結成から7年、ついに音源化された壮大なサウンドスケープ——no.9 orchestra、待望の1stアルバムを独占ハイレゾで!!

no.9 orchestraを率いるno.9こと城隆之

no.9の名義で活動し、エレクトロニカのフィールドを中心に7枚のアルバムを発表してきた作曲家の城隆之。そんな彼が率いるバンド、no.9 orchestraが、結成7年目にして初のオリジナル・アルバムをリリースした。その活動がスタートしたのは2007年。以来、no.9名義の楽曲を、ギター、ドラム、ヴァイオリン、ピアノといったフィジカルな楽器で演奏するというコンセプトのもと、圧倒的なライヴを披露しつづけてきた。このたび、ライヴでしか楽しむことのできなかった彼らのサウンドがついに音源化され、『Breath in Silence』という名のアルバムにまとめられたのだ。しかも、OTOTOYではこの作品を、24bit/96kHzの高音質で独占ハイレゾ配信。no.9 orchestraが描き出す壮大なサウンドスケープを、アーティストがスタジオで聴いているのと同じ音で楽しむことができる。バンドを率いる張本人、城隆之へのインタヴューとともにお届けしよう。


no.9 orchestra / Breath in Silence (24bit/96kHz)

【配信形式 / 価格】
ALAC / FLAC / WAV : 1,620円(税込、単曲は各270円)

【収録曲】
01. with millions of love -fine-
02. Left the wind
03. after it
04. Good morning
05. inside outside
06. Re: bug beats
07. Source of harmonics



INTERVIEW : 城隆之(no.9 orchestra)

不完全な部分が重なりあったとき、そこにソウルが宿る

——ファースト・アルバムのリリース、おめでとうございます。no.9 orchestraは2007年から活動をスタートさせて、7年越しでようやくオリジナル・アルバムをリリースすることになりました。そこで今回は、そもそもno9というソロ・プロジェクトをバンド編成にした経緯から伺いたいのですが。

: 僕自身、20代の頃はロックとかファンクとかジャズとか、いろんなバンドをずっとやってきた人なんです。それがだんだんと作曲がコンピュータでできるようになってきて、ひとりでロジカルに思考するような作曲スタイルに変わっていきました。だけど、やっぱりライヴではPCに向かって演奏するというスタイルにフラストレーションが強くなってしまって。自分の中の熱とコンピュータがフィットしない感覚があったんですよね。それで周りにいた人たちに声をかけて、2007年にno.9 orchestraを立ち上げました。

——城さんは以前、no.9名義でリリースされた『good morning』がソロ活動の集大成になったとおっしゃっていたと思うのですが、それがちょうど2007年ですよね。

レーベル liquid note records  発売日 2007/03/15

※ 曲名をクリックすると試聴できます。

: あの作品は2005年には完成していたものなんですけど、ちょうどその頃から作曲のスタイルが単にロジカルなものだけではなくなっていって、ライヴに意識が向かうようになりましたね。集大成というよりは、セカンド・ステージのスタート・ラインに立ったという感じです。

——なるほど。それからライヴ活動を続けてこられて、ついにファーストをリリースされるわけですが、なぜこのタイミングでアルバムを出そうと思ったんでしょうか。

: no.9 orchestraはメンバーの変更がすごく多かったんですが、それがようやく固定されたというのが大きな理由です。メンバーの出入りが多いうちは、なかなかひとつの演奏スタイルにまとめることが難しかったんですよね。今のメンバーは自主的にアイディアを出せる人たちだし、技術的にも一定以上のレヴェルに達していると思うので、そういう状態で作品をひとつ残しておきたいなと。

——そんなファースト・アルバムはタイトルが『Breath in Silence』で、直訳すると「静けさの中の息づかい」といったところだと思いますが、ここにはどんな思いが込められているんですか?

: やっぱりバンド編成の大きな特徴として、微妙なリズムの揺れとか、空気感のグルーヴとか、演奏者の個性とか、そういう人間ならではの部分があると思うんですけど、僕の中で「Breath=息」っていうのはそれを象徴する言葉だったんですよね。実際バンドで演奏するときって、みんなで息を合わせてリズムをとっていくわけじゃないですか。長くコンピュータで作曲してきた僕にとっては、それがすごく心地いいことなんです。

——そうなんですね。「人間ならではの部分」が今作にとって重要だと。

: 重要なのは確定されていない部分、固定されていない部分だと僕は思うんですね。どんなに作り込んだって、実際に演奏するときは頭の中でいろいろ考えているわけで、何テイクやったって完全に同じになることはないじゃないですか。そういう血の通った、ある意味では不完全なグレーの部分が重なりあったときに、きれいなグラデーションができるというか。そこにソウルが宿るというか。

オーケストラを率いるno.9こと城隆之

——たしかにno.9名義の作品は細部までカッチリと作り込まれているのに対して、no.9 orchestraの音源はより自由度が高いというか、より余白の部分が多いのかなと思いました。

: 僕がno.9とno.9 orchestraの違いをどう捉えているかというと、音楽的にも作品のヴィジョンも、すべて自分でコントロールできるのがno.9、ある種のハプニングが伴うのがno.9 orchestraという感じなんですね。自分は作曲家だという意識が強くて、音響的な部分も含めてこだわり抜くno.9の作品と、プレイヤー / プロデューサーとして関わるno.9 orchestraの作品という違いがあります。結果としてもっとも違うのは、ロジカルとフィジカルの差異からくる、景色や感情の表現の違いだと思いますね。そして、そんな想いをもった仲間たちがいるということです。日々練習をするプレイヤーにとって、すでにある曲に個性を入れるのはとても重要なこと。それが重なり合えば必然的に進化します。

——楽譜以上のものになっていく感動がありますよね。

: そうですね。それをリスナーのみなさんにも味わってもらいたいです。

——逆に城さんは今作でどこまでバンドをコントロールしたんですか?

: 僕は楽曲を作るだけ作って、まずはメンバーに思うように弾いてもらいました。そのうえでスタジオに入って、「こっちのほうがいいんじゃない?」って言ったり。とはいえアレンジも完成したものにはせずに、つねにライヴを意識して余白を残しておくというか。

ギターの音だけで何日間か聴きつづけた

——まさにハプニングが起こる状態にしておくということですよね。でもレコーディングをすることで、音源としてひとつの形に定着しちゃうわけじゃないですか。そこに対する怖さみたいなものはありませんでしたか?

: 怖さはあったけど、メンバーを信頼してたのでたぶん大丈夫だと思ってました。実際、今作に収録された曲は全体では多くて3テイクしか録音していないんですけど、もう1テイクやっておけばよかったっていう曲はまずないです。もちろん重ね録りはしていますけど、鮮度がほしかったんです。そういう意味では奇跡的だったなって思います。

——今作に収録された曲はすべて、no.9名義で一度リリースしているものですよね。バンド編成オリジナルの新曲をやるっていうアイディアはなかったんですか?

: もちろんそれも考えました。ただ、プロセスとしてno.9の曲をバンドでやる意義があったし、no.9の原曲があるからこそのリミックス感覚がおもしろいと思ったんです。リスナーにはno.9を聴いてもらったうえで、「バンドになるとぜんぜん違う!」っていう感想をもらうのがいちばんうれしかったりします。

——はじめからno.9 orchestraとしてオリジナル曲を作ってしまうと、それこそハプニングが起こりにくくなってしまう。

: そうですね。チャレンジはしたんですけど、結局は僕が「ああしたいこうしたい」って言ってしまうので、ひとりで作るのと変わらなくなってしまうんですよ(笑)。でも、あきらめずに今後もチャレンジします。

——リミックス感覚とおっしゃってましたが、まさに原曲と聴きくらべるとぜんぜん違うものになっていてびっくりします。特にバンド編成ではギターがフィーチャーされていますよね。

: そうですそうです。僕、レコーディングでこんなにギター弾いたの初めてだったんですよ。1曲目の「with million of the love -fine-」なんかは、絶対に弾かないと思っていたギター・ソロを入れてしまって。でもやってみるとすごく新鮮で、「ギター・ソロっていいわ〜」みたいになりました(笑)。

——ギター・ソロに目覚めたと(笑)。バッキングの音も前に出てますよね。

: うちの伊藤智也のギターをすごくフィーチャーしましたからね。彼の才能はハンパないです。普段、ああいうバッキングって当たり前のように流れていってしまって、あらためてそれを聴こうとはあまり思わないですよね。実際、僕もレコーディングするまでは彼があんなにすごいことをやってるって知らなかった(笑)。

——あらためて聴いて驚いたんですね。

: 「こんなマメなことしてんのか」って(笑)。ギターの音だけで何日間か聴きつづけたくらい、本当に驚いて。だからかなりミックスで前に出しました。

——そのあたりはまさに原曲といちばん違うところなので、聴きどころですね。

: 特に「Source og harmonics」、「Good morning」あたりのバッキングはぜひ聴いてほしいですね。「Re: bug beats」にいたっては僕のギターの音を全部消したくらいですからね(笑)。

「これはやばいから、絶対ハイレゾで出したほうがいいよ」って(笑)

——聴きどころと言えば、今作はドラムの音がとてもきれいに録れていますよね。これは生音ならではの部分でもあるし、ハイレゾならではの部分でもあると思いますが。

: そうなんですよ。mp3とかの圧縮音源でいちばん犠牲になるのが鳴りものじゃないですか。だから鳴りものがいかに現実の音のまま収録できるか、という部分には気をつかいましたね。鳴りもののエアーの部分って、打ち込みでもコントロールはできるけど、実際に叩いたときって響きがどんどん重なりあうじゃないですか。それってコントロールできないんだけど、その何とも言えない倍音が美しいんですよね。

——「コントロールできない部分」を重視するというところは最初の話ともつながってきますね。この流れでレコーディングについても伺いたいのですが、今回はどれくらい時間をかけて録ったんですか?

no.9こと城隆之の自宅スタジオで取材はおこなわれた

: 実際にスタジオに入ったのは4日間だったんですけど、その事前準備も含めると半年くらいですね。さらに前の構想段階も含めると1年くらいかかってるんですけど。曲の中で固定する部分とアクティヴにする部分を明確にして、収録する曲もじっくり選びました。

——今回、ミックスは城さん自身が担当されますよね。何か気をつけたところなどありますか?

: 録音はその世界では有名な阿尾茂猛さんというエンジニアにお願いしたんですが、ものすごい迫力満点に録ってくれたので、その良さをいかに殺さないようにするかに集中しましたね。さきほどの話にもありましたけど、とにかくドラムなどの鳴りものが美しかった。すべての音がその場で鳴らされているかのようにレコーディングされていて。僕としてはそれを小綺麗にまとめないようにしましたね。あんまり生演奏のミックスをしたことがなかったんで、逆に常識にとらわれずにできたかなと思います。

——この作品はOTOTOY限定でハイレゾ配信されますが、本当にハイレゾで聴かなければいけない作品だと思いました。

: もともとハイレゾ配信の予定はなかったんです。録りはハイレゾだったのですが、CDリリースを考えて16bit/44.1kHzに落としてマスタリングしていて。でも、今回OTOTOYさんからハイレゾ配信のお話をいただいて、マスタリングをやってくれたnanofingersにお願いしてみたら、「ちょっと1回聴いてみるわ」って。そしたらすぐに「これはやばいから、絶対ハイレゾで出したほうがいいよ」ってメールが来たんです(笑)。「録れた音がそのまんま入ってるから、アナログみたいな芳醇な音だよ」っていう返事だったので、じゃあ、ってことで高音質でのリリースを決めました。情報量が違うので当たり前ですが、ハイレゾ版と通常版にはだいぶ差があると思います。

——なるべくいい環境で聴いてほしい音源だと思います。最後にちらっと今後の話も聞けたらと思うのですが。

: やっぱりいちばん重要なのはライヴなんですよね。だからアウトプット的にはそんなにアクティヴになることはないと思うんですけど、ライフワークとして年に4、5回くらいのペースでライヴはしたいなと。

圧倒的なスケールを誇るno.9 orchestraのライヴ

——城さんのベースは基本はソロ活動にあって、オーケストラのほうはある種の実験の場として機能させていくという感じでしょうか。

: まあ、すでにno.9 orchestraは僕だけのものじゃないので、今後のことはメンバー含めて話しあって決めていければと思います。

——まずは記念すべきファースト・アルバムを多くの人に届けたいですね。

: 今回は今までのリリースと気持ちがぜんぜん違っていて。ソロのリリースのときってけっこう燃え尽きた感覚があるんですけど、今回はみんなで作ったものっていう意識があるから、なんか高校生のときにバンドをやってたときのようなワクワク感があったり、ちょっとメンバーに対する親心があったり(笑)。普段、あんまり自分の作品を「これ聴いて」って人に渡さないんですけど、今回は渡したい。「ちょっと聴いて! お願いだから聴いてくれよ!」っていう感じです。

(インタヴュー & 文 : 長島大輔)

RECOMMEND

no.9 orchestra / LIVE at DAIKANYAMA UNIT 2012.05.11 midnight

no.9 orchestraの名義で発表された初の音源であり、2012年5月11日に代官山UNITでおこなわれたライヴの模様を収録したアルバム。深夜の代官山を沸き立たせた熱狂のライヴを、デジタル・レコーディングの最高峰と言われるDSDフォーマットで収録している。ライヴの熱が冷めないよう、終了後わずか4日でリリースされたアツアツの1作。

>>特集ページはこちら

no.9 / good morning

エレクトロ・シーンをはじめ絶大な人気を誇るno.9こと城隆之が2007年にリリースした4thアルバム。どこか懐かしさを感じる叙情的なメロディを基調とし、生楽器と電子音の融合が織りなす繊細な音世界。ジャズ、テクノ、アンビエントなど、幅広いジャンルがひとつの音楽として絡み合い、新たな可能性を切り拓くことに成功している。Four tetやTortoiseにも通じる傑作アルバム。

Nabowa / 4 (24bit/48kHz)

結成10周年のNabowaが進化を遂げた。2年ぶりにリリースされた新作『4』は、これぞNabowaという陽気でオーガニックなサウンドを引き継ぎつつも、よりソリッドかつタイトなアレンジ、そしてスケールの大きな楽曲が目立つアルバムだ。OTOTOYでは、このアルバムを24bit/48kHzで独占ハイレゾ配信。新境地へと向かう彼らのサウンドを、その耳で確かめていただきたい。

>>特集ページはこちら

LIVE INFORMATION

〈LOOP POOL “√(root)” Release Tour FINAL〉
2014年7月20日(日) @渋谷 WWW
開場 / 開演 : 17:00 / 17:00
料金 : 前売 3,000円 / 当日 3,500円 (ドリンク代別)
出演 : LOOP POOL / no.9 orchestra / DJ YOGURT / VJ Akiko Nakayama
詳細 : http://www-shibuya.jp/schedule/1407/005143.html (渋谷 WWW)

PROFILE

no.9 orchestra
ソロ名義"no.9"として、これまでに7枚のフル・アルバムと多くのコンピレーション作品等に参加し、さらに数々の公共的な音楽制作を手掛けてきた作曲家、城 隆之が率いる6人編成のバンド・セット。ギター、ドラム、ヴァイオリン、ピアノといったフィジカルな要素が加わることで、その名のとおりオーケストラを思わせる壮大なサウンドを奏で、会場を包み込むような圧倒的迫力のライヴ・パフォーマンスが話題。2007年の活動開始以来、 7年越しで待望のファースト・アルバムを発表した。

>>no.9 orchestra OFFICIAL HP

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】ハイレゾ配信開始! 『からかい上手の高木さん』Music Collection
・2018年04月18日・堤博明が彩る暖かく優しい、からかいの日々 ──『からかい上手の高木さん』Music Collection 2018年1月より3月まで放送され、各メディア、SNSでも話題となった人気テレビアニメ『からかい上手の高木さん』そのオリジナル・サウンド・トラックがOTOTOYでもハイレゾ配信開始! 音楽は『クジラの子らは砂上に歌う』『sin 七つの大罪』等のヒット作を手かげた堤博明が担当。放送が終わってしまい、高木さんロスになってしまっているかたも、改めて作品の魅力を感じたいかたも、本作と共にもう一度あの甘酸っぱいからかいの日々をレヴューと一緒に振り返ってみましょう! (text by 伊達恭平) ハイレゾ音源配信中! 堤博明 / からかい上手の高木さん Music Collection 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) >>>ハイレゾとは?'【配信価格】''単曲400円(税込) / アルバム3500円(税込) 日常とキャラクターの魅力へ寄り添う、「暖かな」楽曲達 「ゲッサン」(小学館)にて好評連載中、コミックス累計400万部突破!! 照れたら負けからかいコメディ! とある
by 伊達 恭平
【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース
・2018年04月16日・【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース 横浜出身のポエトリー・ラッパー、春ねむり。2016年10月に1stミニ・アルバム『さよなら、ユースフォビア』でデビュー、昨年6月に2ndミニ・アルバム『アトム・ハート・マザー』をリリースした。そして3作品目となる、初のフル・アルバム『春と修羅』が完成した。諸刃の剣のように近付けば危うく、力強さすら感じさせる彼女の言葉達は、ラップのリズムに隙間なく詰め込まれ、彼女独特のエモーショナルなサウンドへと変わっていく。さらに今作には客演として突然少年、NERO IMAI、リミックスとして長谷川白紙が参加している。音楽の新しい可能性を追求する彼らとの楽曲は、春ねむりの新たなバック・グラウンドを知るきっかけとなるだろう。そんな本作をより深く楽しんでいただくため、OTOTOYではレヴューを掲載することにした。 自身初のフル・アルバム!!春ねむり / 春と修羅'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1800円(税込)【収録曲】''
京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける初の全国流通盤
・2018年04月11日・【REVIEW】京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける、初の全国流通盤 京都のオルタナティヴ・バンド、ベランダが待望の全国流通盤をリリース。昨年1月にリリースしたミニ・アルバム 『Any Luck to You』 は、 ライブ会場と一部店舗のみでの販売にもかかわらず半年で約900枚を売り上げたほか、くるり岸田やASIAN KUNG-FU GENERATION後藤正文など多くのアーティストからも高い評価を得た。そんな彼らが、親しみやすいメロディの中に、どこか懐かしい空気感を漂わせるその世界観を維持しつつも、さらに表現の幅を広げた2ndミニ・アルバム『Anywhere You Like』をリリースした。彼らにとって初の全国流通盤となる今作をレヴューとともにお届けしよう。リード曲となる「エニウェア」を期間限定で無料配信するので、まずは彼らの世界観を体感してみてはいかがだろうか。 リード曲を期間限定フリー配信!ベランダ / エニウェア'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信期間】''2018年4月18日23:59まで※会員登録なしでもダ
by 阿部 文香
【REVIEW】ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2度目のワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!!
[CLOSEUP]・2018年03月29日・ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2ndワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!! オルタナ、グランジを踏襲したロック・サウンドと、そのパフォーマンスで注目を集めるアイドル・グループ、ヤなことそっとミュート。2017年12月に赤坂BLITZにて行われた、彼女たちの2ndワンマン・ライヴの模様がハイレゾ音源となって蘇ります! この日のライヴではグループ初となるバンド・セットも披露し、グループとしての新たな可能性を提示した1日は、当日ライヴに足を運んだ方はもちろん、彼女たちに初めて触れる方にもおすすめしたい作品! OTOTOYでは音楽評論家、宗像明将によるレヴューを掲載。作品と併せてこちらもぜひ! また、購入者の方にはこの日の模様を収録したライヴDVDのプレゼント企画もありますのでこちらもお見逃しなく! 初のバンド・セットでのパフォーマンスも収録!!ヤなことそっとミュート / 2ND ONEMAN LIVE@AKASAKA BLITZ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 400円(税込) / アルバム 3,000円(税込)【収録曲
【REVIEW】ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース
[CLOSEUP]・2018年03月26日・ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース タッド・マリニックスによるヒップホップ・プロジェクト、Dabryeによる三部作シリーズが、彼の12年ぶりとなるニュー・アルバム『Three/Three』を以てついに完結。これを記念して、三部作の一作目『One/Three』にリマスタリングとボーナス・トラック3曲を加えた復刻盤がリリースされる。2001年にリリースされた本作は、現在ではすっかりお馴染みとなっている、エレクトロニカとヒップホップの交差点に位置する「ビート」サウンドの最初期に位置する一枚として知られている。リマスタリングは「LOW END THEORY」、レーベル〈ALPHA PUP〉を主催する、ビート・サウンドにおける最大の功労者のひとり、Daddy Kevが担当。OTOTOYでは、このビート・ミュージック・シーンにおける最重要盤をより楽しんでいただくため、配信を行うとともにレヴューを掲載します。 三部作完結記念、マスタリングはDaddy Kevが担当 Dabrye / One/Three'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bi
by 井上裕樹
【REVIEW】タイの実力派SSWがついに日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界
[CLOSEUP]・2018年03月18日・タイの実力派SSW、プム・ヴィプリット日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界 YouTubeにおいてシングル「Long Gone」のミュージック・ヴィデオが公開から半年余りで200万回再生を数え、 アジアのみならず世界中で話題を集めてきたタイのヤング・スターがついに日本デビュー。 ニュージーランド育ちバンコク在住・若干22歳のタイ人シンガー・ソングライター、プム・ヴィプリット。その実力はASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文(Gotch)が 2017年ベスト・アルバムに選出したり、方々からの高い評価からもうかがい知れることだろう。ぜひご一聴ください。 クラウド・ファンディングによって制作した待望のデビュー・アルバム!Phum Viphurit / Manchild【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム価格 2,000円(税込)【収録曲】01. Strangers in A Dream02. Run03. The Art of Detaching One's Heart(feat
by 阿部 文香
忘却のカラスと記憶をめぐるマウント・イアリの選択──新アルバム配信スタート
[CLOSEUP]・2018年03月16日・忘却のカラスと記憶をめぐるマウント・イアリの選択──新アルバム『Now Only』配信スタート 昨春、夭折した最愛のパートナーの死をテーマに制作・リリースされ、衝撃と絶賛を浴びた『A Crow Looked At Me』から1年、マウント・イアリから早くもニュー・アルバム『Now Only』が届いた。ジュヌヴィエーヴ・カス トレイ夫人との出会いを綴った「TINTIN IN TIBET」から始まり、前作の続編でありながらも、少年期のエピソードを交えながら、彼の抑制された声と美しいメロディーで奏でられサウンドは、先へと踏み込んだものであるとうかがえられる。OTOTOYでは歌詞対訳デジタルブックレット付で配信します。この1年彼は何を見つめ前へ進んでいったのか、レヴューとともに浸ってみては? 前作からわずか1年で圧巻のニュー・アルバム配信スタートMount Eerie / Now Only'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,500円(税込)【収録曲】''1. TINTIN IN TIBET2. DISTORTION3
by 尾野 泰幸
シティ・ポップを昇華させた、さとうもかが歌う恋物語──入江陽プロデュースのフル・アルバムをリリース
[CLOSEUP]・2018年03月14日・シティ・ポップを昇華させた、さとうもかが歌う恋物語──入江陽をプロデュースに迎えたフル・アルバム 岡山出身のシンガー・ソングライター、さとうもかが待望のフル・アルバム『Lukewarm』をリリースした。“新世代のユーミン”と称されるようにシティ・ポップを彷彿させながらも、繊細かつ、ユーモラスな歌声で紡ぐポップ性がたまらない! 入江陽をアルバム・プロデュースに迎え、ゲストで鶴岡龍(LUVRAW)が参加したアレンジ面においても注目してほしい。今回OTOTOYでは3月14日から3月31日まで、今作をハイレゾ音源を独占配信します。レヴューとともに彼女の世界に浸ってみては? 期間限定OTOTOY独占ハイレゾ配信!さとうもか / Lukewarm'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 2,700円(税込)【Track List】1. old young2. Lukewarm3. あの夜の忘れ物4. 最低な日曜日 feat.鶴岡龍(LUVRAW)5. 2つのわたし6. Hello,Valentine's day7