シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉。数多くの応募を勝ち抜き選ばれたのは、unizzz…、ペドラザ、東京塩麹という実力者3バンド。合格者はCD、レコードのWリリースが約束されており、6月から8月まで3ヶ月連続で音源が全国流通される。OTOTOYでも順次配信をスタート、各バンドへのインタヴューを掲載していく。

第2回となる今回は、都内を中心に活動するオルタナ・ロックのニューカマー、ペドラザ編です! くるりやナンバーガール、Oasis、Pavement、Rage Against the Machine等への憧れを詰め込めるだけ詰め込み、グッドミュージックとして昇華する彼ら。「シティポップの息の根を止めるべく結成された」という彼らは一体何者?! というとでペドラザへのインタヴューを敢行。OTOTOYでは、彼ら曰く今までのベスト盤的なアルバムに位置付けられるという『アイホープ アイシンク アイノウ』を1週間先行リリース。さらにリード曲「幽体離脱」を期間限定で1週間フリー配信! このインタヴューを読んで気になった方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

オーディション合格者、第2段リリース!


ペドラザ / アイホープ アイシンク アイノウ

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC
>>>ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 205円(税込) / アルバム 1,697円(税込)

【収録曲】
1. 無題
2. 幽体離脱
3. タウンワーク
4. リブフォーエバー
5. 空気
6. 大器晩成
7. ウィンターキルズミー
8. フィクション
9. 不安を煽る
10. 17
11. アイホープ アイシンク アイノウ
12. サマーエンズ


ペドラザ『アイホープ アイシンク アイノウ』Trailer


リード曲を期間限定フリー配信!


ペドラザ / 幽体離脱

【配信形態】mp3
【配信価格】単曲 0円(税込)

【収録曲】
1. 幽体離脱

※2017年6月28日(水)から7月5日(水)までの期間限定になります。


ペドラザ/幽体離脱


INTERVIEW : ペドラザ

アダチサマーソニック(Gt / Vo)、ぬちんちん(Dr)、シホちゃん(Ba)、吉水アンリ(Gt)。なんだその名前? いったいこの人たち何者!? と思わざるをえないバンド、ペドラザ。初の全国流通盤・配信となる『アイホープ アイシンク アイノウ』を聴くと、オルタナティヴ、ノイズ、シューゲイザー、ヒップホップ、ファンク、色んな要素を飲み込んだ音にますます謎が深まるばかり… かと思いきや、その着地点は明確に歌を主役にしたポップ・ソングとなっている。至って不器用そうに、だけど心から音楽を楽しんでるかのように見える彼らの内に秘めた“なにか熱いモノ”を探るべく初インタヴューを行った。

インタヴュー&文 : 岡本貴之
写真 : 大橋祐希

轟音を出し合っていてウマが合うなって

左から、ぬちんちん(Dr)、アダチサマーソニック(Gt / Vo)、シホちゃん(Ba)、吉水アンリ(Gt)

──まずは自己紹介をお願いします!

アダチサマーソニック(Gt / Vo)(以下、アダチ) : ギター・ヴォーカルのアダチサマーソニックです。サマーソニックと付けたのは縁起が良いからです。お祭り感というか。フジロックの方が好きですけど(笑)。

ぬちんちん(Dr) : ドラムの、ぬちんちんです。

──ぬちん… なんて呼んだら良いですか?

ぬちんちん : あ、「中島」でいいですよ。

──(笑)。わかりました。

吉水アンリ(Gt)(以下、吉水) : ギターの吉水アンリです。アンリは本名です。カタカナで書いているだけで。

シホちゃん(Ba)(以下、シホちゃん) : ベースのシホちゃんです。本名はクリハラタツヒコと申します。Twitterとかで女のふりをしていたことがあって。芸名みたいなものを付けるときにちょっと変な方が良いかなと思って、シホちゃんと名乗っています。

──すでに変わったバンド感がビンビン伝わってきますけど、どうやって集まった4人なんですか?

アダチサマーソニック(Gt / Vo)

アダチ : 僕が長野県の大学に通っていて、そのときにバンドがやりたくなって、高校生だったぬちんちんをライヴハウスの人から紹介してもらって。

ぬちんちん : 僕は実家が長野県の松本で、アダチが通っていた大学のすぐ隣の高校に通っていたんです。

アダチ : 最初に音を出したときに僕は2時間ずっとファズを踏んで、轟音を出し合っていたんですけど(笑)、ウマが合うなって。

──どんな音楽をやりたかったんですか?

ぬちんちん : 俺が高校生のときはずっとメタルをやっていて。その前はナンバーガールとかも一応聴いていたので、バンドやるんだったら日本語ロックだろうなって。

アダチ : 僕も日本語のオリジナル・バンドをやっていきたいとは思っていたので、方向性がちょっと近いので一緒にやり出した感じです。それでできたのが前身の「お前の先祖」というバンドで。2012年に僕とぬちんちんは住まいを東京に移したんですけど、都内で活動するようになったけどあまり芳しくなくて。

ぬちんちん : メンバーがいきなり実家に帰るとか言い出したりして。

アダチ : メンバーが抜けて僕とぬちんちんだけになったところで、吉水さんは僕の知り合いのバンドマンに紹介してもらって、シホちゃんはどこからともなくTwitterで連絡を取って来て。

シホちゃん(Ba)

シホちゃん : 吉水をアダチさんに紹介した人のTwitterのアクティビティでアダチさんを見つけて、サウンドクラウドとかを聴いて連絡したんです。それまでバンドはやったことなかったんですけど。

アダチ : 吉水さんと最初にスタジオに入るつもりでいたらクリハラ君(シホちゃん)から連絡があったので、4人でスタジオに入って曲を合わせたら良い感じだったので、そこから活動が始まりました。

──最初からオリジナルをやったんですか。

アダチ : そのときは前身バンドの曲をやりました。今回のアルバムでもいくつか前身バンドの曲が入っていて、7インチ化する「幽体離脱」、「大器晩成」「フィクション」「リブフォーエバー」がそうです。

色々こじらせていたものがまだ残っているんです

──曲はアダチさんが全部書いているんですよね。どうやってバンドで完成させるんですか。

アダチ : 作曲の断片的なところは僕がやっていて、アレンジはバンドでやってます。弾き語りっぽく作ったものをスタジオで広げるときもあれば、スタジオで何の気なしに適当に手癖で弾いたものにみんなが合わせてくれて曲になったり。詞は全部僕が書いてます。

──アダチさんには“こういうメンバーを集めたい"っていう理想があったんでしょうか?

アダチ : デカい音を出す人ですね。音源は聴きやすく、ライヴはデカい音でっていう感じで。

ぬちんちん : CDでは爆音じゃなくても成り立つものになっているから音をデカくしてないというか。

──でもライヴだと爆音になる?

ぬちんちん : ライヴで音がデカくなるのは、原因はそもそも俺にあって。音量の調整があんまりできないんですよ。前身バンドのときはVic-Firthっていうメーカーの「メタル」っていうモデルをずっと使っていたので、音はずっとデカくて。最近になってようやく、音がデカくなくても良いなと思って、いまは普通のサイズにしているんですけど。そしたらシンバルとかもちゃんと良い音で鳴るようになったんですよね。

吉水 : 最初にやったときに、「音デカいな」って思いました。今まで一緒にコピバンとかやってたバンドのドラマーはいったいなんだったんだっていうくらい(笑)。今はスタジオでもドラムに音量を合わせているので、アンプのボリュームは常にフルテンでやってます。

吉水アンリ(Gt)

シホちゃん : いや、盛ってるでしょ(笑)。

吉水 : …… ちょっと盛りました。

一同 : (笑)。

──吉水さんはどんな音楽が好きなんですか?

吉水 : ギターを始めたきっかけは、70年代フォークとかでした。しばらくして日本語ロックのバンドを聴いてバンドをやってみたいなと思ったんです。

──シホちゃんはどんな音楽志向なんでしょうか。

シホちゃん : 僕はジャミロクワイとかが好きです。あんまりロックとか通ってないんですよ、じつは。ファンクとかフュージョンっぽいのが好きですね。大学でもジャズ研に入ってました。

アダチ : 全員が共通して好きなものってないですね。

ぬちんちん : ちょっとずつかぶってる部分がそれぞれにある感じです。

吉水 : 円が重なって濃くなっている部分というか。

──その“濃くなっている部分"がこのアルバムの曲になっているということですね。

アダチ : 幅があるようなところは、そういうところが元になっているかもしれないです。みんながみんな同じ音楽を好きだったら、もうちょっと統一感のあるアルバムになってたかもしれないですけど。ぬちんちんなんてメタル小僧だったのに今ヒップホップとか聴くもんね?

ぬちんちん : ヒップホップばっかり聴いてる(笑)。メタルをコピーしていたときもそうだったんですけど、結局、ビートが面白くないと聴けなくて。ヒップホップとかは、ラッパーのフロウがビートに対してどう当てはまっているかみたいなものなので、日本語だったら言葉の面白さを含めて聴くんですけど、音楽を聴くときにはドラムがどうとかビートがどうとかいう聴き方をしてしまいますね。

ぬちんちん(Dr)

──「フィクション」なんかはヒップホップの要素も感じさせるリズムだと思うんですが、そういうところはぬちんちんさんが持ち込んでいるようなところもあるんですか?

アダチ : 僕が曲を作るときにヒップホップというのは意識していなかったんですけど、そういうテイストが入るのはぬちんちんのドラムのニュアンスがデカいんじゃないでしょうか。

──アルバムはどんな1枚にしようと思ってまとめました?

アダチ : 今まで作ったものから良い曲を全部入れたベスト盤的というか、統一感よりも“いいな"って思った曲を入れた感じです。その分とっちらかった感じはあるかもしれないですね。アルバム・タイトルにもなっている「アイホープ アイシンク アイノウ」をアルバムの中で2回に分けて歌うことで(1曲目「無題」の中でもプロローグ的に同曲が使われている)、とっ散らかったアルバムに少し統一感が出るんじゃないかなって。

──とくにとっ散らかった印象を受けないのはそれもあるのかもしれないんですけど、後半の「17」「アイホープ アイシンク アイノウ」「サマーエンズ」と続く曲に統一感があるなって思ったんですよ。青春感があるというか。

アダチ : ああ~、それは僕が色々こじらせていたからです(笑)。今は違いますけど、たまにそういう甘酸っぱさとかモラトリアム感というのが曲に出ちゃうんですよね。まだそういうところが残っていて。

──今は違う、というのは?

アダチ : バンドやって明るくなりました。

一同 : ははははは!

──そもそも、そんなにこじらせていたアダチさんがどうして人前に立って歌おうって思ったんですか?

アダチ : ステージに立つのが楽しそうに見えたからです。兄がもともとバンドをやっていて、すごく影響を受けて自分もバンドをやってみたいと思うようになったんです。高校時代は上手く仲間に巡り合えなかったですけど、大学に行ったら趣味の似通った同級生もいて、コピバンとかオリジナル・バンドをやるようになって、それが一貫して楽しかったから未だに続けているんです。

音楽は続けていきたい… 絶世の美女に出会ったらわからないですけど

左から、シホちゃん(Ba)、吉水アンリ(Gt)、ぬちんちん(Dr)、アダチサマーソニック(Gt / Vo)

──それぞれの推し曲を挙げてもらって良いですか?

アダチ : 聴きやすいものであった方が良いなと思うし、リード曲がキャッチーな感じが良いと思ったし。「幽体離脱」がすごく好きって言ってくれるバンド仲間やお客さんもいるので、これをリード曲にしたら良いかなって思ったんですけど、僕の推し曲は「不安を煽る」ですね。

──「不安を煽る」は“こうしなきゃいけない”みたいな脅迫観念を歌ってますよね。

アダチ : 街に出たら広告を見るだけで不安になってくるというか。金貸しとかダイエットとか自己啓発とか、すごい煽ってきて締め付けが激しい世の中だなって。そういうのをスタジオに向かう電車の中で考えていたらリフが浮かんできて上手く曲に出来ました。

──大学を出て就職しなきゃとか結婚しなきゃとかっていうことも「不安を煽る」に繋がると思うんですけど、バンドをやって生きて行くっていうことはドロップアウトして生きていくことじゃないですか? そこはどう思っているんですか。

アダチ : 音楽は続けていきたいです… でも明日にでも絶世の美女に会ったらわからないですけど(笑)。今のところは世間になんと言われようと続けて行きたいです。「不安を煽る」には「煽ってくるけど、俺はびくともしないよ」という気持が裏にあります。

ぬちんちん : 7インチ『幽体離脱』のB面に「拝啓、ジャニーズ」という曲があるんですけど、自分はみんなでリフを元に曲を作ろうっていうときに、なんとなく個人的にテーマを決めて毎回やるんですけど、そのテーマを初めて「オシャレにしよう」と思ってやった曲なので、あんまり他の曲で使っていなかったようなアプローチをしていて。違う一面が出せたと思います。

吉水 : 私は「17」ですね。最初に曲が出てきたときに、こういうアレンジと音でやりたいなというのがすぐ浮かんだ感じなので。すごく音にこだわったので、今でも聴き返して「ああ、頑張ったな」って思う曲です。

シホちゃん : 僕は「フィクション」です。前の音源にも入っているんですけど、録りなおして単純に前の曲より良く出来たと思いますし、この曲は僕が入る前からあってサウンドクラウドでこの曲を聴いて1番好きな曲だったので。そういうことも含めて推したいです。


ペドラザ/フィクション

── 一見、ゆるい感じのバンドなのかなって思いきや、アダチさんとぬちんちんさんがバンドを組んで東京で活動をしようって行動することや今回のオーディションを受けてみることとか、すごく熱いものを持っているバンドなんじゃないかなって思うんですけど、4人がこの先に思い描いているものってどんなものがあるんでしょうか。

アダチ : 4人でそういう未来像みたいな話は全然したことがないんですけど、僕はひっきりなしに演奏依頼が来てライヴ活動もやりたいし、作品もどんどんできるバンドになりたいです。

シホちゃん : フェスとかサーキット・ベントでライヴをやりたいです。今のところ100人、200人規模の会場なので、天井が高いデカめのハコでやってみたいというのはあります。そしてもちろん、売れたいです。

吉水 : いっぱいライヴをやって、回数を重ねるだけじゃなくて実のあるライヴをしたいですね。演奏が終わった後に「やった!」ってガッツポーズが出るような。それをどんどん増やしていけたらなと思います。

ぬちんちん : あんまり「バンドでこうなりたい」って考えたことないんですけど、色んな人に聴いてもらって、色んなところで「良いバンドじゃん」って思われたいという気持ちはあります。今回は全国流通と配信なので、どれだけの人が聴いてくれるのか数はわからないですけど、1つラインは越えたかなっていうのはあります。

アダチ : 今回、アートワークも自分たちでやっているんですけど、上手いこと意味深な感じのジャケットになったと思います。中身も素敵な絵とか写真が使われていて良いデザインだなって。OTOTOYさんでは先行配信ということなのでまずはそちらで聴いて頂いて、CDショップでも手に取ってみてください。色んな楽しみ方ができるので配信、CD両方で買ってくれたら嬉しいです(笑)。

〈DIVE INTO MUSIC.オーディション〉合格者特集も合わせてチェック!

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド〈第1弾〉unizzz…編




メロディックなスペース・ロックを奏でる新星“unizzz…”インタヴュー

RECOMMEND

unizzz… / hello

ペドラザと同じく、ディスクユニオン主催のオーディションを勝ち抜いたunizzz…。ディスクユニオン内の新レーベルからの第1弾リリース。

この作品に関する特集ページはこちら

Helsinki Lambda Club / ME to ME

Helsinki Lambda Club、バンド初のフル・アルバム。Analogfishの下岡晃(Vo, G)をプロデューサーとして迎えて制作された。

この作品に関する特集ページはこちら

LIVE SCHEDULE

2017年7月2日(日)@高円寺クラブライナー
2017年7月16日(日)@下北沢ベースメントバー
2017年7月17日(月)@新宿ナインスパイス
2017年7月20日(木)@新宿JAM
2017年7月28日(金)@渋谷LUSH
2017年8月7日(月)@大阪 梅田ハードレイン
2017年8月8日(火)@京都 二条nano
2017年8月19日(土)@新宿dues
2017年8月25日(金)@渋谷LUSH
2017年8月26日(土)@吉祥寺WARP
2017年8月28日(月)@新宿JAM

詳しいライヴ情報はこちら

PROFILE

ペドラザ

2011年、前身バンド「お前の先祖」を足立とぬちんちんを中心に結成。地元長野県松本市で期待の若手として多数のイベントに出演。2012年、ぬちんちんと足立が東京に移住。メンバーの脱退により活動停滞。暮れに新メンバーが入るも2014年末に脱退。2015年に友人の紹介によりギター吉水加入。同時にべースくりを加入。それまでのスリー・ピースからフォー・ピースバンドへの体制変更を機に「ペドラザ」に改名。イロモノ扱いされなくなる。結成後2回目のライヴが、りんご音楽祭オーディション・ライヴ〈RINGOO A GO-GO〉で、これに見事合格し、ライヴ・オファーが増える。
2016年2月、初のレコーディング。4月には音源データは完成し各方面へばらまく。足立が愛聴する「radioDTM」で流され、5月には出演するも、具体的なビジョンなどなく出たためパーソナリティ社長氏に圧倒される。夏にりんご音楽祭2016への出演をまたもオーディション枠から勝ち取り、それに併せてMV発表、春に完成していたEP音源「p.e.d」をようやく発売する。ライヴ会場限定販売の予定が、タワーレコード渋谷 × サウンドクルージングによる未流通音源販売企画「タワクル」で取り扱われ、3週連続トップ3を獲得する。
2016年秋、disk union主催新人発掘企画DIM.オーディションに合格。2017年7月5日に〈dim up〉から初のアルバム、7インチの発売が決定。

ペドラザ公式HPは こちら
Twitterは こちら

o

 
 

インタヴュー

「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース
[CLOSEUP]・2017年11月22日・「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース 数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tearsとしても活動する柏原譲によるユニット、Polarisが2年9ヶ月ぶりとなる新作ミニ・アルバム『走る』をリリースした。〈bud music〉へと移籍後初のアルバムリリースとなる今作は、Nabowaの川上優がサポート・ドラムとして参加。新曲5曲に加え、フィッシュマンズ「SEASON」のカヴァーを含めた6曲を収録し、新たなPolarisのサウンドが凝縮されている。OTOTOYでは今作を1ヶ月独占ハイレゾ配信とともに、オオヤユウスケ、柏原譲の2人へのインタヴューを掲載。今年彼らがどのような活動をし、このアルバムをリリースしたのか、話を訊いた。 2年9ヶ月ぶりの新作をハイレゾ配信! Polaris / 走る (24bit/96kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(
by ?
ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・キラキラとワクワクが空から降ってくる!!! H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント ルックスと人柄の良さ、人並み外れた演奏力で子供から大人まで幅広い層から支持を集め、人気沸騰中のピアノ・トリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。着々と年末へのカウントダウンもはじまりつつある11月8日に、聴くとたちまち笑顔が溢れ、踊れる、そんなアレンジをほどこしたクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。誰もが耳にしたことのある定番曲の数々をカヴァー、さらにオリジナル楽曲も2曲収録された贅沢この上ない1枚に仕上がっている。OTOTOYでは今作のハイレゾ配信を実施するとともに、キラキラときめくクリスマスへの思いを馳せる、新定番のアルバムについて訊いた、メンバーへのメール・インタヴューを掲載します! 笑って踊れるウィンター・アルバム!! H ZETTRIOのChristmas Songs / H ZETTRIO'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 432円(税込) /
by 岡本 貴之
いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズって?!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズってナニモノ?! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”…… というキャッチコピーとともに7人全員がマイクをとって歌い、昭和歌謡もアイドル・サウンドもフォークもロックもパンクも飲み込んだ“ナツカシイサウンズ”を展開する京都のバンド「バレーボウイズ」。もう、これ、あなたの心を鷲掴みにすること間違いなしです! まずはOTOTOY大プッシュということで、とにかく聴いて欲しいのです。なのでフリー音源「真夜中のレコォド」を用意しました、まずは聴いてください! しかも、そんな彼らの1stをハイレゾで配信しているのはOTOTOYだけ。 ということで、興奮してなにがなんだかわからないかもしれませんが、とにかく聴いて欲しい一心でインタヴューも掲載します。「ひとりバレーボウイズ」としてソロ活動もしているネギ(guitar / vo)に登場してもらいました。先日開催された〈ボロフェスタ2017〉で撮影されたライヴ写真とともにぜひ。 まずはこれをダウンロード!!! 収録曲「真夜中のレコォド」期間限定で無料で配信中! バレーボウ
by JJ
筆者について
同じ筆者による他の記事