さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ!! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

テレビCMや、リオデジャネイロ・オリンピック閉会式にて楽曲が使われ、お茶の間にもその音楽が浸透してきたH ZETTRIO。そのバンドマスター、H ZETT Mが4年ぶりとなるピアノ・ソロ・アルバム『共鳴する音楽』をリリース。OTOTOYでは今作を1週間先行で配信を開始! 誰しも耳にしたであろう「あしたのワルツ」のソロ・バージョンのほか、名曲揃いの26曲を収録。今回のインタヴューでは、新アルバム『共鳴する音楽』の制作に関する話のほか、彼のインスピレーションの源についても語ってくれた。ぜひ新作『共鳴する音楽』と共にお楽しみください。

4年ぶりとなるソロ・アルバムがリリース

H ZETT M / 共鳴する音楽

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【価格】
単曲 257円(税込) / アルバム 3,240円(税込)

【収録曲】
disk1
1. ショーがはじまる
2. 極秘現代
3. 踏み出すニュー
4. すました日常
5. 水の流れ
6. 高貴な連帯
7. 果てしないカーブ
8. 争う不可思議
9. クジラが泳ぐ
10. 雫の模様
11. 地平線
12. 確かな日々
13. 新しいチカラ (2017 ver.)

disk2
1. 未完成ワールド
2. 忘却の彼方
3. ランドスケープ
4. 永遠は見つからない
5. DO浮遊サマータイム
6. ほろ酔いバランス
7. 嬉しさを抱きしめて
8. ネクタイしめて
9. あしたのワルツ
10. 反骨のマーチ
11. 宙に消えた
12. Wonderful Flight
13. 喜びのテーマ

INTERVIEW : H ZETT M

じつに4年ぶりのリリースとなるソロ・アルバム『共鳴する音楽』を完成させたH ZETT M。各地でソールドアウトとなっているH ZETTRIOの全国ツアー、さらには毎年恒例となった毎月連続の配信リリースでの新曲発表と、精力的な活動を続ける中で26曲もの大作をいったいいつの間に生み出していたのか!? その創作の源を探るべく、今回は「H ZETT Mとピアノ」、そして今作のタイトルとなっている「共鳴」さらに「共有」をテーマに話を訊いてみた。ストイックかつナチュラルにピアノの楽しさを追求するミュージシャンH ZETT Mの境地をきっと興味深く読んでもらえるはずだ。

インタヴュー&文 : 岡本貴之

「こんな曲をホールでやったら気持ち良いかな」とか考えながら作った

H ZETT M

──H ZETTRIOのツアーと並行して6ヶ月連続で新曲を配信リリース中という、かなりタイトなスケジュールの中でのリリースとなりますが、このタイミングでソロを出すことになった理由をおしえてもらえますか。

H ZETT M(以下M) : 色々活動している中で最近は主にH ZETTRIOの活動をしているんですけど、H ZETT Mのソロ・アルバムを出してくれという声もあったのと、昨年末から独演会をやっているんですけど、各地からそのオファーが増えてきたということもあって。曲は日々、常々作っていようとは思っているんですけど、そういったものをひっくるめまして、レコーディングすることになりました。独演会はピアノ1人でやっているんですけど、「こんな曲をホールでやったら気持ち良いかな」とか考えながら作った感じです。

──曲はバンドの曲、ソロの曲分け隔てなく常に作っている感じで?

M : うまいこと思いついたらスケッチするみたいな感覚と言いますか、そこにはジャンルとか関係ない感じです。「これはトリオの曲だ」と思って書くこともありますけど。

──道端でもパッと思いついたらスマホのレコーダーに口で録音しておく、というアーティストの方もよくいらっしゃいますがH ZETT Mさんはどうですか?

M : そういうことをしたこともあるんですけど、後で聴いてみるとわけがわからなくて。「タッタラテッテレ~」みたいに言っているんですけど、そのときに考えてたことが全然思い出せないのであんまりやらないです(笑)。

──なるほど(笑)。今作は『未来の音楽』(2012年)『魔法使いの音楽』(2013年)に続くピアノ1台で挑戦してきたシリーズ第3作目、これまでと同じく26曲2枚組というボリュームですが、『共鳴する音楽』というタイトルは最初にテーマとしてあったんですか。

H ZETT M ピアノ・アルバム・シリーズ


M : アルバムのタイトルは、曲が揃いつつある段階で付けました。曲自体のタイトルもまだ決まってないくらいの段階で。

──制作過程でつけられたタイトルなんですね。ということは、制作当初はどんな1枚にしようと考えて曲作りを始めたんでしょうか。

M : ピアノの良い響きを大事にしたいなというのがまず第一にあって。ピアノを弾いていて楽しいと思う曲を詰め込みたいなと思っていました。

──これまでもピアノの楽しさ、演奏の楽しさを伝える作品を発表してきたと思うのですが、ご自分の中ではこれまでと違うものがあったんですか。

M : 色々経験してきて、瞬発力が上がってきていると思っているので、今の自分でピアノに向かったという感じです。ライヴ会場の景色ですとか、世の中のニュースとかTwitterの発言とか全部含めて入っている感じですね。

──あとはサッカーも?

M : サッカーもですね(笑)。サッカーは色々学ぶことが多いです。サッカーはすごく上手い人がいっぱいいるので、超絶技巧を見て驚いています。そういう“「すごい!」からの爽快感”もピアノの演奏に何パーセントか入ってるかもしれませんね。

街で人とぶつかりそうになって、危ない! みたいなことも曲に入ってます

──日常生活の中で色んなものからインスピレーションを受けている感じですか?

M : そうですね、例えば街で人とぶつかりそうになって「危ないな!」とか、そういうのも曲に入ってますね、何%かは。「なんで周りを見ていないんだろうこの人は?」っていう。そのイライラする感じというか「どうすればこの人と分かり合えるんだろう?」っていうのは0.8%くらい入っているかもしれないです(笑)。

──結構入ってますね(笑)。曲のタイトルを見ながら聴かせてもらったんですけど、例えば「水の流れ」はまさに水の流れがそのまま映像として目に浮かんでくるような、耳で聴くバーチャルリアリティみたいな感じも受けました。そういう映像や場面展開、ストーリー性みたいなものは念頭にありましたか。

M : 曲のタイトルを全部後につけたんですけど、音の流れを意識したというか。「水の流れ」はデモの仮タイトルでもこういう感じだったんですけど、本当に音の流れを追求していくと水っぽいなという感じがあって。そういうのを大切にしているのはありますね。

──曲ごとに作り方や完成する時間もまったく違いましたか。

M : スタジオで即興で作ったものもあったんですけど、作り込んで2、3日ああだこうだ書いた曲もありますし。もう何十年前からの曲を引っ張り出して作ったものもありました。DISC1の1曲目「ショーがはじまる / Showtime starts」の8小節くらいの短いフレーズは、10年前くらいにあったものなんですけど、それを2017年の自分で8小節をここまで引き延ばしたんです。このアルバムに入れる曲を探していたときに、昔に書いたものでもいま聴くと「おっ!」っと思うものがありまして。その「おっ!」っと思うものを常に探している感じですね。

──今回収録した曲で言うと、その「おっ!」っと思うポイントはどこにあったんでしょうか?

M : 広がる感じがするというか、ゆくゆくはオーケストラで編曲してもいけるんじゃないかとか、その先が見えるような感覚を持ったフレーズ、メロディ。そういうのを探して作って行った感じです。

──それは文字通りピアノと他の楽器が“共鳴”するイメージもあったということなんですかね。

M : 他の楽器がいるということは全然イメージしてなかったですけど、色んな楽器とやっても成立するような音楽をやりたいというのは基本的にありますね。

──バンドってそれぞれの楽器が共鳴することで成り立っているものだと思いますが、H ZETT Mさんの中ではバンドとソロの1番大きな違いってどんなところなんですか。

M : 1人でやった方がパーソナル感がより強調されるような気がしますね。ベースとドラムがいるとピアノは2人に投げかけるようなところがありますけど、ピアノ1人だとピアノを弾いてピアノに投げかけるというか、「孤独感」と言いますか(笑)。それが強調されるのがバンドとの違いですかね。

──ピアノに向き合う、というのは自らそうしようとしてそうするのか、それとも弾いているうちに没頭してそうなることが多いのでしょうか。

M : やっぱり、ピアノを前にして座ると没頭していってしまうものだと思いますね。ピアノの前が心地良いというか、“ピアノの中に入っていく”ような感じですね。

──ピアノと一体化するような感覚もあるんですか。

M : そうですね、はい。

──そういう感覚を持ち出したのってピアノを弾きだしてどれくらい経った頃なんでしょうか?

M : どれくらいですかね… やっぱり集中して練習するとそういう感覚になると思うので、わりと習い出した初期の頃から没頭していた気がしますね。

──お家にオルガンがあったことがピアノを始めたキッカケだということですけど、誰かアーティストの方を見て憧れて、ということではなかったんですか? 例えばロック・バンドのギターの人だったら誰々をテレビで見て憧れてギターを始めた、とかあるじゃないですか?

M : そういうのはなかったですね。自分はオルガンが家にあったので遊びで弾いていて、ピアノ教室に行き出して、教則本とかを何冊か練習してました。ただ心から「この曲が弾きたい」と思った曲があったかというと、そうではなかった気がします。あくまで練習として弾いていたというか、「目の前にあるものをクリアしていく」という感じでしたね。教則本に書いてあるものが弾けて嬉しいという。その中で、小中学校になるにつれて教則本だけじゃない、モーツァルトやバッハとかいう作曲家の曲を弾きつつ「ああ、この人はこういう感じなんだな」っていう好みが出てきた感じです。

──その頃のピアノを弾いたときの響きから受ける感覚というのが変わらずに今作までに至っている感じなんですか。

M : どちらかというと「弾いて音が出た、楽しい」というインパクトがまだ今も持続しているという感じですかね。音の響きという意味で言うと割と最近というか、クラシックでも洒落た和音を使う人とか、ジャズとかそういう方面になってきますね。習い出した頃は音の響きというものは全然わからずに弾いていたので。ピアノを弾くことで何かしらの刺激を感じていたんだと思います。

自分に鞭を打つという感じでもっと向上して行きたい

──「共鳴」という言葉についてお伺いしたいんですが、ここ数年、H ZETTRIOで毎月連続配信をしているのを見ると、H ZETT Mさんは音楽に対して共有財産っていう意識があるのかなって思ったんですよ。作ったらすぐにみんなのものになるというか。「共鳴」というより「共有」ということなんですが。

M : ああ〜なるほど。共有ですか…。僕としては、みんなで“ワーッ”みたいな感覚っていうのはあんまりなくてですね、みんながどう思うかというのは特に考えないようにしてるというところもあって。結構、「他人の気持ちは分かりたくても難しい」と思うんですよね。しかしながら、何かしらどこかに、表面的ではない奥深いところに何かしらのものがあるよねっていう(笑)。

──何かしらがある(笑)。曲を世の中に出したときに、それに対しての共鳴する何かを期待しているのか、それとも共有したいという思いがあるのかなって。

M : 僕の意図するところとしましては、「意識と無意識の間」というか、「接続と切断の間」と言いますか。そういう、“どっちでもない”感じというか、そこで共鳴しているのではないかと。「未来と過去に鳴っている音楽」という感じもあったり。

──タイトルをつけるときにも未来と過去とか、そういうことは意識していたんですか?

M : ピアノを鳴らしていると、そういう感覚になってくるんですよね。「ピアノってなんだろう?」「音楽ってなんだろう?」「音ってなんだろう?」って考えてくると、段々「自分ってなんだろう?」みたいな境地になってくるんです。まあピアノを弾くことに限らず、料理するにしてもサッカーをするにしても、「私は何をしているんだろう?」っていうところに行かないと、それをやっている意味がないのかなっていう気もしますので。「私はいったい何をやっているんだろう?」っていうことですかね(笑)。

──ははははは。そうすると、これだけの曲数(26曲)になるわけですね。

M : これだけの曲数になってしまいましたね。これはまあ、1枚目からの流れでもあるんですけど。26曲のうちには、何十年前からっていうフレーズもあるので、「今までから、現在(いま)まで」という感じです。


H ZETT M/あしたのワルツ

──現在ということでいうと、今回「あしたのワルツ / Tomorrow’s Waltz」のソロ・バージョンが初収録されていますが、この曲は誰もが「あっ! 聴いたことある」ってなると思いますし、きっとこの曲でH ZETTRIOやH ZETT Mさんを知った人も多いですよね。

M : そうですね、H ZETTRIOのライヴのときに「えっ!? なんでこの曲やってんの!?」っていう反応の人が結構いましたから(笑)。

──カヴァーだと思われたんですか(笑)。

M : カヴァーしてると思われてるらしいです。この曲はオリジナルなので。どこかのライヴハウスに方にも「あの曲はオリジナルですって言った方が絶対いいよ!」って言われました。

──では今回の記事で改めて、「あしたのワルツ / Tomorrow’s Waltz」はH ZETT Mさん作曲のオリジナル曲ということをみなさん覚えておいて頂けたらと(笑)。昨年はオリンピックの閉会式で曲が使われたり、色んなトピックもあって知名度も上がっていると思いますが、新しい曲を作って行く上で煮詰まったりすることはないですか。

M : う~ん、自分の瞬発力をもっと上げたいなということは思いますね。『共鳴する音楽』のスタジオの中で、その場で書いてレコーディングしちゃった曲もあるんですけど、その場でやっちゃうときの完成度を上げるのは、今まで培ってきた瞬発力だと思うので。「そこはもっとできるでしょ」っていう部分は、自分に鞭を打つという感じでもっと向上して行きたいですね。

──リリース後はソロ・ライヴもあるんですよね。

M : 詳細は、6月20日に発表されますが、秋に大きなところで独演会をやります。

──H ZETTRIOではショルキーを持って煽ったりとライヴ・アクションも激しいですが、ソロとしてのライヴはどんなものになりますか。

M : このまえやった独演会でもショルキーを持って前に出ちゃいました(笑)。またやるかはわからないですけど。今回の独演会は練習して一生懸命弾きたいと思っております。練習しないと弾けないと思うので、とにかく練習したいです。今までの練習 × ライヴでの瞬発力だと思っているので。

──ライヴには小さいお子さんも観に来たりしていると思いますが、そういう子どもたちがピアノを弾くきっかけになっているかもしれないですね。

M : ピアノ、弾いたら良いと思いますけどね。結構集中するとおもしろいですから。「1つに集中するっていうことは良いですよ」って思います。そこからピアノのおもしろさが広がっていくと思うので。ライヴでもそのおもしろさが届けられたらと思いますし、『共鳴する音楽』は一生懸命作りましたので、ライヴを観に来てもらえたらうれしいですね。

H ZETT M 過去作をチェック!

H ZETT M / 魔法使いのおんがく

変幻自在のピアノマジシャンH ZETT Mのピアノ・アルバム2作目。自身の十八番である遊び心が満載の、童話のような、絵本のような、そんな雰囲気が至るところに散りばめられたアルバム。

H ZETT M / 未来の音楽

グランドピアノ1台と彼の体だけでレコーディングに挑戦した、H ZETT Mの本質が浮かび上がるピアノ・オンリーのアルバム1作目。

H ZETT M / PIANOHEAD

彼の真の音楽家としての部分がいよいよ表面化サービス精神満載のまさにごった煮フルコースでお届け。

H ZETT M / 5+2=11

謎のピアノ絶叫マシーンH ZETT Mの、衝撃のソロ・デビュー・アルバム。ピアノロックンロールな作品を提示した作品。

H ZETTRIO 過去作もチェック!

〈H ZETTRIOとは……〉
H ZETTRIOは、「大人も子どもも“笑って踊れる”」をテーマに掲げるピアノトリオ・バンド。2014年、スイスで開催されている世界3大ジャズ・フェスティバル〈モントルー・ジャズ・フェスティバル〉への出演をキッカケに、国内外の大型フェスに多数出演。ピアニストのH ZETT M(pf / 青鼻)は、2015年に解散した“PE’Z”のヒイズミマサユ機、またもや椎名林檎が率いた“東京事変”第一期の鍵盤だった「H是都M」なのではないかという憶測が飛び交うも、本人はぼんやりと否定。ユニーク且つ“無重力奏法”と形容されるテクニカルなピアノと、H ZETT NIRE(bass / 赤鼻)、H ZETT KOU(dr / 銀鼻)が支えるキレのあるリズムセクションを武器に、独自のアンサンブルを響かせる。この3人以外には作り出せない音楽とグルーヴを追求し続けている。

LIVE SCHEDULE

H ZETT M ライヴ
〈ピアノ独演会2017 「夏の大三角の陣」〉
2017年7月7日(金)@兵庫 神戸新聞松方ホール(※SOLD OUT)

H ZETTRIO ライヴ
〈PIANO CRAZE CRAZY TOUR〉
2017年6月16日(金)@静岡 浜松窓枠
2017年月17日(土)@山梨 甲府桜座(※SOLD OUT)
2017年6月18日(日)@長野 松本Sound Hall a.C
2017年6月23日(金)@兵庫 神戸CHICKEN GEORGE
2017年6月24日(土)@京都 KYOTO MUSE(※SOLD OUT)
2017年6月29日(木)@神奈川 川崎CLUB CITTA’
2017年7月16日(日), 7月17日(月)@大阪 THE LIVE HOUSE soma(※7/16公演SOLD OUT)

詳細はこちらから

PROFILE

H ZETT M

ピアニスト / エンターテイナー / 音楽家。“PE’Z”のヒイズミマサユ機、またもや椎名林檎が率いた”東京事変”第一期の鍵盤だった「H是都M」なのではないかという憶測が飛び交うも、本人はぼんやりと否定。
その超絶技巧に加え、“無重力奏法”と形容される超人的パフォーマンスは実験音楽と高度な芸術性が融合している。2007年、1stアルバム『5+2=11』(ゴッタニ)を携えデビュー。2010年に突如行った台湾でのゲリラ・ストリートライヴでは2000人以上の観客が集まり、台湾で青鼻ブームを巻き起こす。2011年、初となる台湾ホール・ワンマン・ライヴを成功させ更に話題となる。2012年・2013年、この時代だからこそ生身の人間の可能性を追求し、ただひたすらに音楽を奏でるというテーマのもと、グランドピアノ1台と彼の体だけでの全26曲レコーディングを収録した『未来の音楽』を発表、続いて新たな可能性への一歩となった『魔法使いのおんがく』を発表。
これらの作品を機に始まったピアノ1台だけでの“独演会スタイルライヴ”は全編2時間以上ながらもユーモアセンスのある基本的な性格も表れ、音楽とともに彼の一挙手一投足にまで満員の観客を釘付けにすることからも各方面から好評を得ている。新たな活動としてクラウドファンディングを活用した子ども番組の立ち上げなど、幅広い世代に愛され続けられている。

H ZETT Mアーティストページ

o

 
 

インタヴュー

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ
筆者について
同じ筆者による他の記事