トータスのギタリスト、ジェフ・パーカー、ディラからの影響を公言する作品をハイレゾ・リリース!

Chicago Underground、Activities Of Dustをはじめ、現在もトータスのメンバーとして活躍する名手、ギタリストのジェフ・パーカーが2016年6月にリリースしたソロ2作目『The New Breed』の日本盤がリリースされた。日本盤では、レーベルメイトであるシカゴ在住のドラマー、マカヤ・マクレイヴンによる「Logan Hardware Remix」が追加収録されている。シカゴの新興レーベル〈International Anthem〉から昨年リリースされていた本作は、NPR、Observer、New York Times、Los Angeles Times、Aquarium Drunkard、Bandcamp等アメリカの音楽メディアで年間ベストにランクインし、非常に高い評価を獲得している。OTOTOYでは、こちらハイレゾ版のデジタル配信を行うとともに、アルバム全体購入に、CDと同様、柳樂光隆(『JAZZ THE NEW CHAPTER』監修者)によるライナーノーツをPDFで同梱。きめ細やかなギターの響き、そしてその極上のビートをハイレゾで。


配信ではOTOTOY限定、ハイレゾ版アルバムまとめ購入で柳樂隆光によるライナーPDF付き

Jeff Parker / The New Breed (24bit/44.1kHz)

【Track List】
01. Executive Life
02. Para Ha Tay
03. Here Comes Ezra
04. Visions
05. Jrifted
06. How Fun It Is To Year Whip
07. Get Dressed
08. Clich
09. Logan Hardware Remix -- Jeff Parker, Makaya McCraven

【配信形態 / 価格】
24bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC
単曲 250円(税込) / アルバムまとめ購入 1,800円(税込)

REVIEW:Jeff Parker『The New Breed』ジャズを起点に、ディラ・ビートへ


文:寺島 和貴

こんな秀作に気づかずにいたなんて……。僕と同じように買い逃していたアナタ、日本盤が出るこのタイミングでしれっと買ってしまいましょう。今なら去年この作品をスルーしていたことも帳消しです。

とかいう話は置いておいて。ソロ2作目となる本作は、ジェフ本人とポール・ブライアン(ミシェル・ンデゲオチェロやノラ・ジョーンズのツアー/レコーディング・メンバーとして知られる)の共同プロデュースとなっており、ポールはベーシスト / レコーディング・ミックス・エンジニアとしても参加している。また、Jディラ以降のうねるようなビート感をもフリーキーにたらしているのはロバート・グラスパー・トリオへの参加で一躍注目を集めたジャズ・ドラマー界の新星ジャマイア・ウィリアムス。それに加え、マスタリングはJ・ディラの最高傑作『Donuts』を手がけたデイヴ・クーリーが手がけている。これだけの情報でも、この作品がソウル~ヒップホップ~ジャズとクロスオーバーした音楽性を持っていることは明らかだろう。

オープニングを飾る「Executive Life」は、タメの効いたドラムとバッキングにギターとサックスの艶やかなユニゾンが乗るネオ・ソウル・ライクなビート・ミュージック。かと思いきや、後半からは各パートがフリーキーにプレイする浮遊感ある展開が刺激的。インタールード的な「Para Ha Tay」を挟んで、3曲目の「Here Comes Ezra」は、BADBADNOTGOODの『Ⅳ』を彷彿とさせる、ふくよかなギターとミニマルなトラックが不穏な一曲だ。昨年惜しくも亡くなったビブラフォン奏者ボビー・ハッチャーソンのカヴァー「Visions」では、ジェフの哀愁ただようソロギターが耀り、続く「Jrifted」はどのパートを取ってもジャズ・プレイヤーたちの真骨頂を見るような、フリースタイルな展開が続く。ジェフの実娘であるルビー・パーカーがヴォーカルを務める「Cliche」では、素朴な彼女の歌声とサックスの二枚看板で曲を彩る。ストイックにロウでレイドバックなビートを叩き続けるジャマイア・ウィリアムスの仕事も素晴らしい。そして、アルバムの最後を担うは日本盤限定の「Logan Hardware Remix」。収録曲のトラックから生み出された“いいとこどり”のリミックスは、作品中で最もアグレッシブなビート・ミュージックに仕立てあげられ、まるで洋画のエンドロールを見ながら聴くふたつ目のエンディング曲のよう。ぐっと重心を抑えつつもじわじわと高揚感が煽られる気持ちいい締めになっている。

『The New Breed』、非常に間口が広いアルバムである。トータスやジャズのファンはもちろん、ヒップホップとネオソウルやいわゆる『Jazz The New Chapter』系のサウンド、ロウなビート・ミュージックといったようなヒップホップ経由の音楽を聴いている人には特にレコメンドしたい。普段聴いている音楽にも新たな発見があるような味わい深い作品になっているので、是非手に取ってみて欲しい。また、翌月にトータスとジャズ・ドラマー、スコット・アメンドラのメンバーとして来日が予定されている。こちらも併せてチェックしてみて欲しい。


本作品のクレジット(日本盤リリース元、HEADZの公式ページより転載)

Produced by Paul Bryan and Jeff Parker

Jeff Parker - electric guitar, Korg MS20, Wurlitzer electric piano, Mellotron, loops and samplers, MIDI and drum programming
Josh Johnson - alto saxophone, flute, clarinet, Wurlitzer electric piano, Mellotron
Paul Bryan - electric bass guitar
Jamire Williams - drums
Jay Bellerose - drums and percussion (“Visions” only)
Ruby Parker - vocals

Engineered, edited and mixed by Paul Bryan intermittently from February to December, 2015 in Santa Monica CA.
Vocals recorded by John McEntire at SOMA E.M.S., Chicago.
Mastered by Dave Cooley at Elysian Masters, Los Angeles.

All songs and lyrics composed and arranged by Jeff Parker (umjabuglafeesh music, BMI),
except “Visions” by Bobby Hutcherson

RECOMMENDED

J Dilla / The Diary

2002年に制作されるもお蔵入りとなっていたJ・ディラのアルバム。2002年といえば、2000年前後のディアンジェロ、スラム・ヴィレッジ、ア・トライブ・コールド・クエストの作品といった彼の才能を世に認めさせた、代表的なプロデュース参加がリリースされた直後。とはいえ、こちら数曲以外は彼が認めたプロデュースによるラップ・アルバムといった体裁。

PPP / Triple P

上記作品にも参加、プロデューサーとしてJ・ディラにも認められたワジードを中心としたR&B〜ビート・ミュージックのグループで、デトロイト出身というところも含めて、ある意味でJ・ディラの後継者とも言えそうな期待を背負っていた。こちらは2005年の名盤。

Tortoise / The Catastrophist

ひさびさのリリースとなったアルバム。ジェフの本格的な参加作品となった名盤『TNT』を彷彿とさせる、豊かなバンド・アンサブルが中心にした作品なった。

SCHEDULE

ジェフ・パーカー来日情報
5月にトータスのメンバーとして来日決定、またジャズ・ドラマー、スコット・アメンドラのユニットのメンバーとして来日します。

SCOTT AMENDOLA BAND featuring
NELS CLINE, JEFF PARKER, JENNY SCHEINMAN & CHRIS LIGHTCAP


2017年5月11日(木)~ 5月13日(土)
at COTTON CLUB

■5月11日(木) & 5月12日(金)
[1st.show] open 5:00pm / start 6:30pm
[2nd.show] open 8:00pm / start 9:00pm
■5月13日(土)
[1st.show] open 4:00pm / start 5:00pm
[2nd.show] open 6:30pm / start 8:00pm

ライヴの詳細情報
http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artists/scott-amendola/

トータス
ビルボードライブ公演

東京
2017年5月15日(月) & 5月17日(水)
at Billboard LIVE TOKYO

1st 開場17:30 / 開演19:00
2nd 開場20:45 / 開演21:30

大阪
2017年5月19日(金)
at Billboard LIVE OSAKA
1st 開場17:30 / 開演18:30
2nd 開場20:30 / 開演21:30

ライヴの詳細情報
http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/47583/2

PROFILE

JEFF PARKER

ヴァージニア州ホンプトン生まれ、ジャズ・ギターリスト。やはりキャリアが注目されるようになったのは、1993年にシカゴにその活動拠点を移し、シカゴ音響派〜トータスへの加入を経てから。トータス以外では、ソロ作、そしてアイソトープ217、シカゴ・アンダーグラウンド・トリオ / カルテット / オーケストラなど、そのキャリアを象徴するようにシカゴのポストロック〜アヴァン・ジャズの橋渡しとなるようなプロジェクトで活動。現在はシカゴを離れてLA在住。

JEFF PARKER アーティスト・ページ

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信&期間限定フリーDLも!
[CLOSEUP]・2017年11月17日・ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信 & 期間限定フリーDLも! 九州大学のサークル・メンバーで2015年に結成され、はっぴいえんど、山下達郎、PAVEMENT、sea and cake、ミツメ、ホテルドミニク、Mac Demarco...古今東西のポップ・ミュージックたちと、同郷の先達であるNumber Girlをナードな佇まいで咀嚼した、人懐こさと青さ漂うサウンドを鳴らす3人組、その名もよあけ(yoake)。 そんな彼らが九州のオルタナティヴ・シーンにおける最重要人物、PANICSMILE・吉田肇が主宰する〈Headache Sounds〉より初の全国流通作となる1stアルバムをリリース!! OTOTOYでは是非とも多くの人に聴いていただきたく、12月15日の発売に先駆け約1ヶ月の先行配信と、アルバムの楽曲より「MABOROSHI」の期間限定フリー・ダウンロードが決定! レーベル・オーナーである吉田肇のコメント、そしてアルバム・レヴューと共にまずはフリー楽曲の一聴を! アルバム収録曲より期間限定フリー・ダウンロード!よあけ / MABOROSHI(期間
むすびズム、ラスト・シングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年11月21日・むすびズム、ラスト・シングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 ASOBISYSTEM発、5人組アイドル・グループ、むすびズム。12月10日の3周年ワンマン・ライヴをもって解散することになった彼女たちの、4枚目にしてラスト・シングル『恋の戦士』がリリース。前作の『キミに夢CHUXX』に引き続き、今作もSEIJプロデュースによるキャッチーなシンセ・ポップ・サウンドに仕上がっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ独占配信するとともに、メンバーからのコメントを掲載。キラキラ可愛い5人のビジュアルと歌声は永遠です!! アルバム購入でブックレットpdfつき!むすびズム / 恋の戦士【A盤】'【収録曲】1. 恋の戦士2. またね 3. 恋の戦士 -Instrumental-4. またね -Instrumental- 【配信形態】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 300円(税込) / まとめ価格 1,200円(税込)むすびズム / 恋の戦士【B盤】'【収録曲】1. 恋の戦士2. 確信のフライデー 3. 恋の戦士 -Instrumental-4. 確信のフライデー -In
現役高校生5人組ロック・バンド、FAITHがポップ・パンクを正面突破
[CLOSEUP]・2017年11月17日・この音楽は勇気で、正義だ──現役高校生5人組FAITHがポップ・パンクを正面突破 すごいやつらが現れた! 長野県伊那が生んだポップ・パンクのニューヒーロー候補、FAITH! 現役高校生5人組、うち3人が日米のダブルという珍しい組み合わせに加え、Vo.ドリチュラーあかりはSPINNSのモデルとしても活躍中。「モデルがファッション感覚で音楽やってるんだろ?」そう思いの方もいるかもしれませんが、すでに実力は折り紙付き! 今夏開催された10代限定夏フェス〈未確認フェスティバル2017〉ではファイナリスト8組の1組に選ばれており、サウンドも往年のエモ / ポップ・パンク好きにはたまらない海外志向の本格派! OTOTOYではそんな期待のニューカマーの記念すべき初全国流通盤を配信とともに、現役大学生の目線から独自のレヴュー掲載! FAITH / 2×3 BORDER【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 1201円(税込)【収録曲】1. Take me away from here2. Bana Pla3. distance4. DON’T FALL5. S
by 中の人
BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年11月17日・BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信 ウィル・ウィーゼンフェルトのメイン・プロジェクト、バスの3rdアルバム『Romaplasm』が到着した。もはや老舗アンダーグラウンド・レーベルとなった〈アンチコン〉からリリースされた本作は、開放感に溢れるポップな作品に、また“ビートメイカー”から一歩踏み込んだ、シンガー・ソング・ライターとしての側面も前面に出た作品となった。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信。ダディー・ケヴによるマスタリングもぜひとも堪能していただきたい。さらにはレヴューとともに、こちらもハイレゾ配信となっているジオテック名義『Abysma』リリース時の記事も関連作として再掲してお届けします。 Baths / Romaplasm(24bit/48kHz)'【Track List】01. Yeoman02. Extrasolar03. Abscond04. Human Bog05. Adam Copies06. Lev07. I Form08. Out09. Superstructure 10. Wilt11. Coitus12. Broadback【配信形態 /
by 寺島 和貴,河村 祐介
【REVIEW】地に足がついていない!?──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース
[CLOSEUP]・2017年11月15日・【REVIEW】地に足がついていない!? ──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース OTOTOYとレコード・プレス・メーカーの東洋化成によるコラボレーション・レーベル〈TOYOTOY〉から初のアナログ盤となる『銀ギラ』のリリースや、自主企画イベント〈アメ村天国〉の開催など、今年は飛躍の年であることがうかがえる、愛はズボーン。そんな彼らがこのたび満を持して、1stフル・アルバム『どれじんてえぜ』をリリースした。本作のジャケットは世界的画家・黒田征太郎が手掛けている。黒田は愛はズボーンのメンバーたちが敬愛している画家で、まさに細部にまで強い想いが込められた作品に仕上がったと言えるだろう。そんな彼らの活躍を良質なハイレゾ音質で感じることができるのは、OTOTOYだけ! 本作をさらに楽しむテキストとして、レヴューも掲載! 未来の音楽濃縮盤をとくとご堪能いただきたい! ハイレゾはOTOTOYだけ! 未来の音楽が濃縮された、1stフル・アルバム愛はズボーン / どれじんてえぜ'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 2
by 宮尾茉実
《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む
[CLOSEUP]・2017年11月15日・《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む 10年超のバンドキャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らが、この度第9弾「アメニモマケル」の配信をスタートした。彼らの魅力にもっと浸ってもらえる楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみください。 goodtimes、全ての恋愛経験者に捧ぐ第9弾goodtimes / アメニモマケル'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. アメニモマケル REVIEW : 全ての恋愛経験者が唸る、く人の"あの頃"を刺激する goodtimesは前回のインタヴューで、情景が浮かびやすい曲を作っていると語っていたわけだが、今回も人が「もう触れたくない」としまい込んでいた気持ちに、ピンポイントで突き刺さる"あるある"な楽曲「アメニモマケル」をリリー
by 宮尾茉実
【REVIEW】映画『この世界の片隅に』の音楽を手がけ、多くの話題を呼んだコトリンゴが約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリース!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・『雨の箱庭』は私たちにどんな世界のすばらしさを見せる?──約3年半ぶりコトリンゴのオリジナル・アルバム 卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描くコトリンゴ。そんな彼女が約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバム『雨の箱庭』をリリースする。前作からこれまで、アニメ映画『この世界の片隅に』の全ての音楽を担当し数々の賞を受賞する等、音楽家としての評価を高めた彼女。映画同様、今作でも作詞作曲編曲(ストリングス、ホーン含む)、サウンド・プロデュースのすべてを手掛けている。そんな今作は、のちにドキュメンタリー映画となった企画「LIGHT UP NIPPON」のために書きおろした楽曲のほか、RADWIMPS・野田洋次郎主演ドラマ「100万円の女たち」の主題歌等、色とりどりの音楽たちがぎゅっと詰め込まれた鮮やかなアルバムが完成。歌のように響くピアノの音色と、そっと優しいコトリンゴの歌声と共に生み出されるカラフルな音世界を、レヴューと共におたのしみください。 約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムコトリンゴ / 雨の箱庭'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /
by ai
つりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年11月06日・5人が挑む、新たな海原への決意をこめてーーつりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信 5人組アイドル・ユニットのつりビットがニュー・シングル『1010〜とと〜』をリリースした。今年の春にリリースされた2ndアルバム『Blue Ocean Fishing Cruise』も好評な中、彼女たちの成長と主張が感じられる新曲が到着。その理由を、宗像明将のレヴューで紐解いてみよう。 ハイレゾver.のアルバム購入者から抽選でサイン入りポスタープレゼント!つりビット / 1010~とと~(初回生産限定盤)'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 750円(税込)【Track List】01.1010~とと~02.A Color Summer!! ポスタープレゼントの詳細は、こちらからご確認ください。'' REVIEW : 『1010~とと~』 つりビットが大きく変化する瞬間を私たちは目にしようとしている。彼女たちのニュー・シングル「1010〜とと〜」は、サウンド面ではこれまでのイメージを大きく変え、歌詞の面ではつりビットらしさを追求した
筆者について
同じ筆者による他の記事