていると語っていたわけだが、今回も人が「もう触れたくない」としまい込んでいた気持ちに、ピンポイントで突き刺さる"あるある"な楽曲「アメニモマケル」をリリー
by 宮尾茉実
【REVIEW】映画『この世界の片隅に』の音楽を手がけ、多くの話題を呼んだコトリンゴが約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリース!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・『雨の箱庭』は私たちにどんな世界のすばらしさを見せる?──約3年半ぶりコトリンゴのオリジナル・アルバム 卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描くコトリンゴ。そんな彼女が約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバム『雨の箱庭』をリリースする。前作からこれまで、アニメ映画『この世界の片隅に』の全ての音楽を担当し数々の賞を受賞する等、音楽家としての評価を高めた彼女。映画同様、今作でも作詞作曲編曲(ストリングス、ホーン含む)、サウンド・プロデュースのすべてを手掛けている。そんな今作は、のちにドキュメンタリー映画となった企画「LIGHT UP NIPPON」のために書きおろした楽曲のほか、RADWIMPS・野田洋次郎主演ドラマ「100万円の女たち」の主題歌等、色とりどりの音楽たちがぎゅっと詰め込まれた鮮やかなアルバムが完成。歌のように響くピアノの音色と、そっと優しいコトリンゴの歌声と共に生み出されるカラフルな音世界を、レヴューと共におたのしみください。 約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムコトリンゴ / 雨の箱庭'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /
by ai
つりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年11月06日・5人が挑む、新たな海原への決意をこめてーーつりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信 5人組アイドル・ユニットのつりビットがニュー・シングル『1010〜とと〜』をリリースした。今年の春にリリースされた2ndアルバム『Blue Ocean Fishing Cruise』も好評な中、彼女たちの成長と主張が感じられる新曲が到着。その理由を、宗像明将のレヴューで紐解いてみよう。 ハイレゾver.のアルバム購入者から抽選でサイン入りポスタープレゼント!つりビット / 1010~とと~(初回生産限定盤)'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 750円(税込)【Track List】01.1010~とと~02.A Color Summer!! ポスタープレゼントの詳細は、こちらからご確認ください。'' REVIEW : 『1010~とと~』 つりビットが大きく変化する瞬間を私たちは目にしようとしている。彼女たちのニュー・シングル「1010〜とと〜」は、サウンド面ではこれまでのイメージを大きく変え、歌詞の面ではつりビットらしさを追求した
筆者について
渡辺 裕也 (渡辺 裕也)

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

同じ筆者による他の記事