2015/08/18 12:15

今度はダンス・トラック集? エイフェックス・ツインのオルター・エゴ、AFX名義で新作を発表する

約1年前に13年ぶりの新作『Syro』をリリースしたかと思えば、たったの4ヶ月で『Computer Controlled Acoustic Instruments pt2 EP』をリリース。もはや1990年代初頭のリリース・ラッシュを彷彿とさせる量だ(ってほどでもないか)。

今回リリースされるのは、エイフェックス・ツインことリチャード・D・ジェームスが、エイフェックスとともに長らくメインのような形で扱っている名義、AFXでのリリースとなる。『orphaned deejay selek 2006-2008』というタイトルにて、テクノ、エレクトロ、ダウンテンポとストレートなエレクトロニック・ミュージックを作品では展開している。OTOTOYでは、本作を24bit/44.1kHzのハイレゾ版でも配信開始。


AFX / orphaned deejay selek 2006-2008(24bit/44.1kHz)
【配信フォーマット / 価格】
ALAC / FLAC / WAV(24bit/44.1kHz) : 単曲288円(税込) / まとめ購入2,057円(税込)

【Track List】
01. serge fenix Rendered 2 / 02. dmx acid test / 03. oberheim blacet1b / 04. bonus EMT beats / 05. simple slamming b 2 / 06. midi pipe1c sds3time cube/klonedrm / 07. NEOTEKT72 / 08. r8m neotek beat

リチャード・D・ジェームス、2010年代3作目

「え、また?」と言う間もない! ここに2010年代で3枚目のリチャード・D・ジェームスの作品がまたもやリリースされたのだ。作品としてはコンセプチャルな前作とは打って変わって、簡潔にいうとかなりストレートにテクノをやっているのだ。そして、もうひとつ特徴をあげるとすれば、みんな大好き、エイフェックス・ツイン名義ではなく、わざわざAFX名義という、別名義でのリリースと相成った。

まぁ、単なるあだ名的な短縮形でしょ? たぶんそうなんでしょうけど、AFX名義って、わりとリチャード・D・ジェームスのキャリアを語る上で実はね~大事なんすよ~。ということでここはまず、AFX名義とはなんたるかを一応おさらい。

AFX名義とはなんぞや

このAFX名義は数々あるリチャード・D・ジェームスの別名義のなかで、2番目によく使われる名義でありまして、まぁ、上記のように単なる短縮みたいな形で使われることもあるんですが、なんとなくのイメージとしては「エイフェックスよりも、フットワーク軽めのときに使う名前?」といった認識ではないかと。どちらかというと、リチャードの気まぐれ感をもっとも端的に示した名義かなぁーと。で、とはいえ改まってそのキャリアを辿ってみて、さらにこの新作を聴いてみると実は一本筋が通っているような気がしてくるから不思議。まぁ、リチャードはこの手のことって全部そうなってると思うと、そうだと思えてくるから不思議。まぁ、それだけいろんな要素が複雑に絡み合ってるってことでしょうが。

AFX名義での最初のリリースは、この名義の恒例のシリーズとなる「Analogue Bubblebath」とはいっても、これ実は出し直しの時に後々使われただけで、1991年、最初のこの作品のリリースはエイフェックス・ツイン名義でリリースされているんです(当時は150枚とも言われている)。それが、なぜリプレス以降がこのAFX名義となるのかが、不思議発見。

この名義の使用、当初は恐らくですがいわゆる大人の事情ってやつなんでしょうね。この後の彼の活動の躍進が大いに関係してくるんです。

まず次作となるエイフェックス・ツイン名義の1991年「Analog Bubblebath Vol.2」が、当時UKのテクノ~レイヴ・カルチャーをバックアップしていた〈KISS FM〉の人気DJ、コリン・フィーヴァーの耳にとまり、彼のレーベル〈Rabbit City〉にてまずはリリースされるわけですが、ここに収録された「Digeridoo(Aboriginal Mix)」が大ヒットとなるんですね。世は1991年、まだまだセカンド・サマー・オヴ・ラヴの残り香にヤられたチージーなトラックでレイヴ・オンな時代。そんな享楽的なムードを恐怖に陥れたハードコア・テクノ! と呼ばれています。が、これがさらにベルギーのトップ・テクノ・レーベル〈R&S〉からライセンスされるやいなや、さらに1992年に大ヒットとなるのです。

Aphex Twin - Analogue Bubblebath
Aphex Twin - Analogue Bubblebath
Digeridoo (Aboriginal Mix) (Analog Bubblebath Vol 2)
Digeridoo (Aboriginal Mix) (Analog Bubblebath Vol 2)

躍進の下で生まれた束縛と、AFX名義

するってえと〈R&S〉もこのスターを逃してはなるまいと、大ヒットを経て、エイフェックス・ツイン名義で契約。1992年には『Selected Ambient Works 85-92』をリリースするわけです。いちはやくリスニング・テクノの波を作り、その名義はブリティッシュ・テクノの顔となるわけです。で、恐らくですが〈R&S〉との契約で「エイフェックス・ツイン名義での活動はうちんとこ以外で商売禁止!」という具合になっていた模様ではないかと。いわゆる大人の事情ってやつですね。さらに、あんまりリチャード氏と、このころの〈R&S〉って関係がよくなかったというのもあるみたいで別名義の活動が結構表に出てくるんですね~。

そのあたりで有名なところは現在の所属である〈WARP〉からのリリースと、自分で好き勝手できる自身のレーベル〈REPHLEX〉でのリリース。噂ではこれ以前からも、いろんなレーベルで匿名でチージーなレイヴ・シングルを大量に出していたとかもそんな伝説もありますが、エイフェックス・ツインとしての活動が活発化してからの話ということで。

まず、1992年、〈WARP〉と接近していくつか別名義でリリースしてるんですね。リスニング・テクノ~エレクトロニカの先駆けとなった名コンピ『Artificial Intelligence』ではダイス・マンとして、さらに同シリーズからポリゴン・ウィンドウ名義でアルバム『Surfing On Sine Waves』をリリースしています(あ、両方とも名盤です)。そして、さきほど書いた「Analogue Bubblebath」、これが、彼が第一線のアーティストになったこともあって、「おい、うちにも権利あったな、出すならいまだ」という感じで再度リリースされるわけですが、これがまた大人の事情でAFX名義でリリースになると、こういう話。

ちなみに“Aphex”という名前、放送局などで使う業務用音響機材メーカー“Aphex Systems”からという話、そして“Twin”は、生後すぐに亡くなったリチャードの兄に由来するようですよ(ちなみに彼もリチャードという名前が付けられていたとか、同じ名前俺だったらちょっと嫌な気も…… まぁ、欧米と名前の感覚違うんでしょうが)。ちなみのちなみに「"Girl/Boy" E.P.」の墓碑がその方のだとか。

逆境が天性の悪童っぷりを目覚めさせたか?

〈WARP〉でのポリゴン・ウィンドウのリリースと同時期、一方で自身のレーベル〈REPHLEX〉からコウスティク・ウィンドウ名義の作品を出すんですね。これ、昨年夏にアルバムのクラウド・ファンディング騒ぎで、ひさびさに名前が出た名義ですね。まぁ、正直『Syro』のリリースがわかったときに「俺ら釣られた?」ってみんな思いましたよね? と、それはさておき。

Caustic Window - Italic Eyeball
Caustic Window - Italic Eyeball

その後、1993年にはエイフェックス・ツイン名義は大人の清算が済んだようで、あっさりと〈WARP〉に移籍するわけです。で、これ以降、リチャードのメインの名義として、特にアルバムの一定の“まとまり”や完成度をクリアした作品をエイフェックス名義でリリースするイメージに。ストリングスや生楽器などを取り入れたり、「Come To Daddy」や「Windowlicker」のようにMVとのコラボ的展開をしたりと、わりとさまざまな要素を取り入れた総合的なアート・プロジェクトといった感覚も、いわゆるメイン・プロジェクト。

で、それだけじゃ、欲求が満たされないのがこの人。コウスティク・ウィンドウ名義やAFX名義などで、その裏で自身の〈Rephlex〉からテクノを中心に実験的な作品、まるでギャグなのか習作なのか絶妙なラインの楽曲まで、とにかく別名義をリリースするわけです。

ともかく、この変の別名義は特にリチャードのなかのベッドルーム・テクノ少年の欲求丸出しといいますか、まるでなにかの衝動にかられたような、電子音との戯れをピュアに追い求めた、そんな感覚の作品が多いわけです。このあたりの作品たちはその自由すぎるスタイルでブレイクコアやエレクトロニカに強い影響を与えることになるわけですよ。そう考えると天才はやはり天才、ちょっとしたことでも影響力大きいなと。

AFX名義のディスコグラフィー

と、上で書いたようにAFX名義は彼の初期の作品の代名詞とも言える「AnalogueBubblebath」を引き継いでリリースを開始します。これもまた別名義同様、自由奔放に実験的な道を進んでいくんですね。リリース的には Vol.3、そして3.1から4まで、そしてウルトラ・レアなプロモ・オンリーとして5が存在(リリースは1993年~1995年まで)。作品的にはノイジーなインダストリアル・テクノから、アシッド・ハウス、ブイレクビーツ・テクノやレイヴのオマージュ、彼らしいメランコリックなテクノまで多種多用で、彼らしい子供じみた気まぐれに溢れております。当時としては、かなりキテレツな音楽性、ある意味でポップなエイフェックスと比べて、とっつきにくい飛び道具的な印象すらありでした。

AFX - 215061(「Analogue Bubblebath Vol.3」)
AFX - 215061(「Analogue Bubblebath Vol.3」)
AFX - Elephant Song(「Analogue Bubblebath Vol.4」)
AFX - Elephant Song(「Analogue Bubblebath Vol.4」)

1995年には〈Rephlex〉用と思われていたAFX名義にて〈WARP〉からも作品をリリース。「Analogue Bubblebath」のアナグラムなタイトルの「Hangable Auto Bulb」を2枚超限定でリリース。当時、オーヴァー・グラウンドを含めて隆盛を極めていたドラムンベースをスラップスティックな痙攣ソングへと見事に解体し再構築してしまう。これは同郷のルーク・ヴァイバートのプラグ名義や、リチャードが見出したスクエアプッシャーとともに、オルタナなドラムンベース、とも言えるドリンベースなるジャンルを形成。そして、このジャンル、2000年代のエレクトロニカを超えてブレイクコアなどに大きな影響を与えてしまうわけです。そのせいもあってか、2005年には編集盤がリリースされております、OTOTOYにもあるのでぜひともチェックを。

エイフェックス不在時の謎のAFXシングル群「Analord」シリーズ

2000年を超えると、かなりの量を出していた別名義での作品も沈静化。さらには『Drukqs』のリリース後、ご存知のようにエイフェックス名義は13年もの長い間休眠期間に入るわけです。

が、その間の最も大きな動きといえばAFX名義の〈Rephlex〉からの「Analord」シリーズのリリースでしょうか。これまたリチャードらしいどっきり系企画でして、2005年の1年間に、ほぼ説明のないアナログ・レコードをばんばんリリース。最終的には11枚もリリース。が、こちらもまたAFX名義の伝統といいましょうか、新作なのか過去の未発表なのかそれも謎の楽曲群。音楽的にも、実験的な作品から、彼らしいメランコリアをたたえたストレートなテクノまでさまざまな楽曲を収録。そう、これにしてもやはりAFX名義らしいストレートなテクノでの表現欲求がびんびんに伝わってくる、そんな作品でありました。

こちらは2006年に『ChosenLords』という形でまとめてアルバムに。と、このリリースを最後にエイフェックス名義に続き、リチャードの名前はさまざまな憶測や過去の伝説を残してぷっつりとシーンから消え、そして昨年の突然の『Syro』リリースとなるわけです(その間のThe Tuss名義の作品もあるわけですが)。

AFX - Analord
AFX - Analord

やはり正統なAFX名義の作品! 新作はいかに

さて、ここでAFX名義の作品を紹介してきたわけですが、少々まとめるとAFX名義の特徴は、ポップさもかなぐり捨てて、ある意味で電子音楽での実験や自信の表現欲求をピュアにぶつけている作品が多い印象。アルバム並みにまとまった作品に関しても、その辺があってノン・コンセプチャルな感覚がある、といったところではないでしょうか。

で、新作『orphaned deejay selek 2006-2008』を聴いてみると、これがまたかなり上記のAFX的な内容を踏襲した作品という感じ。近作2作と比べると、これかなり明白になってくる感覚もありますな。リチャードの音楽性のポップな部分とキャリアを総括的にまとめた『Syro』、そして生楽器を使い、彼のその世界観をそのまま示したしまったコンセプチャルな『Computer Controlled Acoustic Instruments pt2 EP』。そして新作『orphaned deejay selek 2006-2008』。

『orphaned deejay selek 2006-2008』は、ポップさという意味では『Syro』に比べればクールだし、『Computer Controlled Acoustic Instruments pt2 EP』ほどのコンセプチャルな姿勢はあまりない、むしろリチャードが嬉々として電子楽器と戯れ、テクノを作ることによろこびを噛み締めていたら出来てた的な、わりとストレートなテクノが並んでおりますな。まさにAFX的な作品と言えるでしょう。ベッドルーム・テクノ・メイカー、リチャードの真骨頂!

エイフェックスらしい悪夢のアシッド・テクノ「SERGE FENIX RENDERED 2」「DMX ACIDTEST」にはじまり、オールドスクール・エレクトロとブレイクビーツがせめぎ合う「OBERHEIM BLACET1B」、硬質なエレクトロ「BONUS EMT BEATS」、ハードコア・レイヴ「SIMPLE SLAMMING B2」、アシッディーな幻惑バリバリのチル・エレクトロ「MIDIPIPE1C SDS3TIME CUBE/ KLONEDRM」、ドレクシアじみたダーク・エレクトロ「NEOTEKT72」、「R8M NEOTEK BEAT」で幕を閉じる。

ただしこれまでのAFXと大きく違うところがあることはあるんです。それはアルバム・タイトルの『orphaned deejay selek 2006-2008』にもなんとなく現れてるんですね~。ひとことでいうとダンス・ミュージックへの歩み寄り。「MIDI PIPE1C SDS3TIMECUBE/KLONEDRM」を除けば、わりと硬質なテクノやエレクトロのリズムが続いております。これ、最初期を除けば、最もクールにDJカルチャーに歩み寄った作品じゃないでしょうか。というか、『Selected Ambient Works 85-92』以来、もっともストレートにテクノをやったアルバムと言えるかもしれないです。とにかくクールなテクノ・アルバム!

このあたりがその辺の“実験主義”的な頭でっかちなエレクトロニカのアーティストとリチャードとの表現の幅の違いでしょう。ジャングルやレイヴ、アシッド・ハウス、言ってしまえばアンエビエントも、彼の作品には実はずっとその作品の中核にはダンス・カルチャーとの接点がある。DJ / ダンス・カルチャーの創造的な立場をある種のリスペクトしながら、そういった音楽のスタイルを、カリカチュアともデフォルメとも、まぁともかく自分のオリジナリティ溢れる解釈というか色を入れてリリースしているという印象すらあるわけです。そこが彼の音楽的なおもしろさではないかと改めて気付く作品。彼のダンス・カルチャーとしてのテクノへの愛情を感じてしまったそんな感覚もある作品でもあります。

ちなみにタイトルの年数は2006年リリースの『Chosen Lords』を受けての数字ではないかと。なんで2008年? 未発表に見せかけて新録なのかなんなのか? あ、まぁ、それはわからん。


Aphex Twin / orphaned deejay selek 2006-2008(24bit/44.1kHz)
【配信フォーマット / 価格】
ALAC / FLAC / WAV(24bit/44.1kHz) : 単曲288円(税込) / まとめ購入2,057円(税込)

【Track List】
01. serge fenix Rendered 2 / 02. dmx acid test / 03. oberheim blacet1b / 04. bonus EMT beats / 05. simple slamming b 2 / 06. midi pipe1c sds3time cube/klonedrm / 07. NEOTEKT72 / 08. r8m neotek beat

過去作はこちら

この記事の筆者
河村 祐介

わからずや

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.30 祝エイドリアン・シャーウッド来日、ON-U SOUND

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.30 祝エイドリアン・シャーウッド来日、ON-U SOUND

D.A.N.2019年後半を語る! ツアー〈PERMANENT〉スタート、そして次なるシングルも!

D.A.N.2019年後半を語る! ツアー〈PERMANENT〉スタート、そして次なるシングルも!

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x ロボ宙──豪華ヴォーカリストを迎えた4作目『The Secret Life of VIDEOTAPEMUSIC』

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x ロボ宙──豪華ヴォーカリストを迎えた4作目『The Secret Life of VIDEOTAPEMUSIC』

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.19 ドン・パ・ドンドン・パ! ドンスタッペ! エレクトロ!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.19 ドン・パ・ドンドン・パ! ドンスタッペ! エレクトロ!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.17 天才、リー・ペリーの軌跡

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.17 天才、リー・ペリーの軌跡

D.A.N.ツアー「Bent」スタート&会場限定シングル・リリース

D.A.N.ツアー「Bent」スタート&会場限定シングル・リリース

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.11 五月病対策!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.11 五月病対策!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.9 テイク・イット・イージー! ロックステディ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.9 テイク・イット・イージー! ロックステディ

Sauce81とShing02による言葉と音によるスペース・オペラーー『S8102』配信

Sauce81とShing02による言葉と音によるスペース・オペラーー『S8102』配信

ミツメがたどり着いた「不在」の存在感ーーDJ MINODAと訊く新作『Ghosts』

ミツメがたどり着いた「不在」の存在感ーーDJ MINODAと訊く新作『Ghosts』

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.5 春ねむい

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.5 春ねむい

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.1 ダブ・ゼム・クレイジー

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.1 ダブ・ゼム・クレイジー

ドミコ、唯一無二の音はどこからこの世に現れるのか?──3rdアルバム『Nice Body?』ハイレゾ配信

ドミコ、唯一無二の音はどこからこの世に現れるのか?──3rdアルバム『Nice Body?』ハイレゾ配信

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

OTOTOY x mora共同企画──好き者スタッフが語り尽くす、アニメと音楽の2018、ココがすごい!

OTOTOY x mora共同企画──好き者スタッフが語り尽くす、アニメと音楽の2018、ココがすごい!

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

祝フジで来日!  エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談

D.A.N.の新譜放談

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

Moe and ghosts × 空間現代、コラボ・アルバムをハイレゾ配信

Moe and ghosts × 空間現代、コラボ・アルバムをハイレゾ配信

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

アラゲホンジ『たからかぜ』を配信開始&1曲フリー・ダウンロード

アラゲホンジ『たからかぜ』を配信開始&1曲フリー・ダウンロード

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

TOP