杏窪彌(アンアミン)のみん散歩 第15回〜東京・台南担仔麺 〜

台北生まれの、かわいらしくて、ちょっと不思議な女の子MINを中心としたエキゾチック・ポップ・バンド、杏窪彌(アンアミン)。そのヴォーカルで台湾人のみんさんが気になる場所を気ままにお散歩し、その様子をインタヴューと写真でお届けする連載がスタート。タイトルは「みん散歩」!! お茶を飲みながら読みたくなるようなゆる〜い連載。みんさんと一緒に世界各地をお散歩してみませんか?

みんさんの最新アルバムをハイレゾ配信!

杏窪彌 / ジャイアントパンダにのってみたい(24bit/48kHz)

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC
>>ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 200円 / まとめ購入 1,000円(税込)

【Track List】
1. ジャイアントパンダにのってみたい
2. チャイナタウン抗争、恋愛沙汰
3. キョンシーがやってくる!
4. 夏天(しゃーてん)
5. 老爸(らうばー)

>>第1回〜台湾・剥皮寮〜はこちらから
>>第2回〜台湾・龍山寺〜はこちらから
>>第3回〜台湾・西門町〜はこちらから
>>第4回〜台湾・迪化街〜はこちらから
>>第5回〜台湾・迪化街〜はこちらから
>>第6回〜台湾・行天宮〜はこちらから
>>第7回〜台湾・茶藝館〜はこちらから
>>第8回〜台湾・四四南村〜はこちらから
>>第9回〜台湾・松山慈祐宮〜はこちらから
>>第10回〜台湾・騒豆花〜はこちらから
>>第11回〜台湾・濱江果菜批發市場〜はこちらから
>>第12回〜東京 立川・シンボパン〜はこちらから
>>第13回〜東京・ロージナ茶房〜はこちらから
>>第14回〜東京豆花工房〜はこちらから

みん散歩 第15回〜東京・台南担仔麺 〜

杏窪彌(アンアミン)のボーカル、台湾人のみんさんが自由気ままに気になる場所をお散歩する「みん散歩」。今回は東京編第4回、神保町にある「台南担仔麺」です。

 

──台南担仔麺は、人気の台湾料理店で、みんさん曰く「本場台南と日本のちょうど中間のような味つけ」とのこと。なので日本の方にも親しみやすいのかもしれませんね。

──店内も本場・台南の雰囲気ですごく落ち着きます。

──みんさんはお気に入りの海老麺を注文。おいしそう〜。

──フーフーしてます。

──さっぱりしてておいしいそうです。
最近、散歩というより食べてばかりですね、ミンさん。

──ランチにもおすすめです!

●台南担仔麺の詳細はこちら

>>第1回〜台湾・剥皮寮〜はこちらから
>>第2回〜台湾・龍山寺〜はこちらから
>>第3回〜台湾・西門町〜はこちらから
>>第4回〜台湾・迪化街〜はこちらから
>>第5回〜台湾・迪化街〜はこちらから
>>第6回〜台湾・行天宮〜はこちらから
>>第7回〜台湾・茶藝館〜はこちらから
>>第8回〜台湾・四四南村〜はこちらから
>>第9回〜台湾・松山慈祐宮〜はこちらから
>>第10回〜台湾・騒豆花〜はこちらから
>>第11回〜台湾・濱江果菜批發市場〜はこちらから
>>第12回〜東京 立川・シンボパン〜はこちらから
>>第13回〜東京・ロージナ茶房〜はこちらから
>>第14回〜東京豆花工房〜はこちらから

みんさんの世界に触れるアイテムはこちら

杏窪彌 / 来来!!不夜城アンアミン

杏窪彌の1stミニ・アルバム。リード曲「不夜城アンアミン」や、過去にネット上でデモ音源がアップされていた「歴史 de DANCE」「ひみつのみつ」などを含む全5曲入り。

杏窪彌 / アゴがおちるほどおいしい恋がしたい

ライヴ会場とオンライン・ショップでしか買えないてづくりCD”プロジェクト第4弾『アゴがおちるほどおいしい恋がしたい』の配信をOTOTOY限定で配信スタート!!
>>特集ページはこちら

杏窪彌 / 箱根にしようかE.P.

画家アンリ・ルソーは、一度も行ったことのないジャングルを妄想し、幻想的な絵を描いた。Yellow Magic Orchestraは、欧米人がもつ未開の東洋に対する間違えたエキゾチズムをコンセプトとした。これをヒントに、杏窪彌(アンアミン)は「箱根」という有名な温泉地の名がもつ、ふしぎな想像力を曲にした。新作『箱根にしようかE.P.』から、箱根にインスピレーションを受けた「箱根にしようか」を含む2曲を配信中。>>特集ページはこちら

PROFILE

杏窪彌(アンアミン)

2011年結成。台湾からやってきた謎の少女VoのMINを擁する、台北生まれ、東京育ちのエキゾチック・ポップ・バンド。観光気分で懐かしい未来を唄う、東洋一のネオ歌謡。
>>OFFICIAL HP

TOP