ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第5回

GoldLink 『At What Cost』

関東地方は梅雨入り、気温も上がったり下がったりと不安定な気候ですが皆様いかがお過ごしでしょうか? HIP HOPライター・斎井直史による定期連載「パンチ・ライン of The Month」も今月で5回目。前回は名古屋を中心に活躍するラッパー、SOCKSがリリースしたアルバム『JAPANESE THAN PARADISE』より「KUTABARE feat.般若」を取り上げましたが、今月は「#超WAVYでごめんね」というワードが話題を集めている新世代、JP THE WAVYと来日を間もなくに控えるワシントンD.C.出身のラッパー、GoldLinkの特集です! そして今月も取り上げた作品がOTOTOYで配信してないんです...すみません! OTOTOYでも配信出来るようがんばりますので、コラムと同じくOTOTOYも引き続きよろしくお願いします!

第5回 JP THE WAVYとGoldlink

今月は、既に話題になっていますが自分もコレに反応せずにはいられなかった! JP THE WAVYの「Cho Wavy De Gomenne」! 自分の駄文は後にして、まずビデオをチェックしてほしいです!


JP THE WAVY - Cho Wavy De Gomenne

このビデオを"新しい"と手放しで褒めたいのは、彼が現行のUSシーンで流行っているノリを取り入れ、耳に残るフックを発明した…だけではないんです。 彼みたいに踊れるラッパーって国内に居ましたかね!? 予め決められたフリを踊るのでなく、音に合わせて衝動のまま動くという意味で 、踊れる人です。観ていると本人達のリズムが体をどう突き動かしているのか、ダイレクトに伝わってくる。間違いなくこの曲を流行らせてるのは、ビデオと彼(等)のダンスの能力の高さ。観ていてモブ感が楽しすぎる! インパクトが強いだけに次のハードルは相当高いが、ミックス・テープもリリースされるそうなので、期待しています! OTOTOYでもJP THE WAVYをプッシュですね! ってこれ販売してないらしくてスイマセン!

↓のSoundCloudのURLにてフリー・ダウンロードが可能なので止まる前に急げ!
https://soundcloud.com/yukito-ishikawa-1/cho-wavy-de-gomenne

また、このタイプのフリースタイルの余地を大きく残したダンスは、今やアメリカでは大ブームです。Vineからブームが始まり、今はInstagramやYouTubeにチャンネルを移しているダンサーはとても多く、昔はVineの有名人さん程度だったMeechie(http://instagram.com/shelovesmeechie)も、今ではRae Sremmurdなど様々なアーティストのツアーやビデオに引っ張りだこ。日本でも川崎にスタジオSWAGを構えるダンサー、Rie Hata(http://instagram.com/riehata) の動画ではプロならではのキレを堪能できますので、個人的にオススメです。JP THE WAVYにビデオでヤラれた方々はチェックしてみてください。

それと、今月はもう1つ。JP THE WAVYが登場するまでは6月のトピックはGoldlinkかな? と思って原稿を準備していたので、これも添えさせていただきます。6/16(金)渋谷Visionにて、待ちかねた初来日を果たします! なのでライブでフックを合唱できるよう、今月のパンチ・ラインはGoldLinkの曲を紹介したいと思います!

GoldlinkはワシントンD.C.出身の24歳のラッパーです。彼自身、出身及びGo-goという地産の音楽からの影響が強い事をインタビューで強調しています。しかし実際にはSoundCloudを中心に広がるFuture Beatsの波にアイコンとして登場したイメージを持っている人の方が多いでしょう。ネットに曲を公開してから2014年にアルバム『The God Complex』をリリースするのですが、この頃は既に話題となっていた存在でした。他のラッパーと一線を画していた彼の個性は、方々を跳ね回るようなフロウ。その方々に飛び散るライミングのアクロバティックさが、当時は世界で急速に人気を獲得していったFuture Beat系統のバウンス感と凄くマッチしました。Soulectionが初来日した時のインタビューでも、DJのHooliganはレーベル・メイトのラッパーよりもGoldlinkの事を絶賛していた事を覚えています。また、GoldLinkのビートを多く手掛けるLouie Lasticも、90年代にヒップホップで多用されたネタを再びエレクトロ調に使い直したり、昔からヒップホップを聴いていた人達の耳にもスムースに入るスタイルです。そんなビートを選ぶのもGoldLinkの魅力でしょう。とにかく選ぶビートにどこか華がありつつも、バウンスしている。加えて今振り返ると、当時は全く顔を出さなかったのも話題を加速させた一因かもしれません。

その後、XXL誌の2015年Freashman Classに選ばれたりしたものの、ツアーに勤しみリリース面では静かにしていましたが、2016年に大手RCAレコーズと契約。遂に今年、初のスタジオ・アルバムとなる『At What Coast』をリリースしました。そこからシングルカットされている「Crew」のフックを今月は紹介します。


She see money all around me,
I look like I'm the man.
But I was down and out like last week.
Tell me where have you been?
You came out of hiding, girl
Don't act like I'm your man
You just a fan, you don't hold rank.
Don't hold no rank.

「彼女は俺の金が目当てで、俺は持ってそうに見えるだろう。でも、先週なんて落ちぶれたもんだった。その間、君はどこにいたの。隠れていて今さら出てきたんでしょう。俺の彼女面するの止めなよ。君はただのファンで、それ以外の何者でもないんだよ。俺にすがるなよ。」

といったところでしょうか。このフックの後、同郷出身のラッパー2人を迎えたGoldLink等のバースが続き、同じ厳しい環境を生きてこなかった人と分かり合えない経験を綴っています。そんな彼も遥々東京へ。当日どんなライヴを見せてくれるのか想像したい人に、うってつけの動画を見つけたので、こちらをどうぞ!


GoldLink - ”Crew”(Live at Art of Cool)

こうにメロウなパートでこんなに盛り上がるの、最高ですよね。

SoulectionのYukibebも彼の来日に備えてMIXをこさえてくれてましたので、そちらもチェック!
https://soundcloud.com/user-137127858/616friyukibebmix-for-goldlink

イベント詳細 :
http://www.vision-tokyo.com/event/japan-celebrates-1stgoldlink-in-tokyo?event=club

斎井直史

RECOMMEND

DIZZiNESS

YDIZZY

Album ¥2,000

YDIZZY / DIZZiNESS

日本のヒップホップ・シーンの要注目クルー、”kiLLa”の中心人物YDIZZY。フリーのミックス・テープはいくつかリリースしてましたが、こちらは待望の1stアルバム。OTOTOYではハイレゾです!

ゆるふわギャング / Mars Ice House

こちらも完全に2017年のヒップホップ・シーンの台風の目。Ryugo IshidaとSophiee、プロデューサーのAutomaticによるプロジェクト・ゆるふわギャングの1stアルバム。

BADBADNOTGOOD / IV(24bit/96kHz)

ヒップホップとジャズを繋ぐカルテット、BADBADNOTGOODによる4枚目。アルバム参加のKAYTRANADAはGoldLinkのアルバムで数曲プロデューサーとして参加。アルバムまとめ購入でライナーノーツ付き。

「パンチ・ライン of The Month」バック・ナンバー

第1回 SuchmosとMigos
http://ototoy.jp/feature/2017021001/

第2回 JJJ『HIKARI』
http://ototoy.jp/feature/2017031001/

第3回 Febb's 7 Remarkable Punchlines
http://ototoy.jp/feature/2017041001/

第4回 SOCKS 「KUTABARE feat.般若」
http://ototoy.jp/feature/2017051101/

斎井直史による連載「INTERSECTION」バック・ナンバー

Vol.6 哀愁あるラップ、東京下町・北千住のムードメーカーpiz?
http://ototoy.jp/feature/2015090208

Vol.5 千葉県柏市出身の2MCのHIPHOPデュオ、GAMEBOYS
http://ototoy.jp/feature/2015073000

Vol.4 LA在住のフューチャー・ソウルなトラックメイカー、starRo
http://ototoy.jp/feature/20150628

Vol.3 東京の湿っぽい地下室がよく似合う突然変異、ZOMG
http://ototoy.jp/feature/2015022605

Vol.2 ロサンゼルスの新鋭レーベル、Soulection
http://ototoy.jp/feature/2014121306

Vol.1 ガチンコ連載「Intersection」始動!! 第1弾特集アーティストは、MUTA
http://ototoy.jp/feature/20140413

o

 
 

連載

GANG PARADE、インタヴュー&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.3掲載!!
[GANGPARADE]・2017年11月17日・【全3回連載】GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る&「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.3 7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年5月よりカミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの無期限限定レンタル・トレードが行われ、アヤを入れた7人で活動を行っている。そんな7人体制での初アルバムが11月21日にリリース。11月20日の恵比寿LIQUIDROOMでのワンマン・ライヴのチケットも完売し、さらなる飛躍が期待される彼女たちの歴史を振り返るインタヴューを3回に渡り掲載する。また、ユイ・ガ・ドクソンによるラーメン連載がカレー連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」にリニューアル!! ドクソンが真剣にカレーを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry vol.3はこちら>GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る・前編はこちら>>GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る・中編はこちら 2017年新たな
by 西澤 裕郎
GANG PARADE、インタヴュー&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.2掲載!!
[GANGPARADE]・2017年11月10日・【全3回連載】GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る&「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.2 7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年5月よりカミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの無期限限定レンタル・トレードが行われ、アヤを入れた7人で活動を行っている。そんな7人体制での初アルバムが11月21日にリリース。11月20日の恵比寿LIQUID ROOMでのワンマン・ライヴのチケットも完売し、さらなる飛躍が期待される彼女たちの歴史を振り返るインタヴューを3回に渡り掲載する。また、ユイ・ガ・ドクソンによるラーメン連載がカレー連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」にリニューアル!! ドクソンが真剣にカレーを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry vol.2はこちら>GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る・前編はこちら POPからGANG PARADEヘ(2015年12月〜2016年7月) ──カミヤ
by 西澤 裕郎
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第10回
[REVIEW]・2017年11月15日・斎井直史のヒップホップ連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第10回──KOJOE4年半ぶりの新作に迫る いよいよ本格的に冬! 今年も残り1ヶ月半、年末に向けじわじわと忙しさも増す今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」も今月で10回目! 前回はみんなが待ちに待ったPUNPEEのアルバム『MODERN TIMES』を渾身のレヴューでお届けしました。年間のベストも出揃いつつあるタイミングですが、ここにきて強烈な作品! 今月は新潟生まれ、NYクイーンズ育ちのバイリンガル・ラッパー、KOJOE4年半ぶりとなるアルバム『here』を特集です。豪華な客演陣が揃う今作からはどんなパンチラインが選ばれるんでしょうか!? 4年半ぶりとなるオリジナル・アルバム!KOJOE / here'【収録曲】01. KING SONG Feat. Mayumi02. Smiles Davis Feat. Dusty Husky & Campanella03. PenDrop Feat. ISSUGI04. Prodigy Feat. OMSB
by 斎井 直史
【新連載】Summer Rocket愛わなびの「くりえいてぃ部」ーーVol.1 Homecomings 畳野彩加編
[CLOSEUP]・2017年11月09日・【新連載】Summer Rocket愛わなびの「くりえいてぃ部」ーーVol.1 Homecomings 畳野彩加編 「夏」をテーマに、2016年7月から活動をスタートさせた4人組アイドル・グループ、Summer Rocket(サマーロケット)。SEBASTIAN X、音沙汰の永原真夏と工藤歩里が楽曲を手がけ、こつこつとライヴ活動や雑誌のレポート活動などを行い、じわじわと知名度と人気があがってきている彼女たち。その中でも、オリジナルZINEを作るなど、ひときわ創作に強い意欲を持っているメンバー、愛わなびの連載企画がスタート! 愛わなびが敬愛する表現者たちにインタヴューを行い、各アーティストがどのような考えを持って活動しているのかを学び、その回ごとにインスピレーションを元に総括を創作して公開します! と、コンセプトは決まったものの緊張の中始まった連載第1回。ゲストは、Homecomings畳野彩加さん。果たしてわなびは何を学んだのか? ぜひお楽しみください! 愛わなびの「くりえいてぃ部」ーーVol.1 Homecomings畳野彩加編 さぁさぁ〜! 始まりました! ついに始まってしまいました、「愛わなびのく
by 中の人
【全3回連載】GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る&「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.1
[GANGPARADE]・2017年11月07日・【全3回連載】GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る&「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.1 7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年5月よりカミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの無期限限定レンタル・トレードが行われ、アヤを入れた7人で活動を行っている。そんな7人体制での初アルバムが11月21日にリリース。11月20日の恵比寿LIQUID ROOMでのワンマン・ライヴのチケットも完売し、さらなる飛躍が期待される彼女たちの歴史を振り返るインタヴューを3回に渡り掲載する。また、ユイ・ガ・ドクソンによるラーメン連載がカレー連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」にリニューアル!! ドクソンが真剣にカレーを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry vol.1 はこちら>【レポート】BiSHとPOPの200km対抗駅伝はなにを生み出したのか? ミキ : ユアは往路の対戦相手がいなくて。 ユア : モモコグミ・カン
by 西澤 裕郎
【BiS連載vol.86】祝・メジャー・デビュー!! プー・ルイのいなかった6人の約半月を振り返る
[POURLUI]・2017年10月31日・【BiS連載vol.86】祝・メジャー・デビュー!! プー・ルイのいなかった6人の約半月を振り返る 2016年9月、5人のメンバーで再スタートを切り、2017年5月に新メンバー・ももらんどとパン・ルナリーフィが加入、GANG PARADEのカミヤサキがレンタル移籍し、現在7人体制で活動中の新生アイドル研究会BiS。5月末より行ってきた全国ツアー〈BAD SOCiAL TOUR〉のファイナル公演〈IDOL is DEAD〉を目前にペリ・ウブが感染性腸炎により入院、無事退院したもののリーダーのプー・ルイがダイエットに挑戦する企画〈DiET or DiE〉でまさかの失敗。9月16日より活動休止となり、6人での活動を余儀なくされた。そして10月6日の赤坂BLITZ公演を6人で迎えたBiS。ライヴ途中でプー・ルイが復帰し、2回目のメジャーデビュー、両国国技館でのワンマンを発表し、再び7人で走り始めた。そんなBiSの6人で活動した期間を6人とともに振り返る。 新生BiS、7人体制での2ndシングルを配信中BiS / I can't say NO!!!!!!!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信価格
by 西澤 裕郎
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第9回
[REVIEW]・2017年10月11日・ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第9回 今年も残り3ヶ月、気がつくとあっという間に年末がすぐそこまで来てますね〜。ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載、「パンチライン・オブ・ザ・マンス」も今月で9回目です! 先月はキレのあるFebbのラップが帰って来た、GRADIS NICE & YOUNG MASによる共作『L.O.C -Talkin About Money- 』、そして先日の日本での初ライヴを披露したNY在住の日系若手ラッパー・MIYACHIを取り上げました。そしてもちろん今月は、全てのヒップホップ・ヘッズたちが待ちに待ち焦がれたPUNPEEのファースト・アルバム『MODERN TIMES』特集! 斎井によるレヴューの熱量もかなり高めに仕上がっております! ぜひ一読を! みんな待ってた! 待望のソロ1st!!PUNPEE / MODERN TIMES'【収録曲】1. 20572. Lovely Man3. Happy Meal4. 宇宙に行く5. Renaissance6. Scenario (Film)7. Interval8. Prid
by 斎井 直史
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode41 アユニ・D「BiSHの存在を知ってもらいたい」
[BISH]・2017年10月09日・【BiSH】Epsode41 アユニ・D「BiSHの存在を知ってもらいたい」 2016年10月にメジャー・ファースト・アルバム『KiLLER BiSH』をリリース、2017年7月22日には幕張メッセ・幕張イベントホールで開催された全国ツアー・ファイナル〈BiSH NEVERMiND TOUR RELOADED THE FiNAL “REVOLUTiONS“〉を7,000人の観客を集め大成功させた“楽器を持たないパンク・バンド”BiSH。セブン‐イレブンのおでんCMを歌ったり、音楽ファンを越えて浸透しはじめている彼女たちの6周目となるメンバー個別インタヴュー掲載。第2回はアユニ・Dへのインタヴューをお届けする。 BiSH初のミニ・アルバムをハイレゾ配信中 BiSH / GiANT KiLLERS'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 750円【Track List】1. GiANT KiLLERS 2. Marionette 3. Nothing. 4. 社会のルール 5. VOMiT SONG※アルバムをまとめ購入いただくと、デジタル・ブックレット
by JJ
筆者について
斎井 直史 (斎井 直史)

音楽業界をおもしろくしようとOTOTOYに詰め寄ったところ、今では色々調教されて悦んでいる。大学生活をキック・ボクシングに投げ打った反動で、今、文科系男子への衝動がと・ま・ら・な・い!ヒップホップが好きです。ニュートラルに音楽を捉えて、「一般ピープル視点を失いたくない!」と思ってる一般ピープル。

同じ筆者による他の記事