全てのGirls&Boysへ捧ぐ“現代のサウンドトラック”――シャムキャッツ、スタイリッシュでフレッシュな3rdアルバムをリリース

2007年頃から活動開始。ゆるい佇まいとローファイなギターロック・サウンドでひときわ輝きを放ち、東京のインディ・シーンを牽引する存在であるシャムキャッツ。今回リリースとなる3rdアルバム『AFTER HOURS』は“シャムキャッツらしさ”を残しながらも、スタイリッシュな変貌を遂げた意欲作! レコーディング~ミキシング・エンジニアには在日ファンクなどを手掛ける柏井日向、マスタリング・エンジニアにはゆらゆら帝国などを手掛けた中村宗一郎を迎え、強力布陣で制作されたこの一枚。シャムキャッツの勢いは増すばかり!

シャムキャッツ / AFTER HOURS

【価格】
mp3、WAVともに 単曲 250円 / まとめ購入 2,000円

【Track List】
1. FENCE
2. MODELS
3. FOO
4. TSUBAME NOTE
5. AFTER HOURS
6. SUNDAY
7. LAY DOWN
8. PEARL MAN
9. SWEET DREAMS
10. MALUS

>>アルバム特設サイトはこちら


『AFTER HOURS』Trailer

一歩引いた目線から風景や事象を描き出そうとしている

一筋縄ではいかない、なんて言葉を使って語られることが多かったこれまでのシャムキャッツ。いままでの彼らのサウンドの特徴には、歌メロとは別のところで独立し存在感を放っているツイン・ギターのフレーズだったり、肩の力が抜けたお茶目なコーラスが随所に散りばめられていたりする点が挙げられる。さまざまな工夫が入り混じり、グッド・メロディな楽曲であってもストレートに着地しない様を評して、冒頭のようなフレーズが多用されていたのだと思う。

ところが3rdアルバム『AFTER HOURS』ではどうだ。人々のフックに引っかかりまくり、いい意味で雑多だった楽曲の輪郭が整えられ、1曲目「FENCE」からラストの「MALUS」まで一聴して洗練された印象を受ける。キーボードやバイオリンの音色が効果的に曲中に加えられていたり、バンド・サウンドの自由奔放さも以前より抑えられ、シャムキャッツは大きく変ったと語るにふさわしい。リリース前に公開されていた2曲のPVやアルバム・ジャケットからも今作のスタイリッシュさを読み取ることができるし、音の質感という部分に関してはマスタリング・エンジニアに起用された中村宗一郎によるところも大きいだろう。


MODELS

のっけから勢いのある「なんだかやれそう」で幕を開けた前作『たからじま』が、全体的にエネルギッシュなトーンだったのに対して、今作は全編にわたって落ち着いたムードが漂う。アルバムにおいてミドル・テンポの曲が比重を占めているから、というのも当然あるのだが、それだけではなくそう感じさせる要因が歌詞だ。「彼」と「彼女」という言葉を使って1組の男女の恋愛を第三者的な視点から捉えた「MODELS」にみられるように、今作では直接的な言葉で個人の思いを綴るよりも、一歩引いた目線から風景や事象を描き出そうとしている。そのことで、「なんだかやれそう」から溢れ出ていた熱量や勢いに頼らずとも、より多くの人の心に馴染む普遍的な感情を呼び起こすことに成功しているといえる。

彼らは前作のインタヴューで、「ヤンキーの兄ちゃんのiPodにも入りたいし、越谷の家族のリビングでかけてもらいたい」と語っていたが、人々の生活に寄り添う今作はその目指すところに一歩近づいたものになったのではないだろうか。シャムキャッツがあらゆる面で変化を遂げた1枚、「現代のサウンドトラック」なんて宣伝文句も決して大袈裟ではないですよ。(text by 鶯巣大介)

シャムキャッツの過去作をチェック!

RECOMMEND

Hi, how are you? / ?LDK

京都の2人組、Hi,how are you? による記念すべき1stアルバム!! 名曲との呼び声が高い、先行シングル「バンホーテン」を含む全11曲を収録した素晴らし過ぎるデビュー・アルバムが遂に完成!!!! ギターと鍵盤だけのシンプル極まりないサウンドで身の丈のままの日常を映し出した、ROSE RECORDSを象徴するかのような1枚。退屈で埋め尽くされたこの部屋、ぼくときみとのささやかな出来事、忘れてしまいそうないつかの景色。のっぺりとした日々の中でも見逃すことのできないいくつかの情景を、卓越したソング・ライティングとそこかしこに散りばめられた様々なカルチャーへのオマージュで見事に描きます。

>>特集ページはこちら

Ug Noodle / The Indian Waltz

作詞作曲から全ての楽器演奏、レコーディング及びミキシングの工程を一手に担い、Ug Noodle(ユージーヌードル)名義としては初となるアルバム「The Indian Waltz」を完成させる。ロックンロール、ジャズ、HIPHOP、SKA、サンバ・ボッサ、雑食な音楽性をそのまま曲に反映させる手法は、オシャレでセンスの有る人が重宝がられた90'S渋谷系を彷彿させる! 2K年代の今にUPDATEされた渋谷系と言っても過言では無い! 宅録系アーティストUG NOODLE1stアルバム!

吉田ヨウヘイgroup / From Now On

レインボータウンFM、北海道ノースウェイブ等でピックアップされ、岡村詩野ら著名音楽評論家も太鼓判を押す、吉田ヨウヘイgroup!! 和製ダーティー・プロジェクターズ、遂に全国リリース!! 推薦コメント多数!! 「彼らこそ日本のダーティ・プロジェクターズを目指せるバンドだ!」(音楽評論家/岡村詩野)「吉田ヨウヘイはアマチュア・ミュージシャンがあまねく尊敬し飲みの席で名前をあげる存在たり得るし、同時に一般にも広く強く受け入れられるべきと思います。全力で推します」(ミュージシャン/よしむらひらく)」「聴くと心がふっとほぐれ、整えられていくタイム感。心地好いです」(音楽フリー・ペーパーasatte編集長/小川ワタル)

LIVE INFORMATION

みんなの戦艦2014
2014年3月21日(金・祝)@六本木Super Deluxe
w/うみのて、百蚊

『AFTER HOUR』release tour

2014年4月11日(金)@福岡ROOMS
2014年4月12日(土)@広島4.14
2014年4月18日(金)@岡山YEBISU YA PRO
2014年4月19日(土)@京都METRO
2014年4月20日(日)@今池Tokuzo
2014年4月29日(火・祝)@札幌SOUND CRUE
2014年5月4日(日)@仙台PARK SQUARE
2014年5月23日(金)@梅田Shangri-La
2014年6月5日(木)@渋谷CLUB QUATTRO

PROFILE

シャムキャッツ

東京を中心に活動している4人組ロックバンド、シャムキャッツ。

2009年4月に1stフル・アルバム『はしけ』をリリース。その後、自主制作で連続リリースしたCD-R作品(全3作)「DEMO SINGLE SERIES」、シングル「渚」「サマー・ハイ」は全てソールド・アウト。2011年にミニ・アルバム『GUM』をリリース。
2012年12月、P-VINE RECORDSより最新フル・アルバム『たからじま』をリリース。収録曲”SUNNY”がテレビ東京系「モヤモヤさまぁ~ず2」のエンディング曲に起用される。代官山UNITでのワンマンやアンコール・ツアーが大好評のうちに幕を閉じた「たからじま リリース・ツアー」以降も、ASIAN KUNG-FU GENERATION主催「NANO-MUGEN CIRCUIT 2013」ツアー・ファイナル東京公演への出演をはじめとし、各地のフェスティヴァル / イベントに出演。
2013年夏以降は京都のバンドTurntable Filmsと制作したスプリット12インチ・アナログ・シングルを引っ提げて全国ツアーを開催。2014年1月29日、シングル「MODELS」を発売し、ワンマン・ツアー「GO」を開催!

>>OFFICIAL HP

o

 
 

インタヴュー

ハッピー・グルーヴ満載バンド、TENDOUJI──新EP『BUBBLE POPS』を配信開始
・2018年04月18日・アメリカ帰りで絶賛イキリ中(本人談)! ハッピー・グルーヴ満載バンド、TENDOUJI──新EPを配信開始 今年3月にアメリカ最大規模のカルチャー・フェス〈SXSW〉への出演をはたし、海外からも注目を集める、4人組ロック・バンド、TENDOUJI。着々と活動の幅を広げる彼らが、待望の新作『BUBBLE POPS』を2018年4月18日にリリースした。ハッピーで心踊る「Kids in the Dark」や、気持ち和らぐメロウなナンバー「June song」など、爽やかな春の空にTENDOUJIが込める至極のポップスが鮮やかに弾けていく作品となっています! TENDOUJIらしさ溢れる今作を、ぜひインタヴューと共におたのしみください! 大注目バンド、TENDOUJIの2018年初リリース TENDOUJI / BUBBLE POPS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 900円(税込)【収録曲】''1. Kids in the Dark2. Space weekend3. Tears of Heart4. June
by 鈴木 雄希
「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信
・2018年04月11日・リスナーに届くまでに潜むクリエイティヴィティ──「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始 「月刊少年ウキヨ」と称した音楽の連載をスタートさせ、毎月新曲を発表、日本だけでなくイギリス、ドイツ、フィンランドなど世界中で注目を集めるエレクトロ・ユニット、UQiYO(ウキヨ)。そんな彼らが「月刊少年ウキヨ」にて発表した作品をコンプリートしたアルバム『Stones』を2018年4月11日にリリースした。台湾の新進気鋭のシンガー・ソングライターであるZooey Wonderや、インドの国宝級レジェンド・ミュージシャンのPt. Ajay Pohankarまで参加した今作は、ロック、ポップス、エレクトロ全てを飲み込んだ楽曲が満載。「まずこの世界観を感じて欲しい!」という思いから、「月刊少年ウキヨ」の記念すべき第1回目の楽曲「U R M’Pocket」を期間限定フリー配信でお届け! Yuqi(Vo / Composer)の音楽に対する考え方を存分に語ってもらったインタヴューとともにぜひお楽しみください。 収録曲「U R M’Pocket」の期間限定フリー配信実施!! UQiYO / U R M’Poc
by 岡本 貴之
ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!
・2018年04月09日・ありふれた"ジャンルレス"という言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!! OTOTOYで連載をしていたこともあるアイドル・グループ「WiLL」のプロデューサー、yUsUke。彼の呟きを見ていると、何やら新しいアイドル・グループが結成したとのニュースをOTOTOY編集部は発見した。突如として現れ、メンバー、楽曲サンプル、アーティスト写真、お披露目ライヴ日程など次々と情報を公開している。音源については、Twitterにアップされている楽曲サンプルのみ試聴可能で、フルver.は未公開となっている。OTOTOYでは音源配信がないにも関わらず、待ちきれずに謎の多い彼女達の全貌に迫るためのインタヴューを敢行した! お披露目ライヴNO MARK主催「ON YOUR MARK vol.1」2018年4月27日(金)@新宿FATE時間 : OPEN / START 18:30 / 19:00料金 : adv / door 2,500円 / 3,000円(+1drink)出演 : NO MARK、WiLL、KIS、Re:LAYz INTERVIEW : NO MARK SNS上でグループ
by 岡本 貴之
fhánaが目指す、“閉塞感を突き破るポップ・ミュージック”とは?──リーダー、佐藤純一が語る3rdアルバム
[PICKUP]・2018年04月04日・fhánaが目指す、“閉塞感を突き破るポップ・ミュージック”とは?──リーダー、佐藤純一が語る3rdアルバム アニメ音楽ファンだけではなく、ポップスやロック・シーンのファンからも支持を着々と集めている4人組グループ、fhánaが約2年ぶり3枚目となるアルバム『World Atlas』をリリース!! 「calling」、「青空のラプソディ」、「ムーンリバー」、「Hello!My World!!」、「わたしのための物語 〜My Uncompleted Story〜」とこの2年間の間でリリースされたシングル曲を全て網羅しつつ、新機軸も取り入れた新録曲も収められた今作は現時点での集大成とも言うべき作品に!! OTOTOYでは今作32bit、24bitの高音質、歌詞データと共に配信 & リーダーである佐藤純一(Key/Cho)へのインタヴューを掲載。今作から彼らが次へ向かう先とは? 待望の3rdアルバムをハイレゾ & 歌詞付きで配信!!fhána / World Atlas'【配信形態】【左】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz)【右】ALAC、WAV(32bit/96kHz)【配信価格】【共通】 単
by JJ
本当にYouTuberになりました! プー・ルイとオトトイのYouTuber構成員増殖計画スタート!
[PICKUP]・2018年04月12日・本当にYouTuberになりました! プー・ルイとオトトイのYouTuber構成員増殖計画スタート! 先月、BiSを卒業したプー・ルイが自身のYouTubeチャンネルを4月1日に開設! その名も「新生YouTuber研究会-BYS-」。読み方は〈ビス〉。YouTuberが好きで、YouTuberを研究しYouTuberになろうとするプー・ルイによるYouTuber研究会チャンネルとのこと。以前からYouTuber好きを公言し、YouTuberになりたいと語っていたプー・ルイ。GLAYのHISASHIさん提供による華やかなオープニングテーマで始まり、見覚えのあるプー・ルイの友達が多数出演し、YouTuberお馴染みのネタから、尊敬するYouTuberのネタなど週3回のペースで投稿中! しかし! 「そもそもYouTuberって何?」 「今さら誰にも聞けない・・・」 という方もいるのではないでしょうか。いま編集をしている私もよく知りませんでした・・・。ということで! プー・ルイにYouTuberになった経緯についてインタヴューしつつ、YouTuberについて魅力を語っていただきました。OTOTOYも、プー・ルイと
by せんだ
「愛しています」だけではないラヴ・ソングの数々──踊ってばかりの国、3年ぶりフル・アルバムを先行配信
・2018年04月11日・「愛しています」だけではないラヴ・ソングの数々──踊ってばかりの国、3年ぶりフル・アルバムを先行配信 孤高のサイケデリック・ロック・バンド“踊ってばかりの国”が、2018年4月18日に、3年ぶりとなるフル・アルバム『君のために生きていくね』をリリースする。現在の体制となってから初となるこのアルバムは、音源化が待ち望まれていた名曲「Boy」をはじめ、会場限定CDに収録されていた「evergreen」「ジョン・ケイル」など、いつまでも色褪せない珠玉の15曲(+ボーナス・トラック1曲)が収録される。 OTOTOYではこの先「平成の名盤」として語り継がれることになるであろうこのアルバムを、CDリリースに先駆けて1週間の先行配信でお届け。どこよりも早くこのアルバムを聴くことができます! 踊ってばかりの国だからこそ鳴らせることのできるラブ・ソングの数々を、現体制となって初のメンバー全員インタヴューと合わせておたのしみください。 3年ぶりとなる新アルバムを独占配信スタート 踊ってばかりの国 / 君のために生きていくね'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 25
by ?
寿福知之〈GOON TRAX〉×DJ BAKU〈KAIKOO〉──伝説のフェスティバル「KAIKOO」復活の狼煙!
[PICKUP]・2018年04月11日・寿福知之〈GOON TRAX〉×DJ BAKU〈KAIKOO〉──伝説のフェスティバル「KAIKOO」復活の狼煙! アジア、そして全世界規模で注目を集めるレーベル〈GOON TRAX〉が手掛ける、累計37万枚突破の人気ヒップホップ・コンピ、『IN YA MELLOW TONE』最新作がハイレゾにて到着! 今作もRobert de BoronやStill Caravanといったお馴染みのメンツから今後要注目の日本人アーティスト〜海外の人気アーティストまでが集結した、豪華なコンピレーションとなっております! OTOTOYでは発売を記念し、レーベル・オーナーであり株式会社FABTONEの代表取締役でもある寿福知之が現在密に手を組んでいるというDJ BAKU(KAIKOO)との対談を掲載。お互い出会ってからまだ日が浅いという2人が今、手を組んだ訳とは!? 人気シリーズ最新作をハイレゾで!!V.A. / IN YA MELLOW TONE GOON TRAX 14'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz)【配信価格】単曲 300円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1.
by JJ
丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream
・2018年04月11日・【2週間先行ハイレゾ配信】丸みを帯びた白昼夢のサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream登場! ゆるっとしたグルーヴにハマる丸みを帯びたロウビート、どこか浮世離れしたヴォーカルがふらりと現れては白昼夢のような情景を朴訥と唱えて消える──デビュー作となった2017年1月リリースの「Creamy」から2年、Thank You Creamから待望のフル・アルバムをリリースする。リリースはインディ・ロックの牙城〈KiliKiliVilla〉から。新たな「日本語詞」という武器を手に、中毒性の高い脱力感とでも言うべきサウンドがアルバム全体を覆っている。OTOTOYでは本作をCDリリースより、2週間先行でハイレゾ配信を行う。 2週間先行ハイレゾ独占配信Thank You Cream / Thank You Cream(24bit/48kHz)'【Track List】01. オブシディアン02. その扉03. 友達の家04. 見えない05. デューイ06. 向かいのわたし07. セレモニー08. カチャペット09. 何もない丘10. ばらばら11. 土地【配信形態 / 価格】''24bit/48kHz
by 河村 祐介