平成のビューティフル・ロックカルテット、クウチュウ戦の新アルバム――進化の果てに描いた愛の極致

クウチュウ戦(左からアバシリ、リヨ、ベントラーカオル、ニシヒラユミコ)

プログレ由来のトリッキーなサウンド、キャッチーだけど時に哀愁を誘う歌。ポップなのにどこか不思議な、唯一無二の音楽性を突き進むロックバンド・クウチュウ戦。セルフ・タイトルを冠した今作ではラップ、シティ・ポップ、シューゲイザーと様々なエレメンツを取り入れつつも、予想のつかないエキセントリックな魅力を炸裂させる!"初恋"と"愛"のダブル・ミーニングが光る「1st "love" album」を、レヴューと共にお届けします。

約1年ぶりとなる新作!

クウチュウ戦 / 愛のクウチュウ戦

【収録曲】
1. セクシーホモサピエンス
2. ユートピア
3. テレパス
4. アモーレ(2017ver.)
5. コメット氏の場合
6. 白い十代(2017ver.)
7. 愛去ってhealing

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【価格】
単曲 250円(税込) / アルバム 1,500円(税込)



【REVIEW】『愛のクウチュウ戦』

まず特筆すべきは何といってもより洗練されたヴォーカルだろう。「アモーレ」は2015年にリリースされたミニ・アルバムからの再録となるが、歌の厚みが格段に増している。「白い十代」に至ってはもっとそれが顕著だ。この曲は結成初期から披露されてきたライヴ・ナンバーで、音源収録は通算3回目なのだが、圧倒的な進化を見せつける出来となっている。刺激的なドラミングに乱暴に耳を劈くシンセサイザー、エモーショナルに暴れるギター、そして肝となる煽情的なベースリフ。絶対的な演奏の進化もさながら、リヨの歌がそれを上手くまとめ上げている。
私はクウチュウ戦の魅力の一つとして彼の癖のある声質とエモーショナルな歌があると思っているが、今作ではよりその進化を如実に感じられるのではないだろうか。

本作は言わずもがな「愛」をテーマにしたアルバムであろうが、私はそもそもクウチュウ戦とは愛を歌ってきたバンドだと思う。「アモーレ」で<逃げ出そうよ 澄み切った空まで>と歌ったり、「リカバリーポップス」で<マシーンではちょっと寂しいよ>と言ってみたり。ありきたりなラヴソングに使い古されたような表現は全然ないのに、そこには確かな愛情を感じる。

変わったと思えるのはその愛の向けられる範囲だろうか。前作までの愛の対象は、あくまで個人的な“誰か”だった。でも今作はその愛がもっと広い枠組みに向けられていると思う。
「ユートピア」は、メロディアスな音の奔流で我々を郷愁に誘う”街”への賛歌だ。楽曲全体に溢れる生活音は、日ごろ忘れがちな「人の温かみ」を今一度思い起こさせてくれる。そして極めつけは「愛去ってhealing」だろう。轟音のように降り注ぐノイズの中で、織りなされ、重層化する旋律。胸を突く痛みさえ”美しい思い出”として引き出しにしまいこむように、この曲はどこまでも優しい。エモーショナルな歌声はどこか祈りのようで、愛の終焉さえも肯定してしまうように、聴き手を優しく包み込み響き渡る。すごく個人的な別離を歌っているように見えて、そこにはもう宇宙まるごと肯定して許してしまうような、そんな愛情があるように思われる。

改めて、愛とはなんだろうか。

私は映画『オペラ座の怪人』が大好きだが、あの悲劇が人を惹きつけるのはファントムのクリスティーヌに対する愛情がまっすぐだからだと思う。両親を失った少女に歌を教え、どんなに見返りが望めなくても注ぎ続ける愛。最終的に映画は悲しい結末を迎えるけど、モノクロのフィルムの中で色褪せないファントムの薔薇のように、無償の愛というものは優しく、ただずっとそこに在り続けるものだと思う。

「なくなっても愛は、愛なんだよ」

この言葉が一生忘れられない、とリヨは語った。ツーマン企画の最終日、アンコールでのことだ。「愛去ってhealing」はその言葉の意味だとも。私は雷に打たれたように動けなくなってしまった。音楽が全てを物語っていると思った。きっと彼の描く愛がまっすぐだからこそ、こんなにダイレクトに人の心を打つのだと思う。
このアルバムは、優しさに満ちている。甘い歌声と少し不思議なミュージックは、きっとあなた自身の傷を癒してくれることだろう。(text by 阿部文香)

LIVE SCHEDULE

<クウチュウ戦のfirst love tour 2017>
2017年9月15日(金) @大阪府 Live House Pangea
2017年9月16日(土) @愛知県 名古屋CLUB ROCK’N’ROLL
2017年9月28日(木) @東京都 新代田FEVER

>>more live information

クウチュウ戦の過去作品はこちら

RECOMMEND

オワリカラ / ついに秘密はあばかれた

科楽特奏隊としても活躍するタカハシヒョウリ擁するサイケデリック・ロック・バンド、オワリカラ。トリッキーな楽曲と情熱的なサウンドを詰め込んだ、待望のメジャー1stフルアルバム。

この作品の特集ページはこちら

あらかじめ決められた恋人たちへ / あらかじめ決められた恋人たちへ- 20th BEST -

Key.ベントラーカオルも在籍する叙情派シネマティック・ダブ・バンド。活動20周年を機にリリースされた珠玉のベスト・アルバム。

この作品の特集ページはこちら

PROFILE

クウチュウ戦

平成生まれのロックカルテット。2008年、大学1年のリヨ(Vo,Gt)とニシヒラユミコ(Ba)が原型バンドを結成。2011年1月、ベントラーカオル(Key)加入。同年7月にリヨが突然ペルーに飛び、アマゾンのジャングルの奥で行われる神秘的な儀式に参加。その後、2012年3月までイギリス/オランダなど、ヨーロッパを放浪。2014年5月、アバシリ(Dr)が正式加入し、新体制のクウチュウ戦が誕生。2015年5月に1stミニアルバム『コンパクト』、2016年1月に2ndミニアルバム『Sukoshi Fushigi』、8月に3rdミニアルバム『超能力セレナーデ』をリリース。そして、2017年6月14日に、1st love album『愛のクウチュウ戦』をリリースした。

クウチュウ戦 オフィシャル・サイト

o

 
 

レヴュー

セーラームーンの音楽の世界をオーケストラ・サウンドで再現!クラシック・コンサート・アルバム・リリース!
[FEATURE]・2017年12月11日・祝セーラームーン25周年! 史上初となったクラシック・コンサートの模様を収録したアルバムをハイレゾ配信! 2017年で『美少女戦士セーラームーン』は誕生から25周年! 周年を祝うプロジェクトの1つとして今年8月2、3日に東京芸術劇場にて開催された、史上初の『美少女戦士セーラームーン』クラシック・コンサートの模様がこの度ハイレゾ音源化! 作品を彩り、時を越えて今もなお愛され続けている名曲たちが珠玉のオーケストラ・サウンドであなたの耳でも甦ります! OTOTOYでは当日のコンサートにも出向き、その日の興奮を実際に体感したライターによるレヴューを掲載。是非とも良い音で迫力のサウンドに触れてみてください! セーラームーンの名曲たちを極上のオーケストラ・サウンドで美少女戦士セーラームーン 25周年記念Classic Concert ALBUM'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 432円(税込) / アルバム 4,200円(税込)【収録曲】01. アバンタイトルBGM オープニングナレーション02. ムーンライト伝説03. 愛の戦士04
ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラック・メイカー!──Nujabesの過去作配信開始
[CLOSEUP]・2017年12月13日・ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラックメイカー!──Nujabesの過去作配信開始 日本を代表するトラックメーカーとして活躍しながら、2010年に36歳という若さでこの世を去ったNujabes。そんな彼の過去作をOTOTOYではまとめて一気に配信を開始する。ジャズとヒップホップを自在にクロスオーヴァーするサウンドからジャジー・ヒップホップというジャンルまで確立させた彼の名盤の数々をこのレヴューとともにお楽しみください。(Texted by 高柳圭佑) REVIEW : FIRST COLLECTION 12inchを中心にリリースを重ねていた〈hydeout production〉初のレーベル・コンピレーション・アルバム。プロデュースはレーベルを主宰するNujabes。それまでアナログ盤でしか聴くことのできなかったShing02とのM6「Luv(Sic)」、M14「Luv(Sic)pt.2」が収録されている。他にもNujabesのビートにFunky DLの軽快なラップが響き渡りるM2「Don’t Even Try It」など初期hydeoutの代表作が揃っていて、この先の進化の過程
by marvinkei
【REVIEW】「絶望」と対峙する人間――映画『GODZILLA 怪獣惑星』公開記念特集レヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月27日・「絶望」と対峙する人間──映画『GODZILLA 怪獣惑星』公開記念特集レヴュー! 1954年に誕生した、映画『ゴジラ』は、巨大な文化的アイコンとして世界中の人々に愛されてきた。そして2017年、“ゴジラ”は誰も予想しなかった新たな“進化”を果たす。それがアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』である。本作で描かれるのは、これまでのどんな“ゴジラ”とも一線を画すシビアでハードな未来世界。二万年もの間、地球に君臨し続けてきた“ゴジラ”とそれに対峙する人類の因縁の物語だ。そしてそんな『GODZILLA 怪獣惑星』の世界へとさらに私達を引き込むのが、劇中で流れるサウンド・トラックたち。音楽を担当したのは「HERO」「真田丸」「半沢直樹」など大ヒットドラマの音楽を手掛け、さらに『ゴジラvsスペースゴジラ』、『ゴジラ2000 ミレニアム』の映画音楽も担当した、服部隆之。そして、主題歌には稀代の才能を持つ新人女性ヴォーカル、XAIが異例の大抜擢。プロデュースは世界的人気を誇る、BOOM BOOM SATELLITESの中野雅之が担当しており、彼女の神秘的な歌声が救いの手となるような美しい『WHITE OUT』
by ai
【REVIEW】ampel・河原太朗のソロ・プロジェクトが始動!──TENDREとしてソロデビューEP『Red Focus』をリリース!
・2017年12月06日・数々のアーティスト・サポートを務めている河原太朗がついに表舞台に!──ソロ・プロジェクトTENDREが始動 3人組バンド・ampelのメンバー河原太朗(Vo/Ba)のソロ・プロジェクト“TENDRE”がデビューEP『Red Focus』をリリース! KANDYTOWNやYogee New Wavesなど様々なバンドやアーティストのライヴ・サポート、レコーディングに参加し、彼の名前がクレジットされているのを目にする機会が最近多いが、果たして彼自身はどんな音楽を奏でているのか…… 本作を聴いて確かめてほしい。ぜひこちらのレビューとともにお楽しみください。 ソロ名義でのデビューEPTENDRE / Red Focus'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 1234円(税込)【収録曲】''1. DRAMA2. DISCOVERY3. crave4. Night & Day5. hanashi6. Them Changes REVIEW : TENDRE彼が生み出す音はこの上なく洒落ている。俗っぽい言い方になってしまうがこの一
by marvinkei
祝! 誕生40周年「ルパン三世のテーマ」コンピレーション・アルバムがリリース
[REVIEW]・2017年12月06日・国民的テーマ・ソング「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念コンピがリリース&旧譜プライスオフ開催 ルパン三世の誕生から50周年、そして「ルパン三世のテーマ」が誕生して40周年。「ルパン三世のテーマ」だけを詰め込んだ記念コンピレーション・アルバムがリリースされた。今や日本ならず世界中から愛されている作品に、さまざまな角度から華を添えられた17曲のパレードを、ぜひご堪能いただきたい。 また、誕生40周年を記念して旧譜10タイトルの30%プライスオフ・キャンペーンを実施。まとめ買いなら今がチャンス。クリスマス・プレゼントにも最適な作品たち。2018年1月31日までの期間限定ですので、この機会にお買い逃しなく! 「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念作品~ THE BEST COMPILATION of LUPIN THE THIRD 『LUPIN! LUPIN!! LUPINISSIMO!!!』'【Track List】01. THEME FROM LUPIN III 2015 / You & Explosion Band02. THEME FROM LUPIN III 2015~ITALIAN BLUE ver
【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信
・2017年11月28日・【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信 すでにリリースから数日で、世界中に大きな評価を受けているビョーク『ユートピア』。インパクト大のヴィジュアル、そしてサウンド・コラボレーターのアルカとの2作目となるその音楽性は新たな次元へと突入している。繊細な表現と、まるでそれが流れた空間を包み込んで異界化してしまうような凄まじいエネルギーが同居する、その脅威の歌声はハイレゾでぜひとも隅々まで楽しむべき作品といえるだろう。OTOTOYでは本作のハイレゾ配信とともに、気鋭のライター、八木皓平による詳細なレヴューにて、その魅力をお伝えしよう。 24bit/96kHzで配信中björk / Utopia(24bit/96kHz)'【Track List】01. Arisen My Senses02. Blissing Me03. The Gate04. Utopia05. Body Memory06. Features Creatures07. Courtship08. Losss09. Sue Me10. Tabula Rasa11. Claimstaker12. Paradisia13. S
by 八木 皓平
セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!!
[CLOSEUP]・2017年11月16日・セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!! 10代の心象風景を激しさとせつなさとともに描く楽曲とライヴで話題を呼んだ3ピース・バンド、セツナブルースター。2008年に活動休止を宣言した彼らが、12月3日(日)、マイナビBLITZ赤坂で開催予定の〈DECEMBER'S CHILDREN〉昼の部で復活を果たす。2002年12月11日にリリースされた『キセキ』発売15周年を記念して、ギター倉島大輔の弾き語りを中心に全収録曲演奏、メンバーの島田賢司(B&Vo)と宮下裕報(Dr&Vo)も出演し、公式には9年ぶりにバンド形式の演奏も行われることがアナウンス。それを記念しOTOTOYではインディーズ期の名盤を一挙配信開始。さらにインディ2ndアルバム『「二十歳」より』のデモ音源を期間限定で試聴解禁。彼らの高校の同級生のライター西澤裕郎がレビューでその歩みを振り返る。この機会を絶対に見逃さないように。 >>セツナブルースター「キセキ」リリース15周年特設ページはこちら セツナブルースター、インディーズ時代の名盤を一挙CD音質にて配信開始 記念すべきインデ
by 西澤 裕郎
【REVIEW】ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信&期間限定フリーDLも!
[CLOSEUP]・2017年11月17日・ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信 & 期間限定フリーDLも! 九州大学のサークル・メンバーで2015年に結成され、はっぴいえんど、山下達郎、PAVEMENT、sea and cake、ミツメ、ホテルドミニク、Mac Demarco...古今東西のポップ・ミュージックたちと、同郷の先達であるNumber Girlをナードな佇まいで咀嚼した、人懐こさと青さ漂うサウンドを鳴らす3人組、その名もよあけ(yoake)。 そんな彼らが九州のオルタナティヴ・シーンにおける最重要人物、PANICSMILE・吉田肇が主宰する〈Headache Sounds〉より初の全国流通作となる1stアルバムをリリース!! OTOTOYでは是非とも多くの人に聴いていただきたく、12月15日の発売に先駆け約1ヶ月の先行配信と、アルバムの楽曲より「MABOROSHI」の期間限定フリー・ダウンロードが決定! レーベル・オーナーである吉田肇のコメント、そしてアルバム・レヴューと共にまずはフリー楽曲の一聴を! アルバム収録曲より期間限定フリー・ダウンロード!よあけ / MABOROSHI(期間