岡山産、世界経由の〈クルーエル〉発、新たなハウスの才能、KEITA SANO──ハイレゾ独占配信

とりあえず、しらなかった人は名前と風貌だけでも憶えていってください…… いや、やっぱり音も聴いて、できれば買ってください! 今後海外も含めたシーンでさらにその名前を見るようになるはず。XTAL(クリスタル)のアルバムに続いて、新人ながら、老舗〈クルーエル〉が異例のアルバム・サイズの作品をこのたびリリースするのは岡山在住のクリエイター、サノ・ケイタ。すでに海外のレーベルで幾多のリリースを重ね、ハウス〜ニュー・ディスコ・シーンで12インチを買い集める人たちに、すでにその名前は知られた存在といえるだろう。そしてこのたび、国内では事実上のデビュー作と言えるアルバム・リリースとなる。

ceroや、最近では石野卓球の最新作のミックスも手がけた、エンジニアの得能直也とともにほぼ1週間で作り上げた、エネルギッシュなグルーヴに彩られたディスコ〜ハウスがパンパンに詰まっている。そんなアルバムだ。OTOTOYでは本作をハイレゾでの独占配信を行うとともにインタヴューを行った。


KEITA SANO / The Sun Child(24bit/44.1kHz)
【Track List】
01. Babys
02. The Sun Child(Album Version)
03. Airport 77
04. Dance(Album Version)
05. The Porno King
06. Us
07. Guess What
08. Half and Half
09. Acid Romance(Album Version)
【配信形態】
24bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC


【配信価格】
アルバム 1,944円(税込)

INTERVIEW : KEITA SANO

岡山在住、それまでほぼ無名ながら、いま最もいけてるNYハウスのレーベル〈Mister Saturday Night Records〉(最近ではイルリメこと鴨田潤もリリースしたことで話題になった)から、2014年に「People Are Changing」をリリース。そして、いっきにその名前を世界のハウス・シーンに知らしめることになったサノ・ケイタ。海外からの逆輸入という形で、国内のアンダーグラウンドなハウス・シーンでは名前は知れ渡っていると言えるだろう。

老舗〈クルーエル〉から届けられた本作は、彼のポテンシャル知るに最適な最初のアルバだ。作品に渦巻く、ディスコの高揚感、アシッド・ハウスの陶酔感、緻密な音響表現、そしてそれらを支える野太いハウス・グルーヴは世界標準といったところ。エンジニアの得能直也とともにほぼ1週間で作り上げというサウンドの熱量をぜひとも体感すべし、と言えるだろう。

今後は海外でのライヴ(ジャーマン・ディープ・ハウスの聖地〈パノラマ・バー〉でも!)、そしてRed Bull Music Academyにも選出されるなど、ワールドワイドな活動も活発に。そんなサノに、お盆前の夕暮れときに瀧見憲司同席のもと、話を訊いた(以下、質問者以外記載がない発言は、サノ・ケイタによるもの)。

インタヴュー・文 : 河村祐介

兄に強制的にテクノを聴かされて

──別のインタヴューで読んだんだけど、お兄さんがテクノを聴かせてくれたのがダンス・ミュージックを聴くきっかけだったんでしょ?

兄が中一のときに、僕は小4で無理矢理聴かせられていたというか…… 当時はアンダーワールドの「Push Upstairs」がMTVでよく流れてた時代で。それを録画したやつをずっと見せられ続けて…… 当時の自分は「よくわからんわ」って言ってたんですけど。で、さらに続いて、中1の頃に田中フミヤさんの『MIX-UP Vol.4』とかを聴かせてもらってたら徐々にハード・テクノの良さとかがやっとわかってきて。いまだに兄はテクノが好きで、岡山でテクノのパーティがあれば行ってますね。

──〈YEBISU YA PRO〉(岡山市にあるクラブ / ライヴハウス)で卓球さんのパーティとかあれば行く感じ?

そうですね。そういうわけで当時は「無理してでも聴け」って言われてて聴いてたんですが、いつのまにか自分も楽しんで聴けるようになって、ミニマルの良さがわかってきたというか。その後、能動的に自分でDJをやろうと思って家でやってました。それが2004年とか2005年。音楽的にはミニマルとかクリック・ハウスとかですね。反復するキックの音がヘッドフォンで聴いてたら「ボコ」ってくるフィジカルな気持ちよさというか。もう、『MIX-UP』を聴きながら、家でヘッドフォンで聴いて頭を振ってましたね。〈ダンスマニア〉の音源が入ってくるところで「ク〜ッ」って言って感動して泣きながら(笑)。

──だはは、やばいね、〈ダンスマニア〉の音源が入ってくるところで感動って。テクノからはじまって、でもいまは音源的にハウスじゃないですか?

その後は、美術大学に入って、沖縄に住むことになって…… 大学自体はその後辞めてしまったんですけど。沖縄でDJをやらせてもらったり、時期的にはその時点でテクノからハウスっぽいのが混ざっていて。レコードを買って気持ちいい方向に行ってたら、割合的にハウスの方が多くなったというのが実際ですかね。ハウスとかディスコのフロアでみんで一緒になる感覚みたいなのが楽しくて。買うものがそういう方向性になってきました。

──ハウス的なグルーヴの気持ちよさって、どこだと思う?

やっぱり、僕の場合はセオ・パリッシュのキックとハイハット、スネアの感じというか…… ヒップホップの感覚というかリズムの強靭なハウスが好きですね。シーケンスはドラムマシンも好きなんですけど、もっと言うとサンプラーでやった感じとかも好きで。でも、昔から〈ダンスマニア〉に反応したりしてて、やっぱりあれも太くてお尻の音楽って感じじゃないですか? そういう意味ではずっと昔からそういう要素に反応してたんだと思う。

──ダーティなグルーヴって感じでね。腰から下で考えるという。

そうですね。基本的にそれはリズムということで、曲を作る上でも感覚的に大きいと思います。

兄に強制的にテクノを作らされて

──曲を作るっていうのはどこからやってるの?

実は13歳のときに曲を作りはじめてて。これも兄からの強制で(笑)。フリーのシーケンス・ソフトが入ったパソコンをもらって、それでテクノを作れと。いま考えたらガバみたいなのを作っていました。それしかしらなかった(笑)。ずっと音楽は聴きながら、楽曲は作るのは遊びぐらいで。本格的に音楽制作にのめり込む時期は、1年浪人して大学に入ったころ、19歳の頃かな。

──ちょうど好きな音楽がハウスに傾いている時期というか。

大学入る前というか、入った直後はブレイクコアを作ってて(笑)。2010年にDJハーヴィーがツアーで広島に来たんですよ。そのときに岡山の友だちに誘われて沖縄から観にいったんですけど、そこでエディットもののディスコとかハウスに完全にやられて、そっちの方向に。それが20歳ぐらいのときですね。

──純粋培養にテクノ、ハウスというかクラブ・ミュージックという感じだと思うんですけど、これまで、そのあたり以外のほかの音楽に興味持ってことはないんですか?

それはごく最近という感じですね。リエディットのおもしろさを知るようになってから。あとは楽曲作るためのネタというか。だから本当に自分のルーツはハード・テクノですね。家の部屋で高校1年生が酸欠になりながら踊り狂ったり、ジェフ・ミルズに憧れてターンテーブル3台でミックスしてみたり、スクラッチもしてみたり…… 基本的にそういう音楽の話ができる友だちもいなかったので、ひとりで問いかけては、答えを導き出すというか……。

──妄想をえんえんと音にぶつけてたと…… 話を戻すと基本的には大学時代に作っていた音が、結局いまのサウンドにつなかってるいんだよね。DJは?

楽曲制作を本格化してから、辞めてるんですよ。いまもやってないです。DJに関しては挫折をして…… お客さんがわからんっていうか。現場は踊るだけでええわって(笑)。

──新譜は買っている?

いわゆるネタものですね。ワールドとか、ディスコとか。DJっぽいトラックものは買ってないですね。よっぽどいいのがあれば買いますけど…… それも年に1回くらい。逆に自分とは全く違うジャンル、例えばピンチの〈C.O.L.D〉みたいなベース系とか、そういうのはCDを買って「こんなにここでベース出してる」とか、探求してます。自分と違う音楽性のほうがいまはそういうことをやっていて楽しいっていう感じですね。

──いちおうダンス・ミュージックって、音の質感にしてもトレンドがあるじゃない? そのあたりを知るのは基本的に現場でって感じ?

そうですね。そのあたりはやっぱり気にしていて。でも、現場で聴くのと、仲の良いローカルのDJのひとたちに教えてもらったりって感じですね。たまに自分でネットで探すこともあるし。でも買うところまでいかないというか。

──沖縄の大学を中退してから岡山に戻っって、そこから岡山で活動?

2010年くらいからそうですね。

──岡山のシーンの独自の感覚ってあるの?

うーん、ひとつあるとすれば岡山だからなのかはわからないですけど、バンドのライヴも見にいくし、ヒップホップのパーティも行きますし、トランスのイベントも行ったり。音楽性とは別で、そこにいる人たちと仲よかったりして。バーで一緒に飲んでたり…… もっと若いEDMのパーティとかも行ってみたりもするんですけど、さすがにそれをやっている若い子は知り合いじゃないんですけど。〈YEBESU YA PRO〉でやってたり遊びにくるローカルなDJがいて、でも「もうやめる」って言って、DJやめちゃう人もいて……昨日もモロにそういう若い子の話きいたり、そういうブルースもあったり(笑)。最近は僕より若い世代でトラック作り出してる子もいるし。好きなDJは、ニシヒロシさんと今井くんっていう人。ニシさんはバーみたいなところでのプレイもいいし、クラブでのディスコとかハウスのプレイもすばらしい。今井くんはテクノもあり、ジャングル感もあって、インダストリアルな感じもあって、わりと好きなグルーヴなんですよ。

──見るべき現場もあって、そこでの吸収もあるってことだよね。

教えらえることばっかですよね。

──岡山とかで、世代的なところで近いアーティストはどの辺になるの?

井上調(イノウエシラベ)とかですかね。中学の同級生ですけど、ちょっと前から俺が曲作ってたんで先輩面して教えてましたね(笑)。

レーベルにデモを送りまくる、デモ魔なんです

──あ、そうなんだ。彼も海外からリリースしているよね。海外でもそうそうたるレーベルでリリースしてるじゃない? そのきっかけっていうのはあったんですか?

デモを送りつけまくる人間なんですよ。

──デモ魔だ(笑)。

デモ魔なんで、楽曲を作っては送って。しかも最初の頃はレーベル・カラーを研究して、自分の楽曲を寄せて作るというようなことを延々やっていて。そのレーベルから出ている楽曲をずっと聴いて、作風をパクる(笑)。

──パクッといて、パクリ元にまた送り返す(笑)。

それは、もうここ5年ぐらいでさすがにそういうのは抜けてきたので、やってないけど。

──やっぱりそういうのが抜けてから? 海外のレーベルからリリースされるようになったのは?

いや、作風をパクったやつは、それはそれでリリースされてて(笑)。

──だははは。

でも、あるとき、ALTZさんに「レーベル・カラーに合わせるとかやらへんほうがええで」って(笑)。でも、ここ数年は本当、自分の音をしっかり自分で作るようになって。前は音を持ってきてアナライザーで波形も出して「このあたりの音を出せば、ああ鳴るのか」ってところまでパクっていて。

──でも、それはすごい勉強になったんじゃない? 音作りという意味では。

そうそう。いまの曲作りの技術にはなっている。

──それでサノくんが一番注目されたというのはやはり〈Mister Saturday Night Records〉の「People Are Changing」だと思うんだけど。あれもデモ魔が身を結んだ?

あれもデモを送りつけて。「デモは受け付けてない」ってはじめ言われたんだけど。でもその断る言い方が若干柔らかくて「これいけるんじゃないか」って思って。もう一度、「People Are Changing」を送ったら、つぎの週くらいに彼らのパーティで「People Are Changing」をDJでプレイしながら、頭振ってる動画が送られてきて。それで「出そう」って言われて。

──あのレーベルはどこで知った?

〈YEBISU YA PRO〉で働いてた平野くんていう人がいて、彼は耳がめっちゃ早いのでなんでもトレンド行く人で、その人に教えてもらって。

──いまとなっては〈Mister Saturday Night Records〉を、その当時にしっかりレーベルをロックオンしている感じすごいなと。

そうですね。

瀧見さんのパーティが終わってすぐに得能さんと1週間で作ったアルバムです

──そろそろ本題のアルバムに、アルバム自体は3枚目…… ?

これまでCDとカセットでアルバム・サイズの作品は出ていて……、とはいえほぼ日本では流通してないので、自分的にはこれをデビュー・アルバムと呼びたいです。

──いままでのはプレ・リリースぐらいの感じで(笑)。

じゃあ、過去を消します! 僕は簡単に過去消しますから! 「そんなリリース? 知らん、知らん」って(笑)。

──このアルバムは、それこそ「People Are Changing」のあのロウハウス感覚もないじゃない? 音像的にも。

これはエンジニアの得能さんの手腕も込みなんですけど、もともと前の作品もロウハウスを作ろうと思って作ってたわけじゃなくて…… あ、このアルバムは瀧見さんのDJが出発点になってて。瀧見さんのDJをあるとき観て朝まで踊って、その後、1週間で作ったアルバムなんですよ。

──1週間ってすごいね! じゃあ、このなかにはサノくんのなかの瀧見憲司DJ体験が詰まっていると。

そうなんですよ。実際の制作作業としては、それに得能さんとの京都での合宿が入ってる。今年の2月の〈YEBISU YA PRO〉に瀧見さんが来たときのパーティですね。パーティが終わった次の日にすぐに1曲作って、その音源を得能さんに聴いてもらって。そしたら「京都でやろうか」って話にいきなりなって。それで1週間で作りました。そのときは、どんどんアイディアが湧いてきて、自分でもびっくりするぐらいのゾーンに入ってて「できるわー」って感じで。

──ある意味で〈クルーエル〉でリリースされるのが一番正しいというか、そういうアルバムだよね。

そうなんですよ。得能さん、瀧見さんとか、とにかくダイレクトに直面した人とのコミュニケーションで成立したアルバムなんで。

──瀧見さんが第1のキーパーソンで、第2のキーパーソンが得能さん?

いや、もうこれはおふたかたとも第一というか。得能さんと作り終わったときに「もうこれはすぐに瀧見さんのところ送ろう」って言ってくれて、京都の神社に連れていってくれて「リリースできますように」って拝みましたもん。

──得能さんとの出会いは?

3年前、〈YEBISU YA PRO〉に来られたときにお会いして……たしかそれも瀧見さんのパーティで。そこでちょっと意気投合して。それで「鶴くん(LUVRAW)くんがサノくんのこと良いって言ってたから間違いないよね」って言ってくれて。連絡先を交換して、その後は機材の質問とかにのってもらったりしてましたけど、そこまで一緒にやるような感じではなくて。今年の2月の瀧見さんのパーティで一気にグッと近づいたという感じですね。

瀧見(憲司 〈Crue-L〉レーベル・プロデューサー、以下、瀧見) : 実は自分も〈YEBISU YA PRO〉でDJやる度、5年前ぐらいからサノ君の事は認識していたんだよね。いつもよく踊ってるし。デモも結構もらっていたんだけど、そこはよくある放置プレイだったというか(笑)。でも、そこからいきなりのアルバム・リリース。パーティの1週間後に、得ちゃん経由で「サノ君のアルバムできました」っていきなり言われて、しかもそれが余りにドクドクと熱くて思いと勢いがあったから、出さないわけにはいかないでしょ、という(笑)。

もう、あの日のパーティですべての流れができたというか。

瀧見 : でも、だいぶ前にラブン・タグのトーマス(バロック)からも「ケイタ・サノはすごい」って推薦されたこともあって。「出したほうがいいぞ」って彼からメールが来たこともあったんだよね。

トーマスさんが「ケンジにも送るよ」って言ってくれたこともあって。「瀧見さんなら、前に俺も渡したことあるんすけどね!」って(笑)。

瀧見 : その時のも放置プレイだっていう(笑)。

──今回は得能さんのところで作ったということは、わりとレギュラーの感覚のものとは制作も違いそうですね。

そうですね。今回はラップトップと、エディットしておいた音源のストックを持っていって、基本はPC上でという感じで。いつもは他の機材も使うんですけど。それよりもなにより気持ち的にパーティの勢いっていうか、パーティの延長線上ですよね。

──じゃあ、録りためているものとは全く違う感覚ってことだよね。

そうですね。

──9曲だから1日1.3曲くらいってことですよね?

正確に言うと、2〜3曲はあとから瀧見さんに言われて送った曲も入っているので。でも、基本1日1曲くらいの感覚ですよね。得能さんにはミックスとマスタリングを全編やってもらっています。作ってからの音直しは時間をかけてちゃんとやってもらいました。初期衝動のわんぱく小僧が暴れて出航したら、やっと瀧見島にたどり着いたという感じです!

──1週間の航海ののちに、しかもちょっとイレギュラーだけど、デビュー・アルバムっていうね。

このアルバムのあとに作ったスタイルの音というのも自分のなかにあって、それはもう完全にロウハウスって呼ばれる音楽性ではないというか。

──いや、イメージとしてさっきの〈Mister Saturday Night Records〉の曲が大きいだけで、このアルバムもすでに違うでしょ。得能さんとの作業で印象的なところは?

とにかく耳が良すぎる。直す前と後で全然違うし、究極なところで言うとエンジニアさんの領域で、俺も差がわからないのところもあるというか(笑)。ミックスの作業はちょっと参考にさせてもらいましたね。

──野望ってありますか?

瀧見さんの島から、ちゃんと出航することですかね。

──放逐じゃなくてね(笑)。

そう、いい意味で独り立ちというか。でも5年も待って、やっとリリースできて本当にうれしいです。

──でも、ある意味で自分の力で振り向かせたっていうのはすごいという思う。

瀧見 : でも、5年前から知っているけど、ちゃんと客観的な視点も獲得してるし、運と縁を掴んで、明らかに図太く成長してるでしょう。あと得ちゃんや同世代のトラック・メーカーも含めてそうだけど、ちゃんとまわりを巻きこんでいってるっていうのがいいと思う。あとさ、タフさとやる気がすごいなっていうかさ、いないでしょ、いま日本でこれだけのスピードでリリースできている人って。恐るべしだと思うけどね。

この先は、いまできることをやって、海外でライヴもしっかりやって。まずはそこから。それとRed Bull Music Academyもあるのでそのさきはまた考えようかなって思っています。クルーエルからもまたリリースしたいです。野望は、今度のRed Bull Music Academyでシンガーを見つけて、いい歌ものハウス・トラックを作りたいですね。

RELEASE TOUR INFORMATION

KEITA SANO Debut Album「The Sun Child」Release World Tour
2016年8月13日(土) Yebisu Ya Pro(岡山)2016年8月19日(金) UNIT(代官山)
2016年9月9日(金) TBA(ロンドン)
2016年9月10日(土) L'International(パリ)
2016年9月11日(日) Panorama Bar(ベルリン)
2016年9月16日(金) 65mq(ミラノ)
2016年9月17日(土) Centro Internazionale Loris Malaguzzi(レッジョ・エミリア)
TBA 2016 Red Bull Music Academy in Montreal
2016年10月14日(金) Sankeys TYO(東京)

PROFILE

KEITA SANO(サノ・ケイタ)

1989生まれ、左利き。2014年〈Mister Saturday Night(US)〉より12inchシングルをリリース。これを皮切りに、〈discos〉、〈capablanca〉、〈Crowdspacer〉、〈Spring Theory〉など、多数の海外レーベルから作品をリリースする。2016年8月に〈Crue-L〉より、アルバム『The Sun Child』をリリース。ライヴでは自身の楽曲を再構築し、フロアへと落とし込む。

>>KEITA SANO アーティスト・ページ

この記事の筆者
河村 祐介

わからずや

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

祝フジで来日!  エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

テンテンコ、illicit tsuboiをアレンジに迎えたメジャー第1弾シングル──ハイレゾ配信

テンテンコ、illicit tsuboiをアレンジに迎えたメジャー第1弾シングル──ハイレゾ配信

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談

D.A.N.の新譜放談

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

Moe and ghosts × 空間現代、コラボ・アルバムをハイレゾ配信

Moe and ghosts × 空間現代、コラボ・アルバムをハイレゾ配信

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

TOP