サウンド・クリエーターからバンド、そしてソロへーーツボを心得たポップ職人、杉本清隆が9年ぶりの新作

2017年、活動15周年を迎えるorangenoise shortcutの杉本清隆が、12月14日にリリースした9年ぶりとなる新作『グッバイ・レイディ』をハイレゾ・リリース。ゲームのサウンド・クリエイターとして始まった音楽キャリアがどのような変遷をたどり、いま現在どのように反映されているのか。実に9年ぶりとなるソロ名義の作品についてインタヴューした。臨場感のある演奏を是非ハイレゾでお楽しみください。

9年ぶりの新作をOTOTOYにて独占ハイレゾ配信!!

杉本清隆 / グッバイ・レイディ

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC
>>>ハイレゾとは?

【価格】
まとめ購入のみ 1,080円

【トラック・リスト】
1. グッバイ・レイディ
2. It’s A Shiny Day!
3. Seaside Christmas

INTERVIEW : 杉本清隆

音楽ゲーム『pop'n music』シリーズのサウンド・クリエーターとしてその名を知られる一方、90年代渋谷系の空気を継承したポップス・バンドorangenoise shortcutとしても活動してきた杉本清隆が、じつに9年ぶりの新作をリリースした。リスナーの好みも音楽を聴く環境も年ごとにものすごいスピードで変化している昨今、9年間の月日は結構長い。気が付いたらあっという間に時代の空気に置いていかれてしまうはず。ところが、今作『グッバイ・レイディ』はそんな浦島太郎感とは無縁の、ツボを心得たポップ職人ぶりが光るメロディ・ラインと参加ミュージシャンの卓越した演奏、甘くも大人の色気を感じさせる歌声による、古臭さなど微塵も感じさせない瑞々しいポップ・ソングたちだ。5曲(うち2曲はオフ・ボーカル)じゃあ、まだまだ物足りないけれど、初めてソロ名義で作品をリリースした杉本の現在とこれからをこのインタヴューを読むことで、今後の活動に注目してほしい。

インタヴュー&文 : 岡本貴之

インディーズのフィールドでやりたいなと思って始めたのがオレノイだった

――杉本さんの音楽的キャリアの出発点は、ゲームのサウンド・クリエイターからという認識で合ってますか。

杉本清隆(以下、杉本) : そうですね。ヒット作に関わっていた関係もありまして。自分的にはバイト感覚でやってたんですけど(笑)、急に知られるようになってしまって。もともと、アーティスト志向だったので、自分で曲を作って歌ってというのをやっていて。それがゲームのサウンド・クリエーターをやっていると、なかなか思うような形にできないなと思っていったん辞めたんです。

――そこからorangenoise shortcutを始めたんですか。

杉本 : そうです。『pop'n music』はゲーム画面で色んな曲を選べるようになっていて、その中にジャンル名と曲のタイトルとアーティスト名が出るんですよ。結構いろんなタイプの曲を書いてたんで、曲のジャンルに合わせて、架空のアーティスト名をいくつか名乗っていたんです。その中の1つがorangenoise shortcut (以下、オレノイ)だったんですけど、自分のやりたいことに近かったので、コナミを離れてインディーズのフィールドでやりたいなと思って始めたのがオレノイだったんです。最初は宅録で曲を作ってライヴをやってCD-Rを売るようなユニットだったんですけど、もともとバンドをやる目的で始めたのでバンド形態になって。レーベルも活動中に決まって、何枚かアルバムも出させてもらいました。


orangenoise shortcut feat.櫛引彩香 桜リタルダンド

――オレノイは2008年に活動休止となり、今回は初めてソロとして杉本清隆名義での作品でリリース自体9年振りですよね。その間はサウンド・クリエーターとしての活動をしていらっしゃったんですか?

杉本 : サウンド・クリエーター的な活動はあまりやっていなくて。音楽専門学校の先生をやっていました。そこの学校に将来ゲーム会社に入って曲を作りたいという学生や、バンドで曲を作ってCDを出したいとか、色んなタイプの生徒が集まる「ミュージックアーティスト科」があるんですけど、そこで主に作曲と、ピアノ、たまにバンドアンサンブルも教えていました。

――『グッバイ・レイディ』でもパーカッションとクレジットされていますが、オレノイの作品ではドラムを自分で叩いてたんですよね。

杉本 : そうです。オレノイ初期のアルバムとベスト盤の新録曲だけですが、自分でドラムをやっていました。大学生のときに打楽器を専門に勉強していて。音大でクラシックパーカッションをやっていたんです。それで自分でもやってみたいなって。音楽歴でいうとクラシックピアノを習っていたんですけど、「イカ天」(「平成名物TV 三宅裕司のいかすバンド天国」)に影響されて、バンドをやりたいなと思ったんですよ。じゃあバンドをやるときに何をやりたいか考えたんですけど、ピアノはそんなに好きじゃなかったんです(笑)。なんか、ピアノを弾いてる自分に違和感を感じてしまったので。男子がピアノ習っていると「え~!?」みたいな感じがあったじゃないですか?

――わかります。僕も杉本さんと同世代ですけど、「ピアノは女の子が弾くもの」って思ってましたもん。

杉本 : そうそう(笑)、そういうのもあって。ピアノは得意だったので続けてたんですけど、あんまりそれでやって行こう、みたいなことは考えてなかったですね。それでバンドブームが始まったら、「ドラムかっこいい」ってドラムに目が行ったんですよ。「イカ天」の前から「ザ・ベストテン」とか「ザ・トップテン」とか歌番組が好きで。

――そういう番組に出てくるバンドを見てドラムに興味を持ちだしたんですか。

杉本 : だいたい出ていたのが、チェッカーズとかC-C-Bとかで。子どもの頃なのでそういうバンドに目が行くんですよね。C-C-Bのドラム・ボーカルの笠浩二さんを小学生の頃にテレビで見て衝撃を受けたこともあって、そこからドラムが気にはなってました。それと、C-C-Bは全員がヴォーカルを取れるというのも面白いなと思って見てましたね。

自分の中で研究してきたことを、一回形にしてみようと思ったんです。

――歌声を聴かせて頂くと、とても甘い歌声で特徴がありますけど、歌うようになったのはいつからなんですか。

杉本 : 人前で歌うようになったきっかけは、カラオケ・ブームですね。高校生の頃にカラオケで人前で歌うことが面白いなと思うようになって。もともと自分が特徴的な声をしているなっていうのは感じていたので、カラオケで1人デュエットみたいな感じで男女の歌声を1人でやるのを特技みたいな感じで受け狙いで友だちに聴かせたりしてたんですよ。でもヴォーカリストっていう意識はなかったんですけど、大学生のときに作曲を本格的にやり出したんですよ。そのときに、どうせだったら自分で歌ってライヴしようか、みたいなノリで始めたのが、今のスタイルに繋がっている感じですね。当時、DTMのはしりみたいなマッキントッシュの…… 今Macはみなさん結構持っていますけど、まだ高価だったので頑張って買って、打ち込みでトラックを作って。学校の授業よりそっちの方にのめり込んでやっていました。

――『グッバイ・レイディ』を聴いてからオレノイのアルバムも聴かせて頂いたんですけど、常にリズムが跳ねているというか、バンド・ブームのときに流行ったパンクっぽい8ビートの曲とかはないですよね。

杉本 : ああ、そうですね。でもパンクも好きですけどね。僕がそれをやろうとすると変換されてああいう風になっちゃうんですかね(笑)。

――『グッバイ・レイディ』のアレンジにはブラック・ミュージック的な雰囲気も感じますけど、洋楽から受けた影響もありますか?

杉本 : 歌謡曲が好きだって言ってる割には、それをそのままやるんじゃなくて、ちょっと歌謡曲らしくない部分が好きというか。わかりやすく言うと、90年代にCDがバカ売れしていた時期があったじゃないですか? ああいったヒット作がすごく自分は苦手だったんですよ。J-POPっていうくくりになった頃から離れちゃって、洋楽ばかり聴いていましたね。それ以前も、FMとかで洋楽のチャート番組を聴いていたので。でも、今考えるとJ-POPって呼ばれる以前の歌謡曲も、どことなく洋楽テイストのする曲が多かったんですよね。いまでこそわかるんですけど、やっぱり洋楽テイストが入っている音楽とかブラック・ミュージックの要素が入っている曲が自分のアンテナにひっかかってたんじゃないかなって。だからそういう曲が出てくるんだと思います。

――モータウン・サウンドを日本の歌謡曲を通して聴いていたり。

杉本 : そんな感じです。たぶん、そういうフィルターを通して聴いてたんだと思います。

――自分で曲を作り出したときにはどんな曲から作り出したんですか?

杉本 : あんまり、誰々みたいになりたいっていうことがなかったんですよ。曲を組み立てて、こういう進行にするとキュートだとか、ぞわぞわってなるなとか、音とか音階とかコードに耳が行っちゃうんで。

――歌を一番前に出しつつも凝ったアレンジが聴けますけど、その辺りの手法はどうやって身に着けたんでしょうか。

杉本 : 9年間、専門学校で教えているんですけど、結構勉強したんですよ(笑)。色んなジャンルを。昔の洋楽とかジャズのことも教えたりするんですけど、その感覚が果たしてちゃんと自分の中にあるのかなっていうことを、今回の曲は試してみたくなったというか。自分の中で研究してきたことを、一回形にしてみようと思ったんです。だから、歌謡曲のテイストもあるし、J-POP的な要素もあるし、洋楽やジャズのテイストもあるっていう、色んなおいしいところを混ぜて組み立てた感じです。

――今作は音楽Webサイト「ポプシクリップ。」の新レーベルmiobell records(ミオベルレコード)からリリースされましたが、これはどんな経緯で実現したのでしょう。

Mr.K(miobell records主宰) : 僕はもともと杉本さんのファンだったんですけど、自分でもイベントをやるようになって杉本さんに出てもらったことからお付き合いが始まったんです。今回のリリースの流れで言うと、今年の夏に僕がもう1つお手伝いしているバンド、Alma-Grafe(アルマグラフ)のCDを出したいねという話が出たんです。そのときに、自主でやった方が良いのかなって漠然と考えてたんですけど、たまたま夏のイベントで杉本さんにお会いしたときにそのことを話してみたら興味があるとおっしゃったんです。

杉本 : 以前よりKさんからも「何か出さないんですか?」って言われていたので(笑)。今回の話はもともと「ポプシクリップ。」が出している冊子の付録用に作る予定で話がスタートしたんですけど、いつのまにか単体で出すことになったんですよ。

Mr.K : 杉本さんはキャリアがある方ですし、久々に出すのであればせっかくだからキチンとしたスタジオアルバムを出した方が良いなと思ったんです。それと、杉本さんのいた音ゲー界隈のミュージシャンたちは、今でこそヴォーカロイドや声優とかゲーム音楽を作って売れている人たちも出てきていると思うんですけど、ゲームとかオタクカルチャーの文脈で語られることはあっても、音楽専門誌ではあまり取り上げられてこなかった人たちだと思うんですよ。だから今回こうやってOTOTOYから配信されてインタヴューが掲載されることって、結構意義深いことだと思っていますし、杉本さんの音楽はメインストリームの人たちの市場に出て行っても十分聴いてもらえる音楽だと思うんですよね。今回新レーベルを立ち上げてリリースするにあたって、そういう気持ちもあります。

自分の中で自然にイメージが出来てきたんです。

――ソロでやってみよう、というのは以前から考えていたことなんですか。

杉本 : オレノイというバンドがあってライヴをやっていたんですけど、活動休止以降は、じつはソロでやって行くつもりもなかったんですよ。でもやって行くうちに、やっぱりちょっと自信もついてきたんですよ。今まで電子ピアノでやってたんですけど、グランドピアノがあるライヴ・ハウスで弾きながら歌ったときに、「ああ、このスタイルはいいな」と思って、これで自分のソロをやってみたいなと思ったんですよ。全然、レベルは違いますけど、ベン・フォールズ・ファイヴが好きだったのもあって。ソロでやるんだったらそういう形でやろうかなって、自分の中で自然にイメージが出来てきたんです。

――3曲プラス、演奏だけのオフ・ボーカルが2曲収録されていますが、これは既にあった曲からチョイスしたのでしょうか。

杉本 : 3曲目の「Seaside Christmas」は以前からあった曲で、時期的にも良いかなと思って入れたんですけど、あとの2曲は新しく作りました。タイトル曲は今回のリリースが決まってから書いた曲です。

――各パートは杉本さんが作った設計図をもとに演奏している感じなんですか?

杉本 : ギターに関しては、今回はきだしゅんすけ君っていう、映画音楽の作曲をしている昔からの友だちが弾いているんですけど、きだ君もすごく洋楽を聴いてきた人で、僕の持っていない引き出しから楽曲に合うギターのアレンジを色々提案してもらいながら、結構自由に弾いてもらいました。ベースの永田範正さんも僕と聴いてきた音楽の感じも近いって事もあって、コードとリズムの感じだけ提示して、あとは自由に弾いてもらいました。

――「グッバイ・レイディ」のギターは、歪んでないけどクリーントーンでもないっていう、絶妙な音を出してますよね。

杉本 : 絶妙ですよね(笑)。僕もそう思います。本当はもうちょっとグルーヴにもこだわりたかったんですけど、綺麗な曲なので歌もしっかり整えようかなとも思ったんです。今は結構機械で整えられるじゃないですか? でも、そういうのを歌も演奏もあえてしていなくて、ちょっとデコボコした感じは残したんです。BPMも曲の前半と後半でちょっと違うんですよ。

――「It’s A Shiny Day!」もそうですけど、2曲ともオフ・ボーカルが入っていることもあってコーラスワークを駆使していることがとてもよくわかります。こういう部分もサウンドクリエーターとしての研究の成果ですか?

杉本 : コーラスワークに関しては、まったく研究してないんですよ(笑)。全部アドリブでやったんです。色んな音楽を聴いて自分の中に沁みついているものがあるんですよね。ノリですね、完全に。人が歌っているところに乗っかるのが好きなので(笑)そういうところが出ているんだと思います。

――「Seaside Christmas」はレゲエですけど、打ち込みですよね。

杉本 : はい、これはギターとベース以外は打ち込みです。これは音ゲーの仕事をやる前からDTMで曲作りをしているとき、20歳のときに作った曲の焼き直しなんですよ。当時、ドラムンベースが流行っていて、音ゲーとか関係なく打ち込みで作っていたんです。この曲もじつはもともとドラムンベースでアレンジしてた曲だったんですよ。そこから放っておいたんですけど、何年か前のイベントのときに思い出して。歌詞も当時は全然ぼんやりした歌詞だったんですけど、今回はテーマをXmasにしてアレンジもレゲエ調にしたんです。あとこの曲はFISHMANSが好きで。

――ああ~それは感じました。歌い方もちょっと似てますもんね。

杉本 : ちょっと意識してます(笑)。これはかなりFISHMANSですね。

――OTOTOYからはハイレゾ配信されますが、ハイレゾならではの聴きどころを教えてもらえますか?

杉本 : 結構ライヴっぽい演奏なので、ハイレゾだとそれが臨場感のある説得力のある感じで伝わるんじゃないかなと思います。ぜひハイレゾで聴いてほしいです。

――今回はマキシ・シングルですが、今後はアルバムを作ることも考えてますか?

杉本 : ライヴ限定発売したCD-Rの宅録音源が何曲かあるので、それをレコーディングしなおして出したいなという希望はあります。ちょっとお休みしていた感じなので、2017年からは精力的に活動して行きたいですね。今回の作品で勢いがつけば良いなと思っています。

RECOMMEND

TWEEDEES / The Second Time Around

25歳の新進気鋭のシンガー清浦夏実と沖井礼二(ex-Cymbals)によるバンド、TWEEDEESの2ndアルバム。

スカート / 静かな夜がいい

2016年11月に発売されたスカート初のシングル。夜の情景が浮かぶ素晴らしい歌詞と、成長を感じるアレンジ。これぞスカートが提案するポップスの真髄。
本作に関する特集ページはこちら

カジヒデキ / THE BLUE BOY

通算15枚目のオリジナル・アルバム。「KONCOS」の2人(古川太一、佐藤寛)とのスリーピース編成を中心に、ソロ・デビュー以前からの盟友「NEIL&IRAIZA」(堀江博久、松田岳二)らのサポートの元、風通しの良いバンドサウンドを奏でています。

LIVE SCHEDULE

杉本清隆『グッバイ・レイディ』発売記念インストアライブ
2017年1月24日(火) @下北沢モナレコード
時間 : OPEN 19:30 / START 20:00
料金 : 一般¥1000+1drink モナレコードにて『グッバイレイディ』を購入(通販含む)した方は特典のポストカード持参で500円割引
出演 : 杉本清隆・Special Guest TWEEDEES
詳細 : http://www.mona-records.com/live/2017/01/live_012420.php

321 Birthday Live vol.9 ~Shimi-zimi 43~ at 渋谷gee-ge
2017年3月20日(月/祝)・2017年3月21日(火) @渋谷gee-ge

PROFILE

杉本清隆

「orangenoise shortcut」として2002年より都内を中心にライヴ活動を開始。 2008年の活動休止までに、Softly!レーベルより 5枚のアルバムを発表。 ネオ渋谷系や「pop'n music」ファン中心に人気を集める。 現在はソロ名義で、orangenoise shortcutの特徴でもあるギターポップ、ネオアコ感覚を継承しつつ、独特のハイトーン・ヴォーカルを生かしたピアノロックなスタイルでライヴ活動を続けている。実に9年ぶりとなる、ソロ名義の初作品「グッバイ・レイディ」をmiobell recordsより2016年12月14日にリリース。

杉本清隆 レーベルHP

o

 
 

インタヴュー

あたたかく揺れるギターポップ、名コラボ平賀さち枝とホームカミングス新作配信開始!
[FEATURE]・2018年01月24日・あたたかく揺れる、幸福感あふれるギター・ポップ──名コラボ、平賀さち枝とホームカミングス新作配信開始! 待ってました! 2014年の名曲『白い光の朝に』から3年、平賀さち枝とHomecomingsによるコラボ・ユニット平賀さち枝とホームカミングスが新作をリリース! 平賀の透き通る瑞々しい歌と、ホムカミのあたたかいギター・ポップ・アレンジが合わさり、ただただ幸福感を感じること間違いなしのユニットとなっております! ライブで既に披露されていた「カントリーロード」含む3曲と、HomecomingsによるPavementのカヴァー「スピット・オン・ア・ストレンジャー」、平賀さち枝の弾き語りナンバー「夏風邪」の5曲をお届け。今回OTOTOYでは、平賀さち枝とHomecomingsヴォーカル畳野彩加にインタヴューを敢行。再コラボに至った経緯やお互いの関係に迫りました! 3年ぶりとなるコラボ新作リリース!平賀さち枝とホームカミングス / カントリーロード / ヴィレッジ・ファーマシー'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,20
カフカから“KFK”という新たな遊び場へ──ジャンルレスに吐き出された1stミニアルバムを配信開始!
[FEATURE]・2018年01月24日・より自由に、よりジャンルレスに、大胆に、好きなものだけを──カフカから“KFK”という新たな遊び場へ 美しいメロディと内省的でエモーショナルなリリックを乗せたギター・ロックでインディ・ロック・ファンの注目を集めてきたカフカ。そんな彼らが、2017年12月に"KFK"へと改名し新たなスタートを切る! カフカの特徴とも言えるギター・ロックを中心としたバンド・サウンドから一転、ロック、エレクトロ、ヒップホップ、ソウル、R&B、ヴェイパーウェイブまでを飲み込みジャンルレスに吐き出された、KFKの初期衝動ともいえる1stミニアルバムが届いた。彼らの新しい遊び場はどのように創られていったのか。大胆に10周年をスタートした彼らにインタヴューを敢行した。インタヴューとともに、カフカから生まれ変わった、KFKの自由に表現された今作を聴いてほしい。 KFK、ジャンルレスに吐き出された1stミニアルバム!KFK / ラブソングフォーディストピアシティトーキョー'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 900円(税込)【Track List
by ?
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【後半】──「金になると思わせるだけのものが俺たちにはあった」
[FEATURE]・2018年01月22日・「金になると思わせるだけのものが俺たちにはあった」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【後半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。 先日公開したインタヴュー前半ではメジャー・デビューを果たした今の心境やデビュー当時の彼らの活動、1stアルバムをリリース以降の彼らの想
by JJ
ルーツに素直に向き合うこと──ポニーのヒサミツの2ndアルバムを1週間先行 & ハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2018年01月17日・ルーツに素直に向き合うこと──ポニーのヒサミツの2ndアルバムを1週間先行 & ハイレゾ独占配信 1stアルバム『休日のレコード』がタワレコメンに選出、7インチ・シングル『羊を盗め』が〈カクバリズム〉からリリースされ話題を呼んだ、前田卓朗によるカントリー・ポップ・ソロ・ユニット、“ポニーのヒサミツ”が4年ぶりとなる2ndアルバム『The Peanut Vendors』をリリース! 今作はライヴ・メンバーとして共に活動してきた大塚智之(シャムキャッツ)らに加え、中川理沙(ザ・なつやすみバンド)と谷口雄(1983、あだち麗三郎クワルテッット)がゲスト参加。彼が敬愛するカントリーやポップスの世界観が色濃く反映された1枚となっております。そんな今作をOTOTOYでは1週間先行にて配信すると共に、ハイレゾ版を独占配信。彼へのメール・インタヴューと共にお楽しみください。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!ポニーのヒサミツ / THE PEANUT VENDORS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収
スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
筆者について
同じ筆者による他の記事