【リミックス・コンテスト優秀作品フリーDL】PAELLASがリミックス・コンテストの結果を発表

左からmsd.(Sp)、bisshi(Ba)、MATTON(Vo)、Ryosuke Takahashi(Dr. support)、Satoshi Anan(Gt)

昨年末にリリースされたPAELLASの『Pressure』。現在の空気にドンピシャなインディR&Bのサウンドを携えたモダンなバンド・サウンドで話題を集めている。このアルバムのリリースに際して、OTOTOYではリミックス・コンテストを開催しました。制作期間は、ほぼ1ヶ月程度とかなりタイトな日程のなかでたくさんのご応募ありがとうございました! ということで本ページにて優秀作品を発表させていただきます。またこの優秀作品は後ほどOTOTOYでも配信開始。


リミックス・コンテスト優秀作品フリーDL

REMIXES

PAELLAS

Free Download!

PAELLAS / REMIXES(24bit/48kHz)

【Track List】
01. girl talk msd.remix
02. P house feat. ENNE blur Like Progressive House Remix
03. P house feat. ENNE My Little Bears re:mix
04. P house feat. ENNE (Yasuha. Remix)
05. P house feat. ENNE (Zukie Remix)

【配信形態 / 価格】
26bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
フリーダウンロード




インディR&Bへと寄り添った、1stアルバムをハイレゾ配信中

PAELLAS / Pressure(24bit/48kHz)

【Track List】
01. Intro
02. The Stranger
03. Fire
04. girltalk
05. Body
06. P house feat. ENNE
07. Pears
08. Anna
09. Darlin' Song
10. Take Baby Steps

【配信形態 / 価格】
26bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 円(税込) / アルバムまとめ購入 1,800円(税込)

アルバムに関するインタヴュー・ページはこちらです!

リミックス・コンテスト結果発表 : MATTON & msd.(PAELLAS)

ということで、今回はメンバー全員による選考が行われた模様ですが、バンドを代表してヴォーカルのMATTONとサンプラーを担当するmsd.のふたりの寸評対談をお届けします。また、今回選ばれた4作品はOTOTOY独占のリミックス・シングルとして配信予定ですが、そこにはmsd.による「girltalk」のリミックスも収録予定! お楽しみに。

インタヴュー & 文 : 河村祐介
編集補助 : 柳下かれん

すごいみんな楽しんでやってくれてたんだなって

——今回リミックス・コンテストってことで、知らない人に完全に預けるっていうことは初めてされたと思うんですけど。どうでしたか?

msd. : 今回はエントリー曲が、2曲あったじゃないですか。案の定っていうかある程度予想はしていたんですけど「P House」を手がけた人は、すごい全体的にまとまっていい感じのリミックスになってた。やっぱり「Stranger」のほうは難しいかいなっていう。コード進行とかでディスコードしちゃってたり。「このリフレインで行くとこのあとで、コードがぶつかるぞ」って思って「やっぱり、そうなった」みたいな。そういうのもあったりとか、やっぱり難しいなっていう印象でしたね。

MATTON : でも、本当に難しいんだなとおもいましたね。リミックスって。特に「Stranger」は普通に難しいと思う。

msd. : なんか曲自体のテンションもさ、結構掴みづらいっちゃ掴みづらいよね。ブチアゲ過ぎてもあれだし。

MATTON : 歌のメロディがシンプルにやりづらいんだと思った。

msd. : でも総じて言えるのは、すごいみんな楽しんでやってくれてたんだなって。それは伝わってきた。

MATTON : ですね。だからうれしかったです。意外とやってくれるんだって。

msd. : 他のミュージシャンもみんなリミックス・コンテストやれば良いのになって思いますね。ばんばんって落としてもらって、処理やってもらって。

MATTON : そしたらもっとすげえ奴が出てくるかもしれないしね

msd. : 手持ちのアレンジが増えるかなって今回をきっかけに感じたところですけど。

――なるほど。今回は4曲を選んでいただいたって感じなんですけど。

MATTON : 1人1曲ずつって感じですね。で、2人がかぶってて4曲になってるんですけど。それもまぁ全部「P House」だから。でも、だから「Stranger」を題材に選んでしまったのも俺たちの責任ですごめんなさいっていう感じで(笑)。めんどくさい曲を選んでしまって申し訳なかったなって。

msd. : 本当に最初は阿南が「Sranger」に関しては「どういうリミックスをするかが楽しみです」ってニヤニヤしながら言ってたんで、こっちもそういうスタンスというか。曲作りの段階で結構あれは難しかったんですよ。制作中も結構変えたし。

――阿南さんが「俺以外に誰が出来るんだ?」っていう(笑)。

msd. : またニヤニヤしてると思いますよ。

MATTON : そういう意味では、リミックスあがってきて、改めて「結構オリジナルいいなー」っ思ってたところもあった気がする。

msd. : 昨日の夜も寝ずに1個1個全部きいて、すごい気になる、いいなって思ったものをまとめていったんですけど、それをやると曲数はすごく多くなって。びっくりしたっていうとあれですけど。

MATTON : こんなみんなやってくれると思ってなかったって感じですね。msd.が書いたそれぞれの曲に対する感想、このまま乗せてもらえば?(ということでこちらは記事最下部にて掲載しております)

msd. : 実際に全部聞く価値はありましたね。

MATTON : いやでもぶっちゃけ……というやつもあったやろ! 全部を一等賞にしようとすな、ちゃんと出来てる人に失礼やろ(笑)。でも作った人にとってもいいことじゃないかなと思いますけどね。自分がいいんじゃないと思ってコンテスト出して、他の人の聞いてみたら、「うわ、こんなやつもおる、悔しいわ」みたいな。

このリミックス・ヴァージョンでライヴとかやりたいもん

MATTON(左)、msd.(右)

――では次はそれぞれのコメントをいただきます。

msd. : 最初に「みんなでどれがいい?」となったときに、まずは僕が「これがいいね」と。そしたらメンバーも「これ確かにいいね」となって。これ自体は、僕の感想だと1番バランスがいいなと。

MATTON : 俺いまんとここれ原曲よりすきやで。

msd. : それはねえ……。俺もいなめない。

MATTON : このリミックス・ヴァージョンでライヴとかやりたいもん。イントロいいし、ちゃんとあたってるし。

msd. : すごいステレオ感もあって。トラックもかちっとしてる。で、やり過ぎてないんだよね。普通だったらキックとかもっと入れたがると思う、間もあるし。でもそれをやらずに歌ものとしてバランスとってる感じが好きですね。KREVAの初期の感じもあって、00年代のJ-POPのイイトコ取りもしてる感じがあって。

MATTON : もうプロだよね。一緒にやりたい。連絡してみようかな。

これを選んだのは?

msd. : 僕と、ベースのbisshiですね。

――ではMATTONさんが選んだのどれなんですか?

MATTON : 僕が選んだのは、my little bearさんのですね。

――なるほど。これは割とハウシーな、がちっとしたフロアの感じがする曲ですよね。どんな理由だったんですか?

MATTON : もうこれは普通にクオリティ高いし、もうこの最初の時点で原曲よりすき。

msd. : なんか、らしいというか、ボーグ・ダンスする感じ、かちっとハマるようなカルチャー感があって。

MATTON : ちょっとテクノもあるし。

――しっかりシカゴ・ディープ・ハウスというか、ロバート・オーウェンスがヴォーカルやってる感じのハウスというか。

MATTON : そうですね。ちゃんと歌いじってるところが僕は好きですね。メロディとか配置を。さっきの曲は歌のメロディはそのままでしたけど。

――と、あと2曲を。お二人が選んでないんであれかもしれないんですけど。阿南さんが選んだというblurさんの曲を。

MATTON : 阿南さんは「もうこれしかいない、原曲超えられた」って言ってましたね。これもいいな。俺もこれもこの時点で原曲よりすき。

msd. : 普通に街でかかってそう。海いくとき車でなってそうだわ。

――でもあれですよね、今まで選ばれてるのを聞いてみると、思いっきりひどい壊し方してる方は選んでませんよね。

MATTON : そこはリスペクトを感じるものを選んだのか、創造性がなかったのかはわかりませんけど。でもそうするとなおさら「Stranger」は難しかったと思う。

――最後はズーキーさんのです。

リミキサー : Zukie(Midnight Rock)
PAELLAS / P house (Zukie Remix)はコチラ

msd. : 確かにこれも良かった。

――結構四つ打ちに寄せてきた人が多かったですね。

MATTON : やっぱり、それがやりやすいんじゃないですかね。

――もとがやっぱりR&Bっぽいので、R&Bからハウスっていう王道のパターンですね。逆にもっとダウンビートのエレクトロニカっぽいものもくるのかなって思ったらそういうのはあまりなくて。

MATTON : そうですね、そういうのも聞いてみたかったですね、欲を言えば。壊してほしかったなみたいなのは結構ありますけど。

msd. : でも今回、曲は違いますけ、僕もリミックスやったんで。やっぱやった時の無限選択肢感ってすごいワクワクするけど、怖いよね(笑)。だからこそ自分の定義がある人はそれでやった方が早いだろうしクオリティも確証できるって事はやってみてわかりましたね。まぁでも僕も2日くらいかけて作って。だからもっといろいろできたかなってところもありますけど、もっとやりたかったこともありましたね。

MATTON : 確かにトラックメーカーとしても確立してる人のリミックスってやっぱわかるもんね。

――自分の土俵に持ってきてる感じがしますよね。

msd. : そうですよね。落とし込んでる。

――まぁでも総じて楽しめたような感じですよね。さっきもおっしゃっていたようにこのまま使いたいってくらい。

MATTON : はい、もうめっちゃ。

――このリミックスのやつは政田さんが作られたやつで。

msd. : そうですね。これはある意味このリミックス・コンテストをやる上での基準みたいなものにしてたかもしれないです。歌のメロディをたてるリミックスで、もう一個はバンドの世界観との齟齬感というか、そことの相性みたいなところと、自分の中でなってる音楽と、バンドとのバランス感覚、色みたいなものは考えて。こうやって今聞くとやれる事は色々あったなと思いますけど。

MATTON : 壊しつつも離れない感じというか。

――でも対照的に、政田さんがつくったものは唯一四つ打ちじゃないですね。

msd. : そもそもあまり四つ打ち好きじゃないんです。メロウな物が好きなので。

MATTON : メロウって言う点ではYasuhaは良かったよね。今自分が家とかで聞くってなったらYasuhaかな。どこで聞くかによって変わってくるね。

msd. : だから阿南が選んだBlurさんやMy little bearさんとかは、クラブで流れて踊る曲だよね。「P house」はそもそもバンドがそういうことやってみたいっていうんでつくった曲だから、もっと色々なアレンジも聞きたかったね、ダウンビートとか。

――リミックス・コンテストといっても、特に制限なかったんで歌歌ってくる人とか楽器重ねる人、ラップとかもいたらおもしろいなと思ってたんですけど。

msd. : そういうのも期待したなあ。

MATTON : いやあでもそこは無理でしょう(笑)。

msd. : 俺もリミックスする時、日本語ラップやってみようかなとおもったんですけど、とどめたよね、やっぱ。

MATTON : いまだと、めっちゃハードルあがるよ! やっぱいま、ヒップホップって言うのは一番気軽に手出したらいけないところだからね(笑)。

ツアー・ファイナルへ

――ありがとうございました。では近くに控えるツアーファイナルのライブにむけての意気込みや「ここは見とけよ」っていうのがあればお願いします。

MATTON : そうですね。俺らにとって、いつもと違うライヴです。というのも、セットリストもいつもと違ってロングセットだし、今回はカオスグルーヴさんていうVJの人と映像と曲を同期させながらのライヴなので。もう既にVJとバンドって結構やられていて、「あぁ、こいつらもやりだしたか」って思われるかもしれないんですけど、逆に言ったらバンドとVJというセットはもう普通な、自然なことだと思います。その上で適当に映像を乗せるんじゃなくて、しっかり同期させて、ひとつの作品としてライヴを見せられればいいなと思います。俺らも楽しみです、まぁ俺らやってる時映像は見れないですけど(笑)。

msd. : 全てのバンドや表現者がそうだと思うんですけど、ツアーファイナルだったりワンマンだったりっていうのはひとつの集大成や通過点だと思う。このツアーをやる事に関して、僕はスタートラインにたったなって思ってます、パエリアズは。セットリスト的にも自分の全てをつぎ込む感じで見せられるので。そういう意味で何年かのパエリアズの集大成でもあるし。

MATTON : これから先のためのっていう意味ではスタートでもあるし、今までやってきたことっていう上では集大成でもある。今までずっと見てきてくれた人にとっては「ひとつここが集大成なんだな」って思ってもらえると思う。いや、集大成ってなんもゴールとかではないんですけど、ひとつ区切りなんだなここはっていう思いで見てもらえるようにしたいし、もちろんその先も感じてもらえるようにしたいし、初めて俺らを見に来る人にとってはそこの日、2月13日がスタートになるから。このバンドこっからこういう感じになっていくんだなっていうのが描いてもらえるようなステージにしないといけない。

msd. : 単純に楽しみだね。2月13日が自分にとって特別な日になる感じはしてる。大阪や福岡とか初めてだったり久々だったりする土地にもいくので、色々吸収してきたいです。

PAELLAS "Pressure"リミックス・コンテスト msd.コメント

ポイント
1. 展開の面白さ意外性
2. 原曲、バンドの世界観との相互性
3. 音選びのセンス

リミキサー : Sorato
「P House Feat. ENNE(Sorato Remix)」
https://soundcloud.com/soratoadc/p-house-feat-ennesorato-remix
クラブでぶち上げられる。シンセ、ビートの音選びもギャルも踊れる感じがいい。

リミキサー : totoro
「The Stranger(Remix)」
https://soundcloud.com/user-749916130/the-stranger-remix
ジブリ・アンビエント的なアプローチが面白い。展開、とくに一発目のBメロからサビに行かさずの展開はすごく好き。

リミキサー : Mizuno
「P House Feat. ENNE (MIRAGE MIX)」
https://soundcloud.com/iihito_toshite/the-stranger-mirage-mix
僕のリミックスと通ずるところがある。32の使い方に関してバランス難しい。微熱感。

リミキサー:sin/Shin Sakiura
「The Stranger (Shin Sakiura Remix)」」
https://soundcloud.com/yanashin0901-1/paellas-the-stranger-shin-sakiura-remix
クラブでぶち上げられる部門。DJ的な視点、ステレオ、ビート並び洗練された感じ

リミキサー : mow
「P house feat. ENNE (mow Remix)」
https://soundcloud.com/m-o-w-2/paellas-p-house-feat-enne-mow-remix
笑ったイントロ、Bz。すっきりさせたらもっと好き。当て方がすごいうまい。

リミキサー : Yasuha.
「P house feat. ENNE(Yasuha. Remix)」
https://soundcloud.com/yasuha_jp/paellas-p-house-yasuha-remix
イントロからグッときた。バランスが一番いい。カチッカチッとしたトラック。メロディが一番たってるリミックス。

リミキサー : Duams
「The Stranger (Dance Remix)」
https://soundcloud.com/duams/paellas-the-stranger-dance-remix
みんなで爆笑。えぐい力技。

リミキサー : My little bears
P house feat. ENNE(My Little Bears re:mix)
https://soundcloud.com/mylittlebears/p_house_mylittlebears_remix
素材の活かし方がうまい。いやらしい(笑)。ある種一番の噛み応え。

リミキサー : Zukie
「P House feat. ENNE(Zukie Remix)」
https://soundcloud.com/zukie-midnight-rock/paellas-featenne-p-house-zukie-remix
プロの仕事って感じ。単純に踊れるヤツ。売れそう。

リミキサー : blur
「P House feat. ENNE(Like Progressive House Remix)」
https://soundcloud.com/blurryblur/paellas-p-house-feat-enne-like-progressive-house-remix
普通に街でかかってそう。海に行くときに車でかかってるやつ。2000年代、4つ打ちビート、ノイズ シンセ。

リミキサー : Pyon2
「P House Feat ENNE(Pyon2 Remix)」
https://soundcloud.com/user-889154589/paellas-p-house-feat-ennepyon2-remix
チャレンジは面白い。和太鼓にアナログシンセの絡み。

PROFILE

PAELLAS
msd.(Sp.)、bisshi(Ba.)、MATTON(Vo.)、Ryosuke Takahashi(Dr./support)、Satoshi Anan(Gt.)
東京を拠点に活動する5人組。
あらゆるジャンルの要素を独自のセンスで解釈し生み出すサウンドは、セクシュアルかつロマンチック。
都会に漂うメランコリックな情景やその儚さを想起させるライブパフォーマンスも支持され、あらゆるシーンこれまでにUnited ArrowsやPeach John、新宿のセレクトショップJackpotのCM等に楽曲を提供し、ファッション業界やニッチな音楽層からも注目を集め続けているや時代を超えた存在になる可能性を秘めている。

>>PAELLAS アーティスト・ページ

 
 

インタヴュー

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ
筆者について
同じ筆者による他の記事