USインディーの代表格、Real Estateが5人体制で新作をリリース

エコーの効いたギターとシンプルなリズムが奏でる、ローファイかつドリーミーなサウンド。その評価を確かなものとした前作『Days』から2年半、Real Estateの新作『Atlas』がついに届けられた。ジャクソン・ポリス(Dr)、マット・コールマン(Key)を加えた5人体制で臨んだ今作は、ぐっと厚みを増したアンサンブルがこれまでになくリッチな印象を与える。先行シングル「Talking Backwards」がピッチフォークで"ベスト・ニュー・トラック"に選出されるなど、いまやUSインディー・シーンを代表する存在として認知される彼ら。その新たなサウンドをご堪能あれ。

Real Estate / Atlas
【配信フォーマット / 価格】
WAV : 1,500円 (単曲は各200円)
mp3 : 1,500円 (単曲は各200円)

【Track List】
01. Had To Hear
02. Past Lives
03. Talking Backwards
04. April's Song
05. The Bend
06. Crime
07. Primitive
08. How Might I Live
09. Horizon
10. Navigator

変化しすぎないことの強さ

各国の音楽シーンで脚光を浴びた『Days』から2年半。米ニュージャージー出身のインディー・バンド、Real Estateが、新作『Atlas』をリリースした。ジャクソン・ポリス(Dr)、マット・コールマン(Key)を加えた5人編成で制作された今作は、M.ウォードやルーファス・ウェインライトの作品にも携わるトム・シックをプロデューサーに迎え、ウィルコの所有するシカゴのスタジオでレコーディングされたという。

Real Estateと聞いてすぐに思い起こすのは、マット・モンデナイル(Gt)の微睡むようなエコーのかかったギター・ワーク(ロジャー・マッギンの12弦ギターを思わせる)であるし、それこそが彼らのサウンドの肝でもある。また、ブライトなメロディーと歌心、そして奇をてらうことのない素朴なサウンドは、現在も脈々と受け継がれるアメリカーナの系譜に位置づけることができるだろう。もちろん、今作でもモンデナイルの鳴らすギターは磨きがかかっており(ほんのわずかにダビーにも聴こえる)、その揺らめくような音色はいっそう多様になるばかりだ。それだけでなく、人懐っこいメロディーやリズムの豊かさも存分に感じられる。そういう意味では、前作と大幅に変わったところは見られない。


Real Estate / Talking Backwards

だが、今作はプロデューサーにトム・シックを迎えているためか、前作の霞がかったような音作りに比べて音の分離が良くなり、ひとつひとつの楽器が予想以上に立っている。それゆえ、新しく加入したドラムとキーボードのアレンジの妙を聴き取ることができるし、結果としてサウンドに重厚感が増したと言えるだろう。そして何よりも際立っているのが、柔らかい歌声を持ったマーティン・コートニー(Vo)のヴォーカルである。今まではモンデナイルのギター・ワークの影に隠れていた印象があったコートニーの歌声だが、音が比較的クリアになったことで、軽やかさだけではなく、どこか哀愁の漂う深みを感じ取ることができるようになった。彼の歌声とモンデナイルのギターが両輪となり、この作品の持つ美しさをグッと引き立てているのだ。

しかし、それと同時に感じるのは、変化しすぎないことの強さ。Real Estateが誇るその安定感が、この作品のもつケレン味のなさや、素直な楽曲の強度にはっきりと出ているように思う。そして、それこそが彼らの着実な成長を支えているに違いない。(text by 坂本哲哉)

RECOMMEND

Real Estate / Days

Real Estateの評価を確かなものとした2ndアルバム。米ピッチフォークで8.7点を獲得し、ベスト・ニュー・ミュージックに選出。この作品がきっかけとなり、USインディー・シーンを牽引するバンドとして世界的に脚光を浴びる。Arctic Monkeysを擁する英人気レーベル「Domino Records」からのリリース。

Real Estate / Real Estate

Real Estateの記念すべきデビュー作。滑らかな残響が醸し出す立体感とシンプルなリズム。揺らめきながら漂うようなギターのアルペジオが、サイケデリックかつドリーミーな浮遊感を演出する。ピッチフォークにて2009年の年間チャート20位にランクイン。

Woods / At Echo Lake

USインディー・シーンの最重要レーベル「Woodsist」のオーナーをメンバーに持つバンド、Woodsの日本デビュー作。フォーキーかつサイケデリックな響き、ノイジーでよれたギター、それでいて美しいメロディ。その独特のローファイ・サウンドは癖になる。

PROFILE

Real Estate
米ニュージャージー出身の5人組。2009年、アメリカのレーベル「Woodsist」より『Real Estate』でデビュー。2010年に初来日を果たすと、翌2011年にはArctic Monkeysを擁する「Domino Records」に移籍し、2作目『Days』を発表する。この作品は米ピッチフォークで8.7点を獲得し、ベスト・ニュー・ミュージックに選出。これがきっかけとなり、USインディー・シーンを牽引するバンドとして世界的に脚光を浴びる。

>>Real Estate OFFICIAL HP

この記事の筆者
坂本 哲哉

七尾旅人らも参加、シルキーなメロウ・グルーヴ & ヴォーカル──Kan Sanoの『k is s』ハイレゾ配信

七尾旅人らも参加、シルキーなメロウ・グルーヴ & ヴォーカル──Kan Sanoの『k is s』ハイレゾ配信

Calm新作『Dreamtime From Dusk till Dawn』& CitiZen of Peace『Heart Dance』配信開始!

Calm新作『Dreamtime From Dusk till Dawn』& CitiZen of Peace『Heart Dance』配信開始!

HALFBY AND HIS MYSTIC ARCHESTRAのライヴ音源を配信開始!

HALFBY AND HIS MYSTIC ARCHESTRAのライヴ音源を配信開始!

覆面ラップ集団、MIDICRONICAから894がソロ・リリース!

覆面ラップ集団、MIDICRONICAから894がソロ・リリース!

ドミノ・レコーズの大型新人、The BohicasがデビューEPを配信開始!!

ドミノ・レコーズの大型新人、The BohicasがデビューEPを配信開始!!

Real Estate、2年半ぶりの新作『Atlas』を配信開始

Real Estate、2年半ぶりの新作『Atlas』を配信開始

アルゼンチン音響の代表格アレハンドロ・フラノフ、ピアノ・ソロ作品を2枚同時配信!!

アルゼンチン音響の代表格アレハンドロ・フラノフ、ピアノ・ソロ作品を2枚同時配信!!

待ってました!!! アルゼンチンの歌姫、フアナ・モリーナ5年ぶりの新作『Wed 21』。びたびたに浸れる無限のサイケデリア!!

待ってました!!! アルゼンチンの歌姫、フアナ・モリーナ5年ぶりの新作『Wed 21』。びたびたに浸れる無限のサイケデリア!!