夏の魔物、メジャー3rdシングル発売記念!!ーー第一弾 成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

夏の魔物のメジャー3rdシングル『魔物、BOM-BA-YE ~魂ノ覚醒編~ / バイバイトレイン』がヤバい!! 両A面である表題曲の作曲は前山田健一が、そして「バイバイトレイン」では作詞を大槻ケンヂ、作曲をYO-KINGが担当。楽曲演奏には、ウエノコウジ、クハラカズユキまで参加している。そんな同シングルのリリース、そして6月24日には新宿FACEにて開催されるレコ発ワンマン・ライヴに向け、OTOTOYでは2回にわたり夏の魔物を大特集!! 1回目となる今回は、夏の魔物のメンバーである成田大致とケンドー・チャンが、DPG時代からの名曲「リングの魔物」の作者でもあるWiennersの玉屋2060%を迎え対談を敢行。シングルのタイトルのごとく、果たして夏の魔物は覚醒するのか?


6月22日リリース、夏の魔物の3rdシングルを予約スタート!!

夏の魔物 / 魔物、BOM-BA-YE 〜魂ノ覚醒編〜 / バイバイトレイン
【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、mp3 単曲 250円

【TRACK LIST】
1. 魔物、BOM-BA-YE 〜魂ノ覚醒編〜
作詞 : コールドストン・スタナ・前山田健一 / 作曲・編曲 : 前山田健一 / ナレーション : 杉田智和 / ゲストギター : 鈴木修)
2. バイバイトレイン
(作詞 : 大槻ケンヂ / 作曲 : YO-KING / 編曲・鍵盤 : ハジメタル / ドラム : クハラカズユキ / ベース : ウエノコウジ / ギター : 越川和麿)
3. グギギギギギギギ デッドエンド!
(作詞 : コールドストン・スタナ / 作曲 : 田中公平 / 編曲 : 伊藤賢治 / ゲスト・ヴォーカル&ギター : 和嶋慎治(人間椅子))
4. 魔物、BOM-BA-YE 〜魂ノ覚醒編〜(Inst.)
5. バイバイトレイン(Inst.)
6. グギギギギギギギ デッドエンド!(Inst.)

>>予約注文についてはこちら
夏の魔物現象2016
メジャー3rdシングルレコ発ワンマンGIG
第一部 : ブラックDPG LAST DANCE 〜破滅に向かって〜
第二部 : 〜MAMONO BOM-BA-YE 2016〜
2016年6月24日(金)@新宿FACE
時間 : 開場 19:00 / 開演 19:30
出演 : 夏の魔物、ブラックDPG
スペシャルゲスト : 伊藤賢治
チケット : 前売り 3,000円 + ドリンク代
「チケットぴあ」で発売中

INTERVIEW : 成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%

夏の魔物がメジャー・デビューを発表したのは昨年6月のこと。デビュー以降のシングルでは大森靖子、曽我部恵一、Sundayカミデら錚々たるミュージシャンたちが次々と参加して常に話題を振りまくなど、この1年間の活動は結成以降でもっとも安定と充実が得られた期間だったのではないだろうか。同時に、一見恵まれているように見えるこうした環境は、常に夏の魔物のメンバーにプレッシャーを与え続け、否応なしに成長を促してきたともいえる。それを肌で感じているからなのか、メジャー3rdシングル『魔物、BOM-BA-YE ~魂ノ覚醒編~ / バイバイトレイン』のリリースを前にして、成田大致、ケンドー・チャンの2人は前身ユニットDPGのデビュー曲「リングの魔物」を作曲したWiennersの玉屋2060%との対談を希望した。彼らはグループの原点を見つめ直すことで自らを覚醒させようというのだろうか? ところがそうではなかった。彼らと玉屋2060%の再会は、夏の魔物の新たな未来へと続くプロローグとなっていたのだ。

インタヴュー&文 : 岡本貴之
写真 : 大橋祐希

左から、玉屋2060%、ケンドー・チャン、成田大致

夏の魔物のためだけに頑張りたい、そういう決意のシングル(成田)

ーーはじめに、玉屋2060%さんと夏の魔物の関係から教えてもらえますか?

成田大致(以下・成田) : 玉屋君には、前身ユニット(DPG)の1stシングル「リングの魔物」を書いてもらったんですよ。フェスの〈夏の魔物〉にはホスト・ユニットがなかったので、そういうのを作りたいというのがあって。玉屋君なら魔物のイメージを具現化してくれるだろうなっていうのがあってお願いしたんです。

玉屋2060%(以下・玉屋) : ありがとうございます! 当時僕が人に曲を提供するのはまだ2曲目くらいだったんですよ。でんぱ組.incに初めて曲提供(でんぱれーどJAPAN)した後くらいだったので。

成田 : 自分の中で男女混合でやりたいというのが念頭にあって。Wiennersの「レスキューレンジャー」みたいな曲が作りたかったんですよ。あの頃は楽曲の発注の仕方もわからなかったので、とにかく自分の頭の中で鳴っている曲のイメージを玉屋君にひたすら伝えた記憶があります(笑)。

玉屋 : ああ~、そうそう。イメージを絵でしか伝えてこない感じだったんだけど、僕も曲を作るときは絵でイメージするんで、そういう風に伝えてくれた方が作りやすい感じがあって、やってて楽しかったですね。

成田 : アガるポイント、曲の高揚感みたいなものが想像通りに出来てきて。そこにROLLYさんのギターや田中ケロさんの前口上を入れたりして。今の魔物の楽曲の基本というか様式美みたいなものがこの曲で出来たと思います。

成田大致

玉屋 : ROLLYさんがギターを入れるときに行って初めて歌が入ったものを聴いたんですけど、けっこうガヤもいっぱい入っていて僕が想像していた以上に良い意味でとっちらかった感じというか、それこそフェスの〈夏の魔物〉みたいに“これもやりたいあれもやりたい”っていう気持ちを無理矢理全部詰め込んだ感じがあって。すごく強いエネルギーを感じる曲になったなと思いましたね。

ケンドー・チャン(以下・チャン) : 私は去年の6月12日のライヴで加入お披露目をしたんですけど、そのときに初めて歌った曲が「リングの魔物」で。それがすごく楽しくて。「リングの魔物」という曲があったからこそ加入しようと思ったくらいこの曲が好きなんです。夏の魔物のイメージが一番ついている曲なので、ライヴでやると一番テンションが上がりますね。

ーーそこからちょうど1年を経て今回のメジャー3rdシングルに至ったわけですが、玉屋さんは曲を聴いてみてどのように感じましたか?

玉屋 : 「魔物、BOM-BA-YE ~魂ノ覚醒編~/バイバイトレイン」っていうタイトルのアイデア一発勝負みたいな感じがインパクトあって好きですね。それと、今までのMVを全部観ていて思ったんですけど、「リングの魔物」の頃と質感が変わったじゃないですか? それこそ成田君が前に出てくるようになったりして。あれってなんで自分が前に出ようと思ったの?


夏の魔物「魔物、BOM-BA-YE 〜魂ノ覚醒編〜」MV

成田 : 前は人に委ねて自分はみんなのために頑張るぞみたいな気持ちだったんです。「リングの魔物」のレコーディングをしたときなんて、俺の歌をミックスでめっちゃ下げてたくらいで(笑)。でも夏の魔物っていう名前で活動するにあたって、やっぱり自分が10年くらいやってきたフェスのホスト・ユニットとしてセンターに立たないとなって徐々に思い始めて…。

チャン : 〈夏の魔物〉ってフェス自体はみんな知ってるのに、ユニットはわかりづらいところがあるじゃないですか? 私も〈夏の魔物〉には出たことがあったんですけど、成田さんとしっかり話したことはなくて。だから私が入ったときに、成田さんが前に出てないとフェスとユニットのイメージがつきにくいから、「もっと前に出てセンターとしてやってください!」って言ったんです。

玉屋 : なるほどね。俺もバンドで最初は立ち位置が端っこだったんですよ。だけどフロントマンが前に出ないと駄目だと思って、あるときから今の真ん中の立ち位置になったので、成田君の気持ちはすごくわかるし、チャンさんが言ってることもすごくわかる。

ーー「魔物、BOM-BA-YE ~魂ノ覚醒編~」のテーマは“覚醒”ということですが、成田さんが覚醒したってことでいいんですか?

成田 : いや違いますよ、俺だけじゃなくチャンや他のメンバーも含めて、一皮むけるかどうか… 果たして覚醒できるのかどうかっていう曲ですよ!

チャン : 私は覚醒という意味では、加入して半年くらいは覆面をした《ケンドー・チャン》としてどういう感じでいれば良いだろうっていう様子見が続いていたんですけど、1stワンマンくらいから自分の立ち位置が見えてきて。今回のシングルのMVでは覆面を付けたり脱いだりしているんですけど、やっとこのシングルでチャンとしてのキャラができたのかなって。覚醒してこれまで以上に自分自身をもっと出せたら良いなと思っています。次の段階は覆面に頼らずに。

ーーそんなに頼ってたんですか(笑)?

チャン : めっちゃ頼ってたんですよ(笑)。覆面があるからインパクトあるだろうみたいな。視線も釘付けだし、自分じゃない気持ちになっちゃって何でもできるというか。でも加入して1年経って、覆面をしてなくても夏の魔物で《ケンドー・チャン》という自分を出せるようになってきた気がして。

ケンドー・チャン

ーー覆面はかぶらないにせよ、ミュージシャンってステージに上がれば変身するようなところってきっとありますよね。

玉屋 : そうですね、ある意味スイッチは入りますからね。自分もステージに出るときは普段の自分じゃなくなるし、ステージを降りたら普段の自分に戻るし。だけど、それが全く違うわけでもないというか、ある種本当の自分をエンターテイメント化することが覆面をかぶるっていうことだと思うんですよ。だから、覆面を脱いでステージに上がるというのは、それまでは自分とは別物だったけど、本当の自分を商品化・エンターテイメント化させようとしているのかなって。

ーー成田さんは「魔物、BOM-BA-YE ~魂ノ覚醒編~」にどんな想いを込めてるんでしょうか。

成田 : この1年色々あって。「LADYBABY」というユニットのサウンドプロデュースをしたんですよ。自分と繋がりの深い作家さんたちと楽曲を作ったりしたんですけど、YouTubeで1000万再生されて世界的に話題になったんです。

玉屋 : ええっ!? すごいね。

成田 : でも、人に自分のアイデアを提供するというのは自分的には達成感があんまりなくて。ただ周りの人には「歌うよりもそっちの方が向いているよ」とか言われて。確かに作品は素晴らしいものができたんですけど、やってみて思ったのは自分が歌ってないと意味ないなと思ったんです。だから今は人のために頑張るのは止めようと。夏の魔物のためだけに頑張りたいって。そういう決意のシングルを作りたいという気持ちがありました。

英語で寿司の美味さを伝えられるようになった感じだと思う(玉屋)

ーーもう1曲の「バイバイトレイン」は、「グミ・チョコレート・パイン」の作者である大槻ケンヂさんが作詞、YO-KINGさんが作曲という、日本のロック史上でも初の組み合わせの曲ですけれども。

玉屋 : この作詞・作曲クレジットの字面はすごいですよね。

成田 : この曲は大槻さんの著書「グミ・チョコレート・パイン」の青春感を音楽で表現したかったんですよ。自分の好きなポイントとか、「グミチョコ」のここの何ページ目のこのシーンで、ケンゾーと美甘子のセリフを音楽でやりたいですって伝えたんですよ。

ーー「バイバイトレイン」というタイトル自体は完全にあちらに委ねているんですか? それとも成田さんが最初に決めておくとか。

成田 : 「リンダリンダ」とか「BABY BABY」みたいな連呼できるような必殺ワードにしたくて、大槻さんから何個か案をいただいて、そこから決めました。歌詞も詞先だったので、何回かやりとりしながら、物語を一緒に作った感じです。普通と違うやり方はしているのかなとは思いますね。

玉屋 : 僕は自分でアイデアを出して自分で自分のバンドの曲を作るんですけど、成田君の場合はそれが分かれているだけというか。アイデアを出すメンバーみたいなことだと思うんですよ。それで曲を作る人、詞を書く人がいて。それが1人の人間じゃなくてたまたま3人に分かれているだけっていうことだと思いますね。

玉屋2060%

ーー「リングの魔物」の頃と最新シングルの夏の魔物を比べてみるとどんな印象がありますか?

玉屋 : どんどん具体的になってきてるなというのは感じてます。今まで「あれもこれもやりたい」ってやっていたものが、経験を経てだんだん自分がやりたいことを実現する方法を見つけてきたというか、人に説明する言語を覚えてきたみたいなことはあると思うんですよ。

ーー簡単に言うと、説明が上手くなってきた?

玉屋 : そうそう(笑)。今までは、アメリカに行って日本語で「寿司、超美味い」みたいなことを言ってたような感じで。実際寿司は美味いんだけど、ちゃんと伝わってないみたいな(笑)。それを今はちゃんと英語で寿司の美味さを伝えられるようになった感じだと思うんですよ。たぶん、日本語でブワ~って言ってたとき(「リングの魔物」を作ったとき)も「なんかわかんねえけどこのジャパニーズ熱いぞ」みたいな熱量は伝わってたと思うんですけど、今はニュアンスまで伝えられるというか、「わさびっていうのは辛いんだぞ」とか「醤油をつけて食べるんだよ」っていうところまで言えるようになったんじゃないかなって感じました。

ーー「バイバイトレイン」のMVはバンドの練習シーンがありますよね。バンドっぽさを打ち出しているのも、最近の変化の1つだと思うのですが。


夏の魔物「バイバイトレイン」MV

チャン : 5人の並びを見たときに、なんとなくパートってわかると思うんですよ。もともと大内さんはベースだし、アントンさんはドラムっぽいし、まいぷには絶対キーボードだし、私はもともとギターも弾いてましたし、成田さんがボーカルで。いつかこのメンバーでバンドの絵があれば面白いのになってひそかに思っていたので、夢が叶いました。夏の魔物って楽器を持っていないけど、それぞれが個性を活かして役割を果たすことで1曲をみんなで作っている感じがするんですよ。それってバンドと一緒だなと思っていて。

成田 : 俺はジェットコースターのような情報量の多い打ち込み系の楽曲と、THE HIGH-LOWSのような単純明快なロックンロールなバンド・サウンドの楽曲を両方できるグループがやりたいとずっと考えていたんですよ。メンバーも揃って環境も整ったこともあって、今ならその両方がやれるなと思ったんです。それで今回「バイバイトレイン」に、自分が大好きなウエノコウジさん、クハラカズユキさんに参加してもらって、ハジメタルさんに編曲とキーボード、西さん(越川和磨)にギターをお願いして。最強のメンバーと作った超どストレートな男女混合パンクロックっていう、自分が思い描いてきた理想像をやっとアウトプット出来た感じです。今回のシングルは5人で今やれることを全部やりきった自信があります。

チャン : うん、すごく良い作品だと思います。

夏の魔物としてのエンターテイメントが見せたい(チャン)

成田 : そしてじつはいま、「リングの魔物」の“アップグレード版”を制作中なんですよ。

ーーアップグレード版というのは、既存の「リングの魔物」とどういうところが違うんでしょうか。

玉屋 : 前回は、僕自身パソコンを買ったばかりのときに作った曲だったので今はもうちょっとスキルは上がっているし、パソコンを開いて久しぶりに当時のデータを開けて一通り見たんですけど、「めちゃくちゃだなおまえ」みたいな感じだったんですよ(笑)。だから、“当時の俺はこういうことをやりたかったんだろうな”っていうものを、今のスキルでグレードアップさせたというか。単純に機材も当時なかったものもあるので、そういう意味でもパワーアップさせています。

チャン : 過去の曲で大好きな曲がいっぱいあるのに、自分の声が入っていないという壁があったんですけど、自分が一番好きな曲を自分の作品として作り直してもらえるのは嬉しいですね。「時は来た!」という感じです。

成田 : メンバーも揃ったし、現体制での「リングの魔物」に改めてチャレンジしたいなと。昔はとにかく「もっと過剰に」って感じだったんですけど、今は引き算ができるようになったというか。サウンド的にわかりやすく、よりソリッドな音を出したいというのがあって。プレステがプレステ2になった感じです。

玉屋 : 引き算ができるようになったというのは、僕もそうなんだけど、成長して行くことって引き算ができるようになることだと思うんですよ。それは今、やりたいことが明確になったからこそだと思うんですよね。

成田 : 今回出すメジャー3rdシングルが現段階での集大成だったんですよ。漠然とやりたかったことが実現してしまった、みたいな。普通はだいたいそこで終わるじゃないですか? ところがどっこいここから始まるというのを自分では考えていて。ようやくそこまでいけたんで、このタイミングで「リングの魔物」のリアレンジができて良かったなって思っています。ちなみに、この曲のベースはTOKIEさん(Losalios / unkie / Ace of spades他 )に弾いてもらう予定です。ベースで引っ張って行くようなTOKIEさんのグルーヴが欲しかったので。もとの曲で間奏にヘドバンするところがあるんですけど、そこはかなり変えましたよね!?

玉屋 : だいぶヘヴィになりました!!!

成田 : 「リングの魔物」アップグレード版は6月24日新宿FACEのレコ発ワンマン・ライヴで初披露するので、楽しみにしていてほしいですね。

チャン : 夏の魔物のワンマン・ライヴは2回目なんですけど、1stワンマンのときは成功させなきゃ、ちゃんと盛り上げなきゃっていうことばかり考えていて、余裕を持ってできなかったんですよ。だけど今回の会場となる新宿FACEはめっちゃ広いし、その広さを使ってもっとみんなと楽しんで、お客さんに「もっとやってくれ!」って言われるくらい、夏の魔物としてのエンターテイメントが見せられたら良いなと思っています。

成田 : 「リングの魔物」を出した当時の俺たちは、“何かをやりたいんだろうけど何をやっているかがわからない人たち”だったと思うんですよ。でも今は音楽が軸にあって、それ以外のことは考えていないし、自分は今改めてロックを、音楽をやりたいというのが全部に表れていると思います。ライヴで表現することがやっとできるようになったので、ぜひ今の夏の魔物を観に来て欲しいですね。

ーー今後、Wiennersとしては夏の魔物とどう関わって行くのでしょうか。今年の〈夏の魔物〉への出演も期待して良さそうですか?

玉屋 : そうですね、あるかもしれないですね。もしかしたらまた出番が早朝かもしれないけど(笑)。

チャン : 対バンもしたいです!

玉屋 : そうだね、バンドでも一緒にやれたら良いよね!!

成田 : 今年はぜひ対バンお願いします! 今日はありがとうございました!

夏の魔物の過去作もチェック

夏の魔物 / 東京妄想フォーエバーヤング/ダーリン no cry!!!

夏の魔物によるのメジャー第2弾シングル。「東京妄想フォーエバーヤング」(作詞 : 山内マリコ、作曲 : 曽我部恵一、編曲 : ARM(IOSYS)、ゲスト・ヴォーカル : BIKKE(TOKYO No.1 SOUL SET))との両A面曲となる「ダーリン no cry!!!」は、作詞・作曲ともにSundayカミデ(ワンダフルボーイズ / 天才バンド)が書き下ろした壮大なロッカバラード。

夏の魔物 / 恋愛至上主義サマーエブリデイ/どきめきライブ・ラリ(イラストジャケット Ver)(24bit/48kHz)

夏の魔物によるのメジャー・デビュー・シングル。「恋愛至上主義サマーエブリデイ」(作詞 : 後藤まりこ、作曲 : 成田大致・ARM(IOSYS)、編曲 : ARM(IOSYS)、ギター : HISASHI(GLAY))は名曲「サマーロマンサー」をリビルド。両A面曲となる「どきめきライブ・ラリ」は、大森靖子が書き下ろし、越川和磨、ハジメタルが参加。

LIVE SCHEDULE

夏の魔物現象2016
メジャー3rdシングルレコ発ワンマンGIG
第一部 : ブラックDPG LAST DANCE 〜破滅に向かって〜
第二部 : 〜MAMONO BOM-BA-YE 2016〜
2016年6月24日(金)@新宿FACE
時間 : 開場 19:00 / 開演 19:30
出演 : 夏の魔物、ブラックDPG
スペシャルゲスト : 伊藤賢治
チケット : 前売り 3,000円 + ドリンク代
「チケットぴあ」で発売中

「夏の魔物現象2016」ROAD TO 10th ANNIVERSARYシリーズ 〜地獄篇〜
2016年7月15日(金)@新宿BLAZE
時間 : 開場 18:00 / 開演 18:30
出演 : 後日発表!
チケット : 前売 3,500円(+ドリンク代)
「チケットぴあ」にて発売中

「夏の魔物現象2016」ROAD TO 10th ANNIVERSARYシリーズ 〜天国篇〜
2016年8月5日(金)@新宿ReNY
時間 : 開場 18:00 / 開演 18:30
出演 : グッドモーニングアメリカ、清 竜人25、夏の魔物、and more...
チケット : 前売 3,500円(+ドリンク代)
「チケットぴあ」にて発売中

AOMORI ROCK FESTIVAL’16 〜夏の魔物〜 10周年記念大会

2016年10月01日(土)@青森県東津軽郡平内町夜越山スキー場
時間 : 開場 6:30 / 開演 7:00(予定)

出演者第2弾 :
夏の魔物 with ヒャダイン、人間椅子、BELLRING少女ハート、藤井隆、清 竜人25、POLYSICS、曽我部恵一、ROLLY、アーバンギャルド、SCOOBIE DO、THE NEATBEATS、バンドTOMOVSKY、HINTO、ザ・チャレンジ、ゆるめるモ!、生ハムと焼うどん、DJ やついいちろう、クリトリック・リス、吉田豪、杉作J太郎、久保ミツロウ・能町みね子、and more...

チケット :
・先行早割券 7,500円
※先行早割購入特典 : 当日会場にて記念グッズプレゼント!
【先行早割券受付URL】http://w.pia.jp/t/nnm-p/
※受付期間 : 6月1日(水)23:59まで
・一般発売 : 8,000円
・4人セット券 : 29,000円
※一般発売&4人セット券は、6月25日(土)より〜販売開始予定
・中高生 : 3,000円(当日券のみ)
・当日券 : 9,000円
※入場時ドリンク代別途 500円

PROFILE

夏の魔物

青森で毎年開催されているロック・フェス〈夏の魔物〉の公式ユニットとして主催者の成田大致を中心に結成。 《ロック》、《アイドル》、《プロレス》などあらゆるエンタメ要素をクロスオーバーさせたライヴを行う。2015年8月、ポニーキャニオンよりシングル『恋愛至上主義サマーエブリデイ / どきめきライブ・ラリ』をリリースしメジャー・デビュー。2016年1月に発売したセカンド・シングル『東京妄想フォーエバーヤング / ダーリン no cry!!!』はフジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」の主題歌として抜擢され、オリコン週間チャート25位を記録した。2016年6月には前山田健一作曲による『魔物、BOM-BA-YE〜魂ノ覚醒編〜』をリリースする。

Wienners

2009年初頭、玉屋2060%(Vo / Gt)を中心に吉祥寺弁天通りにてWiennersを結成。パンク畑出身の瞬発力と鋭さを持ちつつも、どこか優しくて懐かしい香りを放つ男女ツイン・ヴォーカルの4人組ロック・バンド。2014年9月7日のライヴを最後にオリジナル・メンバーであるMAX(Vo / Key / Sampler)とマナブシティ(Dr)が脱退。新メンバーに旧知の仲であるアサミサエ(Vo / Key / Sampler)、KOZO(Dr)を迎え、約9ヶ月ぶりに再始動を果たす!! 予測不可能だけど体が反応してしまう展開、奇想天外かつキャッチーなメロディで他に類を見ない音楽性とユーモアを武器に様々なシーン、世代、カルチャーを節操なく縦断しつづける。

Wiennersの配信作品
Wiennersへのインタヴュー記事はこちら

official website

この記事の筆者
岡本 貴之

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

H ZETTRIO インタヴュー——3人の人間力が表出した“奇跡的なアルバム”

H ZETTRIO インタヴュー——3人の人間力が表出した“奇跡的なアルバム”

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

ORIGA『My Way』レビュー

ORIGA『My Way』レビュー

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

TOP