90'sライクなシューゲイズ・サウンドを無料配信! Honeydew、4年ぶりの新作をリリース

シューゲイザーとオルタネイティヴ・サウンドを織り交ぜた90年代を思わせるグルーヴで聴く人を魅了するロック・バンド、Honeydew。彼らが4年ぶり2作目となる新作『Time to Tell』をリリース。EL-MALOの柚木隆一郎が参加し、清水ひろたかやSSW、新川忠などが絶賛のコメントを寄せる本作。そのポップなメロディーとこだわり抜かれたサウンドをお伝えすべく、OTOTOYではアルバム収録曲「When I See Your Eyes」のフリー・ダウンロードを実施。メンバーへのインタヴューとともに、彼らの魅力に触れていただきたい。

>>新作アルバム収録曲「When I See Your Eyes」のフリー・ダウンロードはこちらから

Honeydew4年ぶりとなる新作アルバム!

Honeydew / Time to Tell

【Track List】
01. Letter to Home
02. Fireworks
03. All the Stars
04. Powder Snow (feat. Hirotaka "Shimmy" Shimizu)
05. Egyptian Wind (feat. Ryuichiro Yunoki)
06. Highway Cowboy (feat. Ryuichiro Yunoki)
07. Requiem (feat. Ryuichiro Yunoki)
08. Secret
09. Sweetest Memory
10. When I See Your Eyes
11. Clock is Ticking Slower Today

【配信形態】
WAV / ALAC / FLAC / AAC / mp3

【配信価格】
単曲 216円(税込) / まとめ購入 2,052円(税込)


Honeydew - Fireworks


Honeydewの1stアルバムも同時配信

Honeydew / don't know where

【Track List】
01. Little Rusty Lemon
02. Heavy Rainy Day
03. 満月 (Full Moon)
04. Years Gone By
05. Wake Me Up
06. Don't Know Where
07. Turbo Nitro (Instrumental)
08. You're My Story
09. My Honeydew
10. ひかり(The Light)
11. Wake Me Up (Chimp Beams Remix)

【配信形態】
WAV / ALAC / FLAC / AAC / mp3

【配信価格】
単曲 216円(税込) / まとめ購入 2,052円(税込)

INTERVIEW : Honeydew

ニューヨークをベースに活動するChimp Beamsのギタリスト、水谷ケイゴが中心となって結成したHoneydew(ハニーデュー)。“90's オルタネイティヴ”としばしば形容される彼らのサウンドだが、じっくり耳を傾けてみると一筋縄では行かない、リバイバル勢には出したくても出せない質感がある。それはグランジやシューゲイザーといったジャンルにとらわれることなく、青春期にリアルタイムで触れた音楽の影響を素直に、ナチュラルに解放しているからだと思う。

約4年ぶりとなるセカンド・アルバム『Time to Tell』には、ヴォーカル&シンセサイザーに柚木隆一郎(EL-MALO)、ミックス / マスタリング / 共同サウンド・プロデュースに清水ひろたか(MI-GU、Cornelius Group、Plastic Ono Band 他)を迎え、2人のマジックとスパイスもふんだんに効いた傑作が完成した。「じっくりネルドリップで抽出したコーヒーみたいに濃い音のアルバム」という清水のコメントどおり、前作よりも音のクオリティが格段によくなったのもポイントで、その中でHoneydewが幅広い音楽性を自由に発揮している。水谷ケイゴ(Gt&Vo)、渡辺淳子(Ba&Vo)の2人に話を聞いた。

インタヴュー&文 : 田山雄士
写真 : 大橋祐希

一気にアンダーグラウンドがかっこよく思えてきて

——新作の『Time to Tell』は個人的に大好きな音楽が絶妙なバランスで詰まってるような一枚で、日本で言うと8cmシングルが主流のとき、尖ったバンドがいち早くマキシシングルを出し始めた時代の空気を感じたりしました。2人は当時アメリカで暮らしてたと思うんですが。

水谷ケイゴ(以下、ケイゴ) : ありがとうございます。その頃はアメリカにいました。90年代の空気ってことですよね?

——そうですね、90年代前半から中盤くらいの。それでいて、同時期のUS / UKオルタネイティヴ・ロックの輝きも表われてる音でした。ケイゴさんはニューヨークのブルックリンで活動するエレクトロニック・ダブ・バンド、Chimp Beams(チンプ・ビームス)(※)がある中でHoneydewを新たに始めたわけですけど、その経緯についてあらためて教えてください。

※ : Chimp Beamsは "ダークなダンス・ミュージック"をコンセプトに、ニューヨークはブルックリンに在住する3人の日本人によって、2001年に結成されたエレクトロニック・ジャズ・ダブ・トリオである。Dub/Jazz/Techno/Rare Groove/Soul/Funk/Ethnic Musicなどを独自の解釈によりスモーキーに吐き出す彼らは、ブレイクビーツ上にバイブラフォン、ギター、ピアニカ、エコーを多用しサイケかつチル・アウトな音色を表現、ライヴ、音源共に繊細なアレンジを施すと同時に、時折アグレッシヴな生演奏とインプロヴィゼーションが交差するユニークなライヴ・バンドである。Jah Shaka、Massive Attack、Basic Channelに強く影響を受けたと語る彼らは、数多くの楽器をサンプラーと共に鳴らしかつ極めてダークに表現することで、独創的なサウンド・スタイルを確立することに成功。日本人でありながら日本人には決して表現することの出来ない唯一無比な世界観を作り上げている。現在ニューヨークを拠点にKnitting Factory、Bowery Ballroom等ライヴ・ハウスからクラブでのパーティーまで幅広く精力的に活動中。

ケイゴ : Chimp Beamsは2001年からずっと活動してて、インストの曲も新鮮で楽しかったんだけど、やっぱり自分は歌ものがすごく好きだなと思ったんですよ。アメリカで高校の頃に聴いてたオルタネイティヴ・ロックが僕の根底にあるので、自分で詞と曲を書いてそれを表現してみたくなって。そう考えてたときに、ちょうどブルックリンで淳子と知り合って始めたのがHoneydewなんです。

水谷ケイゴ

——それが2000年代のいつ頃ですか?

ケイゴ : 半ばくらいかな。まだサイド・プロジェクトっぽくて、僕はChimp Beamsがメインでした。そんな中でとりあえず歌い始めてみるわけですけど、自分の歌がめちゃくちゃヘタで焦りましたね(笑)。だから、ライヴはやらずにまず1年ほど歌を練習しました。淳子もそのタイミングでベース弾き始めたんだよね? でも、彼女は簡単なものがすぐに弾けたので、「じゃあ、ベースよろしく」って感じで。

——淳子さんはHoneydew以前にバンド活動などは?

渡辺淳子(以下、淳子) : まったくしてないんですよ。だけど、クラシック・ギターを子供の頃に習ってたので、ベースはやってみたらできました(笑)。

——2人が知り合ったのは、学校とかになるんですか?

淳子 : いや、私がライヴを観に行ってて。ね?
ケイゴ : Chimp Beamsのライヴにお客さんでいたんですよ(笑)。共通の繋がりというか、ニューヨークってだいたい日本人の小さなコミュニティがありまして。知り合いの知り合いの知り合いが繋がってたりするんですね、音楽やアートとかで。彼女は美大で、僕は音大だったけど。
淳子 : うん。ニューヨークに住んでる日本人はそこそこいても、音楽やアートに関わってる人は少なかったので、そういう活動してる人はわりと知り合いみたいな感覚だったと思います。

——そうだったんですね。ケイゴさんは20年くらいアメリカにいて。

ケイゴ : 僕は中学からずっとですね。
淳子 : 私は8年くらいです。

——向こうにいるときって、日本の音楽は聴いてたんですか?

ケイゴ : 8割は洋楽でしたけど、聴いてましたね。ニューヨークにも紀伊國屋さんみたいな日本の書店があって、音楽雑誌も読めたんですよ。そういうところで90年代に『MORE BETTER』とかを読んで、EL-MALOやCORNELIUSを知って。ときどき帰国しては、CDをゴッソリ買ってましたね。あと、親戚が遊びに来るときにお土産で買ってきてもらったり(笑)。渋谷系なんかは、僕にとってド真ん中でした。

——まさに、今回の新作に参加してる柚木隆一郎さんと清水ひろたかさんに繋がるエピソードですね。淳子さんは?

淳子 : 私はそこまで音楽どっぷりじゃなかったんですけど、18歳の頃にブリット・ポップとかすごく好きでした。途中でロックを聴かなくなって、クラブで遊ぶことが多くなりつつも、彼と出会ってからビーチ・ボーイズを教えてもらったりして、また戻った感じで。

渡辺淳子

——2人ともロックから離れてた時期があるんですね。

ケイゴ : そうなんです。90年代中盤はニューヨークもクラブ・ミュージック全盛期で、本当にロックが死んでたっていうか。僕も最初は否定してたクラブ・ミュージックにハマっていって、それがChimp Beamsのきっかけになったし。でも、ロックに戻りましたね。もともとエレキ・ギターを手に取ったのも、ロックがやりたかったからなので。高校のときの話ですけど、まだニルヴァーナがブレイクする前で、ダイナソーJR.とかソニック・ユースとかフガジとかを聴いてる友達が周りにいっぱいいたんですよ。それまではもっとメジャーなハード・ロックやメタル好きだったのが、おかげで一気にアンダーグラウンドがかっこよく思えてきて。

——うらやましい時代ですねぇ。

淳子 : 本当! ライヴも行ってたんでしょ?
ケイゴ : うん、スマッシング・パンプキンズとか。まだ1000人も入ってないとき。ラモーンズも観たなー。そういう体験は自分にとって大きいですね。

日本の音楽業界は意外と体育会系かも

——Honeydewは2009年から日本でライヴをスタートさせましたが、ここまでの活動を振り返ってみていかがですか?

ケイゴ : 苦労は多かったですよ(笑)。
淳子 : でも、アメリカだとポップな音楽があまり流行らないというか。もうちょっとエッジの効いたインディ・ロックとかがブルックリンなんかだと多いので、それに比べると日本はパワー・ポップみたいなシーンもあるし、やりやすいのかなって。
ケイゴ : THISTIME RECORDSさんとかね。パワー・ポップに限らず、日本の方がわかりやすいロックをやってる人が多い気がします。
淳子 : シューゲイザーも、日本の方がぜんぜん人気あるよね。

——ちょうど帰国されたあたりは、リバイバル熱がすごかったと思いますよ。

ケイゴ : ですよね。帰国して初めてのライヴは、mixiとかでエントリーした“参加者募集!”的なイベントだったんですよ。それに出たら、イベントの主催者さんがHoneydewのことをシューゲイザーって紹介してましたもん。“あれ? 僕らシューゲイザーなんだ”って思ったよね?
淳子 : あったあった(笑)。でも、自分たちで「シューゲイザー・バンドです」みたいに言ったことは今まで一度もなくて。
ケイゴ : 影響はもちろんあるけど、そこに特化してるわけではないですね。

——あくまでエッセンスのひとつですよね。先ほどの苦労というのは?

ケイゴ : 2011年にファーストの『don't know where』を出しても、まだ自分の歌や演奏に納得が行かなくて、一時期はライヴをガンガンやりましたね。2年くらい腕を鍛えようと。それで制作が後回しになっちゃったり。あと、ニューヨークではノルマなんてなくて、チャージバックで必ずギャラがもらえたんですよ。でも、Honeydewを一から始めたときはノルマにぶち当たって、大学生のバンドといっしょにイベント出たりね。帰ってきたばかりで知り合いも少ないのにいきなり始めたので、集客キツいのは当たり前なんですけど。
淳子 : 機材とかはすごいけどね。ちゃんとメンテナンスされてて、ガムテープで止めてあったりしないし(笑)。
ケイゴ : そこらへん、日本はしっかりしてる。だけど、細かすぎるときもあるかな。サウンドチェックもそうだし、セットリストやゲストリスト書くとか、何かとやることが多い。向こうは普通に入って、ライヴ前にちょっと音出して本番だから。まぁギターアンプが必ずあるんで、電車で会場に行けるのはいいよね(笑)。
淳子 : 私ね、「おはようございます!」ってライヴハウスの人が言うのにびっくりしたよ。芸能人みたいで。バンドマン同士でも言うよね。“夜でもおはようなんだ”とか思った。あと、先輩後輩がしっかりしてます。そういうのから逃れたくて音楽や画が好きだったりするんですけど、日本の音楽業界は意外と体育会系かも。

僕らは何かを真似したとかじゃなく、自分たちの中にあるものを出した、追求しただけ

——では、ここからはニュー・アルバム『Time to Tell』の話を聞かせてください。約4年ぶりのセカンドになるわけなんですけど、その間に親交を深めた柚木さん、清水さんが制作に参加してますね。

ケイゴ : はい。柚木さんに関しては、僕がEL-MALO大好きなので1曲歌ってもらいたくて。オマージュとまではいかないですけど、EL-MALOのファンも“柚木さんだ!”って喜んでくれると思うし、Honeydewで実現できたことが単純に嬉しかったですね。シミーさんもギタリストとして尊敬してて、ミックス/マスタリングを手がけてきた作品がまたすごいんで、BROTHER'S SISTER'S DAUGHTERとかMI-GUとか。期待を込めてお願いしました。

——柚木さんヴォーカルの「Highway cowboy」は痛快でした。シンセでも参加してるんですよね?

ケイゴ : ええ、その前後のインスト曲「Egyptian wind」と「Requiem」ですね。EL-MALOってアシッド・ジャズみたいに始まって、インストからだんだんロックに行ったじゃないですか。だけど、ロックになっても必ず30〜40秒くらいのスキットっていうか、短い曲がアルバムにちりばめられてて、そういうものを今回やってもらった感じで。

——柚木さんとの作業はどうでしたか?

ケイゴ、淳子 : もう、天才だよね。
淳子 : 一発録りだもんね、ほとんど。
ケイゴ : そう。「Highway cowboy」は逃走犯が高速道路で事故って死んじゃって終わる曲で、彼の鎮魂歌である「Requiem」に繋がるんですね。そんなイメージで「Requiem」を作りたいと柚木さんに話したら、いきなりその場でチャーチオルガンみたいなキーボードを弾き出して! 「それすごくかっこいいんで、今すぐ録っていいですか?」ってお願いしました。で、曲が完成したあとに本人に聴かせても覚えてないんですよ。「コレ、俺?」って(笑)。

——すごい! 即興なんですね。

ケイゴ : まったく計算されてないです。

——ミクスチャーなノリで駆け抜ける「Highway cowboy」から「Requiem」で急にテイストが変わるんですけど、不思議なトリップ感があります。何のアルバムを聴いてたのか一瞬わからなくなるくらいの心地よい錯覚みたいな。でも、次のクリーンなサウンドが響く「Secret」で正気を取り戻せるっていう。

ケイゴ : 柚木さん参加パートは意図的に固めました。そこで第2ステージっぽい中盤の世界観があって、また僕ららしさが強くなってくる。
淳子 : B面が始まる感じだよね。だから、聴き方として合ってます(笑)。

——流れがとてもスムーズですよね。

ケイゴ : 共同プロデュースしてくれたシミーさんの力が大きいですね。エフェクトのかけ方とかサウンド面についても、完全におまかせしましたし。
淳子 : ギターの音が信頼できるっていうのが、やっぱり大きかったの?
ケイゴ : それもあるんだけど、ドラムの録り音もすごい!

——あ! そうですよね。ドラムの音がめちゃくちゃいいって、まず最初に思ったんです。序盤にドラムで始まる曲が多かったのもありますけど、パキっと締まってて、金物の鳴りもよくて、「Fireworks」でフィルインから轟音ギターが滑り込むところとかヤバいなって。

ケイゴ : いやー、本当ですよね。シミーさんのミックスでかなりレベルが上がったような音になって、期待以上の作品が出来上がりました。
淳子 : キラキラして、奥行きも出てね。でも、作ってるときはファーストよりキャッチーじゃなくなるかもっていう不安もあった。曲のカラーがけっこうバラバラなんですよ。柚木さんが歌ってたり、「Clock is ticking slower today」とかは打ち込みだったり。それをシミーさんが音作りでギュッとまとめてくれましたね。今は自分たちのスタンダードと言える一枚ができた気持ちです。
ケイゴ : 今後何か作品を作るときに動きやすくなる、フットワークを軽くしてくれるアルバムなんじゃないかな。ファーストよりもいろんな方向性が入ってるのに、統一感がある。確かに、シミーさんも最初はこのまとまりがない曲たちに驚いてたね。どう料理すればいいんだろうって。

——言われてみると、ナチュラルに仕上がったのは相当なマジックですよね。

淳子 : 「When I see your eyes」も実験的な曲だしね。
ケイゴ : スタジオでジャムってて、その場でできてしまったという。シミーさんには音作りはもちろん、「Powder snow」でもすばらしいギター・ソロを弾いてもらったし、本当に感謝です。結果的に、ロック好きじゃなくても聴きやすいアルバムになった。

——淳子さんがメインで歌う「All the stars」なんて、まさに聴きやすいですよね。

淳子 : とてもポップだと思います。
ケイゴ : 英語で歌ってるけど、メロディは重視してます。ポップな歌メロが自分たちらしさであり、強みだという自信はあるんですよ。

——クセのあるリズムや歌い方をフックにしたものが最近の邦楽ロックには多いので、リスナーとしてはメロディに重きを置いた音楽も聴きたいし、評価されてほしいです。

ケイゴ : アレンジ勝負みたいなのは、今たくさんありますよね。僕ら変拍子とかほとんどないんで、けっこうストレートじゃないかな。

——1曲目の「Letter to home」も“ロックンロール”と歌ってますけど、響きはすごくポップなんですよね。

ケイゴ : ロックって、掴みどころないくらい定義が広いじゃないですか。だから、個人個人の中にあるロック。それでいいと思うんですよ。僕が表現したいのも自分の中にあるロックなので。

——そうそう。Honeydewの楽曲って、人それぞれの心の中にあるオルタネイティヴ・ロックを思い出させるんですよ。

ケイゴ : 意図してないんですけど、そういうふうに言っていただけることがありますね。ちょっとリバイバル的な面もあるのかな。でも、その時代を知らない若い子も好きになれる気がする。
淳子 : リバイバル的なサウンドのかっこよさというよりも、ピュアにロックを聴いてたあの頃の自分を思い出せる。そんなところがあるらしいです。

——リバイバル・ムーヴメントって感じはなくて、リアルタイムで咀嚼したものを自分たちのやり方で鳴らしてる印象です。

淳子 : あっ、よかった! それは嬉しいです。
ケイゴ : ね。そう感じてもらえるのはありがたいです。僕らは何かを真似したとかじゃなく、自分たちの中にあるものを出した、追求しただけなので。流行りのいちばん新しいサウンドを作ろうなんて考えてないし、90年代とまったく同じような音を目指してもいない。今の気分に合う楽器や機材を自然に使って、今の空気を録りたい。それが最新型かどうかはわからないけど、Honeydewらしさだし、普遍的な音楽になると思うんですよね。
淳子 : 10年前に買ったアルバムだけど、最近ひさしぶりに聴いたらやっぱりかっこいいねっていうようなね。そういうものを作りたい。
ケイゴ : うん、普遍的な音楽を作りたいのが第一ですね。そこに自分たちが影響を受けた要素が混ざればいいんじゃないかな。

RECOMMEND

ASDR / Shing02 x Chimp Beams

Shing02とNYを拠点に活動するChimp Beamsによるコラボレーション・アルバム。Shing02による全編英語詩のラップがChimp Beamsの手掛けた生音主体のオーガニックなトラック上に乗る。Chimp Beamsの最新作"Slowly"収録の"Aquatrium"から始まった両者のコラボレーションから繋がって膨張していった今作はShing02が2011年夏から冬にかけてNYに滞在した際に密なセッションを重ねて完成した、空気感溢れる作品。

>>特集ページはこちら

Seagull Screaming Kiss Her Kiss Her / ETERNAL ADOLESCENCE

014年に12年ぶりの再始動を果たしたSeagull Screaming Kiss Her Kiss Herが新体制によるオリジナル・アルバム。レコーディング・メンバーは、日暮愛葉(G,Vo)、中尾憲太郎(B,Cho)、おかもとなおこ(Dr)、蓮尾理之(Key)、一之瀬雄太(G)、moe(Cho)。

>>特集ページはこちら

LIVE SCHEDULE

Honeydew Time to Tell Tour 2015 FINAL
2015年12月10日(木)@六本木虎寅虎

PROFILE

Honeydew

Honeydew(ハニーデュー)は現在もNYブルックリンで活動中のChimp Beamsのギタリスト水谷ケイゴ(G,Vo)が渡辺淳子(B,Vo)、ライリー・スマラ(Ds)とNYで組んだ3ピース・バンド。

渡辺と水谷の帰国後、2009年1月より東京を拠点にライヴ活動開始。90年代のオルタナティブ・ロック、グランジ色の強いギター・サウンドと男女混成ハーモニーで奏でるメロディアスな楽曲が人気となる。

2011年8月、COATLAR OF THE DEEPERS、特撮、ロマンポルシェ等のサウンドを手掛けた経歴を持つエンジニアKidoh Takiのミックスで1stアルバム『don’t know where』をsmall finger recordsよりリリース。同年、東名阪&京都レコ初ツアーを行い、各地で評判となる。

2012年コーネリアス、Plastic Ono Bandや自身のバンドで活躍するギタリストShimmyこと清水ひろたかとの共演、2013年は渋谷系の裏番長EL-MALO柚木隆一郎と共演。現在は都内を中心にライヴ活動中。サポート・ドラマーは安蒜リコ。

Official HP

o

 
 

レヴュー

変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム
[CLOSEUP]・2018年04月20日・変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム マッシヴ・アタックやポーティスヘッドといったアーティストを輩出し、その音楽シーンが常に世界中の注目を集めるイギリスの港湾都市・ブリストル。そんな港町のベッドルームから現れたのが、ヘンリー・グリーンという22歳の青年だ。繊細なヴォーカルと、エレクトロニクスとアコースティックを高次元で融合させたサウンド・プロデュースが魅力的な彼が注目を集めたのは2013年、彼がカヴァーしたMGMT「Electric Feel」をノルウェーの人気プロデューサー、KYGOがリミックスしたのが切っ掛けだった。その後もベッドルームから精力的にリリースを続けてきた彼が、待望の1stアルバムがリリースするにあたって本作のテーマに掲げたのは「Shift」、変化ということだ。OTOTOYでは、そんな要注目の一枚をより楽しんでいただくため、ハイレゾ配信を行うとともにレビューを掲載します。 要注目、待望の1stアルバムHenry Green / Shift'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?
by 井上裕樹
【REVIEW】ハイレゾ配信開始! 『からかい上手の高木さん』Music Collection
・2018年04月18日・堤博明が彩る暖かく優しい、からかいの日々 ──『からかい上手の高木さん』Music Collection 2018年1月より3月まで放送され、各メディア、SNSでも話題となった人気テレビアニメ『からかい上手の高木さん』そのオリジナル・サウンド・トラックがOTOTOYでもハイレゾ配信開始! 音楽は『クジラの子らは砂上に歌う』『sin 七つの大罪』等のヒット作を手かげた堤博明が担当。放送が終わってしまい、高木さんロスになってしまっているかたも、改めて作品の魅力を感じたいかたも、本作と共にもう一度あの甘酸っぱいからかいの日々をレヴューと一緒に振り返ってみましょう! (text by 伊達恭平) ハイレゾ音源配信中! 堤博明 / からかい上手の高木さん Music Collection 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) >>>ハイレゾとは?'【配信価格】''単曲400円(税込) / アルバム3500円(税込) 日常とキャラクターの魅力へ寄り添う、「暖かな」楽曲達 「ゲッサン」(小学館)にて好評連載中、コミックス累計400万部突破!! 照れたら負けからかいコメディ! とある
by 伊達 恭平
【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース
・2018年04月16日・【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース 横浜出身のポエトリー・ラッパー、春ねむり。2016年10月に1stミニ・アルバム『さよなら、ユースフォビア』でデビュー、昨年6月に2ndミニ・アルバム『アトム・ハート・マザー』をリリースした。そして3作品目となる、初のフル・アルバム『春と修羅』が完成した。諸刃の剣のように近付けば危うく、力強さすら感じさせる彼女の言葉達は、ラップのリズムに隙間なく詰め込まれ、彼女独特のエモーショナルなサウンドへと変わっていく。さらに今作には客演として突然少年、NERO IMAI、リミックスとして長谷川白紙が参加している。音楽の新しい可能性を追求する彼らとの楽曲は、春ねむりの新たなバック・グラウンドを知るきっかけとなるだろう。そんな本作をより深く楽しんでいただくため、OTOTOYではレヴューを掲載することにした。 自身初のフル・アルバム!!春ねむり / 春と修羅'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1800円(税込)【収録曲】''
京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける初の全国流通盤
・2018年04月11日・【REVIEW】京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける、初の全国流通盤 京都のオルタナティヴ・バンド、ベランダが待望の全国流通盤をリリース。昨年1月にリリースしたミニ・アルバム 『Any Luck to You』 は、 ライブ会場と一部店舗のみでの販売にもかかわらず半年で約900枚を売り上げたほか、くるり岸田やASIAN KUNG-FU GENERATION後藤正文など多くのアーティストからも高い評価を得た。そんな彼らが、親しみやすいメロディの中に、どこか懐かしい空気感を漂わせるその世界観を維持しつつも、さらに表現の幅を広げた2ndミニ・アルバム『Anywhere You Like』をリリースした。彼らにとって初の全国流通盤となる今作をレヴューとともにお届けしよう。リード曲となる「エニウェア」を期間限定で無料配信するので、まずは彼らの世界観を体感してみてはいかがだろうか。 リード曲を期間限定フリー配信!ベランダ / エニウェア'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信期間】''2018年4月18日23:59まで※会員登録なしでもダ
by 阿部 文香
【REVIEW】ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2度目のワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!!
[CLOSEUP]・2018年03月29日・ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2ndワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!! オルタナ、グランジを踏襲したロック・サウンドと、そのパフォーマンスで注目を集めるアイドル・グループ、ヤなことそっとミュート。2017年12月に赤坂BLITZにて行われた、彼女たちの2ndワンマン・ライヴの模様がハイレゾ音源となって蘇ります! この日のライヴではグループ初となるバンド・セットも披露し、グループとしての新たな可能性を提示した1日は、当日ライヴに足を運んだ方はもちろん、彼女たちに初めて触れる方にもおすすめしたい作品! OTOTOYでは音楽評論家、宗像明将によるレヴューを掲載。作品と併せてこちらもぜひ! また、購入者の方にはこの日の模様を収録したライヴDVDのプレゼント企画もありますのでこちらもお見逃しなく! 初のバンド・セットでのパフォーマンスも収録!!ヤなことそっとミュート / 2ND ONEMAN LIVE@AKASAKA BLITZ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 400円(税込) / アルバム 3,000円(税込)【収録曲
【REVIEW】ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース
[CLOSEUP]・2018年03月26日・ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース タッド・マリニックスによるヒップホップ・プロジェクト、Dabryeによる三部作シリーズが、彼の12年ぶりとなるニュー・アルバム『Three/Three』を以てついに完結。これを記念して、三部作の一作目『One/Three』にリマスタリングとボーナス・トラック3曲を加えた復刻盤がリリースされる。2001年にリリースされた本作は、現在ではすっかりお馴染みとなっている、エレクトロニカとヒップホップの交差点に位置する「ビート」サウンドの最初期に位置する一枚として知られている。リマスタリングは「LOW END THEORY」、レーベル〈ALPHA PUP〉を主催する、ビート・サウンドにおける最大の功労者のひとり、Daddy Kevが担当。OTOTOYでは、このビート・ミュージック・シーンにおける最重要盤をより楽しんでいただくため、配信を行うとともにレヴューを掲載します。 三部作完結記念、マスタリングはDaddy Kevが担当 Dabrye / One/Three'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bi
by 井上裕樹
【REVIEW】タイの実力派SSWがついに日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界
[CLOSEUP]・2018年03月18日・タイの実力派SSW、プム・ヴィプリット日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界 YouTubeにおいてシングル「Long Gone」のミュージック・ヴィデオが公開から半年余りで200万回再生を数え、 アジアのみならず世界中で話題を集めてきたタイのヤング・スターがついに日本デビュー。 ニュージーランド育ちバンコク在住・若干22歳のタイ人シンガー・ソングライター、プム・ヴィプリット。その実力はASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文(Gotch)が 2017年ベスト・アルバムに選出したり、方々からの高い評価からもうかがい知れることだろう。ぜひご一聴ください。 クラウド・ファンディングによって制作した待望のデビュー・アルバム!Phum Viphurit / Manchild【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム価格 2,000円(税込)【収録曲】01. Strangers in A Dream02. Run03. The Art of Detaching One's Heart(feat
by 阿部 文香
忘却のカラスと記憶をめぐるマウント・イアリの選択──新アルバム配信スタート
[CLOSEUP]・2018年03月16日・忘却のカラスと記憶をめぐるマウント・イアリの選択──新アルバム『Now Only』配信スタート 昨春、夭折した最愛のパートナーの死をテーマに制作・リリースされ、衝撃と絶賛を浴びた『A Crow Looked At Me』から1年、マウント・イアリから早くもニュー・アルバム『Now Only』が届いた。ジュヌヴィエーヴ・カス トレイ夫人との出会いを綴った「TINTIN IN TIBET」から始まり、前作の続編でありながらも、少年期のエピソードを交えながら、彼の抑制された声と美しいメロディーで奏でられサウンドは、先へと踏み込んだものであるとうかがえられる。OTOTOYでは歌詞対訳デジタルブックレット付で配信します。この1年彼は何を見つめ前へ進んでいったのか、レヴューとともに浸ってみては? 前作からわずか1年で圧巻のニュー・アルバム配信スタートMount Eerie / Now Only'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,500円(税込)【収録曲】''1. TINTIN IN TIBET2. DISTORTION3
by 尾野 泰幸