色彩をもたらす原風景の起源──haruka nakamura PIANO ENSEMBLEが築いた箱庭音楽の究極『光』

過去にはNujabesとも共作を果たし、ポストクラシカル・シーンのみならず多彩な活躍を続けるharuka nakamura。4th『音楽のある風景』(‘14)、LP+CD『CURTAIN CALL』(‘16)に続き、haruka nakamura PIANO ENSEMBLEの飽くなき挑戦の最高到達点ともいえるライヴ録音集がリリース。夕暮れを切り取ってきたこれまでのアルバムから、光そのものに焦点を当てた新作。静謐な序盤からクライマックスに向けて荘厳で壮大になっていく崇高な展開には息を呑むことだろう。そんなポストクラシカルの新たな名盤をOTOTOYでは独占ハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。

ポストクラシカルの新たな名盤をハイレゾ配信!


haruka nakamura PIANO ENSEMBLE / 光

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 432円(税込) / アルバム 2,700円(税込)

【収録曲】
01. nowhere
02. SIN
03. 四月の装丁
04. 音楽のある風景 (録音:2017/3/11 sonorium)
05. 光 (録音:2016/12/11 めぐろバーシモン小ホール)
06. CURTAIN CALL (録音:2016/12/23 早稲田奉仕園スコットホール)
07. 灯台 (録音:2016/6/18 福岡・博多)


haruka nakamura PIANO ENSEMBLE / NEW ALBUM 光


【REVIEW】 haruka nakamura PIANO ENSEMBLE 『光』

子供の頃にharuka nakamuraが青森の田舎から毎日観ていた原風景の色彩ひとつひとつが空気ごと詰め込められた箱庭。地平線が見える海の青、カエルが田んぼを泳いだ緑、誰かに齧られて気を失っている木の実の赤、今日も閑散としている道路のグレー。夜になれば白い星が輝き、昼間の黄色い太陽は消え、真夜中には世界が半分になる。その箱庭世界を構成する起源的な要素が、このアルバム『光』である。

haruka nakamuraはこれまでソロとして、1st『grace』(‘08)、2nd『twilight』(‘10)、3rd『MELODICA』(‘13)といったアルバム3部作を制作。地元青森の夕暮れの風景を、過去・現在・未来の3つの異なる視点で描いてきた。古き良き故郷を想起させる郷愁感と寂寥感を原風景や時間軸を用いて、ニューエイジ / アンビエントなポストクラシカルとして抽出。ソロを経て、PIANO ENSEMBLE編成に行き着いた先では4th『音楽のある風景』(‘14)、LP+CD『CURTAIN CALL』(‘16)を発表。PIANO ENSEMBLEとなってさらに、彼が音楽として放つ郷愁感と寂寥感は肥大を続けている。『音楽のある風景』リリース後の約2年半にも及ぶ長期ツアーを終え、PIANO ENSEMBLEとして幾度となく楽曲の再構築を繰り返し、最高到達点に達したなかでリリースされる本作を考察したい。

『光』。このタイトル、実に意味深である。私たちが見ている”モノ”は、その”モノ”が吸収できなかった光の波長の色を見ている。”モノ”自体には色は存在しない。例えばイチゴが赤く見えるのは、イチゴが赤い光の波長を吸収できず反射しているからだ。つまり、私たち人間も”モノ”の1つであるとするならば、世界には色なんて存在しない。色が存在するのは”光”があるおかげなのだ。

このことから言えること、それはharuka nakamuraが築き上げてきた箱庭の世界も、それは”光”が無ければただの”闇”でしかないということである。光がなければ海も田んぼも道路も色をもてない。闇があるから光がある、とは光があるから闇という概念が生まれたことの逆説であり、それは真に闇と光がすべてをつくり上げる起源的な要素であるともいえる。故郷青森の田舎を基に、音楽から清く美しい箱庭をつくりあげたharuka nakamuraが気付いたのは、そんな根源的な世界の本質なのではないだろうか。


haruka nakamura PIANO ENSEMBLE / NEW ALBUM「光」PV2

ジャケットを見ても、いままでとの違いは明らかだ。美しい夕暮れを切り取った1stから3rd。夕暮れの先、闇のなかでポッカリと浮かび上がる光を、人間の孤独や大切な人を失った苦しさを経て生まれてくる新しい幸福に喩えたとも思える4th。そこから本作では4thとは正反対に、まるで中心の”光”という文字以外がすべて光っているようなシンプルなジャケットになっている。haruka nakamura自身が原風景の色彩から”光”そのものに意識が移った結果だろう。

楽曲としては14年の4th『音楽のある風景』のライヴ再構築盤ではあるが、ジャケットも楽曲も14年リリース時とは別物となっている。もとより特徴であった荘厳で壮大な展開には静謐さが加わり、上品なサクソフォンとフルートが流麗なヴァイオリンと重なって、繊細なドラムと楽曲の主であるピアノとともに極上のアンサンブルを生み出している。そのメロディー展開はまるで”闇”に徐々に”光”が差していき、その”光”が放射して周りを照らしていくように感じさせる。14歳のまるで聖母のような歌声をもつ、うららのヴォーカルも神々しく、ヴォーカルに呼応して複雑に重なるハーモニーとダイナミックな演奏はすべてが寸分違わず丹念に折られた鶴のように美しい。

私はこのアルバムを聴いて、以前読んだ川上未映子著「すべて真夜中の恋人たち」を思い出した。この小説は、こんな一節からはじまる。

「真夜中は、なぜこんなにもきれいなんだろうと思う。
それは、きっと、真夜中には世界が半分になるからですよと、いつか三束さんが言ったことを、わたしはこの真夜中を歩きながら思い出している。」
(中略)
「昼間のおおきな光が去って、残された半分がありったけのちからで光ってみせるから、真夜中の光はとくべつなんですよ。」
(引用元: 川上未映子著『すべて真夜中の恋人たち』講談社刊)

真夜中だから光に気付くことができる。
でも、その光は昼になってしまうと見えなくなってしまう。光るのをやめたわけでもないのに。
このアルバムからも同じことが言えるのかもしれない。
“闇”があるからこそ原風景を形作る”光”に気付ける。
『光』は、彼がつくる箱庭音楽の究極形である。

文・構成 : 高橋秀実
写真 : 吉村健(TKC)

RECOMMEND

高木正勝 / YMENE

待望の自身初のピアノソロアルバム登場。9人編成で臨んだ「タイ・レイ・タイ・リオ」から2年後の2010年から一転、高木正勝が一人でステージに立ったコンサートピアノソロコンサートツアー”YMENE(イメネ)“が6年以上の歳月を経て待望の音源化。

V.A. / Tribute To Jun IV (Nujabes Tribute)

NYを拠点に活動するインターナショナル・ヒップ・ホップ・レーベルDigi Cratesが送り出す、haruka nakamuraとも共作したNujabesをフィーチャーした渾身のコンピレーションアルバム『Tribute To Jun IV (Nujabes Tribute)』。

V.A / Songs of Twilight

「世界を最も美しくする時間」夕暮れをドラマチックにするコンピレーション 『songs of twilight -ソングス・オブ・トワイライト-』。一部の音楽通に間で注目されているジャンルと思われていた楽曲は、実はとても聴きやすいポップなサウンドだ。日が暮れ始める瞬間の太陽の輝きと、徐々に日が沈むまどろみの時間を前作に引き続き池田敏弘氏によるセレクトで表現された1枚。

INFORMATION : haruka nakamura

EVENT SCHEDULE
〈haruka nakamura × 宮内優里 session TOUR〉
2017年09月23日(土)@岡山県 旧内山下小学校 〈マチノブンカサイ2017〉
2017年09月30日(土)@京都 ヴィラ鴨川
2017年10月01日(日)@名古屋聖マルコ教会

マチノブンカサイ2017公式HP

〈Folklore: AOKI, hayato と haruka nakamura〉
2017年09月02日(土)@山形文翔館公演

PROFILE : haruka nakamura

絵 : 笑建
音楽家。青森県出身。『grace』('08)、『twilight』('10)、『MELODICA』 ('13) のソロアルバム3部作を発表後、 『音楽のある風景』('14)、『CURTAIN CALL』(EP/'16)、『光』(2017年8月)の[PIANO ENSEMBLE3部作]を発表。他、Nujabes、Janis Crunch、小瀬村晶とのコラボや、坂本美雨 with CANTUS、畠山美由紀、まじ娘、Aimerのプロデュース、MV、remixを行う。また、NHKBSプレミアム「ガウディの遺言」テーマ曲、CITIZEN、SONY、BOTANIST、TOYOTAなどのCM音楽、自身の曲が原案の映画「every day」の音楽を手掛る。その他、画家・ミロコマチコ、 朗読・柴田元幸、写真家の奥山由之や中川正子らとのセッションも行う。並行し、青木隼人、内田輝との「FOLKLORE」としても活動中。

haruka nakamura公式HP
haruka nakamura公式Twitter

 
 

レヴュー

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで
・2018年07月11日・【REVIEW】京都から全国に広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾ配信開始 どこまでも幸福に満ちあふれるサウンドを奏でる12人組バンド、Ribet townsが初の全国流通盤をリリースする。跳ねるように刻まれるビートを土台に、ピアニカ、トイピアノ、マンドリンといった楽器がひとつとなって押し出されるハッピーな音色と、どこか物悲しげな歌詞と合わさることで、Ribet townsの音楽は楽しいことばかりではない日々に寄り添う。OTOTOYでは今回のリリースに合わせて音楽ライター、峯大貴による『ショーケース』のレヴューを公開。慎ましやかに暮らす人々の毎日をカラフルに染め上げる彼らの音楽が全国を駆け巡る! 初となる全国流通盤をハイレゾで聴けるのはOTOTOYだけ! Ribet towns / ショーケース '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 263円(税込) / アルバム 1,620円(税込)【収録曲】1. アメジスト2. ベッドタウン3. 猫の砂4. Pose5. caravan6. エソラ(hea
by 峯 大貴
【REVIEW】高音質で響く、胸を刺す冬馬かずさの歌声
・2018年05月23日・高音質で響く、胸を刺す冬馬かずさの歌声 ──『WHITE ALBUM2』サントラ高音質配信開始 PlayStation®︎3・PSVita®️ などにて発売中、いまなお根強い人気を持つゲームソフト『WHITE ALBUM2』。本作のヒロインのひとり、「冬馬かずさ」(CV : 生天目仁美)のヴォーカル曲を集めたスペシャル盤、『WHITE ALBUM2 Original Soundtrack ~kazusa~』のハイレゾ・DSD配信がスタートしました! 配信開始に合わせ、OTOTOYでは本作のレヴューを公開! 冬はもう少し先ですが、『WHITE ALBUM2』の名曲たちと彼女の歌声の魅力をぜひ高音質で再確認しましょう。 また、本作品のもうひとりのヒロインである小木曽雪菜(CV : 米澤円)によるヴォーカル・アルバム『WHITE ALBUM2 ORIGINAL SOUNDTRACK ~setsuna~』も、OTOTOYにてハイレゾ配信中。この機会にあわせてぜひチェックして下さい! 冬馬かずさ / WHITE ALBUM2 Original Soundtrack ~kazusa~ 【配信形態】(右)DSD
by 伊達 恭平
【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着
[REVIEW]・2018年05月09日・【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着 4月からスタートしたTVアニメ「ルパン三世 PART5」。そのアニメにかかせないサントラも、最新バージョンかつハイレゾで到着。OPテーマ、EDテーマやヴォーカル曲もふんだんに入った、ジャケットのイラストが最高にキュートな『ルパン三世 PART V オリジナル・サウンドトラック 〜 SI BON ! SI BON !』、キャラクターの癖や気持ちまでも表現されたような、ボリューミーな『ルパン三世 PART5 オリジナル・サウンドトラック「THE OTHER SIDE OF LUPIN THE THIRD PART V~FRENCH」』の2タイトルで、最新のルパン・ワールドを堪能せよ! 新エンディングテーマを含む、華やかな珠玉の15曲ルパン三世 PART V オリジナル・サウンドトラック 〜 SI BON ! SI BON !'【Track List】01. LUPIN TROIS 2018 02. シボン!シボン! feat. 沢城みゆき03. LOVE IN SÃO PAULO 201804. LUPINTIC
by 岡本 貴之
“Lo-Fiドリームポップ・アイドル”SAKA-SAMA、渋谷TSUTAYA O-nestにて開催した初のワンマン・ライヴの模様をハイレゾにて独占配信!
[PICKUP]・2018年04月27日・SAKA-SAMA、渋谷TSUTAYA O-nestにて開催した初のワンマン・ライヴの模様をハイレゾにて独占配信! Lo-Fiドリームポップ・アイドル、SAKA-SAMAが2018年3月17日に渋谷TSUTAYA O-nestにて開催した、初のワンマン・ライヴ〈イッツア SAKA-SAMAワールド〉の模様がOTOTOY独占、ハイレゾにて音源化! 1部と2部に分かれたこの日のライヴでは、彼女たちの楽曲はもちろん、アコーディオンを伴奏にしたアカペラ、皮茶パパ、毛並みんのゲスト参加、そして新曲披露など盛りだくさんの内容に。大入りのお客さんと彼女たちのパフォーマンスから生まれる臨場感をぜひハイレゾでお楽しみください! また、この日に新たな名義“Pinokko”で活動を始めた、里咲りさのプロデュースによるシングルと2ndワンマン・ライヴを渋谷のWWWで開催することを発表。今後の彼女たちの動きも見逃せませんよ! 初のワンマンをハイレゾにて独占配信!SAKA-SAMA / ライブ・フロム・SAKA-SAMAワールド'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】まとめ購入のみ
声優・楠田亜衣奈、アニメ主題歌の1stシングルをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2018年04月26日・【REVIEW】声優・楠田亜衣奈、ハッピーでポジティヴ全開な1stシングルをハイレゾ配信 これまで3枚のアルバムをリリースしている声優の楠田亜衣奈が、初のシングル『ハッピーシンキング!』をリリース。現在出演中のアニメ「レディスポ」主題歌にもなっている。シングルのタイトルをでも、聴いたらなおさらに「幸せな気分」になれること間違いなし! ハイレゾで楽しみながら、レヴューでくっすんワールドを堪能しましょう。 1stシングルをハイレゾ配信!楠田亜衣奈 / ハッピーシンキング!(24bit/48kHz)【配信形態】24bit / 48kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC【価格】単曲 540円(税込) / アルバム 3,500円(税込)【収録曲】1. ハッピーシンキング! / 2. 会いたいよでも言えないの / 3. やさしいヒカリ / 4. ハッピーシンキング! -off vocal ver.- / 5. 会いたいよでも言えないの -off vocal ver.- / 6. やさしいヒカリ -off vocal ver.- ※ファイル形式について REVIEW : スケールもハンパなく、とにかく
by 前 田
【REVIEW】『君だけの旅路 Re:boot』&『うたわれるもの Piano Collection Vol.1』
・2018年04月25日・ 再始動と共に進化した楽曲達──Suara『君だけの旅路 Re:boot』、AQUAPLUS『うたわれるもの Piano Collection Vol.1』ハイレゾ、DSD配信開始 2018年4月26日に『AQUAPLUS』より発売される、PlayStation®4、PS Vita用ソフト『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』。その主題歌を収録したSuara『君だけの旅路 Re:boot』と同作品内の楽曲を中心にセレクトされたピアノ・アレンジ・アルバム、AQUAPLUS『うたわれるもの Piano Collection Vol.1』のハイレゾ、DSD配信がスタートしました! オリジナル版の発表から12年の時を経て生まれ変わった主題歌と、美しくアレンジされた楽曲群は『うたわれるもの』ファンもそれ以外のかたも必聴です! (Text by 伊達恭平) Suara / 君だけの旅路 Re:boot 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC >>>ハイレゾとは?【配信価格】単曲324 円(税込) / アルバム 1200円(税込)1. 君だけの旅路 Re:boot2. キ
by 伊達 恭平
変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム
[CLOSEUP]・2018年04月20日・変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム マッシヴ・アタックやポーティスヘッドといったアーティストを輩出し、その音楽シーンが常に世界中の注目を集めるイギリスの港湾都市・ブリストル。そんな港町のベッドルームから現れたのが、ヘンリー・グリーンという22歳の青年だ。繊細なヴォーカルと、エレクトロニクスとアコースティックを高次元で融合させたサウンド・プロデュースが魅力的な彼が注目を集めたのは2013年、彼がカヴァーしたMGMT「Electric Feel」をノルウェーの人気プロデューサー、KYGOがリミックスしたのが切っ掛けだった。その後もベッドルームから精力的にリリースを続けてきた彼が、待望の1stアルバムがリリースするにあたって本作のテーマに掲げたのは「Shift」、変化ということだ。OTOTOYでは、そんな要注目の一枚をより楽しんでいただくため、ハイレゾ配信を行うとともにレビューを掲載します。 要注目、待望の1stアルバムHenry Green / Shift'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?
by 井上裕樹
【REVIEW】ハイレゾ配信開始! 『からかい上手の高木さん』Music Collection
・2018年04月18日・堤博明が彩る暖かく優しい、からかいの日々 ──『からかい上手の高木さん』Music Collection 2018年1月より3月まで放送され、各メディア、SNSでも話題となった人気テレビアニメ『からかい上手の高木さん』そのオリジナル・サウンド・トラックがOTOTOYでもハイレゾ配信開始! 音楽は『クジラの子らは砂上に歌う』『sin 七つの大罪』等のヒット作を手かげた堤博明が担当。放送が終わってしまい、高木さんロスになってしまっているかたも、改めて作品の魅力を感じたいかたも、本作と共にもう一度あの甘酸っぱいからかいの日々をレヴューと一緒に振り返ってみましょう! (text by 伊達恭平) ハイレゾ音源配信中! 堤博明 / からかい上手の高木さん Music Collection 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) >>>ハイレゾとは?'【配信価格】''単曲400円(税込) / アルバム3500円(税込) 日常とキャラクターの魅力へ寄り添う、「暖かな」楽曲達 「ゲッサン」(小学館)にて好評連載中、コミックス累計400万部突破!! 照れたら負けからかいコメディ! とある
by 伊達 恭平