祝・月見ル君想フ10周年!!ーーセカイイチ × bananafishの2マン・ライヴは9月25日(木)!! 開催直前座談会を掲載!!

東京は青山のひっそりとしたビルの地下にあるライヴハウス、月見ル君想フ。そこはロマンチックな空間である。ステージの後ろには大きな丸い月が備え付けられ、ライヴの最中には満月になったり三日月になったりと、音楽に幻想的な景色を与えてくれる。ビールやカクテルなどとともに食事もできて、ゆったりとした時間を過ごすこともできる。そんな月見ル君想フが、2014年10月をもって、10周年を迎える。それを祝って、10月は毎日アニヴァーサリー企画が行なわれることが発表された。どれもこれもワクワクする企画ばかりだが、その前夜祭として先陣を切るイベントが、自主レーベル「Anaheim Records」を立ち上げたロック・バンド、セカイイチと、今年1月に赤坂BLITZでのワンマンを行なったbananafishの2マン・ライヴである。なぜこの2組が? そして、どんなイベントが行なわれるの? 両バンドのメンバーに、月見ル君想フの店長・寺尾ブッタを交えて、2組の関係や本イベントについて座談会を行なった。さらに、bananafishのいまでは手に入らない楽曲「モノトーン」をフリー・ダウンロードでお届け。このページ開いちゃったら、9月25日は月見ル君想フへ行くしかないでしょう!!


月見ル君想フ10周年前夜祭 月面ロックspecial!!!
『セカイイチ×bananafish』
日時 : 2014年9月25日(木)
会場 : 青山月見ル君想フ
時間 : 開場18:30 / 開演19:30
料金 : 前売2800円 / 当日3300円※ドリンク代別途必要
出演 : セカイイチ / bananafish
チケット : e+購入ページ(パソコン / スマートフォン / 携帯共通)
問い合わせ : 月見ル君想フ(03-5474-8115)

>>>月見ル君想フ HP

>>>bananafishのレゲエ調楽曲「モノトーン」のフリー・ダウンロードはこちらから

INTERVIEW : セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダ(月見ル君想フ店長)

数ある東京のライヴハウスの中でも異彩を放つ存在、「青山 月見ル君想フ」。ステージ・バックに輝く大きな月の映像がさまざまな出演者、お客さんを迎え続けて今年で10年目となる同店は、南青山というあまり生活感を感じさせない場所にあることも相まって、日常の喧騒を離れ、非現実的な体験を求めて足を運ぶお客さんが多いようだ。そしてそれはミュージシャンたちにとっても同じこと。今回お集まりいただいた2つのバンド、セカイイチとbananafishも、月見ルへの想いは特別なものがあるようだ。自ら「泰山に遊ぶ」を率いるミュージシャンでもある月見ル君想フ店長・寺尾ブッタ氏を交えて、イベントに向けて座談会をおこなった。

インタヴュー&文 : 岡本貴之
写真 : 工藤薫

ブッタさんが言うことはメンバー全員が素直に聞けたんですよね

ーー本日は〈月見ル君想フ10周年前夜祭 月面ROCK special!!! 「セカイイチ×bananafish」〉の開催を記念してみなさんにお集まりいただきました。月見ルの歴史を振り返りつつ、2バンドとの関係についてもお話していただきたいと思います。

一同 : よろしくおねがいします!

ーーまず、店長の寺尾ブッタさんはいつ頃から「月見ル君想フ」に関わっていらっしゃるのでしょうか。

寺尾ブッタ(以下、寺尾) : 自分は月見ルに入社して8年目くらいです。なので10年全部は見ていないんですけど、お店が立ち上がるにあたって最初の方はすごく混乱してたと聞いています(笑)。スタッフも入れ替わりが激しかったりで。僕は今関さんという先輩に誘っていただいて入ったんですけど、その頃にはもう今関さんを中心に、お店のカラーは出来ていたと思うんですよ。そこに既にセカイイチさんも出演されていて、レコ発とかもやっていただいてたんです。たぶん自分が入ったばかりの頃だと思うんですけど。
中内正之(以下、中内) : うんうん。
吉澤響(以下、吉澤) : そうですね。

左から、角川明、赤芝栄亮、寺尾ブッタ

寺尾 : で、いろいろありまして… 10周年という。
一同 : ははははは!
角川明(以下、角川) : 一気に飛びましたね(笑)。
寺尾 : まあ色々あったんですけど(笑)。セカイイチさんは、今関さんのイベントに定期的に出ていたりとか。でもそんなに多くないですよね?
岩崎慧(以下、岩崎) : たぶんなんですけど、僕が最初に出たのはbloodthirsty butchersの吉村(秀樹)さんと、遠藤賢司さんとアナログフィッシュの佐々木健太郎と僕の4人で弾き語りやった時(2006年11月10日におこなわれたイベント)ちゃうかな?
吉澤 : 慧のソロでの弾き語りが多かったですね。あと3枚目の『世界で一番嫌いなこと』をリリースした時に、招待制のワンマンをやったと思うんですよ。関係者とか、抽選で何名かお客さんを呼んでやったのを覚えてますね。
寺尾 : スペシャル・リリース・パーティー(2007年11月13日スペシャル・リリース・パーティー〈世界で一番嫌いなことって?〉)ですよね。響さんも、元々色んな別のバンドとかで出てくれてて。
吉澤 : そうですね。他のバンドとかサポートとかで何回も出ていて、むしろそっちの方が多い気がしますね、セカイイチよりは(笑)。
寺尾 : そうですね(笑)。まあ昔から所々でみなさんお会いしてます。

ーーセカイイチと最初に会った時の印象って覚えています?

寺尾 : すごいバンドだなっていうのは、月見ルに入る前からいろんなメディアで見ていたので。バンドの名前もすごいじゃないですか(笑)?
一同 : ははははは!
寺尾 : だからもう、尊敬の眼差しで見ていました。

ーーセカイイチのみなさんは寺尾さんとの出会いは覚えていますか?

吉澤 : 僕は他のバンドやサポートで出演したときにご挨拶して、「実はセカイイチというバンドもやっているんですよ」って言ったら「もちろん知ってますよ」みたいな話をしたのが最初だと思います。
中内 : 僕、そんなにちゃんとお話したことがないんですよ。
寺尾 : そうなんですよ。
中内 : だからこれからのお付き合いで(笑)。
一同 : ははははは。
寺尾 : 10周年を機に(笑)。

左から、吉澤響、岩崎慧、中内正之

ーーbananafishは月見ルとの共同企画ライヴも何度もやっていますけど、最初はどんなきっかけで出ることになったんでしょうか。

角川 : 先程からお話に出ている今関さんとは、僕らは関わりがないんですよ。だから正統な“寺尾チルドレン”ですよね(笑)。
一同 : (笑)。
寺尾 : ライヴハウスって音源を送ったりして出演希望を出す人が多いんですけど、まさにそのパターンですね。
角川 : 初めて出たのが2008年ですね。
岩崎 : じゃあ俺たちの方が前なんだ。
角川 : そうなんです。バンドを始めて、もっとちゃんとライヴ活動をしていこうという時に1番最初に来たのが月見ルで、その日にブッキングの後いろいろ話している時に現れたのがブッタ氏で。
岩崎 : え!? そんなあだ名なんですか? 初めて聞きました(笑)。
寺尾 : そうなんです。いや、もう今更理由は聞かないでください(笑)。
一同 : ははははは!
角川 : まあブッタさんと呼んでいるんですけど(笑)。そこで、すごいダメ出しされて(苦笑)。もうライヴがすべてダメだよくらいの感じから始まったんですよね。
赤芝栄亮(以下、赤芝) : もう結成して2年位経ってたんで、ライヴハウスでも結構やってたんですよ。わりと曲にも自信があったし、いいって言ってもらえるんじゃないかと思っていたんで、すごくビックリしましたね。
角川 : でもうちらはそれに信用性を持っちゃって。ブッタさんの人柄だと思うんですけど、すごいなあという感じがして、そこからいろいろ面倒見ていただいているようなお付き合いです。
寺尾 : 最初はお店のブッキングとして5バンドの中に出ていて、自主企画をするようになって、それからワンマンをするようになっていって。そのワンマンの規模もどんどん月見ルよりも大きいところでやっていくというのをずっと見てきました。
角川 : そうですね。だから本当に師匠のような(笑)。

ーー寺尾さんから、bananafishにいろいろアドバイスもしてきたんですか?

寺尾 : そうですね。月見ルとbananafishの共同企画という形で、1年間やってみようかって言ってそれが実現したり。

ーーそれが共同企画〈SCROLL!!〉だったんですね。

角川 : そうです。2012年に隔月で月見ルさんと共同でやっていきましょうということで。その中からKANA-BOONとか空想委員会とか、人気になったバンドも出ていたりとか。

ーーバンド側からするとそういうアドバイスや企画の提案というのはありがたいことですか?

角川 : 本当に、人柄だと思うんですよね。うちらもあんまりいきなりダメ出しされたらムッとするというか、プライドもありますからいろんな感情を持つと思うんですけど、でもなんかブッタさんが言うことはメンバー全員が素直に聞けたんですよね。そこがすごくデカかったんです。いろんなライヴハウスに出てますけど、ここまで深い付き合いの人はいないですからね。そういう意味では大きな出会いだったと思ってます。
寺尾 : 真面目なんですよ、彼らは。赤坂BLITZでワンマンをやって、自分たちの中でも自信をどんどん深めている感じなので、月見ルでやるならわりと絞った濃いイベントをやろうということで、今はいろいろ考えつつ。それでこの月見ル10周年のタイミングで彼等にも出演していただきたいと思って、セカイイチさんにも出てもらいたいと思っていたので、この2バンドが月見ル10周年でやるというのはすごくいいかなと思っています。“月見ルといえば”という僕なりのイメージで、まあ若手のbananafishと、ベテランの…。
岩崎 : ベテランの(笑)。
寺尾 : 対比するとベテランの(笑)、セカイイチさんという。
赤芝 : 僕は運命を感じたんですけど、月見ルに出始めた時に何周年かのイベントで新人アーティストを紹介するというのがあって、ブッタさんにbananafishを選んでもらったんです。それで動画コメントを撮ったんですけど、その中で「月見ルになぜ出たんですか?」って聞かれて、「有名なバンドも出ているので、出てみたいと思いました」って答えたんですけど、「例えばどんなバンド?」って聞かれて「セカイイチさんとか」って言ったんですよ。
岩崎 : へぇ~! ありがとう。
赤芝 : なので、このタイミングで2マンができるとは嬉しい限りです。


bananafish「エスケープ」

ーー2バンドの関わりというのは今までなかったんですか?

角川 : 実際にバンドとしてはないんですけど、共通のPAさんがいて。
吉澤 : あ、そうそう。
寺尾 : うちに出入りしているPAの人間がどちらのバンドにもお世話になっているということで。お店がきっかけということなんですけど。
吉澤 : 月見ルはbananafishをとても応援しているというのを、そのPAさんから聞いていて、1回ライヴ観に来てくださいよって言われて、僕は何回かライヴを観てるんですよ。
角川 : ありがとうございます。そういう関わりはありますよね。
寺尾 : 実はこの組み合わせは何年か前からジワジワと。
角川 : 水面下では(笑)。
寺尾 : いつかは、というのはあったと思います。

ターニング・ポイントでいつも月見ルだなというのは、不思議な縁を感じますね

ーー月見ルでライヴをやる魅力ってどんなところに感じていますか?

岩崎 : バンドでやる時にすごく印象深く残ってるんですけど、ホーム感をやたら感じるんですよね。お客さんがやけに盛り上がるというか。そういうハコって数少ない気がしてて。単純に音楽を楽しめる土壌ができあがっているハコと、それがまだあんまりできていないハコってあると思うんですけど。ただ来ただけで単純に音楽を楽しめる土壌というのが月見ルにはあると思っていて。そういうところでやるロックンロールのライヴは必然的に盛り上がると思うし、それを受けて演者はとても気持ちよく帰るじゃないですか? そういう意味ではとってもビールが美味しく飲めるハコかな、と思っていますね。
寺尾 : ああ、嬉しいですね。
岩崎 : あとだいたいビールをタダでくれたりするので。
一同 : あはははは!
吉澤 : それはアカンやろ(笑)。さっき10周年だから生ビール600円のところ500円にするって話してたのに。タダでもらえるって言ったらアカン(笑)。
岩崎 : いや、それはもう僕と月見ルの8、9年の付き合いですから。仕方ないです(笑)。
寺尾 : (笑)。
吉澤 : やっぱりライヴに来るお客さんというのは、例えば仕事で疲れて、ライヴハウスに来て非日常を楽しみたいという方が多いと思うんです。この店の階段を降りて行って、上からも見れるけど下にホールがあってステージがあってというのは、ライヴハウスの中でも構造として珍しいと思っていて、しかもバックには月がドーンとあって。日常生活を忘れさせてくれていい感じに音楽に没頭させてくれるというか。ライヴハウスとしてはすごくいい空間だなと思いますね。お酒も美味しく飲めるし(笑)。上から見たら全部がバーっと見えるし。ドラムの手元とかも見えるじゃないですか? そういうところってあんまりないし、いいハコだなと思ってます。
角川 : 独特ですよね、月見ルって。他のライヴハウスにない要素が結構ありますよね。
中内 : 僕はセカイイチとしてはそんなに回数は出てないかもしれないんですけど、やたら印象深いライヴが多くて。さっき話の出たリリース・パーティーだったり、あとは初めての試みで昼間にワンマン・ライヴをしようと言って、めでたく今年で2回目を迎えられたんですけど。そういう節目節目でお世話になっているライヴハウスやなって。
岩崎 : みんな昼間から超酒飲んでるんですよ。「お前たち本当に大丈夫か!?」っていうくらい(笑)。
一同 : ははははは!
角川 : 盛り上がりますもんね、昼間でも。
吉澤 : あれは素敵やね。
岩崎 : 昼の方がいいんじゃねえか? って(笑)。

ーーその昼間のワンマン・ライヴ〈真昼の月 vol.2〉がおこなわれた7月20日にステージで自主レーベル「Anaheim Records」(アナハイム・レコーズ)の立ち上げを発表しましたけど、バンドのキャリアの中でも大事な発表をここでするというのは、それだけ深い関わりをバンドとしても感じているのかなと思いました。

岩崎 : そうですね。まあ個人たちの繋がりもあるし、タイミングもたまたま合ったんですけど、でもそんなたまたま合うタイミングって選ばれしものだと思っているんですよ僕は。関係値として。
角川 : うん、そうですよね、確かに。
岩崎 : そういう意味ではターニング・ポイントでいつも月見ルだなというのは、不思議な縁を感じますね。

ーー月見ルへの出演で印象的に残っていることってどんなものがありますか?

角川 : 最近ライヴではやっていない「モノトーン」という曲があるんですけど、それはレゲエな感じで裏打ちのリズムでゆったりした曲なんですけど、それなんかはもうまさに月見ルに出たからこそできた曲というか。それはバンドの中でもそういう認識があって。なんかむしろ、月見ルに合う曲を作ってたというか(笑)。なので今回この曲は配信させて頂こうと思っています。

レーベル   発売日 2014/09/11

※ 曲名をクリックすると試聴できます。

ーーセカイイチも月見ルにインスパイアされた曲ってあるんでしょうか。

岩崎 : セカイイチは元々、月に関する曲が多いんですよ。だから逆に俺らにインスパイアされてるんちゃうん? と思ってますね。
一同 : ははははは!!
岩崎 : いや、それは嘘ですけど(笑)。

ーーでも寺尾さんがいま頷いてましたけど(笑)。

寺尾 : あったかもって(笑)。
岩崎 : (笑)。僕はすごく印象深いライヴがあって、さっきも話のあった3rdアルバム『世界で一番嫌いなこと』の時に、スペシャが絡んで映像とか撮ってくれたんですよ。その時に初めての試みで、ファミコンのコントローラーにサンプラーみたいにいろんな音色を打ち込んでおいて、それをお客さんにステージから渡して、やらせるというシーンがあったんですけど、なんとコードが届かなかったという(笑)。
一同 : ははははは!
岩崎 : 初めてやからそこまで想像つかなかったんですね。コントローラーのコードが足りずに俺は泣く泣く途中で半回転してステージに戻ったんですけど(笑)。それがきっかけで次のツアーからは延長コードができましたけど。
一同 : (笑)。

ーー月見ルは実験の場でもある、という(笑)。

吉澤 : 上手いこと言いますね(笑)。
寺尾 : そうですね。それは… いいと思います(笑)。
一同 : (笑)。
寺尾 : お客さんから見てもあそこに行ったら何かあるんじゃないかとか、あのバンドが月見ルでやるなら何かあるんじゃないかとか、ワクワク感がプラスされて、バンドの方もそれをよしとしてくれるなら嬉しいですね。実際にTwitterでエゴサーチしまくっているんですけど…。
吉澤 : ははははは!
岩崎 : ホンマにブッタか? 業が深すぎるやろ!?
一同 : (爆笑)
寺尾 : 俗な奴なんで(笑)。「月見ルで見たい」という声も結構あるので、ありがたいですしもっとがんばらなきゃなと思いますね。

ーーそれは10年かけて月見ルの世界が確立されているということですよね。

寺尾 : ええ、そうですね。でも老舗になりたいという感じもないので、まさに実験の場として、箱側もどんどん新しいものを提供できたらと思っています。

昔、好きな子が働いてたんですよね

ーー出演する側としては何回出ても月見ルへの出演は新鮮なものがありますか?

角川 : 特別ですよね。毎回ライヴでも「月見ルでやるとやっぱりちょっと違う」って、ついMCでも言っちゃうくらいに特別な場所なんです、bananafishにとっては。
岩崎 : 昔、好きな子が働いてたんですよね。まあそういうのもあって足繁く通いたいなと思ってずっとやってきていて。
角川 : (笑)。そのことを想いつつ。
岩崎 : それもあって、僕個人の中ではものすごい想い出深い場所ではあるんですよ、本当に。
吉澤 : ええ話やなあ、うん。
岩崎 : なのでそういうところでステージに立たせてもらうと、まあ、男としてもバンドマンとしても凛としますわ。
一同 : ははははは。

ーー赤芝さんは月見ルのステージ上で歌うことをどんなふうに思っていますか?

赤芝 : 1番最初に、APOGEEという先輩のバンドを観にきたんですけど、お客さんの中に黒人さんがいて、それにすごくビックリしたんですよ。それって下北沢とか他のライヴハウスだとそういうことあんまりないじゃないですか。「こういうライヴハウスなんだ!?」と思って、いつか僕も黒人さんを…。
一同 : (笑)。
赤芝 : いや、まあこういう洗練されたところで歌いたいなという気持ちがありましたね(笑)。

ーー月見ルといえば青山にあるオシャレなライヴハウスというイメージが真っ先に浮かぶ方もいると思うんですけど、渋谷・下北沢みたいにお店が密集しているわけではないですし、立地的には正直来やすい場所ではないと思うんですが、その辺りはライヴをやる上でいかがですか?

岩崎 : 青山ってえらい気持ちのいい場所じゃないですか、スピリチュアル的にも。だからみんな、さっき響ちゃんが言ってたみたいな非日常みたいなものを感じるには丁度いいんじゃないかなと思います。
角川 : 少なくとも渋谷・下北沢とは確実に違いますよね、ここは。もちろん渋谷には渋谷のよさがあるんですけど。

ーー寺尾さんは他のライヴハウスとの違いをどう考えていますか?

寺尾 : 渋谷・下北沢とかでいろんな店舗が合同でイベントをやったりするのは羨ましいなと思ったりもしますけどね。
角川 : ああ~、なるほど。
寺尾 : まあそういう街にはその街のよさがありますし、ここは隠れ家というかビックリするようなワクワクするようなことがあったらいいなと思っています。
岩崎 : 俺、普通に飲みに来てましたよ、9年位前とか。A Hundred Birdsを観て痺れるくらいカッコイイなと思ったりして。そこで鍵盤の一武さん(武内一武)と知り合いになって、その後セカイイチの音源に参加してくれるきっかけにもなったんですよ。だからあの当時足繁く飲みに通っていた頃にはいろんな収穫があったのを覚えていますね。
寺尾 : なるほどね。飲みにきてくれるというのはライヴハウスとしては嬉しいですね。bananafishもよく飲みに来てるタイプだと思うんですけど。
角川 : そうですね(笑)。よく来てます。
寺尾 : そういうふうに使ってもらっていろいろ交流してくれるのもありがたいことですね。

ーー寺尾さんがブッキングする上で、どんなバンドに出てほしいと考えていらっしゃるんでしょうか。

寺尾 : 音楽的には、その人がやりたい音楽をやるというのがいいので、特に選んだりとかはないですけど。ここの場所でこういうライヴをしてお客さんを楽しませたいとか、アイデアを持った人は楽しいですね。結構そういう人たちが多いです。あとは店の中を見た瞬間にアイデアが沸き出る人達もいたりとかして。自分でブッキングして企画する時も、他と違うことが何かないかなと考えながらやってますね。だから他のライヴハウスはめちゃくちゃチェックしてますよ。

ーーいままでやってきた中で印象深い企画ってどんなものがありますか?

寺尾 : VJとか、映像が映える場所なので、それの作り込みをしている人は印象に残っていますね。ステージの大きい月以外に、小っちゃい月をいっぱい持ちこんで、全部プロジェクション・マッピングしたりとか。あとは自分がやったイベントでは、ライヴじゃないですけど、「野宿イベント」ですね。
赤芝 : それなんすか(笑)?
岩崎 : それ、なんなんすか(笑)?
一同 : ははははは!
寺尾 : 「野宿野郎」っていうミニコミを作っていらっしゃる方がいて、女性なんですけど。その人のトーク・ショーをやって、その後に野宿しようという。
角川 : 夜を明かすんですか。
吉澤 : それちょっとおもしろいですね(笑)。
寺尾 : それは自分の中では型破りでした。7人位来たんですよ(笑)。
岩崎 : 興業的にはミスですね(笑)!
一同 : ははははは!
寺尾 : まあそういうライヴ以外のことでも使えます。

ーー月見ルでライヴをする上で音の特性ってありますか?

岩崎 : PAさんによって変わるとは思うんですけど、ヴォーカルに関して言うと意外とホール鳴りするという記憶がありますね。
中内 : 確かに天井が高いし、よく鳴るな~というイメージはありますね。
岩崎 : 結構デッドなのかなと思いきや、スコーンと抜けるライヴ感があって気持ちいいですね。東京のライヴハウスによくある感じじゃなくて、オーガニックな感じがして好きです。
角川 : 自分たちの音が加工されずにそのまま伝わってる印象はありますね。
赤芝 : 癖になる音の感じがするというか、ライヴハウスってスタジオっぽい音のところと、いかにもライヴハウスという感じの音のところにわかれると思うんですけど、月見ルの音は月見ルでしかないというか。さっき慧さんがおっしゃってたオーガニックな感じというか、気持ちいいですね。歌っていてもお客さんとして聴いていても。
岩崎 : あと、昔ここで働いてたホーリーという奴がいたんですけど、そいつはもうオーガニックというかスピリチュアルな人間で、なんかそういう人間が沢山集まるようなイメージですね。それが音にも繋がっている気がします。
角川 : オーガニックな印象が強いですよね、月見ルは。
寺尾 : そうですね。まあホーリーは突出してましたけど。オーガニックなものも含めた上で価値を追求するという職人さんのスタッフが多いですね。音的には生音が良い感じでブレンドされてライヴ感が強く感じられると思います。アコースティックな会場だと思われることもたまにあるんですけど、この環境でロック・バンドを聴くのはすごく贅沢だなと自分では思います。

トム・ウェイツとかダニー・ハザウェイとかシガー・ロスとか書いてあって

ーー今度のイベントはどんな内容のライヴになりそうでしょうか?

岩崎 : セカイイチはこのライヴの半月後にミニ・アルバムを出すので(10月15日に自主レーベル第1弾となるミニ・アルバム『Anaheim Apart』をリリース)、おそらくその中の曲をちらほらやるかなという感じですね。あとは月見ルだから、せっかくなのでさっきから名前の挙がっている『世界で一番嫌いなこと』に収録されている「RAIN/THAT/SOMETHING」や僕らの代表曲「あかり」も演奏したいし、結構ドープな曲をやっても許されるのかなと。そういう攻め方をしようかな、と思っています。

角川 : 月見ル10thアニバーサーリー、つまり10年って1つの大きな節目ですよね。その節目に月見ル大先輩であるセカイイチさんと一緒にライヴができることはとても光栄に思ってます。当日はお祝いムード感を出しつつ、これまでのバンドの歴史を振り返りつつ、さらにbananafishの新しい面を打ち出せるようなライヴにをしたいですね。欲張りすぎですかね(笑)。今回配信させて頂く曲は月見ルと縁の深い曲であったり、僕らのバンドの節目となった曲です。曲を聴いてもらえればわかると思うんですが、全てテイストが違うかなと。来る前に聴いてもらえれば、先程言ったライヴの意味がわかってもらえるかと思ってます。

ーー改めてお互いのバンドの印象を聞かせて下さい。

角川 : いやもう、大先輩ですから。演奏も歌もバランスの取れていて、やっぱりキャリアを感じますね。先日も(ライヴに)お邪魔させて頂いたんですけど、バンドの力を感じますよね。まあ当日はそこをちょこっと盗もうと思っています(笑)。
吉澤 : 僕は何度かライヴを拝見させてもらっているんですけど、歌の柱がしっかりある中でどこかストレートなところで収めたくない感じのバンド・サウンド、どこか1つ捻ってやろう、ひっかかりを作ってやろうという楽曲が多いなあってイメージですね。でもライヴをやっている時にこっちに伝わってくるマインドというかスタンスというのはストレートでおもしろいなと思いながらいつも観ています。
岩崎 : アウトプットする音楽のスタンスって人それぞれだと思うけど、大前提で音楽がみんなすごく好きで、いろんな音楽を聴いてチャレンジしていっているのかなと感じますね。僕らも同じなんですけど。そういう人たちと一緒に同じライヴを作っていくのは、結構マジックが起こったりするので、すごく楽しみです。
中内 : 僕はまだライヴを拝見したことはないんですけど、YouTubeで見させて頂いたりして、結構音の出し方がソリッドなんやなと。これはライヴでどういう感じでやるのか。あとみなさんのプロフィールを見て、トム・ウェイツとかダニー・ハザウェイとかシガー・ロスとか書いてあって「いいよね、いいよね」って思ってます(笑)。だからすごく楽しみです。

赤芝 : セカイイチさんにはエネルギーを感じるというか、この間ライヴも拝見させて頂いたんですけど、家に帰って歌詞をチェックさせてもらったんです(笑)。
岩崎 : ありがとうございます(笑)。
赤芝 : 1stシングルが「ふりだしの歌」(作詞・作曲 : 岩﨑慧)っていう曲じゃないですか? 1枚目なのに「ふりだしの歌」ってどういうことだろう? って。普通だったらスタートラインとかはじまりの歌とか付けると思うんですけど、関西のバンドさんなんで、おそらく、東京に出てきて1から作り直そうみたいな気持ちで作ったのかなって想像していて。すごく上昇志向とパワーのあるバンドなんだなって思っていたんですけど。
岩崎 : ありがとう!
赤芝 : … 全然違いますか?
一同 : ははははは!
岩崎 : いやいや、そんなことないです(笑)。あれね、アメリカに1人旅をしていて、帰ってきてすぐ作ったのは覚えてる。だからその影響があるんじゃないかな。
赤芝 : そうなんですか。僕は勝手にそういうふうに受け止めてました(笑)。
岩崎 : やったぜ(笑)。

ーー当日は2バンドの共演も期待していいのでしょうか?

寺尾 : 何か一緒にやってもらえたらいいですよね。まあどういう形になるかはわかりませんけど。
角川 : そうですね。それがセッションなのかまだわからないですけど、何か両者でやれたらいいですよね。
寺尾 : あとは昔の想い出の曲というか、月見ルも10周年ということもあるので、バンドとしてもその歴史を掘り起こすような形の曲をやって頂けるとありがたいかなと思います。
角川 : わかりました。
岩崎 : そうですね、やらせてもらいます。
寺尾 : それはリクエストとしてお願いします。

ーー最後に寺尾さんの方からイベントについて一言お願いします。

寺尾 : 10月で10周年になりますので、このイベントは前夜祭なんですけど、この日はおそらくスタッフもワクワク盛り上がるのではないかと思います。普段からみなさんと仲良くさせていただいているので。スタッフもすごく楽しみにしているイベントだと思いますし、お客さんも楽しんでもらえたら嬉しいですね。10周年といっても1日1日の積み重ねということですし、これからも毎日こういうスペシャルなイベントをやっていけるように目指していけたらな、と思っています。

月見ル君想フ 10周年 Anniversary!!!

月見ル君想フ10周年前夜祭 月面ロックspecial!!!
『セカイイチ×bananafish』
日時 : 2014年9月25日(木)
会場 : 青山月見ル君想フ
時間 : 開場18:30 / 開演19:30
料金 : 前売2800円 / 当日3300円※ドリンク代別途必要
出演 : セカイイチ / bananafish
チケット : e+購入ページ(パソコン / スマートフォン / 携帯共通)
問い合わせ : 月見ル君想フ(03-5474-8115)

月見ル10周年記念1日目「ユクツキクルツキ」
2014年10月1日(木)
出演 : SOUR / Yasei Collective / Mountain Mocha Kilimanjaro

月見ル10周年記念「ヒカシュー×東京ノントロッポ」
2014年10月2日(金)
出演 : ヒカシュー / 東京ノントロッポ / O・A挫•人間

~ヨコチンレーベル・プレゼンツ~「東京30人弾き語り2014」
2014年10月4日(土)
出演 : ※50音順 安部コウセイ(HINTO) / 有馬和樹(おとぎ話) / 石川浩司(ex.たま) / 石橋英子 / 氏原ワタル(DOES) / 大久保潤也(アナ) / オクムラユウスケ / 鴨田潤(イルリメ) / 金 佑龍(キムウリョン) / K(カシミールナポレオン) / 佐々木健太郎(アナログフィッシュ) / 笹口騒音ハーモニカ / 柴田聡子 / ジム・オルーク / 杉林恭雄(くじら) / 高木克(ソウルフラワーユニオン)田畑満(アシッドマザーズテンプル) / 中川五郎/ 原田茶飯事 / ヒューマン(INN JAPAN)/ FUCKER(less than TV / FOLK SHOCK FUCKERS) / 藤岡孝章(藤岡藤巻) / 藤岡みなみ(藤岡みなみ&ザ・モローンズ) / ボギー(nontroppo / 東京ノントロッポ) / 前田由紀(Whiteberry) / 松本敏将(tobaccojuice) / 見汐麻衣(ex.埋火) / ムスキ・アルバボ・リー / 代々木原シゲル / YUKARI(Limited Express(has gone?) / ニーハオ!)

月見ル10周年記念「月と衝突vol.7」
2014年10月6日(月)
出演 : 堕落モーションFOLK2 / 波多野裕文(People In The Box) / 古舘佑太郎(The SALOVERS)

Heymoonshaker来日公演
2014年10月8日(水)
出演:Heymoonshaker

月見ル10周年記念「パラシュートセッション7」F.I.B JOURNAL × Schroeder-Headz
2014年10月9日(木)
出演 : F.I.B JOURNAL / Schroeder-Headz

“tsukuyomi” 1st Album “honeymooner” Release Party
2014年10月10日(金)
出演 : “tsukuyomi” (庸蔵’s band style) / 【VJ/Liquid Lighting】助川貞義(OVERHEADS)/ 【Food】ソウダルア / 【Opening Act】森田くみこ / 【開会宣言】カンタス村田

神棍樂團(f.TAIWAN) JAPAN TOUR
2014年10月11日(土)
出演 : 神棍樂團 / アラゲホンジ / the pyramid / 泰山に遊ぶ

月見ル10周年記念”Chocolat & Akito Tour 2014 Tokyo Special”
2014年10月14日(火)
出演 : Chocolat&Akito (band) / Vo,Key. ショコラ / Vo,Gt. 片寄明人 / Dr. 前越啓輔(おとぎ話) / B. 大森慎也(Any) / Key. 清水一登(ヒカシュー)

月見ル10周年記念「巡る満月祭」
2014年10月16日(木)
出演 : 【舞】古澤侑峯(地歌舞古澤流宗家二代目家元) / 【演奏】黒澤博幸(津軽三味線) / 東京月桃三味線 / ヤススキイ(自作楽器) / 【日本酒出店】絆の会 / サケフェス / 【料理出店】飲&YO!

月見ル10周年記念 APOGEE『OUT OF BLUE』リリースパーティー
2014年10月18日(土)
出演 : APOGEE

月見ル10周年記念「あっぱれむむむ~ん!!!」
2014年10月21日(火)
出演 : バンドじゃないもん! / ゆるめるモ!

月見ル10周年記念「月と衝突vol.8」
2014年10月23日(木)
出演 : 奇妙礼太郎 / 長谷川健一 / 五味岳久(LOSTAGE)

NAMGAR(ナムガル)来日公演2014
2014年10月27日(月)
出演 : ナムガル(ナムガル・ルハサラノワ/エフゲニー・ゾロタリョーフ/ガルサン・オショーロフ) with 鬼怒無月(ギター) / 向島ゆり子(ヴァイオリン) / 堀越彰(ドラム)

「台湾から来た二人、と青葉市子」
2014年10月29日(水)
出演 : 青葉市子 / 洪申豪(透明雑誌) / 斑斑(skip skip ben ben) ※詳細web

[lifter] ニューアルバムリリースレコ発企画「fargic vol.2」
2014年10月30日(木)
出演 : [lifter] / 山田稔明(GOMES THE HITMAN) / momo

「台湾から来た二人、とみんな」2014年11月3日(月)出演:Alfred Beach Sandal / スカート / 水中図鑑(guest) / 洪申豪(透明雑誌)/ 斑斑(skip skip ben ben) ※詳細web

PROFILE

セカイイチ

2001年、岩崎慧(Vo)が吉澤響(Dr)を誘い、「アコギボーカルとドラム」という縦一列編成でライヴをスタート。2002年に中内正之(Gt)、2003年に泉健太郎(Ba)が加入し「セカイイチ」を結成。同年12月にミニアルバム『今日あの橋の向こうまで』をリリース。2005年4月にシングル『石コロブ』で、トイズ・ファクトリーよりメジャー・デビューを果たす。デビュー以降、現在に至るまでアルバム7枚、ミニ・アルバム2枚、シングル7枚をリリースしている。結成10周年というメモリアルイヤーとも言える2013年に、Ba・泉が突然の脱退。それでも活動を止めることなく、サポート・ベースを迎え全国でライヴを展開し、同年11月には、キャリア初となる赤坂BLITZでのワンマン・ライヴを成功させた。2014年7月、自主レーベル『Anaheim Records』の立ち上げを発表。10月15日に満を持して2年7ヶ月振りのオリジナル作品『Anaheim part』をリリースする。岩崎の根底に流れるソウルフルな歌と、その歌と呼吸を共にするバンドのうねるようなグルーヴ。 デビュー以来、ジャンルの枠にとらわれず、グッド・ミュージックを鳴らし続ける歌ものロック・バンド。

>>セカイイチ Official HP

bananafish

UKロックを軸に様々なジャンルの音楽を取り込み、独自の進化を遂げ続ける東京青山発のロック・バンド。

2012年渋谷クアトロ、2014年赤坂ブリッツでのワンマン・ライヴをD.I.Yで成功させる。耳に残るアーシー・ボイス、変幻自在のギターリフ、ギターとベースの演奏アプローチの対比から観客を巻き込む圧巻のライヴ・パフォーマンスが定評を得ている。

>>bananafish Official HP
>>bananafishの特集はこちら

寺尾ブッタ

青山月見ル君想フ代表。2014年台湾台北にて浪漫的工作室を立ち上げ、交流活動に力を入れている。

青山月見ル君想フ

外苑前から徒歩5分、大きな月のスクリーンが印象的な「文化娯楽ライヴハウス」。今年は10周年。10月には10周年を記念して様々なイベントが催される。

>>月見ル君想フ HP

この記事の筆者
岡本 貴之

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

H ZETTRIO インタヴュー——3人の人間力が表出した“奇跡的なアルバム”

H ZETTRIO インタヴュー——3人の人間力が表出した“奇跡的なアルバム”

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

ORIGA『My Way』レビュー

ORIGA『My Way』レビュー

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

TOP