全てのGirls&Boysへ捧ぐ“現代のサウンドトラック”――シャムキャッツ、スタイリッシュでフレッシュな3rdアルバムをリリース

2007年頃から活動開始。ゆるい佇まいとローファイなギターロック・サウンドでひときわ輝きを放ち、東京のインディ・シーンを牽引する存在であるシャムキャッツ。今回リリースとなる3rdアルバム『AFTER HOURS』は“シャムキャッツらしさ”を残しながらも、スタイリッシュな変貌を遂げた意欲作! レコーディング~ミキシング・エンジニアには在日ファンクなどを手掛ける柏井日向、マスタリング・エンジニアにはゆらゆら帝国などを手掛けた中村宗一郎を迎え、強力布陣で制作されたこの一枚。シャムキャッツの勢いは増すばかり!

シャムキャッツ / AFTER HOURS

【価格】
mp3、WAVともに 単曲 250円 / まとめ購入 2,000円

【Track List】
1. FENCE
2. MODELS
3. FOO
4. TSUBAME NOTE
5. AFTER HOURS
6. SUNDAY
7. LAY DOWN
8. PEARL MAN
9. SWEET DREAMS
10. MALUS

>>アルバム特設サイトはこちら


『AFTER HOURS』Trailer

一歩引いた目線から風景や事象を描き出そうとしている

一筋縄ではいかない、なんて言葉を使って語られることが多かったこれまでのシャムキャッツ。いままでの彼らのサウンドの特徴には、歌メロとは別のところで独立し存在感を放っているツイン・ギターのフレーズだったり、肩の力が抜けたお茶目なコーラスが随所に散りばめられていたりする点が挙げられる。さまざまな工夫が入り混じり、グッド・メロディな楽曲であってもストレートに着地しない様を評して、冒頭のようなフレーズが多用されていたのだと思う。

ところが3rdアルバム『AFTER HOURS』ではどうだ。人々のフックに引っかかりまくり、いい意味で雑多だった楽曲の輪郭が整えられ、1曲目「FENCE」からラストの「MALUS」まで一聴して洗練された印象を受ける。キーボードやバイオリンの音色が効果的に曲中に加えられていたり、バンド・サウンドの自由奔放さも以前より抑えられ、シャムキャッツは大きく変ったと語るにふさわしい。リリース前に公開されていた2曲のPVやアルバム・ジャケットからも今作のスタイリッシュさを読み取ることができるし、音の質感という部分に関してはマスタリング・エンジニアに起用された中村宗一郎によるところも大きいだろう。


MODELS

のっけから勢いのある「なんだかやれそう」で幕を開けた前作『たからじま』が、全体的にエネルギッシュなトーンだったのに対して、今作は全編にわたって落ち着いたムードが漂う。アルバムにおいてミドル・テンポの曲が比重を占めているから、というのも当然あるのだが、それだけではなくそう感じさせる要因が歌詞だ。「彼」と「彼女」という言葉を使って1組の男女の恋愛を第三者的な視点から捉えた「MODELS」にみられるように、今作では直接的な言葉で個人の思いを綴るよりも、一歩引いた目線から風景や事象を描き出そうとしている。そのことで、「なんだかやれそう」から溢れ出ていた熱量や勢いに頼らずとも、より多くの人の心に馴染む普遍的な感情を呼び起こすことに成功しているといえる。

彼らは前作のインタヴューで、「ヤンキーの兄ちゃんのiPodにも入りたいし、越谷の家族のリビングでかけてもらいたい」と語っていたが、人々の生活に寄り添う今作はその目指すところに一歩近づいたものになったのではないだろうか。シャムキャッツがあらゆる面で変化を遂げた1枚、「現代のサウンドトラック」なんて宣伝文句も決して大袈裟ではないですよ。(text by 鶯巣大介)

シャムキャッツの過去作をチェック!

RECOMMEND

Hi, how are you? / ?LDK

京都の2人組、Hi,how are you? による記念すべき1stアルバム!! 名曲との呼び声が高い、先行シングル「バンホーテン」を含む全11曲を収録した素晴らし過ぎるデビュー・アルバムが遂に完成!!!! ギターと鍵盤だけのシンプル極まりないサウンドで身の丈のままの日常を映し出した、ROSE RECORDSを象徴するかのような1枚。退屈で埋め尽くされたこの部屋、ぼくときみとのささやかな出来事、忘れてしまいそうないつかの景色。のっぺりとした日々の中でも見逃すことのできないいくつかの情景を、卓越したソング・ライティングとそこかしこに散りばめられた様々なカルチャーへのオマージュで見事に描きます。

>>特集ページはこちら

Ug Noodle / The Indian Waltz

作詞作曲から全ての楽器演奏、レコーディング及びミキシングの工程を一手に担い、Ug Noodle(ユージーヌードル)名義としては初となるアルバム「The Indian Waltz」を完成させる。ロックンロール、ジャズ、HIPHOP、SKA、サンバ・ボッサ、雑食な音楽性をそのまま曲に反映させる手法は、オシャレでセンスの有る人が重宝がられた90'S渋谷系を彷彿させる! 2K年代の今にUPDATEされた渋谷系と言っても過言では無い! 宅録系アーティストUG NOODLE1stアルバム!

吉田ヨウヘイgroup / From Now On

レインボータウンFM、北海道ノースウェイブ等でピックアップされ、岡村詩野ら著名音楽評論家も太鼓判を押す、吉田ヨウヘイgroup!! 和製ダーティー・プロジェクターズ、遂に全国リリース!! 推薦コメント多数!! 「彼らこそ日本のダーティ・プロジェクターズを目指せるバンドだ!」(音楽評論家/岡村詩野)「吉田ヨウヘイはアマチュア・ミュージシャンがあまねく尊敬し飲みの席で名前をあげる存在たり得るし、同時に一般にも広く強く受け入れられるべきと思います。全力で推します」(ミュージシャン/よしむらひらく)」「聴くと心がふっとほぐれ、整えられていくタイム感。心地好いです」(音楽フリー・ペーパーasatte編集長/小川ワタル)

LIVE INFORMATION

みんなの戦艦2014
2014年3月21日(金・祝)@六本木Super Deluxe
w/うみのて、百蚊

『AFTER HOUR』release tour

2014年4月11日(金)@福岡ROOMS
2014年4月12日(土)@広島4.14
2014年4月18日(金)@岡山YEBISU YA PRO
2014年4月19日(土)@京都METRO
2014年4月20日(日)@今池Tokuzo
2014年4月29日(火・祝)@札幌SOUND CRUE
2014年5月4日(日)@仙台PARK SQUARE
2014年5月23日(金)@梅田Shangri-La
2014年6月5日(木)@渋谷CLUB QUATTRO

PROFILE

シャムキャッツ

東京を中心に活動している4人組ロックバンド、シャムキャッツ。

2009年4月に1stフル・アルバム『はしけ』をリリース。その後、自主制作で連続リリースしたCD-R作品(全3作)「DEMO SINGLE SERIES」、シングル「渚」「サマー・ハイ」は全てソールド・アウト。2011年にミニ・アルバム『GUM』をリリース。
2012年12月、P-VINE RECORDSより最新フル・アルバム『たからじま』をリリース。収録曲”SUNNY”がテレビ東京系「モヤモヤさまぁ~ず2」のエンディング曲に起用される。代官山UNITでのワンマンやアンコール・ツアーが大好評のうちに幕を閉じた「たからじま リリース・ツアー」以降も、ASIAN KUNG-FU GENERATION主催「NANO-MUGEN CIRCUIT 2013」ツアー・ファイナル東京公演への出演をはじめとし、各地のフェスティヴァル / イベントに出演。
2013年夏以降は京都のバンドTurntable Filmsと制作したスプリット12インチ・アナログ・シングルを引っ提げて全国ツアーを開催。2014年1月29日、シングル「MODELS」を発売し、ワンマン・ツアー「GO」を開催!

>>OFFICIAL HP

o

 
 

インタヴュー

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ
筆者について
同じ筆者による他の記事