入魂のロックンロール、アナログ・テープ一発録り、即ハイレゾへ! ——THE MACKSHOW、最新作の新たな道

皮ジャン、リーゼントに黒サングラス、手に持つヴィンテージ楽器で鳴らすのは思わず腰をスウィングし、共にシンガロングしたくなるような…… そう、これぞロックンロール! 万人が思い描く"ロック"のイメージを体現したかのような3人組バンド、THE MACKSHOW。彼らの最新作、3人の男がシンプルな3コードで鳴らす熱狂の3分間――『スリー・ホット・ミニッツ』と名付けられたフル・アルバムが登場です!!

今回はなんと24bit/96kHzの高音質で配信!! バンド自身初となるハイレゾ配信ですが、彼らとしては以前より待望していた様子。というのも彼らが従来取り入れている、アナログ・テープへの一発録り。この元となるアナログの音をデジタル化する際、"CD"では収められる情報量の小ささから音の細かなニュアンスが削られてしまいますが、"ハイレゾ"では収められる情報量が大きく、よりきめ細やかに、そのアナログの音を再現できるのです。

彼らが録ったとき、聴いてほしいと思った音は、ここにあります。ハイレゾへの関心を語ってくれたインタヴューとともに、ぜひ!!

THE MACKSHOW、自身待望のハイレゾでリリース!
THE MACKSHOW / THREE HOT MINUTES -3人はアイドル-

【配信価格】(各税込)
【左】(ハイレゾ)
ALAC/ FLAC / WAV(24bit/96kHz) :
単曲 324円 アルバム 2,916円
【右】
ALAC/ FLAC / WAV(16bit/44.1kHz) :
単曲 250円 アルバム 1,800円
mp3 : 単曲 199円 アルバム 1,500円

【Track List】
01. スリー・ホット・ミニッツ(インストゥルメンタル) / 02. ノーバディ・ガール / 03. 恋のワンウェイ・ドライブ / 04. あの娘はバタフライ / 05. 今夜はリーヴ・ミー / 06. グロリア / 07. いかしたスキニー・タイト / 08. リメンバー・ユー / 09. ティミー / 10. 彼女はナンバー・ワン / 11. 恋はハンキー・パンキー / 12. DRIVE ME CRAZY / 13. ラスト・ウィークエンド

INTERVIEW : コージーマック&トミーマック(THE MACKSHOW)

日本随一の3ピース・ロックンロール・バンド、THE MACKSHOWが新作アルバムで初めてOTOTOYからハイレゾ(24bit/96kHz)配信をおこなう。音楽をよりクリアに、臨場感あふれる音で伝えるということは、逆に言えば細かいミストーンやヴォーカルの音程のヨレさえもパッケージされてしまうということであり、ロック・バンドにとっては演奏力を問われることでもある。そういった意味では、ライヴで培ってきたグルーヴを余す所なく伝えることができる高音質配信をTHE MACKSHOWが選択したのは、ロックンロール・バンドとしてごくごく自然な進化ということが言える。今回、コージーマック(Vo, Gt)、トミーマック(Ba)の2人に話を訊くことができた。彼らが抱く音楽への想いを知ると共に、カリフォルニアの空の下で録音された極上のロックンロールを是非高音質で体験してほしい。

インタビュー&文 : 岡本貴之

LAのスタジオに行って、楽しみながらやっちゃおうと

――これまでもTHE MACKSHOW(以下、マックショウ)の作品はOTOTOYから配信されていますが、今回初めて24bit/96kHzのハイレゾ版が配信されるということで、詳しくお訊かせいただきたいんですが、まず昨年『狂騒天国』を発売してから長いツアーもありましたけど振り返ってみていかがですか?

コージーマック(以下、コージー) : もう、(ツアーが)どこからどこまでなんだっていうね。
トミーマック(以下、トミー) : そうだよね(笑)。

――ツアーとしては昨年8月から今年4月の東京キネマ倶楽部のファイナルまでということですね。

コージー : やっぱりどんどん増えているというか、ライヴを観たがる人も多いし、こっちもそれだったら行こうかって。観たいという人たちがいる限り、その場にいて生で演奏するのが僕らの信条だし、それが1番良いのかなって。ここ2、3年は特にそう思いますね。

――前作ではここ(自社スタジオのROCKSVILLE STUDIO ONE)で録音して、しかも1回出来たものを最初から作り直したりとかなり煮詰めた作品でしたけど、今回LAで録音したのはどうしてですか?

コージー : そもそもマックショウというのは(それ以前のキャリアを含めると)プロのプレーヤーとしてやっている期間が長くて、色んなことをやっているなかで「なんでCDは自分の思っている音にならないんだろう?」という気持ちがあって、エンジニアとかスタジオとかじゃなくて全部自分たちでやっちゃおうということでスタートしたものなんです。Pro Toolsとか出てきて、リリースまでの敷居が下がった時期で。わりとお金かけなくても録音の機材とか簡単に手に入るということでやったんですけど、5、6年やった時点で「これはちょっと違うな」って気が付いて。ずっとレコードを聴いてきた世代だから、やっぱりバーチャルに粗いものと実際に粗いものとは違うんだなって。それで結局アナログの録り方に戻っていって突き詰めると「あれ? これ普通のレコーディングだな」って(笑)。

――ひと周りして戻ってきた、と(笑)。

コージー : 普通にプロに任せたほうが良い音になるんだなって(笑)。ただ、それを最終的に形にするときに問題があったというか。最終的にアナログ・テープに保存していて、そこですごく臨場感がある自分たちの思う"良い音"というのが録れてはいたけど、CDだとその音で入らない。そのなかで試行錯誤を重ねたのが前作までなんです。でもここ何年かは高音質配信で聴いてる人が増えてきて自分でも聴いてみて「あ、やっぱりレッド・ツェッペリン聴いたら違うな!」とかを肌で感じて。今回はそこを踏まえた上でマスターをCDとハイレゾで2種類作ろうということでやりました。ただこういうやり方(自社スタジオでの録音)だとドラムとか楽器の響きがないんで、そこを良い響きで録るにはそれなりのスタジオに行ってやるしかないということで、じゃあLAのスタジオに行って、楽しみながらやっちゃおうと。

――以前『GREASY!』をレコーディングしたスタジオですか?

コージー : いや、僕のソロを録ったところです。『GREASY!』を録ったスタジオは良すぎましたね。「サンセット・サウンド」っていう名門中の名門なんですけど(※ローリング・ストーンズやビーチボーイズ等、歴史的名盤が数多く録音されたスタジオ)。今でもスケジュールがほとんど埋まってて取れないらしくて。以前は何かの間違いで取れたみたいだけど(笑)。
トミー : (笑)。
コージー : 今回は倉庫みたいなところを開けたらスタジオがあって、でも機材は昔ながらの良い機材もあるし部屋の響きもすごく良くて。「キングサイズ・サウンドラボ」という場所です。機材もある程度持って行って。
トミー : 大変だったけどね(笑)。

空間にまだ自分たちの入り込む余地があるというか

――今回も全部一発録りですよね。

コージー : そうです。録る時点で出来上がってない曲もあったんで、リハーサルしつつ、出来たら録って。音数も少ないし臨場感も上手く録れたというか。やっぱり色々凝ってアレンジしたり色んな音によって空間も見えにくくなるんですけど、楽曲にとって一番良い形というのがもちろん良いので、そのためにシンプルにやって良い響きになるのを狙いながら。でもテイクは2、3回。“ちょっとミスった"とかそういうことじゃなくて、グルーヴ感とか空気感をメインで考えるようになるというか。カリフォルニアに行くと「まあいいか!?」みたいな。「良いんじゃない? 考え方によっては?」って(笑)。
トミー : あははははは! そうだよね。

――その空気感も含めて録音した作品を高音質で聴かせたい、というのはライヴを録音して高音質で聴かせるのとは全然違いますか?

コージー : ライヴというのはその場の一回限りの空気感だし、まだまだ研究の余地があるというか、機材が限られてるんですよ。スタジオじゃないし、いつ機械が止まっちゃうかもわからないなかで、わりとセーフティーな録音の仕方をするしかないんですよ。録りこぼしたら大変だから。でもそれの良さもありますよね。キネマ倶楽部のライヴのときも、有名な方にお願いしたんですけど、やっぱりその辺の空気感を捉えるのがうまいというか。その人はキャロルの野音でやった解散ライヴも録ったということで、それだけで僕の中でめっちゃ評価が高いんですよ(笑)。

――やっぱりそういったキャロルやビートルズといったロックンロールの歴史に則ったものというのは…。

コージー : もちろん、大きいですね。今回ハイレゾ配信するのも、そこっていうか。僕たちレコードを聴いてる世代って「え? これどういう風に録ったんだろう?」というのをレコードを回転させながら想像するしかなかったというか。例えば、最近よく聴くんですけど、エルヴィス(・プレスリー)のレコーディングって、たぶんマイク一本しかないなかでエコールームとか使って「じゃあベースはここに立って」「ドラムはもっと後ろに置いて」とかそれぞれの位置を調整して録ってると思うんですけど、それを聴くと「ん? どこに(ベースの)ビル・ブラックが立ってるんだ?」みたいなとこまで聴きたいけど、それは想像するしかないというか。「音色プラス想像力」というかね。それを、高音質の配信を聴いたときにそう思ったわけ。今回のアルバムに関しても、高音質をダウンロードして聴いたらそういう音の位置まで「ああ、こういう感じだったんだな」って想像して聴けるようなものになってると思います。専門的に言うとヘッドルームが高いと余裕のある音で入れられるんで。CDだと音がパンパンになって入っているような感じなんだよね。それが(高音質配信だと)余裕があるように僕には聴こえたんです。空間にまだ自分たちの入り込む余地があるというか。

――それをCDにすると窮屈な感じがするんでしょうか。

トミー : もうなんかね、窮屈な上においしいところがなくなってるような。
コージー : もともと良い録音をしてるんだろうけど、お弁当に思いっ切り詰め込んじゃってるみたいな感じがここ最近続いてたような感覚を僕は持ってるんですよ。こんなこと言うと味も素っ気もないけど(笑)、デジタルだと言ってみれば数字が並んでるだけというか。それを2008年くらいに僕は気が付いちゃったんですよ。僕はガレージとかも好きだし、ああいう音を作っていって、綺麗に録れてる昔ながらの音も好きで、「なんでそういう音にならないんだろう?」って考えたら、「これはコンピューターだからならないんだ。」って。一回解析してる音というか。それに気が付いたというか。これはやっぱりデータが並んでるだけじゃ駄目なんだ、と。

――なるほど。

コージー : 聴く方も、ただ情報を並べてるだけになっちゃってるし。iPodとかiTunesとかで。前は「家にレコードのコレクション見に来る?」って言ってたと思うんですけど、今は(スマホを見せるように)「ほらこんなに持ってるんだ」とか。で、人の心理として「全部ないと嫌だ」みたいなものがだいたい揃っちゃったというか。だからハイレゾっていうのは、また新しい楽しみ方を音楽ファンに提供してくれるのかなという気はしてますね。

――アナログテープで録音するととにかくレコードで出したいという方もいると思うんですけど、現実的な聴かれ方としては配信が普及しているわけで、マックショウはアナログ録音の音質を届けられるより良い方法としてハイレゾ配信をやってみた、ということですね。

コージー : そうなんですよ。例えば僕らはアナログレコードも作って出すけど、プレーヤーを持ってる人が少ないからね。でもハイレゾ配信についても機械を持ってる人がまだそんなに多くないというかね。だからレコードよりさらに上を行っちゃう可能性もあるんじゃないかなと思う。

うちらは元の録音の良さとか、よりアナログの良いところを抽出して出せるんじゃないか

――それは今回レコーディングしてみて確信した部分があったんでしょうか。

コージー : ありますね。それは音が良いとかじゃなくてね。ノリですよ、ノリ。音楽なんてノリだよね。

――マックショウがリスナーに聴いてほしい音のニュアンスって言葉にするのは難しいかもしれないですけど、トミーさんどうですか?

トミー : 音っていうよりもグルーヴっていうか、「ワ~!」ってやってるあの感じ、やっぱり聴くとマックショウって音が独特だと思うんですよ、他と比べると。その感じがもっとよりわかるというか。確かにハイレゾで聴くと「ああ~こうだよなあ」って。これがマックショウだ、みたいなものが伝われば良いなと思いますね。

――今作は『狂騒天国』に比べるとちょっとメロウなミディアム・テンポが多いですね。

コージー : 自然とそうなりました。録った曲は20曲くらいあったんですけど、そのなかから音質とかノリとかグルーヴとか雰囲気が良いものを中心に選んだんで。結局、部屋の響きと自分たちのグルーヴでテンポがゆったりしたものを選んじゃったっていうことなんですよ。それはその雰囲気をお客さんに聴いてもらいたいから、「いつもよりテンポの良い曲が少ないな」っていう決め方はしないで、自然に決めました。1曲目の「スリー・ホット・ミニッツ」なんかは元々は普通にヴォーカルのパートもあって、3分くらいの曲だったんだけど、極力シンプルな曲にしたんです。そしたら「あれ? 歌いらなくない?」「ソロいらなくない?」ってつまんでいったら編集をほどこしてああなったという。逆に最後の「ラスト・ウィークエンド」は編集も何もない、ヴォーカルも録ったまんまです。
トミー : 「どうする?」「いいんじゃない?」って。


「スリー・ホット・ミニッツ」MV

――アルバムの内容でいうと、曲調はこれまで通りのロックンロールなんですが、今回は特に初期ビートルズ的なニュアンスを匂わせていますよね。「ノーバディ・ガール」のサビのコード感なんかが好きなんですけど。

コージー : ああ、まんまと狙い通り(笑)。向こうのエンジニアのリチャード・ロビンソンはまったく日本語を理解しないんだけど、「ノーバディ・ガール」を演奏したときに「これがシングルだ。ドアーズみたいだ!」って。全然違うけど(笑)。そういう受け取り方なんだ、みたいな。印象っていうのは人によって全然違うというか。情報が何もないから、フラットに曲を聴いて、でもこのアルバムの中でこの曲すごい良いなって言ってました。

――今回もコージーさん以外の2人がメイン・ヴォーカルを取る曲がありますね。

コージー : トミーは「リメンバー・ユー」っていうミディアム系の曲になって。最初は頑なに拒否してたんですけど。
トミー : テンポがある方がごまかせるかと思って(笑)。でも曲的にはミディアムの方が好きなんです。だから今回のアルバムは好きなんですよ。

――お話を伺ってると、ライヴにせよアルバムにせよ常にリスナーや時代に求められているものに応えようとしていますよね。

コージー : それはね、たぶん僕がいまだにリスナーだからですよ。CDも買うし、配信も人一倍買ってると思います。音楽はなんでも好きなんで。今回はスタッフのほうからハイレゾ配信を始めてみようという話があったんで、それに対して研究してからやりましたね。俄然楽しいですよね。気持ち的にはリスナーだから。

――リスナーもマックショウの音楽とハイレゾ配信が結びついているのがおもしろいと感じるんじゃないかと思います。

コージー : OTOTOYでハイレゾ配信をやる上で、他のアーティストが“どこをハイレゾで聴かせたいのか"というのを意識して色々聴いてみたんですよ。うちらは元の録音の良さとか、よりアナログの良いところを抽出して出せるんじゃないかというのを思ってるんですけど。それをサイトの小さいジャケットの写真と文章でみんなが語ろうとして並んでるわけじゃない。そこですよね、今度はね。その一枚のアーティスト写真と短いキャプションで「お、ちょっと聴いてみようかな」っていう風に並べば良いなと思いますね。だからマックショウのジャケットがそこにポンって出て「あれ? この人たちハイレゾなの!?」みたいな(笑)。
一同 : (笑)。

――そこにきてこのジャケットがすごく活きてきますね(笑)。

コージー : そうそう(笑)。たぶん見る人はなんとなくわかると思うんですよね。「これはアナログ感の良さを打ち出してる人たちなのかな」みたいなことを。なおかつマックショウのお客さんというのは、もちろん音楽ファンもいるんですけど、そうじゃない人も多いんですよ。CDなんて買ったことがないみたいな。そういう人たちがサイトに行ったときにどうするかでしょうね。「高音質で聴いてどうするんだ?」「プレイヤーはどうするんだ?」っていう。だから今はちょっと心配ですね(笑)。「トラックの中でどうやって聴くんだろう?」とかね(笑)。

――今回はそういうことを提案していく意味でも第一歩というか。

コージー : 要は“ノリ"なんでね、ハイレゾっていうのは。例えばこれまでベースの帯域が削られちゃってたというのが出せるというは、“ノリが出せる"ということだから。そこはロックンロールだろうがヒップホップだろうがパンクだろうが、同じだと思うんですよね。作りの良さというのを聴いてもらいたいですね。ただOTOTOYのサイトに並ぶと違和感はあると思うけど(笑)。

過去作品

LIVE INFORMATION

『THREE HOT MINUTES -3人はアイドル-』発売記念全国ツアー

スリー・ホット・マックス’89
2014年11月8日(土)@富山SUMMER KNIGHT
2014年11月16日(日)@福知山SOUND RAT
2014年11月22日(土)@守山BLUE
2014年11月23日(日)@下北沢GERDEN
2014年11月28日(金)@鹿児島SRホール
2014年11月29日(土)@唐津RUSH
2014年11月30日(日)@宇部ZANCRO BLUES
2014年12月7日@中津川マジョリカ・ジャンゴ
2014年12月20日(土)@吉良ロデオ

スリー・ホット・マックス’90
2015年1月31日(土)@本八幡サードステージ
2015年2月1日(日)@宇都宮POP GARAGE
2015年2月7日(土)@名古屋ELL FITS ALL

PROFILE

THE MACKSHOW

KOZZY MACK コージーマック(Vo.Gt)
TOMMY MACK トミーマック(Ba.Vo)
BIKE BOY バイクボーイ(Dr.Vo)

共に広島市出身・THE COLTSのメンバーである岩川浩二(コージーマック/Vo,Gt)とトミー神田(トミーマック/Ba,Vo)を中心に昭和七十七年(2002年)結成。まさに絶滅寸前・壊滅状態であった日本ロックンロール界に、覆面グループとして突如彗星のごとく現れ、全国のグッドオールド・ボーイズ~コアなロックンローラーから、ヤングなロックンロール・ファンまで震撼させる。持ち前のトゥスティン・ビートにグッドメロディは初期ビートルズやキャロルがそうだったように、愚直なまでに正直で、どこまでもシンプル。踊れて笑えて、泣けて歌えてグっと来る、シンガロング・ロックンロール。王道をさらに発展させた活動を精力的に進行中、最新型「俺たちの」ロックンロール・バンド!

>>THE MACKSHOW(B.A.D RECORDS UNITED) Official HP

この記事の筆者
岡本 貴之

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

H ZETTRIO インタヴュー——3人の人間力が表出した“奇跡的なアルバム”

H ZETTRIO インタヴュー——3人の人間力が表出した“奇跡的なアルバム”

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

ORIGA『My Way』レビュー

ORIGA『My Way』レビュー

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

TOP