ディストピアに鳴り響く、モダン・マシン・ソウル、yahyel──ハイレゾ配信開始

アルバムに先行した500枚のシングルCDはほぼ即完状態、すでにライヴなどでも大きな評判を集めているyahyel。2015年3月に池貝峻、篠田ミル、杉本亘の3名によって結成(現在はさらにVJに山田健人、ドラマーに大井一彌がくわって5人)されて、活動2年弱で11月23日に1stアルバム『Flesh and Blood』をリリースする。池貝のエモーショナルなヴォーカルと、スペースを活かしたクールなエレクトロニック・トラックは、昨今のベース・ミュージックやビート・ミュージック以降のサウンドメイキングを備えたインディR&Bとシームレスに並ぶ感覚のものと言えるだろう。

アルバムには、昨年自主制作でリリースされた楽曲や新たにミックスされたアルバム・ヴァージョンとして収録されている。マスタリングは、エイフェックス・ツインやアルカ、ジェイムス・ブレイク、フォー・テット、FKAツイッグスなどを手がけるマット・コルトンが担当し、その鋭利なサウンドをより的確に鳴らしている。OTOTOYでは、本作のハイレゾ版の配信を開始。アルバム全体の予約購入で歌詞を掲載したデジタル・ブックレットも付属する。



デジタル・ブックレット付き

yahyel / Flesh and Blood(24bit/44.1kHz)

【Track List】
01. Kill Me
02. Once
03. Age
04. Joseph(album ver.)
05. Midnight Run(album ver.)
06. The Flare
07. Black Satin
08. Fool(album ver.)
09. Alone
10. Why

【配信形態 / 価格】
24bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
ルバムまとめ購入 2,571円(税込)

INTERVIEW : yahyel

ブルージーな池貝のヴォーカルと、音数を徹底的に絞り込んだエレクトロニック・スローモー・ファンク。クールすぎるにもほどがある、yahyalとは、この国を拠点としながらも、つまりは僕らがいま、ある程度見ることのできる欧米を中心としたポップ・ミュージックの網目の中にいる、そんなグループだ。ベース・ミュージックやビート・ミュージック、そして現代ジャズなどの叡智が溶け込んだ、エレクトロニックなR&B。はっきりとそうした目線で作られている、というか、その目線こそが、まさに彼らの音楽的なポイントでもある。


インタヴュー&文 : 河村祐介

僕たちがもっているものを組み合わせるとこういう音になった

──ヴォーカルやエレクトロニクスが3人、そこにライヴ・ドラマー、VJという編成ですけど、わりとこの編成でヤイエルのサウンドが決まったという感じですか?

池貝 : ライヴにおいて、そのパフォーマンスに関しては「これだな」っていうのができた。彼らふたりは加入前から手伝ってもらっていて、海外でのライヴも含めて濃密な時間を過ごしてきていて。だからいろいろなことが1年間あった上でのメンバーとして迎え入れた感覚で、僕たちが作っているもののコンセプトもしっかり共有していて。それが大事だったと思います。

──音楽的にはどうですか?

池貝 : それはこれからですよね。いまのところはドラムもライヴだけで。

篠田 : トラック作るのはまた別のステップだよね。今回は叩いてもらったのも「The Flare」って曲の、サビの後のタムの部分だけだし。

──アルバムの制作は、基本元からいた3人ということですね。

池貝 : 基本はそういう言い方になるかもね。

──世界を目指す、それに即した音楽性だと思うんですが、ベース・ミュージック、インディR&Bになったというのはなにかあるんですか?

篠田 : 手元にあるスキル、それともとからこういう音が好きだったというのもありますし、こうした音楽のフォーマットがオンタイムで受け入れられるシーンがある。そういう土壌は理解していて、そこに僕たちがもっているものを組み合わせるとこういう音になったという感じです。ガイ(池貝)は、もともとブルースマンで黒いヴォーカル、倍音やブレスの多いヴォーカルが歌えて、もんちゃん(杉本)は個人でIDMやポストダブステップ的なトラックを作りためてて。これを組み合わせたら、そういう音になるなっていう。

──リズムとメロディと、大きくわけてふたつの要素があると思うんだけど、ヤイエルの場合って一番最初に楽曲ってどこから出てくるんですか?

杉本 : ものによるよね、コードからくるときもあるし。もっと「こういう音で作ってみたい」って単純にくることもある。

池貝 : メロディまで作っておいて、デモができる場合もあったりいろいろあるよね。

篠田 : 弾き語りであったものにトラックをつけていくというのもあるし。

──全員が持ち寄るってことですね。わりといわゆるバンドでもないので、自由度が高い音楽性だと思うんですが、やはり「歌があってのヤイエルの楽曲」みたいな感覚はあるんですか? 例えばインストとかは作る可能性は?

池貝 : いや、ぞれは全然あってもよくて。

篠田 : その曲によって、表現したいもの次第だよね。むしろ「歌をいちばん前に出したいから、トラックはビートぐらいしか鳴っていない」みたいなパートがある曲も作るし。そのあたりは曲のコンセプト次第。このアルバムに入っている「Alone」って曲のサビも、ガイが歌っているんだけど、その声を、ほぼヴォイス・サンプルがなっている感覚で使っている。

池貝 : 声にも、楽器、サンプルとしての使いかたも大いにあって。電子音楽のなかの脈略のなかでの声の使いかたという感じで。いわゆるヴォーカルと呼ばれているものだけではなくて。それは僕らのやっている音楽の武器というか、いろんな使い方があってもいいんじゃないかなと。

──役割分担はあるんですか? グループやバンドによってはアイディアを持ってくる人、ジャッジの側の人、もっとエンジニア的な人、もしくプレイヤーとか決まっている場合があるじゃないですか?

池貝 : 全員が全部やるっていうのが多いですね。原型の元ネタは僕が作ってくることも多いんですけど。そこは原型で、それをどうやってこの3人で叩くかっていうのがヤイエルの本質で。

篠田 : 手を動かして、ブラッシュアップするという作業はもんちゃん(杉本)が多いかな。

──テクニカルな、エンジニア的な?

杉本 : そうですね。どういう音を出したらいいのかっていうのをアイディアはあるんで。どうやって形にしていくのかっていう。そこに、さらにアップデータされたアイディアをミル(篠田)くんが作ることもあるし。

ジェイムス・ブレイクとか、チルウェイヴ、そちらのほうがシンパシーがある

photo by Shun Komiyama

──サウンド的には基本が、ベース・ミュージック、ビート・ミュージックの感覚、それ以降のR&Bっていう感覚だと思うんだけど。わりと世界規模でいくと、アメリカにしろUKにしろ、いわゆる英米圏ではポップ・ミュージックのいち要素になっているわけですけど、いま日本でいうとそこのところ空白だったのが、やっとヤイエルのような存在が出てきたというか。

池貝 : 正直、いま日本のシーンにそういうものがないからといって、自分たちがそれをやるというような自負ないですね。

篠田 : もちろん客観的に言えば、世界的には標準のプラットフォームになっていると思うので、そこに乗って外へと出て行きたいというのはあるけど、日本のシーンに対してなにかをしたいというのは正直ないですね。

──外に向いていると。あとはDJカルチャー的なもの、例えばベース・ミュージックとかビート・ミュージックってそういう側面も構成要素としてはあると思うんですけど。メンバーがDJをやっていてみたいなのはない? ベース・ミュージックといってもジェイムス・ブレイクや、ディスクロージャーみたいな海外でいうところのポップではなく、わりと12インチ的な。

杉本 : ビートポートとかで買うっていうのはありますよ。

池貝 : それぞれがあると思いますよ、各個人ではもちろん。

篠田 : ただ、バンド・カルチャーでも、DJカルチャーでもない「くくり」……例えばシンガー・ソング・ライターとビートメイカー、それが融合して以降のもの。そういったスタンスが僕らの念頭にあるという感じですね。2000年代後半以降のジェイムス・ブレイク・ブレイクとか、あとはチルウェイヴの人でもいいんですけど。いわゆるゴリゴリのDJミュージック的なベース・ミュージックの人たちよりかは、そっちの方がシンパシーがあるかな。

池本 : DJカルチャーのひとたちが、そっちの流れにもいっているっていうのもあるしね。

篠田 : もちろん逆もね。

──ミックスのバランスを聴いててもそこはすごく自覚的なのかなと。サブベースがブンブンなっているようなものじゃなくて、もうちょっと、ポップ・ミュージックとしての方向に軸足があるというか。

池貝 : さっきでてきた様なアーティストたちの音を参考にして、マット・コルトンにミックスをしてもらって。もちろん、ベース・ミュージックやDJカルチャーにも影響受けてるんですけどね。

杉本 : それを選ばなくてはいけないということではなくて。

池貝 : 楽曲によっては選んで使うこともあるかもしれないけど、今度のアルバムに収録されている楽曲に関しては、ブリブリのベースやビートは押し出しているわけではないと。

──いまの日本のシーンだと、いわゆるロック・バンド的な体裁がないというだけで、いきなりクラブ・ミュージックみたいに言われることもあるのかなと。いまそういう感覚のアーティストが、日本のポップ・ミュージックのなかに少ないだけに。とはいえ、ジ・インターネットとかライとかを、たぶんヤイエルを聴いてる若い世代はそういう海外のものを普通のポップスとして聴いているんだと思うけど。日本において語られるときに、そのくくりがないだけで。

篠田 : その通りだと思います。

池貝 : 僕らとしては、それを突き付けたいですけどね。そういうものがいま「ない」っていう状態に対して。

制作時の会話量は圧倒的に多いと思う

メンバーでもあるdutch tokyo(山田健人)によるMV『Once』より

──若干プロダクションの話を。サウンド的に「この機材を」みたいな決まった機材ありますか?

池貝 : 難しいですね。

──もう少し質問を変えると、ドラムとか特徴的ですよね。

池貝 : どうなんだろう。

大井 : ドラム……ライヴで言えば、リズムに関して言えばドラマーの僕がビートメイクするわけじゃなくて、ドラムを演奏したことない彼ら3人がビートを作って、DJカルチャー的な文脈からリズムを引っ張ってきたり。そういうサンプルをもらって、パッドで叩くというスタイルですね。作っているのがドラマーではないっていう感覚なんですよね。

──ドラマーとして見たときに叩いてみてどうですか?

大井 : すごいおもしろいですね。海外で時流にのっている、例えばグラスパー以降のジャズとかエクスペリメンタルなエレクトロと人間が生で演奏することの半分半分をとがってやれているという人はいないので。

photo by Shun Komiyama

──グラスパー以降のジャズ的なものってどうですか? 自然に聴いているという感じ? それとももうちょっと分析的に聴いてます?

篠田 : ここに入ってる「Black Satin」っていう曲とかは意図的にやっている部分はあるけども。ネオソウル的な揺らし方とか、ビートの置き方とか。

──でも、そこだけじゃないっすよね。アルバムは。

篠田 : そう、そこだけで語られるのは違和感はあるけど。

杉本 : でも俺はわりとあのビートは、単純にしっかりとヒップホップってもちろんディラかな。

篠田 : ロバグラがディラに影響受けているから一巡しているんだろうけど。

池貝 : でもフルームとかのトラックもそういう感覚ってあるじゃん。「Kill Me」のキックの位置とか俺が置いたけど、あれとかはどっちかというフルームとかそっちの影響っていうか。

大井 : 黒人のビートのマナーをたどっているということではなくても、ビートはちゃんとなまっているってそういうところなんですよね。

篠田 : フルームとかムラ・マサとかがやろうとしていることもそういう感じだと思うんだけどな。

──いまのやりとりがすごく興味深かったんですが、わりと楽曲制作においてもこういった批評というか議論みたいなことはやっているんですかね。

篠田 : むちゃくちゃしますね。

杉本 : さっきの固定の機材が……っていうのに答えられなかったのは、いろいろ試して分析しているっていうのもあると思うんですよ。

篠田 : このシンセ参考に……っていうと、YouTubeにわりとチュートリアル的な動画あって、その都度、曲のアイディアに合わせて取り入れていくということをやってて。だから「これ」って機材はないかもしれない。

池貝 : 編集能力というか、「あの曲のあの部分がアイディアとして使える」ってやったりします。分析はするよね、どういう脈略でこの音になっているのか。

──楽曲作るのにけっこう詰めます?

池貝 : そのときそのときによると思いますけど、でも作る過程で、圧倒的に会話量は多いと思う。詰め方に関しては、そんなに時間かかんないけど。

杉本 : どちらかとそこは言えばサクッと。

思考停止になったら終わり

──もう少し、世界観というところで、ひとつディストピアというのがテーマになっていると。ひとりディストピアというので、あげるとしたら作家でだれだと思いますか?

池貝 : オルダス・ハクスリー『すばらしい新世界』……でも、いろんなものだと思う。

篠田 : 僕らが言っている“ディストピア”というのはファンタジーとしてのディティールを作品に落とし込みたかったわけではなくて。もちろんディストピアものとかサイバーパンクもののSFのディティールは好きなんですけど。そうではなくて、「実は目の前の現実がファンタジーだって疑っているのは自分だけで、それがつらい」みたいな世界観って、じつは「俺らが生きているいまの世界なんじゃない?」っていうところのディストピアなんですよね。ファンタジーとかフィックションのディストピアの世界観を作ろうってことではないんですよね。

池貝 : 構造っていうことですよね。構造ってすごく語りやすいプラットフォームというか。

──いま、社会状況を考えても、もはや現実がディストピア的な物語においついているというか、追い越しそうな世界というか。また他のオフィシャル・インタヴューなんかを読んだ限りでは、現実的な怒りが歌詞には込められているとも語られています。明確に現実的なメッセージ、例えば政治的なプロテストとか、そういうものも含めてあったりするんでしょうか? それとももうちょっと大きい、社会的な観念へのダメ出しなのか。

池貝 : それに関して、政治的にどうこうできることはないと考えていて。いまのご時世、音楽が政治を動かすというのはないと思っていて。民主主義国である限り、僕らの世代が一番少ないわけで、それはそれで現実味がないし。その構造があるなかで、それを変える為に音楽をやっているわけではないわけですし。ただただ単純に、僕らの世代って、戦後復興の世代、経済成長の世代、バブルを享受した世代の後で、まったくそうった以前の日本社会を知らず、それを達成するために必要だったアイデンティ──周りの人に対して一歩下がって、あまり他人に干渉しない、でもホスピタリティがあって優しくてっていう、よく海外から来た人が日本人に対して思う価値観みたいなもの、でも逆にそれが日本人であるっていう価値観になってしまっている。けども、僕らはそれに対してなんのシンパシーも感じていないんですよ。

──なるほど。

池貝 : 都合のいい日本人像っていうか、簡単に言えば、日本のナショナリズムが言っている、日本の誇りだとか、帰属意識っていうのはまったくないわけですよ。でも、そこへのシンパシーが「ない」ということ自体を否定されてしまういま目の前の社会にあって、海外からもそういうステレオタイプを見られてしまう。そういう構造って僕らからしたらすごく奇妙で、そういったことにシンパシーがなくて、帰属していない、でも例えば海外でも同じ世代で人と人で、友だちとして普通に人間関係を気づける人たちがいることも僕らは知っている。つまりは、ある種のアイデンティ・クライシスというか。一般的な日本人のアイデンティティになんとなく属せないし、海外の人たちが付与するステレオタイプにも共感できないし。でも、そこで思考停止になったら終わりで、自分のなかで問い続けるしかないっていう。

──考え続けるってことが重要だと。

池貝 : それをしてない人があまりにも多いので、それに対する怒りというか、考えを疑えっていう。それがディストピアって表現していることのステイトメントですね。

──わりとヤイエルの心地良い、暗さとかメランコリックな感覚ってそのあたりから来ているのかなと。いわゆる享楽的な音ではないし、自分たちの表現として。思慮に向かわせる感覚ってそこなのかなとか。ストーリーテリング的なアルバムがヤイエルから出て来たらおもしろいのかなと思っていて。

池貝 : それはやろうとしています。

海外の人々の、生活の隙間に入りたい

メンバーでもあるdutch tokyo(山田健人)によるMV『Once』より

──歌うことで言うと、一番好きな詩人とかリリシストって誰ですか?

池貝 : 難しいな。

──ではヤイエルでやろうとしていることに近いのは?

池貝 : トム・ウェイツ……でも、本当に彼はパーソナルで、小説家レベルだからな。あ、ドーターかな、このアルバムにはあのドーターの歌詞に対する応答が入っている。引用とかも実はある……僕が大好きなんですが。

──ちなみに今日同席されているのでぜひともライヴの映像に関して聞いて見たいんですが、基本的にすべて山田さんがやられてるんですよね?

山田 : PVはメンバーと話してイメージとかみんな意見を入れて作っていくんですけど、ライヴのVJに関しては100パーセント任せてくれていて……映像は、音の臭いから。

(一同爆笑)

山田 : 抽象的なんですが、音を聴いて「これはまるっこい」とか、そういうのを視覚化していくというか。

篠田 : 音の臭いってやばいね。

──聴覚と視覚表現なのに、嗅覚を介在って(笑)。今後やってみたいことは?

池貝 : アルバムにコンセプトをもたせたいっていうのはひとつ、それは自分たちはこれから制作において考えることで。とにかく、海外に行きたいですね。ここまでアルバムっていう形にまで音源を落とし込んだので、ライヴも含めてパッケージできているので、それをそのまま持ち出して、自分たちの力量を試したいですね。まったく日本人の音楽っていうのを感じさせないような自然な日常の音楽として海外でも、彼らの生活の隙間に入りたいですね。

篠田 : それを達成するための、ひとつひとつのステップも楽しみだよね。

RECOMMEND

Blood Orange / Freetown Sound

プロデューサーとしても才能を発揮する、まさにフランク・オーシャンと並ぶインディR&Bのアイコン的アーティスト、デイヴ・ハインズによるブラッド・オレンジ。約3年振りとなる待望の新作。

FKA twigs / M3LL155X

アルカらによるインダストリアル〜エレクトロニクスなトラックと神秘的な歌声、そして自身のダンスも含めた魅惑的な映像戦略で、まさにインディR&Bの女王となったFKAツイッグス。新作アルバムが期待されるがこちらは2015リリースのEP「M3LL155X(メリッサ)」。

D.A.N. / D.A.N.(24bit/88.2kHz)

ヤイエルと同世代、インディR&Bやミニマル・テクノやハウス、ビート・ミュージックを独自に消化したバンド・サウンドを展開する天才肌3人組。2016年の記念碑的1stアルバム。

Sampha / Blood On Me

SBTRKTの右腕としてフィーチャーされ、頭角を表したシンガー&キーボディストがソロのキャリアを歩みだした。情熱を帯びたソウルフルな歌声、UKソウルの伝統を受け継ぐ最新の才能。1stアルバムのリリースが待たれる存在。いまのうちチェックを!

LIVE SCHEDULE


YAHYEL- FLESH AND BLOOD LIVE -
[1st ALBUM RELEASE PARTY]

2016年12月16日(金)
@渋谷WWW
GUESTS: TBA
OPEN : 19:00 / START 19:30
前売¥3,500 (1ドリンク代別途)

詳しいチケット情報、ゲストなどの発表はコチラへ
http://www.beatink.com/Labels/Beat-Records/yahyel/BRC-530/

PROFILE

yahyel

2015年3月に池貝峻、篠田ミル、杉本亘の3名によって結成。古今東西のベース・ミュージックを貪欲に吸収したトラック、ブルース経由のスモーキーな歌声、ディストピア的情景や皮肉なまでの誠実さが表出する詩世界、これらを合わせたほの暗い質感を持つ楽曲たちがyahyel を特徴付ける。2015年5月には自主制作の4曲入りEP『Y』をBandcamp上で公開。同年8月からライブ活動を本格化、それに伴いメンバーとして、VJに山田健人、ドラマーに大井一彌を加え、現在の体制を整えた。VJ チームによる視覚効果も相まって、楽曲の世界観をより鮮烈に現前させるライブセットは既に早耳たちの間で話題を呼んでいる。2016年2月に、両A面7インチ「Fool / Midnight Run」を〈HOT BUTTERED RECORD〉よりリリース。それに先駆けて、2016年1月にロンドンの老舗ROUGH TRADEを含む全5箇所での欧州ツアーを敢行。まったく無名にも関わらず噂が噂を呼び、各ライブハウスを満員にするなど、各地で熱狂的な盛り上がりを見せた。

>>yahyel アーティスト・ページ

o

 
 

インタヴュー

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信
・2017年12月18日・DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信 東京のDJカルチャーにすでに20年以上のキャリアを持つ2人のDJ、DJ TASAKAとJUZU a.k.a. MOOCHY。彼ら2人によるユニット、HIGHTIME Inc.の1stアルバムがこのたびJUZU a.k.a. MOOCHYの主宰レーベル〈CROSSPOINT〉からリリースされた。『Alchemist Now!』と題された本作は、ハウスやテクノといったイーヴンキックなダンス・ミュージックをひとつの起点にしながらも、まさにその名の通りさまざまな多様なスタイルが溶け込んだダンス・サウンドを展開している。OTOTOYでは本作をハイレゾ先行配信中。実はそのDJキャリアのそれ以前からの朋友というふたりのインタヴューを行なった。またDJ TASAKAの2015年のアルバム『UpRight』も配信開始(CDと同等音質で1200円!)。 砂原良徳のマスタリング、ハイレゾ版(24bit/48kHz)配信中HIGHTIME Inc.[DJ TASAKA + JUZU a.k.a. MOOCHY] /
by 河村 祐介
Summer Rocket、待望の1stアルバムを期間限定フリー配信&メンバー全員インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年12月14日・新メンバーとともに7人のサマロケを作っていきたいーーSummer Rocket、1stアルバムを期間限定フリー配信 永原真夏&工藤歩里が楽曲プロデュースを務める、永遠の夏を歌うアイドル・グループ、Summer Rocketが待望の1stアルバムを完成させた。これまでにリリースされてきた4枚のシングルを再レコーディング、リマスタリングした楽曲に加え、初音源化となる「太陽のアリア」「ロードスター逃飛行」を収録した全10曲。発売日の12月25日に先駆け、OTOTOYでは同アルバムのmp3版を無料配信!! そしてメンバー4人へのインタヴューを実施。12月17日(日)には新宿LOFTにて3rdワンマン・ライヴ〈さよならセカイ〉を開催し、新メンバー3人を迎えることも決まっている激動のサマロケ・メンバーが何を考え活動しているのかに迫った。今のサマロケに注目してほしい!! サマーロケット、待望の1stアルバムを期間限定フリー配信!!Summer Rocket / Summer Rocket(期間限定フリーパッケージ)【配信形態】mp3【配信価格】まとめ 0円(税込) 【Track List】1. 太陽のアリア2. Sum
by 西澤 裕郎
オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース
・2017年12月13日・オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』をリリース 邦楽インディーズ / シューゲイザー・シーンで確かな足跡を残し、日本だけでなく海外にもその活躍の場を広げてきたCAUCUS。そんな彼らから4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』が届いた。制作期間中の3年半、ライヴも行わず、スタジオでのアルバムの制作に没頭したという。その結果これまでになく濃密な色彩と、繊密な構成が光る楽曲が並ぶ作品になった。OTOTOYでは11月15日にリリースしたLP盤の音源を『Sound of the Air (High DR Master)』としてハイレゾ配信開始! そこから「Shy Girl」を期間限定のフリー配信でお届け。CD版となる『Sound of the Air』もこのタイミングで配信開始しております! 4年ぶりの“復帰作”をぜひインタヴューとともにお楽しみ下さい。 まずはこちらを聴いてみて! 期間限定フリー配信! CAUCUS / Shy Girl (High DR Master)(期間限定フリー配信)'【配信形態】ALAC、
by 岡本 貴之
細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
【短期連載】いつ解散してもおかしくない緊張感とバンドを続けていく矛盾、どついたるねん、梁井一&岩淵弘樹対談
[CLOSEUP]・2017年12月08日・【短期連載】いつ解散してもおかしくない緊張感とバンドを続けていく矛盾、どついたるねん、梁井一&岩淵弘樹対談 どついたるねんが、12月20日にキングレコードよりメジャー1stシングル『BOY』をリリースする。表題曲「BOY」に加え、ZEN-LA-ROCKとメイリン(ZOMBIE-CHANG)がfeat.で参加した「おならぷーぷーセッション feat. ZEN-LA-ROCK, ZOMBIE-CHANG」、親交のある澤部渡(スカート)がバンド・アレンジを施した「街」、同じく親交の深いミツメの代表曲「煙突」をアレンジした「煙突(モクモク remix)」が収録される。リリース当日には渋谷CLUB QUATTRO にて完全無料のライヴ開催も予定するなど、怒涛の勢いで突き進むどついたるねんの短期連載を3回に渡り掲載する。2回目は、どついたるねんの映像を撮り続けている梁井一と岩淵弘樹をお迎えしインタヴューを敢行。バンドとはなんなのか、そしてメンバーの脱退について彼らだから語れる話を訊いた。 メジャー1stシングルは12月20日リリース!!どついたるねん / BOY'【収録曲】''1. BOY2. おならぷーぷーセッショ
by 西澤 裕郎
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
筆者について
同じ筆者による他の記事