“史上最高に良い”モーモールルギャバンはいま! ──2年ぶりの新作『ヤンキーとKISS』への思いを訊く

前作『シャンゼリゼ』からおよそ2年、モーモールルギャバンが待望の新作フル・アルバム『ヤンキーとKISS』をリリースした。過去の自分への葛藤を乗り越えて完成したこのアルバムには、まさに彼らが出すことのできる全てが詰まっていると言える。このアルバムを完成させた現在、中心メンバーであるゲイリー・ビッチェ(Dr.&Vo.)が「ほんとにいまが史上最高に良いです」と語るほどノっているというモーモールルギャバン。そんななかで制作された今作を、ぜひインタヴューとともにお楽しみください。

前作『シャンゼリゼ』からおよそ2年ぶりとなるフル・アルバム


モーモールルギャバン / ヤンキーとKISS

【配信形態】
AAC

【配信価格】
単曲 257円(税込) / アルバム 2,100円(税込)

【収録曲】
1. AKABANEの屍
2. ガラスの三十代
3. 亜熱帯心中
4. GIKKURI
5. ミナロマンス
6. ロックミュージック
7. 異邦人
8. 贖罪
9. 夢ならば覚めてくれ
10. OTOMI
11. 彷徨う馬鹿者の全て

INTERVIEW : モーモールルギャバン

「詞はね、泣けるまで向き合ってますからね」。今回のインタヴュー中、ゲイリー・ビッチェはこんな風に語ってくれた。自分のつくる音楽に本気で感動し、本気で涙を流してしまう。そういった姿勢こそが、モーモールルギャバンから伝わってくる“まっすぐさ”や“情熱”の源なのだろう。100%やり切ることで、楽曲を聴いている人に誠意を伝える。結成から12年経ったいまでも本気で音楽に向き合う彼らの未来には、希望しかない。

インタヴュー : 飯田仁一郎
文章&構成 : 高橋秀実
写真 : 酒井麻衣

ライバルは中島みゆき

左からT-マルガリータ(Ba.)、ゲイリー・ビッチェ(Dr.&Vo.)、ユコ=カティ(Key.&Vo.)

──『ヤンキーとKISS』はみなさんにとってどういう作品ですか?

ユコ=カティ(Key.&Vo.)(以下、ユコ) : 最近ゲイリーさんは曲がすごい良いんです。

T-マルガリータ(Ba.)(以下、マルガリータ) : うん。特に最近は。

ゲイリー・ビッチェ(Dr.&Vo.)(以下、ゲイリー) : でも今にして思えば、もっとちゃらんぽらんでも良かったなと。ちょっと真面目につくりすぎたとも思うんですけど。これからはちゃらんぽらんに曲づくりしていこうと思います。というのも昨日アマチュアのときの「髪の毛抜けた」という曲を久しぶりにスタジオでやったんです。

ユコ : 昔は結構やってた曲なんですけど、久々すぎてさすがに1回聴かないと思い出せない! ってなって。改めてスタジオでiPhoneを繋げて聴いてみたら、めちゃくちゃなんですけど、最高だったんですよね。

ゲイリー : 自分で言うのもなんですけど、こいつ天才だなって。「こういう良さがいまは全くないから、これは取り戻さんといかん」と思って。あれはすごいんですよね。悪ふざけしかないんです。

ユコ : 私、自分のパートをコピーしようと思ったら、全部ノイズだったんです(笑)。「全部ノイズじゃん!」って当時の自分に文句言ったりして。

──この作品は、というより最近は全体的に真面目になりすぎている印象がある?

ユコ : そこに戻りたいというワケでもないんですけど、頭が固くなったらダメだなとは思いますね。

ゲイリー : 単純に、失ったものがいっぱいあるなと再確認したというか。ネットとかでも「昔は演奏が下手で曲が最高だったけど、いまは演奏は上手いけど曲が微妙だ」みたいなこと書かれてて。ムカつくなとかも思いつつ、確かにそういう意見もわかるなと。でも、逆に言えば音楽として今はすごいちゃんとしているし、もちろん良い曲もつくってると自負してますし。

ユコ : 良いよ曲。

──この非常にリアルありのままなスタイルの歌詞はゲイリーくんが全曲書いてるんですか?

ユコ : 全曲ゲイリーです。

ゲイリー : ライバルは中島みゆきだと思ってるので。常に中島みゆきに勝ってるか負けてるかで判断してるんですけど、ほぼボロ負けですね。

ユコ : ほぼってちょっと勝ったん? (笑)

ゲイリー : 中島みゆきの「糸」にはさすがに勝てないけど、他だったら勝負できるかなって曲は、私の歴史上2曲ぐらいありました(笑)。

ゲイリー・ビッチェ(Dr.&Vo.)

──その2曲はこのアルバムには?

ゲイリー : 入ってます、その2曲のうちの1曲が。詞はね、泣けるまで向き合ってますからね。ほんとにいまが史上最高に良いです。自己満足って言われればそれまでなんですけど。でも甲本ヒロトさんも「自分が泣けないような詞は人様にはお見せできない。恥ずかしくて」って言っていたんですよ。大先輩がそう言ってるので、私もそれを愚直に真似させてもらってます。

──ゲイリーくんのなかにテーマとかはあるんですか?

ゲイリー : テーマはないです。単なる酔っぱらいのありのままを歌詞にしたためただけです。

──ありのままなんですね。このヘルニアになったのもリアルな話?

ユコ : ノンフィクション。

ゲイリー : 「GIKKURI」は泣いちゃいますもん自分で聴いてて。なんで俺こんな曲で泣いてんだろうって思いながら。

──ちなみにヘルニアになったのはいつですか?

ゲイリー : 2007年の1月7日に発症しました。10年前なんですけど。

──ライヴでですか?

ゲイリー : ライヴの日ですね。靴下を履くか、靴を履くのどっちかをしようとしたら、右下半身に電撃が走って。でもなんとかその日のライヴはやったんです。その代わり、その日の夜は激痛で眠れなくて、決まってたライヴは欠席にしてもらったけど。

──「AKABANEの屍」もノンフィクション?

ゲイリー : 酔いつぶれてぶっ倒れて、気付いたら神奈川県のよく知らないところにいて。ネットカフェで一晩過ごした日の思い出を歌った曲です。

やっぱ良いんですよ、キスはすごい良い

──『ヤンキーとKISS』のタイトルには意味がありそうですが?

ゲイリー : 拳に対して拳で返しても、そこには争いしかないんです。ただ以前、ヤンキーに胸ぐらを掴まれて殴られそうになったときに、キスをしたらヤンキーが逃げたんですよ。ヤンキーを撃退するには拳ではなく、キスだぞというメッセージです。あとはバンドマンとかと言い合いになったりして若干空気が悪くなったとしても、キスしたら大体丸く収まる。酔っぱらってないとできないし、もちろん男相手ですけど。やっぱ良いんですよ、キスはすごい良い。

──(笑)。でもここまでちゃんと入ってくる歌詞を書ける人はいないなと思ってます。

ゲイリー : やっぱライバルはみゆきなんで(笑)。そこは頑張りどころかなと思って。

ユコ : だんだん言い方友達みたいになってる(笑)

──詞は曲ができてから書くんですか?

ゲイリー : 詞はレコーディング直前までずっと悩んでます。レコーディングの日の、さあ吹き込むぞ! というタイミングでレコード会社の人に「いま、詞ができました」って送ったり。

──ゲイリーくんの歌詞に対してお2人はどう思ってますか?

マルガリータ : 僕はあんまり歌詞を見ない。歌詞によって弾き方を変えることもしなくて、デモをもらった段階でベースラインとドラムと、簡単なキーボードが入ってるので、基本はそれに忠実な感じでやってます。

ユコ : デモは曲によってはスカスカだったり、サブメロみたいなのがぎっちり入ってたり。

ゲイリー : 単純に曲のエッセンスだけ伝わるようなデモを渡して、その後はメンバーが勝手にアレンジしなさいよという風に言っているんです。でもそれはそれで「投げた音源に縛られて大変だな」というところが見えてきたので、今度は弾き語り音源でも投げてやろうと思ってます。

──ライヴを観る感じでは、みんなでアレンジしてるイメージがあったので意外でした。アレンジも含めて、ゲイリーくんがハンドリングする形ですか?

ゲイリー : 「ガラスの三十代」のイントロのときは、ひたすらユコさんが迷走してたのを横でずっと聴いたんですけど、私が「いまのやつでいこう! 」って決めましたね。ユコさんは無限に時間があって、無限に予算があるなら多分歴史的名盤を作れるタイプの人なんです。風呂敷を広げたら無限に散らかす天才なんで。でも時間も予算も有限なんで決める人がいないと。たまたま弾いたのがユコさんで、決めたのが私みたいなアレンジの仕方でした。


モーモールルギャバン / ガラスの三十代

──ユコさんは歌詞についてはどう思ってるんですか?

ユコ : 歌詞にはノータッチです。

ゲイリー : 歌詞には正直介入されたくないというか、歌詞に口出をするなら自分のアレンジをやってよって思っちゃう。時間的にいろんなことが有限なので。だからその分、みゆきの歌詞と自分の歌詞を読み比べて「こんなんじゃダメだ」って全部1から書き直すみたいなことを毎日自分1人でやってました。

ユコ : 歌詞に本当にちゃんと向き合うスタンスになるのは自分が歌う曲だけですね。そのときは読んで、意味とか聞いたりして。

──今回のアルバムは「アルバムをつくるぞ!」で生まれたアルバムなのか、曲をつくっていった延長線上のアルバムなのかどちらですか?

ゲイリー : 契約の関係で「アルバムをつくるぞ!」がどうしても先でした。ただ最近はライヴで新曲を演っていなかったので、ライヴで演ってからレコーディングしたいなと。この前の冬のワンマンツアー中も新曲をいっぱいやりたかったので、早めに曲作りをしていたんです。だけどアレンジが全然間に合わなくて、ツアー中に1曲、ファイナルで3曲しかできなかったんです。私ね、曲を作るの早いんですけどね、このバンドね、アレンジをするの遅いんですよ。

──曲ができるまでは早いんだ?

ゲイリー : 中学生の自由研究レベルのデモあげるのは一瞬なんですけどね。やっぱり一応中学生と同じレベルの演奏するわけにはいかないんで、そこは時間がかかるのは当然なんですけど。

──どんなアルバムを作ろうと思ったんですか?

ゲイリー : そこは昔からずっと一貫してて、やっぱり全曲シングル・カットできるクオリティ。この気持ちが大事だなって思いますね。できてるかは別として、そういうスタンスでのアルバムづくりは常に心がけてます。最近、SHISHAMOさんがインタヴューで一緒のこと言ってたんですけど。

──モーモールルギャバンにはアルバムとしての良さもあるじゃないですか。2曲目とか4曲目にシングルを置いてそれ以外で、変化球を投げるみたいな。

ゲイリー : そういうことを考えながら作品を作ったことはないんです。変化球的な『野口、久津川で爆死』も、あれをシングル・カットとかしたら怒られるだろうってことをあえて天邪鬼的にアルバムのタイトルにしたりとか。やっぱり捨て曲が許せない。いや、結果的に捨て曲になっちゃってる曲は絶対あるんですけど、つくってる当事者がそれを許したら絶対ダメだとは思ってます。

──ユコさんはどんなアルバムになったと思います?

ユコ : 私が全部曲をつくるならアルバムの大きい構想があるかもしれないですけど、曲はゲイリーさん全部書いてるので。全体像というのはそんなに考えずに、1曲1曲をシングル・カットにできるぐらい、どれが選ばれても納得できるものにしていくことだけを考えてましたね。

ゲイリー : できあがって全部並べて3人で「これが俺らのいまの現実だね。実力だね。まあこれが比較的よくできたね」みたいな。

左からT-マルガリータ(Ba.)、ゲイリー・ビッチェ(Dr.&Vo.)、ユコ=カティ(Key.&Vo.)

──めっちゃ良いアルバムできた! って感覚ではない?

ゲイリー : めっちゃ良いアルバムできた! ってアルバムができる度に思ってたんですけど、結局“自分の満足度”と“売れる・売れない”は関係ないなって思ってきて。いくら自分が満足いく作品ができても、人からの受け取られ方は別なんだということをいっぱい経験してくると、どうしても客観的な視点が入るようになってくるんですよね。大人になってきて嫌だなとは思うんですけど。ただ100%やりきったということに関して、手を抜かなかった自分を褒めてやりたいと思ってます。100%やりきったからといってSEKAI NO OWARIくらい売れてくれたらいいなと思うけど、売れるかどうかなんてわかんないんで(笑)。

ユコ : いままでのアルバムと比べるのもナンセンスだと思うんですけど、単純に演奏力とか1つ1つのクオリティでいうと絶対1番良いんですよ。ただそのバランスをどうのこうの言い出すと、好みも入ってくる。どこにウェイト置いていくかっていうのは、それぞれ大事にしたい部分も違ってくるところではありますね。

こだわりは「かっこいいミスをしろ」

──どれぐらいの制作期間だったんですか?

ゲイリー : ツアー中にもスタジオに入ってプリプロとかしてたので、他のことやりながらでしたけど制作期間自体は結構長かったですね。去年の9月からいま年の2月までか。やっぱりツアーで新曲をやりたい意識が最初にあったから、制作に入るのも早かったんですよ。ツアーまでに5曲ぐらいライヴでできればいいなと思ってはいたんですけど、無理でした。

ユコ : なかなかツアーまわりながらだとライヴ脳と制作脳を行ったり来たりするんで、上手くギアチェンジするのが難しいんですよね。

ユコ=カティ(Key.&Vo.)

ゲイリー : ギアチェンジは難しいんですけど、逆にライヴの体が完璧に仕上がってるめっちゃライヴ・モードな肉体で制作ができたので、ライヴの説得力みたいなものも今までの作品よりも出せたと思いますね。どうしてもライヴ脳と制作脳で分けて考えちゃうんですけど、良くも悪くもそういう暇がなかったんで、それが結果としてちょっとBPM早いなとは思いつつ、ライヴ感ある仕上がりになったと思います。ずっとライヴしてると早くなっちゃうんですよね。だから全体的にBPM3~4くらい落としたほうが作品としては落ち着いて良かったのかなみたいな反省はないことはないですけど、でもモーモールルギャバンのライヴはこんな感じだからいいかなと。

ユコ : パフォーマンスはすごくライヴに近いパフォーマンスになってると思いますね。

──レコーディングのこだわりとかありますか?

ユコ : なるべく1発。難しいけど。

ゲイリー : レコーディングのこだわりは、「かっこいいミスをしろ」です(笑)。

──どういうことですか(笑)?

ゲイリー : いまの時代、譜面通りの演奏は機械でもできるんですよ。もはやドラマーなんて90%以上が機械に仕事奪われちゃったんですよ。だとしたら人間に残された唯一の可能性は、かっこよくミスをすることなんですよ。「かっこいいミスをすることでしか、ドラマーが生きていく道はないな」というのは常に思ってるんで。

ユコ : 私もミスしたことメンバーに報告すると、「別にかっこいいじゃん」って言われて、「このミスもそうか、良いのか」って。

──マルゲリータさんもミスを追求されるんですか?

マルガリータ : いや、僕はそうでもないと思います。自分ではすごい気になることもありますけど、それは自分なんで。他の人がOKならそれが1番っていうのはありますね。

T-マルガリータ(Ba.)

ゲイリー : エフェクターの踏み変えもミスるならかっこよくミスる。全曲においてかっこいいミス、奇跡のミスを集めた作品なんです。

──1発録りの文化でずっとやってきたからこそ生まれたものなんでしょうね。

ゲイリー : やっぱり4分間尋常じゃなく集中力を維持するって無理なんですよ。だからどこか絶対に間違えるんですよ。絶対に。ただスポットに入り込んでる人間が、取り戻さないといけないと思ったときの集中力と説得力ってすごいんですよね。だからかっこよくミスるというのはそういうことなんです。

ユコ : 一緒にテイクを録ってると、なるべく1発で録るのが理想ではあるんですけど、誰かがすごい良いプレイしたときに限って誰かがやらかすっていうのもあって。

ゲイリー : 2分まではめちゃくちゃ良かったのに、そこで止まっちゃったりとか。

──初期衝動を忘れてないというか非常にロックですよね。

ゲイリー : 初期衝動というか100%やり切ることでしか、誠意を人に伝える手段がないんですよ。私のようなグズの飲んだくれは。

──誠意?

ゲイリー : そうすることでしか音楽を真面目にやってるって言い張れないんです。矢沢永吉さんのようにツアー前に体を作って禁酒してみたいなことは一切しないですから。やっぱりね、一切そういうことをしないからには、良いライヴしないとお前ほんとに生きる価値ねえぞみたいな、単なる快楽主義者がせめて生きることを許して頂けるようにそこだけは必死に頑張ってる感じです。

──ライヴはやはりモーモールルギャバンにとって比重は大きいですか?

ゲイリー : 比重は大きいですね。若い子がみんないいライヴするんでね、やっぱりキュウソ(ネコカミ)とか売れてるけどめちゃくちゃライヴ良いんで。岡崎体育君とかも、めちゃくちゃ最高なライヴするしね。だからみんなすごいから、おっさんがあれより偉そうな顔するには、あれより良いライヴしないとダメじゃないですか。そう思うと手は抜けないですよね。

──モーモールルギャバンのリリース直前の今の状態はどんな感じですか?

ゲイリー : リリースを控えた今は希望しかない。アルバムのリリースも楽しみですし、絶好調です!

RECOMMEND

神聖かまってちゃん / 夕暮れの鳥/光の言葉

TVアニメ『進撃の巨人』Season 2 EDテーマ主題歌「夕暮れの鳥」収録のほか、新曲「光の言葉」や「男はロマンだぜ! たけだ君っ」の新録ver.と「コンクリートの向こう側へ」のリマスターver.を収録!

Have a Nice Day! / Fantastic Drag feat 大森靖子

Have a Nice Day! が大森靖子とのコラボ曲を収録したニュー・シングル。ハバナイのロマンスとドリームに満ちた新たなアンセム曲。

LIVE SCHEDULE : モーモールルギャバン

〈KISSだけじゃ済まないリリースパーティー2017〉
2017年7月14日(金) @名古屋CLUB UPSET
出演 : モーモールルギャバン / KING BROTHERS

2017年7月16日(日) @東京 渋谷WWW X
出演 : モーモールルギャバン / 打首獄門同好会

2017年7月23日(日) @京都磔磔
出演 : モーモールルギャバン(ワンマン)

ツアーの詳細はこちら

その他ライヴ情報
2017年6月4日(日)@高松 MONSTER
出演 : モーモールルギャバン / POLYSICS

2017年6月10日(土)@柏 ThumbUp
出演 : モーモールルギャバン / DESHI JISION / GIRLFRIEND

〈~CRAZYMAMA KINGDOM 10周年特別企画~10・CARNIVAL〉
2017年7月28日(金)@岡山CRAZYMAMA KINGDOM
出演 : モーモールルギャバン / ヒステリックパニック / a crowd of rebellion / RED in BLUE and more…

PROFILE : モーモールルギャバン

モーモールルギャバンは2005年に京都で結成された、ゲイリー・ビッチェ(ドラムス&ボーカル)、T-マルガリータ(ベース)、 ユコ=カティ(キーボード&ボーカル)からなる3ピース・バンド。2009年の「野口、久津川で爆死」でデビュー以来、中毒性溢れるサウンドとポップスでシーンを席巻。彼らの特徴でもある、魂をフルスロットルで観客にぶつけるアツいライヴを通して多くの熱狂的なファンを獲得。
昨年リリースのミニ・アルバム「PIRATES ofDr.PANTY」に続き、今作でもビジュアル・ディレクターにアニメーターのすしおを迎え、モーモールルギャバンの世界観を確固たるものにしている。

モーモールルギャバン公式HPはこちら
モーモールルギャバン公式Twitter

o

 
 

インタヴュー

過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
映画版・RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース
[CLOSEUP]・2017年11月20日・映画版 RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース 突然ですが、あなたは〈MOOSIC LAB〉を知っていますか?〈MOOSIC LAB〉とは、『劇場版 神聖かまってちゃん』などをプロデュースした直井卓俊による映画祭。「そもそも何でOTOTOYで映画?」と思ったそこのあなたも、歴代の参加アーティストを見ればドキリとするのでは!? そう。なんと大森靖子、BiSなどのあの作品も、全てはここがきっかけで始まったのです。数々の才能を輩出している"音楽[MUSIC]"と"映画[MOVIE]"の実験室=〈MOOSIC LAB〉、今知っておいて損はないハズ!このたびは本年度の受賞映画から、OTOTOY限定でコンピレーション・アルバムをリリース。なんとこの特集のために書き下ろしの楽曲を提供してくださったアーティストも盛りだくさん! 耳の早いあなたにこそ、是非聴いてほしいラインナップになりました。さらに次ページでは、〈MOOSIC LAB〉主宰やグランプリ受賞監督陣を交えた対談も敢行。併せてお楽しみいただけると幸いです。 ここでしか聴けない楽曲揃いの、OTO
by 阿部 文香
2018年最注目アイドルは全員中学1年生! パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年11月29日・2018年最注目アイドルは全員中学1年生!パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 2016年6月結成の5人組中学1年生のアイドルユニット、パンダみっく。結成から1年5か月にして待望の1stシングル『好きな曜日はxx』がリリース。サウンド・プロデューサーに元『カラスは真っ白』のタイヘイを迎い入れ、カラスは真っ白のカヴァー「ヒズムリアリズム」や、配信限定でリリースされた「白黒イエスノー」、そして表題曲の「好きな曜日はxx」のファンキーな3曲が収録されている。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信をおこなうとともに、アルバム購入者にはメンバーからの「寄せ書き楽曲コメントpdfデータ」つき。そして、リリースを記念してサウンド・プロデューサー、タイヘイのメール・インタヴューを掲載。パンダみっくをまだ知らないみなさん、これからの彼女たちには要要要要、要チェックですよ!! アルバム購入でメンバー寄せ書きコメントpdfつき!パンダみっく / 好きな曜日はxx'【収録曲】1. 好きな曜日はxx2. ヒズムリアリズム(rearrange ver.)3. 白黒イエスノー 【配信形態】24bit/96kHz
宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始
[CLOSEUP]・2017年11月29日・アイドル楽曲もおまかせください! 宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始 インディ・シーンを騒がせているバンドを多数生み出し、いま注目を集めている栃木県の宇都宮シーン。その大きな特徴といえば、メロディに比重をおく“メロディ至上主義”だという。そんなシーンの中でもひときわ輝くメロディを響かせるロック・バンド、Someday's Goneが、新作フル・アルバム『Someday You Will Be Loved』を、12月13日(水)にリリースする。The All-American Rejectsをはじめ海外エモ・シーンからHi-STANDARDなどのメロコアなどからも影響を受け、それらをポップスとして昇華し、ジャンルにとらわれない楽曲を生み出している。今回OTOTOYでは、そんな彼らの新アルバムを12月6日(水)より1週間先行にて配信開始、そして1週間の期間限定でリード曲「Giving It Away」のフリー配信も実施! Someday's Goneがどんなバンドなのか、メンバーのニシヤシュン、サトウショウヘイに話を訊いた。 胸が高鳴ること間違いなし10曲を先行配
by 岡本 貴之