ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る

〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。


ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信

Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)

【Track List】
01. Sun To Solar
02. Jelly
03. Koinos
04. Arschkriecher
05. Moontalk
06. Nicht Ohne Risiko
07. Who Won?
08. Like an L
09. Syzygy
10. Do U Ever Happen
11. Buh-bye

【配信形態 / 価格】
WAV / ALAC / FLAC(24bit/44.1kHz ) 、AAC
単曲 288円(税込) / アルバムまとめ購入 2,571円(税込)

INTERVIEW : Laurel Halo


ここ最近の〈Hyperdub〉がリリースするものは、例えば初期のブリアルのような大きな話題となる作品は少ないが、それでも印象に残るような、ともかくピリっとした良作を出し続けている。このレーベルを紹介するのに、もはやポスト・ダブステップだとか、そんなレーベルを矮小化するような表現をする人はもはや皆無かと思うが、レーベル初期に比べカテゴリーの難しい音楽性になってきてるというのはあるかもしれない。それでもレーベルは電子音楽を中心に自由な表現の作品をクオリティ高くリリースし続けている。さて、名門〈Honest's Jon〉からのエクスペリメンタル・テクノの傑作アルバム『In Situ』に続いて、〈Hyperdub〉の看板のひとり、ローレル・ヘイローがリリースしたアルバム『Dust』もそんなレーベルの勢いを感じさせる作品だ。いや、なにより彼女の才能豊かなセンスをこれでもかと見せつけた作品だというのを先に言った方がよかったか。前々作『CHANCE OF RAIN』と前作『In Situ』はストイックなテクノを展開し高い評価を受けたが、その才能は、本作では全く別の存在感を指し示している。エレクトロ・ポップ、アンビエント、フリー・ジャズ、電子音響、つかみどころのない音楽の自由な冒険をさらっとライトに、そしてポップにやってのけている。彼女は実験音楽ともエレクトロ・ポップとも平等に軽やかに戯れる──そんな感覚が作品を覆っている。ということで、貴重な彼女のインタヴューをどうぞ!

文 & 質問作成 : 河村祐介
写真 : Phillip Aumann

デジタルとオーガニックの関係性で遊んでみたりしたの

──前々作『CHANCE OF RAIN』と『In Situ』はテクノでコールドな作品でした、今回は歌物などもありポップな要素もあります、このあたりのサウンドの変化や感覚はどこからきたものなんでしょうか?

今回は歌詞を使いたいと思ったから、それが変化に影響したんだと思う。人と繋がりたいと思ったし、地球や大地から響いてくるようなアルバムを作りたかったの。 歌詞を使うことが音楽を形成する要素になったわ。アコースティック・サウンドを人工的に響かせたり、その逆を試みたり。デジタルとオーガニックの関係性で遊んでみたりしたの。

──歌という意味では、テクノの色の強い前2作よりも、 『Quarantine』と関連性を感じるのですが

どちらにもヴォーカルが入っているから、関連性はあるわね。でも『DUST』の方がよりリラックスした感じの作品だと思う。完全に孤立した状態で作られたわけじゃないわ。

──『DUST』というアルバム・タイトルはなにを意味するんでしょうか?

私にとって「DUST (塵・ホコリ)」は、 非永久的な意味がある。あとは、地球や大地との繋がりとか。それから、払い退けるとか掃除するという行為。自分の上に積もった様々な層と向き合い、その層がどのようなものか受け入れる。ホコリには特定の場所や原点がない。でも一方で、誰かを追い抜くという「Eating one’s dust (後塵を拝する)」という表現もあるでしょ。暑くて乾燥した所で車に乗っていて、前の車がスピードを出したから、タイヤからホコリが舞って自分の前に砂埃が舞うということ。それから、「Once the dust has settled(物事が落ち着いた)」という表現に使われているdustにはかなりの重みがあり、変化の過程、生成の過程、解決への過程を意味している。

──本作は「Jelly」や「Dust」のようなソング・ライティングのある種の丁寧な構成とともに、フリー・ジャズ的な「Arschkriecher」であるとか、これまであなたが試みてきた電子音楽の即興的な要素などがスリリングに絡んできています。このふたつの要素の共存というのが、サウンドの狙いとしてあったんでしょうか?

アルバムは意図的にこのような流れにしたの。


──今回、Kleinなど多くのゲストが参加しています。ゲストを招いて音楽を作ろうと思ったきっかけはあったんでしょうか?

彼らの音楽を尊敬しているからよ。

──特にLafawndahとEli Keszlerが制作の終盤でアルバムに大きく関わったようですが、彼らはどのように本作に関わっていったんですか?

2015年の初めにレジデントを2週間やっていて、彼らをレコーディングのためにこっちに呼んだの。当時は2人ともニューヨークシティに住んでいたから、ここまでは電車で数時間しかかからなかった。Lafawndahと私は即興をして一緒に演奏した。Eliはパーカッションのパターンを自由に演奏して、私が機材を使ってそれをサンプリングした。Lafawndahはヴォーカルを歌うためにこっちに何日か来てくれたけど、彼女はコーチみたいな役割もしてくれたわ。彼女はパワフルな人で、私が普段やり慣れている、心地よい領域を超えて、新しいことに挑戦するように後押ししてくれたの。

──特にEli Keszlerのパーカションは本作でとても重要な意味をもっているような気がしますがどうでしょうか?

そうね。私も、彼のサウンドとスタイルが大好きなの。だから今回、一緒に演奏できる機会があって嬉しかったわ。

──ご自身のヴォーカルとKleinのような他のアーティストにヴォーカルをお願いしている曲は、あなたのなかで大きな違いはありますか?

違いはあるわ。ヴォーカルが1人以上だと会話のようになるの。私は、「シンガー・ソングライターが善意の主人公」という概念を取り壊したいと思っているの。だって、たくさんの観点が同時に存在しているはずだから。

──今回のゲスト陣で一緒に仕事をしていて特に印象に残っているアーティストは?

みんな印象に残っているけど、Michael Salu、Craig Clouse (Shit and Shine)とDiamond Terrifierがすごく良かった。

母国語でない言語が使われている曲がすごく好きなの

──日本のファンとしては、やはり「Moontalk」に驚くのですが、とはいえ日本語としてもわりと抽象的で、辛辣な言葉と感謝の言葉が並列されていたり皮肉も聞こえたりします。あの曲はなぜ日本語をフィーチャーしようとしたのですか?

母国語でない言語が使われている曲がすごく好きなの。期待を打ち砕いてくれるから。リスナーにとっては、曲の意味という戒めから解放されるという点もあるわ。リスナーは、単語をいちいち調べるか、適当に流して聴くかしかできないでしょ。それにしても、私の発音が聞き取れたなんて驚きだわ。

──なんのことを歌っているのでしょうか?

特にこれという意味はないの。勝利の喜びや夢が一連の流れになっているような感じ。

──アルバムのなかでひときわこの曲はポップですよね?

そうね、アルバムの中で一番ポップな曲だと思う。

──日本語の先生は誰ですか?

友人で協力者のマツトウヤ・マリよ。でも、あまり日本語はちゃんと学ばなかったの。彼女が「Congratulations(おめでとう)」の翻訳を幾つか教えてくれて、そのあとに、私が色々な表現をいくつも調べたの。深い表現(「物の哀れ」)とか軽いもの(「バカじゃないの?」「いい天気ですね」)とか。

──日本語の響きはどう思う?

最も美しい言語だと思う。私の発音は曲中ずっと酷いのが悲しいけど、歌詞も特に意味があるわけじゃないから、まだ救われたかな。

──ジュリアン・フォルターの起用はどのような経緯で?

ジュリアと私は大学の友達なの。「Do U Ever Happen」でチェロを弾いてもらったわ。

──楽曲を作る際に、例えば世界状況や身の回りのことなど、自分の外部の音楽以外の状況があなたの音楽に影響を与えることはありますか?

もちろんよ。真空状態で音楽制作をするなんて不可能だもの。音楽は人生の現状を反映できるものだし、反映させるべきだと思う。このアルバムを聴いて、リスナーのみんなにも、私が感じたような、癒しや生成・過程の感覚や、問題を消化して乗り越える方法を見出す感覚を、同じように感じてくれたらうれしい。

RECOMMEND


KLEIN / Only

『DUST』にも参加で話題に。ナイジェリアにルーツを持つシンガーのクライン。ポスト・アルカ・ジェネレーションのR&Bとも言うべき、アヴァン・エレクトロニクスとR&Bの奇怪な蜜月。

Julia Holter / Have You In My Wilderness

LAのシンガー・ソングライター、『DUST』に参加のジュリアン・フォルター。ポスト・クラシカル的な音像と彼女の伸びやかなサウンドが空気へと溶けていく。

LAUREL HALO / In Situ

シャックルトンやモーリッツ・フォン・オズワルドなどをリリースする〈オネスト・ジョンズ〉とかリリースされたアヴァンなピュア・テクノ。

LAUREL HALO / CHANCE OF RAIN

エレポップ〜電子音響的な世界観から一変し、ストレートにテクノを突き詰めた作品。

PROFILE

Laurel Halo

2010年代初頭、アヴァン・エレクトロ二クス〜インダストリアル系のNYのレーベル〈Rvng Intl.〉やLAの〈Hippos In Tanks〉などからのリリースから、〈Hyperdub〉と契約、2012年に『Quarantine』をリリースする。エレクポップやアファン・エレクトロニクスを行き来する音楽性、そして会田誠の『切腹女子高生』をアートワークに使用したことも話題となり高い評価を受けた。その後、〈Hyperdub〉からの2013年のアルバム『Chance Of Rain』では一転して、ストイックなテクノ・スタイルへと変貌をとげ、さらには2015年に〈Honest Jon's〉からリリースした『In Situ』はさらにディープにテクノを追求したスタイルでさらなる高い評価を受けた。

Laurel Halo アーティストページ

o

 
 

インタヴュー

Summer Rocket、待望の1stアルバムを期間限定フリー配信&メンバー全員インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年12月14日・新メンバーとともに7人のサマロケを作っていきたいーーSummer Rocket、1stアルバムを期間限定フリー配信 永原真夏&工藤歩里が楽曲プロデュースを務める、永遠の夏を歌うアイドル・グループ、Summer Rocketが待望の1stアルバムを完成させた。これまでにリリースされてきた4枚のシングルを再レコーディング、リマスタリングした楽曲に加え、初音源化となる「太陽のアリア」「ロードスター逃飛行」を収録した全10曲。発売日の12月25日に先駆け、OTOTOYでは同アルバムのmp3版を無料配信!! そしてメンバー4人へのインタヴューを実施。12月17日(日)には新宿LOFTにて3rdワンマン・ライヴ〈さよならセカイ〉を開催し、新メンバー3人を迎えることも決まっている激動のサマロケ・メンバーが何を考え活動しているのかに迫った。今のサマロケに注目してほしい!! サマーロケット、待望の1stアルバムを期間限定フリー配信!!Summer Rocket / Summer Rocket(期間限定フリーパッケージ)【配信形態】mp3【配信価格】まとめ 0円(税込) 【Track List】1. 太陽のアリア2. Sum
by 西澤 裕郎
オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース
・2017年12月13日・オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』をリリース 邦楽インディーズ / シューゲイザー・シーンで確かな足跡を残し、日本だけでなく海外にもその活躍の場を広げてきたCAUCUS。そんな彼らから4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』が届いた。制作期間中の3年半、ライヴも行わず、スタジオでのアルバムの制作に没頭したという。その結果これまでになく濃密な色彩と、繊密な構成が光る楽曲が並ぶ作品になった。OTOTOYでは11月15日にリリースしたLP盤の音源を『Sound of the Air (High DR Master)』としてハイレゾ配信開始! そこから「Shy Girl」を期間限定のフリー配信でお届け。CD版となる『Sound of the Air』もこのタイミングで配信開始しております! 4年ぶりの“復帰作”をぜひインタヴューとともにお楽しみ下さい。 まずはこちらを聴いてみて! 期間限定フリー配信! CAUCUS / Shy Girl (High DR Master)(期間限定フリー配信)'【配信形態】ALAC、
by 岡本 貴之
細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
【短期連載】いつ解散してもおかしくない緊張感とバンドを続けていく矛盾、どついたるねん、梁井一&岩淵弘樹対談
[CLOSEUP]・2017年12月08日・【短期連載】いつ解散してもおかしくない緊張感とバンドを続けていく矛盾、どついたるねん、梁井一&岩淵弘樹対談 どついたるねんが、12月20日にキングレコードよりメジャー1stシングル『BOY』をリリースする。表題曲「BOY」に加え、ZEN-LA-ROCKとメイリン(ZOMBIE-CHANG)がfeat.で参加した「おならぷーぷーセッション feat. ZEN-LA-ROCK, ZOMBIE-CHANG」、親交のある澤部渡(スカート)がバンド・アレンジを施した「街」、同じく親交の深いミツメの代表曲「煙突」をアレンジした「煙突(モクモク remix)」が収録される。リリース当日には渋谷CLUB QUATTRO にて完全無料のライヴ開催も予定するなど、怒涛の勢いで突き進むどついたるねんの短期連載を3回に渡り掲載する。2回目は、どついたるねんの映像を撮り続けている梁井一と岩淵弘樹をお迎えしインタヴューを敢行。バンドとはなんなのか、そしてメンバーの脱退について彼らだから語れる話を訊いた。 メジャー1stシングルは12月20日リリース!!どついたるねん / BOY'【収録曲】''1. BOY2. おならぷーぷーセッショ
by 西澤 裕郎
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
筆者について
同じ筆者による他の記事