2016/03/31 18:45

『Nothing』はいい意味で亡くなったふたりに取り憑かれていた部分がある──コード9来日インタヴュー

2014年に設立10周年を経てエレクトロニック・ダンス・ミュージックのカッティング・エッジを象徴するレーベルとなった〈ハイパーダブ〉。そのリリースは多岐に渡り、もはやダブステップやUKベース・ミュージックといった枠組みでは語れないレーベルとなっている。

先日、このレーベルのドン、コード9が代官山UNITにて来日プレイ。詳しくは後述するが、悲しい別れを乗り越え、2015年は初のソロ名義でのアルバムとなる『Nothing』をリリースした。そのサウンドにはポスト・ダブステップやUKファンキー、シカゴ・ジュークといったサウンドをいち早く紹介した彼のDJとしての臭覚の確かさ、もっと言えばそうした最新のビートを自らの表現へと昇華するほどに理解してしまう感覚、いわばトレンドセッターとしてのすばらしい才能がそこには見え隠れしている。2016年後半の音楽事情を占う意味でも彼にいま注目のサウンド、そしてアルバム『Nothing』に関して話を訊いた。

KODE9 / Nothing
【Track List】
01. Zero Point Energy
02. Notel
03. Void
04. Holo
05. Third Ear Transmission
06. Zero Work
07. Vacuum Packed
08. Wu Wei
09. Casimir Effect
10. Respirator
11. Mirage
12. 9 Drones
13. Kan
14. Nothing Lasts Forever

【配信形態 / 価格】
16bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC
単曲 257円(税込) / アルバム 2,057円(税込)

AAC / mp3
単曲 205円(税込) / アルバム 1,543円(税込)

INTERVIEW : KODE9

2014年は〈ハイパーダブ〉にとって10周年を迎える、祝うべき年であった。しかし、主宰、コード9にとっては苦難の年となったに違いない。〈ハイパーダブ〉からのアルバム『DOUBLE CUP』が高い評価を受けたシカゴ・ジュークのイノヴェイター、DJラシャドの死。ポエトリー / トースティングでコード9の音楽作品の「声」を担っていたスペースエイプの死がそこにはあった。どちらもレーベルを代表するアーティストだっただけに、そのショックは計り知れないものがある(特に後者はコード9のデビュー当時から苦楽をともにしてきた相棒だ)。それでもレーベル設立10周年を迎えたこの年は、10周年リリースのコンピ4枚のコンピに加えて、多数のアーティスト・アルバム、12インチとリリース・ラッシュの1年となった。続く2015年はというとリリース・スペースを落とし、マイペースに他アーティストの12インチを中心にリリースしつつ、ソロ・アルバムの制作を行っていたようだ。

相棒のスペースエイプ亡き後、キャリア10年ちょいにして意外にも1stソロとなった『Nothing』がそれにあたる。前作のポスト・ダブステップ〜UKガラージ・リヴァイヴァル〜アフロ・ハウス的な音作りから、本作はさらにヴェイパー・ウェイヴ〜アヴァン・エレクトロニクスの質感とポスト・ジュークのビート感──まさに〈ハイパーダブ〉の現在を象徴するようなサウンドへと変化している。かくもDJカルチャーから出てくるものはいまだに刺激的なのか、そのあたりの底力はやはりいまだにこういった人たちの感覚が担保しているのかということを再確認せざるをえない。そんな作品でもある。

取材 : 河村祐介
通訳 : 原口美穂
写真 : Masanori Naruse
編集補助 : 稲田真央子

スペースエイプとDJラシャドの死

──これまで一緒に音楽制作をしていたスペースエイプが亡くなられて、初のソロ・アルバムになりました。やはり彼が亡くなったことは音楽を作る上で非常に大きかったですか。

とても大きかったよ。それが創作にどういう影響を与えたのか、自分ではっきりとはわからないけど。でも、これまでと違った他から隔絶された状態で音楽を作りたいという気持ちが強くなったんだ。それでずっとスタジオにこもってたんだよ。音楽を作ることがある種のセラピーになっていたんだと思う。それに『Nothing』はいい意味で亡くなったふたりに取り憑かれていた部分があったんだ。ラシャドのフットワークのビートの使い方には影響されていると思うし、曲中にある「スペースエイプがいたならここに手を入れただろう」という部分も空白のままにしてある。

──彼らを失った喪失感から、『Nothing』というアルバム・コンセプトが生まれたんでしょうか?

そうだね。普段はコンセプトを決めて、それに沿った曲作りをしていくんだけど、今回は本当に沈み込んでいたからなにも考えずに作りたいものを作りたかった。

──今作のサウンドはとてもクリアで音色はミニマル、感覚的にはテクノに近いと感じました。

インストでスペースがある分、クリア、ミニマルという印象を受ける人が多いのかもしれないけど、僕としては“ミニマル”というよりも“マキシマム”なものを作る感覚だった。ドラムもアップビートで複雑にしたりね。

──最後の曲「Nothing Lasts Foerver」はノイズ色が強く、吐息のような音で終わります。あの曲はどういう意図で作られたんですか?

YouTubeで“Nothing"や“Zero”という言葉に関連した動画を見ているなかで、禅の修行として瞑想しているお坊さんが息を止めることによって、無や静けさを表現しているクリップを見つけたんだ。最後の曲ではその動画の息を止めた瞬間を9分間に引き伸ばして使ってるんだ。

──禅には興味があるんですか?

もちろん。禅だけに限らずいろんな宗教に興味があるけど、禅や道教のような東洋の宗教に興味があるかな。

──東洋の宗教に惹かれるにはなにか理由がありますか?

イスラム教や、ユダヤ教、キリスト教はひとつの神を崇め、その神がすべてという考え方だよね。それに比べて、東洋の宗教にとっての神は自然そのもので私たちを無理に縛るようなことはしないから、現実的でもある。その広くて深い感覚にひかれるよ。

──アルバムの話に戻ります。リズムの構成はとても多様だと感じました。曲づくりはどこからはじめるんですか?

2014年からAbleton Pushとそのコントローラーという、新しいシステムを使いはじめて。それまでのアナログ・シンセやその他のハードウェアではできなかったようなことが実現できるようになったんだよね。なにも考えずに作りたいものを作りたいという希望もかなって完成もこれまでの作品より早かったよ。

──〈ハイパーダブ〉レーベルについて聞きたいと思います。昨年設立10周年を迎え、もともとはダブステップの作品を中心に扱っていましたが、徐々にジャンルの幅が広がっていきましたよね。レーベルとしての目標はありますか?

自分が楽しめる作品を出し続けることが目標だね。僕自身が飽き性だから、レーベルにはつねに新鮮味をもたせたいし、扱うジャンルも固定したくはないんだ。僕がいまも音楽に関わり続けているのは、これまで音楽からさまざまな感動を得てきたから。そういう感動体験を自分でもいろんな人に提供するためにレーベルは存在しているんだよ。過去の作品とかリリースにとらわれずに、つねに新しいものをリリースしていきたいんだ。

コラム : 〈ハイパーダブ〉小史

2004年にコード9によって設立された〈ハイパーダブ〉は、サウス・ロンドンはクロイドンで生まれたベース・ミュージックを世界へと紹介したレーベルのひとつである。そのベース・ミュージックこそ、ダブステップだ。まだまだ現地でのホワイト盤のアナログ・レコードや12インチ・レベルでの作品が多かった時代にアルバム・サイズの作品をリリースすることで、世界の耳をそこに向けさせたといっていいだろう。もちろん、そのアルバムがブリアルの傑作1stアルバム(2006年:左パッケージ)でなければ、そこまでの影響をその後に与えることはなかったかもしれない。コード9は、ブリアルを発掘し、また自らも故スペースエイプとともに1stアルバムをリリースした。このことによってダブステップは、ダンスフロアのツールから、ひとつの成熟した音楽表現として紹介した。さらに2007年リリースのブリアルの2nd『Untrue』(右パッケージ)はポスト・ダブステップのはじまりのサウンドとも言われている。また同時にレーベルではダブステップだけでなく、UKファンキーやグライムといったUK産のベース・ミュージックの多様性を提示するリリースを行いつつ、2010年代を超える頃にはローレル・ヘイローやアイコニカのような新世代のUSアヴァン・テクノ〜ロウ・ハウス一派とつながりつつ、さらにはDJラシャドのテックライフ周辺をはじめとするシカゴ・ジューク一派ともつながった。10数年に及ぶ、その歴史を考えれば、まさにダンス・ミュージックにおける最重要レーベルと言えるだろう。

いまのお気に入りは“GQOM”

──これまでのレーベル作品を見ていると、それぞれの時期に、ある程度あなたの心を捉えているブームがあると感じてました。いまはどのシーンに最も魅せられていますか?

“GQOM”(“コン”と舌を上顎の歯の後ろあたりで鳴らす感じの破裂音)なんだけど…… これはバカにしているわけじゃなくて、本当にこういう発音なんだ(笑)。南アフリカの音楽で初期のグライムやダブステップを思い出させるようなミニマルさがあるけど、ダークでスローなブロークンビーツ・ハウスという感じもあるんだ。そしてリズム的にはアフロなパーカッションの感じもある。そして巨大なベースラインだ。

──そのジャンルのオススメのアーティストを教えてください。

DJ LAGとCitizen Boyかな。新しいコンピレーションが出るからチェックしてみてほしい。

──ちなみにそういうマニアックな音楽はどうやって見つけるんですか?

“GQOM”は、2012年にスクラッチャDVAやLVたちと南アフリカのツアーに行ったんだ。LVの片方が南アフリカの出身だから、彼がローカルなシーンを紹介してくれたんだよ。そういうローカルな音楽は、いままで世界的にリリースされてなかったけど、最近はフリーでダウンロードできるサイトができたりして、世界中どこにいても聴くことができるようになったよね。

コラム : GQOM

ここ数年の間、ロカールなアフロ・グルーヴ・ダンス・ミュージックの産地と化している感のある南アフリカ。そのサウンドはいわゆるUS〜ヨーロッパ系の正統派ディープ・ハウスから、シカゴ系のゲットー・ハウス、バウンシーなヒップホップ経由のUS系ベース・ミュージック、はてはダンスホールあたりと共通する感覚までいろいろ。ここ数年話題になっただけでもクワイトやシャンガーン・エレクトロなどなど。そしてここ半年ほどで大きく注目を浴びているのがGQOM(「コム」)なる南アフリカはダーバンからのダンス・ミュージックだ。フランス語のように“G”を発音せず、上顎、歯の後ろあたりで「コン」と舌を鳴らすのが発音の正しい様子。サウンド的には痙攣するようなアフロ・ビートが強烈な野太いエレクトロ・ベースといったところ。同じくアフリカはアンゴラのクドゥロなどがUKファンキーと融合したように、もしくはジュークがベース・ミュージックと融合したように、おそらくこのコムもヨーロッパ産のビートと異種交配して、新たなビートを生み出していく要素になるのでは。上記の動画でまずは体感を。最近では日本でもコンピ『Gqom Oh! The sound of Durban Vol.1 JP』がリリースされたので、そちらは入手しやすいはず。

いままでで1番リリースの多い年になると思う

──2016年のレーベル〈ハイパーダブ〉の予定はどうなっていますか?

大きなプランがあるね。3月から秋ごろまで毎月新しいアルバムを出す予定だから、今年はいままでで1番リリースの多い年になると思う。去年は僕にとって充電期間だったから、2016年は精力的に活動していきたいと考えてる。ファティマ・アル・カディ、ジェシー・ランザやDJスペン、スクラッチャDVA、アイコニカ、ローレル・ヘイローなんかのレーベルがひかえているよ。

──理想的なもしくは尊敬しているレーベルはありますか?

理想のレーベルというものはないけど、例えば〈PAN〉はいいレーベルだと思う。つねに新しい音楽を紹介していてパイオニア的な役割を果たしているよね。〈ハイパーダブ〉よりも大きくてよくないレーベルもたくさんあるけど、それは言わないでおくよ。

──〈ハイパーダブ〉はアナログもリリースしていますが、ここのところアナログはプレミア価格がつき、簡単に買えるようなものではなくなったりもしています。転売屋というか、ある種の投機の対象になっているような感覚のものも見受けられます。もちろんパッケージとしてのすばらしさ、さらに大量に刷った場合のリスクの問題もありますしなんとも言えないのですが、とはいえDJカルチャーにおいては、音源のリリースはある意味でもっと手軽で万人に開かれているべきなんじゃないかと僕は考えますがこの意見に関してどう思いますか?

まったく同意するよ。へんな状況になってしまっている部分はあると思う。たしかにヴァイナルはパッケージとして素晴らしいものがあるよね。でも、ヴァイナルを集める人たちはプレイ用ではなく自己満足で収集しているだけだよね。いまの時代、D.I.Y.でチープな方法でも、PCやハック・ソフトを使ってコストをかけずにいいパフォーマンスができるのに、DJにしてもヴァイナルならヴァイナル、プロデューサーにしてもハードウェアならハードウェアと何かひとつに執心してピュアリストになっている人たちがいる。そうやって視野が狭くなるのはもったいないことだと思う。単なるフェティッシュというか。シンセやハードウェアは自分も持ってるけど、それだけという感覚になるのはもったいない。

──やはりあなたはプロデューサーであるという以前にDJというところが表現の中の大部分を占めていると感じますがいかがでしょうか。

こうやって音楽リリースを重ねて、レーベルを持つようになった今でさえ、僕にとって音楽は趣味なんだよ。自分で自分の作品を好きだと思えたことはないし、プロの作品だとも感じないから、今回のアルバムも制作する上で2万回も聴くと嫌になることがあった。でもそれをいろんな人の前でかけることで新しくコネクションができることがうれしかった。だから次のアルバムは何度聴いても自分で好きだと思える作品を作りたいと思ってるよ。

現在の〈ハイパーダブ〉を象徴する4枚の10周年コンピ

HYPERDUB 10.1

V.A.

¥ 2,515

V.A. / HYPERDUB 10.1
2014年の10周年記念にリリースされた1枚目のコンピ。サウンド的にポスト・ダブステップ以降のベース・ミュージック、そしてシカゴ・ジュークといった感覚。UK勢などはUKファンキーやUKガラージ系のサウンドが多い。

HYPERDUB 10.2

V.A.

¥ 1,885

V.A. / HYPERDUB 10.2
こちらは第2弾で、サウンド的には多様だが珍しく歌ものにフィーチャー。〈ハイパーダブ〉を代表する歌姫ジェシー・ランザ、ベイビーファーザーとしてアルバムをリリースするディーン・ブラントとインガ嬢の“ハイプ・ウィリアムス”コンビ、またはUKファンキー経由の歌物ガラージを収録。

HYPERDUB 10.3

V.A.

¥ 2,096

V.A./ HYPERDUB 10.3
第3弾はアンビエント〜ニューエイジ、さらにはウェイトレス・グライムまでをも飲み込んだアヴァン・エレクトロニクス方面のサウンドを収録。レーベルのレフトフィールド・サイド。

HYPERDUB 10.4

V.A.

¥ 2,515

V.A. / HYPERDUB 10.4
第4弾はテクノやハウス的なイーヴンキック系のサウンドに焦点を当てたコンピ。第2弾とも共鳴する感じのUKファンキーやUKガラージあたりのアフロ感が結構キモですな。オープニングを飾るのはブリアルの秘蔵音源。

PROFILE

KODE9

コードナインはブリアルやいまは亡きDJ ラシャド、ほか多くのアーティストが所属するレーベルとして有名な〈ハイパーダブ〉の主宰者である。自身のレーベルからは、ザ・スペースエイプと共同で2枚のアルバム、10枚以上のシングルをリリース。また『DJ Kicks』『Rinse』などの名門DJミックスを手がける。ヨーロッパ全域、北アメリカ、アジアなど広範囲においてDJをしてきた彼は最先端のエレクトロニック・ミュージックのフェスティヴァルでパフォーマンスを披露。本名のスティーブ・グッドマン名義では、2010年に、著書「ソニック・ワーフェア」をMITプレスから出版。人工頭脳文化研究団(Ccru)の一員であった彼は、AUDINTという音波研究組織の一員でもあり、(トビー・ヘイズとともに)、北アメリカとヨーロッパでインスタレーションを作成し、2014年には、「マーシャル・ホントロジー」プロジェクト(本/レコード/印刷物)を発表している。

>>KODE9 アーティスト・ページ

この記事の筆者
河村 祐介

わからずや

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.30 祝エイドリアン・シャーウッド来日、ON-U SOUND

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.30 祝エイドリアン・シャーウッド来日、ON-U SOUND

D.A.N.2019年後半を語る! ツアー〈PERMANENT〉スタート、そして次なるシングルも!

D.A.N.2019年後半を語る! ツアー〈PERMANENT〉スタート、そして次なるシングルも!

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x ロボ宙──豪華ヴォーカリストを迎えた4作目『The Secret Life of VIDEOTAPEMUSIC』

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x ロボ宙──豪華ヴォーカリストを迎えた4作目『The Secret Life of VIDEOTAPEMUSIC』

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.19 ドン・パ・ドンドン・パ! ドンスタッペ! エレクトロ!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.19 ドン・パ・ドンドン・パ! ドンスタッペ! エレクトロ!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.17 天才、リー・ペリーの軌跡

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.17 天才、リー・ペリーの軌跡

D.A.N.ツアー「Bent」スタート&会場限定シングル・リリース

D.A.N.ツアー「Bent」スタート&会場限定シングル・リリース

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.11 五月病対策!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.11 五月病対策!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.9 テイク・イット・イージー! ロックステディ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.9 テイク・イット・イージー! ロックステディ

Sauce81とShing02による言葉と音によるスペース・オペラーー『S8102』配信

Sauce81とShing02による言葉と音によるスペース・オペラーー『S8102』配信

ミツメがたどり着いた「不在」の存在感ーーDJ MINODAと訊く新作『Ghosts』

ミツメがたどり着いた「不在」の存在感ーーDJ MINODAと訊く新作『Ghosts』

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.5 春ねむい

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.5 春ねむい

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.1 ダブ・ゼム・クレイジー

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.1 ダブ・ゼム・クレイジー

ドミコ、唯一無二の音はどこからこの世に現れるのか?──3rdアルバム『Nice Body?』ハイレゾ配信

ドミコ、唯一無二の音はどこからこの世に現れるのか?──3rdアルバム『Nice Body?』ハイレゾ配信

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

OTOTOY x mora共同企画──好き者スタッフが語り尽くす、アニメと音楽の2018、ココがすごい!

OTOTOY x mora共同企画──好き者スタッフが語り尽くす、アニメと音楽の2018、ココがすごい!

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

祝フジで来日!  エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談

D.A.N.の新譜放談

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

Moe and ghosts × 空間現代、コラボ・アルバムをハイレゾ配信

Moe and ghosts × 空間現代、コラボ・アルバムをハイレゾ配信

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

アラゲホンジ『たからかぜ』を配信開始&1曲フリー・ダウンロード

アラゲホンジ『たからかぜ』を配信開始&1曲フリー・ダウンロード

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

TOP