大人になったSALUが描く藍色の世界とは?──過去最高傑作『INDIGO』のハイレゾ配信がスタート!!

SALU

香取慎吾、尾崎豊の息子である尾崎裕哉、湘南乃風の若旦那、韓国のラップ・グループiKON等からの作詞オファーやSKY-HI(AAA・日高光啓)との共作アルバムなど、自身のクリエイティヴのみならず多方面で活躍を続けるラッパー・SALU。前作『Good Morning』はゲストにSalyuや中島美嘉、トラックにtofubeatsやケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)などを招き製作された意欲作でしたが、4枚目のアルバムとなる今作『INDIGO』はよりポップに重きを置いた1枚に。気になる客演には漢 a.k.a GAMI、D.O、そして今話題沸騰中のゆるふわギャングらが参加しており、そちらにも要注目。OTOTOYではハイレゾ配信とともに、レヴューを公開。SALUが描く藍色の世界とは?


INDIGO

SALU

Album ¥3,240

SALU / INDIGO

【Track List】
01. WALK THIS WAY
02. LIFE STYLE feat. 漢 a.k.a. GAMI, D.O
03. TOKYO
04. SPACE
05. Dear My Friend
06. First Dates
07. Good Bye
08. 2045
09. 夜に失くす feat. ゆるふわギャング (Ryugo Ishida, Sophiee)
10. Butterfly
11. 東京ローラーコースター feat. FRAME a.k.a FAKE ID for Refugeecamp

【配信形態 / 価格】
24bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲購入 324円(税込) まとめ購入 3,240円(税込)


SALU / WALK THIS WAY (Official Music Video)


【REVIEW】SALU『INDIGO』

THE ARRIVAL

AKLO

Album ¥2,057

名プロデューサー・BACHLOGICが認め、時代の寵児としてシーンに飛び出したファースト・アルバム『IN MY SHOES』、メジャー・レーベルからのリリース、周りの評価と自分の実力とのギャップに苦しみながら向き合ったセカンド・アルバム『COMEDY』。この2枚にはSALU自身が経た20代前半から中盤にかけて特有の焦燥感とヒップホップで上に向かおうとするギラギラした感情がせめぎ合っていた。この当時を象徴する1曲としてAKLO、Kダブシャインとの共演楽曲「RGTO」での「SALUくんには頑張ってほしい は? おまえが頑張れ 似非評論家」という彼のヴァースには当時の周りに対する苛立ちが爆発しまくっていてとても印象的だったのを覚えている。


AKLO「RGTO feat.SALU,鋼田テフロン & Kダブシャイン」

そこからSalyuや中島美嘉を始めとする女性シンガー、今まで関わりの無かったトラック・メイカーの起用など、自身に付きまとっていた呪縛から抜け出したのが前作『Good Morning』だろう。それは彼の登場以降次々にシーンを盛り上げるような若い存在が現れたことで「若さ」という基準で彼が判断されなくなったことや、BACHLOGICの手を離れて作品全体を自身でコントロールするようになったこともその理由だと思う。彼は大人になったのだ。

そうした変化を経たことでリリースされた今作『INDIGO』は、前作が今作に向けての方向性のシフトチェンジへの第一歩だとしたら、それをより推し進めた開放的でキャッチーな1枚となった。前作が多方面からの力を借りて「ポップ」に近づいた1枚だとするならば、今作はBACHLOGICの再びのジョインや、客演も漢 a.k.a. GAMIをはじめとしてラッパーのみで統一しているところからも、ヒップホップでどこまで「ポップ」に近づけるのかにフォーカスした作品なのではないかと思う。

ピアノのリフと力強い意思を表明するリリックが光るオープニング・ナンバー「WALK THIS WAY」、BACHLOGICによる浮遊感のあるトラックの上で東京の街を描いた「TOKYO」、ゆったりとしたディスコティックな歌モノ「SPACE」、レゲエ・フレーヴァー漂うラヴ・ソング「First Dates」など様々なテイストを織り交ぜつつも、彼が今表現したいヒップホップが落とし込まれている今作だが、やはり注目は漢 a.k.a. GAMI、D.Oという先輩2人との「LIFE STYLE」、現在各所で話題を振りまくユニット、ゆるふわギャングの2人が参加した「夜に失くす」、札幌時代から付き合いのあるFRAME a.k.a FAKE ID for Refugeecampを客演した「東京ローラーコースター」の3曲だろう。

彼が一つ階段を登った階段、さらにその先にいる先輩2人による強いヒップホップへの肯定を歌うリリックに痺れる「LIFE STYLE」、MGMTの「Kids」のあのギター・リフのサンプリングと、ゆるふわの2人がオートチューン無しで歌うのが新鮮な「夜に失くす」、origami PRODUCTIONSの関口シンゴによる軽妙なトラックに付き合いの長い2人故の肩の力の抜けたリリックが気持ち良い「東京ローラーコースター」...。このタイミングで先輩、後輩、そして昔からの仲間を呼んだのも、今の彼だからではないだろうか? 先輩に対するリスペクト、若手のフックアップ、盟友と曲の上での再会。かつての彼であれば避けていた、出来なかったことに彼が真摯に取り組んだということに思わずグッときてしまう。このアルバムのタイトル『INDIGO』は藍染=愛に染めるという意味らしいが、「愛」を歌える強さと優しさを手に入れて大人になった彼は、次にどんな世界を歌うのだろうか。


SALU / 夜に失くす feat. ゆるふわギャング (Ryugo Ishida, Sophiee)【Official Music Video】

SALU DISCOGRAPHY

SALU / Good Morning

2016年作、3枚目のフル・アルバム。Salyuや中島美嘉、SHINCO(スチャダラパー)、tofubeatsなど個性的なアーティストが参加。現代の日本へ警鐘を鳴らすリリックが印象的な「Nipponia Nippon」は是非一聴を。

SKY-HI×SALU / Say Hello to My Minions

SKY-HI(AAA・日高光啓)との共作アルバム。スキルフルな2人による攻めたリリックと、現行のUSシーンへ肉薄していくようなトラックやフローが印象的な1枚。

COMEDY

SALU

Album ¥2,057

In My Life

SALU

Album ¥1,080

PROFILE

SALU

1988年札幌生まれ、神奈川育ち。
14歳で日本語でラップを書き始めた噂のニュータイプ、SALU (サル)。
根無し草のように日本各地、果てはシンガポールを転々とし、路傍の詩人としてスタートする宿命を背負った彼ならではのワードセンスと胸に刺さる詩情溢れるリリックは、香取慎吾、尾崎豊さんの長男でシンガーソングライターの尾崎裕哉、湘南乃風の若旦那、また海を越えて韓国のラップスターiKONなど、作詞オファーも後を絶たないが、ラップという音楽スタイルもあり、ある意味では代官山のセレクトショップのような、”知る人ぞ知るシンガーソングライター”だったブルー(=INDIGO)の色彩を帯びた孤高のカリスマは、衝撃のデビューアルバム『In My Shoes』から5年かけて、ホームベース=ATSUGIから世界が注目する特殊性と多様性に満ちたこのTOKYOを五感で感じながら、競争と嘘が横行するこの街に転がる世界に羽ばたくチャンスを、本腰を入れて掴みにいこうとする意気込みと成長がうかがえる。
2017年5月24日に4枚目のアルバム『INDIGO』をリリース。

OFFICIAL HP : https://www.salu-inmyshoes.com/

OFFICIAL Twitter : https://twitter.com/salu_info

OFFICIAL Instagram : http://instagram.com/salu_info/

o

 
 

レヴュー

セーラームーンの音楽の世界をオーケストラ・サウンドで再現!クラシック・コンサート・アルバム・リリース!
[FEATURE]・2017年12月11日・祝セーラームーン25周年! 史上初となったクラシック・コンサートの模様を収録したアルバムをハイレゾ配信! 2017年で『美少女戦士セーラームーン』は誕生から25周年! 周年を祝うプロジェクトの1つとして今年8月2、3日に東京芸術劇場にて開催された、史上初の『美少女戦士セーラームーン』クラシック・コンサートの模様がこの度ハイレゾ音源化! 作品を彩り、時を越えて今もなお愛され続けている名曲たちが珠玉のオーケストラ・サウンドであなたの耳でも甦ります! OTOTOYでは当日のコンサートにも出向き、その日の興奮を実際に体感したライターによるレヴューを掲載。是非とも良い音で迫力のサウンドに触れてみてください! セーラームーンの名曲たちを極上のオーケストラ・サウンドで美少女戦士セーラームーン 25周年記念Classic Concert ALBUM'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 432円(税込) / アルバム 4,200円(税込)【収録曲】01. アバンタイトルBGM オープニングナレーション02. ムーンライト伝説03. 愛の戦士04
ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラック・メイカー!──Nujabesの過去作配信開始
[CLOSEUP]・2017年12月13日・ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラックメイカー!──Nujabesの過去作配信開始 日本を代表するトラックメーカーとして活躍しながら、2010年に36歳という若さでこの世を去ったNujabes。そんな彼の過去作をOTOTOYではまとめて一気に配信を開始する。ジャズとヒップホップを自在にクロスオーヴァーするサウンドからジャジー・ヒップホップというジャンルまで確立させた彼の名盤の数々をこのレヴューとともにお楽しみください。(Texted by 高柳圭佑) REVIEW : FIRST COLLECTION 12inchを中心にリリースを重ねていた〈hydeout production〉初のレーベル・コンピレーション・アルバム。プロデュースはレーベルを主宰するNujabes。それまでアナログ盤でしか聴くことのできなかったShing02とのM6「Luv(Sic)」、M14「Luv(Sic)pt.2」が収録されている。他にもNujabesのビートにFunky DLの軽快なラップが響き渡りるM2「Don’t Even Try It」など初期hydeoutの代表作が揃っていて、この先の進化の過程
by marvinkei
【REVIEW】「絶望」と対峙する人間――映画『GODZILLA 怪獣惑星』公開記念特集レヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月27日・「絶望」と対峙する人間──映画『GODZILLA 怪獣惑星』公開記念特集レヴュー! 1954年に誕生した、映画『ゴジラ』は、巨大な文化的アイコンとして世界中の人々に愛されてきた。そして2017年、“ゴジラ”は誰も予想しなかった新たな“進化”を果たす。それがアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』である。本作で描かれるのは、これまでのどんな“ゴジラ”とも一線を画すシビアでハードな未来世界。二万年もの間、地球に君臨し続けてきた“ゴジラ”とそれに対峙する人類の因縁の物語だ。そしてそんな『GODZILLA 怪獣惑星』の世界へとさらに私達を引き込むのが、劇中で流れるサウンド・トラックたち。音楽を担当したのは「HERO」「真田丸」「半沢直樹」など大ヒットドラマの音楽を手掛け、さらに『ゴジラvsスペースゴジラ』、『ゴジラ2000 ミレニアム』の映画音楽も担当した、服部隆之。そして、主題歌には稀代の才能を持つ新人女性ヴォーカル、XAIが異例の大抜擢。プロデュースは世界的人気を誇る、BOOM BOOM SATELLITESの中野雅之が担当しており、彼女の神秘的な歌声が救いの手となるような美しい『WHITE OUT』
by ai
【REVIEW】ampel・河原太朗のソロ・プロジェクトが始動!──TENDREとしてソロデビューEP『Red Focus』をリリース!
・2017年12月06日・数々のアーティスト・サポートを務めている河原太朗がついに表舞台に!──ソロ・プロジェクトTENDREが始動 3人組バンド・ampelのメンバー河原太朗(Vo/Ba)のソロ・プロジェクト“TENDRE”がデビューEP『Red Focus』をリリース! KANDYTOWNやYogee New Wavesなど様々なバンドやアーティストのライヴ・サポート、レコーディングに参加し、彼の名前がクレジットされているのを目にする機会が最近多いが、果たして彼自身はどんな音楽を奏でているのか…… 本作を聴いて確かめてほしい。ぜひこちらのレビューとともにお楽しみください。 ソロ名義でのデビューEPTENDRE / Red Focus'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 1234円(税込)【収録曲】''1. DRAMA2. DISCOVERY3. crave4. Night & Day5. hanashi6. Them Changes REVIEW : TENDRE彼が生み出す音はこの上なく洒落ている。俗っぽい言い方になってしまうがこの一
by marvinkei
祝! 誕生40周年「ルパン三世のテーマ」コンピレーション・アルバムがリリース
[REVIEW]・2017年12月06日・国民的テーマ・ソング「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念コンピがリリース&旧譜プライスオフ開催 ルパン三世の誕生から50周年、そして「ルパン三世のテーマ」が誕生して40周年。「ルパン三世のテーマ」だけを詰め込んだ記念コンピレーション・アルバムがリリースされた。今や日本ならず世界中から愛されている作品に、さまざまな角度から華を添えられた17曲のパレードを、ぜひご堪能いただきたい。 また、誕生40周年を記念して旧譜10タイトルの30%プライスオフ・キャンペーンを実施。まとめ買いなら今がチャンス。クリスマス・プレゼントにも最適な作品たち。2018年1月31日までの期間限定ですので、この機会にお買い逃しなく! 「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念作品~ THE BEST COMPILATION of LUPIN THE THIRD 『LUPIN! LUPIN!! LUPINISSIMO!!!』'【Track List】01. THEME FROM LUPIN III 2015 / You & Explosion Band02. THEME FROM LUPIN III 2015~ITALIAN BLUE ver
【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信
・2017年11月28日・【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信 すでにリリースから数日で、世界中に大きな評価を受けているビョーク『ユートピア』。インパクト大のヴィジュアル、そしてサウンド・コラボレーターのアルカとの2作目となるその音楽性は新たな次元へと突入している。繊細な表現と、まるでそれが流れた空間を包み込んで異界化してしまうような凄まじいエネルギーが同居する、その脅威の歌声はハイレゾでぜひとも隅々まで楽しむべき作品といえるだろう。OTOTOYでは本作のハイレゾ配信とともに、気鋭のライター、八木皓平による詳細なレヴューにて、その魅力をお伝えしよう。 24bit/96kHzで配信中björk / Utopia(24bit/96kHz)'【Track List】01. Arisen My Senses02. Blissing Me03. The Gate04. Utopia05. Body Memory06. Features Creatures07. Courtship08. Losss09. Sue Me10. Tabula Rasa11. Claimstaker12. Paradisia13. S
by 八木 皓平
セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!!
[CLOSEUP]・2017年11月16日・セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!! 10代の心象風景を激しさとせつなさとともに描く楽曲とライヴで話題を呼んだ3ピース・バンド、セツナブルースター。2008年に活動休止を宣言した彼らが、12月3日(日)、マイナビBLITZ赤坂で開催予定の〈DECEMBER'S CHILDREN〉昼の部で復活を果たす。2002年12月11日にリリースされた『キセキ』発売15周年を記念して、ギター倉島大輔の弾き語りを中心に全収録曲演奏、メンバーの島田賢司(B&Vo)と宮下裕報(Dr&Vo)も出演し、公式には9年ぶりにバンド形式の演奏も行われることがアナウンス。それを記念しOTOTOYではインディーズ期の名盤を一挙配信開始。さらにインディ2ndアルバム『「二十歳」より』のデモ音源を期間限定で試聴解禁。彼らの高校の同級生のライター西澤裕郎がレビューでその歩みを振り返る。この機会を絶対に見逃さないように。 >>セツナブルースター「キセキ」リリース15周年特設ページはこちら セツナブルースター、インディーズ時代の名盤を一挙CD音質にて配信開始 記念すべきインデ
by 西澤 裕郎
【REVIEW】ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信&期間限定フリーDLも!
[CLOSEUP]・2017年11月17日・ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信 & 期間限定フリーDLも! 九州大学のサークル・メンバーで2015年に結成され、はっぴいえんど、山下達郎、PAVEMENT、sea and cake、ミツメ、ホテルドミニク、Mac Demarco...古今東西のポップ・ミュージックたちと、同郷の先達であるNumber Girlをナードな佇まいで咀嚼した、人懐こさと青さ漂うサウンドを鳴らす3人組、その名もよあけ(yoake)。 そんな彼らが九州のオルタナティヴ・シーンにおける最重要人物、PANICSMILE・吉田肇が主宰する〈Headache Sounds〉より初の全国流通作となる1stアルバムをリリース!! OTOTOYでは是非とも多くの人に聴いていただきたく、12月15日の発売に先駆け約1ヶ月の先行配信と、アルバムの楽曲より「MABOROSHI」の期間限定フリー・ダウンロードが決定! レーベル・オーナーである吉田肇のコメント、そしてアルバム・レヴューと共にまずはフリー楽曲の一聴を! アルバム収録曲より期間限定フリー・ダウンロード!よあけ / MABOROSHI(期間