2015/01/09 21:21

某ボカロPの”●●●的な”別名義——MOtOLOiD特集第4弾DJ'TEKINA//SOMETHINGの“EDM的”作品を特典とともに配信!

突如コミケから生まれ、EDM、チップチューン、ロック・バンドなど、あらゆるジャンルのミュージシャンが所属するネット・レーベル〈MOtOLOiD〉。11月から始まった特集もこれが最終回! 第4弾となる今回は、トラックメイカー / DJとして活動しているDJ'TEKINA//SOMETHINGをご紹介! 名前の通り“●●●的ななにか”と、全く実態のつかめない存在である彼。その正体は、DJやラウド・ミュージック・バンドのフロントマン、はたまたメタル系アイドル、BABYMETALに楽曲提供するなど、マルチな才能を発揮しまくっているボカロP、ゆよゆっぺ。そんなDJ'TEKINA//SOMETHINGに変身した彼による“EDM的な”ファースト・アルバムを、OTOTOYだけの限定トラックとともに配信。なぜ彼がDJ'TEKINA//SOMETHINGとして活動し、今作リリースまでにいたったのか。MOtOLOiD代表であり、ヒゲドライVANのギタリストとしても活躍するムラタユーサクとの対談で迫った。音楽、恋愛哲学についてなど、あらゆるパンチラインが繰り出されたこの対談を見逃すな!

謎のネット・レーベルMOtOLOiDの過去特集はこちらから!!

>>MOtOLOiD特集第1弾 : ヒゲドライVAN

>>MOtOLOiD特集第2弾 : ヒゲドライVAN(インタヴュー篇)

>>MOtOLOiD特集第3弾 : baker

DJ'TEKINA//SOMETHING / DJ'TEKINA//SOMETHING
【配信フォーマット / 価格】
ALAC / FLAC / WAV / mp3 : 単曲 200円(税込) / まとめ購入 1,620円(税込)

【Track List】
01. opening
02. Internet bxxch(feat.YUCe')
03. You need fuxxkin' anthem(feat.ゆよゆっぺ)
04. We gotta power of music(feat.DJ Samurai)
05. Ninja step
06. KIck hole
07. Paradox
08. May and December(feat.ルシュカ)
09. Emotions(feat.Hasewo)
10. 光を(feat.YUCe')
11. Hope TEKINA Remix
12. Internet bitch P*Light Remix
13. You need fuxxkin' anthem Powerless Remix
14. 光を TEKINA Remix OTOTOY限定ボーナス・トラック

INTERVIEW : DJ'TEKINA//SOMETHING×ムラタユーサク

ボカロPとして有名なゆよゆっぺの別人格であるDJ'TEKINA//SOMETHING。彼のファースト・アルバム的な何か『DJ'TEKINA//SOMETHING』は、踊りまくれるが情感豊かな音楽性、イケメンだがリア充ではない親しみやすさがある。今回はそんな“アルバム的な何か”を世に送り出した彼と、ヒゲドライVANのギタリスト、MOtOLOiDを運営するTOKYO LOGICの社長、ムラタユーサクに対談をしてもらった。果たして“的な何か”とは何なのか? 「バールのようなもの」とは違うのか? 親に渡したお年玉はどこへ行ったのか? 君の目で真実を確かめろ!

インタヴュー&文 : 滝沢時朗

ドラえもんのように、未来を感じさせる音楽

——今日は社長とDJ'TEKINA//SOMETHINGさんの対談ということで、まずレーベルのお話から伺いたいと思います。2014年のMOtOLOiDはヒゲドライバーさんもbakerさんも、今回のテキサムさんもEDMのアルバムを出されていますね。どうしてレーベルとしてEDMを打ち出しているんですか?

ムラタユーサク(以下、ムラタ) : 基本的にはその場のノリです。とはいえ、思うところもあります。まず、東京の街中ではアメリカのダンス・ミュージックが結構流れているけど、日本のダンス・ミュージックはそれほどでもない印象がある。だったら、日本人が作っていて、日本人にポップスとして受け入れらるような要素が入ったダンス・ ミュージックがあってもいいんじゃないかと思いました。

——国内でかけるダンス・ミュージックを作りたいということですね。

ムラタ : MOtOLOiDのアーティストはイベントに呼んでもらえることが最近多くて。ですが、特に地方だと予算的な問題もあって、バンドのような多人数のものではなく、ソロが多くなります。そうすると、必然的にDJで勝負することになるので、自分自身の強いネタがないといけない。ずっと他人の曲で勝負するのは寂しい気もしますし。

DJ'TEKINA//SOMETHING(以下、テキサム) : そうなんですよね。ボカロ系のイベントでかけるためにボカロ曲のブート・ミックスもたくさん作ってるんですけど、結局ポップスに寄っちゃって、ダンス・ミュージックになりづらいんですよ。でも、自分の曲にしてしまえば、もう少しダンス・ミュージックに寄せられる。だから、今は反応がどうであれ、どんな地方でも自分の曲をかけています。種を蒔いてる感じですね。

——社長は最初からテキサムさんがEDMに向いてそうだと思ったんですか?

ムラタ : ゆよゆっぺの名義でスクリーモやハードコアみたいなことをやっているけど、もう少しアーティストとしての幅を広げたほうがいいのではないかと思っていたんですよね。それで、DJをやってみようって言ったんですよ。特にクラブとロックって対極にいるじゃないですか。クラブに行く人はライヴ・ハウスは怖いって言うし、逆でもそう言うし。だから、両方わかっておくといいんじゃないってことで奨めました。

テキサム : DJやらないかって言われてからは、すぐに動き出しました。まず、速攻で電気屋さんに行って、店員さんに色々と機材のことを聞いて。全然分からなかったけど「わかりました、この安いやつにします。」って言って機材を買いました。それで、とりあえず練習を始めたんですけど、イマイチわからないままで。でも、2011年に『ヒゲドライバーを持ち上げる会』っていうハンパないイベントでDJデビューしました。その時に自分のDJ中に一回音を止めてしまって。DJにとって音を止めるのは大罪なので、それが相当悔しくて。そこから、そもそもDJやクラブ・ミュージックとはなんぞやという勉強をちゃんとやり始めます。EDMを最初に聞いて、「なんでイントロが64小節もあんの? トランスもなんでこんな長いんだろう?」って思ってたんですけど、学んでいくと「なるほど、この間に曲をつなげばいいんだ!」って、ちょっとずつ曲の成り立ちが分かってきました。それから、クラブに来ているお客さんを踊らせることが中心で、歌がメインじゃないって気づくまでにすごい時間がかかっちゃいましたね。

——具体的に特定のミュージシャンを参考にしたり、誰かに作り方の相談をしたといったことはありましたか?

テキサム : 社長にDJを奨められた時が、ちょうどSkrillexが「Rock n Roll (Will Take You to the Mountain) 」をYouTubeに上げていた頃で、聴いてみたらこれはやばいな、次世代だな、と思いました。でも、それを自分の形にするには、なかなか時間がかかりましたね。EDMってすごくチャラかったり、どうでもいいぜ! っていうイメージが先行すると思うんですけど、盛り上げるためにじつはすごく緻密に作ってあるんですよ。まだその時は雑誌にEDMの作り方も載っていなくて、1、2年くらいかけてようやく“EDM的なサムシング”ができました。今でもキック一発の音を決めるために一人で何時間もかけたり、プラグインについてDJ友達の八王子Pとかに電話で相談したりします。

Skrillex - Rock n Roll (Will Take You to the Mountain)
Skrillex - Rock n Roll (Will Take You to the Mountain)

――EDMそのままではなくて、EDM的なサムシングなんですね。

テキサム : 僕の曲を聴いてきた方とかクラブ・ミュージックをはじめて聴く方に対して、EDMそのままでは聴いてもらいにくいと考えていたんですね。そこで、別の切り口でどう誘い込もうかと思った時に、歌もちゃんと存在感のあるアルバムを作ろうと思っていました。

——確かにいいメロディはテキサムさんの持ち味のひとつですね。でも、EDMは盛り上げるためにフィジカルでアタックの強いサウンドにもしなくてはいけなくて、そこがメロディとぶつかってしまうことってありませんでしたか?

テキサム : フィジカルと歌みたいな気持ちの部分をわけて作っています。まず、最初にキック一発でどれだけ湧かせられるかとか、この展開では皆が手を上げてくれないとか考えながら作って、次にメロディーや歌詞が乗っかってポップスになります。だから、EDMは緻密な計算式と人の気持ちが入り混じっていて、まるでドラえもんのように未来を感じさせる音楽だなと思いますね。

彼自身がEDMみたいだと思いました

——インストの曲でも、メロディはなくてもはっきりしたフックがありますね。特に「NINJA STEP」は日本的な要素が入っていておもしろいですね。

テキサム : 普通にダブステップを作っても面白くないし、ネタの1つとしてあった方がいいなと思って作ってみました。ただ、和楽器とクラブ・ミュージックのすり合わせってなかなか難しくて、上に乗っける三味線とか尺八もなかなか音源がないんですよね。それを選ぶだけで結構お金がかかりました(笑)。やっぱり、ちゃんとした目標で作ったアルバムですし、その中に入れるネタとして作るんだったら投資しなきゃなって。でも、そういう曲があったから、いいバランスのアルバムができたなって思います。「NINJA STEP」がなければ成立しないアルバムですね。

——「We gotta power of music(feat.DJ Samurai)」も聴いた時に「なんだこれは!」って驚きがありますね。

テキサム : あれは色々な奇跡が重なってできた曲なんですよ。まず、DJ SAMURAIは日本育ちのベトナム人で、自分の年齢を4000歳とか言ってるぶっ飛んだ人です。きっかけを話すと、ベトナムのあるイベントの前夜祭を抜けてSAMURAIの家にいったら、めちゃ喜んでくれて「オー、マイメン! 君たちが来た時はスローモーションに見えたよ!」とか言って(笑)。その時にヒゲさんが、「テキサムがちょうどアルバム作ってて、SAMURAIは元々ラッパーをやってたから、フィーチャリングしたらいいじゃん」って言ってくれて、よしやろうと。でも、SAMURAIはノリで乗っかってただけみたいで、改めてお願いの連絡したら「マジか!」って(笑)。それでも一応作ってくれたんですけど、そのもらったデータがやばかったんです! 車のクラクションとか騒音ががっつり入ってて、どうノイズ・キャンセリングしても無理っていう状態で(笑)。さすがにあの音源は厳しいよって相談したら、日本に行く用事があるからそのタイミングで録ろうとなりました。それで、いざスタジオに入ったら、今度はSAMURAIがすごく落ち込んでて。理由を聞いたら、電車に乗ってるサラリーマンとかを見て、なんか無理だと思っちゃったらしくて(笑)。

DJ SAMURAI - Vietnam Lover
DJ SAMURAI - Vietnam Lover

——すでにいろいろとめちゃくちゃですね(笑)。

テキサム : しかも、いい感じのリリックは書いてくれるんですけど、ラッパーのくせに走るからOKにできなくて。何度も繰り返して、あいつが疲れてきたらちょうどいいのが録れました(笑)。でも、そういう奇跡的な偶然がたくさん重なってできた曲で、僕自身もベトナムを意識してビートを作りました。次回もフィーチャーしようと思ってます。

——また一波乱ありそうですね。

テキサム : 他にもいっぱいエピソードはありますよ。SAMURAIとB2B(※)でDJした時も、お客さんが盛り上がってないと1曲目なのに「もうやめようかな」とか言うし(笑)。

※バック・トゥ・バック。複数のDJが少ない単位で交互に曲をかけるスタイル

ムラタ : 態度がでかい小心者なんですよね。

テキサム : 彼自身がEDMみたいだと思いました。チルったらやめるみたいな。

ムラタ : でも、SAMURAIには、bakerもヒゲさんも相当影響受けたんじゃないですかね。本物のアーティストだなって感じはあるんですよ。曲がどうこうっていうより人なんですよね。みなさんぜひチェックしてください。

——他のゲストミュージシャンの方々に関してはどうですか?

テキサム : 他の曲に関しては、過去の作品でフィーチャリングしたことがあるので、なるべくその人にあった曲を作りました。この人に歌ってもらおうと考えてから、メロディや音色を考えて、歌い手が決まったらもっと詰めていくって感じですね。

人の気持ちを入れることで音楽になる

——アルバム全体の構成として、最初にアッパーな曲があって、中盤に「NINJA STEP」みたいな面白いフックのあるインスト曲があり、後半にメロディが立った曲があって、ちょうどいいバランスですよね。

テキサム : それは本当にスクリレックスを汲んだ感じですね(笑)。というか、どのEDM作品を聴いても定番の流れなんですよ。DJのアルバムって自分がDJやるんだったら、こういう選曲にするっていうパティーンでアルバムを作る人が多いと思うんですよ。やっぱり、踊りたい夜から始まって、最後には朝方になって「光を」っていうイメージで。今回のアルバムには、そこにエクストラとしてリミックスも収録しました。

——エクストラではありますけど、アルバムの流れで「Hope TEKINA Remix」を聴くと、色々とつながってくる感覚がありますね。形を変えて何度も発表されているテキサムさんの代表曲ですけど、「Hope」を通してこのアルバムはEDMでもあり、ボカロの流れにもあり、やっぱり、J-POPでもあるんだなと思います。

テキサム : なるだけ音楽のボーダーをなくしたいんですよね。ジャンルで音楽の良い悪いを判断して欲しくない。好みはあると思うんですよ。でも、じゃあ私は優しい曲しか聴かないとか、激しい曲しか聴かないっていうのは、本当にもったいない。絶対それぞれの音楽の楽しみ方があるし、楽しいことがたくさんあった方がいいに決まってるじゃないですか。いろいろな音楽にずっと触ってきた僕が言うんだから、間違いない。

——EDMはすごくサウンドが激しい部分とメロディーがかなりエモーショナルでぐっと来る部分ていうのが両立してるジャンルだと思うんですけど、今回のアルバム聴いた時に、元々テキサムさんがやっているスクリーモも一緒なのかなとも思いました。

テキサム : そうですね。そこが僕がEDMに入りやすかった部分だと思います。メロな部分からダンス・パートへのドロップっていうか、それがたまらなくて。だから打ち込みのキックが苦手だとか細かい好みはあると思うんですけど、そこを取っ払っちゃったら音楽なんて大体一緒だから(笑)。楽しいと思っちゃえればそれでいいわけで、僕はその楽しい時間を提供できるように頑張りたい。

——なるほど。「音楽なんて大体一緒」っていい言葉ですね(笑)。

一同 : ははは(笑)。

——これは社長としてもうなずける意見ですか?

ムラタ : いいんじゃないですか(笑)。僕は「昔の曲のほうが良かった」ていうような壁を作る台詞が超嫌いだから、そういうのはなくなればいいなと思ってますし。

テキサム : それは僕の場合で言うと、スクリーモしか聴いてなかった人に言われることが多いですね。

ムラタ : ヒゲさん(ヒゲドライバー)もチープなチップチューンをやってる時の方が良かったって、たまに言われてたりするんですよ。「ゆよゆっぺはこうじゃねえ」って言われることもあるし。そう言ってる人を見てると男性が多くて、本当に男性ってふられた女のことを引きずるんだなって(笑)。

ムラタユーサク(MOtOLOiD代表)

テキサム : 間違いない(笑)。

ムラタ : それを言ってる人達は昔の女に未練があるんだろうなと思います(笑)。もちろん、音楽は過去の時間を思い出すものでもあって、思い入れは出来ちゃいます。けど、昔の自分も好きだけど、今の自分も好きだぜって思って欲しいなって。

テキサム : 結局、昔には戻れないんだから(笑)。そういう壁を越えたいというところもあって、DJ'TEKINA//SOMETHINGに名前を変えてるっていうのもあるんですよね。時々はゆよゆっぺと融合合体することがあるけど、ニコ生とかの現場でも、自分としてはDJ'TEKINA//SOMETHINGを演じてますから。

——ボーカロイドにしろテキサムさんが楽曲を提供されてるBABYMETALなどのアイドルにしろ、近年に頭角を表してるジャンルというのは、ジャンルの名前が音楽性を指してるわけじゃなくて、そこをプラットフォームにしていろいろなものが詰め込まれているところに面白さがありますよね。

テキサム : そうなんですよね。さっきも言いましたけど、結局、音階と算数で器を作って、そこに人の気持ちを入れて音楽になると思うんで、いくらでも作りようがあるんですよ。どんな混ぜ方もできるし、どんなやり方もできる。僕はいくらでも変にできるとか、いくらでも自由にできるところを大事にしていきたい。だから、器を作るために凝り固まるのも大事なんですけど、BABYMETALを見ていると、ヘビーなラウド・ミュージックではあるんだけど、メタルなのかハードコアなのかはわかんないわけですよね(笑)。色んなやり方があるけど、もう彼女達がメタルって言ったらメタルなんです。

ムラタ : スーちゃんが「BABYMETALは唯一無二のBABYMETALでありたいんです」って言ってて、感動しましたね。16歳の高校生がこんなことを言うんだって(笑)。

テキサム : 曲を作ってるほうは大変なんですけどね(笑)。

DJ'TEKINA//SOMETHING

一同 : ははは(笑)。

テキサム : 大変なんですけど、そういうこと言って、しかも本当に活躍してくれるから、作りがいがありますよね。BABYMETALの曲を作るときに、プロデューサーから事前に参考音源を渡されたんですけど、全部ラウド・ミュージックっていうだけでジャンルはバラバラで、指示を出されても最初は「どういうこと?」ってなりましたけど(笑)。でも、今はこういう柔軟性が大事なんだなって思います。そもそも僕のDJ’TEKINA//SOMETHINGっていう名前もDJじゃなくて“DJ的な何か”ですからね(笑)

ムラタ : “●●●的な何か”(笑)。

テキサム : そうなんです(笑)。最初はDJがそんなに出来るわけでもなかったですし、とりあえずアフロ・ジャックの真似をするしかなかったんですけど、「ボカニコナイト」ってイベントでDJをやっていて、音楽ってこんな単純なんだって気づいたんですよ。そこに来た方の中には、クラブ・ミュージックがよく分からないとか、ボカロってカテゴリで音楽を見ていた人もたくさんいたと思うんですけど、お客さんの声を聞くと「大きいキックが鳴って、そこで体を動かすことで楽しくなれるんだ。」ってシンプルなことに気づいてくれる方がたくさんいるんですよね。僕自身もそこで気づけたし、それはすごく良かったなと思っています。

楽しいが先にあって、その上で音楽を好きになれればいい

——bakerさんがインタヴューで『WARU EP』の中の曲はいわゆるクラブ系のイベントでもボカロ系イベントでも好評で、EDMってどっちも繋げるものなんじゃないかと言っていましたが、テキサムさんもそう思いますか?

テキサム : そうですね。でも、その架け橋は自分で作るしかないかなと思っています。僕はよく海外のジャパニーズ・カルチャーのイベントに行ってDJもするんですけど、まず自分の曲をかけていいかを聞くんですよ。外タレのEDMの曲流しても盛り上がるとは思うんですけど、やっぱりジャパニーズ・カルチャーやボーカロイドとEDMを結びつけるには、まず自分が作ったものを試しに聴いてもらわなきゃいけない。これは俺が作った曲だからって言うほうが説得力がありますから。

——テキサムさんは2014年も2013年に引き続いてロック・イン・ジャパンでDJをされていますが、ボカロやEDMではない現場でも活動していく予定はあるんですか?

テキサム : ロック・イン・ジャパンではJ-POPのブート・ミックスを勝手に作っちゃったんですけど、同じようにイベントに合わせて作ることが多いんですよね。色々と挑戦をしようと思いますけど、基本的に「DJ的な何か」ですから、イベントごとにちゃんと合わせていきたいですね。

——社長としてもどんどん活動の幅を広げていってほしいですか?

ムラタ : 何も言わなくても勝手にみんな広げていきますからね(笑)。自分たちは始まった時、なにもなかったレーベルなんで、特に高尚な目的もないんです。元々はLOiDがなくなって始まったレーベルだし、ゼロから出発したから、こういう音楽を作るべきとかこう活動すべきっていうルールは持ってない。だから、音楽だけというよりは、人間としてでっかくなってもらうことに重点を置いてますね。テキサムも、失敗はありますけど色んなところに出て行っていますから、その調子でテキサム、ゆよゆっぺ、ひとりの人間としての自分、というきれいな三角形を大きくしていくことが重要です。ヒゲさんに関しても、「自分がルーツにしているチップチューンを盛り上げたいから、CHIP UNIONという組織を作ります」って言っていつのまにか作っていて、本当にすごいなと思います。そう考えれることが成長に繋がるのかなと思いますね。まあ、僕はしばらくCHIP UNIONのことを知らなかったんですけど(笑)。bakerさんはいまいち主張しない部分があるかなぁ。

——インタヴューではしっかりとした意見を伺いましたが。

ムラタ : そうなんですよ。でも、貧乏くじを引きやすいんですよね。すごくいいことでもあるんですけど、自分より先に他人を優先しちゃって、人に美味しいものを渡して、自分では行かない時が多くて。ボカロのクラブ・イベントを一番最初にやったのも彼なんですけど、あんまりDJとしてのbakerは知れ渡ってないかもしれない。でも、『waru EP』みたいなキャッチーで振り切れたアルバムを作って前進してるし、それぞれが進化していますよ。そもそもテキサム、ヒゲさん、bakerの三人は交差してなかったんですよ。これは太字でお願いしたいんですけど、そもそもヒゲさんはボカロPでもないですから! でも、ジャンルがあまり被っていない彼らが集まって、お互いの立場をわかってやっていくのが、僕たちのレーベルのいいとこだと思うんですよね。

——皆さんの音楽に対する姿勢をお話を伺うと、レーベルとしてもアーティストとしても一貫したものがありますね。

テキサム : いや、僕ぐらい音楽に対してブレブレの人も居ないですよ(笑)。気分が乗らない時は本当にできないし、その時に面白いと思ったものが先行しちゃういますから。でも、僕は楽しく生きていたいし、そのために人生をよりいい音楽で彩りたい。音楽が最初にあるんじゃなくて、楽しいが先にあって、その上で音楽を好きになれればいいと思うんでよ。自分が楽しくなれないと音楽の楽しさも伝えられないですから。だから、僕は曲を作る時にも、いかにこの曲を楽しくしてやろうかっていうことを考えます。DJやる時も、お客さんを楽しませるために、いかに自分が楽しむかってことを最優先に考えてやります。EDMも作ると楽しくなってくる音楽で、そこが良いところですよね。bakerさんもヒゲさんも、最初はEDMに対して肯定的ではなかったと思うんですけど、アルバムを聴かせてもらったら楽しさがにじみ出てますから。ヒゲさんにいたっては「楽しみ過ぎじゃない?」って言うぐらいですけど(笑)。

MOtOLOiD作品はこちら

ヒゲドライVAN / Kiss me EP(24bit/48kHz)

チップチューンを得意とするミュージシャン「ヒゲドライバー」を中心に2013年に結成されたバンドプロジェクト。2013年、クラウドファンディング・サイト「CAMPFIRE」にてヒゲドライVANは、『Kiss me EP』に関する制作支援を募るプロジェクトを開始。開始後の反響・期待は大きく、瞬く間に目標金額である100万円を集め、最終的には目標金額を大きく上回る役150万円を集め、初のワンマン・ライヴはチケット・ソールドアウト。200名強のオーディエンスを集めた。

ヒゲドライVAN / Kiss me EP(Chiptune Remix)(24bit/48kHz)

上記アルバム『Kiss me EP』のチップチューン・リミックスがこちら。まさにヒゲドライバーの真骨頂! 特典音源としてしか入手出来なかったChiptuneのリミックス盤を、まさかのハイレゾにてOTOTOYのみで独占配信!

ヒゲドライバー / HIGE DANCE(24bit/48kHz)

「チップチューンとダンス・ミュージックの融合」をテーマにした、 ヒゲドライバー渾身のピコピコ系オリジナル・アルバム。EDMとチップチューンが合わさったオシャレでファニーな一枚。

>>ヒゲドライVAN特集はこちらから

baker / waru EP(24bit/48kHz)

本人が、「ダサかっこいい気がして何となく悪そう… 略してダサかっこ悪い」と表現する『waru EP』は、トラップやダブステップなど交差するEDM作品。baker的な悪いサウンドは、深夜のフロアを湧かせること間違いなし。OTOTOY限定特典として、bakerによる「M.A.D composer」の撮りおろしミュージック・ヴィデオが付いてきちゃいます!

>>baker特集はこちらから

PROFILE

MOtOLOiD

2011年2月より始まったイベントであり、たまり場。

2度目の開催からは現在渋谷PARCOにある2.5D(当時は池尻大橋)をホームとして活動。1年半の活動の中で、Ustream同時視聴者数ランキング第一位も獲得した。

出身のDJとしてはヒゲドライバー、DJ'TEKINA//SOMETHING、DJ Powerless等。ヒゲドライバーはニコファーレにおける初出演のDJとして、DJ'TEKINA//SOMETHINGはボカニコナイト第一回目において、実力で出演を勝ち取ったDJとしても活躍。

2012年12月には冬のコミックマーケットにてレーベルMOtOLOiD発足。2013年からはネットレーベルの始動も含め、新人の開発にも乗り出す。

母体は2008年より活動を開始し、2011年1月に活動を終了した、LOiDレーベル。

現在、第一線でも活躍中のクリエイターを数多く輩出した。

>>MOtOLOiD official HP

DJ'TEKINA//SOMETHING

普段はゆよゆっぺという別の人格が作動しているが、ひとたびDJ台の前に立つや性格が豹変。会場を盛り上げるためのパフォーマンスは各所から高い評価を得ている。

クリエイターとしても『TRF TRIBUTE ALBUM BEST』への参加を筆頭にでんぱ組.inc「でんでんぱっしょん」のRemixや、BABYMETAL特別盤にも毎回Remixが収録される等活躍。

Dream5でもディズニー・カヴァーの「小さな世界」の編曲を担当。アイドル界への浸透を図っている。また、多数の海外イヴェンとにも参加し、ロック・イン・ジャパン、カウント・ダウン・ジャパンにも出演。

さらに、趣味で作ったSPEEDの「BODY&SOUL Remix」がSPEED本人達から公認をもらう等、その腕は各所から高い評価を得始めている。ボーカロイドDJの祭典ボカ・ニコ・ナイトには出演DJの中で最多出演中。

>>DJ'TEKINA//SOMETHING SoundCloud
>>DJ'TEKINA//SOMETHING 特設サイト

この記事の筆者
滝沢 時朗

1982年東京生まれ。 twitter ID:@sarigenaginger

ショーロクラブwithヴォーカリスタス『武満徹ソングブック』

ショーロクラブwithヴォーカリスタス『武満徹ソングブック』

空気公団、最新作を2週間先行ハイレゾ配信&インタヴュー

空気公団、最新作を2週間先行ハイレゾ配信&インタヴュー

MOtOLOiD特集第4弾 DJ'TEKINA//SOMETHINGの“EDM的”作品を聴け!

MOtOLOiD特集第4弾 DJ'TEKINA//SOMETHINGの“EDM的”作品を聴け!

謎のネット・レーベルMOtOLOiD特集第3弾! トラックメイカー、bakerによる“悪”なEPを、限定特典とともにハイレゾで!

謎のネット・レーベルMOtOLOiD特集第3弾! トラックメイカー、bakerによる“悪”なEPを、限定特典とともにハイレゾで!

大島輝之&大谷能生のアルバムをハイレゾ配信 & インタヴュー

大島輝之&大谷能生のアルバムをハイレゾ配信 & インタヴュー

OTOTOY限定トラックあり! ハイレゾで聴く、立花ハジメのライヴ・アルバム『GalleriAprotia』

OTOTOY限定トラックあり! ハイレゾで聴く、立花ハジメのライヴ・アルバム『GalleriAprotia』

DJまほうつかいの新作EPを特殊な3フォーマットでお届け

DJまほうつかいの新作EPを特殊な3フォーマットでお届け

空気公団による、ライブ録音アルバムをハイレゾで!

空気公団による、ライブ録音アルバムをハイレゾで!

ゲーム音楽作曲家、伊藤賢治。大人気ゲーム『サ・ガ』シリーズの楽曲を熱きバトル・アレンジで収録

ゲーム音楽作曲家、伊藤賢治。大人気ゲーム『サ・ガ』シリーズの楽曲を熱きバトル・アレンジで収録

「ロマンシング サ・ガ」シリーズの名曲を、伊藤賢治率いるロックバンドによって熱演!!

「ロマンシング サ・ガ」シリーズの名曲を、伊藤賢治率いるロックバンドによって熱演!!

豊田道倫『FUCKIN' GREAT VIEW』をハイレゾ配信&インタヴュー

豊田道倫『FUCKIN' GREAT VIEW』をハイレゾ配信&インタヴュー

Go-qualia、宇宙をコンセプトにしたセカンド・アルバム『Xeno』をリリース

Go-qualia、宇宙をコンセプトにしたセカンド・アルバム『Xeno』をリリース

Babi、2ndアルバム『Botanical』フリー・ダウンロード&HQD配信!

Babi、2ndアルバム『Botanical』フリー・ダウンロード&HQD配信!

SUNDAYカミデ、小説付きの1stソロアルバムをリリース

SUNDAYカミデ、小説付きの1stソロアルバムをリリース

中野テルヲ『Deep Architecture』配信開始&インタビュー

中野テルヲ『Deep Architecture』配信開始&インタビュー

おすすめの2.3枚(2013/8/7~2013/8/13)

おすすめの2.3枚(2013/8/7~2013/8/13)

アルゼンチン音響の代表格アレハンドロ・フラノフの入手困難だった初期の名作を、2枚同時配信!!

アルゼンチン音響の代表格アレハンドロ・フラノフの入手困難だった初期の名作を、2枚同時配信!!

SIMI LABのメンバーMARIAの1stアルバム『Detox』

SIMI LABのメンバーMARIAの1stアルバム『Detox』

Riow Araiが自身のレーベルから、第2弾ソロ・アルバムをリリース!!

Riow Araiが自身のレーベルから、第2弾ソロ・アルバムをリリース!!

QN、RAU DEF、RICKによるMUTANTANERSの新作が解禁!

QN、RAU DEF、RICKによるMUTANTANERSの新作が解禁!

soyuz project が新作『perspective』を高音質でリリース!

soyuz project が新作『perspective』を高音質でリリース!

坂本美雨×mito(クラムボン)『シロネコトラネコ』配信開始

坂本美雨×mito(クラムボン)『シロネコトラネコ』配信開始

FINAL FANTASY シリーズ生誕25周年『FINAL FANTASY VINYLS』発売記念! 10月13日@JVCマスタリング・センターで行われたこと

FINAL FANTASY シリーズ生誕25周年『FINAL FANTASY VINYLS』発売記念! 10月13日@JVCマスタリング・センターで行われたこと

空気公団『夜はそのまなざしの先に流れる』予約開始&インタビュ―

空気公団『夜はそのまなざしの先に流れる』予約開始&インタビュ―

古川本舗の待望のセカンドアルバム『ガールフレンド・フロム・キョウト』

古川本舗の待望のセカンドアルバム『ガールフレンド・フロム・キョウト』

10年振りとなるXINLISUPREMEの新作『4 Bombs』リリース & インタビュー

10年振りとなるXINLISUPREMEの新作『4 Bombs』リリース & インタビュー

昆虫キッズ『こおったゆめをとかすように』

昆虫キッズ『こおったゆめをとかすように』

伊藤賢治『Re:BirthⅡRomancing Sa・Ga BATTLE ARRANGE』配信開始!

伊藤賢治『Re:BirthⅡRomancing Sa・Ga BATTLE ARRANGE』配信開始!

fifi『orange.ep』配信開始&フリーダウンロード開始

fifi『orange.ep』配信開始&フリーダウンロード開始

Vegpher『Play』高音質で配信開始!

Vegpher『Play』高音質で配信開始!

mishmash*Julie Watai『グラドルを撃たないで』音源&PV配信開始

mishmash*Julie Watai『グラドルを撃たないで』音源&PV配信開始

kilk recordsからデビュー! cellzcellar『circus from a bygone era』1週間先行配信開始

kilk recordsからデビュー! cellzcellar『circus from a bygone era』1週間先行配信開始

Coffee & Cigarettes Band『Sessions』ライヴ音源が緊急リリース!

Coffee & Cigarettes Band『Sessions』ライヴ音源が緊急リリース!

Shing02 × Chimp Beams『ASDR』レビュー

Shing02 × Chimp Beams『ASDR』レビュー

Luis Nanook 2ndアルバム『丘の上のロメロ」配信開始&フリー・ダウンロード

Luis Nanook 2ndアルバム『丘の上のロメロ」配信開始&フリー・ダウンロード

Denkitreibe 『M4TC:Derived』フリー・ダウンロード開始!

Denkitreibe 『M4TC:Derived』フリー・ダウンロード開始!

中野テルヲ『Oscillator and Spaceship』 インタビュー&フリーダウンロード

中野テルヲ『Oscillator and Spaceship』 インタビュー&フリーダウンロード

ulrich schnauss『A Letter From Home An Ambient Selection』

ulrich schnauss『A Letter From Home An Ambient Selection』

空気公団 『春愁秋思』インタビュー

空気公団 『春愁秋思』インタビュー

AO INOUE『Arrow』高音質配信開始&インタビュー

AO INOUE『Arrow』高音質配信開始&インタビュー

Go-qualia『Puella Magi』インタビュー

Go-qualia『Puella Magi』インタビュー

INNER SCIENCE 『Elegant Confection』2ヴァージョンで配信 & フリー・ダウンロード開始!

INNER SCIENCE 『Elegant Confection』2ヴァージョンで配信 & フリー・ダウンロード開始!

halos『ivy,ivy,ivy』フリー・ダウンロード&インタヴュー

halos『ivy,ivy,ivy』フリー・ダウンロード&インタヴュー

INDOPEPSYCHICS リマスタリング&未発表曲リリース! nikインタビュー

INDOPEPSYCHICS リマスタリング&未発表曲リリース! nikインタビュー

TYCHO 『Dive』配信開始

TYCHO 『Dive』配信開始

Atlas Sound『Prallax』配信開始!

Atlas Sound『Prallax』配信開始!

WORLD STANDARD『みんなおやすみ』

WORLD STANDARD『みんなおやすみ』

Fragment『鋭 ku 尖 ru』Fragment×ゆーきゃん対談

Fragment『鋭 ku 尖 ru』Fragment×ゆーきゃん対談

mama!milkライブ音源6新作同時配信開始!

mama!milkライブ音源6新作同時配信開始!

ボーカロイド特集『なるほど・ザ・ボーカロイドvol.4』

ボーカロイド特集『なるほど・ザ・ボーカロイドvol.4』

DJまほうつかい(漫画家・西島大介)ロング・インタビュー

DJまほうつかい(漫画家・西島大介)ロング・インタビュー

Babi『6色の鬣とリズミミカル』がHQDで配信開始1

Babi『6色の鬣とリズミミカル』がHQDで配信開始1

KASHIWA Daisuke『88』

KASHIWA Daisuke『88』

Build An Ark10周年アルバム & Gaby Hernandez『Sweet Starry Night』

Build An Ark10周年アルバム & Gaby Hernandez『Sweet Starry Night』

木下美紗都『それからの子供』インタビュー

木下美紗都『それからの子供』インタビュー

芳垣安洋×おおはた雄一による1夜限りのセッションをDSD録音&独占配信

芳垣安洋×おおはた雄一による1夜限りのセッションをDSD録音&独占配信

Virgin Babylon Records×Bunkaikei-records presents『super earth remixes』

Virgin Babylon Records×Bunkaikei-records presents『super earth remixes』

二階堂和美『にじみ』

二階堂和美『にじみ』

FUJIROCK FESTIVAL'11特集 渡辺裕也×滝沢時朗対談

FUJIROCK FESTIVAL'11特集 渡辺裕也×滝沢時朗対談

JESUS FEVER『Dozens Of Great Views』DSDリマスター版発売&レビュー

JESUS FEVER『Dozens Of Great Views』DSDリマスター版発売&レビュー

Wild Beasts『Smother 』レビュー

Wild Beasts『Smother 』レビュー

cyclo.『id』

cyclo.『id』

mito『DAWNS』

mito『DAWNS』

mito名義で発売直前の『DAWNS』から先行フリー配信開始!

mito名義で発売直前の『DAWNS』から先行フリー配信開始!

Tune-yards & Panda Bear 先行配信 & フリー・ダウンロード

Tune-yards & Panda Bear 先行配信 & フリー・ダウンロード

Shakuya Records『Paper Sounds』先行配信 & インタビュー

Shakuya Records『Paper Sounds』先行配信 & インタビュー

Metro-Ongen『EDEN』フリー・ダウンロード開始!

Metro-Ongen『EDEN』フリー・ダウンロード開始!

gak Sato『gF』インタビュー

gak Sato『gF』インタビュー

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.11 - 待望のBiS初フル・アルバム『Brand-new idol Society』が配信開始! -

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.11 - 待望のBiS初フル・アルバム『Brand-new idol Society』が配信開始! -

プロデューサーに益子樹(ROVO)を迎え、ANIMAが新作『シャガール』をリリース!!

プロデューサーに益子樹(ROVO)を迎え、ANIMAが新作『シャガール』をリリース!!

ボーカロイド特集『なるほど・ザ・ボーカロイドvol.1』

ボーカロイド特集『なるほど・ザ・ボーカロイドvol.1』

Oba Masahiro 『Still Life』 リリース&インタビュー

Oba Masahiro 『Still Life』 リリース&インタビュー

空気公団 『春愁秋思』インタビュー

空気公団 『春愁秋思』インタビュー

INNER SCIENCE 『Elegant Confection』2ヴァージョンで配信 & フリー・ダウンロード開始!

INNER SCIENCE 『Elegant Confection』2ヴァージョンで配信 & フリー・ダウンロード開始!

LIVE REPORT アニマキュレート2@2010/12/30 秋葉原 MOGRA

LIVE REPORT アニマキュレート2@2010/12/30 秋葉原 MOGRA

LIVE REPORT アニマキュレート@2010/12/30 秋葉原 MOGRA

LIVE REPORT アニマキュレート@2010/12/30 秋葉原 MOGRA

FilFla『Sound Fiction』インタビュー

FilFla『Sound Fiction』インタビュー

DOOBEEIS 『DOOBEEIS』配信開始!

DOOBEEIS 『DOOBEEIS』配信開始!

LIVE REPORT 青葉市子@青山EATS and MEETS Cay

LIVE REPORT 青葉市子@青山EATS and MEETS Cay

アルゼンチン特集 Alejandro Franov & Sami Abadi レビュー

アルゼンチン特集 Alejandro Franov & Sami Abadi レビュー

谷口尚久1st album 『JCT』フリー・ダウンロード

谷口尚久1st album 『JCT』フリー・ダウンロード

BEATシーンを牽引する COSMOPOLYPHONIC 配信開始!

BEATシーンを牽引する COSMOPOLYPHONIC 配信開始!

Low End Theory 来日特集!

Low End Theory 来日特集!

Brian Eno『Small Craft On A Milk Sea』日本先行配信!

Brian Eno『Small Craft On A Milk Sea』日本先行配信!

Chisato Ohori デビュー作『toanowa』配信開始

Chisato Ohori デビュー作『toanowa』配信開始

SUFJAN STEVENS(スフィアン・スティーヴンス) 『The Age of Adz』レビュー!

SUFJAN STEVENS(スフィアン・スティーヴンス) 『The Age of Adz』レビュー!

NINJA TUNE 20周年記念 特集!

NINJA TUNE 20周年記念 特集!

Design 『D.E.S.I.G.N』先行配信開始 & インタビュー!

Design 『D.E.S.I.G.N』先行配信開始 & インタビュー!

JESUS FEVER『lemniscate 』

JESUS FEVER『lemniscate 』

待望のLA BETAS特集! Alpha pup / corde音源フリー・ダウンロード開始!

待望のLA BETAS特集! Alpha pup / corde音源フリー・ダウンロード開始!

Turn On The Sunlight 『TURN ON THE SUNLIGHT』配信開始!

Turn On The Sunlight 『TURN ON THE SUNLIGHT』配信開始!

昆虫キッズ『text』より「サマータイマー」フリー・ダウンロード&インタビュー

昆虫キッズ『text』より「サマータイマー」フリー・ダウンロード&インタビュー

mama!milk『Parade』HQD高音質配信スタート&インタビューUP

mama!milk『Parade』HQD高音質配信スタート&インタビューUP

3drum3piano vol.01@西麻布SUPER DELUXE

3drum3piano vol.01@西麻布SUPER DELUXE

world's end girlfriend 名作『hurtbreak Wonderland』を大胆に分解する「division」シリーズ完結

world's end girlfriend 名作『hurtbreak Wonderland』を大胆に分解する「division」シリーズ完結

AC部 featuring まつゆう*「キッスはまだはやいわ」映像作品

AC部 featuring まつゆう*「キッスはまだはやいわ」映像作品

ATOM & MASAKI SAKAMOTO『METEOR SHOWER from "Alien Symphony"』高音質で販売開始&インタビュー

ATOM & MASAKI SAKAMOTO『METEOR SHOWER from "Alien Symphony"』高音質で販売開始&インタビュー

奇妙礼太郎トラベルスイング楽団『キング オブ ミュージック』

奇妙礼太郎トラベルスイング楽団『キング オブ ミュージック』

CONVEX LEVEL 高音質ライブ音源「you are the alien」 フリー・ダウンロード

CONVEX LEVEL 高音質ライブ音源「you are the alien」 フリー・ダウンロード

LIVE REPORT KAIKOO POPWAVE FESTIVAL

LIVE REPORT KAIKOO POPWAVE FESTIVAL

鈴木祥子『my Sweet Surrender』 インタビュー

鈴木祥子『my Sweet Surrender』 インタビュー

CRYSTALの配信限定オフィシャルDJ Mixを24bit48KHzの高音質配信開始!! 『Made In Japan "Future" Classics』収録アーティストによるコメントも掲載!!

CRYSTALの配信限定オフィシャルDJ Mixを24bit48KHzの高音質配信開始!! 『Made In Japan "Future" Classics』収録アーティストによるコメントも掲載!!

CRYSTALの配信限定オフィシャルDJ MixをHQD配信 『Made In Japan "Future" Classics』/ インタビュー

CRYSTALの配信限定オフィシャルDJ MixをHQD配信 『Made In Japan "Future" Classics』/ インタビュー

環ROY『BREAK BOY』インタビュー

環ROY『BREAK BOY』インタビュー

クラムボン ニュー・アルバムより「tiny pride」を高音質HQDでフリー・ダウンロード

クラムボン ニュー・アルバムより「tiny pride」を高音質HQDでフリー・ダウンロード

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER『VOLCANO』未収録音源を高音質でフリー・ダウンロード

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER『VOLCANO』未収録音源を高音質でフリー・ダウンロード

ZZ PRODUCTION『ZZ』

ZZ PRODUCTION『ZZ』

レイト『さよなら昨日』特集ページ

レイト『さよなら昨日』特集ページ

レイト『さよなら昨日』先行フリー・ダウンロード

レイト『さよなら昨日』先行フリー・ダウンロード

ソウル・フラワー・ユニオン『アクア・ヴィテ』動画配信開始

ソウル・フラワー・ユニオン『アクア・ヴィテ』動画配信開始

TOP