シリアル・キラーのサイケデリック・チルアウト——脅威の才能、Boys Ageが描く"穏やかな時間"とは?

ヨ・ラ・テンゴやホームシェイクら、USインディ勢の流れの先で不敵に微笑む2人組ユニット、Boys Age。2015年1月、OTOTOYの特集にて、過去6作品を本人の解説を交えて一挙配信、さらに選りすぐり音源を無期限でフリー・ダウンロードし反響を呼んだ彼らの最新作『Calm Time』がついに配信開始となる。これを機にメイン・ソングライターであるKazz(Gt, Vo, Composer)へのインタヴューを敢行。海外レーベルでのリリースを重ね国内外のDIYアーティスト達から高い評価を獲得してきたが、それゆえに"国籍不明"と言われるほど謎に包まれた彼らの声をお届けする。

Boys Age / Calm Time
【配信形態 / 価格】
WAV / ALAC / FLAC / AAC / mp3 : 単曲 150円 アルバム 1,000円

【Track List】
01. Calm Time / 02. What Was Your Name / 03. Honeypie / 04. A Basement Song / 05. Don't Gazing Me / 06. Come Quick / 07. Before/After Party / 08. Today is a Lucky Day

INTERVIEW : Kaz(Boys Age)

“Silence is law, in such a this place. Tedium is great, (こんな場所では静寂が原則 / 退屈は素晴らしい) "

Boys Ageの新作『Calm Time』はこんな言葉で幕を開ける。BPM80〜90あたりをうろつき回るゆるいビート。空間系エフェクトによってふにゃふにゃとだらしなく蠢くギターの音色。そして耳元でささやかれるような粘着気味のバリトン・ヴォイス。この弛緩しきったサウンドに身を任せたときの心地よさは、ちょっと抗いがたいものがある。なるほど、これが「やすらぎの時間」ってことか…。いやいや、話はそう単純にはいかないのだ。

『Calm Time』は、海外のインディーズ・ゲーム会社〈GoosEntertainment〉が開発した同名のホラー・ゲーム「Calm Time」にインスパイアされてつくったという、いわゆるコンセプト・アルバムだ。ゲームの詳しい内容については下記のインタヴューを参照していただくとして、ここはぜひ「Calm Time」の主人公の視点から描かれたリリックに目を通したうえで、本作のチルな音像に改めて身を委ねてみてほしい。どうだろう。このアンビエントで穏やかな楽曲が、一転しておどろおどろしく響き始めてこないだろうか。そう、『Calm Time』は、この心地よさと表裏にある妙な薄気味悪さが、とにかくたまらないのだ(ちなみにこの発想源となったホラー・ゲームはネット上でフリー・ダウンロードできる。興味のある方は実際にプレイしてみると、アルバムの世界観をより深く味わえるだろう)。

それにしても、これほどのぶっ飛んだ作品をつくるBoys Ageとは一体何者か。そこで彼らのBandcampを覗いてみたら、いきなり膨大な数のディスコグラフィが目の前にずらり。これがぜんぶ2012年以降にリリースされた作品って、どんだけ多作家なんだよ! しかもこの埼玉在住の2ピース、過去には国内外のインディー・アーティストを招聘したフリー・コンピレーション・アルバムも監修しており、どうやらキュレーターとしてもたしかな審美眼をもっているようだ。さらにはこのバンド、すでにいくつかのインディー・レーベルと提携しながら海外でのリリースも展開しており、欧米のインディー音楽メディア/ブログでは"Japanese DIY Master"として着々と評価され始めているという。いやいや、これは国内でもガンガン紹介されるべきバンドでしょう! というわけで、Boys Ageのメイン・ソングライターを務めるKazに話を訊いてきた。

インタヴュー&文 : 渡辺裕也
写真 : 雨宮透貴

僕はこのバンドの音楽に、日本的な感覚はちゃんと残しておきたいとも思ってて

――聞いたところによると、おふたりはBoys Ageを名乗る前から音楽活動を共にされてきたんだとか。

はい。最初に組んだのは、17歳のころに組んだ「木人拳(もくじんけん)」というバンドでした。これは僕がベース、いまドラムのKobayashi君がギター・ヴォーカル、あともうひとりがドラムの3人編成バンドで、そのころは日本語パンクをやってましたね。50回点ズとゆらゆら帝国を足してパクッたような感じの、いま思うとお遊びみたいなバンドではありましたけど。

――担当楽器も今とは違ってたんですね。

そうなんです。で、そのドラムが辞めてふたりになってからは、今度は僕がドラムに転向して「フリクションズ」っていう、ブルー・チアーみたいなヘヴィ・サイケバンドを新たに始めました。で、その後すぐに「フリクションっていうバンド、もうおるやん!」と気づいて、「ピンク・トリップ」に改名して(笑)。その次には1歳年下のドラムを加えて、「ドリトルズ」っていうバンドもしばらくやってましたね。これはドアーズとマンドゥ・ディアオを足して… いや、単純にコーラルのパクリだったな、あのころは。で、そのドリトルズが終わったあとは、今のふたりでずっと活動してます。

――現体制になるまでに、ふたりで4つのバンド名を名乗ってきたわけだ(笑)。

いや、この間にも名前は何度も変わってるんですよ(笑)。今のふたりになってからも、最初はBoys Ageではなくて、「プリティ・グッド・ルッキングス」という名前でやってました。このころはよくネットで「劣化ホワイト・ストライプス」って叩かれてましたね(笑)。まあ、実際にこの名前もホワイト・ストライプスの「You're Pretty Good Looking」からとったものなんですけど。

――じゃあ、Boys Ageの由来は?

このバンド名の由来は、武田鉄矢の「少年期」っていう曲ですね。そのころにたまたま観た『ドラえもん のび太の宇宙小戦争』を観てたら、エンディングでこの曲が流れてきて。いわゆる昭和的なノスタルジーを唄った曲なんですけど、それがすごくよくて「こりゃバンド名にするしかないっしょ!」と。

――(笑)。ここまでのお話だと、どうやらおふたりは音楽性の変化に合わせてバンド名を変えてきたところがあるみたいですね。

ああ、いま思えばたしかにそうだったのかも。でも、プリティ・グッド・ルッキングス結成以降は、アルバム毎にコンセプトを変えてる感じですね。ざっくり言うと、1stはホワイト・ストライプス、2ndはピンクフロイド、3rdはヴェルヴェット・アンダーグラウンド、4thと5thがベイルートとヴァン・ダイク・パークス。で、その次が『The Desk Poet. Or alternatively as The Human Beings』(ボーイズ・エイジ名義でリリースした最初の全国流通盤。2012年リリース)ですね。だから、あのアルバムは実質6枚目なんですよ。

――そうだったんだ。ちなみにみなさんはこれまでに何枚リリースしてるんですか。

何枚だろ…。とりあえず僕らのBandcampには今、たぶん20枚以上はアップされてるんじゃないかな。

――すごい制作ペースですね…。

俺、ものすごい飽き性なんですよ。だから、だいたい1ヶ月周期で違う音楽がやりたくなってる(笑)。でも、ただつくってネット上に垂れ流しているだけでは、やっぱり広がらないんですよね。それで楽曲が封入されたチップファイルを、いろんなところに片っ端から送ってみることにしたんです。そうしたら、Echo Lake(英ロンドンのドリーム・ポップバンド)やA GRAVE WITH NO NAME(同じく英ロンドンのシンガー・ソングライター、アレクサンダー・シールズのソロ・プロジェクト)が僕らに興味をもってくれて、「ああ、こうやれば聴いてくれる人もいるんだな」と。それで『The Desk Poet. …』 以降はがんがん音源を送るようになって、それが〈バーガー・レコーズ〉や〈ブリ―ディング・ゴールド〉、〈ナー・テープス(GNAR TAPES)〉から出させてもらえるきっかけになりました(いずれもアメリカのインディー・レーベル)。

――国内のレーベルには送らなかったんですか。

いや、送ったんですよ。でも、これがもう、ことごとく無視されちゃって(笑)。何がよくなかったんスかね。まあ、これもきっと人徳なんだろうな。俺たちがこれまでにちゃんと徳を積んでこなかったのが悪いんだと思います。

――いやいや(笑)。とはいえ、どちらにしても皆さんの関心は日本よりも海外の音楽シーンの方に向いてたんでしょ?

まあ、それは間違いなくそうですね。それこそ日本のポップ・ミュージックって、なんかシリアスで直接的な歌詞が多いじゃないですか。僕、あれがすごく苦手なんですよ。でも、海外の音楽には下らない内容の歌もけっこうあるし、仮にシリアスなことを唄っていたとしても、ひょうきんな感じに聴こえるというか。たとえばピート・ドハーティなんて、まさにそんな感じじゃないですか。まあ、そもそも僕には彼らが何を歌っているのかもわからないんですけど、むしろそこがよかったというか。ただ、これはさっきのバンド名の話にもつながるんですけど、僕はこのバンドの音楽に、日本的な感覚はちゃんと残しておきたいとも思ってて。僕らの音楽はよく「国籍不明」だと言われてますけど、歌に関してはけっこうJポップみたいなこともやってるつもりだし。

中学校のころに、彼からウィーザーの『ブルー・アルバム』を400円で売りつけられたんです(笑)

――KazさんのおっしゃるJポップというのは、たとえばどういうもの?

そうだなぁ。これはちょっと答えになってないかもしれないけど、僕はゲーム音楽が大好きなんですよね。メロディーに関しては、そこから受けた影響がけっこう大きいと思う。つくり終えたばかりのデモを聴きながら、ふと「これ、ドンキーコングじゃん!」みたいに思うこともけっこう多くて。まあ、聴いた人は意外とそう思わないみたいなんですけどね。「この曲、ちょっとポケモンっぽすぎるかな?」と訊いても、だいたいの返事は「そんなことねえから安心しろ」みたいな感じなので。

――(笑)。ゲーム音楽のどんなところに惹かれるんですか。

これはあくまでも僕の認識ですけど、数多あるサウンドトラック系のなかで、ゲーム音楽ほど世界観を意識しながら作られてる音楽ジャンルって、多分ほかにないと思うんですよね。楽曲に込められたストーリーをいちばん顕著に感じられる音楽が、自分にとってはゲームのサントラなんだと思う。同じ曲でも場面ごとにアレンジを変えていくようなことがやってるし。

――なるほど。じゃあ、プログレとかは?

あんまり詳しくはないけど、大好きですね。キャメルとか、ホント最高だと思う。

――なるほど。そうしたKazさんの嗜好性は、相棒のKobayashiさんとも共有されてるんですか。

どうなんだろ…。感性そのものはお互いに似てますね。それに、音楽的な才能はたぶん俺よりも彼の方があると思う。彼はこのバンドのソングライティングにはあんまり関わってなくて、曲も3年にひとつくらいしか書いてこないんです。でも、それだけで俺がやろうとしてたことをサクッとやれちゃうところがあって。やつがもうちょっと真剣に腕を磨いたら、ホントすごいと思うんですけどね。音楽のことも、Kobayashi君は俺よりずっと詳しいし。そもそも彼は俺が音楽を聴き始めるきっかけをくれた人間でもあって。

――そのきっかけって、具体的にはどういうものだったんですか。

中学校のころに、彼からウィーザーの『ブルー・アルバム』を400円で売りつけられたんです(笑)。それから、「俺も負けずにおもしろい音楽を見つけてこよう」みたいなやり取りが始まって、いつのまにかお互いの感性がうまく噛み合っていったというか。そのせいで他のメンバーが見つからないという弊害もあるんですけどね。それに、どうやら『F A K E G O L D』(7th。2013年リリース)以降は、やつの理想とする音楽にかなり近づいているらしくて。

――その理想がどういうものか、言語化してもらうことはできますか。

うーん、ふわっとしたサイケ・ポップとしか言いようがないかな(笑)。たぶん、肩肘張ってない感じのファジーな音楽がやつの理想なんだと思う。まあ、最近はふたりともパンクにハマってるんで、たまにそういう横道にそれた作品もつくっていくと思うんですけど。

このアルバムは「Calm Time」というホラーゲームの実況動画を観たことがきっかけでつくった作品なんです

――なるほど。その流れでいくと、新作『Calm Time』は、さらにその理想形へと踏み込んだ作品と言えそうですね。この作品の制作に関しても、やっぱり何かしらのコンセプトがあったんですか。

このアルバムは「Calm Time」というホラーゲームの実況動画を観たことがきっかけでつくった作品なんです。ちなみに「Calm Time」は主人公のシリアルキラー(殺人鬼)を一人称視点で操って、自分の家で催されたパーティの客5~6人を殺害していくっていうゲームなんですけど。

――タイトルとは裏腹の残虐な内容…。でも、そう言われてみれば、たしかにこのアートワークもそのストーリーとリンクしてますね。

うん。ちなみにこれは僕が描いた絵なんですけど。

『Calm time』ジャケット・イラスト
――そうなんだ! イラストにも以前から取り組んでいたんですか。

いや、イラストはけっこう最近のことですね。ここ1年くらいかな。アートワークを誰かにお願いするときは、当然ギャラもかかっちゃうじゃないですか。でも、なるべくお金は制作費に回したかったので、それなら自分で描こうかなと。でiPadを買ったのを機に、フォトショップでいろいろ描きはじめて。そうしたら、友達のジャケットとかも頼まれるようになったんです。最近だと、LOVE/COPっていうポートランドのバンドが今度だす7インチのジャケットも描きました。

――へえ、すごい。外注もきてるんだ。

正直、簡単なことしかできないんですけどね。『Calm Time』のジャケは、もうちょいゲームの内容に寄せてドット絵っぽくするつもりだったんですけど、それもそれで芸がないなと思って。それで今回は「マリオペイント」で描いた風にしてみました。

――「マリオペイント」! あれ、いま思うとものすごく画期的なゲームでしたよね。では、楽曲制作はどのように進めていったんですか。

まず、このゲームはBGMがないんですよ。音楽がかかるのは冒頭とエンディングだけ。ゲーム全体も「詩で始まって、詩で終わる」みたいな構成になってて、その雰囲気がすごくおもしろいんです。それでさっそく自分でもそのゲームをプレイしていたら、このアルバムに入ってる「Calm Time」という曲が思いついて。それからアルバムの曲が全部そろうまでにかかった時間は、だいたい3日くらいだったかな。

――同タイトルのゲームからインスパイアされた作品なわけですね。サウンドに関して、何か参照したものはありましたか。たとえば僕はこのゆるゆるとした音像から、アトラス・サウンドやマック・デマルコあたりを連想したんですが。

ああ、そう言われると、ホームシェイク(モントリオール出身のピーター・セイガーによるソロ・プロジェクト。マック・デマルコ・バンドの元メンバーとしても知られる)は自分の理想形に近いところがあって、彼からの影響はたぶん受けてますね。彼の音楽は、坂本慎太郎さんが今やってることをかなり先駆けてたと思う。ただ、ホームシェイクはリヴァーブで空間をひろげるみたいなことはあまりしていなくて、もっとミニマルなんですけど、『Calm Time』はもうちょっと空間系のエフェクトをかけてるので、そこはちょっと違うかな。この作品の舞台は屋敷内なので、その舞台にひろがるようなイメージのエフェクトをかけたかったんです。

――視覚的なイメージに音像を寄せていくわけだ。

そうそう。作品のテーマを決めて、そのストーリーが浮かぶと、今度はその情景にマッチした音が頭のなかで鳴り出すんです。とはいえ、これはゲームのサントラ的なイメージとはまた違ってて。作品をつくっていくうちに、いつのまにか自分のなかにある「Calm Time」の情景が組み上がっていった感じというか。そもそも僕がこの「Calm Time」みたいなドット絵のゲームとか、古いファミコンのゲームがすごく好きなのは、想像力が刺激されるからなんですよ。だって、たとえばこのドットでつくられたキャラクターを、8等身の主人公として見なければいけないわけじゃないですか(笑)。

――でも、それがちゃんとそう見えてくるんだから、不思議なもんですよね。

そうそう。だから、説明過多でつくり込まれた最近のゲームはあまり好きじゃないんです。俺、「テトリス」とかですらストーリーを想像しますからね。

――「テトリス」も映画化するらしいですからね。

あれ、どうするつもりなんでしょうね(笑)。でも、そういう余白からなにかを想像することが、今の僕らの音楽性には間違いなく活かされてると思う。そういう意味でも、「Calm Time」はホントいいゲームですよ。うちらの音楽も、そういうものでありたいですね。

――このゲームの制作者も、これは喜ぶでしょうね。

はい。じつはもうコンタクトは取ってるんですよ。このゲームメーカーの人たちと。「このアルバムのスペシャルサンクスにクレジットを載せるから、このゲームの画面をアートワークに使わせてね」って。

俺たちは「もう十分でしょ」ってくらいの才能を持ってるのに、それでもさらにレヴェルを上げてきてるんだから、そろそろ気づいてもらわないと

――すごい。では、『Calm Time』の中身について、もう少し詳しく教えてください。リリックはどういう視点から書いているんですか。

歌詞の考え方はいつもだいだい同じで、作品のストーリーに出てくる登場人物の感情や、その人のまわりにある環境を描写していくようなイメージですね。今回の歌詞は、ゲーム内の主人公であるシリアルキラーの視点を意識して書いてます。だから、間違ってもこの歌詞をそのまま僕個人のこととして真に受けないでもらいたい(笑)。個人的なことを歌詞にすることもたまにはありますけど、そういうときも「登場人物がそう言ってる」みたいなコンセプトだけは常に保ってますし。

――Kazさんの少しくぐもったバリトン・ヴォイスも、非常にインパクトがありました。

歌に関しては、自分の理想には程遠いんですけどね(笑)。まず、僕は音域がものすごく狭いんですよ。それで、自分がどう歌えばいいのかは一時期いろいろ悩みましたね。それこそ歌い始めた頃の僕には「シンガーっていうものはみんな、しゃべり言葉の1オクターブ上で歌うもんなのかな」みたいなイメージもあったし。

――あははは。でもそれ、わかります。

それでがんばって1オクターブ上の声を出そうとしてみたこともあるんだけど、どう考えてもそれは俺に向いてないなと。シャウトしたって全然かっこよく決まらないし、むしろ浣腸された猿みたいな声になっちゃうんで。

――(笑)。

それならいっそ低い声で歌おうと。そう考えるようになってからは、ルーリードとか、ヨ・ラ・テンゴのアイラ・カプランのモノマネをしながら、自分に合った歌い方を探すようになって。

――ブツブツとつぶやくような歌い方ですね。

そうそう。ああいう耳元でささやくような歌い方って、すごくいいなと。それでとにかくマイクに口を近づけて歌うようになってからは、歌がすごくおもしろくなっていきましたね。

――アルバムの内容にも合った歌い方だと思いました。それこそ作品のストーリーを語っていくような感じというか。

本当はもっと深みがあって透き通った声が出したいんですけどね。それに、今回のアルバムは、テーマが暗いからなあ。

――でも、すごくポップじゃないですか。

うん。こういう邪悪な要素をちゃんとポップスの界隈に持ち込めそうな作品になったことは、自分でもけっこう満足してます(笑)。あと、じつはこの作品が出来た直後に、もうひとつ『Inner Moon』というアルバムをつくったんですよ。これは5月にカセットで出す予定なんですけど。

――次作がもう完成しちゃってるんだ!

はい。同じような路線で少しずつ世界観が違うアルバムを3~4枚つくってみようと思って。『Calm Time』と『Inner Moon』は、そういう考えのもとにつくったうちの2枚なんです。で、次のデモが現時点でもう20曲以上はあるので、あと2枚はすぐにいけますね。だから、『Calm Time』は4部作の1作目ってことですね(笑)。

――ホント多作家ですねぇ。

まあ、あとはこれが日本でも少しはウケるといいんですけどね。俺たちは「もう十分でしょ」ってくらいの才能を持ってるのに、それでもさらにレヴェルを上げてきてるんだから、そろそろ気づいてもらわないと。予定では今ごろグラストンベリーのトリくらいはやれてたんだけどな。

――(笑)。そこまでいきますか。

うん。ちゃんと俺たちの音楽が届けば、そうなっていてもおかしくないと思ってますよ。

過去6作を解説付きで配信解禁&選りすぐり音源を無料配信

Boys Age / Boys Age Sampler

これまでつくりあげた数多くのアーカイヴのなかから選りすぐりの音源5曲をコンパイル。無期限で無料配信中! さらに過去、カセットやCD-Rでリリースした6作品をKaz本人の解説とともに解禁。解説は特集ページから。

>>特集 : ヨ・ラ・テンゴ、カート・ヴァイルのサイケデリックな音像を継承するニュー・カマー、Boys Ageをフリーでお届け!

LIVE INFORMATION

Boys Age アルバム・リリース・ショー “Calm Time”

2015年5月1日(金)@下北沢THREE
開場 18:30 / 開演 19:00
料金 : 2,000円
出演 : Boys Age / Death By Raygun / sanm / Batman Winks
DJ : Nobuyuki Sakuma (Jesse Ruins/CVN)

PROFILE

Boys Age

Kaz / Takamasa John Kobayashi

国外の数々のコンピレーションに参加し、また国内外のアーティストが集った自主コンピも制作。USの老舗WFMUやフランスのPlanet Claireなどのラジオでもプレイされ、またフランスで絶大な支持を受けているブログ「La Blogotheque」への記事やスペインの「Shookdown」でのインタヴュー掲載など、海外では"Japanese DIY Master"の異名をとる。

楽曲の全てをKORGのMTRと創意工夫による寝室録音のセルフ・プロデュースで作り上げたサウンドは、前述のThe Memoriesを筆頭に、R. Stevie Moore、A Grave With No Nameなど数多のミュージシャンから支持を受けている日本から最も遠い日本人ローファイ・ポップ・メイカー。

>>Boys Age Tumblur

この記事の筆者
渡辺 裕也

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

美しき夢の行き先──sugar plant、18年ぶりのアルバムをハイレゾ配信

美しき夢の行き先──sugar plant、18年ぶりのアルバムをハイレゾ配信

「好きなことをやり続ける感覚」──待望のニュー・アルバム『彼女の時計』完成への道筋

「好きなことをやり続ける感覚」──待望のニュー・アルバム『彼女の時計』完成への道筋

時代を繋ぐ成熟された楽曲──Lamp、4年ぶりの新作『彼女の時計』をリリース

時代を繋ぐ成熟された楽曲──Lamp、4年ぶりの新作『彼女の時計』をリリース

FINLANDSにとっての「LOVE」とは? 最新作『LOVE』をハイレゾ独占配信!

FINLANDSにとっての「LOVE」とは? 最新作『LOVE』をハイレゾ独占配信!

今年のフジロック、どうでした?ーー岡村詩野と渡辺裕也がふり返る〈フジロック 2017〉対談レポート

今年のフジロック、どうでした?ーー岡村詩野と渡辺裕也がふり返る〈フジロック 2017〉対談レポート

OTOTOYフジロック・ガイド2017ーーいま絶対に見ておくべきアクト21選

OTOTOYフジロック・ガイド2017ーーいま絶対に見ておくべきアクト21選

いわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバムをハイレゾ配信&インタヴュー掲載

いわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバムをハイレゾ配信&インタヴュー掲載

LITEの3年5ヶ月ぶりのフル・アルバム『Cubic』ハイレゾ配信

LITEの3年5ヶ月ぶりのフル・アルバム『Cubic』ハイレゾ配信

松崎ナオ インタビュー

松崎ナオ インタビュー

JariBu Afrobeat Arkestra『AfroSoundSystem』

JariBu Afrobeat Arkestra『AfroSoundSystem』

THE ANDS『FAB NOISE』インタビュー

THE ANDS『FAB NOISE』インタビュー

サニーデイ・サービス 10枚目のアルバム『DANCE TO YOU』ハイレゾ配信&インタヴュー

サニーデイ・サービス 10枚目のアルバム『DANCE TO YOU』ハイレゾ配信&インタヴュー

LITTLE CREATURES デビュー25周年! ハイレゾ配信& 全員インタヴュー

LITTLE CREATURES デビュー25周年! ハイレゾ配信& 全員インタヴュー

Ryo Hamamoto、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

Ryo Hamamoto、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

OTOTOYフジロック・ガイド2016ーーあなたがチェックすべきアーティストを【6つの項目】にわけてご紹介

OTOTOYフジロック・ガイド2016ーーあなたがチェックすべきアーティストを【6つの項目】にわけてご紹介

オーストラリア・ロック・シーンの雄、4年ぶりの帰還──ザ・テンパー・トラップ配信開始

オーストラリア・ロック・シーンの雄、4年ぶりの帰還──ザ・テンパー・トラップ配信開始

永原真夏、1stミニ・アルバムをハイレゾ配信&フィールドが異なる2人の異色対談

永原真夏、1stミニ・アルバムをハイレゾ配信&フィールドが異なる2人の異色対談

Lantern Parade、4年ぶりのバンド編成アルバム配信&2015年リリース2作品から今のモードを追う

Lantern Parade、4年ぶりのバンド編成アルバム配信&2015年リリース2作品から今のモードを追う

2015年東京インディーの現在地——YOUR ROMANCE×Yogee New Waves×OBKR 鼎談公開

2015年東京インディーの現在地——YOUR ROMANCE×Yogee New Waves×OBKR 鼎談公開

ビデオテープをサンプリングして制作するVIDEOTAPEMUSIC、ニューアルバムをリリース&インタヴュー

ビデオテープをサンプリングして制作するVIDEOTAPEMUSIC、ニューアルバムをリリース&インタヴュー

ニュー・オーダー、10年振りの最高傑作ニュー・アルバムをハイレゾ配信

ニュー・オーダー、10年振りの最高傑作ニュー・アルバムをハイレゾ配信

新生Seagull Screaming Kiss Her Kiss Her、15年ぶりのアルバム完成&リミックス音源フリーDL配信

新生Seagull Screaming Kiss Her Kiss Her、15年ぶりのアルバム完成&リミックス音源フリーDL配信

レディース・ポップ・ユニット、ぱいなっぷるくらぶが初作品リリース&インタヴュー

レディース・ポップ・ユニット、ぱいなっぷるくらぶが初作品リリース&インタヴュー

OTOTOYフジロック・レポート2015

OTOTOYフジロック・レポート2015

ボストン在住のYUKI KANESAKAによるプロジェクト、monolog最新作ハイレゾ配信&インタヴュー

ボストン在住のYUKI KANESAKAによるプロジェクト、monolog最新作ハイレゾ配信&インタヴュー

ex.SEBASTIAN Xのフロントマン永原真夏がソロ・デビュー、そして初のシングル「青い空」をリリース

ex.SEBASTIAN Xのフロントマン永原真夏がソロ・デビュー、そして初のシングル「青い空」をリリース

OTOTOYフジロック・ガイド2015

OTOTOYフジロック・ガイド2015

HINTO安部と伊東のユニット"堕落モーションFOLK2"、3年ぶり新作配信&インタヴュー

HINTO安部と伊東のユニット"堕落モーションFOLK2"、3年ぶり新作配信&インタヴュー

日本から最も遠い日本人ローファイ・ポップ・メーカー、Boys Ageの最新作配信&インタヴュー

日本から最も遠い日本人ローファイ・ポップ・メーカー、Boys Ageの最新作配信&インタヴュー

エリーニョ、母として初めてリリースする4thアルバムを配信

エリーニョ、母として初めてリリースする4thアルバムを配信

(((さらうんど)))、最高傑作と評される3rdアルバム『See you, Blue』をハイレゾ配信

(((さらうんど)))、最高傑作と評される3rdアルバム『See you, Blue』をハイレゾ配信

camellia、バンド初のライヴ音源をハイレゾ&ワンコイン配信!!

camellia、バンド初のライヴ音源をハイレゾ&ワンコイン配信!!

fula、レコ発ワンマンに向けてお試しサンプラー無料配信!!

fula、レコ発ワンマンに向けてお試しサンプラー無料配信!!

The fin.、待望のファースト・アルバムを配信&インタヴュー

The fin.、待望のファースト・アルバムを配信&インタヴュー

クラムボン、結成20周年記念トリビュート・アルバムをハイレゾ配信

クラムボン、結成20周年記念トリビュート・アルバムをハイレゾ配信

THE ANDS『euphorium』をハイレゾ配信スタート&インタヴュー

THE ANDS『euphorium』をハイレゾ配信スタート&インタヴュー

岡田徹 presents ウクレニカ、ムーンライダーズのカヴァー・アルバムをハイレゾでリリース!

岡田徹 presents ウクレニカ、ムーンライダーズのカヴァー・アルバムをハイレゾでリリース!

the chef cooks me×プロデューサー 後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)公開インタヴューUstream!!

the chef cooks me×プロデューサー 後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)公開インタヴューUstream!!

THE BITE『RADIO WALTZ』 インタビュー

THE BITE『RADIO WALTZ』 インタビュー

或る感覚、セカンド・フル・アルバムの全曲フル試聴&特典付き予約スタート

或る感覚、セカンド・フル・アルバムの全曲フル試聴&特典付き予約スタート

リコチェットマイガール、初の全国流通リリースとなる新作を配信開始

リコチェットマイガール、初の全国流通リリースとなる新作を配信開始

曽我部恵一、富士山麓にある氷の洞窟で録音した新作EPを配信開始!

曽我部恵一、富士山麓にある氷の洞窟で録音した新作EPを配信開始!

僕とモンスター『かたち』をハイレゾ配信&インタヴュー

僕とモンスター『かたち』をハイレゾ配信&インタヴュー

アンドロメルト『子供と動物』をハイレゾ配信&インタヴュー

アンドロメルト『子供と動物』をハイレゾ配信&インタヴュー

OTOTOYフジロック・レポート2014

OTOTOYフジロック・レポート2014

SSW沙知によるハリネコのレコ発ライヴをレポート!

SSW沙知によるハリネコのレコ発ライヴをレポート!

folk enough、3年ぶりのアルバムをハイレゾ配信開始

folk enough、3年ぶりのアルバムをハイレゾ配信開始

OTOTOYフジロック・ガイド2014

OTOTOYフジロック・ガイド2014

SSW沙知によるプロジェクト、ハリネコをハイレゾで!

SSW沙知によるプロジェクト、ハリネコをハイレゾで!

女子18人組ビッグバンド、たをやめオルケスタが2ndアルバムを配信開始!!

女子18人組ビッグバンド、たをやめオルケスタが2ndアルバムを配信開始!!

AZUMA HITOMI『CHIIRALITY』を先行でハイレゾ配信&インタヴュー掲載

AZUMA HITOMI『CHIIRALITY』を先行でハイレゾ配信&インタヴュー掲載

delofamilia(ORANGE RANGE・NAOTO×Rie fu)、5作目をハイレゾ音源でリリース

delofamilia(ORANGE RANGE・NAOTO×Rie fu)、5作目をハイレゾ音源でリリース

ハンバートハンバート、4 年振りのフル・アルバムをリリース

ハンバートハンバート、4 年振りのフル・アルバムをリリース

Hanah Spring、5月14日リリースのアルバムより5曲先行ハイレゾ配信&インタヴュー

Hanah Spring、5月14日リリースのアルバムより5曲先行ハイレゾ配信&インタヴュー

amenoto、デビュー・ミニ・アルバム『すべて、憂鬱な夜のために』先行リリース&フリー・ダウンロード

amenoto、デビュー・ミニ・アルバム『すべて、憂鬱な夜のために』先行リリース&フリー・ダウンロード

SEBASTIAN X、3年目の〈TOKYO春告ジャンボリー〉&音沙汰がハイレゾ音源でリリース!!

SEBASTIAN X、3年目の〈TOKYO春告ジャンボリー〉&音沙汰がハイレゾ音源でリリース!!

huenica、新作『あざやかなとうめい』をハイレゾ配信&インタヴュー

huenica、新作『あざやかなとうめい』をハイレゾ配信&インタヴュー

或る感覚、ライヴ会場限定シングルをフル試聴開始&インタヴュー

或る感覚、ライヴ会場限定シングルをフル試聴開始&インタヴュー

トウヤマタケオと徳澤青弦によるピアノとチェロのデュオ、Throwing a Spoonfハイレゾ配信

トウヤマタケオと徳澤青弦によるピアノとチェロのデュオ、Throwing a Spoonfハイレゾ配信

山形発、硬派なポストロック!! dinner、新たな編成で臨んだ4thアルバム

山形発、硬派なポストロック!! dinner、新たな編成で臨んだ4thアルバム

the telephonesのフロントマン、石毛輝のソロ3作目『Dark Becomes Light』リリース

the telephonesのフロントマン、石毛輝のソロ3作目『Dark Becomes Light』リリース

ミツメ、3作目となるアルバム『ささやき』を配信開始&インタビュー

ミツメ、3作目となるアルバム『ささやき』を配信開始&インタビュー

ピラミッドス、配信限定ミニ・アルバムをリリース&インタヴュー

ピラミッドス、配信限定ミニ・アルバムをリリース&インタヴュー

ワンダフルボーイズ、2ndアルバムをリリース&首謀者サンデーカミデにインタヴュー!

ワンダフルボーイズ、2ndアルバムをリリース&首謀者サンデーカミデにインタヴュー!

camellia石渡×それでも世界が続くなら篠塚の対談を開催!

camellia石渡×それでも世界が続くなら篠塚の対談を開催!

湯川潮音、3年ぶりのニュー・アルバム『濡れない音符』リリース&インタヴュー

湯川潮音、3年ぶりのニュー・アルバム『濡れない音符』リリース&インタヴュー

曽我部恵一、2年半ぶりのニュー・アルバム『超越的漫画』をリリース!! レヴュー&インタヴュー

曽我部恵一、2年半ぶりのニュー・アルバム『超越的漫画』をリリース!! レヴュー&インタヴュー

THE ANDS、一年ぶりのニュー・シングルをHQDでリリース

THE ANDS、一年ぶりのニュー・シングルをHQDでリリース

或る感覚のトリプルA面ニュー・シングルを先行フル試聴!!

或る感覚のトリプルA面ニュー・シングルを先行フル試聴!!

ランタンパレード、ニュー・アルバムと7インチ・シングルを同時配信開始&インタビュー

ランタンパレード、ニュー・アルバムと7インチ・シングルを同時配信開始&インタビュー

Neat's × OTOTOY『Bedroom Orchestra』第3弾リリース!!

Neat's × OTOTOY『Bedroom Orchestra』第3弾リリース!!

LIVE REPORT FUJI ROCK FESTIVAL '13 @新潟県 湯沢町 苗場スキー場

LIVE REPORT FUJI ROCK FESTIVAL '13 @新潟県 湯沢町 苗場スキー場

SEBASTIAN X 2ndフル・アルバム『POWER OF NOISE』リリース記念! 楽器隊3人に訊く「永原真夏」とは?

SEBASTIAN X 2ndフル・アルバム『POWER OF NOISE』リリース記念! 楽器隊3人に訊く「永原真夏」とは?

N.Y&Bicycle、真夏のドライヴにピッタリなミニ・アルバム『DANCE & BICYCLE』をリリース!!

N.Y&Bicycle、真夏のドライヴにピッタリなミニ・アルバム『DANCE & BICYCLE』をリリース!!

FUJI ROCK FESTIVAL '13開催目前! フジロックから広げる洋楽入門

FUJI ROCK FESTIVAL '13開催目前! フジロックから広げる洋楽入門

Neat's × OTOTOY『Bedroom Orchestra』第2弾リリース!!

Neat's × OTOTOY『Bedroom Orchestra』第2弾リリース!!

dip、4年振りの新作を2枚同時にリリース

dip、4年振りの新作を2枚同時にリリース

ホテルニュートーキョーが、4年振りの3rd アルバム『yes?』リリース&インタヴュー

ホテルニュートーキョーが、4年振りの3rd アルバム『yes?』リリース&インタヴュー

DAI『The Materialized Garden』配信開始 & インタビュー

DAI『The Materialized Garden』配信開始 & インタビュー

或る感覚のライヴ音源を期間限定フリー・ダウンロード

或る感覚のライヴ音源を期間限定フリー・ダウンロード

エリーニョ『空中ランドリー』配信開始&インタビュー

エリーニョ『空中ランドリー』配信開始&インタビュー

OHAYO MOUNTAIN ROADのファースト・アルバムを配信!

OHAYO MOUNTAIN ROADのファースト・アルバムを配信!

きのこ帝国 ファースト・フル・アルバム『eureka』インタビュー

きのこ帝国 ファースト・フル・アルバム『eureka』インタビュー

sleepy.ab『neuron』リリース記念 成山剛インタビュー

sleepy.ab『neuron』リリース記念 成山剛インタビュー

或る感覚『カウンター』先行全曲フル試聴&インタビュ―

或る感覚『カウンター』先行全曲フル試聴&インタビュ―

after the greenroom『Like a Blanket』全曲フル試聴開始

after the greenroom『Like a Blanket』全曲フル試聴開始

Rie fu、新名義での2年半ぶりの新作が完成 Rie fu & the fu『BIGGER PICTURE』

Rie fu、新名義での2年半ぶりの新作が完成 Rie fu & the fu『BIGGER PICTURE』

PLAGUES『CLOUD CUTTER』インタビュ―

PLAGUES『CLOUD CUTTER』インタビュ―

小島ケイタニーラブ、1stソロ・アルバム『小島敬太』をHQDで!!

小島ケイタニーラブ、1stソロ・アルバム『小島敬太』をHQDで!!

男女混合4人組バンド・herpianoが、5年ぶりの新作『ourseason』をリリース

男女混合4人組バンド・herpianoが、5年ぶりの新作『ourseason』をリリース

LIVE REPORT『 2012年9月26日 GRAPEVINE 15th ANNIVERSARY LIVE@渋谷・NHKホール』

LIVE REPORT『 2012年9月26日 GRAPEVINE 15th ANNIVERSARY LIVE@渋谷・NHKホール』

3ヶ月連続企画 CAPTAIN HAUS RECORDINGS特集 第三弾 kuhインタビュー

3ヶ月連続企画 CAPTAIN HAUS RECORDINGS特集 第三弾 kuhインタビュー

ototoy×disk union 「NEW SENSATION」第6弾 ミツメ

ototoy×disk union 「NEW SENSATION」第6弾 ミツメ

ミツメ『mitsume』インタビュー

ミツメ『mitsume』インタビュー

あっぱ『MANTRA』リリース記念インタビュー

あっぱ『MANTRA』リリース記念インタビュー

Brilliant at Breakfast来日記念インタビュー

Brilliant at Breakfast来日記念インタビュー

カイモクジショウ『発声・源』1曲フリー・ダウンロード!!

カイモクジショウ『発声・源』1曲フリー・ダウンロード!!

伊集院幸希『This Is My Story 憐情のメロディ』インタビュー&配信開始

伊集院幸希『This Is My Story 憐情のメロディ』インタビュー&配信開始

Bloc Party『Four』4年振りの新作配信開始!

Bloc Party『Four』4年振りの新作配信開始!

BiSメジャー・デビュー記念!! 全力特集!!

BiSメジャー・デビュー記念!! 全力特集!!

活動15周年を迎えるGRAPEVINEの過去作14アルバムのレビュー

活動15周年を迎えるGRAPEVINEの過去作14アルバムのレビュー

タラチネ『ビューティフル・ストーリーズ』発売記念インタビュー

タラチネ『ビューティフル・ストーリーズ』発売記念インタビュー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

ハグレヤギ デビューEP先行販売&フリー・ダウンロード開始 山脇鉱資 INTERVIEW

ハグレヤギ デビューEP先行販売&フリー・ダウンロード開始 山脇鉱資 INTERVIEW

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

世武裕子『アデュー 世界戦争』

世武裕子『アデュー 世界戦争』

7月11日@渋谷WWWにて、虚弱。ワンマン・ライヴ開催!

7月11日@渋谷WWWにて、虚弱。ワンマン・ライヴ開催!

acari『陽がよく当たる』先行配信&フリー・ダウンロード

acari『陽がよく当たる』先行配信&フリー・ダウンロード

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

Tam Tam×HAKASE-SUNスペシャル鼎談!! Tam Tam『meteorite』リリース

Tam Tam×HAKASE-SUNスペシャル鼎談!! Tam Tam『meteorite』リリース

MAYA『Bluesy Maya in Hi-Fi』インタビュー

MAYA『Bluesy Maya in Hi-Fi』インタビュー

Anrietta『Memoraphonica』1曲先行フリー・ダウンロード開始&インタビュー

Anrietta『Memoraphonica』1曲先行フリー・ダウンロード開始&インタビュー

PoPoyans『ZOO』インタビュー

PoPoyans『ZOO』インタビュー

Turntable Films 『Yellow Yesterday』配信開始&井上陽介インタビュー

Turntable Films 『Yellow Yesterday』配信開始&井上陽介インタビュー

Doit Science『Information』

Doit Science『Information』

Clean Of Core『Spectacle』

Clean Of Core『Spectacle』

ドット・アリソン『Room 7 1/2』

ドット・アリソン『Room 7 1/2』

SEBASTIAN X 2ndアルバム『僕らのファンタジー』インタビュー

SEBASTIAN X 2ndアルバム『僕らのファンタジー』インタビュー

nhhmbase

nhhmbase

wyolica『僕は忘れない』インタビュー 

wyolica『僕は忘れない』インタビュー 

halos

halos

クラムボン NEUTRAL NATION '09@新木場 STUDIO COAST ライブ・レポ

クラムボン NEUTRAL NATION '09@新木場 STUDIO COAST ライブ・レポ

ゆーきゃん「サイダー」レビュー

ゆーきゃん「サイダー」レビュー

sgt.「銀河の車窓から-reprise-」 レビュー

sgt.「銀河の車窓から-reprise-」 レビュー

Limited Express(has gone?)  「ナイチンゲール」 高音質で独占配信 レビュー

Limited Express(has gone?) 「ナイチンゲール」 高音質で独占配信 レビュー

森ゆに『夏は来る』 インタビュー

森ゆに『夏は来る』 インタビュー

moools ライヴ音源リリース企画 酒井泰明のちょっといいとこ見てみたい Vol.2

moools ライヴ音源リリース企画 酒井泰明のちょっといいとこ見てみたい Vol.2

松倉如子『パンパラハラッパ』

松倉如子『パンパラハラッパ』

YOMOYA『Yoi Toy』

YOMOYA『Yoi Toy』

moools ライヴ音源リリース企画 酒井泰明のちょっといいとこ見てみたい Vol.3

moools ライヴ音源リリース企画 酒井泰明のちょっといいとこ見てみたい Vol.3

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

nemlino先行配信開始&フリー・ダウンロード開始

nemlino先行配信開始&フリー・ダウンロード開始

John John Festival 『歌とチューン』配信開始!!

John John Festival 『歌とチューン』配信開始!!

tamamix『u・ku・lu』DSD販売開始 インタビュー&フリーダウンロード

tamamix『u・ku・lu』DSD販売開始 インタビュー&フリーダウンロード

Ryo Hamamoto & The Wetland『Ryo Hamamoto & The Wetland』インタビュー

Ryo Hamamoto & The Wetland『Ryo Hamamoto & The Wetland』インタビュー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

notice it先行配信開始&フリーダウンロード

notice it先行配信開始&フリーダウンロード

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

青葉市子『うたびこ』先行販売&インタビュー

青葉市子『うたびこ』先行販売&インタビュー

tengal6 『まちがう』から先行フリー・ダウンロード開始。

tengal6 『まちがう』から先行フリー・ダウンロード開始。

アイドル・グループ構成員増殖計画 vol.27 BiSリキッドルーム・ワンマン・ライブ・レポート!

アイドル・グループ構成員増殖計画 vol.27 BiSリキッドルーム・ワンマン・ライブ・レポート!

GRAPEVINE×plenty ライヴレポート

GRAPEVINE×plenty ライヴレポート

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

camellia音源フリー・ダウンロード配信開始!

camellia音源フリー・ダウンロード配信開始!

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

Azumiのソロ作『ぴあのとあずみ』配信開始!

Azumiのソロ作『ぴあのとあずみ』配信開始!

雨ニモ負ケズ『不撓ノ一奏』先行フリー・ダウンロード開始!

雨ニモ負ケズ『不撓ノ一奏』先行フリー・ダウンロード開始!

チャン・ギハと顔たち インタビュー

チャン・ギハと顔たち インタビュー

TELEKOV×CONTAKE対談

TELEKOV×CONTAKE対談

8.15 世界同時多発フェスティバルFUKUSHIMA! 遠藤ミチロウ(ザ・スターリン246)インタビュー

8.15 世界同時多発フェスティバルFUKUSHIMA! 遠藤ミチロウ(ザ・スターリン246)インタビュー

SEBASTIAN X『FUTURES』リリース記念 永原真夏×ヌケメ対談

SEBASTIAN X『FUTURES』リリース記念 永原真夏×ヌケメ対談

THE ANDS『ONE』

THE ANDS『ONE』

LIVE REPORT 2011/08/15 世界同時多発フェスティバルFUKUSHIMA!

LIVE REPORT 2011/08/15 世界同時多発フェスティバルFUKUSHIMA!

GRAPEVINE × OTOTOY presents「LIVE DVD GRAPEVINE tour 2011 Audio Tracks」田中和将×大関泰幸インタビュー

GRAPEVINE × OTOTOY presents「LIVE DVD GRAPEVINE tour 2011 Audio Tracks」田中和将×大関泰幸インタビュー

ATARI TEENAGE RIOT アレック・エンパイア インタビュー

ATARI TEENAGE RIOT アレック・エンパイア インタビュー

sgt.インタビュー

sgt.インタビュー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

LIVE REPORT 2011/07/29-31 FUJIROCK FESTIVAL'11

LIVE REPORT 2011/07/29-31 FUJIROCK FESTIVAL'11

六畳人間『2060』配信開始&インタビュー!

六畳人間『2060』配信開始&インタビュー!

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

FUJIROCK FESTIVAL'11特集 渡辺裕也×滝沢時朗対談

FUJIROCK FESTIVAL'11特集 渡辺裕也×滝沢時朗対談

エリーニョ×石川ユウイチ(ANIMA)×高橋ケ無(SOUR)の即興音源がOTOTOYで先行配信!

エリーニョ×石川ユウイチ(ANIMA)×高橋ケ無(SOUR)の即興音源がOTOTOYで先行配信!

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

BACK DROP BOMB『Coming re:Action』

BACK DROP BOMB『Coming re:Action』

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

APARTMENT『Apartopology』インタビュー

APARTMENT『Apartopology』インタビュー

Radiohead『The King of limbs』配信開始 & 渡辺裕也レビュー

Radiohead『The King of limbs』配信開始 & 渡辺裕也レビュー

虚弱。『donguribouya』リリース!Kilk Recordsレーベル・サンプラーのフリー・ダウンロード

虚弱。『donguribouya』リリース!Kilk Recordsレーベル・サンプラーのフリー・ダウンロード

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

sakana『campolano』インタビュー

sakana『campolano』インタビュー

SEBASTIAN X配信限定シングル「光のたてがみ」インタビュー

SEBASTIAN X配信限定シングル「光のたてがみ」インタビュー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

kilk records特集!!  Aureole & Sundelay配信開始

kilk records特集!! Aureole & Sundelay配信開始

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

folk enough ニュー・アルバム『DISCO TAPE』より先行でフリー・ダウンロード

folk enough ニュー・アルバム『DISCO TAPE』より先行でフリー・ダウンロード

半澤則吉『ネコはどうせかわいいんだ』

半澤則吉『ネコはどうせかわいいんだ』

folk enough ニュー・アルバム『DISCO TAPE』より先行でフリー・ダウンロード

folk enough ニュー・アルバム『DISCO TAPE』より先行でフリー・ダウンロード

直枝政広&曽我部恵一『流星』インタビュー

直枝政広&曽我部恵一『流星』インタビュー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

青葉市子 3週連続新曲リリース第3弾「日時計」HQD配信開始&インタビュー後編

青葉市子 3週連続新曲リリース第3弾「日時計」HQD配信開始&インタビュー後編

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

青葉市子 3週連続新曲リリース第2弾「レースのむこう」HQD配信開始&インタビュー

青葉市子 3週連続新曲リリース第2弾「レースのむこう」HQD配信開始&インタビュー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

LIVE REPORT チャン・ギハと顔たち@渋谷 WWW

LIVE REPORT チャン・ギハと顔たち@渋谷 WWW

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

青葉市子 3週連続新曲リリース第1弾「パッチワーク」フリー配信

青葉市子 3週連続新曲リリース第1弾「パッチワーク」フリー配信

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

MOROHA 『MOROHA』インタビュー&配信開始!

MOROHA 『MOROHA』インタビュー&配信開始!

ANTONY & THE JOHNSONS 『Swanlights』』レビュー

ANTONY & THE JOHNSONS 『Swanlights』』レビュー

ふくろうず『ごめんね』レビュー

ふくろうず『ごめんね』レビュー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

PLAGUES全曲新録ベスト・アルバムを高音質HQD配信&深沼元昭インタビュー!

PLAGUES全曲新録ベスト・アルバムを高音質HQD配信&深沼元昭インタビュー!

FUJI ROCK FESTIVAL 2010 渾身のライヴ・レポートをアップしました!

FUJI ROCK FESTIVAL 2010 渾身のライヴ・レポートをアップしました!

FUJI ROCK FESTIVAL'10 「マニアックに行こうぜ! 」

FUJI ROCK FESTIVAL'10 「マニアックに行こうぜ! 」

渡辺裕也×木村直大 ポストロック対談 —現場で感じるポスト・ロックの「今」—

渡辺裕也×木村直大 ポストロック対談 —現場で感じるポスト・ロックの「今」—

曽我部恵一「サマー・シンフォニー」高音質でフリー・ダウンロード&インタビュー(後編)

曽我部恵一「サマー・シンフォニー」高音質でフリー・ダウンロード&インタビュー(後編)

曽我部恵一「サマー・シンフォニー」高音質でフリー・ダウンロード&インタビュー

曽我部恵一「サマー・シンフォニー」高音質でフリー・ダウンロード&インタビュー

ホテルニュートーキョー『トーキョーアブストラクト スケーター ep』インタビュー

ホテルニュートーキョー『トーキョーアブストラクト スケーター ep』インタビュー

unkie『Plug it!』@渋谷チェルシー・ホテル

unkie『Plug it!』@渋谷チェルシー・ホテル

小谷美紗子『ことの は』先行配信開始&インタビュー

小谷美紗子『ことの は』先行配信開始&インタビュー

扇谷一穂『たくさんのまばたき』リミックスver.配信開始&インタビュー

扇谷一穂『たくさんのまばたき』リミックスver.配信開始&インタビュー

トクマルシューゴ『Port Entropy』インタビュー

トクマルシューゴ『Port Entropy』インタビュー

ハッキヨイ! わたナベくん!

ハッキヨイ! わたナベくん!

unkie「But Still Beginning」

unkie「But Still Beginning」

unkie新曲「But Still Beginning」発売記念 12時間限定フリー・ダウンロード & インタビュー

unkie新曲「But Still Beginning」発売記念 12時間限定フリー・ダウンロード & インタビュー

クレイジー・フォーク・バンド 有明け『ライディングマン』

クレイジー・フォーク・バンド 有明け『ライディングマン』

関西の吟遊詩人 オガサワラヒロユキ『HAKUCHIZ』

関西の吟遊詩人 オガサワラヒロユキ『HAKUCHIZ』

LIVE REPORT ジョアンナ・ニューサム@代官山UNIT

LIVE REPORT ジョアンナ・ニューサム@代官山UNIT

moools『Weather Sketch Modified』先行で販売開始 インタビュー

moools『Weather Sketch Modified』先行で販売開始 インタビュー

ハッキヨイ! わたナベくん!VOL.1 DJ 敷島(谷川親方) インタビュー

ハッキヨイ! わたナベくん!VOL.1 DJ 敷島(谷川親方) インタビュー

CONVEX LEVEL 10年ぶりの新作『New Moon 1st Contact』よりフリー・ダウンロード

CONVEX LEVEL 10年ぶりの新作『New Moon 1st Contact』よりフリー・ダウンロード

SuiseiNoboAz『SuiseiNoboAz』インタビュー

SuiseiNoboAz『SuiseiNoboAz』インタビュー

bonobos「夕景スケープ」高音質で先行配信 レビュー

bonobos「夕景スケープ」高音質で先行配信 レビュー

toe『For Long Tomorrow』高音質HQD配信 インタビュー

toe『For Long Tomorrow』高音質HQD配信 インタビュー

HQD高音質ライヴ音源 LITE、Adebisi Shank、tera melos

HQD高音質ライヴ音源 LITE、Adebisi Shank、tera melos

カーネーション「さみだれ」高音質で先行配信 インタビュー

カーネーション「さみだれ」高音質で先行配信 インタビュー

SEBASTIAN X『ワンダフル・ワールド』 インタビュー

SEBASTIAN X『ワンダフル・ワールド』 インタビュー

ASA『Live in Paris』

ASA『Live in Paris』

マイア・バルー、フリー・ダウンロード「生きる」&HQD配信「ongaku」レビュー

マイア・バルー、フリー・ダウンロード「生きる」&HQD配信「ongaku」レビュー

イベント・レポート「ボロフェスタ'09」

イベント・レポート「ボロフェスタ'09」

TOP