杏窪彌(アンアミン)のみん散歩 第7回〜台湾・茶藝館〜

台北生まれの、かわいらしくて、ちょっと不思議な女の子MINを中心としたエキゾチック・ポップ・バンド、杏窪彌(アンアミン)。そのヴォーカルで台湾人のみんさんが気になる場所を気ままにお散歩し、その様子をインタヴューと写真でお届けする連載がスタート。タイトルは「みん散歩」!! お茶を飲みながら読みなくなるようなゆる〜い連載。みんさんと一緒に世界各地をお散歩してみませんか?

みんさんの最新アルバムをハイレゾ配信!

杏窪彌 / ジャイアントパンダにのってみたい(24bit/48kHz)
【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC
>>ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 200円 / まとめ購入 1,000円(税込)

【Track List】
1. ジャイアントパンダにのってみたい
2. チャイナタウン抗争、恋愛沙汰
3. キョンシーがやってくる!
4. 夏天(しゃーてん)
5. 老爸(らうばー)

>>第1回〜台湾・剥皮寮〜はこちらから

>>第2回〜台湾・龍山寺〜はこちらから

>>第3回〜台湾・西門町〜はこちらから

>>第4回〜台湾・迪化街〜はこちらから

>>第5回〜台湾・迪化街〜はこちらから

>>第6回〜台湾・行天宮〜はこちらから

第7回〜台湾・茶藝館〜

杏窪彌(アンアミン)のヴォーカル、台湾人のみんさんが自由気ままに気になる場所をお散歩する「みん散歩」。第7回は台北の茶藝館「串門子茶館」です。

ーーみんさん、お茶ってどこに飲みにいくんですかー?

みんさん : 去我推薦的茶藝館。
訳 : オススメの茶藝館があるからそこにいくよ。

ーーすみません、、茶藝館って何ですか?

みんさん : 你不知道還來台灣嗎? 茶藝館可以喝好喝的茶跟聊天。說到台灣就等於茶。聽一聽「ホっと茶のうた」吧。
訳 : そんなことも知らないで台湾にきたの? 茶藝館っていうのは、ゆっくりお茶をたしなむためのお店なんだよ。台湾と言ったらお茶だもん。「ホっと茶のうた」聴いてよもう。 


杏窪彌(アンアミン) / ホっと茶のうた

ーーそうなんですね。日本のカフェみたいな感じですかね?

みんさん : 恩、不太 一樣、可以放鬆的意思算接近吧。就在前面。
訳 : う~ん、ちょっと違うけど、ゆっくりするという意味ではそうかもね。ほら、見えてきたよ。

ーーなんていうお店なんですか?

みんさん : 串門子茶館。老闆特別挑選的茶壺、茶杯等等有很多很可愛的茶器。裝潢也很有氣質、感覺變成大人。茶葉的種類也很多。我們點吧。串門子茶館。
訳 : オーナーさん厳選の茶壺、湯呑など、かわいくておしゃれな茶器がいっぱいなんだよね。内装も上品で、大人になった気分が味わえるお店。なんと言ってもお茶の種類もが豊富だからね。注文しようっと。

ーーへえ~。そうなんですね。みんさん、何頼んだんですか?

みんさん : 大家最喜歡的烏龍茶! 跟日本的茶道一樣、有規定泡法喝法、請老闆教我!我看起來好像很懂吧。來請喝。
訳 : 定番のウーロン茶。みんな大好きでしょ? ウーロン茶にも日本の茶道みたいに、入れ方と飲み方に決まりがあって、オーナーさんに教えてもらったんだよね。わたし詳しそうでしょ? はい、どうぞ。

ーーあ、ありがとうございます。おいしい!

みんさん : 這時要說好喝! 你也該記住幾句中文了吧?
訳 : こういうときは好喝(はうへい)だよ。そろそろ中国語も覚えたら?

ーーそ、そうですね。なんでしたっけ? ハオチー?

みんさん : 是好喝。
訳 : 好喝(はうへい)だよ。

ーーみんさん、温かいお茶飲んで、なんか落ち着きすぎてもう眠いです。

みんさん : 誰知道阿! 下次去這裡好了~。四四南村。
訳 : 知らないよ! 次回はどこにいこうかな~。四四南村とかどうだろうね。

>>第1回〜台湾・剥皮寮〜はこちらから

>>第2回〜台湾・龍山寺〜はこちらから

>>第3回〜台湾・西門町〜はこちらから

>>第4回〜台湾・迪化街〜はこちらから

>>第5回〜台湾・迪化街〜はこちらから

>>第6回〜台湾・行天宮〜はこちらから

みんさんの世界に触れるアイテムはこちら

杏窪彌 / 来来!!不夜城アンアミン

杏窪彌の1stミニ・アルバム。リード曲「不夜城アンアミン」や、過去にネット上でデモ音源がアップされていた「歴史 de DANCE」「ひみつのみつ」などを含む全5曲入り。

杏窪彌 / アゴがおちるほどおいしい恋がしたい

ライヴ会場とオンライン・ショップでしか買えないてづくりCD”プロジェクト第4弾『アゴがおちるほどおいしい恋がしたい』の配信をOTOTOY限定で配信スタート!!

杏窪彌 / 箱根にしようかE.P.

画家アンリ・ルソーは、一度も行ったことのないジャングルを妄想し、幻想的な絵を描いた。Yellow Magic Orchestraは、欧米人がもつ未開の東洋に対する間違えたエキゾチズムをコンセプトとした。これをヒントに、杏窪彌(アンアミン)は「箱根」という有名な温泉地の名がもつ、ふしぎな想像力を曲にした。新作『箱根にしようかE.P.』から、箱根にインスピレーションを受けた「箱根にしようか」を含む2曲を配信中。

PROFILE

杏窪彌(アンアミン)

2011年結成。台湾からやってきた謎の少女VoのMINを擁する、台北生まれ、東京育ちのエキゾチック・ポップ・バンド。観光気分で懐かしい未来を唄う、東洋一のネオ歌謡。

>>OFFICIAL HP

TOP