再び火のついた初期衝動──アット・ザ・ドライヴ・イン、17年ぶり(!!)となるアルバムをリリース!!

アメリカを代表するエモ、ポスト・ハードコア・バンド、アット・ザ・ドライヴ・イン。2001年に無期限の活動休止を宣言し、以降はマーズ・ヴォルタ、スパルタなどで精力的に活動を続けていた彼らですが、突如として2012年活動再開。海外フェスであるコーチェラやロラパルーザにヘッドライナーとして出演し、日本でもフジロックに出演した。その後はしばらく沈黙が続いたものの、2016年には活動休止後は初となる大規模なワールド・ツアーを実施。圧巻のライヴを世界各地で見せつけた彼らは今年2017年、満を持して17年ぶりとなるアルバム『in∙ter a∙li∙a』をドロップ。伝説となっていたバンドを再びその前線へと引き戻す快作。是非ともハイレゾで。



At The Drive-In / in∙ter a∙li∙a

【Track List】
01. NO WOLF LIKE THE PRESENT
02. CONTINUUM
03. TILTING AT THE UNIVENDOR
04. GOVERNED BY CONTAGIONS
05. PENDULUM IN A PEASANT DRESS
06. INCURABLY INNOCENT
07. CALL BROKEN ARROW
08. HOLTZCLAW
09. TORRENTIALLY CUTSHAW
10. GHOST-TAPE NO.9
11. HOSTAGE STAMPS

【配信形態 / 価格】
24bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲購入 410円(税込) まとめ購入 2,601円(税込)

【REVIEW】At The Drive-In 『in∙ter a∙li∙a』


At The Drive In - Hostage Stamps(Official Music Video)

思えば長らくの活動停止から目を覚ました2012年の再始動は多くの人々を喜ばせたものの、「やっぱりバンドの再結成って...」と喜ぶ人々の肩を落とさせるようなある意味年月の経過の残酷さを教えてくれたような活動再開で、その後の2016年の二度目の再始動の際もツアー直前のタイミングでオリジナル・メンバーのギタリスト、ジム・ワードの脱退や、ヴォーカル、セドリック・ビクスラーの声の不調によるツアーのキャンセルなど、ファンの気持ちをやモヤモヤさせるようなトラブルばかりが聞こえてくる状況にすっかりがっかりさせられてしまっていた。

しかしそうしたバンドの不調は結果としてメンバーのバンドに対する気持ちに再び火をつけたようで、確実に今作『in∙ter a∙li∙a』にはいわゆる再結成当初のがっかり感は払拭されている。バンドにフレッシュさが戻り、各自が活動を経たことによる円熟味と強い説得力。個人的な彼らの最大の魅力は「緻密にブチ切れてる」部分であると思っているが、活動休止前の彼らは緻密さとブチ切れ度なら圧倒的にブチ切れ度への比重が大きかった。そこにはハードコアの持つ初期衝動的なエネルギーの発露の美しさがあったし、それが彼らを大きくもした。再結成した当時は”巧さ”はあってもバンド全体に初期衝動的なエネルギーは無かっただろうし、オリジナルのギタリストであるジムが居なくなってしまった穴は間違いなく大きいとは思うが、新ギタリスト・キーリー・デイビス(ex.ENGINE DOWN,Denali)が加入したことで初期衝動感、ブチ切れ感がバンドに戻ったからこそ、今作が生まれたような気がするのである。

モダンなラウド・ミュージック好きにも伝わるような良い意味での仰々しさもありつつ、耳を傾けるとバンドの頭脳であるオマーの変わらぬギターのキレキレかつ変態な音作りや、セドリックのヴォーカル・ワークの艶や力強さもしっかりアルバムにパッケージングされているので、新しいファンはレジェンドの貫禄を、オールド・ファンは年月の経過による重厚感を楽しめる1枚としてぜひとも爆音でブチ上がっていただきたい。

(Text by 高木理太)

At The Drive In JAPAN Tour 2017

2017年9月19日(火)@東京 ZEPP TOKYO
開場 : 18:00 開演 19:00
料金 : 7,000円 2F・指定席 8,000円

2017年9月22日(金)@大阪 なんばHatch
開場 : 18:00 開演 19:00
料金 : 7,000円 2F・指定席 8,000円

2017年9月24日(日)@愛知 名古屋CLUB QUATTRO
開場 : 17:00 開演 18:00
料金 : 7,000円

公演オフィシャルサイト : http://ynos.tv/hostessclub/schedule/20170919.html

ギタリスト、オマー・ロドリゲス・ロペスによる未発表ソロ音源多数配信中!!

PROFILE

At The Drive-In

1993年、アメリカ合衆国テキサス州エル・パソにて結成。初期メンバーはジム・ワード、ジャレット・レン、セドリック・ビクスラー、ケニー・ホッパー、バーニー・リンコン。その後いくたびかのメンバー交代が行われ、現在はセドリック・ビクスラー(ヴォーカル)、オマー・ロドリゲス・ロペス(ギター)、ポール・ヒノジョス(ベース)、トニー・ハジャー(ドラム)、キーリー・デイビス(ギター)で活動。1996年にデビュー作『アクロバティック・テナメント』を発売。バンドはアルバムごとに進化を遂げ、2000年にメジャー・デビュー・アルバム『リレーションシップ・オブ・コマンド』を発表。イギー・ポップのゲスト参加などで大きな話題を呼び、SPIN誌の『過去30年で最も優れたアルバム300(1985-2014)』、Kerrang!誌『21世紀の最優秀アルバム50』に選出されるなど、数々の有名音楽媒体で称賛された。2001年に活動休止。2017年、ニューアルバム『インター・アリア』のリリースとワールド・ツアーを発表。

At The Drive-In 日本公式 HP : http://hostess.co.jp/atthedrivein/

o

 
 

レヴュー

F.I.X.RECORDSから待望のAQUAPLUSヴォーカル曲集第11弾をDSDで配信開始
[FEATURE]・2018年01月24日・F.I.X.RECORDSから待望のAQUAPLUSヴォーカル曲集第11弾をDSDで配信開始 様々なゲーム作品をリリースしているLeaf/AQUAPLUSのヴォーカル曲を集めた『AQUAPLUS VOCAL COLLECTION』シリーズの第11弾アルバムが、ついにハイレゾ・DSDで配信開始となった。本作には「WHITE ALBUM2 -closing chapter-」 「WHITE ALBUM2 幸せの向こう側」「ティアーズ・トゥ・ティアラII 覇王の末裔」の楽曲が収録されている。OTOTOYではアルバム購入で歌詞pdfつき。歌姫たちの美声を歌詞とともに酔いしれてほしい。 AQUAPLUS VOCAL COLLECTION VOL.11'【配信価格】(左)DSD(2.8MHz)+mp3 まとめ購入のみ 3,240円(右)WAV / ALAC / FLAC(24bit/96kHz) 単曲 324円 / まとめ購入 3,240円【Track List】''1. 時の魔法 -- 小木曽雪菜2. 心はいつもあなたのそばに -- 津田朱里3. closing -- 上原れな4. Routes -- 小木曽雪菜
by 純三
【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画、第11弾》──goodtimes、主人公への可能性を奮い立たす王道ロック
[CLOSEUP]・2018年01月24日・《12ヶ月連続配信企画、第11弾》──goodtimes、主人公への可能性を奮い立たす王道ロック 10年超のバンド・キャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らの第11弾シングル「ダークヒーロー」の配信がスタート。彼らの魅力にうっとりしてしまう楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみいただきたい。 goodtimes、背中を押してくれる第11弾goodtimes / ダークヒーロー'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) 【収録曲】''01. ダークヒーロー REVIEW : 泥臭さ上等。雑草根性で走り抜ける。 12ヶ月連続配信も今回を含め残り2回となった。寂しさが感じられるようになっているあなたは、すっかりgoodtimesの虜になっているはず。2018年になり、goodtimesのスタートは、彼ららしいキャッチーな王道ロックで攻める泥臭さ上等の雑
by ai
【REVIEW】2018年最初の要注目新人登場! 女性SSW・marucoporoporoの初作品をハイレゾ独占配信!
[CLOSEUP]・2018年01月10日・確かな才能の萌芽がここに──今後要注目の女性SSW・marucoporoporoの初作品をハイレゾ独占配信 すごい新人の登場です! 作詞、作曲、編曲そしてミックスまで一人でこなす、23歳(2018年時)の女性シンガー・ソング・ライター、その名もmarucoporoporo。そんな彼女が初音源となるEP『In her dream』を〈kilk records〉よりこの度リリース。力強くも繊細な歌声と、生楽器と電子音が重なり合う幻想的なサウンドは、デビュー作とは思えない完成度の高さに思わず息を呑むこと間違いなし。OTOTOYでは今作のハイレゾ版を独占配信すると共に、レヴューを掲載。期間限定(2018年1月10日(水)〜1月17日(水)23:59)にて音源のフル試聴も行っておりますのでまずは一聴を! OTOTOYではハイレゾ版を独占配信!marucoporoporo / In her dream'【Track List】01. Sunshine02. Touch the hand03. Dear04. Never let me go05. Little boy and girl【配信形態 / 価格】WAV、A
【REVIEW】誰もが心待ちにしていた再始動が遂に!──Ovallが4年ぶりとなるアルバムをリリース
・2017年12月13日・誰もが心待ちにしていた再始動が遂に!──Ovallが4年ぶりとなるアルバムをリリース 2013年に2ndアルバム『DAWN』のリリース後、4年間活動を休止していたOvallが遂に再始動。それに伴い新作アルバム『In TRANSIT [Deluxe Edition] 』をリリースする。今作では〈origami PRODUCTIONS〉のファンサイト限定でリリースされたCD『In TRANSIT』の収録曲をメインとしつつ、新曲「Winter Lights」や既発曲のリミックス・ヴァージョンなど全22曲とボリューミーな内容となっている。そんなOvallの新作をOTOTOYでは配信とともにレヴューを掲載する。 4年ぶりの新作!Ovall / In TRANSIT [Deluxe Edition]'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 205円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''1. In TRANSIT2. Someday Somewhere3. Mr. Smith 4. Liquid Mental 5. Open Your Eyes
by marvinkei
【REVIEW】ポップの旗手としてミツメの飛躍が始まる! ──史上最高のポップ・ソングをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年12月20日・ポップの旗手としての飛躍が始まる! ──ミツメの史上最高のポップ・ソングを、ハイレゾ配信&レヴュー掲載 2016年のアルバム『A LONG DAY』リリース以降、国内12箇所、15公演、中国7都市、台湾、韓国、ロサンゼルスをまわるツアーを行ったミツメが、満を持してシングル「エスパー」をリリースした。ミツメ節と言える、人肌の温かいポップ・エッセンスを還元濃縮した、ミツメ史上最高との呼び声高いポップ・ソング「エスパー」を表題曲にし、初期ミツメを彷彿とさせながらも、ライブで培った圧倒的な演奏力と、進化し続ける川辺のソングライティングが爆発。新たな一面とミツメらしさを兼ね備えたこちらの最新作を、OTOTOYではハイレゾ配信、そして楽曲をよりお楽しみいただくためにレヴューを掲載する。 ミツメ史上最高のポップ・ソングエスパー / ミツメ'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC【価格】単曲 324円(税込) / まとめ 540円(税込) 【収録曲】''1. エスパー2. 青い月 REVIEW : いまだかつてなく熱っぽいミツメのポップ宣言 こんなにも熱っぽいミツメを聴く時が来たと
[CLOSEUP]・2017年12月20日・《12ヶ月連続配信企画、第10弾》──新たな「はじまり」に胸を打つ、どストレートなウェディング・ソング 10年超のバンド・キャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らがこの度、第10弾「はじまり」の配信をスタートした。彼らの魅力にうっとりしてしまう楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみいただきたい。 goodtimes、新たな「はじまり」を祝福する第10弾goodtimes / はじまり'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. はじまり REVIEW : 和やかな愛の延長戦にある、どストレートなウエディング・ソング ついに彼らの配信楽曲も10曲目に突入! こちらの配信が毎月の楽しみになっている人も少なくないはずだ。そんな記念すべき第10弾は、新郎から新婦へ送られた手紙にそのままメロディをつけたかのような、どストレートなウェディング・
何もかもを肯定する美しい破壊衝動――緻密に再構築されたworld's end girlfriendの完結する世界
[CLOSEUP]・2017年12月22日・何もかもを肯定する美しい破壊衝動――緻密に再構築されたworld's end girlfriendの完結する世界 world's end girlfriendによる6年ぶりのアルバム『LAST WALTZ』、wegの音としか形容のしようのない、圧倒的な世界観を繰り広げていたが、このたび、収録楽曲をさまざまなアーティストがリミックスしたリミックス・アルバム『LAST WALTZ REMIX』をリリース。主宰レーベルのアーティストなど、多彩な顔ぶれのリミキサーたちが、その世界観をさらに拡張している。OTOTOYでは本作品をレヴューとともにハイレゾ配信でお届けしよう。 豪華クリエイター陣によるリミックス・アルバム!!world's end girlfriend / LAST WALTZ REMIX'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 173円(税込) / アルバム価格 1,728円(税込)※AACのみ単曲 162円(税込) / アルバム 1,620円(税込) 【収録曲】01. matryoshka REMIX / Plein Sol
by 阿部 文香
【REVIEW】ヤナセジロウのソロ・プロジェクトbetcover!!がデビュー作『high school !! ep.』をリリース
[CLOSEUP]・2017年12月20日・恐怖をも感じさせる衝撃的な出会い──betcover!!デビュー作『high school !! ep.』をリリース 今後インディー音楽シーンの一端を担うことになるであろうサウンド・センスを持った表現者、ヤナセジロウ。“betcover!!”は、彼のソロ・プロジェクトとして2016年夏に本格的な活動を開始し、同年にロッキング・オン主催のアマチュア・アーティスト・オーディション「RO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPAN」で優勝した、いま最も魅力ある若手アーティストのひとりである。デビュー作となる『high school !! ep.』は関わったクリエイター全員が高校生であるという、まさに現音楽シーンへの若者からの挑戦状となるような1枚。Earth Wind & Fireなどのブラックミュージックをルーツとしつつ、予想を裏切る多様な切り口で聴く者を翻弄する傑作『high school !! ep.』を、レヴューと共にお楽しみください。 若者からの挑戦状! デビューEPを配信中! betcover!! / high school !! ep.'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(1
by ai