ルパンがハイレゾでスウィングする! 大野雄二率いるLupintic Fiveによるルパン・ ジャズ最新作はまるでライヴ盤!

「聴いてるそこがライヴ会場になる。存分に歌えや踊れ! このノリノリ感、山田康夫さんならこう言うよ。鳥肌モンだぜコケコッコー!」――アナウンサー・土井敏之のMCにはじまり、ジャズのスタンダード・ナンバー「COMIN' HOME BABY」、MISIAのツアー・コーラスでも知られるTIGERを迎えたヴォーカル・ナンバーがふつふつと熱気を高め、「ZENIGATA MARCH」ではライヴさながらのコール&レスポンス! さらにはEGO-WRAPPIN'の中納良恵が歌う「SEXY ADVENTURE」に酔いしれ、ルパン三世のテーマ「THEME FROM LUPIN THE THIRD '89 (Lupintic Five Version)」で気分は絶頂に。"ルパン三世×ジャズ"による最高のエンターテイメント・アルバムが登場です!!

本作が今回ハイレゾ配信!! ライヴ仕立てながらもしっかりとスタジオ録音されたそのサウンド。ハイレゾならではの繊細な音の表現によってジャズ・アンサンブルを潰すことなく、より臨場感のあるサウンドに仕上がっています。Lupintic Fiveを率いるジャズ・ピアニスト / 作曲家の大野雄二へのインタヴューとともにお楽しみください。

Yuji Ohno & Lupintic FiveUP↑ with Yuji Ohno & Lupintic Five

【配信形態】
【左】WAV / ALAC / FLAC(24bit/48kHz)
【右】WAV / ALAC / FLAC(16bit/44.1kHz) 、mp3

【配信価格】(各税込)
【左】単曲 300円 / アルバム 2800円
【右】単曲 257円 / アルバム 2057円

【Track List】
01. ATMIDO feat. 土井敏之 / 02. UP with ATM #1 / 03. COMIN' HOME BABY / 04. MANHATTAN JOKE feat. TIGER / 05. UP with ATM #2 / 06. BEI MIR BIST DU SCHÖN / 07. FAIRY NIGHT / 08. UP with ATM #3 / 09. ZENIGATA MARCH / 10. LOVE SQUALL / 11. UP with ATM #4 / 12. SEXY ADVENTURE feat. 中納良恵 (from EGO-WRAPPIN') / 13. UP with ATM #5 / 14. DESTINY LOVE feat.TIGER / 15. UP with ATM #6 / 16. THEME FROM LUPIN THE THIRD '89 (Lupintic Five Version) / 17. SAMBA TEMPERADO

INTERVIEW : 大野雄二

大野雄二について詳しく知ろうとすると、歴史絵巻のような経歴にたじろいでしまう。なにしろ、アニメ主題曲の金字塔「ルパン三世のテーマ」のみならず「きのこの山」「レディボーデン」「目薬アイリス」(アイアイアイリス~ってやつね)まで、誰もが知っているあれもこれも大野雄二の曲なのだ。そんな大野は作家に転身後、しばらく遠ざかっていたジャズ・ピアニストとしての活動に2000年代から本格復帰。現在Yuji Ohno & Lupintic Fiveを率いて全国でルパン三世の楽曲を中心としたライヴ活動をおこなっている。年々盛り上がりを見せているというそのライヴの模様をまるごと再現した“疑似ライヴ盤”となった今回のアルバムは、「ジャズをより身近に楽しんでもらいたい」という、大野が長年抱いてきた願いを具現化したひとつの完成形ともいえるエンターテイメント作品だ。

今回、改めて経歴を振り返ってもらうと共に、アルバム収録曲について詳しく話を訊くことで、ルパン三世をきっかけとして有名・無名問わず良いジャズ・ナンバーをリスナーに伝えていきたいというスピリットが氏の活動意欲を支えていることを知り、深く感銘を受けた。“グルーヴは我慢”という持論を披露してくれたことをはじめ、金言が詰まった貴重なインタヴュー、本当にジャンルを問わずすべてのバンドマンに読んでほしい!

インタヴュー&文 : 岡本貴之

日本は基礎の部分をあんまりやっていないのに流行を追っていたというか

――大野さんは大学を出てジャズ・ピアニストとして活動するようになってから、70年代以降はCMや映画・TVの作曲・編曲家に転身されたんですね。かなりスパッとピアニストをやめた印象なんですが、悩んだりはしなかったんでしょうか。

大野雄二(以下、大野) : すごくスパッとやめましたね。僕がやっていた1960年代から70年代からかけて、ジャズの世界がものすごく大きく動くわけですけど、そのなかでジョン・コルトレーンという2度と出ないような人がリアルタイムで出てきて、どんどん変わっていったんです。それで日本の、ジャズを聴く人はもちろん評論家から何からみんな「アメリカのリアルタイムはこうなっているぞ」という方向に行っちゃったんですよね。

――みんながアメリカの流行を模倣するような感じだったんですか?

大野 : いやもう、模倣しないと人じゃないくらいの感じで(笑)。でも向こうの人の音楽をちゃんと聴くと基礎がしっかりしているというか、その前の段階の音楽をものすごく理解して、飽き足りなくなって新しいところに行っているんだけど、日本は基礎の部分をあんまりやっていないのに流行を追っていたというか。アメリカには昔の人をずっとリスペクトしていくような、トラディショナルな部分があるわけです。サッチモ(ルイ・アームストロング)あたりから。そういうところをちょっとないがしろにしているような気がして。僕はジャズがわかってくればくるほど、やっぱりトラディショナルな部分をキッチリやらないとそっち(流行)にいく意味がないと思うようになっていったんです。たまたまそういう時期にCMの仕事がきたりしていたんで、これはおもしろいなと思ってピアニストの活動をやめたんです。片足をジャズに突っ込みつつという感じでやってたら、今の僕はいないと思いますよ。

大野雄二
――それだけ音楽作家の仕事がおもしろかったんですね。

大野 : 一言でいえば、CMですよ。一番興味があったのはCMの音楽です。CM音楽が1番厳しいのは、制約があるから。短い時間にお金をかけてる人が、それで完璧にそこの会社を有名にしたいと思うわけでしょ? その時間で商品を知らしめたいわけだから、クオリティが違うわけですよ。

――CMだけでも本当に膨大な作品を手掛けていらっしゃいますが、そうした作家としての活動を経て、現在はジャズ・ピアニストに復帰しているわけですけど、そのきっかけとなったのが『LUPIN THE THIRD「JAZZ」』ですよね。そもそも「ルパン三世」(TVシリーズPart2から担当)の音楽を手掛けるようになったのは、作家として分け隔てなく色んなジャンルに携わってきた結果だったんでしょうか?

大野 : 僕はピアノをフェイドアウトして作曲家の仕事をやっていくと心を決めたのが1970年ですから、「ルパン三世」が始まった77年までに7年経っているんです。それまでに死ぬほどCMをやったりして、色んな下地が出来てる一番良い時期だったんですよね。それともうひとつは、石立鉄男のテレビドラマが71年から始まっているんですけど、そのプロデューサーが「ルパン三世」もやることになったからなんです。

――その後かなりの年月を作家として過ごして、ステージに復帰したわけですが、そのきっかけはなんだったんでしょうか。

大野 : 最初は90年代の初めくらいに昔のジャズ仲間から「頼むから、月に1回で良いから一緒にやってくれ」って言ってきたんです。それで人前でやったわけ。僕が休んでいる間は人前で弾いたことがなくて全部スタジオなんですけど、最初は人前で弾いてたプレイヤーですから、「やっぱり人前で弾くのはおもしろいな」と思ったんです。

――そのときにライヴの快感が甦ってきたんですね。

大野 : そうそう、元々がそういう人ですからね。CMとかも飽きてきちゃってたんで。

――長年やってきた結果飽きちゃったんですか(笑)。

大野 : 飽きた、最終的には(笑)。最初は注文を受けて制約だらけの世界に痺れたわけですよ。なぜかというと、ジャズなんて人からああいう風にやれこういう風にやれって言われたら「バカヤロウ」っていう感じで、自分で勉強して自分で好きなことをやっているんだから。(CMは)その真逆だったのが楽しかったんだけど、それがやっているうちにある程度色んなことがわかってきちゃって。絶対ここは注意する点だよな、とかほとんどわかるようになっちゃったんで。打ち合わせをする段階からわかっちゃうわけ。それがちょっとつまらなくなっちゃったんです。

――そこでジャズのライヴをやってみたところまた真逆の良さがあったんですね。

大野 : それもそうなんですけど、Lupintic Fiveみたいに大きい会場でやろうなんて思わなくて、もうそろそろ街の小さなお店でたまにピアノを弾くような生活をしていこうと思ってたんですよ。でも、たまたま98年のテレビ・スペシャル「ルパン三世 炎の記憶~TOKYO CRISIS~」の中で「ラブ・スコール」を僕のトリオでやったことがきっかけで、トリオでジャズ・アルバムを出すことになり、段々大きい会場でも演奏するようになったんですけど、トリオだとやれる曲に限界があるんで、もっとパンチの効いたパフォーマンスの出来るバンドを作りたくて6人編成で結成したのがYuji Ohno & Lupintic Fiveなんです。

普通のジャズやソウル系のやたら上手いシンガーとは違う“貪欲な感じ”

――今回のアルバムは“ノリノリアゲアゲ”がテーマということですが、ライヴを再現した内容にしようと思った理由はどこにあったんでしょうか?

大野 : ライヴをやっていくうちに、進化してきてジャズの枠を超えてきちゃって。8、9年経って、みんな演奏も上手くなったり1000人規模のでっかいステージに慣れてきたわけです。そうしたらどんどんエンターテイメント的な世界もより盛り上げよう、というのがここ2、3年出てきて、最近はお客さんも最後は立って踊ってタオル回したりウェーブしたりしてますからね。だったらそれをそのままアルバムにしちゃおう、と。でも本当のライヴだと音質が良くならないので、プレイヤーがスタジオで録音するときも、ライヴでやっているような感じで演奏し、お客さんが聴いた時もライヴ会場にいるかのような感じでやろう、と。

――確かにライヴ会場にいるような臨場感を感じるアルバムになっています。合間に曲紹介する土井敏之さん(TBSアナウンサー)のMCも面白いですね。土井さんは前作のオリジナル・アルバムにも参加していますが、実際にライヴにも良くいらっしゃるんですか?

大野 : しょっちゅう来ます。ステージではメンバー紹介をしてもらったりはありますけど、ずっと袖にいてもらうわけにはいかないから(笑)。単なるお客さんとして来てくれてるのを見つけると「土井さんいるからやらせちゃおう」って(笑)。

――これまでも何回も大野さんの作品に参加しているEGO-WRAPPIN'の中納良恵さんも参加していますね。「ルパン三世」のTVスペシャルのエンディング曲は必ず女性ボーカルを起用しているとのことで、これまでも今井美樹さんや、カヒミ・カリィさん、2013年はPredawnさんが参加しています。その中でも中納さんはどういったところを気に入っていらっしゃるんでしょうか?

大野 : やっぱりドカンと“入神”するところでしょう。曲に入り込みますからね。あそこまでの人はいないですよ。こういったらなんだけど「純ジャズ・シンガー」じゃないんですよ。ちょっと歌謡曲も入っている気がする。そういう雑味のあるところが良いですね。普通のジャズやソウル系のやたら上手いシンガーとは違う“貪欲な感じ”というか。それとさっきも言ったようにいわゆるご入神というか、女優的な部分。曲が始まったときに顔が変わりますからね。成りきるんですよ。普通の歌の人はそこまで成りきれないんです。

――その中納さんが歌っている「SEXY ADVENTURE」はかなりロックなアレンジでアルバムのハイライトになっていますね。今回中納さんにはバラードよりも激しめの曲を歌わせたかったんですか?

大野 : よっちゃんが、というよりも、今回は“ノリノリアゲアゲ”しかやらない感じですから、バラードはその次のTIGERが歌っている「DESTINY LOVE」しかないんです。本当は普段だったらチェンジ・オブ・ペースでもう1、2曲バラードを入れるんですけど、今回はわざと「どんどん行っちゃえ!」って感じにしているんで。

――その分、TIGERさんが歌っている「DESTINY LOVE」が目立ちますし、ソウルフルですごく良い曲ですね。“隠れた名曲”と土井さんの曲紹介にもありますが、これは93年放送のTVスペシャル『ルパン暗殺指令』のEDテーマ曲で、マニアの方以外にはそれほど知られていない曲なんですか?

大野 : 昔やってた30分のTV放送のEDテーマって何十回も聴くチャンスはあるんだけど、TVスペシャルって1年に1回しか放送しないんで、その1回を聴き逃すと一生聴かないくらいなんですよ。だからちょっともったいない気もしますけどね。

コアなジャズ・ピアニストから出発していますけど、いち早く辞めちゃったというのが今に繋がっていると思うんです

――驚いたのは「FAIRY NIGHT」なんですけど、オリジナル(TVシリーズPart3のED)曲はソニア・ローザさんのボーカル入りですが、かなり曲調の違うインストになっています。こういうアレンジした曲をライヴでやると元の曲がわからない方もいるんじゃないですか?

大野 : どのくらいのコアなファンの比率と普通の人の比率があるかによるんですけど、結構どこでやっても、コアな人は3割くらいは来るんですよ。そういう人もいるから、あんまり違和感はないです。

――この曲もすごくブルージーなギター・ソロが入っていてかっこいいですね。「THEME FROM LUPIN THE THIRD ’89(Lupintic Five Version)」でもメイン・テーマを歪んだギターが弾いていて新鮮です。このあたりはやはり“ノリノリアゲアゲ”ということでギターをフィーチャーしたということですかね。

大野 : そうですね、今回は意識してギターを多めにしていますからね。

――そうしたルパンの有名曲と一緒に「COMIN' HOME BABY」「BEI MIR BIST DU SCH ÖN」というジャズ・スタンダードを入れているというのは、やはりルパンをきっかけにこういうジャズの名曲を知って欲しいということでしょうか。

大野 : 今までのアルバムも全部そうなんですけど、ちょっとおせっかいですけど「こういう曲もあるんだよ」って。あんまり知らないかもしれないけど良い曲があるから聴いてくれという感じで、有名無名に関わらず僕の基準で良いと思った曲を、もう8年間入れ続けていますから。

――そうした、ジャズは敷居の高いものと思わずにより気楽に聴いてほしいという大野さんの想いは以前からずっと持っていらっしゃるものだと思うのですが、周囲の反響などを見て変わってきた感じはありますか?

大野 : あると思いますよ。やっぱり僕は、ある種コアなジャズ・ピアニストから出発していますけど、いち早く辞めちゃったというのが今に繋がっていると思うんです。それはどういうことかというと、ジャズをやっている人たちは自分たちのためだけにジャズをやっていたような気がするんですよ。最初に話したように、なにしろ今一番流行っていることがこういうことだっていうと、日本人にはありがちなんだけど、すべてそこに行っちゃうわけ。それでジョン・コルトレーンみたいなテナー・サックスの人が突然増えちゃう。ビル・エヴァンスが流行った頃にはビル・エヴァンスみたいなピアニストばっかりになっちゃう。僕はすごくそれが不思議で。「自分がねえのかな?」って。向こうの人は全部オリジナリティを出さないと虫ケラ扱いですよ。「この人に似てる人だね」で終わっちゃう。

――似てるだけなら本物を聴きますもんね。

大野 : そう。僕がジャズをやっているなかでも、わりかしそういう1番新しいことを追いかけていた時代もあったけれども、その中でもやっぱりお客さんは大事にしてたんですよ。お客さんがいないとこでやってもつまらないんで。だからって媚びたりはしないけど、ちょっとはお客さんのことも考えてあげようよ、というのは昔からずっとあったんです。ピアニストをやめてCMとかをやるようになったらますますそれがわかったんですよ。それと、ライヴをやっているとね、お客さんがどういうことを望んでいるかということがわかるんです。地方とか色んなところに行くときに、こっちがたまには違う曲をやりたくて「もう飽きちゃったから違う曲やろうよ」ってやっちゃうと、せっかく楽しみにしてくれてた人たちは喜ばないですから。コアな人たちの為だけにやったら駄目だなということは、嫌っていうほど感じたんです。北海道とか九州の田舎でやるのと、東京のど真ん中でやるのは違うんですよね。例えば演歌の人たちが“これだ”っていう曲があったらそれを持って回るでしょう。やっぱり一種それがないと駄目なんだな、と。だからすごく難しいんですけど、何曲かずつ入れていくというね。

――その中にジャズのスタンダードも混ぜて行ってるということですね。そういう意味でいうと、今回のアルバムはその理想形ということでしょうか?

大野 : うん、それを反映させてます。聴く人もライヴじゃないというのはわかっているけど、なんとなくライヴにいるような気持ちにさせてあげたくてこういう内容にしたんですよ。

グルーヴという言葉を安易に使い過ぎていると思う、僕は。グルーヴって、年に2回くらいしか出ないですよ

――僕も「LOVE SQUALL」がルパン三世の曲で1番好きなんで、これが入ってるのは嬉しいですし、ライヴで聴けたら嬉しいです。

大野 : そうでしょ? そういうことです。アレンジをただ変えれば良いわけじゃないけど、マイナーチェンジをしつつ、という方が良いんだろうなというのは最近つくづく思っていて。あんまり新曲、新曲ってやってもお客さんからするとね(笑)。もちろん聴きたい人もいるんだけど、1000人いるなかの何人いるかというと900人くらいはそういうものを聴きたいんじゃなくて「せっかく来たんだからあれを聴きたいな」というのがあるというのは、コンサートをやってると明白にわかるんで。でもそれだけじゃなくて、こっちから提案もしてあげなくちゃいけないんだけど、それをやり過ぎちゃうとお客さんからするといい迷惑だっていうことにも気が付かないと。お客さんにも何種類もあるんでね。でも、僕のコンサートでちょっと嬉しいのは、親子三代で来てくれるんですよ。僕は73歳ですけど、同じくらいの人も、リアルタイムでルパンが好きだった人もいるわけですよ。その人の息子とその子供が10歳くらいだとすると、三代で来てくれたりするんです。小さい子供にはアドリヴのところなんかはわからないかもしれないけど、やっぱりメロディを知ってると「ZENIGATA MARCH」(銭形マーチ)をやった、「ルパンのテーマ」「LOVE SQUALL」をやった、という風になるんですよ。モダン・ジャズのアドリヴをワーっとやってわけのわからないものを(笑)、4分間我慢するとまたメロディが出てきたみたいな。子供からするとね。


「THEME FROM LUPIN THE THIRD '89 (Lupintic Five Version)」MV

――我慢といえば、大野さんが「バンドのグルーヴを出すのは我慢だ」と著作に書いていらっしゃったのがすごく興味深かったんです。僕は自由にみんなが演奏していく中で熱を帯びてくることを“グルーヴ”と呼ぶのだと思っていたんですけど、改めてどういうことか教えてもらえますか?

大野 : それはグルーヴの解釈の仕方なんですけど。グルーヴという言葉を安易に使い過ぎていると思う、僕は。グルーヴって、年に2回くらいしか出ないですよ。

――年に2回ですか!? それは毎日のように演奏していてもめったに出ない?

大野 : 出ない。200日やってても2回くらいしか出ない。要するに、弾いてるときに全員に力が入ってない状態で、こんな良い気持ちになってるんだからもったいないからこれをもう少し持続しようぜっていうことなんですよ。だから我慢なんです。要は、何か仕掛けてもらいたくないということ。「なんで今こんなに良い気持ちなんだろう?」っていうことが知らない間に出来ることがあるんです。だからドラムもベースも余計なことはやらない。ベースのメロディが、こっちも演奏をやめて聴きたくなるくらいのバッキングになるときもあるわけですよ。そういうときに、それに対して自分がどういうアドリヴを弾こうかとかドラムはどう対応しようかとか、ものすごく全員が息があったときに、“誰かが何かで壊したら絶対にもったいない”と思うことが年に2回くらいしかないんです。“もどき”はありますけどね。そこに行く寸前のね。

――そこに行く寸前で壊してしまうのは、自分のエゴが出てしまうからなんですか?

大野 : そうです。誰かが何かを仕掛けて壊しちゃうんですよ。キープしていられなくなっちゃうんです。キープしてるというのは“我慢”ですから。全員がそれぞれの我慢をしているわけ。

――今、Yuji Ohno & Lupintic Fiveとして演奏している中でそれはいかがですか?

大野 : 大きい会場だとグルーヴが出にくいです。50人くらいの会場が限度。だからピアノ・トリオの方がグルーヴは出やすいです。人数が増えると出にくい。3人が6人になったら誰かが我慢しない確率が高くなるでしょ(笑)。それと、1人じゃグルーヴは出ない。1人でピアノを弾いていてもそれはグルーヴとは呼ばないんだよね。他人が入ってこないと。他人が入ってきて、1人になった感じですよ。3人でやっているのに1人になったような感じは年に2回しかないんです。

――このアルバムを聴いた方もライヴに足を運びたくなるんじゃないでしょうか。

大野 : あんまり余計なことは考えずに楽しみに来てもらいたいですね。なすがままに聴いてもらえれば絶対楽しいはずですよ。

LIVE INFORMATION

Lupintic Jazz Live TOUR 2014 〜UP↑ with Yuji Ohno & Lupintic Five〜

2014年12月25日(木)@Motion Blue YOKOHAMA
2014年12月29日(月)@Billboard Live OSAKA
2014年12月30日(火)@NAGOYA Blue Note

PROFILE

Yuji Ohno & Lupintic Five

大野雄二(Pf)、井上陽介(Ba)、江藤良人(Dr)、松島啓之(Tp)、鈴木央紹(Sax)、和泉聡志(Gt)

ジャズの楽しさと奥深さを、わかりやすく世の中に広める大役を果たしてきた人気シリーズ『LUPIN THE THIRD「JAZZ」』の記念すべき10作目『LUPIN THE THIRD 「JAZZ」 the 10th~New Flight~』(06年4月リリース)で、結成されたセクステット編成。

「ルパン三世」の楽曲を中心に作られたそのファースト・アルバムのクールでホットなプレイがセールス・ツアー観客動員ともに大好評を得る。その後、バンドとしての活動が本格化し、以後の「ルパン三世」テレビ・スペシャルのサウンドトラックは全てYuji Ohno & Lupintic Five with Friends名義でリリース。

07年11月には、ソウルナンバーからルパン三世のテーマまで極上ジャズにアレンジされた、2枚目のオリジナル・アルバムと言える『What's Going On』をリリースし全国ツアーを敢行。「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2008 in EZO」においてもジャズ・バンドとは思えぬ大迫力のパフォーマンスでオーディエンスを圧倒。09年には大野が立ち上げた「Lupintic Label」第2弾として今井美樹とのコラボレート・アルバム『Feelin' Good」をリリース、翌年10年2月にルパン・セルフカバー・アルバム『LUPIN THE THIRD ~the Last Job~』をリリース、4月には自主企画「Lupintic Night」を開催(東京ゲスト「quasimode」、大阪ゲスト「勝手にしやがれ」)。2010年4月にそれまでの俵山昌之にかわり井上陽介がベースで加入。新体制での最初のアルバム『Let's Dance』では、LUPIN×JAZZ×昭和! をテーマに、ゲスト・ヴォーカルに中納良恵(EGO-WRAPPIN’)を迎えそのリリース・ツアーも各地ソールドアウトが続出。2012年、DOUBLEがゲスト参加した「Another Page」を発売。さらに2013年11月、Predawnをエンディング・ディーバに迎えた最新作『PRINCESS OF THE BREEZE』を発売。インスト・ジャズバンドとは思えぬ活動スケールで日本全国のクラブハウスから会館、さらにはライヴハウスまで怒涛のツアー・スケジュールで精力的に活動中!

>>Yuji Ohno & Lupintic Five Official HP

この記事の筆者
岡本 貴之

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

H ZETTRIO インタヴュー——3人の人間力が表出した“奇跡的なアルバム”

H ZETTRIO インタヴュー——3人の人間力が表出した“奇跡的なアルバム”

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

ORIGA『My Way』レビュー

ORIGA『My Way』レビュー

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

TOP