ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第6回

鈴木真海子 from chelmico

暑い! 暑い! 暑い! 最近の東京はジメジメと暑く、いよいよ夏本番がすぐそこに来てるという感じですが、いかかがお過ごしでしょうか? この斎井直史による定期連載「パンチ・ライン of The Month」も6回目ということで掲載から半年! これからも細く長く続けていければと思っております! さて、先月は「#超WAVYでごめんね」というキラー・フレーズが話題を呼んでるJP THE WAVY(例の楽曲、SALUもリミックスしてましたね)と、先月待望の初来日を果たしたDC出身のラッパーGoldlinkを取り上げましたが、今月はすでにやってきているうだるような暑さも忘れられるような気持ちいいアルバム3枚をピックアップしてるみたいですよ!(2ヶ月ぶり、今月はOTOTOYでも配信があるぞ!)

第6回 気持ちのいい夏の始まりのイメトレに適した3枚

ちょっと買い物に外を出た瞬間、ワクワクするような夏の空を不意に見つけて胸が高ま…りたい。

海へ向かう車内で曲を流し、「これ最高だよなぁ〜」なんて友達に言わ…せたい。

そんな気持ちのいい夏の始まりを実現させたい人に、イメトレに適したニュー・アルバムを3枚を紹介します。

まず1枚目。Alfred Beach SandalとSTUTSによるミニ・アルバム『ABS+STUTS』です。昨年ファースト・アルバム『Pushin'』をリリースしたSTUTSが、同作収録の「Sail Away」で客演に招いたAlfred Beach Sandalとミニ・アルバムを1枚を完成させました。Alfred Beach Sandalの透明な声と、シティ・ポップへと踏み出したSTUTSが、まるで永年活動を共にしてきユニットのような一体感を産み出しています。聴いていて静かに心を躍らせてくれる、クールでオシャレな1枚ですが、ちょっと個人的に暑苦しく語りたい余談がありまして…。ごめん、導入と違う感じで。

彼が愛用するサンプラーは言わずと知れた歴史的名機、AKAIのMPCなのですが、今作『ABS+STUTS』ではMPCプレイヤーとしての快挙だと思うのです。というのも、MPCというのは使う者の感性を縛る側面もあるのではないか、と自分は思うんですね。

MPCシリーズはヒップホップにおいて名曲及び名プロデユーサーを、現在も産みつづけています。だからこそ、MPCにはユーザーの音楽を運命付けてしまう強い引力がある。数あるサンプラーの中MPCを選ぶ時点で、確実にその人はヒップホップの誰かに憧れてますから。また、過去の功績だけでなく、一度使ってみれば出る音の独特な太さ、ひいてはそのパッドの弾力性豊かな感触や、機材の面構えまで、ハード面もヒップホップなんです。


Alfred Beach Sandal + STUTS - Horizon 【Official Music Video】

しかしながら、同時にサンプラーは自由度が高い機材として語られます。音を取り込み、それを切り分けパッドに当て、自分のリズムで叩いて演奏をする…「これはピアノやドラムと同じ楽器である」という触れ込みをを何度見たことか。その高い自由度と共に、使う者をヒップホップへと引き寄せてしまう引力を持つMPC。その引力から一歩外へ踏み出したのが『Pushin'』であり、『ABS+STUTS』では完全にその引力の外へ踏み出しました。おそらく、Alfred Beach Sandalとの相性も大きなブーストとなったのでしょう。

筆者にとって『Pushin'』より前のSTUTSビートというと、ドラムが太く、跳ねていて、その背後に数多のレコード・ストックをイメージさせながらも"玄人向け"な印象を全く与えないものでした。彼の人柄も同様で、クラブとは無関係な生活を送っていそうな好青年です。今から思えば、そのバランス感性がヒップホップの枠を出てポップなサウンドを志す事は、必然だったのかもしれません。

左より、STUTS、Alfred Beach Sandal

横道に逸れましたが、MPCプレイヤー・STUTSがヒップホップを出た偉大なる第一歩として聴くと、ちょっと熱い気持ちがこみ上げてきてしまうのでした。そんな事を知らなくたって夏をスムースにスタートさせてくれる涼しい1枚です!

次! 2枚目は待望のアルバム・リリースとなる神奈川を拠点とするヒップホップ・グループ、CBSから『Classic Brown Sound』です。彼らは2013年にBandcampで公開した『ピスタチオEP』が好評を得、その後もコンスタントにweb上で楽曲をリリースするも、今作が遂に初CDリリースです。

温かみがあるドラムと、まったりとしたメロディ。そんなレイド・バックしたビートと来れば次に続く言葉は"スモーキーな"とか"真っ黒な"といった形容詞がよくあるヒップホップですよね。だけど、CBSはここが大きく違う。どことなく小綺麗で、耳にスッと入ってくる。おそらく本人たちは小綺麗さなど全く意識してないだろうが、インディーのラップにありがちなイナタさがゼロ。かといってネットで磨き上げたスキル感もゼロ。恐らくは、皆で集まったらドラムを叩き、掘ってきたレコードを持ち寄ってビートを組み、それにギターを弾いたりしてたら釣りに行きたくなっちゃったのでラップは来週の宿題で…なんていう緩い日常が見えてきそうな作品です。

CBS

筆者は学生時代からの友人なんですが、あながち間違ってないはず(笑)。皆で遠出する道中のような高揚感が伝わってくる「Navigate」や、友達が集まる場所へ向かう気持ちを表した「Good Times」など、男だけでキャッキャウフフしている感じが微笑ましい! またビデオになっている「WAVEY」も、動画とCDでは違い、ある名曲がサンプリングされていて、こっちの方が好みの人も多いはず。基本、友達を含めた自分達の日常をテーマにした曲が多く、ビッチだのマニーだの、刺激的な流行に疲れた人の耳に安らぎを与えてくれます。だが、こちらは残念ながら配信はありません…ごめんね!


CBS & Chicken Is Nice - WAVEY

3枚目はchelmicoの鈴木真海子がリリースしたソロ・アルバム『Deep green』です。まずchelmicoの説明を急ぎ足ですると、ミスiDを受賞したRachelがモデル友達の鈴木真海子を誘って出来たラップ・デュオです。ミスiD自体を知らないヘッズも居ると思いますが、講談社のアイドル・オーディションらしく、そのステージに立つ2人とあればルックス抜群なわけですよ。chelmicoはそんな女の子によるラップのイメージを、どストレートで行ってるサウンド。ポップでキラキラしていて、ラップのテーマもちょっとお茶目です。

しかし、鈴木真海子ソロ『Deep green』は、chelmicoのサウンドの真逆。 例えるなら、chelmicoが街中でライブをしてたら、その人混みを避ける男のイヤフォンから流れてそうな音楽。音の曇りが少し残ったローファイなヒップホップ。ジャジーだけどメロウすぎず、最低限の音で構成されており、そのミニマルさが心地が良い。プロデュースは上のCBSで紹介したPistachio Studioのメンバーで固まってるんですね。まず、ビートメイクだけでなく楽器も一通り弾くことができるワンマン・バンド、ryo takahashi。そして多くのラッパーにビートを提供しながら、自らも温かみのあるブーン・バップなサウンドを追求しつづけているHAYASHI TOSHIKI(%C)。CBSを初期からDJとして支えてきたsuppleがヘッズ向きなビートを提供しています。

一方、ラップだけを聴いてみても相方Rachelの恋バナから発想を得て歌詞を書いた「Contact」や、Rachelとお互いの信頼関係を赤裸々に語る「Lily」など、中々男にはできない芸当ともいえるテーマ設定をしています。この、"女子ウケを狙ってない男のビート"×"キラキラした女子の赤裸々な世界観"の組み合わせが、意外に合うんですね。女性ならではの優しい声とフロウが、静かで柔らかいビートにとても良くマッチします。


Blue / 鈴木真海子 suzuki mamiko (Prod.TOSHIKI HAYASHI)

以上、3作品に共通する事は涼しいビートと、友人との風景です。またラップに慣れてない人にも、とてもオススメしやすい!これを聴いて今年はどこに遊びにいこうか、考えてみてはいかがでしょーか。では、最後になりましたが、夏の、手が届きそうなある日を妄想させてくれるフレーズを『ABS+STUTS』の1曲から紹介して終わります。


最近なにやってんの ちょっと
最近あいつも何だか暇そうだし
せっかくだから声かけてみようか
別にやる事なくていいじゃん
とりあえず外出てみて集合しようよ
「Daylight Avanue」より

斎井直史

RECOMMEND

STUTS / Pushin’

2016年にSTUTSがリリースしたソロ・デビュー・アルバム。OTOTOYでもロングセラーを記録中!! 待望の1stソロ発売が発表されたPUNPEE参加の名曲「夜を使い果たして」を含む全14曲。

chelmico / chelmico

本文中に登場した鈴木真海子とRachelからなるラップ・デュオ、chelmicoのファースト・アルバム。女の子らしいテーマのリリックとスキルフルなラップのギャップにグッときちゃう1枚。

JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB / OFF THE WALL

現在フェスにライヴに引っ張りだこなABBA DA HUTT FOOTBALL CLUBのセカンド・アルバム。今回紹介した3枚にピンときたらこちらも。発売時の特集記事→https://ototoy.jp/feature/2017031601/

「パンチ・ライン of The Month」バック・ナンバー

第5回 JP THE WAVYとGoldlink
https://ototoy.jp/feature/2017061001/

第4回 SOCKS 「KUTABARE feat.般若」
https://ototoy.jp/feature/2017051101/

第3回 Febb's 7 Remarkable Punchlines
https://ototoy.jp/feature/2017041001/

第2回 JJJ『HIKARI』
https://ototoy.jp/feature/2017031001/

第1回 SuchmosとMigos
https://ototoy.jp/feature/2017021001/

連載「INTERSECTION」バック・ナンバー

Vol.6 哀愁あるラップ、東京下町・北千住のムードメーカーpiz?
https://ototoy.jp/feature/2015090208

Vol.5 千葉県柏市出身の2MCのHIPHOPデュオ、GAMEBOYS
https://ototoy.jp/feature/2015073000

Vol.4 LA在住のフューチャー・ソウルなトラックメイカー、starRo
https://ototoy.jp/feature/20150628

Vol.3 東京の湿っぽい地下室がよく似合う突然変異、ZOMG
https://ototoy.jp/feature/2015022605

Vol.2 ロサンゼルスの新鋭レーベル、Soulection
https://ototoy.jp/feature/2014121306

Vol.1 ガチンコ連載「Intersection」始動!! 第1弾特集アーティストは、MUTA
https://ototoy.jp/feature/20140413

o

 
 

連載

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)
・2018年05月18日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第8回》高橋靖子 INTERVIEW : 高橋靖子(フリー・スタイリスト)忌野清志郎といえば、ステージやテレビ番組、CM出演時のド派手なファッションがすぐに目に浮かぶ。そんな清志郎の衣装スタイリングを手掛けた中のひとりが、今回ご登場いただく高橋靖子さんだ。1960年代からフリーランスで活動をはじめ、日本のスタイリストの草分け的存在として、デヴィッド・ボウイら数々のロック・アーティストのステージ衣装のスタイリングを手掛けてきた“ヤッコさん”こと高橋さんから見た普段の忌野清志郎は、とてもシャイで純粋な人物だったようだ。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys 清志郎さんはとてもシャイな方でした──高橋さんはみなさんに「ヤッコさん」と呼ばれていらっしゃるそうですが、私たちもヤッコさんと呼ばせていただいていいですか? 高橋 : もちろんです、そうしてもらった方がうれしい(笑)。 ──ありがとうございます! では最初にご紹介させていただきますが、ヤッコさんは
by 岡本 貴之
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode51 モモコグミカンパニー「これからはメンバー1人ひとりが自分で頑張らなきゃいけない」
[BISH]・2018年05月16日・【BiSH】Epsode51 モモコグミカンパニー「これからはメンバー1人ひとりが自分で頑張らなきゃいけない」 2017年11月に発売したメジャー2ndアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』がオリコン・デイリーチャート1位獲得、大阪 / 東京でのゲリラ・ライヴの開催、ミュージックステーションへの初登場など、大きな話題になっている"楽器を持たないパンクバンド”BiSH。現在、全国12ヶ所16公演で開催される〈BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR〉を巡っており、5月22日には自身最大規模となる横浜アリーナでの単独ワンマン公演〈BiSH "TO THE END"〉を開催する彼女たちが3月28日にメジャー3rdシングル『PAiNT it BLACK』をリリース。OTOTOYでは、7周目となるメンバー個別インタヴューを敢行。第6回は、モモコグミカンパニーの声をお届け。 BiSHのメジャー3rdシングルをハイレゾ配信中BiSH / PAiNT it BLACK'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 700円【Track Lis
by JJ
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第16回
[CLOSEUP]・2018年05月15日・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第16回──“Type Beat”文化について GWもあけ、5月も半ば! 第16回目となる「パンチライン・オブ・ザ・マンス」今月もいきますよ! 先月は初の映画特集ということで、神奈川県大和市を舞台にした映画『大和(カリフォルニア)』をピックアップしました。今月は、日本ではまだあまり耳慣れない“Type Beat”という文化を紹介します。いつもより内容濃いめでお届けです! >>先月号、第15回はこちら 第16回 “Type Beat”文化について ちょっと今回は変則的な導入から。時々YouTube等で“Type Beat”とタイトルに入った動画を見かけませんか。 これらの楽曲はお金を払い、使用の際には製作者のクレジットを明記すれば、曲中の音のタグを抜いたデータが使用できます。大抵は学生でも手が届く値段なので、若いアーティストを中心にこうした“Type Beat”文化は急速に広まりました。事実として“Type Beat”から生まれたヒットは多く、Desiigner「Panda」は元々「Meek Mill—Ace Hood “Type Beat”」として
by 斎井 直史
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode50 リンリン「横アリでのライヴは数年経ってもすぐ思い浮かべられるような1日にしたい」
[BISH]・2018年05月04日・【BiSH】Epsode50 リンリン「横アリでのライヴは数年経ってもすぐ思い浮かべられるような1日にしたい」 2017年11月に発売したメジャー2ndアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』がオリコン・デイリーチャート1位獲得、大阪 / 東京でのゲリラ・ライヴの開催、ミュージックステーションへの初登場など、大きな話題になっている"楽器を持たないパンクバンド”BiSH。現在、全国12ヶ所16公演で開催される〈BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR〉を巡っており、5月22日には自身最大規模となる横浜アリーナでの単独ワンマン公演〈BiSH "TO THE END"〉を開催する彼女たちが3月28日にメジャー3rdシングル『PAiNT it BLACK』をリリース。OTOTOYでは、7周目となるメンバー個別インタヴューを敢行。第5回は、リンリンの声をお届け。 BiSHのメジャー3rdシングルをハイレゾ配信中BiSH / PAiNT it BLACK'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 700円【Track List】''1.
by JJ
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)
・2018年05月02日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと) INTERVIEW : のん(女優 創作あーちすと) 連載第7回にご登場いただくのは、女優 創作あーちすと、として大活躍中の「のん」。2017年に音楽レーベル〈KAIWA(RE)CORD〉を立ち上げ、8月6日に開催された〈WORLD HAPPINESS 2017〉に出演したことを皮切りに音楽活動を本格させてきた彼女が、2018年5月9日(水)に待望の1stアルバム『スーパーヒーローズ』を発表する。そのリード曲として5月2日(水)にアナログ・配信限定で先行リリースされるのが「わたしはベイベー」だ。矢野顕子作詞・作曲により生まれた同曲のモチーフはズバリ、「忌野清志郎」。かねてから清志郎ファンとして知られ、この連載のタイトルでもあるRCサクセションの楽曲「I LIKE YOU」をカヴァーしているのんに、清志郎の魅力を語ってもらった。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys アルバムからリード曲を先行配信中 のん /
by 岡本 貴之
【連載】sora tob sakanaメンバー間インタヴュー 第3回 寺口夏花が神﨑風花に訊く
[POWERPUSH]・2018年05月02日・【連載】sora tob sakanaメンバー間インタヴュー 第4回 神﨑風花が山崎愛に訊く 神﨑風花、山崎愛、寺口夏花、風間玲マライカによる4人組アイドル・ユニット、sora tob sakana。メジャー1stEP『alight ep』のリリース日、5月16日(水)まであと2週間となった本日5月2日に、EPから2曲を通常・ハイレゾ音質ともに先行配信がスタート。OTOTOYではこの先行配信に加え、sora tob sakanaの世界を知るにはかかせない旧譜4タイトルを5月31日までの期間限定で30%オフでお求めいただけます。 そして、メンバー間インタヴューの4回目は神﨑風花が山崎愛にインタヴューしました。好きな食べ物、とある外国のこと、そしてグループのことまで縦横無尽なふたりの会話をお楽しみください。 M1.M2の2曲を先行配信中!sora tob sakana / alight ep 【収録曲】 M1. Lightpool (先行配信中) M2. 鋭角な日常 (先行配信中) M3. 秘密 M4. Brand New Blue M5. 蜃気楼の国 M6. Lighthouse 【配信形態】24bit/48
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ
・2018年04月20日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》山本キヨシ INTERVIEW : 山本キヨシ(アムリタ・カスタム・ギターズ 店長)1980年代後半、日本のロック界で確固たる地位を築いていたRCサクセション、忌野清志郎。その存在に憧れて音楽業界へと足を踏み入れた者も多かった。今回ご登場いただく山本キヨシさんも、そのひとりだ。現在は渋谷でカスタム・ギター・ショップ「アムリタ・カスタム・ギターズ」の店長を務めつつ、数々のライヴにも携わっている山本さんは、楽器担当スタッフとして忌野清志郎のライヴ、レコーディングには欠かせない存在であり、清志郎のステージのハイライトであった「マントショー」でも活躍したことで知られている。晩年まで最も清志郎の近くにいた人物の1人である彼が語る数々のエピソードからは、音楽家としても人間としても魅力的な忌野清志郎の姿が見えてくる。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys ※文中、作品の括弧内はオリジナル発売日 みんなに対してフラットだったというか、そういう部分が最高に
by 岡本 貴之
連載『D.A.N.の新譜放談』第5回:祝、2ndアルバム・リリース決定!
[D.A.N.]・2018年05月11日・帰ってきた『D.A.N.の新譜放談』第5回 : 2ndアルバム・リリース決定! 2017年後半から2018年の動きをゆるっと ということでひさびさになってしまいましたが、あーだこーだ新譜を聴きながらしゃべるD.A.N.の、音楽しゃべり場な連載『D.A.N.の新譜放談』が帰ってきました! と、なんと本日5月11日に記念すべき2ndアルバム『Sonatine』の7月18日のリリースが発表されました。一足お先に聴かせていただいたんですが、これがまたね〜すごい作品になっておりますよ〜。ということで、今回はほんの少し前、そんな2ndアルバム制作中に取材したインタヴュー&ちょっと新譜放談を公開です。2017年の後半を振り返りつつなインタヴューになりました。先行シングルとなる『Chance』も配信中ですぞ〜。また、リリース日にあたる7月18日には〈WWWX〉でD.A.N.の自主企画〈Timeless #3〉の開催も決定! さらには去年に引き続きのUKツアー、さらには中国などのツアーも。あ、忘れてはなりません、本日から国内のツアーも京都から開始です。もうどうなっちゃうのあなたたち! 『Chance / Replica』ハ
by 河村 祐介
筆者について
斎井 直史 (斎井 直史)

音楽業界をおもしろくしようとOTOTOYに詰め寄ったところ、今では色々調教されて悦んでいる。大学生活をキック・ボクシングに投げ打った反動で、今、文科系男子への衝動がと・ま・ら・な・い!ヒップホップが好きです。ニュートラルに音楽を捉えて、「一般ピープル視点を失いたくない!」と思ってる一般ピープル。