杏窪彌(アンアミン)のみん散歩 第8回〜台湾・四四南村

台北生まれの、かわいらしくて、ちょっと不思議な女の子MINを中心としたエキゾチック・ポップ・バンド、杏窪彌(アンアミン)。そのヴォーカルで台湾人のみんさんが気になる場所を気ままにお散歩し、その様子をインタヴューと写真でお届けする連載がスタート。タイトルは「みん散歩」!! お茶を飲みながら読みなくなるようなゆる〜い連載。みんさんと一緒に世界各地をお散歩してみませんか?

みんさんの最新アルバムをハイレゾ配信!

杏窪彌 / ジャイアントパンダにのってみたい(24bit/48kHz)

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC
>>ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 200円 / まとめ購入 1,000円(税込)

【Track List】
1. ジャイアントパンダにのってみたい
2. チャイナタウン抗争、恋愛沙汰
3. キョンシーがやってくる!
4. 夏天(しゃーてん)
5. 老爸(らうばー) >

>>第1回〜台湾・剥皮寮〜はこちらから
>>第2回〜台湾・龍山寺〜はこちらから
>>第3回〜台湾・西門町〜はこちらから
>>第4回〜台湾・迪化街〜はこちらから
>>第5回〜台湾・迪化街〜はこちらから
>>第6回〜台湾・行天宮〜はこちらから
>>第7回〜台湾・茶藝館〜はこちらから

第8回〜台湾・四四南村

杏窪彌(アンアミン)のボーカル、台湾人のみんさんが自由気ままに気になる場所をお散歩する「みん散歩」。第8回は台北のレトロな集合住宅・四四南村です。

ーーみんさん、さてここは何というところですか?

みんさん : 這裡是四四南村! 有歷史價值的古蹟!
訳 : ここは「四四南村(スースーナンツン)」という場所で、歴史的にも価値があって文化財にも指定されている場所なんだよね。

ーー「スースーナンツン」ってなんかかわいい響きですね!

みんさん : 對阿。
訳 : そうね。

ーー相変わらず冷たいですね。ただレトロな場所ってわけじゃあないんですね。どういった歴史があるんです?

みんさん : 這裡是台北附近最早建的眷村! 軍人跟家屬的家!
訳 : ここは台北近辺で初めてできたの「眷村」(けんそん)! 軍人村ってこと。

ーーへぇ~。そうなんですね。いまここに住んでいる人はいるんですか?

みんさん : 現在沒有人住在這裡。每個房間都能進去看看喔。整個場地都是展覽空間。最近很多地方這種利用古早建築來開咖啡店、雜貨店。
訳 : 住んでいる人はいないんだけどね。どのお家も入ってみることができるんだよ。地区全体が展示されているようなイメージかな。最近はこのレトロな雰囲気を生かしてカフェだったりおしゃれなお店も増えてるみたい。

ーーほんとだ。みんさん、ちょっとここ入ってみたいです。


ーーあれ? ここは何屋さんなんでしょう?

みんさん : 這間雜貨店叫好,丘! 兼設很有味道的咖啡店! 有賣食器、衣服、小東西、食品。全部的商品都特別挑選台灣製造的好東西! 如果在這裡買伴手禮、一定不會錯。
訳 : 好,丘という雑貨屋さん! おしゃれなカフェも併設してる! 食器、衣類、小物類、食品とか。全ての商品が「Made in Taiwan」で、台湾の良いものがたくさん! 台湾土産はここで買うと外れないね。

ーーへぇ~ 確かに。建物もレトロだしおしゃれですね。

みんさん : 對。有歷史背景、整個場地的氣氛都很好、來這裡真的很舒服。
訳 : そう。歴史的な背景もあるんだけど、地区全体の雰囲気がすっごく好きで、ここに来ると気持ちが落ち着くんだよね。

ーーさすがレトロおたく、なんでも知ってますね(笑)。

みんさん : 你是在取笑我嗎(嚴肅)?
訳 : ん? バカにしてるの(真顔)?

ーーいやいや、バカにしてないですよ…! そんなムッとしないでくださいよ。

みんさん : …。

ーーちょ、みんさんちょっと待ってくださいよ~。

みんさん : 我先往松山慈祐宮走了。待會見。
訳 : 先に松山慈祐宮にいってるから後でね。

ーーそんな、みんさ~ん!

>>第1回〜台湾・剥皮寮〜はこちらから
>>第2回〜台湾・龍山寺〜はこちらから
>>第3回〜台湾・西門町〜はこちらから
>>第4回〜台湾・迪化街〜はこちらから
>>第5回〜台湾・迪化街〜はこちらから
>>第6回〜台湾・行天宮〜はこちらから
>>第7回〜台湾・茶藝館〜はこちらから

みんさんの世界に触れるアイテムはこちら

杏窪彌 / 来来!!不夜城アンアミン

杏窪彌の1stミニ・アルバム。リード曲「不夜城アンアミン」や、過去にネット上でデモ音源がアップされていた「歴史 de DANCE」「ひみつのみつ」などを含む全5曲入り。

杏窪彌 / アゴがおちるほどおいしい恋がしたい

ライヴ会場とオンライン・ショップでしか買えないてづくりCD”プロジェクト第4弾『アゴがおちるほどおいしい恋がしたい』の配信をOTOTOY限定で配信スタート!!
>>特集ページはこちら

杏窪彌 / 箱根にしようかE.P.

画家アンリ・ルソーは、一度も行ったことのないジャングルを妄想し、幻想的な絵を描いた。Yellow Magic Orchestraは、欧米人がもつ未開の東洋に対する間違えたエキゾチズムをコンセプトとした。これをヒントに、杏窪彌(アンアミン)は「箱根」という有名な温泉地の名がもつ、ふしぎな想像力を曲にした。新作『箱根にしようかE.P.』から、箱根にインスピレーションを受けた「箱根にしようか」を含む2曲を配信中。>>特集ページはこちら

PROFILE

杏窪彌(アンアミン)

2011年結成。台湾からやってきた謎の少女VoのMINを擁する、台北生まれ、東京育ちのエキゾチック・ポップ・バンド。観光気分で懐かしい未来を唄う、東洋一のネオ歌謡。

>>OFFICIAL HP

TOP