ORANGE RANGEのNAOTOとRie fuが5作目にして辿り着いた新しいポップスのかたち

「考古学」を意味した『archeologic』から1年3ヶ月ぶり。naotohiroyama(ORANGE RANGE)とシンガー・ソングライターRie fuのユニット、delofamiliaが完成させた新作の名は『Carry on Your Youth』――進み続けて、青春を。「まとまり切ってない感じというか、自分の我がそのまま詰まった状態で出したいなと思って」とNAOTOが語っているように、洗練さよりも初期衝動を大事に、ミックスもこれまでお願いしていたエンジニア・zAkから離れてNAOTO自身が手掛けラフな質感となっている。

ブレイクビーツやライトなダンス・ホール・レゲエの要素が入ったダウン・テンポとRie fuのエキゾチック感のある歌心が詰まった9曲。OTOTOYでは24bit/96kHzの高音質で配信スタートです!!

delofamilia / Carry on Your Youth(24bit/96kHz)

【配信形態】
【左】alac / flac / wav(24bit/96kHz) : 単曲 257円 / アルバム購入 2,057円
【右】alac / flac / wav(16bit/44.1kHz) 、mp3 : 単曲 205円 / アルバム購入 1,697円

【Track List】
01. Roll / 2. Brigitte / 03.Because of Animals / 04.hope-lab / 05. Your Youth / 06. WOW / 07. Only One Thing / 08. Close Enough / 09. Hog_T W O S

delofamilia初となるアナログ盤もリリース!!
ツアー初日となる6月22日(水)正午より、完全生産限定となるアナログ盤もリリース。販売は下記Official Shopとライヴ会場のみ。(ツアー詳細は下部にございます)
>>Officail Shop

INTERVIEW : delofamilia

ORANGE RANGEのリーダーを務めるNAOTOと、シンガー・ソングライターのRie fuによるユニット、delofamiliaが通算5作目のアルバム『Carry on Your Youth』を完成させた。当初はNAOTOのソロ・プロジェクトとして始まったdelofamiliaだが、正規メンバーとしてRie fuを迎えてからは少しずつバンド的な性格が強くなってきているようで、作品を重ねるたびに彼女の歌声が存在感を増しているのを感じる。トリップ・ホップをはじめとした80~90年代のUKサウンドからの強い影響をうかがわせるNAOTOのトラックと、ルーツ音楽に根差したアメリカン・ポップスを背景に持つRie fuの歌がより密接に絡み合った楽曲は実にクールで、これはぜひ現行の海外インディーを隈なくチェックしている人にもおススメしたい。活動ペースも徐々に加速させているふたりに、新作への手ごたえと現在の状況を語ってもらった。

インタビュー&文 : 渡辺裕也
写真 : 雨宮透貴

自分の変化を無理に制御しなくてもいいと思うし、Rieちゃんはそれを制御しなくても一緒に音楽をやれる人

――前作『archeologic』から比較的短い間隔でのリリースになりましたね。この1年間でdelofamiliaの動きはどんどん活発化してきた印象もあって。

naotohiroyama : いろんなイヴェントに出演させてもらえる機会はこの1年でぐっと増えました。それまではワンマン・ライヴが多かったんですけど、今はもうちょっと外に向けてやりたくなってて。そういうなかで刺激をたくさん受けたことは、今回のアルバムにもつながってるのかもしれない。

Rie fu : トリオ編成でアコースティック・ライヴを始めたことによって、どんなイヴェントにもフレキシブルに出られるようになったのも大きかったと思います。あと、〈empathize〉という対バン形式のイヴェントを開催してきたなかで、これまでは少しわかりづらかったdelofamiliaのイメージが徐々にうまく伝わってきている感じもしていて。

左からRie fu、naotohiroyama

――なるほど。そうしたライヴを重ねた影響もあったのか、新作ではRieさんのヴォーカルがより存在感を増してきてますよね。そもそもdelofamiliaはNAOTOさんのソロ・プロジェクトとして始まったわけですけど、こうして5作品を重ねてきた中で、このユニットに対するおふたりの接し方もいくらか変化してきたんじゃないでしょうか。

Rie fu : そうですね。それこそdelofamiliaに参加した当初の私は、あくまでも自分の声を楽器のひとつと捉えながら「NAOTOさんのソロ・プロジェクトに声を加える」みたいな気持ちだったんです。でも、それが徐々に「バンド・メンバーとして私もここに参加してみたい」っていう気持ちが強くなってきて。私から「スタジオでセッションしながら作ってみようよ」と提案してみたこともあったし。

――delofamiliaの楽曲制作にもっと積極的に関わりたくなったんですね。

Rie fu : 今はまた「私はあまり余計なことを言わない方がよさそうだな」と思ってるんですけどね(笑)。というのも、NAOTOさんはいつもお風呂に浸かりながら曲を作っているらしいんですよ。それが彼にとっての自然な作り方なら、無理にバンドっぽくする必要もないのかなって。だから、少しずつそういう変化がありつつも、今の段階で私が何よりも大切にしているのは「delofamiliaはこうあるべきだ」と決めつけないことなんです。

――このユニットのイメージを固定させないということ?

Rie fu : そう。商業的な音楽が世の中に溢れているなかで、そういうことをなにも考えずにできる場がdelofamiliaだと私は思ってるので。だから、ここではなんでも好きなように、そのときにいいと思ったことをやればいいんだなって今は思っています。たとえば今回のアルバムの「WOW」という曲は、私の作ってきたデモが基になってて、それをNAOTOさんがアレンジしてるんです。そういう感じで、delofamiliaは少しずついろんなやり方を試せるようになってきていて。

naotohiroyama : そうだね。僕もRieちゃんがdelofamiliaに入ってくれてから、変なこだわりがなくなってきてるし、むしろやりたいと思ったことをひるまず実践できるようになった気がしてます。それこそ3作目を作り終えたあたりから、そういう手応えを感じられるようになってきて。

――活動開始当初よりも、音楽的な自由度が増してきているんですね。

naotohiroyama : もちろんdelofamiliaとしてのヴィジョンは今もあるんですけど、以前はそれがもっと狭かったのかもしれない。それこそ3作目くらいまではオーガニックなバンド・サウンドをつくっていきたいなと思ってたんですけど、僕もけっこういい加減なところがあるので(笑)。でも、そういう自分の変化を無理に制御しなくてもいいと思うし、Rieちゃんはそれを制御しなくても一緒に音楽をやれる人だから、曲をつくるペースも以前よりずっと早くなりました。

少なくとも、私の歌を「毒がある」と捉えてくれる人はあまりいなかったと思う

――なるほど。では、NAOTOさんはRie fuさんをどんな歌い手として捉えていらっしゃるんでしょう。

naotohiroyama : すごくロックな人だと思ってます。僕は彼女のソロ作品もずっと聴いてるんですけど、Rieちゃんの声って、きれいなバラードでも楽しい感じのポップスでも、どことなく毒々しさがあるんですよね。他の女性シンガー・ソングライターにはあまりない、強い攻撃性が感じられる。それに僕、女性オルタナティヴ・ミュージシャンが昔から好きなんですよ。で、Rieちゃんにはそういう人たちにも通じるものを感じるから。

――NAOTOさんが好きな女性オルタナティヴ・ミュージシャンっていうと、たとえばどういう方なんですか。

naotohiroyama : キム・ゴードン、キム・ディール、PJハーヴェイ。

Rie fu : フィオナ・アップルも好きって言ってたよね。

naotohiroyama : うん。あとはエイミー・マン。スティーナ・ノルデンスタムも好きですね。

――みんな、どこかダークなテイストを持ち合わせている方々ばかりですね。

naotohiroyama : そうなんです(笑)。で、そういう女性ミュージシャンって日本にはあまりいないような気がするんですけど、Rieちゃんの歌からはそれを感じたんですよね。それも露骨な感じじゃなくて、そういう雰囲気を見え隠れさせているところがまたよくて。

naotohiroyama

――一方、ソロとして活動してきたRieさんはどうでしょう。delofamiliaで歌うときと、ソロとして歌うときでは、また気構えも違うだろうと思うんですが。

Rie fu : 私にとって今のdelofamiliaは、自然体でなにも考えずに歌える場っていう感じですね。というのは、今NAOTOさんも言ってたように、日本にはその毒々しさを感じさせるような音楽ってあまりない気が私もしてたんです。そのなかで私はどう歌っていくかをソロとしてすごく考えてきた時期があって。

――それは当時の所属レーベルから独立する前のこと?

Rie fu : そうですね。とはいえ、私は自由にやれていた方だとは思うんですけど、それでもやっぱりタイアップとして届ける曲とかだと、つい考えすぎてしまって。結果的にそこで「癒し系」みたいなイメージで捉えられたこともあったんです。少なくとも、私の歌を「毒がある」と捉えてくれる人はあまりいなかったと思う(笑)。でも、実際の私はけっこう性格もひねくれているから、きっとNAOTOさんは私のその自然体な部分を見出してくれてるんだなと思う。ただ、共同で曲をつくっていくようなやり方は、まだあんまり気が乗らない感じなんですよね?

naotohiroyama : (笑)。

Rie fu : まあ、無理してやることもないけど(笑)。ただ、いつもNAOTOさんはトラックにガイド・メロディを乗せてくれるんですけど、今回は試しにそのガイド・メロディを完全に無視して、自分の思ったように歌ってみたこともあるんですよ。

――Rieさんが思いついたメロディをそのまま乗せてみたんですね。実際にそれは採用されたんですか。

Rie fu : 採用してもらえたものもあるし、即却下されたのもありました(笑)。

naotohiroyama : そこらへんのジャッジは、もう無意識ですね(笑)。いいと思ったら、もちろん即「いいね!」ってなるし。

Rie fu : NAOTOさんはそのジャッジがはっきりしてるから、こっちも意見を伝えやすいんですよ。そのおかげで私も「本当はこんなふうに歌いたくないんだけどな」みたいに感じることなくやれてるから。でも、せっかくこうしてソロとは別の場でやらせてもらえるんだから、そうやってちょっとずつコラボ感を出せたらいいなとは思ってるんですよね。それが今回のアルバムではちょっとカタチにできた気がしてます。

大人になってからウルトラマンのフィギュアを揃えてるようなもんなんですよ

――NAOTOさんはOKかNOかの基準がはっきりしているんですね。

Rie : そうなんです。元々、私はNAOTOさんってトラックを重視しているんだろうと思ってたんですよ。プチプチピコピコとしたマニアックなアレンジがなによりも重要なんだろうなって。でも、実際はどうやら声のメロディ・ラインを中心に作曲しているみたいで。

――実際はどうなんですか。

naotohiroyama : たしかに曲はいつもメロディから作ってるので、自ずとそういう意識になってるかもしれないですね。それこそ僕の作曲って昔から変わってないんですよ。お風呂で思いついたメロディをその場で録音しておくっていう原始的なやり方のまま。まあ、あえて変化があるとすれば、そのメロディを録音する機材がiPhoneになったくらいで(笑)。そのメロディにビートやギターの音をくっつけてみて、それがハマったらOKだし、ハマらなかったらそこまでなんです。

――ビートから組み立ててから、そこにメロディを乗せたりすることはあまりないんですか。

naotohiroyama : もちろんそれもやってみたことはあります。でも、そのやり方だと僕はキックの音色ひとつも決められなくなっちゃうんですよね。どうもゴールが見えない作業になってしまうというか。それで結果的に仕上がったことがないんです。

Rie fu : じゃあ、そういうビートに私がメロディをつけてみるっていうのはどう? そういう実験もありじゃない?

naotohiroyama : そうだね(笑)。だから、やっぱり歌を起点にしてるってことなんでしょうね。メロディがしっかりしていれば、そこに合わせて他の音色も考えていけるので。それに、僕は作風を毎回大きく変えていこうっていう意識がそこまで強くないから。まあ、プライヴェートな自分のブームが反映されてる感じは、今回のアルバムにもやっぱりあるんですけど。


delofamilia / Roll

――ちなみにその「プライヴェートな自分のブーム」がどういうものだったのか、教えてもらえますか。

Rie fu : そういえば今回って、クリックに合わせないでビートを作っているんだよね?

naotohiroyama : うん。そうやってシークエンスをきっちりさせずにビートを作っていく手法は、ここ2~3年のマイブームだった気がします。それこそヒップホップのサンプルとかにあるような少しヨレたリズムをつくって、それに合わせて人力のドラムを叩いてもらったり。リズム・マシーン自体はずっと前から同じローランドのやつを使ってるんですけどね。

――なるほど。じゃあ、NAOTOさんはいわゆる機材マニアな方ではない?

naotohiroyama : うん。そういうタイプではないと思います。

Rie fu : でも、アナログ機材は好きだよね?

naotohiroyama : そうだね。でも、それは自分が高校生のころにほしかったものを今になって買ってるような感覚なんですよ。当時最先端だったものをいま揃えてるんです(笑)。

――かつてほしかったものを今ようやく手に入れているんだ。

naotohiroyama : そう。音楽もそうで、ティーンのころにすごい刺激を受けたものがたくさんあるから、自分が今やりたいのも自ずとそれになるんですよね。だから、機材もその当時に欲しかったものが手に入れたくなるし、実際に使ってみるとすごくしっくりくる。

Rie fu : その当時に聴いていた音を再現できる機材が、今は手元にあるんだ。それは幸せなことだよね。

naotohiroyama : そうだね。だから、僕が機材を買うときの感覚って、大人になってからウルトラマンのフィギュアを揃えてるようなもんなんですよ(笑)。

今ようやく自分が「アーティスト」のスタート地点に立っている感じがしてるんです

――それはわかりやすい(笑)。そういえば、今回のアルバムはアナログ盤でもリリースされるそうですが、これもNAOTOさんの意向?

naotohiroyama : そうですね。アナログに関しては僕自身の憧れが強くて。それが今回ようやくdelofamiliaの作品でも実現できたんです。

Rie fu : そういえば、今回のアルバムって、曲数や全体の長さもアナログ盤を意識してたんだよね?

naotohiroyama : そう。やっぱり僕個人が誰かの音楽を聴くときも、アナログ盤に収まるくらいのサイズがいちばん気持ちいい感じがするから。

――作品全体の流れを考えるときの目安にもなると。では、そのNAOTOさんが10代のころに好きだった音楽が具体的には何だったのかを、ぜひ教えていただきたいです。

naotohiroyama : やっぱりまずはワイルド・バンチ(マッシヴ・アタックの前身にあたるサウンド・システム)まわりとか、いわゆるブリストルものですね。アメリカだと、やっぱりDJ シャドウやジュラシック5だったり。あとはニューヨーク・パンク。もちろん当時のUKロックやシューゲイザーも好きだったし、ルーツ・レゲエもよく聴いてました。

――たしかにdelofamiliaの楽曲からは90年代のブリストル・サウンドやヒップホップからの影響を強く感じます。で、そのあたりの音楽には10代のころから憧れていたんだけど、それをカタチにするのが当時は難しかったと。

naotohiroyama : そうですね。それに、今思えば当時はちょっと頭が固かったんだと思う。でも、今は逆にうまく音をまとめられるようになっちゃってるのがイヤなんですよね。やっぱり若いころは、どうにかして自分の音を洗練させたいっていう気持ちが強かったんだけど、そうしてキャリアを積んでいくなかで失われていくものって、けっこうあるから。

――「失われていくもの」というのは?

naotohiroyama : 衝動とか、そういうやつです。音楽へのアンテナも敏感じゃなくなっちゃうし。だから、今はここまで自分が築いてきたものを一旦崩しにかかっているような感覚なんです。

――たしかに今回のアルバムって、プロダクションの面でもけっこうラフな質感がそのまま残されていますよね。

naotohiroyama : そうなんです。そのまとまり切ってない感じというか、自分の我がそのまま詰まった状態で出したいなと思って。だから、今回はエンジニアさんに頼まないことにしてみたんです。そこはチャレンジでしたね。

Rie fu : delofamiliaの作品をNAOTOさんが自分でミックスしたのはファースト以来なんだよね?

naotohiroyama : うん。今までは憧れのエンジニアさんでもあるzAkさんにお願いしてきたんですけど、この9曲に関してはまた自分でやってみようかなと思って。

Rie fu : うん。私も今そういう段階なのかもしれない。というのも、最近はまたギターと声だけの1番シンプルな曲づくりに戻ってきてるんです。それこそコードの知識もないままにギターを触ってたころの感覚を思い出してるというか。

――Rieさんも音楽を始めたころの感覚を呼び戻している時期なんですね。

Rie : やっぱり若いころって、自分を型にはめようとしちゃいがちだと思うんです。でも、自分でもそういう時期を経たおかげで、今の私は枠がない状態で音楽をつくれることに無限の可能性を感じることができている。「アーティスト」っていうかっこつけた言葉はあまり好きじゃないけど、ここまでの経験を経て、今ようやく自分が「アーティスト」のスタート地点に立っている感じがしてるんです。一周まわって、自分らしく力強い音楽って何なのか。それがここにきてようやくちらっと見えたというか。

Rie fu

naotohiroyama : なるほど。それでいうと、僕は元々ギターという楽器に対してちょっと距離があって、こうしてギターを下げているだけで満足しているようなところがあったんです。大切なのは技術云々じゃないんだって、ずっと思ってた。でも、アコースティックでツアーとかをまわっているうちに、「こうしてなにかを表現するためには、やっぱり技術がないといけないんだな」と思うことがけっこうあって。それで最近、ちゃんと練習しようと思って、YouTubeに上がってる教則ビデオとかを見てたんです(笑)。結局3日で諦めちゃったんですけど。

――3日(笑)。やっぱりNAOTOさんといえばギターのイメージですけど、本人からすればギタリストだという自負はそれほどないんですか。

naotohiroyama : それがぜんぜんないんですよ。でも、それじゃだめだなと思って意識的に練習しようとして…。まあ、それはまた来年がんばります(笑)。

――そこはあまり期待しないでおきます(笑)。でも、どうやらおふたりがdelofamiliaを通して具現化しようとしている音楽的アイデアはまだまだありそうですね。

Rie : レゲエとかダブはやってみたいよね? 私も歌ってみたい。

naotohiroyama : いいね。たしかにレゲエのリズムは今までやってなかったかも。リスナーとしてはずっとそういうものを聴き続けているんですけど、やっぱり年齢を重ねれば重ねるほど、昔から聴いてた音楽の聴こえ方も少しずつ変わってきて、新しい発見がたくさんあるんですよね。だから、今はその発見をどんどん自分のモノにしていきたいんです。

delofamilia 過去作

delofamilia / archeologic(24bit/48kHz)

あしたを照らすルーツ・ミュージック。UKビート・ミュージックへのdelofamiliaからの親愛なるレター。ソフト・ロック、インディ・ロック、ポスト・ロック、エレクトロニクスを基調に更にオルタナティヴに突き進むビート・ミュージック。ルーツであるUKカルチャーへの敬意と実践も健在。naotohiroyamaが作る無限のメロディとバラエティゆたかなサウンドに、Rie fuの個性的でフレキシブルな声と、ダイレクトでユーモラスでもある歌詞も合間って既存のフォーマットを逸脱する音になっている。前作に引き続きサウンド・エンジニアにzAk氏を起用。

>>2人のインタヴューはこちら

Rie fu 過去作

LIVE INFORMATION

delofamilia(trio) Rooms “Carry on Your Youth”
2014年6月22日(日)@京都SOLE CAFE
2014年6月23日(月)@神戸BO TAMBOURINE CAFE
2014年6月25日(水)@札幌くう COO
2014年7月2日(水)@福島Player's Cafe
2014年7月3日(木)@宇都宮Obbligato

delofamilia tour 14 “Carry on Your Youth”
2014年9月12日(金)@大阪 CONPASS
2014年9月13日(土)@名古屋ell. FITS ALL
2014年9月18(木)@渋谷duo MUSIC EXCHANGE

PROFILE

delofamilia

2007年に始動。ORANGE RANGEのリーダー兼ギタリストであるNAOTO(廣山直人 / naotohiroyama)とRie fuを中心としたバンド。音楽、カルチャー、人、場所、自然、日常の様々な刺激からなる音をボーダーレスに展開し、現在までにdelofamiliaとしてオリジナル・アルバム4作をリリース。adidasコンピレーションアルバム1作に参加。

今作『Carry on Your Youth(キャリー・オン・ユア・ユース)』が5作目のオリジナル・フル・アルバムとなる。当初はNAOTOのソロ・プロジェクトとして始動し、信近エリや車谷浩司(参加当時AIR名義)がヴォーカリストとして参加し、1stアルバム『quiet life(クワイエット・ライフ)』をリリース。2ndアルバム『eddy(エディ)』にゲスト・ヴォーカリストとしてRie Fuを迎えたことをきっかけに、2011年に発表した3rdアルバム『Spaces in Queue(スペーシズ・イン・キュー)』からdelofamiliaは2人のユニット・プロジェクトへと発展し、現在の体制に至る。2009年にNAOTO名義として、The Stone Roses のヴォーカルであるIan Brown との共作曲”Always Remember Me”を発表。そのボーダーレスな活動が話題を呼んだ。同年にはアディダスのデザイナーでもある倉石一樹監修のコンセプト・アルバム『One By One(ワン・バイ・ワン)』 に参加。 さらに東京オペラシティ・コンサートホールにて開催された「delofamilia concert and originals by Originals kzk Exhibition」でもIan Brownと共演を果たす。2013年には強く影響を受けている英国Youth Musicの要素を色濃く反映させ新たな可能性を拓いた『archeologic』をリリース。そして約1年4ヶ月の短いインターバルの中で5thアルバム『Carry on Your Youth』を2014年6月11日にリリースする。

>>delofamilia Official HP

o

 
 

インタヴュー

あたたかく揺れるギターポップ、名コラボ平賀さち枝とホームカミングス新作配信開始!
[FEATURE]・2018年01月24日・あたたかく揺れる、幸福感あふれるギター・ポップ──名コラボ、平賀さち枝とホームカミングス新作配信開始! 待ってました! 2014年の名曲『白い光の朝に』から3年、平賀さち枝とHomecomingsによるコラボ・ユニット平賀さち枝とホームカミングスが新作をリリース! 平賀の透き通る瑞々しい歌と、ホムカミのあたたかいギター・ポップ・アレンジが合わさり、ただただ幸福感を感じること間違いなしのユニットとなっております! ライブで既に披露されていた「カントリーロード」含む3曲と、HomecomingsによるPavementのカヴァー「スピット・オン・ア・ストレンジャー」、平賀さち枝の弾き語りナンバー「夏風邪」の5曲をお届け。今回OTOTOYでは、平賀さち枝とHomecomingsヴォーカル畳野彩加にインタヴューを敢行。再コラボに至った経緯やお互いの関係に迫りました! 3年ぶりとなるコラボ新作リリース!平賀さち枝とホームカミングス / カントリーロード / ヴィレッジ・ファーマシー'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,20
カフカから“KFK”という新たな遊び場へ──ジャンルレスに吐き出された1stミニアルバムを配信開始!
[FEATURE]・2018年01月24日・より自由に、よりジャンルレスに、大胆に、好きなものだけを──カフカから“KFK”という新たな遊び場へ 美しいメロディと内省的でエモーショナルなリリックを乗せたギター・ロックでインディ・ロック・ファンの注目を集めてきたカフカ。そんな彼らが、2017年12月に"KFK"へと改名し新たなスタートを切る! カフカの特徴とも言えるギター・ロックを中心としたバンド・サウンドから一転、ロック、エレクトロ、ヒップホップ、ソウル、R&B、ヴェイパーウェイブまでを飲み込みジャンルレスに吐き出された、KFKの初期衝動ともいえる1stミニアルバムが届いた。彼らの新しい遊び場はどのように創られていったのか。大胆に10周年をスタートした彼らにインタヴューを敢行した。インタヴューとともに、カフカから生まれ変わった、KFKの自由に表現された今作を聴いてほしい。 KFK、ジャンルレスに吐き出された1stミニアルバム!KFK / ラブソングフォーディストピアシティトーキョー'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 900円(税込)【Track List
by ?
13年の時を経て、再び轟音鳴り響く!!──DMBQ最新作を2週間先行配信 & 増子真二インタヴュー掲載!!
[CLOSEUP]・2018年01月24日・13年の時を経て、再び轟音鳴り響く!!──DMBQ最新作を2週間先行配信 & 増子真二インタヴュー掲載!! 1989年の結成以来、日本のオルタナティヴ・シーンの先頭をひた走り続けて来たロック・バンド、DMBQがアルバム『The Essential Sounds from the Far East』のリリース以来、13年ぶり(!!)となる新作『KEEENLY』をリリース!! 増子真二(Gt,Vo)、和田晋侍(Dr)、Maki(Ba)の3人編成となった今作では自然現象としてのフィードバックの嵐と、時間感覚のように自在に伸縮するリズム、地割れのような低音のハウリング、そして崩壊寸前の高速アンサンブルなどロック本来の粗野な暴力的音表現を、現代の感覚を通して追求した1枚に。OTOTOYでは今作をCDに先駆け2週間先行配信するとともに、リーダーである増子へのインタヴューを掲載。BOREDOMSへの参加やMakiとのアンビエント・ユニット“Moan”、他のバンドへのプロデュースやエンジニア・ワークなど、音楽活動自体は止まっていなかったにも関わらず、なぜ13年間もDMBQとしての音源制作は沈黙を貫いていたのか…。貴重な証
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【後半】──「金になると思わせるだけのものが俺たちにはあった」
[FEATURE]・2018年01月22日・「金になると思わせるだけのものが俺たちにはあった」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【後半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。 先日公開したインタヴュー前半ではメジャー・デビューを果たした今の心境やデビュー当時の彼らの活動、1stアルバムをリリース以降の彼らの想
by JJ
ルーツに素直に向き合うこと──ポニーのヒサミツの2ndアルバムを1週間先行 & ハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2018年01月17日・ルーツに素直に向き合うこと──ポニーのヒサミツの2ndアルバムを1週間先行 & ハイレゾ独占配信 1stアルバム『休日のレコード』がタワレコメンに選出、7インチ・シングル『羊を盗め』が〈カクバリズム〉からリリースされ話題を呼んだ、前田卓朗によるカントリー・ポップ・ソロ・ユニット、“ポニーのヒサミツ”が4年ぶりとなる2ndアルバム『The Peanut Vendors』をリリース! 今作はライヴ・メンバーとして共に活動してきた大塚智之(シャムキャッツ)らに加え、中川理沙(ザ・なつやすみバンド)と谷口雄(1983、あだち麗三郎クワルテッット)がゲスト参加。彼が敬愛するカントリーやポップスの世界観が色濃く反映された1枚となっております。そんな今作をOTOTOYでは1週間先行にて配信すると共に、ハイレゾ版を独占配信。彼へのメール・インタヴューと共にお楽しみください。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!ポニーのヒサミツ / THE PEANUT VENDORS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収
スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
筆者について
渡辺 裕也 (渡辺 裕也)

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

同じ筆者による他の記事