Maison book girl、最新シングルをハイレゾ配信ーーメンバーおこだわりの「お部屋」を写真とともに公開!

コショージメグミ、矢川葵、井上唯、和田輪による4人組ニューエイジ・ポップ・ユニット、Maison book girlが、メジャー2nd・シングル『412』をリリース。疾走感がありながらも変拍子かつメロディが特徴的なリード曲「rooms」、インディーズ時代の楽曲「last scene」の2017Ver.、コショージメグミによるポエトリー・リーディング曲「a-shi-ta」と、それぞれのインスト楽曲を収録した充実作。OTOTOYでは本作を1週間独占ハイレゾ配信、それを記念し、リード曲「rooms」にちなみ、メンバーそれぞれの部屋で気に入っている場所やこだわりのモノを写真とともに紹介してもらいます。さらにプロデューサー・サクライケンタへのメール・インタヴューも掲載。ブクガの魅力を掘り下げます!!

ブクガの最新シングルを1週間独占ハイレゾ配信

Maison book girl / 412

【配信形態】
24bit/48kHz(ALAC / FLAC / WAV) / AAC
※ファイル形式について
※ハイレゾとは?

【価格】
単曲 540円(税込) / まとめ購入 2,154円(税込)

【トラック・リスト】
1. rooms
2. last scene-2017Ver.-
3. a-shi-ta
4. rooms(instrumental)
5. last scene-2017Ver.- (instrumental)
6. a-shi-ta(instrumental)


Maison book girl / rooms


【『412』発売記念その1】メンバーおこだわり「room」を見せてもらった!

Maison book girlの最新作『412』のリード楽曲「rooms」にちなんで、メンバーそれぞれのお部屋の中で気に入っている場所やものを撮影してもらいました。なぜ、それがお気に入りなのか、メンバーそれぞれの解説とともにお楽しみください!!

コショージメグミのおこだわり


欅坂46の平手友梨奈さんのポスター(左)とエヴァンゲリオン新劇場版のカレンダー(右)です。平手さんのポスターはBRODYという雑誌の特典で日本刀と平手さんの相性が良すぎてお気に入りです。エヴァのカレンダーは2ヶ月ごとに絵柄が変わり今月は真希波・マリ・イラストリアスなのですが、どのキャラクターになってもお隣の平手さんと同じ世界観で形成されてしまうのがとっても好きで、よく眺めています。冬になったらカレンダーの絵柄が綾波レイになるので、綾波さんと平手さんのツーショットがいまから楽しみです(笑)。ということで、この2つを部屋の1番目立つところに置いておくのが私のこだわりです!

矢川葵のおこだわり


私のお部屋のお気に入りはここです! 窓の前に大好きなサンリオ・グッズやカードキャプターさくらの杖などを置いています。自分で買ったものや昔ファンの方にもらったものもあります! 今1番のお気に入りは真ん中にあるサンリオのジオラマで、友人が今年のお誕生日にプレゼントしてくれました! こういうのはハマりだすと全部欲しくなっちゃうから我慢していたのでプレゼントしてもらえてとても嬉しかったです。昔本当にサンリオで販売していたものがミニチュアになっていて、この柄懐かしいなぁ~と思いながら自分で配置を考えるのがとても楽しかったです。最近ものが多くなってきて収納に困ってるのですがサンリオでお買い物するのは一生やめられそうにないです。

井上唯のおこだわり


ここは私の部屋の一角なんですが、最近、100円ショップの書類などを片付けるグッズコーナーで買った収納グッズに、化粧品などを入れてみました。パズルのごとくうまい具合に詰めていって、見事に綺麗に収まりました。綺麗過ぎて眺めちゃうくらい、今家の中で1番整ってる場所です。基本的に仕事のときは化粧道具一式持ち歩いてるので、あまり使うことのない補欠選手やスキンケア用品などを整理した結果、使わないものや古くなったものがどんどん出てきて、いい断捨離になりました。これで心機一転、スッキリしたので、顔面の方もより一層整えていきたいと思います。

和田輪のおこだわり


お風呂セットです。百均で買ったけど部屋のキッチンにサイズが合わなかったシンク用の水切りカゴがしっくりきています。普段はこれを湯船のへりの壁際に置いています。わりと安定しているのだけどシャンプーが減ってくるとバランスを崩しそうになります。マンションに住んでる人お風呂セットどこに置いてるの? シャンプーはいろいろ試したくて無印良品のボトルに詰め替えています。右奥のチューブのトリートメントを使っているのだけどこれのでっかい詰め替え用を見つけたので今度からそれもポンプボトルに入れて使おうと考えています。髪フェチなのでお風呂でヘアケアをしている時間がわりとしあわせです。

【『412』発売記念その2】サクライケンタ、メール・インタヴュー

Maison book girlのプロデューサーであり、その特徴的な楽曲を制作しているサクライケンタにメール・インタヴューを行った。サクライらしい詩的な答えが多いけれど、抽象的なアーティスト写真含め、これがブクガらしさなのかもしれない。『412』を聴くうえで、ほんの少しでも作品理解のきっかけにしていただけたら嬉しい。

サクライケンタ

──以前サクライさんはインタヴューで、「楽曲のイントロから作りはじめていく」とおっしゃっていましたが、今作に収録されている「rooms」は、どのパーツから楽曲を構成していったのでしょう?

サクライケンタ(以下、サクライ) : パーツというよりは、コード進行とメロディをギターを弾きながら、歌いながら、はじめに考え、そのデモもQuickTimeで動画録画(コードやポイジングなど忘れないように動画も撮ります)して、それを見ながらいつもLogicにて制作をはじめます。

──「rooms」は楽曲の途中に無音が入っていることで、聴き手は「あれ?」という戸惑いにも似た感情を一瞬覚えます。どのようにしてこのような手法を思いついたのでしょう?

サクライ : アイディアは海の底の深くで見つけました。

──「last scene(2017Ver.)」は、『bath room』収録の「last scene」の2017Ver.となります。どのような点を変更されたのでしょう?

サクライ : ヴォーカルに関しては旧バージョンの時よりメンバーがスキルアップしたため、以前から録り直しをしたかったこの曲を再録しました。変更点については、ありすぎて書ききれません。聴き比べても楽しいかと思います。音が増えたり減ったり、ミックスから全て新しくなっています。

──『image』制作時、コショージが「それまでよりわかりやすい「希望」を書いてほしい」とサクライさんよりリクエストされたということを伺いました。本作において、なにかコショージに指針となるようなリクエストはしましたか?

サクライ : 秘密です。

──毎回ポエトリー・リーディングを収録することは、サクライさんにとってどのような考えがあってのことなのでしょう?

サクライ : 終わりの景色はなぜいつも美しく感じるのでしょうか?

──サクライさんが制作時、よく聴いていた音楽作品があれば教えてください。また、『412』ひいてはMaison book girlの音楽制作にインスピレーションを与えた作品があれば教えてください。

サクライ : 最近はあまり音楽を聞きません。インスピレーションは2000年の茶色の4階のベランダにありました。

──『412』のレコーディングは、いつ、どこで、どれくらいの期間かけて行われたのでしょう? 歌入れの際、メンバーにリクエストしたことだったり、メンバーから感じとられる変化、印象深いエピソードなどがあれば教えてください。

サクライ : 2017年5月14日と26日の2日間。世田谷区にて。レコーディング中は集中しているので、その時のことはあまり覚えていません。

──ミックス、マスタリングは、どなたが行なっているのでしょう?

サクライ : 釆原史明さんと僕とで、いつも一緒に入念に時間をかけて作業を行っております。作曲よりミックス、マスタリングの方が時間をかけているくらいだと思います。

──アーティスト写真、ジャケット写真など、ビジュアルは毎回抽象的でありミステリアスでもあります。どのようなコンセプトをもってビジュアルの指揮をとっているのか教えてください。

サクライ : 僕の感覚では抽象的とは真逆の非常にリアリティのある物事を写真に収めています。

──2017年5月9日に赤坂BLITZで開催された〈「Solitude HOTEL 3F」〉は、まるでインスタレーションを体感しているようでした。普段の対バンライヴなどでは、時間的にも会場的にも制約がありできない演出だとは思うのですが、サクライさんが思い描く理想のライヴの1つがあのような形だったのでしょうか? ライヴというものに対するサクライさんの考え方を教えていただけたら嬉しいです。

サクライ : とても深い海の底です。

Maison book girlの過去作品もチェック!

Maison book girl / image(24bit/48kHz)

Maison book girlのメジャー1stアルバム。ライヴ定番曲の「faithlessness」や「sin morning」、インディーズ時代の人気曲「blue light」、完全インスト曲、ポエトリー・リーディングなど幅広い楽曲を収録。

>>『image』のレビュー記事はこちら

Maison book girl / bath room(24bit/48kHz)

Maison book girlの待望の1stアルバム。楽曲制作、世界観構築など、全面プロデュースを行っている音楽家・サクライケンタによってプロデュースされた同アルバムは、現代音楽とアイドル・ポップスを融合させた独自の美学に貫かれた作品に。ハイレゾ配信中。

>>Maison book girlへの初インタヴューはこちら

LIVE SCHEDULE

インストア・イベント
2017年7月19日(水)@TSUTAYA IKEBUKURO AKビル店 20:00〜
2017年7月21日(金)@ヴィレッジヴァンガード新渋谷店 19:00〜
2017年7月22日(土)@タワーレコード名古屋近鉄パッセ店 16:00〜
2017年7月23日(日)@タワーレコード渋谷店B1 13:00〜
2017年7月23日(日)@タワーレコード新宿店 18:00〜
2017年7月30日(日)@タワーレコード梅田NU茶屋町店 14:00〜
2017年7月30日(日)@タワーレコード難波店 18:00〜

PROFILE

Maison book girl

2014年11月活動開始、ニューエイジ・ポップ・ユニット。メンバーは矢川葵、井上唯、和田輪、コショージメグミの4名。

音楽家・サクライケンタが楽曲制作、総合プロデュースを行い、音楽のみならず、映画出演、ファッション・ブランドとのコラボレーションなど多岐にわたって活動を展開。2015年9月に初の全国流通作品となる1stアルバム『bath room』を発表、アイドル・ファンのみならず、幅広い音楽ファンから高い評価と支持を得る。同年11月には初のワンマン・ライヴとなる〈solitude hotel 1F〉を渋谷WOMBで開催。12月にはアメリカのオルタナティヴ・ロック・バンド、RINGO DEATHSTARRの東名阪公演にサポート・アクトとして出演。2016年11月に渋谷WWW Xにて行われた2ndワンマン・ライヴのチケットは即日SOLD OUTし、同月『river(cloudy irony)』にてメジャー・デビュー。2017年に4月にメジャー1stアルバム『image』をリリースし、初の全国ツアー(全6カ所、ファイナルは、東京・赤坂BLITZ)を行った。サクライケンタ独自の世界観と四人四色な個性を放つメンバーの化学反応に今後も期待してほしい。

>>オフィシャルサイト
>>Twitter
>>ekoms OnlineShop

o

 
 

インタヴュー

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ
嘘偽りなしのピュア・ハードコア──MILK、待望の1stアルバムを〈KiliKiliVilla〉よりリリース!!
[CLOSEUP]・2017年12月02日・嘘偽りなしのピュア・ハードコア──MILK、待望の1stアルバムを〈KiliKiliVilla〉よりリリース!! 名古屋を中心に活動するハードコア・パンク・バンド、MILK。2014年に〈SummerOfFan〉からリリースの7インチ・シングル『MY E.P.』、2016年に〈Less Than TV〉からリリースしたソノシート『MISFITS E.P.』は発売からあっという間に各地で在庫切れを起こし現在入手困難となる中、待望となっていた1stアルバムをこの度〈KiliKiliVilla〉よりリリース! OTOTOYではアルバムの発売を記念し、バンド単独では初となるインタビューを掲載です! 今の彼らが全て収められた傑作!!MILK / ALL ABOUT MILK'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC 【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''01. OUTPUNK02. better youth03. MINDSET04. My Say05. 2206. WE07. Role08. Have mine09. そこに
【短期連載】どついたるねん、なぜメジャーは彼らと契約したか?──宮本純乃介(キングレコード)と全裸で語り合う
[CLOSEUP]・2017年12月18日・【短期連載】どついたるねん、なぜメジャーは彼らと契約したか?──宮本純乃介(キングレコード)と全裸で語り合う どついたるねんが、12月20日にキングレコードよりメジャー1stシングル『BOY』をリリース。表題曲「BOY」に加え、ZEN-LA-ROCKとメイリン(ZOMBIE-CHANG)がfeat.で参加した「おならぷーぷーセッション feat. ZEN-LA-ROCK, ZOMBIE-CHANG」、親交のある澤部渡(スカート)がバンド・アレンジを施した「街」、同じく親交の深いミツメの代表曲「煙突」をアレンジした「煙突(モクモク remix)」が収録される。リリース当日には渋谷CLUB QUATTROにて完全無料のライヴ開催も行うなど、怒涛の勢いで突き進むどついたるねんの短期連載を3回に渡り掲載する。最終回は、メジャーレコード会社・キングレコード / EVIL LINE RECORDSのレーベル・ヘッド宮本純乃介を迎えインタヴューを敢行。なぜ、どついたるねんをメジャーで契約したかに居酒屋で迫った。 メジャー1stシングルは12月20日リリース!!どついたるねん / BOY'【収録曲】''1. BOY2.
by 西澤 裕郎
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事