生きている時間、全部を音楽に注ぎこみたいーーフォークロアを詰め込んだhuenicaの2ndをハイレゾ配信

2012年にギタリスト榎本聖貴(ex.LOST IN TIME)とシンガー・ソングライター伊藤サチコの2人により結成されたユニット、huenica。独特な声質の2人が重ねるハーモニー、ギターとピアノだけによるアコースティックな温もりから生まれる緻密な音楽にはすべてモデルとなる人物や街が存在し、この時代のフォークロア(民間伝承)として人々の心を動かしている。そして年150本超のツアーをまわる彼らが、前作より約2年、2ndアルバム『田の人と旅の人』を完成させた。自宅スタジオ(huenica Studio)と、愛媛県道後のプライベートスタジオ(Village Hototoguiss studio)でのセルフ・レコーディングで、細部の質感までこだわった本作を1週間先行でハイレゾ配信&1曲フリー・ダウンロード。2人へのインタヴューとともにお届けする。音楽への愛に満ちたその楽曲に触れてみてはいかがだろう。

>>>まずは聴いてみよう!! 「田の人と旅の人」のフリー・ダウンロードはこちら

約2年ぶりとなる2ndアルバムをハイレゾ配信

huenica / 田の人と旅の人(24bit/96kHz)
【配信形態】
24bit/96kHz (ALAC / FLAC / WAV)、AAC
※ファイル形式について
※ハイレゾとは?

【価格】
ALAC / FLAC / WAV : 単曲 270円(税込) / アルバム 1,512円(税込)
AAC : 単曲 216円(税込) / アルバム 1,944円(税込)

【トラック・リスト】
1. 庭先の小鳥
2. 田の人と旅の人
3. hello hello
4. 魔法のノート
5. 海の見える家
6. いつか星になれるか
7. 紙とペン
8. はもれび

INTERVIEW : huenica

約2年ぶりとなる2ndアルバム『田の人と旅の人』をリリースするhuenica。榎本聖貴(Vo.Gt)と伊藤サチコ(Vo.Pf他)の2人が奏でるさまざまなアコースティック楽器の演奏とハーモニーがレイヤーのように折り重なることで紡がれた8曲の物語は、彼らが標榜するフォークロア(民間伝承)としてのライヴ活動の中から生まれたもの。賑やかな演奏とポップな歌が聴ける「庭先の小鳥」や「魔法のノート」、穏やかな空気感の中で歌われるメロディが胸に沁みる「海の見える家」「紙とペン」、そして表題曲「田の人と旅の人」では田園風景を望む場所に腰を下ろして隣で歌を聴いているような音像を楽しめる。「色んなことの一番上に常に“音楽欲”がある」(榎本)「生きている時間、全部を音楽に注ぎこみたい」(伊藤)という2人が最も自信を持って世に送り出すこのアルバムについてたっぷり話を訊いた。

インタヴュー&文 : 岡本貴之

空気で感じるというか手で触れそうな音像を目指しました(伊藤)

ーー1曲目「庭先の小鳥」を聴くとお2人の生活の様子が浮かんできて、アルバム全体がそういった生活の中から生み出されたものなのかなと感じました。今作を制作するにあたってどんなことを考えていたのでしょうか。

榎本聖貴(以下、榎本) : 1stフル・アルバム『あざやかなとうめい』を作ったときまでは、世に、似たものがないものを作りたかったので、聴く人には触れにくい“異世界”でもあったような気もするんですけど、自分たちの頭の中にはこういう音楽が鳴っているというものを自然に作っていった感じがあって。1stを出してからは1年の半分以上 、どこかしらでライヴをやって生活をしているんですけど、必然的に色んな景色を見て来たものを細かく切り取っていった感じがこのアルバムの8曲になっているんです。だからきっとhuenicaの音楽が見えやすくなったんじゃないかなと思います。今回メインで録ったのは愛媛県道後のスタジオ(Village Hototoguiss studio)で、20日間くらい泊まり込んでいたんです。朝起きてスタジオに向かう途中に庭を通って行くんですけど、そこにいつも鳥が来たりしていて、鳥が人間を見に来ているみたいでなんかよかったんですよね。

伊藤サチコ(以下、伊藤) : 1stアルバムのツアー中に出逢ったミュージシャンの方で、ライヴで共演したときに意気投合した方のスタジオなんです。

伊藤サチコ

ーー今作はすごく音が良いですよね。演奏が空気感と一緒に伝わってくるというか。

榎本 : 音楽で生きて行く中で、人気をつけたいとか売れたいというものよりも常に一番上に“音楽欲”があったんです。だから最終的には個人が舵取りのエンジンになっているというよりは、音楽そのものがエンジンになっていないとhuenicaと名乗って活動する意味がないから。まず音楽に触れたときに何かが始まるようにしたいんです。だから音質も常に自分たちが求めているものにしたいというのがあったし、かつ僕らがやっている音楽の形態というのはアコースティック楽器が中心だから、それの本質を求めて行ったというのはありますね。

伊藤 : 質感はすごくこだわっていて、空気で感じるというか手で触れそうな音像を目指しました。

榎本 : 道後のスタジオは空気感が全部良いので、ここで没頭して録音できれば良いなというのがあったんです。そういう意味でも自分たちの音中心、自分たちが普段持ち歩いている曲があっての話というか。例えばそれを東京の綺麗なスタジオで録れたとしても、自分たちが今はそこをチョイスしないだろうなと思うんですよね。

伊藤 : 必然で連れてこられた場所みたいな、意味があってここに立っているんだろうなっていう実感があったので、その響きも全部アルバムに閉じ込めたいという気持ちはありましたね。

ーー今作に参加しているミュージシャンは1stに参加したメンバーと同じということですが、音はすごく強くなっている印象を受けました。特になかじまはじめさんのドラムが活躍している印象です。

榎本 : 前作『あざやかなとうめい』を録っていたときは、ベーシックなアコースティック楽器と歌が入ったhuenicaとしてブレない状態のところに、ドラムで何か絵を描いてくださいっていう感じでやったんですよ。だからすごく抽象的なプレイも入っていて。今回はもうちょっと、なかじさんに任せたというか、自由に考えてくださいって言えてたというか。それは、この人が入ってくるんだったらブレないであろうという確信が持てていたからなんです。だからよりパーソナルな部分が音に出ているのかもしれません。

榎本聖貴

ーークレジットはすべてhuenica名義になっていますよね。実際の曲作りの分担って曲ごとに違うのでしょうか。

榎本 : サチコのソロでも2人でやっていたりするんですけど、huenicaでは僕がやりたいものが強くあって、それに対して2人で向かっていく感じなんです。例えば曲を作り始めたときに、イントロがあってAメロがあってそこまでの歌詞が出来ていたとしても、語尾の一言に2人で納得いかなかったら1ヶ月そこから進まなかったりとか(笑)。でもそれが上手くいった瞬間にバーッて先に進んだりとか。それは音1つについてもそうなんですけど。でも結局、録り終えたときにはここはどっちの主張が強かったとかはもう忘れてるんですよ。

伊藤 : わかんなくなっちゃいますね。

榎本 : 最終的にそうなっていないとhuenicaである意味がないというか。だから、このへん(2人の間)に“huenicaという妖怪”みたいなものがいるとしたら、それの発信になってていないと面白くないと思うんです。

伊藤 : 上手いこと、「これは私の仕事かもしれない」というときにバーッと集中して歩みを進めて、そうしている間に榎本君から違うアイデアが出来上がってたり、違うところに集中していて気付いたら先に進んでいたというのはあるんですけど、一緒になって「どうしようか?」ってなるよりもその瞬間にお互いぶつけまくるみたいな(笑)。衝突もするんですけど。

自分で何かを作って生み出して糧に生きる方が楽しいなんじゃないかな(榎本)

榎本 : 今回面白いのは、エレキギターを重ねるときに、サチコがプロデューサーっぽくフレーズを譜面に書いたりとか、逆にサチコがトイピアノとかを入れるときは俺がアイディアを出したんですよ。そういうのが面白く作用したんじゃないかなと思ってますし、ぶつかった甲斐があったと思っています。過去のバンド経験だとそこまで進めなかったことが多くて。まあ他人とやっているということもあるから当然だと思うんですけど(笑)。でもhuenicaをやるまでに、そういう他人に遠慮したり自分を抑える部分が解かれたらすごいものができるんじゃないかなっていうのはずっと思っていて、それが今出来ているんです。

伊藤 : 生活が一緒で、食べ物とか通った道の景色とか、そういうものを全部共有しているから、2人で煮詰まったときに自然と一緒の流れで解決できているような気がします。私たちは、生きている時間全部を音楽に注ぎこみたいと思っているんです。他の人とはそういう経験はないので。1分1秒もすべて一枚のアルバムに注げるかというと、みんなそれぞれの生活があると思うので。huenicaはそこが生きている理由にも繋がっていて、全部取り込めるのがとても幸せだと思っています。

榎本 : 俺らはまだまだギリギリで音楽で生きているけど、自分たちなりの生活をしながら本当に没頭できる生き方を掴めたからできたなという気持ちはあるんです。そうじゃないとどうしても身の丈の中で作って行くしかないけど、俺たちは出会いのおかげでスタジオを使わせてもらったり、自宅のhuenicaスタジオを作ることが出来たり。それと、今回録音していて思ったんですけど、生楽器で空気を通して録音してそれをデジタルに変換してまで努力して残そうとしているのって面白いなと思ったんですよね。良い作品ができたってライヴで曲を届けに行っているんだけど、実際は生楽器でその場で演奏して、それを観てもらってやっとその1枚に手が届いて行く、というのが面白いなと思っているんです。よく自分たちのことをワゴン販売のパン屋さんみたいなものって例えて言うんですけど、本当に“自作実演の人”というか。もし俺らが死んでしまっても、盤だけ残ったらいつかみんなに届くはずという自信作ができて、そう思いながらも毎日ライヴをやってCDを買ってもらって、それが生活になってきて。そういうことを考えるとものづくりの人ってみんな一緒かもなって思ったんです。

ーーそれが『田の人と旅の人』というタイトルに繋がった?

榎本 : サチコの実家が秋田であきたこまちを作っている農家で、考えたら俺らと真逆のことをやっているなと思ったんですよね。毎日同じ景色を見て、一年に1個の収穫に向かうというのは。でも、俺らは毎日違うところを見ているけど、それを収穫にしていくという意味では、もしかしたら同じじゃないかなと思い出したのをきっかけに田んぼを手伝い出したんです。それと、NomadicRecordsがあるいわきで色んなイベントに呼んでもらっているんですけど、〈森フェス〉というのがあって、それはいわきに「田人」と書いて「たびと」っていうところでカフェをやっている人たちの主催なんですけど、その近くには「旅人」「たびうど」っていう地名もあって。それこそ柳田國男のフォークロアじゃないけど、気になって調べたりしていて、2つの言葉がすごく引っかかるなと思いながらツアーをやっていて。俺らの移動販売という考えと秋田に手伝いに行ったときの景色もあって、それが『田の人と旅の人』という言葉に集約して行ったんです。まず曲の方があってのことなんですけど。

ーー表題曲の「田の人と旅の人」はもちろん、楽曲にはすべてモデルとなる人物や街が存在するんですね。

榎本 : そうですね。この曲で言うと、単純にものを作って生きる人の一番端と端というか、意外と真ん中は一緒の気持ちなんだなって。huenicaをやり出して、こういう生活だけで生きていくというのを掴みだしているから、その中から1つの提案というか。例えば今日(取材日の7/10)は選挙がありますけど、誰かを選んで頼むのも一つ、と同時に自分で何かを作って生み出してそれを糧に生きる方が楽しいんじゃないかなっていう提案でもあるんです。

伊藤 : だから私たちの旅の生活を想像できるようにしたというか、生活を隠し撮りしてたのでは、くらいの歌詞なので(笑)。色んな所に行けていいなあって思う人たちは旅をしている自分を想像しながら、いつか自分の畑や家を持ちたいなぁって人はそのことを想像しながら聴けると思います。

榎本 : 「旅の人」はどこかに根をはってみたいと思っているかもしれないし、「田の人」のように根をはっている人はどこかに行ってみたいなって言うと思うんですよ。そういうちょっと童話的なところにも落とし込みたいなと思っていて。

伊藤 : 同じ空で繋がっていて、いつか交わる場所もあるし、ひっくりかえることもあるかもしれないけど、自分たちで作ることが大事だっていう。

ちゃんと土を踏んでグルーヴできてるものを目指した(榎本)

ーー「紙とペン」という曲が好きなんですが、これはどんなエピソードからできた曲でしょうか。

伊藤 : ありがとうございます。これは道後のスタジオに行ってゼロから作った曲の1つなんです。「庭先の小鳥」「いつか星になれるか」もそうなんですけど。「紙とペン」は、鶴さん(鶴光宗)というスタジオのオーナーが淹れてくれたコーヒーを飲んで、大きな窓をあるところに背中で西日を浴びながら「もう1曲新曲を入れたい」って紙にペンを置いて、そのまま歌詞が出来たというだけの曲なんですけど(笑)。思い描いたのは、子どもたちが学校で色々あっても我慢したり、大人もこの人にひとこと言いたいけど傷つけたくないから言葉を遠回しに選んだりとか、メールのやりとりとか失言はないか探したりとか、そういうあらさがしみたいなところを恐れて本当のことを言えない人が多いと思うんです。真っ白い紙に素直に字を残こすように、スルスルスル~って素直に気持ちが言える人が増えたら良いなと思って。このアルバムの曲もスルスルスル~って届いたら良いなって思います。

ーー「魔法のノート」もそこに繋がっているんでしょうか? これはディズニーっぽい賑やかな曲ですが。

榎本 : でも歌詞自体は暗いというか、これはそれこそLOST IN TIMEをやっていた頃の20代のバンドのシーンのことで。売れているやつもいれば売れてないやつ、すごく良いのに評価されていなかったり、事故で死んじゃった友だちとかもいるし。「皿は旅してくれるから残せ」みたいなことで。アルバム1枚でもあったらバンドがなくなっても旅してくれるけど、でも最悪歌詞のノート1冊でもあって残っていたらそれを誰かが歌ってくれるかもしれないし。LOST IN TIMEを辞めた後に俺が関わっていたバンドで、頑張っているんだけどアルバムを出す声がかからずに終わっちゃったバンドがあって。まさに「魔法のノート」の主人公なんですけど、ノートに歌詞を書いているときは歌詞が踊り出すようにその世界はすごく楽しいのに、東京のバンドマンの普段の暮らしは時間に追われてバイトに追われてスタジオに入って、楽しみといえば夜機材車でフラフラするくらいとか。曲の中身はしがない東京のバンドマンの話なんだけど、ノートに書いているときは、周りに小人が遊んでいるような気持になっていると思うんですよね。それを音楽で表したいなと思って。

ーーOTOTOYからはハイレゾ配信となりますが、音づくりの面でのどんなところを注目してほしいですか。

榎本 : 今回はベースを一切入れてなくて。それは何故かというと、自分たちのライヴではアコギの低音とピアノの低音しかないんですけど、レコーディング時においてベースを入れることによって低音が支配されて行っちゃうんですよね。今回は“そうじゃない低音の土の踏み方”をやりたくて。それでアコギとピアノの低音の録り方に気を付けて、ちゃんと土を踏んでグルーヴできてるものを目指したんですけど、それが思った通りに録れて行ったのがアルバムが完成に向かう上で大きかったです。それを手助けしてくれたのが、前作でマスタリングしてもらったエンジニアの葛巻善郎さんなんですけど、今回はミックス、マスタリングまでお願いしていて。その代わりに録音するまでは全部自分たちでやったんです。普通だったら楽器ごとに音量をフェーダーを上げ下げして調整するんですけど、録音の段階でレベルを横一線にしてちゃんとアレンジが成り立つように録ったんです。そうすることで空気感が絶対崩れないようにして。そこから葛巻さんに渡して3人で音作りをしました。今回はDSDマスタリングでやっていて、そこからもう1回マスタリングしているから、完成にした音をスタジオで聴いたら、本当にギターが触れるくらいに感じられたり、声がここにあるというくらいの臨場感が感じられたんですよね。音圧をすごく稼いだりしていないから、スマホで聴かれるか家のオーディオで聴かれるかわからないですけど、ボリュームを気持ち良いところまで上げたら、すごく肉厚な音が聴ける自信はあるので、そういう風にアルバムを遊んでほしいです。

伊藤 : “聴く”っていう姿勢を持って向き合って聴いてくれると嬉しいです。聴かされてるっていう感じじゃなくて、自分から向かってきてほしいですね。

榎本 : ライヴの臨場感とは違う立体感とか質感は全部盤の中には閉じ込められた気がするので、CDとハイレゾを聴き比べて欲しいですね。それと、今回もジャケットはイラストレーターの荒井良二さんに描いてもらったんですけど、良二さんとは録音する前に会って、さっきお話したような『田の人と旅の人』の話をたくさんしたんですけど、「じゃあ俺もその言葉で描いてくる。話を聞いてたら土だなこれは」って、最初土壁に絵を描いてこようとしていたんですよ。「ちょっとそれはジャケットにできないんですけど」って言ったんですけど(笑)。やっぱりこの人最高だなって思いました。出来た絵を見ても、自分で決めてかかってこないというか、こっちが提示したものに対して反応してくれてるんです。それでこの絵だったんですけど、もう俺らが秋田で見た景色そのままなんですよ。当然良二さんはその景色を見たことがないんですけど。

伊藤 : 本当に、秋田の景色と配置が似ていて。色んな人に「うちの田舎に似てるんです!」って言われたりもするんですけど(笑)。

榎本 : ライヴペイントみたいに、言葉とか音に反応して描いていると思うんですよね。そこが良二さんもやっぱりものづくりの大先輩だなって。そこも含めて触れて欲しい世界なので、リリースツアーではジャケットの原画も持って行くので、それを見るためにもアルバムを聴いて是非ライヴに足を運んでほしいですね。

Nomadic Recordsの他作品も合わせてチェック!!

huenica / あざやかなとうめい(24bit/48kHz)

ギタリストの榎本聖貴と、シンガー・ソングライターの伊藤サチコからなるユニット、huenicaの1stアルバム。これまでにリリースした4枚の自主制作CDから良曲をピックアップし、新曲も加えて新たに録音されたタイトル。アナログ感満点のアコースティック・サウンドと、二人の透明なハーモニーが染みる。

>>特集ページはこちら

Chano / この世界(24bit/48kHz)

福島県郡山市出身。アコースティックギター、ピアノで弾き語るシンガー・ソングライター。17歳よりライヴ活動を始め、東京での活動やフランス留学を経て、2013年夏より福島に拠点を置き活動中。柔らかなフィンガーピッキングによるギターと芯のある叙情的なピアノが生み出す、オーガニックで透明感のある歌声が注目を集め、福島県内の各種イベントにも多数出演中。2014年3月に自主リリースした『旅の途中』で、確固たるスタイルと存在感を示した。来たる2015年冬、ノーマディックレコードより初の全国発売アルバムを放つ。

>>特集ページはこちら

雨ニモ負ケズ / 結い(24bit/48kHz)

2012年にはアラバキ出演を果たした仙台を代表するバンドが、約1年間のブランクを経て、再び東北のシーンを熱く牽引する! 2008年仙台にて結成。ディストーション・ピアノを中心とした、エモーショナル・ピアノ・ロック・バンドとして仙台のライヴハウスを席巻。風刺や悲哀、人生を歌う文学的インテリジェンスと破天荒なライヴ・パフォーマンスにより、その注目度は加速度的にアップ。地元仙台を拠点にし、全国ツアーによって各地にファン急増中。アルバムとしては約4年ぶりの音源をリリース。メンバーチェンジし更にスケールアップした姿で帰ってきた!

>>特集ページはこちら

johndickheadhunter3 / johndickheadhunter3(24bit/48kHz)

90年代に福島大学で結成され、インディーズの名門Under Flowerからメジャーまで駆け上ったLOVE LOVE STRAWのヴォーカル・ギター野中斉によるソロ・プロジェクト、johndickheadhunter3。福島県にて英語教師をしながら2004年頃からチャリティ活動の一環として活動をはじめ、震災以降は復興支援にも力を入れ、各種チャリティにも参加している。全ての楽器演奏、歌、コーラス、録音、ミックス、プロデュースを全て1人でこなし、90年代の英米ギター・バンドをベースとした英詞によるポップで日本人離れした独自の野中ワールド。活動10年にして初のフル・アルバムを福島のレーベル、Nomadic Recordsよりハイレゾ配信。

>>特集ページはこちら

LIVE INFORMATION

2016年7月15日(金)@岩手・水沢 MIUMIU
2016年7月16日(土)@秋田・仙北郡 花fe香fe
2016年7月17日(日)@秋田・男鹿市FUNAKAWA ひのめ市
2016年7月18日(月祝)@山形・米沢 CAFE LABORATORY
2016年7月20日(水)@福島・Re-Acoustic
2016年7月23日(土)@埼玉・東松山 国営武蔵丘陵森林公園 西口わんぱく広場『水遊び場特設会場』
2016年7月24日(日)@埼玉・秩父 ladderladder
2016年7月26日(火)@宇都宮アートキッチン
2016年7月28日(木)@福島・いわき Live bar burrows
2016年7月29日(金)@秋田・大町 Happy Dream
2016年7月31日(日)@埼玉・熊谷 モルタルレコードストア
2016年8月7日(日)@東京・仙川 森のテラス
2016年8月11日(木祝)@東京・下北沢ERA
2016年8月21日(日)@福島・いわき三崎公園野外音楽堂 ONA FES 2016
2016年8月25日(木)@郡山・PEAK ACTION
2016年8月26日(金)@福島・as soon as
2016年8月30日(火)@札幌・ムジカホールカフェ

3匹の鈴虫TOUR
2016年8月31日(水)@北海道・札幌 デベロデカ
2016年9月2日(金)@秋田・カフェ ブルージュ
2016年9月3日(土)@岩手・KLUB COUNTER ACTION 宮古
2016年9月4日(日)@大船渡LIVE HOUSE FREAKS
2016年9月5日(月)@山形・新庄となりのカフェ
2016年9月6日(火)@宮城・仙台 ノルド
2016年9月7日(水)@福島猪苗代酒屋Den
2016年9月10日(土)@本庄NINOKURA
2016年9月11日(日)@東京・西荻窪 ARTRION

PROFILE

huenica

2012年にギタリスト榎本聖貴(ex.LOST IN TIME)とSSW伊藤サチコの2人により結成。旅の中で実際に見て来た風景を形どる言葉や音の旋律は、アコースティックな温かい手触りの中にも、しっかり土を踏んで歩んで来た芯の深さを感じ、他に類を見ない世界観を生み出している。2016年初夏、2ndアルバム『田の人と旅の人』を発売。

>>huenica Official HP

この記事の筆者
岡本 貴之

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

H ZETTRIO インタヴュー——3人の人間力が表出した“奇跡的なアルバム”

H ZETTRIO インタヴュー——3人の人間力が表出した“奇跡的なアルバム”

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

ORIGA『My Way』レビュー

ORIGA『My Way』レビュー

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

TOP