京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

京都を拠点に、エッジーなエレクトロニカ~電子音楽をリリースし続ける老舗レーベル〈shrine.jp〉(傘下には、ダンス系の派生レーベル〈MYTH〉もある)。主催は、京都のエレクトロニカ~電子音楽シーンの第一人者として活躍してきたPsysEx(サイセクス)こと糸魚健一だ。これまでインディ・ペンデントに地道に活動を続け、自身の作品を含めてさまざまな作品を重ねてきたが、このたびついにレーベルはその発足から20周年を迎える。そんなレーベルからリリースされる作品は、これまで糸魚が使ってきたメインのプロジェクト名、PsysEx(サイセクス)ではなく、Ken'ichi Itoi名義、つまり本名名義のリリースとなる。アルバム・タイトルは『EXN』。これまで長らくPsysEx名義にてリリースしてきたため、初の本名名義でのフル・アルバムだ。電子音の粒子とカリンバをはじめとする生楽器の穏やかな響きが交差する極上の電子音楽だ。

24bit/44.1kHzハイレゾ配信中

Ken'ichi Itoi / EXN(24bit/44.1kHz)

【Track List】
01. Keggon
02. Zinew (Zinem OVAL Remix)
03. Enzso
04. Sigle
05. Auhm
06. Qizen
07. Eiew
08. Cotin
09. Engue
10. Zinem

【配信形態 / 価格】
24bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 324円(税込) / アルバムまとめ購入 2,700円(税込)

INTERVIEW : Ken'ichi Itoi

糸魚健一はPsysEx名義などでリリースを重ね、定期的にイベントなどを開催、レーベル〈shrine.jp〉を20年に渡って運営、またインタヴュー中にもあるように、15年にわたって京都のオルタナティヴ~クラブ・シーンの中心地のひとつであるメトロで裏方として働くなど、まさに京都のアンダーグラウンドなエレクトロニカ~電子音楽シーンを体現してきたアーティストでもある。そんな彼が、その代名詞と言えるPsysEx名義を横におき、レーベル20周年目の節目の年に、本名であるKen'ichi Itoi名義でリリースしたのが『EXN』である。「縁(えん)」をテーマに作られたという本作は、どこかそのタイトルを想起させるように、電子音を中心とした音の粒子たちが、それぞれ影響しあいながら結びつき、楽曲を構成していく。心地よいカリンバのサウンドや暴力的なまでに響く低音、電子音のパーカッション、それらが連なりひとつのイメージを作り出す。またアルバムには、つい先ごろ6年ぶりのフル・アルバム『popp』をリリースした、ジャーマン・エレクトロニカ・シーンの重鎮、OVALもリミックスを1曲提供している。さて本作に関して京都在住の糸魚健一にメールにて尋ねた。

取材 & 文 : 河村祐介

縁(えにし)をメインテーマに20年の感謝の思いがコンセプトになっています

Photo by Genta Hisada

――サイセクス名義ではなく、本名名義の作品というのはレーベル20周年という節目も関係しているのですか?

サイセクスの活動ではポリリズムという大きなテーマをベースにしていました。制作時の自身の手法の変化や趣向の反映、それぞれの質を高めるような、言って見ればプロジェクト全体をヴァージョンアップしていく、それぞれのフェイズの変化を示すようなリリースを続けてきました。そんななかで、自分の作品としては、前々作にあたるサイセクス「x(テン)」で、10フェイズ目をアルバム作品にまとめサイセクスの活動としては最終章の意味合いがあります。
そしてアナログとデジタルのメディアを横断した前作"Apex"のシリーズは、名義としては「Ken'ichi Itoi a.k.a. PsysEx」でのリリースでした。"Apex"のシリーズは、それもあってリアル・ネームとサイセクス名義の中間に位置する作品になります。それで今作、20周年ということでレーベル・プロデュースという意味でも何か企画したいと思いと本人名義での作品制作が重なっというわけです。

――すでに長い間、ご自身のレーベル、そしてアーティスト活動を続けられていますが、その秘訣とはなんでしょうか?

レーベルの継続に関しては、立ち上げた当初思い描いていたこと、レーベルとしての理想をかなえたいという一心でやっています。それは新しく感じる自由な音楽性、定期的にリリースすること、しっかり流通させること、続けることです。なかなかそういったことが実行できなかった時期もあって、その反動もあると思います。

――その反動でここ数年はレーベル運営をコンスタントにできているということでしょうか?

以前、15年の間、京都メトロで働いていて、店長のときはレーベルはコンスタントに動かすことができなかったと思います。その分、続けることやコンスタントに対する思いが大きくなりました。また15年の間、毎日のように現場にいたので、違うジャンルのアーティストからアイデアを得たり、すぐにライヴやパーティで、思いついたアイディアなどを試すことができて、試行錯誤を重ねる事ができきました。現場で、いろんなつながりが出来たことも、レーベルやアーティスト活動を続けられた秘訣になったと思います。

――そうした現場での出来事で、レーベルやあなたの活動にとって、最も印象的な出来事はなんでしょうか?その理由も教えてください。

自身で手がけた〈patchware on demand〉というイベントがあったのですが、そのイベントがエレクトロニカの海外アーティストがジャパン・ツアーをする際の京都公演の窓口になりました。とくにここ数年で他界された、クラスターの故ディーター・メビウス、故ミカ・ヴァイニオ(ex パンソニック etc)の出演はかけがえのない経験になりました。また、ラスター・ノートンとして日本公演を行う前に、カールステン・ニコライの京都での単独公演を開催したことも印象深いです。国内のアーティストや、京都の若いアーティストと出会えたことももちろん。普段耳にしてこなかったジャンスからの刺激も大きかったと思います。

――レーベルのコンセプトがあればお教えください。もともとのものでなくても、20年の間変化してきた、いま現在更新されたものでも結構です。

なかなかモチベーションを持続することは大変ですが、制作やライヴの様に、レーベルの運営も自身の表現のひとつととらえています。

これまでの名義ではやらなかったこと

Photo by Genta Hisada

――本作のテーマ、コンセプトを簡単に教えてください。

縁(えにし)をメインテーマに20年の活動の、感謝の思いがコンセプトになっています。過去には音楽で何かを表現したりということはしてこなかったので、涼音堂茶舗の共同プロデューサである星憲一朗さんにいくつかキーワードを投げてもらってアルバムとしてのコンセプトや曲毎のテーマを決めて行きました。そこで、縁(エン)という意味を込めてEXN(エン)と名付けました。「エクシクルジーブ」という意味で「PsysEx」であるとか、過去の作品の「psx」シリーズ、「x」「Apex」からの流れもあり、「EXN」としています。曲それぞれに意味があります。仏語から引用されたものも多いですが漢字での表記は以下になり、その言葉の意味を曲毎のテーマにしています。例えば、3曲目の円相(Enzso)は、禅における書画のひとつで、図形の丸(円形)を一筆で描いたもの。悟りや真理、仏性、宇宙全体などを円形で象徴的に表現したものとされていて、その解釈は見る人に任されるというものです。また、「己の心をうつす窓」という意味でもあります。こんな風に、楽曲制作の初動として作曲しはじめる為のキーワードがあり、そこから曲のテーマを練りました。ちなみにアルバム全体ではこんなキーワードになっています。

1. Keggon (ケゴン / 華厳))
2. Zinew (Zinem OVAL Remix) (ジニュウ / 自涌、ジネン/ 自然・オヴァルリミックス)
3. Enzso (エンソウ / 円相))
4. Sigle (シグレ / 時雨)
5. Auhm (アウン / 阿吽)
6. Qizen (キゼン / 機前)
7. Eiew (エイエウ / 栄耀)
8. Cotin (コタン / 枯淡))
9. Engue (エンギ / 縁起))
10. Zinem (ジネン / 自然)

──サウンドメイキングに関して、エレクトロニカ的な手法といってもかなりリズムを主体に作られていますよね?

僕はメロディを書くことができない。書いてもちっとも良くないので(笑)。ずっと、リズムやポリリズムあるいはワントーンが継続するドローンの不協和音を組み合わせて制作しています。今回もクラブ・ミュージックの様なリズムは存在しませんが不協和音の実験的取り組みであり、揺らぎの重なりあいをポリリズム的に表現しています。

──カリンバが印象的なんですが、なぜカリンバを使おうと思ったんでしょうか?

テーマが決まり、本人名義での作品ということで、サイセクスでやらなかったことをしました。カリンバにかぎらずアコースティックな音色を意識して多用しました。リバースやフェイドアウトなど、今までさけてきた事を積極的に使いました。

──他に使っているアコースティックな楽器は?

特に多いのはピアノやストリングス、またそのリバース音、ベースのほとんどはウッドベースです。パーカッション系もグラス系やメタル系、よくあるものですし、フィールドレコーディングも使いました。

──ちなみにこうしたアコースティックな楽器にフォーカスしたのはなぜでしょうか?

いままで、活動そのものがコンセプチャルで、そのコンセプトに即したプロジェクトの表現しかしてこなかったので「それ以外のことをやってみるという」くくりを外すことでリアルネームでの作品の意味にしようと思いました。使用音色でいいますと、電子音、シンセやDPSで生成される音しか使わないと決めてきていたので、そのカウンターに当たると思いアコースティックな音色を使いました。

──話はそれますが最近のモジュラー・シンセの流行についてはどう思いますか?

手法のリバイバルでとても興味深いですし、先鋭的なモジュラーもたくさん出てきて面白い世界だと思います。僕としてはMIDIで環境を構築していた時代からリアクターやMaxにであってソフトウェア・モジュラーに移行したことに、感覚としては似ていると思います。ユーザーインターフェイス、操作感や出音はどちらにも長所や短所となるところがあると思います。

──サイセクスと本名義での違いが明確にあれば、それぞれ教えてください。

サイセクスでは手法や音質の先鋭性にこだわっていましたが、感情の表現をしました。

──ミックスなど音響的に意識したところはありますか?

手法としても、ポピュラーなことをさけてきましたので、今回はリバースやフェイドを多用しています。ハイファイなことに徹してきましたが、そういうことではない、人の聴感に素直なサウンドを目指しています。いままでの作品のなかで最も音の悪い作品だと思います。しかし、サウンドがなすべき、もっと大事な表現ができたと思っています。

──また話が逸れますが、例えばPAのサウンドシステムもここ20年ほどに解像度において、飛躍的にその性能があがりました。そうしたオーディオ的な表現の技術向上があなたの音楽表現に影響を与えるということはありますか?またはもし与えているとすればどんなところでしょうか?

音の良さの進歩は、設計段階でコンピュータが介入した事でより高効率な製品の進化によるところは大きいと思います。直感的にもっと大きいのはUI、操作性の利便性は特に飛躍した事だと思います。より簡単で短時間に何度も試せる事は20年前の環境では実現出来なかったです。ただ、こうなれば良いのにということがそうなってきているので、作業環境の向上と共にある意味では、『EXN』の制作も自然な時代的なことだったんだと思います。

OVALリミックス曲と他のオリジナル曲も共に研ぎすまされていきました

Photo by Genta Hisada

──ここ最近で気になっているアーティスト、もしくはコンセンプトがおもしろいと思った作品はありますか?

自分のレーベル(サブレーベルも含む)でリリースするアーティストはもちろんですが、Velveljin、genseiichiは同日にリリースでうれしかったです。媒体でよく目にするアーティストも最近のストリーミング・ミュージック・サービスのおかげで気軽に耳にできるので、参考にしたく思って聴いてみて、それぞれ凄いと思うのですが、自分ができることをしようと再認識します。

──OVALに今回リミックスをしていますが、かれとはどのような出会いで今回一緒に作品をだすことになったんでしょうか?

はじめて見たのは、90年代だったと思うのですが、マウス・オン・マーズとミクロストリア名義で来日した時にライヴを見て、ポップさを実験音楽に取り込んでいて、感動しました。サイセクスで活動と重なることもあって、オヴァル名義で考え方を作品テーマに置く手法に共感を覚えました。その後、オヴァル名義での来日時の京都公演でフロントアクトを努めさせていただいているうちに認識していただいたと思います。

──OVALのリミックスはいかがでしたか?

今回の制作コンセプトを話したとき、おそらく賛同して下さったんだと思います。ただリミックスのファイルが帰ってきただけでは無く、彼なりのタイトルまでつけていただいたり、アルバム全体になじむものに、仕上げて下さったと思います。こちらの制作過程を初期の段階から確認してくれて、リミックス曲と他のオリジナル曲も共に研ぎすまされて行きました。

──今後のレーベルについてなにかみえている予定などがあればぜひともお教えください。

8月にkafuka、10月にOUTATBERO、時期は未定ですが12月にはAubeの7CD BOXをリリースします。ダンス・ミュージックに特化するサブ・レーベル〈MYTH〉で、〈shrine.jp〉の自由さとは逆にジャンルに収まる表現をしています。7月にはdapayk soloのEPをリリースします。

RECOMMEND

oval / popp (24bit/44.1kHz)

1990年代実験的なテクノをさらに推し進め、2000年代初頭の爆発的なエレクトロニカの広がりを用意したマーカス・ボップ。彼の中心的なプロジェクト、OVALのカットアップ&ペーストがポップに痙攣する目下の新作。

agraph / the shader(24bit/44.1kHz)

電気グルーヴのサポートなどで知られる牛尾憲輔によるソロ・プロジェクトの3rdアルバム。具体音、電子音などがさまざまなフェイズで音響をかたち作っていく。

Inner Science / Assembles 5-8(24bit/48kHz)

インナー・サイエンスによる、メイン・プロジェクトとは少々趣の違った電子音コラージュ作品集。

PROFILE

Ken’ichi Itoi a.k.a. PsysEx

エレクトロニカファンクネスを再定義しつづける日本におけるマイクロスコピックの雄。PsysEx(サイセクス)名義でのアルバムリリース、コンピレーション作品への参加、リミックス、プロデュースや、積極的なライブ活動を経て、国内外で高い評価を得ている電子音楽家。更に関わるユニットも多岐にわたり、トラックメーカー、DJ iToy、ノイズユニット、avant-gals、ドローンラップトップデュオattic plan、空間系ジャムバンドplan+e等がある。京都にて電子音楽パーティpodを主催し、現在の京都電子音楽シーンにつながる礎を築いた。97年発足の電子音響実験音楽レーベル〈shrine.jp〉を主宰し、2011~2013年にかけて月刊でCDをリリースし、京都の新鋭アーティストの窓口となった。現在も不定期にCDをリリースすると同時に2014年iTunes Storeを使った新シリーズを始動させ日本の新しい実験音楽の一端を世界に向けて月刊で紹介している。老舗でありながら今最も動向を注目されるレーべルである。そして「電子文化の茶と禅」をコンセプトに活動する電子音楽レーベル涼音堂茶舗を星憲一朗氏と共に主宰し、新たな空間のための音楽、郷土文化との融合を構想している。

shrine.jp公式ホームページ

o

 
 

インタヴュー

「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース
[CLOSEUP]・2017年11月22日・「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース 数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tearsとしても活動する柏原譲によるユニット、Polarisが2年9ヶ月ぶりとなる新作ミニ・アルバム『走る』をリリースした。〈bud music〉へと移籍後初のアルバムリリースとなる今作は、Nabowaの川上優がサポート・ドラムとして参加。新曲5曲に加え、フィッシュマンズ「SEASON」のカヴァーを含めた6曲を収録し、新たなPolarisのサウンドが凝縮されている。OTOTOYでは今作を1ヶ月独占ハイレゾ配信とともに、オオヤユウスケ、柏原譲の2人へのインタヴューを掲載。今年彼らがどのような活動をし、このアルバムをリリースしたのか、話を訊いた。 2年9ヶ月ぶりの新作をハイレゾ配信! Polaris / 走る (24bit/96kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(
by ?
ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・キラキラとワクワクが空から降ってくる!!! H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント ルックスと人柄の良さ、人並み外れた演奏力で子供から大人まで幅広い層から支持を集め、人気沸騰中のピアノ・トリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。着々と年末へのカウントダウンもはじまりつつある11月8日に、聴くとたちまち笑顔が溢れ、踊れる、そんなアレンジをほどこしたクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。誰もが耳にしたことのある定番曲の数々をカヴァー、さらにオリジナル楽曲も2曲収録された贅沢この上ない1枚に仕上がっている。OTOTOYでは今作のハイレゾ配信を実施するとともに、キラキラときめくクリスマスへの思いを馳せる、新定番のアルバムについて訊いた、メンバーへのメール・インタヴューを掲載します! 笑って踊れるウィンター・アルバム!! H ZETTRIOのChristmas Songs / H ZETTRIO'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 432円(税込) /
by 岡本 貴之
いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズって?!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズってナニモノ?! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”…… というキャッチコピーとともに7人全員がマイクをとって歌い、昭和歌謡もアイドル・サウンドもフォークもロックもパンクも飲み込んだ“ナツカシイサウンズ”を展開する京都のバンド「バレーボウイズ」。もう、これ、あなたの心を鷲掴みにすること間違いなしです! まずはOTOTOY大プッシュということで、とにかく聴いて欲しいのです。なのでフリー音源「真夜中のレコォド」を用意しました、まずは聴いてください! しかも、そんな彼らの1stをハイレゾで配信しているのはOTOTOYだけ。 ということで、興奮してなにがなんだかわからないかもしれませんが、とにかく聴いて欲しい一心でインタヴューも掲載します。「ひとりバレーボウイズ」としてソロ活動もしているネギ(guitar / vo)に登場してもらいました。先日開催された〈ボロフェスタ2017〉で撮影されたライヴ写真とともにぜひ。 まずはこれをダウンロード!!! 収録曲「真夜中のレコォド」期間限定で無料で配信中! バレーボウ
by JJ
筆者について
同じ筆者による他の記事