【GANG PARADE】ユイ・ガ・ドクソン、初インタヴュー「期待は越えられなくても想像は越えたい」

POPから改名し活動中のアイドル・グループ、GANG PARADE。シグサワアオ、イヌカイマアヤの脱退を経て、10月2日の名古屋ワンマンで新メンバー、キャン・マイカが加入、10月6日には元SiSメンバー3名ーーテラシマユウカ、ユイ・ガ・ドクソン、ココ・パーティン・ココの電撃加入が発表された。そんな激動のGANG PARADEの改名後初となるアルバム(新メンバー3人を除く4人でレコーディング)をハイレゾ配信開始。新メンバー3人への初インタヴューを3回にわたり掲載する。7人体制でのお披露目ライヴは、11月13日(日)の新宿BLAZEワンマン。ぜひ本作を聴いて足を運んでみてはいかがだろう。

GANG PARADE改名後、初アルバムをハイレゾ配信スタート

GANG PARADE / Barely Last

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ 2,000円(税込)

【Track List】
1. sugar
2. crazy night
3. Barely Last
4. don't forget me not
5. ISSIN ITTAI
6. QUEEN OF POP
7. テヲノバス
8. this is love song
9. WE ARE the IDOL
10. Happy Lucky Kirakira Lucky

グループ史上最大キャパでのワンマン・ライヴ開催が決定

GANG PARADE OneMan Live『Barely Last』
2016年11月13日(日)@新宿BLAZE
時間 : Open 16:00 / Start 17:00
料金 : スタンディング 前売 3,000円(税込) 入場時にドリンク代別途必要
※会場内に女性専用エリアを設けます。
チケット一般発売中 : 受付URL イープラス
本公演に関するお問い合わせ : KM MUSIC 045-201-9999

INTERVIEW : ユイ・ガ・ドクソン

自分自身のことを「中身がない」「おもしろくない」と言いながらも、そのメガネと三つ編みで独特の雰囲気をかもし出しているユイ・ガ・ドクソン。芸能の世界でなにかをやりたいと決意するも、オーディションでは最終面接で落ちてばかりで、友達からは「最終の女」と呼ばれていたという。新生BiSの合宿オーディションでも合格を勝ち取ることができず、不合格だったメンバーたちで結成したSiSもデビュー・ライヴ翌日に活動中止という事態に。それでも希望を捨てずに他のメンバーとともに行動を起こし、GANG PARADEへの加入という道を進むこととなった。シリアスな内容ながら笑いのジャブが飛び続けたユイ・ガ・ドクソンへのインタヴューをお届けする。

インタヴュー&文 : 西澤裕郎
写真 : Jumpei Yamada

友達からは「最終の女」って呼ばれていましたね(笑)

ーーBiSの合宿オーディションで「アイドルをやりたいというより、BiSをやりたかった」と言っていましたよね。

ユイ・ガ・ドクソン(以下、ドクソン) : もともとなにかおもしろいことやりたくて、BiSHが始まるときのオーディションを受けたんです。BiSのことはそこまで知らなかったんですけど、ふんわり話を聞いただけでも絶対おもしろいなと思って。

ーーどんなことを聞いていたんですか?

ドクソン : すっぽんぽんで樹海を走り回るみたいな。やっていることはハードですけど、そういうワードで聞いたのでポップに聞こえて(笑)。衣装の感じだったり、ヴィジュアルも、BiS階段とかも好きでした。

ーーアンダーグラウンドな音楽も聴いたりするんですか。

ドクソン : めっちゃミーハーだし、全然詳しくなくて。どミーハーです。

ーー例えば、どんなアーティストが好き?

ドクソン : 筋肉少女帯。

ーーそれ、ミーハーなんですか(笑)?

ドクソン : 売れてるし、みんな知ってるじゃないですか!

ーー(笑)。

ドクソン : あと椎名林檎さん。誰が好きっていうよりもこの曲が好きっていうほうが多いです。

ーー特に好きな曲は?

ドクソン : ちょっと前はASIAN KUNG-FU GENERATIONの「Re:Re:」。自分が死んだ時に流してほしいなと思っていました。

ーー葬式で流すような曲でしたっけ(笑)? 基準がおもしろいかおもしろくないかになっているところないですか?

ドクソン : でも、私めっちゃおもしろくないって言われるんですよ!

ーーじゃあ、変わっていると言われたりはする?

ドクソン : あまり接触したことないものだって言われることはあります。

ーーあははは。BiSHのオーディションはどこまで進んだんですか?

ドクソン : 最終面接までいったんですよ。集団面接の後、絶対ダメだなと思っていたんですけど通って、えーこんなことってあるんかと思って。最終面接は受かっても落ちても連絡するって言われていたので肌身離さずケータイを持っていたんですけど、いつまで待っても電話が来ないからこちらからかけたら「メールを送っているんですけど…」って言われて、見たら不合格の通知が来ていました(笑)。

ーー(笑)。結果を知ったときは、どんな気持ちでした?

ドクソン : そこまで悲しいとか泣くみたいなことはなくて、こういう業界で絶対になにかをやろうと思いました。おもしろそうって気持ちに火がついた感じです。

ーーそこから他のオーディションとかも受けていった?

ドクソン : 受けたんですけど、いつも最終面接で落ちて。友達からは「最終の女」って呼ばれていましたね(笑)。

絶望が更新された感じがしましたね(笑)

ーーあははは。BiSのオーディションはどういう経緯で受けることになったんですか?

ドクソン : Twitterで知って、これは…! と思って。BiSHのときも「BiSを始める」って触れ込みに興味を持って受けたから、これしかない!! と思って受けました。

ーードクソンの場合は推薦枠ではなくて普通に書類を送ったんですね。

ドクソン : もう慣れたもんでしたよ(笑)。

ーーあははは。合宿オーディション参加の連絡が来た時はどういう気持ちでしたか?

ドクソン : すごくびっくりしました。集団面接が終わってラーメンを食べにお店に入ったら、ラーメンが来るちょっと前に電話がきて(笑)。

ーー合格の連絡を聞いてから食べるラーメンは、どんな味がしましたか。

ドクソン : 定期的に食べたくなるラーメン屋さんがあってそこに行ったんですけど、やりきった感があったから期間限定メニューにしちゃったんですよ。そしたら、それがあまり美味しくなくて…。ラーメンはあまり美味しくなかったけど、幸福感に満ちてました!!

ーーあははは。3泊4日の合宿を振り返ってみて、どんな思い出ですか?

ドクソン : 楽しかったなと思います。でもそう思ってしまうのが怖いなと最近思っていて。本当に楽しかったんですけど、めっちゃつらいことだってあったし、結局BiSには落ちているわけだし。だから、楽しかったなと思えるのが怖いなって。

ーー合格発表で名前が呼ばれなかった時は、どんな心情でしたか?

ドクソン : めっちゃショックでしたね。帰りたいってなりました。もう電車もないからって言われたんですけど、野宿でもいいって言って(笑)。とにかく外に出たかったんですよ。

ーーSiSをやりますって言われた時はどういう気持ちでした?

ドクソン : 私はBiSがやりたかったんで、SiSはやりませんって宣言したんですよ。けど、その後で清水さんに落ち着くまでは渡辺さんと二人三脚だっていうのを聞いて、先程はあんなことを言ってしまいましたがって考え直しました(笑)。

ーーそこからSiSの初ライヴまで、ひたすら練習する毎日だった?

ドクソン : 最初は曲がなかったので練習も始められなくて、何もできない状態が長かったんですよ。お披露目まで1ヶ月くらいあるから、期待度も上がるじゃないですか? それに対して焦って「まだですかー」って探り探り言っていたんですけど、結局、曲ができたりしたのが全部ギリギリだったんですよね。

ーーTwitterの個人アカウントもなかったですし、SiSが始まるけど準備ができないもどかしさもあった?

ドクソン : めっちゃありました。お客さんはどんどん興味がなくなってくだろうし。

ーーその中でやったSiSでの初ワンマンはどうでした?

ドクソン : めっちゃ下手くそで(笑)。あれはひどかったですね。

ーーその1回のライヴの後に活動中止が発表されました。それを聞いた時はどんな気持ちでしたか?

ドクソン : 絶望が更新された感じがしましたね(笑)。BiSのときはうえーってなったけど、その時はそうもならなくて口が閉じれなくなっちゃって。

ーードッキリですか? って聞いたみたいですね。

ドクソン : だってカメラを回しているし、いろいろお金もかかっているのに、なんで? って。嘘でしょ? って願いも込めつつ、でもドッキリじゃないと言ってました。すっごい空気でしたよ。ちょっと気を抜くと笑っちゃうみたいな(笑)。

ーー非現実的すぎて?

ドクソン : おかしいだろうと思って。

ちょっとでも気持ちがぶれたら私たちは終わるからって

ーーその時点では次ギャンパレ入るってことも決まっていなかったわけですよね。翌日からどんなことをして過ごしていたんですか?

ドクソン : 私はまだ望みを捨てきれなくて4人(※その時点ではメンバーが4人いた)で集まったんですよ。みんなもなにかやりたい、諦めきれないって意見が一致して、それでどうすればいいかを話しあったんです。まだ画面メモに残ってるんですけど、渡辺さんに謝ることリストっていうのがあって、そういうのを話し合ったり、WACKに行ってみたりして。

ーーその時たまたま淳之介さんが出てきたんですよね?

ドクソン : そうなんですよ。めっちゃびっくりしました。話し合いの翌々日とかに、ちょっとWACKに行ってみようってなったんですよ。前、BiSが日本武道館公演をやろうとしていたけどできなかったとき、「1週間頼み続けてもダメなことってあるんだ」って渡辺さんが言っていた記事を思い出して。WACKに行って頼み続けてみるのもありかもと思って、場所を知っておこうと思って行ったんですよ。

ーー淳之介さんもびっくりしたんじゃないですか?

ドクソン : 「まじキモいよ、ストーカーだよ」って、めっちゃキモがってました(笑)。それで〈撃沈ナイト〉からの、〈飯食ってピースの日〉に繋がっていって。

ーー〈飯食ってピースの日〉?

ドクソン : 活動中止宣言を聞いた日、何も言えない雰囲気のなか、渡辺さんが「これは飯食ってピースしかないでしょ!!」って言ったらしくて。その時、何の気なしに焼肉食べたいですよって言ったら「いいよ」って言ってもらえて。だから、たまたま会った時に「焼肉は?」って言ったら、明後日か明日に行こうかって言ってもらえて。その次の日とかに集まって作戦会議をしたんです。ちょっとでも気持ちがぶれたら私たちは終わるからって言って。

ーーどんな作戦を立てたんですか?

ドクソン : とにかく意識を1つにしていかなきゃってことですね。あと、負のオーラを持って行っちゃダメだって。焼肉は肉を純粋に楽しんで、どうしたら話を聞いてもらえるか。そのときは、のび太(※元・SiSのメンバーの呼び名)の気持ちを私たちもあまりわかってなかった部分があるから、のび太の気持ちとかも聞いてたりして。

ーー負のオーラを出さないようにしようっていうのは、SiSで負け犬のグループみたいなイメージが世間的にはあったから、それを変えようとしたっていうことですか?

ドクソン : 負け犬はかっこいいなと思っていたんですけど、結果的にめっちゃ負を背負っているイメージじゃないですか? SiS自体が誰もがやりたいと思わない感じのオーラというか陰の感じがあったんで、それを出さないようにしました。

ーー一緒に仕事をしたいなと思われるような存在であろうとしたと。

ドクソン : 渡辺さんも私たちが言ってくると思っていたみたいで、そのときにギャンパレ加入のことを言ってもらって。やりたいです!! ってお願いしました。

ーーそれまで、ギャンパレのライヴや楽曲は聞いたことはありましたか?

ドクソン : プラニメ時代の曲を聴いたことはあったけど、その後はあまり聴いてなくて。脱退とかの情報は知っていたのでグループ的に大変そうなイメージでした。

ーー実際入ることになって調べたりしたと思うんですけど、どんなグループだと思いました?

ドクソン : なんでもっと売れてないのかなと思いました。過去の記事を読んでいたら、サキちゃんが休止になって、その間の4人時代だったり、アオちゃんが脱退のときだったり、曲と物語がリンクしているじゃないですか。それがめっちゃぐっときて。ジブリを観た時にぐっとくる感じというか、人の心を震わせる感じがあった。

メンバーにすごく感謝しています

ーーギャンパレでは、どういうことをやりたいと思いますか。

ドクソン : 今できることだと何かなあ。ふぁぼをめっちゃする。鬼ふぁぼ係になりたいです!!

ーーあははは。もともとダンスとかってやっていたんですっけ?

ドクソン : いや、ダンスを習っておけばよかったと思っているんですよ。私、踊りに変な癖があるらしくて、それを直すのが大変。カクカクダンスなんですよ(笑)。

ーー最近は深夜練習をしているみたいですけど体力的にしんどかったりしないですか?

ドクソン : わりと平気です。2時間後とかに起きるとかなっても、なんとも思わなくて全部が楽しいですね。

ーーそれは本当によかったです。SiSが活動中止になった時、みんなどうなっちゃうんだろうって思っていた人も多かったと思います。

ドクソン : 渡辺さんから話をもらっても、現メンバーの4人がいいって言ってくれなかったら絶対に入れなかったと思うので、メンバーにすごく感謝しています。

ーーギャンパレのメンバーに会った時は緊張しました?

ドクソン : 会う前日が1番びびっていて。経緯的によく思わないだろうなと思って。でもそれはしょうがないから覚悟を決めて行ったんです。そしたらめっちゃ優しくて。

ーー川崎クラブチッタのイベントを見学に来ていたとき、2F席でライヴを観ながら振り付けを一緒にやっていましたよね? サキちゃんもライヴしながら見えていたよって言っていましたけど、メンバーとは打ち解けてきました?

ドクソン : そうですね。楽しくいれる時間が増えました。

ーーちなみに、ユイ・ガ・ドクソンの名前の由来って何なんですか?

ドクソン : これは渡辺さんが付けてくれたんですけど、意味を調べたら「自分だけがすぐれていると自負すること」って書いてあって(笑)。もう1個あった候補がユイ・エンプティーなんですけど、かわいいなと思って調べたら「中身が空っぽのこと」って書いてあって(笑)。ユイ・ガ・ドクソンが渡辺さんのおすすめだったのと、アイナ・ジ・エンド的な感じでいいなと思って決めました(笑)。

ーードクソンって名前はやばいですよね(笑)。アイドル感がない。そして、ユイというよりドクソンって呼びたくなるというか。

ドクソン : みんなドクソンって呼びます。私もドクソンですって言っていますしね(笑)。

ーー苦楽をともにした2人のメンバーは特別な存在だと思いますか?

ドクソン : 大事度で言ったらギャンパレ・メンバーはみんな同じですけど、境遇が一緒だから共有できるところもあって助けられています。

ーー11月13日に向けて意気込みを聞かせてください。

ドクソン : とにかく今の4人のギャンパレがいいって人も、7人になるのに興味を持ってるって人も、めっちゃ応援するって人も、みんなとにかく全員に観てほしいです。で、気に入ってほしいです!

ーー観る側の期待値も高そうですけど大丈夫ですか?

ドクソン : 期待には応えたいです!

ーーなおかつ期待を超えるパフォーマンスも期待しています。

ドクソン : 期待は越えれないかもしれないけど、想像は越えたいですね!

これまでの記事もチェックしておこう!!

新メンバー、キャン・マイカ 初インタヴュー



>>>キャン・マイカ「私が消極的になったら入る意味がない」

GANG PARADE 第1章を振り返るドキュメンタリー・レポート



>>>5人で駆け抜けた416日の青春ーーGANG PARADE、密着ドキュメンタリー・レポート
シグサワアオ脱退インタヴュー



>>>GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー
POPのデビュー舞台となった200km対抗駅伝をレポート



>>>BiSHとPOPの200km対抗駅伝はなにを生み出したのか?

はじめてのPOPイタンヴュー



>>>POP、デビュー・アルバムを配信スタート&メンバー初インタヴュー

カミヤサキ活動休止中の4ヶ月を経た4人へのインタヴュー



>>>「100kmマラソン前に4人で過ごしたPOPを振り返る」インタヴュー

密着ドキュメンタリー・レポート



>>>4人で過ごしたPOPの4ヶ月、カミヤサキ100kmマラソン

初のメンバー個別インタヴュー



>>>カミヤサキ編「今は1番目立ちたいし、棟梁みたいな感じでいたい」
>>>イヌカイマアヤ編「続けることで見えてくることもあるのかなって」
>>>ユメノユア編「POPは自分の中ですごい大事な存在だから」
>>>ヤママチミキ編「プラニメがあったからこそ、POPができた」
>>>シグサワアオ編「人生の中での第三次性徴期っていうのかな」

GANG PARADEの音源をまとめてチェック!!

GANG PARADE改名後、初シングルを配信スタート!

GANG PARADE / WE ARE the IDOL

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp3

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ 800円(税込)

【Track List】
1. WE ARE the IDOL
2. これはきっとaventure
3. WE ARE the IDOL(inst)
4. これはきっとaventure(inst)


GANG PARADE「WE ARE the IDOL」MUSIC VIDEO


POPの2ndシングルを配信スタート!

POP / QUEEN OF POP

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp3

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ 800円(税込)

【Track List】
1. QUEEN OF POP
2. 走る!!
3. QUEEN OF POP(inst)
4. 走る!!(inst)


POP「QUEEN OF POP」MUSIC VIDEO


POPの1stシングルを配信スタート!

POP / Happy Lucky Kirakira Lucky

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp3 単曲 200円 / まとめ 800円

【Track List】
1. Happy Lucky Kirakira Lucky
2. Alarm
3. Happy Lucky Kirakira Lucky(inst)
4. Alarm(inst)


POP「Happy Lucky Kirakira Lucky」PV


POP-Period Of Plastic2Mercy-の1stアルバム、堂々のリリース!!

POP / P.O.P

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp3 単曲 200円 / まとめ 2,000円

【Track List】
1. Plastic 2 mercy(POP ver.)
2. pretty pretty good
3. fly away
4. who am I ?
5. UNIT(POP ver.)
6. NEON
7. Lonely lonely lonely
8. 3rd FLOOR BOYFRIEND
9. Daydream
10. Letter


POP「pretty pretty good」PV


プラニメ時代のシングルもチェック!!

>>>カミヤサキ(プラニメ)へのインタビューはこちら
>>>ミズタマリ(プラニメ)へのインタビューはこちら

LIVE SCHEDULE

Barely Last TOUR

■東京公演
2016年11月13日(日)@新宿BLAZE
時間 : Open 16:00 / Start 17:00
料金 : スタンディング 前売¥3,000(税込) 入場時にドリンク代別途必要
※会場内に女性専用エリアを設けます。
プレイガイド : イープラス(PC&携帯)
お問い合わせ : KM MUSIC 045-201-9999

PROFILE

GANG PARADE

2014年にプラニメとして活動開始。2015年、カミヤサキを中心にイヌカイマアヤ、ヤママチミキ、シグサワアオ、ユメノユアの4名を新メンバーとして迎え、ユニット名をプラニメから“POP”(ピーオーピー)に改名。ロック色の強かったプラニメ時代の楽曲から、POPとしての活動を経てアイドル然とした楽曲へと路線を変更。2016年6月、グループ名をGANG PARADEに再度改名。バリエーションに富んだ活動を行う。TIF2016をもってシグサワアオが脱退。

GANG PARADE Official HP

 
 

連載

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第17回
[CLOSEUP]・2018年06月19日・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第17回──Jorja Smith 『Lost & Found』 今年もあっという間に折り返しの6月! 梅雨入りの日本列島ですが激しい寒暖差に体調を崩しがちな今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? 先月の特集では、日本ではまだあまり耳慣れない“Type Beat”という文化について紹介しました。今月は新たにUKから現れた、現在21歳のR&Bシンガー、ジョルジャ・スミスをピックアップ。ビック・アーティストたちからも多くの賛辞を浴びる彼女の待望となるデビュー作に迫ります! 8月にはサマソニにて来日も控えてますよ〜! >>先月号、第16回(2018年5月)はこちら 今月ピックアップ! UKから現れた新たなR&Bの新星によるデビュー作!Jorja Smith / Lost & Found'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,543円(税込)【収録曲】''01. Lost & Found02. Teenage Fantasy03. Where Di
by 斎井 直史
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ──【第15回】iFi audio「xDSD」
[TECH]・2018年06月18日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB──ハイレゾ/PCオーディオ研究室【第15回】iFi audio「xDSD」 現代の音楽視聴環境に寄り添うポータブル・デバイス 音楽の世界では近年、ストリーミング・サービスの成長がめざましい。2017年にはストリーミングは全世界で40%の売り上げ増を記録。日本でも売り上げは20%増となっている。Apple MusicやSpotifyなどで曲を検索して、すぐに聴くというライフ・スタイルが日常的になっている読者も少なくないことだろう。OTOTOYは音楽のダウンロード販売のサイトだが、実はサービスの中にストリーミングに近いものを含んでいる。iOSやアンドロイド用のOTOTOYアプリを利用してもらうと、OTOTOYで過去に購入した楽曲やフリーダウンロードの曲をすぐに聴くことができる。スマートフォンの中にファイルを持ち歩かなくても、いつでも思い出したときに聴けるのだ。 ●OTOTOYアプリ App storeからのDLはこちら ●OTOTOYアプリ Google PlayからのDLはこちら さらに、今年始めにスタートした「Collections」のサービスではPC上にOTO
by Reviewed by Kentaro Takahashi
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (後編)
[CLOSEUP]・2018年06月15日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編) INTERVIEW : 高橋 Rock Me Baby((株)フォーライフ ミュージックエンタテイメント / (株)ユイミュージック)【後編】忌野清志郎にとって激動期となった80年代後半から、〈東芝EMI〉の宣伝担当として音楽業界へと足を踏み入れた高橋 Rock Me Babyさん。現在でも語り草となっている、THE TIMERS(ザ・タイマーズ)が地上波テレビ番組生放送で起こした「FM東京事件」では、スタジオでその一部始終を目撃している。インタビュー後編では、事件の前後に起こっていたこと、そして後に清志郎が行ったゲリラ・ライヴについて。また、「清志郎さんの音楽は、あくまでも娯楽だから後々にも残る音楽になってる」という高橋さんに、好きな清志郎楽曲3曲と1枚のアルバムについて、その魅力を存分に語ってもらった。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys もしかしたら「これはチャンスだ」と思ったのかも──
by 岡本 貴之
【短期連載2/3】GANG PARADE「元SiS組」に訊く3人の関係性、9人体制のいま、Zepp以降の未来
[GANGPARADE]・2018年06月04日・【短期連載2/3】GANG PARADE「元SiS組」に訊く3人の関係性、9人体制のいま、Zepp以降の未来 BiSH、BiS、EMPiREと同じ事務所WACKに所属する9人組アイドル・グループ、GANG PARADE。BiSにレンタルトレードしていたカミヤサキがグループに戻り、2018年3月12~18日にかけて開催された「WACK合同オーディション2018」に合格した、月ノウサギ、ハルナ・バッ・チーンの2名が加入、グループ史上最大人数の9人で活動中の彼女たちが、現体制初となるシングル『GANG 2』をリリース。これまでのギャンパレにはなかった壮大で芸術性の高い楽曲で更なる飛躍を目指す。7月1日からは全国9箇所をめぐるワンマン・ツアー〈REBUILD TOUR〉を行い、9月20日にZEPP TOKYOでファイナルを迎えるGANG PARADEへのインタヴューを3回に渡りお届けする。 >>短期連載1/3「WACKオーデ2018組」に訊く合宿、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来 9人体制初シングルを配信スタートGANG PARADE / GANG 2【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信
by 西澤 裕郎
【短期連載3/3】GANG PARADE「初期メンバー3人」に訊く、いまの3人の関係性、9人体制、これからの未来
[GANGPARADE]・2018年06月05日・【短期連載3/3】GANG PARADE「初期メンバー3人」に訊く、いまの3人の関係性、9人体制、これからの未来 BiSH、BiS、EMPiREと同じ事務所WACKに所属する9人組アイドル・グループ、GANG PARADE。BiSにレンタルトレードしていたカミヤサキがグループに戻り、2018年3月12~18日にかけて開催された「WACK合同オーディション2018」に合格した、月ノウサギ、ハルナ・バッ・チーンの2名が加入、グループ史上最大人数の9人で活動中の彼女たちが、現体制初となるシングル『GANG 2』をリリース。これまでのギャンパレにはなかった壮大で芸術性の高い楽曲で更なる飛躍を目指す。7月1日からは全国9箇所をめぐるワンマン・ツアー〈REBUILD TOUR〉を行い、9月20日にZEPP TOKYOでファイナルを迎えるGANG PARADEへのインタヴューを3回に渡りお届けする。 >>短期連載1/3「WACKオーデ2018組」に訊く合宿、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来>>短期連載2/3「元SiS組」に訊く3人の関係性、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来 9人体制初シングルを配信スタートG
by 西澤 裕郎
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)
・2018年06月01日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編) INTERVIEW : 高橋 Rock Me Baby((株)フォーライフ ミュージックエンタテイメント / (株)ユイミュージック)【前編】忌野清志郎の長きにわたる活動の中で、この連載でも度々話題に上る作品が『COVERS』(1988年8月15日)だ。RCサクセションによるはじめての洋楽カヴァー・アルバムとなったこの作品は、その内容と発売をめぐり社会的な騒動へと発展した。今回ご登場いただく高橋 Rock Me Babyさんは、当時のRCサクセションの所属レコード会社〈東芝EMI〉の宣伝担当として、まさに騒動の渦中に身を投じた人物だ。『COVERS』騒動、『コブラの悩み』、そしてさらに騒動を巻き起こすTHE TIMERS(ザ・タイマーズ)の出現。あの時あの瞬間、本当は何があったのか? そのとき忌野清志郎はなにを思っていたのか? 前後編にわたりじっくり読んでほしい。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Ba
by 岡本 貴之
【短期連載1/3】GANG PARADE「WACKオーデ2018組」に訊く合宿、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来
[GANGPARADE]・2018年05月25日・【短期連載1/3】GANG PARADE「WACKオーデ2018組」に訊く合宿、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来 BiSH、BiS、EMPiREと同じ事務所WACKに所属する9人組アイドル・グループ、GANG PARADE。BiSにレンタルトレードしていたカミヤサキがグループに戻り、2018年3月12~18日にかけて開催された「WACK合同オーディション2018」に合格した、月ノウサギ、ハルナ・バッ・チーンの2名が加入、グループ史上最大人数の9人で活動中の彼女たちが、現体制初となるシングル『GANG 2』をリリース。これまでのギャンパレにはなかった壮大で芸術性の高い楽曲で更なる飛躍を目指す。7月1日からは全国9箇所をめぐるワンマン・ツアー〈REBUILD TOUR〉を行い、9月20日にZEPP TOKYOでファイナルを迎えるGANG PARADEへのインタヴューを3回に渡りお届けする。 9人体制初シングルを配信スタートGANG PARADE / GANG 2【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信価格】単曲 201円(税込) / アルバム 800円(税込)【Track List】1.
by 西澤 裕郎
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)
・2018年05月18日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第8回》高橋靖子 INTERVIEW : 高橋靖子(フリー・スタイリスト)忌野清志郎といえば、ステージやテレビ番組、CM出演時のド派手なファッションがすぐに目に浮かぶ。そんな清志郎の衣装スタイリングを手掛けた中のひとりが、今回ご登場いただく高橋靖子さんだ。1960年代からフリーランスで活動をはじめ、日本のスタイリストの草分け的存在として、デヴィッド・ボウイら数々のロック・アーティストのステージ衣装のスタイリングを手掛けてきた“ヤッコさん”こと高橋さんから見た普段の忌野清志郎は、とてもシャイで純粋な人物だったようだ。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys 清志郎さんはとてもシャイな方でした──高橋さんはみなさんに「ヤッコさん」と呼ばれていらっしゃるそうですが、私たちもヤッコさんと呼ばせていただいていいですか? 高橋 : もちろんです、そうしてもらった方がうれしい(笑)。 ──ありがとうございます! では最初にご紹介させていただきますが、ヤッコさんは
by 岡本 貴之