攻撃的な新作をハイレゾで聴く! スクエアプッシャーのキャリアをめぐる5つのポイントとともに

スクエアプッシャーの3年振りとなる最新作『Damogen Furies』。すでに先行シングルなどで“スクエアプッシャーらしい、スクエアプッシャーすぎる”サウンドを届けているが、アルバムもまた、そうしたファンの期待を裏切らない刺激的なサウンド! 往年のファンには言っちゃいましょうか、なにはなくともテンションがブチ上がる、あの“音”が帰ってきましたよ!

あのエイフェックス・ツインがその才能を発掘して、早くも20年。14枚目となる今回のアルバムは、前作『Ufabulum』で展開されたエレクトロニクス主体のサウンドはそのままに、ジャングルやブレイクコア、はたまたフリー・ジャズからフュージョンなどが高速にぶつかり合う44分のパンキッシュな衝撃体験! 今回はなんとライヴ録音ともいうべき、全てワンテイクの一発でレコーディングされたという。

OTOTOYでは本作をハイレゾ配信! 各音色がエネルギッシュに、まるで複雑怪奇な精密機械のように絡み合う様を、ぜひともハイレゾで。

すでに20年選手となったスクエアプッシャーことトム・ジェンキンソン。なぜこれだけ、彼が愛されているのか、彼のアーティストとしてのキャリアを振り返る5つのポイントとともに、その先にある新作『DAMOGEN FURIES』を紹介しよう。

squarepusher / Damogen Furies
【配信価格】(各税込)
(左)
ALAC / FLAC / WAV(24bit/44.1kHz) / aac : 単曲 288円 アルバム 2,571円
(右)
ALAC / FLAC / WAV / aac : 単曲 257円 アルバム 2.057円
mp3 : 単曲 205円 アルバム 1,543円

【Track List】
01. Stor Eiglass / 02. Baltang Ort / 03. Rayc Fire 2 / 04. Kontenjaz / 05. Exjag Nives / 06. Baltang Arg / 07. Kwang Bass / 08. D Frozent Aac / 09. Straks Nombir


Squarepusher - Damogen Furies

スクエアプッシャーのキャリアをめぐる5つのポイント

その1 : エイフェックス・ツインが発掘した才能

スクエアプッシャーは、なんとあの天才エイフェックス・ツインが発掘したアーティスト。1994年頃からスクエアプッシャーやトム・ジェンキンソン名義で作品(『Burningn'n Tree』というコンピで聴けます)を出していたところ、エイフェックス・ツインことリチャード・D・ジェームスが彼を絶賛。そして1995年に彼の作品をリチャードのレーベル〈Rephlex〉からリリースするわけです。そのスタイルの初期の典型とも言える、複雑で高速なブレイクビーツと自身のグルーヴィーなベースを合わせた「Squarepusher Theme」をシングルで、そしてついで1996年にアルバム『Feed Me Weird Things』をリリース。一躍シーンで注目を集めます。


Squarepusher- Squarepusher Theme

彼のサウンドは、ドラムンベース・ムーヴメントの、そのオルタナ・ヴァージョンとも言えるでしょう。言い得て妙なドリルンベースと呼ばれました。エイフェックス・ツイン、そしてその朋友ルーク・ヴァイバートのプラグ名義の作品とともにその流れを作り出しました。これらはのちにエレクトロニカやブレイクコアのシーンなどにも影響を与えるわけです。ちなみにドリルンベースに関しては、トムがエイフェックスに影響を与えたという説も。

さらに1996年は〈WARP〉へ移籍、こちらも初期の傑作とも言えるパンキッシュなフュージョン・ドリルンベース、シングル「Port Rhombus EP」をリリース、1997年にセカンド『Hard Normal Daddy』を発表し、エレクトロニック・ミュージックのトップ・プロデューサーとして仲間入りするわけです。

その2 : 凄腕のベーシスト

彼のキャリアを象徴することといえばやはりこれ。彼は凄腕のベーシストでもあるのです。そのフュージョン的な早弾きは、よく伝説的なジャズ / フュージョンのベーシスト、ジャコ・パストリアスが引き合いに出されました。高速ブレイクビーツとともに早弾きのグルーヴィーなベースをプレイするその様は「ジャコ・パストリアス・オン・アシッド」とも称されました。そのあたりは上記の「Squarepusher Theme」あたりで堪能されたし。

ジャズ・ミュージシャンだった父親の影響、幼少期からオルガンやクラシック・ギターの教育などを受け、そのあたりもあって12歳の頃にベースの演奏を開始。1975年生まれですので、以来現在40歳まで、30年近くベーシストとしてその技を磨いていたようです。ちなみに、はじめにベーシストとして演奏したのは、12歳の頃の学校の友人たちと組んだメタリカっぽいスラッシュ・メタル・バンドだとか。その後はさまざまな種類のバンドでベースを弾いており、それが現在の多様な音楽性にも示されているのではないでしょうか!

このベーシストとしてのトムは、2000年代のジャズ~フュージョン路線の諸作を得て、2008年の『Solo Electric Bass 1』という、まさにそのタイトルそのままのベーシストとしてのソロ・アルバム(サウンドはベース・オンリー)に結実するわけです。


Squarepusher - Solo Electric Bass, full concert

その3 : 非凡なエレクトロニック・ミュージックのプロデューサー

単なるベーシストというだけでは、やはりここまでくることはできませんな。彼はやはりエレクトロニック・ミュージックのプロデューサーとしての才能もまた非凡です。アシッド・ハウスやジャングル、テクノなどを複雑に結合させ、さらにはジャズやフュージョンなどをミックスし、唯一無二のスタイルをつくりあげる。なにはなくとも、その痙攣するようなビートの感覚とそれを乗りこなし、時に離反しながらも楽曲全体盛り上げるメロディのセンス、そして構成力。そこから生まれた楽曲は、聴けば大抵「スクエアプッシャーの楽曲」であることがわかります。

特に初期はチープなシーケンサーやドラムマシンなどを使っていたようで、その複雑怪奇なドラム・プログラムとともに話題になっていました。

なにせあまり人を褒めないエイフェックス・ツインがその才能を認めたアーティストですからね。アウトキャストのアンドレ3000やザ・ネプチューンズ(ファレル・ウィリアムス+チャド・ヒューゴ)、レディオヘッドのトム・ヨークらもそのサウンド・メイキングを賞賛していました。

ベーシストでもあり、同時にエレクトロニック・ミュージックのプロデューサーでもある。このバランス感覚がやはり、その才能の核ではないでしょうか。

その4 : 新作ごとにスタイルを変える、止まるところを知らない変幻自在なサウンド

さきほどベーシスト、そしてエレクトロニック・ミュージックのプロデューサーのバランス感ということをさきほど書きましたが、まさにそのバランスを揺れ動きながら絶えず新たな作品をこれまで作ってきました。そのあたりもまた彼が高い評価を受け続ける理由でしょう。

まずはドリルンベースの花形として花々しくデビューし、アッパーかつメランコリックなメロディに溢れた『Hard Normal Daddy』。うって変わって次作となる1998年『Music Is Rotted One Note 』では、ヒット作の続編を望まれていたであろう高速ドリンベースな感覚、それを後退させ、自ら演奏したというプログレッシヴ・ロック~フリー・ジャズ的なダークな作品を出してみたり。

2000年前後では、『Selection Sixteen』から『Do You Know Squarepusher』あたりで、また彼らしいスラップ・スティックなドラムを多様した、エレクトロニック・ミュージックへと戻ったかと思えば、そのサウンドにファンも多い2003年の『Ultravisitor』では内省的な落ち着いたフュージョン路線を示すなど、激しく変化を繰り返しています。

2010年前後の流れといえば、前述のソロ・ベースの後に架空のロック・バンドを想定して作られたという『Just A Souvenir』で、グルーヴィーな生演奏の艶を自身の作品に迎え入れたようなサウンドを展開し、さらには本物のバンドとなってしまった2010年の『Shobaleader One: D'demonstrator』をリリース。ジャズ、フュージョン、ファンク、ロック、AOR志向といいますか、はっきりと生演奏へと向かう彼の姿勢が示された時期。この頃はベーシストとして彼の姿も楽曲のなかで存在感がありますね。


Squarepusher presents Shobaleader One - Megazine

と、思ったら今度は「最近あらためてピュアなエレクトロニック・ミュージックのことを考え始めたんだ。とてもメロディックで、とても攻撃的なものをね」という発言、そして大型のLEDスクリーンの明滅する映像と音を同期させたライヴ・パフォーマンスとともに『Ufabulum』をリリース。生感のあるベースラインは後退し、今度はビンビンの電子音がそのサウンドの要となるわけです。人力ならぬマシン・バンド、マシンによる楽器演奏をするZ-Machinesとのコラボを経て、そして新作『DAMOGEN FURIES』へと至るわけです。

その5 : ライヴがすごい!

さて、こちらもプレイヤーとエレクトロニック・ミュージックのプロデューサー、ふたつの顔を持つトムの凄さでしょう。わりとエレクトロニック・ミュージックにおいて問題になるのがライヴ演奏。しかし、そもそもベーシストとしての腕、さらにはその理性を振り払うような高速ブレイクビーツというふたつの武器があれば、そのライヴのテンションの高さは約束されたようなものといえるでしょう。

しかし2012年の『Ufabulum』以降、ここ数年さらにヴィジュアル・アートの効果をトムはそのライヴに導き入れます。自らもLED付きのマスクをかぶり、そしてライヴには大型のLEDスクリーンとともに、サウンドとヴィジュアルの同期をすすめます。卵が先か鶏が先か、同期との必要性か、もしくはエレクトロニックな音色だからこそなのか、ここ数年のエレクトロニック・ミュージック回帰とヴィジュアルへのコミットは密接に結びついて彼の表現を構成しているのではないかと。これは新作と5月15日に開かれる単独公演で確認をするほかないのではないかと。


Squarepusher - 'Dark Steering' taken from 'Ufabulum'

新作『DAMOGEN FURIES』は?

5つのポイントを経て、新作『DAMOGEN FURIES』の解説を。本作はすべてワンテイクで録られたもので、編集も一切ないということがすでに発表されております。また、先行公開となった「Rayc Fire 2」で示されているように、やはりサウンドはかなりアップリフティングな攻撃性増し増しの内容になっている。このあたりが本作の特徴でしょう。

アルバムのスタートを飾る「Stor Eiglass」から、彼らしいドリルンベース・ドラムのリズム、さらには『Ufabulum』で磨きをかけたレイヴィーなシンセが否応なしにライヴの興奮を保証するように迫ってきます。ディープなダーク・ブレイクコア「Baltang Ort」、そして痙攣するようにバンギンな先行カット「Rayc Fire 2」まで畳み掛けるように突き進みます。このあたり、これまたライヴでは発狂間違いなしな熱量。


Squarepusher - Stor Eiglass

「Kontenjaz」から「Baltang Arg」の流れは、頭の流れに比べると、少々、落ち着いているかのように聴こえますが、これまたダブステップ以降のウォブル・ベースをスクエアプッシャーなりに解釈したような、行ってしまえばフロアへと直結する感覚に満ちた楽曲で畳み掛けます。このあたりの感覚、彼のこれまでの作品のなかでじつは新しいのではないかと。このベース・ライン、おもしろいのはいわゆる彼のベーシストとしてのサイドではなく、エレクトロニック・ミュージック・アーティストのライヴへの姿勢が見ているような気も。途中の「Exjag Nives」ではオールドスクールなドリルンベースのスタイルと現在の彼のスタイルが混じりあっております。

意外とアルバム内で異質なのが「Kwang Bass」。とはいえ、これまで彼の作品に親しんできた人間としては、アシッド+高速ブレイクビーツなこの曲こそ耳馴染みがあるのではないでしょうか。最後は、アシッド+ウォブル・ベースの混沌のなかを、本アルバムのなかで最も印象深いメランコリック・メロディが駆け巡る「D Frozent Aac」で幕を閉じます。

ウォブル・ベースがカギか?

呆気にとられているうちに1枚終わっているそんなアルバム。まさに彼のライヴのような感覚のアルバムでもあります。印象として強いのはとにかく、その重く、暴れまわるウォブル・ベース。ライヴでは相当の威力を発揮しそうなサウンド。ここ10年はわりと落ち着いた、ある種の老成すらも感じる作品の多かったスクエアプッシャーにとって、初期の暴れん坊感をさらに増幅させたやんちゃなアルバムと言えるでしょう。この迫力のシンセ・サウンドとベースの取り組みは、ハイレゾの音質でさらにクリアに、さらにドスの効いたサウンドで“キ”ます。


Squarepusher - “RAYC FIRE 2 LIVE SESSION"

すでに公開されているライヴ映像では、LEDマスクを取り去り、全身をスクリーンとして、明滅するプロジェクション・マッピングとLEDでヴィジュアル・アートを展開。サウンドと同期するど迫力のライヴとその相性は抜群でしょう。いや、本作を聴く限り、そこで鳴らされるという目的を持って作られたアルバムではないでしょうか。そのあたりも一発録りの所以ではないでしょうか? ライヴで再現できないことはやらないってことでしょう。

エレクトロニクスとライヴ、そんな現在の彼のモードを初期のやんちゃなサウンドで呼び戻しながら発露させた、エネルギッシュなアルバム。まさに“攻め”の姿勢がバキバキに迫ってくるそんなアルバムと言えるでしょう。

PROFILE

スクエアプッシャー

スクエアプッシャーのアーティスト名義でもっとも知られるトーマス・ジェンキンソンは、イギリスのテクノ・ミュージシャン、ベーシストである。

>>スクエアプッシャー ビートインク内ページ

この記事の筆者
河村 祐介

わからずや

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

祝フジで来日!  エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

テンテンコ、illicit tsuboiをアレンジに迎えたメジャー第1弾シングル──ハイレゾ配信

テンテンコ、illicit tsuboiをアレンジに迎えたメジャー第1弾シングル──ハイレゾ配信

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談

D.A.N.の新譜放談

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

Moe and ghosts × 空間現代、コラボ・アルバムをハイレゾ配信

Moe and ghosts × 空間現代、コラボ・アルバムをハイレゾ配信

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

TOP