THE BEACHESは今後どうなるのか? ──昨年末リリースの復活7インチ・シングル音源を独占ハイレゾ配信

突如の“ロング・ヴァケーション”として2010年の活動休止を経て、2016年、まずはライヴでの活動を再開。〈FEVER〉でのライヴ、〈BAYCAMP〉、〈CLUB SNOOZER〉などへの出演を果たした。そして年末差し迫った12月25日、クリスマスに新曲2曲による7インチ・シングル「Here Comes Summer Again」をリリース。トラップを取り入れた、チルな「Here Comes Summer Again」、彼ららしいラテンな陽気さも兼ね備えたエレクトロなスカ〜ファンク・チューン「Rude Boy Root Down」の2曲だ。OTOTOYではこのたび、本シングルを独占ハイレゾ配信。ライヴ活動再開の2016年を経て、今年、2017年はアルバムなどのリリースを念頭においた、THE BEACHESにとって本格的な活動再開の年となるのか? それともまた別の展開となるのか? DJとしても活発に活動を続けるヒサシ the KIDにインタヴューを行った。

THE BEACHESのひさびさのシングルとなった7インチがOTOTOYだけのハイレゾ配信

THE BEACHES / Here Comes Summer Again(24bit/48kHz)

【Track List】
01. Here Comes Summer Again
02. RUDE BOY ROOT DOWN

【配信形態 / 価格】
24bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 200円(税込) / アルバムまとめ購入 400円(税込)
歌詞を含む、デジタルブックレットがPDFで付属


INTERVEIW : ヒサシ the KID

2010年9月、恵比寿〈LIQUIDROOM〉でのワンマンライブを最後にロングバケーションに突入したTHE BEACHESが、2016年に限定復活、しかも「HERE COMES SUMMER AGAIN」、「RUDE BOY ROOT DOWN」という2曲の新曲を7inchでクリスマスにドロップ、新代田〈FEVER〉で2DAYSライヴを敢行。そしてこのたび、OTOTOYで独占配信。なんだかなにやら騒がしくなってきたTHE BEACHESの今後が気になるぞ! ってことで、ヒサシ the KIDにインタビューを敢行。THE BEACHESの今のモードは? もうここまで来たなら、アルバムも聴かせてくれよな!!!

インタヴュー : 飯田仁一郎
構成 : 岩澤春香
写真 : おみそ

THE BEACHESはポップスが作りたいっていう感覚なんです

──昨年新譜を発表して、12月に新代田〈FEVER〉でもイベントを行いましたが、ライヴの手応えとしてはどうでしたか?

アレンジは違うんですけど、新曲を2曲ともやれて、それがやっていて一番楽しかったんですよね。特に「HERE COMES SUMMER AGAIN」は、すごくテンションが上がった。それが収穫だったと思います。

──〈FEVER〉でのライヴを経て、THE BEACHESはどんなモードになり得たのでしょうか?

綺麗さっぱりって感じです(笑)。

──ええ!? もうその綺麗さっぱり感なんですか?

THE BEACHESとしては、ロングバケーションっていって休みに入る前に、ある程度の気持ちの区切りはついていたんですけど、やり残したことがまだあったんです。でも今回作品を出せて、そのやり残していたものができたんじゃないかなと。

──そのやり残したことってなに?

まず「THE BEACHES」っていうタイトルがコンセプチュアルだし、最初に活動のイメージがあったんです。1stのイメージがあって2ndのイメージがあって3rdのイメージがあって、とにかく3枚アルバムを出そうってぼんやりと思っていたんですね。で、その中にビーチ・ボーイズみたいに、クリスマスの作品を出したいっていう思いもずっとあって。今までもその話は何回かあったんですけど、やれるタイミングがなく一旦終わってしまったから、今回10周年というタイミングでそれをやりたいと思ったんです。

──THE BEACHESがなぜ終わったのかを聞かせてもらってもいいでしょうか?

3枚目までを出して、その後にその先のことを考えようと思っていたんです。でもその3枚目のアルバムが作品的にもサウンド的にも満足度が大きくて、やりきった感もあって、もう次があまりイメージできなかったんですよね。俺は家でもデモとか作らないし、ずっとバンドでセッションしながら作っていくスタイルだったから「このままセッションをやっていく中で、これ以上何かできることがあるの?」というところまできてしまった。それにもしこのアルバムがセールス的にある程度枚数も売れていれば、俺としてはもうちょっとやりたいってなっていたと思うんですけど、それが状況はそうでもなかったんですよね。

──ヒサシ the KIDの言っている売れることと状況を良くすることはイコールだったんですか?

THE BEACHESってワールドっぽい要素もたくさんあるんだけど、俺の中ではそういうことがやりたいっていうよりかはポップスが作りたいっていう感覚なんです。誰にもわからないような音楽が作りたかったわけではなくて、「俺の中ではこれ結構ポップなんだけどな」っていうところで作っていて。その感じと伝わる感じとのギャップが大きかったっていうのはありますね。

──ジェリーリー(THE JERRY LEE PHANTOM)のすっとひいた感じとか、ヒサシ the KIDのDJの感じから、評価とかはあまり気にしないのかなと勝手に思っていました。

そこはずーっと気にしていたと思います。でもだからと言って何かに寄せて、今こういう曲をやれば売れるんだろう、みたいな感じでやったことはないですけど。自分の中で、「これポップでしょ」って思えるところまで極端に振り切ってやることが、イコール売れるっていうことに繋がってほしくてやっていて。売れる曲を書きたいっていうよりかは、そうやって作ることがポップスになるんじゃないかなっていうイメージでずっとやっていたんですよね。

──なるほど。ヒサシ the KIDってDJの感覚もあるし、流行りがどんどん変わっていくのを敏感に感じ触れているから、THE BEACHES自体が4枚目5枚目に行ける多くの可能性もあったと思うんです。その中で3枚っていう制限を作ったのはどうしてなんですか?

THE BEACHESっていう名前も、3枚って決めることもそうなんですけど、俺の中で縛りを作ることで頑張れた部分があって。ジェリーリーのときも一時期ディスコパンクみたいなことをやりだしたり、何かにピントを絞ってやっていた時期が何年かあって、そういう、何か一つ縛りを作る方が、俺は自由に書けるんですよね。そうじゃないとあれもやりたいこれもやりたいってなってしまって、あまり楽しめなくて。ただジェリーリーだともうあまりにも枚数を出していたので、お客さんが聴いていた時期によってもバンドの印象が全然違うし、それが鬱陶しくて。それを全部取っ払って、分かりやすいことを1からやり直したかったっていうのが大きかったです。バンド名を思いついたときにすごくテンションが上がったんですよね。こういうライヴがやれるし、こういう服も着れるっていうのが、縛りがあったことでいろいろイメージできた。そうやってひとつ縛りがあると、今俺が聴いている音楽を、THE BEACHESだったらこういう解釈ができるっていう発想にも繋がっていったんです。

──なるほど。10周年でTHE BEACHESをやろうっていうのはいつ頃から考えていたのですか?

10周年でTHE BEACHESをやりたいなってぼんやり思っていたんですけど、いきなり集まってやるのは無理だったんです。現実的な話、メンバーも東京にいないから、リハをするにもいちいち出てきてもらわないといけなくて、前みたいに曲も作れない。で、ちょうどその前の年(2015年)に、ジェリーリーでライヴをやらないかっていうのをヘルマン(Hermann H.&The Pacemakers)に誘ってもらって。で、会場もキネマ倶楽部で結構なキャパだったし、THE BEACHESとしてもいいウォーミングアップになると思ったんです。ジェリーリーも黙ってやめているから、ライヴを見られなかった人にももう一度見てもらう機会にもなるので。

──ヘルマンとのキネマがあって、結局ジェリーリーでは何回ライヴをしたんですか?

あと夏の〈BAYCAMP〉に誘ってもらって、その2本だけです。

俺がやりたいと思うことをやりたいと思ってくれるメンバーだから

──ヒサシ the KIDにとってジェリーリーでのその2本のライヴはどんなモチベーションだったんでしょう?

キネマのときは自分でも予想外にも本当に良くて、演奏もバッチリはまったんです。でも〈BAYCAMP〉のときはあまり上手くいかなくて(笑)。同じ4人でやっていても、その4つの楽器の噛み方が全然違うから、ちょっと気を抜くと本当に上手くいかなくなっちゃうんですよね。ただTHE BEACHESの場合は、最初からそういう軽い感じではやれない仕組みになっていて。

──それはどういうことですか?

隙間が多いからぼーっとできないんですよ。一個一個の「ダン!」っていうところを皆で合わせないといけないから、集中しないとできないんです。

──なるほど。THE BEACHESの音楽は、この4人じゃないとできないんですか?

この4人じゃないとできないですね。特にドラムに関しては、普通の人が叩かないようなことをやるから、他のメンバーではもう再現できないんです。ここからそれを一から作っていくのもちょっとしんどいかなって。すごく上手い人が入ったからできるっていうものでもないから。そこはもうずっと一緒にやってきて、俺がやりたいと思うことをやりたいと思ってくれるメンバーだからっていうのもあるかもしれないです。r.u.ko (Keybords)に関してはもう、いなきゃ話にならない(笑)。

──それはどういうこと?

r.u.koのリフがそこに絡んでかっこよくなったときに初めて曲が完成するんですよね。もちろんフレーズを組み立てていったり、リズムを作るのは俺の役割なんですけど、曲として完成するってなると、r.u.koのフレーズが入らないことには完成しないです。

──ヒサシ the KIDがひとりで構築までして、っていう作り方ではないんですね。

そうです。スタジオで一個のフレーズを決めて、それがいいグルーヴになるまで延々やるっていう。1日中やって何にも使わないことも頻繁にありましたよ。やっぱりやりまくらないと出てこない瞬間ってあるから、それが見えてくるまでひたすらやるっていう、本当に面倒なやり方なんです(笑)。

──でも今回の作品はそういう感じで作られたように聴こえなかったのは、打ち込みだからですか?

この2曲に関してはバンドではセッションしていなくて、大枠を俺が一人で作ったんですよね。セッションする時間もないし、それで形にできないことには今後もないと思っていて。だから本当にしんどかったですね。

──DTMはもともと使えたんですか?

もともと使えたわけではないです。本当は自分のソロの作品もTHE BEACHESをやめてから出そうと思っていて、DTMを教えてもらったりしていたんですよね。デモとかも作ってはいたんだけど、ずっと完成しないままになっていて。だから今回初めて形にできました。

──メンバーとのやりとりはなかったんですか?

r.u.koのフレーズに関してはr.u.koに投げていろいろネタを考えてもらって、そこから一緒に組み立てていくっていう作業はやったりもしました。順番としては、リズムが出来てから歌を作っていって、歌を作りながら歌詞も同時に書いていましたね。今回歌詞の尺を同じタームにしたくなくて、歌詞の回しで構成がずれていくっていう作り方をしたかったから、歌と歌詞を書きつつ構成も変えつつっていう作業をずっとやっていました。

次に何かしら違うモードでやれるっていう気にはなれている

──特にA面にはびっくりしました。3回ぐらい、これはA面とB面が間違っているんじゃないかと(笑)。

ははは(笑)! B面の「RUDE BOY ROOT DOWN」はA面の「HERE COMES SUMMER AGAIN」ができてから作ったんですけど、お気楽に「あ、THE BEACHESっぽいじゃん」みたいな感じで作ったんです。「HERE COMES SUMMER AGAIN」1曲目があったから、もう1曲お気楽に作ろう、みたいな。逆に「HERE COMES SUMMER AGAIN」は、THE BEACHESっぽくやろうみたいなことは考えていなかったですね。スタジオでセッションしながら歌っていたら絶対にでない声のトーンなので。

──この作品の、特に「HERE COMES SUMMER AGAIN」では何に影響されて、どんなことをしたいと思ったんですか?

最初から思っていたのは、バンドでセッションしてできる、こんな感じになるだろうっていう曲にはしたくなかったんです。どういうジャンルがやりたいっていうのは特になかったんですけど、俺普段家でヒップホップとかしか聴かないから。2016年は特にそうだったんですけど、洋楽の新譜が盛り上がっていたので、そういう雰囲気があるものにしたいなっていうのは漠然と思っていました。

──ちなみにどのあたりをよく聴かれていたんですか?

一番大きかったのはチャンス・ザ・ラッパーですね。あとはその周りにいたいろんなアーティストの音楽も聴いていたし、ビルボードのチャートに入っているヒップホップとかトラップとか、そういうのは好きでずっと聴いていました。別にTHE BEACHESでヒップホップやろう、ってことではないんですけど、ビートとして、その辺の感じを表現できないかなって試していましたね。で、今の洋楽で面白いのが、ビートもいろんなビートがあって、ラップも、もう歌なのか何なのか分からないようなものもある。そういうのもTHE BEACHESで俺がやりたかったことと少し似ていて。ラップじゃないんだけどそういうフローもあって、でも聴き方によっては、すごい奥地のワールドミュージックみたいなメロディにも聴こえる。そういうのが今ビルボードの100位以内にガシガシ入っているのを見て羨ましく思うし、やれたら楽しいよなとも思うんです。俺小さい現場をDJでたくさん持っているから、そこで日本語の曲が一曲でもあったら楽しいし、そういう曲を年に何曲かでも作れたらいいなと思いますね。

──2017年はそういうモードを突き詰めるときですか?

今年何がやれるかもまだわからないですけど、ただ、去年の活動を通して、次に何かしら違うモードでやれるっていう気にはなれているんですよね。休んでいた5、6年間は、どんな曲を作ってもピンとこなくて、音楽的にも、最新の音楽で「これ!」っていうのがあんまりなかった時期でもあるんです。THE BEACHESをやっていた4、5年は、毎年「このビート俺が真っ先にやってやる」っていうのが常にあった。でもちょうどベースミュージックとかでいろんなジャンルがでてきていたのが一旦飽和した時期くらいに、俺のやる気も無くなっていって。多分今年は、去年出てきたものが、もうちょっとパーティー・チューンになっていくはずなんです。2016年って結構ヘヴィな雰囲気のものが多いんだけど、ああいうのが一旦売れると、それがまたチャラくなっていくじゃないですか。俺その時が一番好きで。だから今年、DJでかけたいようなすごく良い新譜がたくさん出るんじゃないか、っていう期待感があって。で、それを聞いた時に、「これだったら俺のやり方でできる」って思わせてくれる何かが出てくれるのを待っているところもあるんですよね。

──最初に「綺麗さっぱり」と言っていましたが、THE BEACHESとしてはこれでコンプリートという感じです?

最初にバンド・サウンドとしてイメージしていたことは、3枚のアルバムの中でやりつくした感はあります。心残りだったことも、新しい作り方で1つ形にできた。ただライヴで新曲をやったのが一番楽しくて、そういう意味ではやれることがまだあるんだろうなと思えたんですよね。で、その次はやっぱり全然違うことをやりたいから、それをTHE BEACHESって名前でやってもいいかもしれないし、そうじゃない方が面白いかもしれない。そこはまだ自分でも見えていないですね。ただライヴをやるってなったら俺もバンドの方が楽しいから、何かしらバンド的なスタイルでやるのはいいかなとは思います。

PROFILE

THE BEACHES

上段左から、ヒサシ the KID (Vo, Gu)、dij (Dr)、TOMOTOMO club(Ba)、下段中央、r.u.ko (Key)

2006年結成。「世界は常夏」をキーワードにアルバム3枚、シングル2枚をリリース。2010年9月、恵比寿リキッドルームでのワンマンライブを最後にロングバケーションに突入。結成10周年にあたる今年、5年9ヶ月ぶりに東京、大阪でロンバケ返上ライブ。下品なダンスビートで薄暗いダンスフロアからいつまでも辿り着けない世界中のビーチを目指すNEW WAVEなパンクバンド。

>>THE BEACHES アーティスト・ページ

o

 
 

インタヴュー

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ
嘘偽りなしのピュア・ハードコア──MILK、待望の1stアルバムを〈KiliKiliVilla〉よりリリース!!
[CLOSEUP]・2017年12月02日・嘘偽りなしのピュア・ハードコア──MILK、待望の1stアルバムを〈KiliKiliVilla〉よりリリース!! 名古屋を中心に活動するハードコア・パンク・バンド、MILK。2014年に〈SummerOfFan〉からリリースの7インチ・シングル『MY E.P.』、2016年に〈Less Than TV〉からリリースしたソノシート『MISFITS E.P.』は発売からあっという間に各地で在庫切れを起こし現在入手困難となる中、待望となっていた1stアルバムをこの度〈KiliKiliVilla〉よりリリース! OTOTOYではアルバムの発売を記念し、バンド単独では初となるインタビューを掲載です! 今の彼らが全て収められた傑作!!MILK / ALL ABOUT MILK'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC 【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''01. OUTPUNK02. better youth03. MINDSET04. My Say05. 2206. WE07. Role08. Have mine09. そこに
【短期連載】どついたるねん、なぜメジャーは彼らと契約したか?──宮本純乃介(キングレコード)と全裸で語り合う
[CLOSEUP]・2017年12月18日・【短期連載】どついたるねん、なぜメジャーは彼らと契約したか?──宮本純乃介(キングレコード)と全裸で語り合う どついたるねんが、12月20日にキングレコードよりメジャー1stシングル『BOY』をリリース。表題曲「BOY」に加え、ZEN-LA-ROCKとメイリン(ZOMBIE-CHANG)がfeat.で参加した「おならぷーぷーセッション feat. ZEN-LA-ROCK, ZOMBIE-CHANG」、親交のある澤部渡(スカート)がバンド・アレンジを施した「街」、同じく親交の深いミツメの代表曲「煙突」をアレンジした「煙突(モクモク remix)」が収録される。リリース当日には渋谷CLUB QUATTROにて完全無料のライヴ開催も行うなど、怒涛の勢いで突き進むどついたるねんの短期連載を3回に渡り掲載する。最終回は、メジャーレコード会社・キングレコード / EVIL LINE RECORDSのレーベル・ヘッド宮本純乃介を迎えインタヴューを敢行。なぜ、どついたるねんをメジャーで契約したかに居酒屋で迫った。 メジャー1stシングルは12月20日リリース!!どついたるねん / BOY'【収録曲】''1. BOY2.
by 西澤 裕郎
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事