2013/11/07 00:00

「その日わたしは その日わたしは なくても生きていけるものに 生かされていた」

クラシックやトラッドに根ざしたサウンドに、やわらかいながらもはっとする言葉で歌うシンガー・ソングライター、湯川潮音が、3年ぶりのフル・アルバム『濡れない音符』をリリースした。おおはた雄一が作詞作曲した「にじみ」、world's end girlfriendと共作曲したドラマティックな「笛吹きの少年」を含む全11曲を収録。プロデュースには初のフル・アルバム『逆上がりの国』以降、たびたび湯川の作品を手掛けている鈴木惣一朗(ワールド・スタンダード、ソギー・チュリオス)を迎え、いまの"湯川潮音"が表現された作品が完成した。

湯川潮音 / 濡れない音符
【配信価格】
WAV、mp3 ともに 単曲 250円 / まとめ購入 1,800円

【Track List】
01. りゆう / 02. 羽のように軽く / 03. かかとを鳴らそ / 04. にじみ / 05. ラストシーン / 06. 光の中の家 / 07. ニューヨーク / 08. 砂の鳩 / 09. 60年後の灯台守 / 10. 笛吹きの少年 / 11. その日わたしは

※まとめ購入の方には歌詞ブックレットが付いてきます。

INTERVIEW : 湯川潮音

とてもさりげなく、しかしこれまでとはどこかが違う。湯川潮音のニュー・アルバム『濡れない音符』を聴いてそう感じた方はきっと少なくないと思う。2010年に前作『クレッシェンド』をリリースしたあと、およそ半年間にわたってニューヨークで生活していた湯川は、人知れず苦しい時期を迎えていたのだという。どうしても自分の書くことばに納得できない。そんな状況からなかなか抜け出せず、ひたすらもがきながらも、彼女のよき理解者である鈴木惣一郎らの協力を得ながら時間をかけてかたちにしていったという『濡れない音符』は、結果としてシンプルながらも骨格の美しいメロディと、彼女の日常とそのなかで生まれた実感を素直に綴ったリリックがぐっと響いてくる作品に仕上がった。ピアノを中心とした室内楽編成の演奏も実に心地よく、聴き込むほどに深い味わいのあるアルバムだ。

「長いトンネルからようやく抜け出せた」と晴れやかな表情で語る湯川。彼女はどのようにしてこのスランプを克服し、この作品に辿り着いたのだろう。本人のことばからこの3年間をゆっくりと紐解いていきたい。

インタヴュー&文 : 渡辺裕也

私のことを知らない状況でちょくちょく歌わせてもらえたのは、自分をまっさらな状態にするいい機会にもなって

――湯川さんは前作『クレッシェンド』を出したあと、しばらくニューヨークで生活していらしたそうですね。

湯川 : はい。2010年の12月ごろにチケットを取って、2011年の4月に発とうと決めていて。そうしたらあの震災があったんです。そこでどうするべきかちょっと迷ったんですが、やっぱり行くことにして、それから半年くらいのあいだはいろんなところを旅していました。

――なぜニューヨークという場所を選んだんですか。

湯川 : 「曲づくりは日本でやって、録音はイギリスでやる」というパターンが自分のなかで出来ていたんですけど、たまには空気の入れ替えをしたくなったというか。あと、『クレッシェンド』の録音もイギリスでやってるんですけど、そのときにちょっと強制送還に遭ってしまって…。

――え! それはなぜ?

湯川 : ちょっとした不幸だったというか(笑)。録音するという目的を伝えずに入国したら、バックの中に譜面やレコーダーがあることをチェックされて、嘘をついたことになっちゃって。それでイギリスには入国できなくなってしまったんです。

――それは災難でしたね。

湯川 : すごいショックでした(笑)。それで、じゃあどうしようかなと考えていたら、そのころはちょうどブルックリンの音楽シーンが気になっていたのもあったし、そっちに行ってみたらどうかなと思って。以前はそこまでアメリカの音楽に興味がなかったので、これもいい機会かなって。

――これまでにロンドンを制作の拠点としていたのも、音楽的なところで興味の沸く場所だったから?

湯川 : そうかもしれませんね。高校を卒業してすぐアイルランドに留学したんですけど、そのころはアイリッシュ・トラッドにすごく興味があって。その流れからブリティッシュ・フォークに出会ったり。イギリスの古い音楽に好きなものが多かったんですよね。あと、クマ原田さんというベーシストでプロデューサーの方との出会いもあって、あっちで一緒に音楽をやれる人が増えたのも大きかった。それに私、スタジオにこもって録音するのが苦手なんですけど、あっちだとふつうに暮らしながら録音できるんです。スタジオがそのまま庭とつながっていて、気分によっては機材を外に出してフィールド・レコーディングしてみたり、キッチンやお風呂場なんかで録ってみたり。そういうところをいつも楽しんでやっていました。

――なるほど。ちなみに湯川さんはブルックリンの音楽のどんなところに興味を持ったんですか。

湯川 : ブルックリンの人たちって、その人にとって重要なものであれば、他人から見たらガラクタみたいなものでもちゃんと大事にして演奏している印象があって。そういうおもちゃ箱みたいな感覚がいいなと思っていたんです。たとえばダーティ・プロジェクターズもそうですよね。発想が柔軟というか、友だちが何人か集まったからなにかおもしろいことやろう、みたいな感じがある。「あなた、ピアノ弾けるの? じゃあ弾いてみてよ!」みたいなところから音楽が生まれていく。そういうグルーヴ感がよくて。

――たしかにブルックリンにはそういうコミュニティがあるようですね。湯川さんもそんな輪に加わっていけたんですか。

湯川 : はい。パンク・バンドのヴォイス・トレーナーをやったりしてました(笑)。あと、日本で1度対バンしたことのあるココロージーのふたりがホーム・パーティに呼んでくれて。それで行ってみたら、デヴィッド・バーンとか、有名な人がたくさん来てて。そこでバンドが演奏してたり、ベッドで寝転がってたり、冷蔵庫から勝手にピザを出したりしてるんです(笑)。自分がそのなかに入りたいと思ったら受け入れてくれるし、ほっておいてほしければほっとかれる。そういう街でした。トップ・ミュージシャンもすごくフラットで、みんなと一緒に演奏したりしながら友達になっていく。そういう流れがすごく楽しかった。

――いいですねえ。今回のアルバムに入っている曲は、そのブルックリンで生活していた時期につくっていたものもあるんですか。

湯川 : それが、曲づくりはけっこう苦戦していて。ノートもたくさん持っていったんですけど、何冊分書いても納得がいかなくて。それはやっぱり震災直後というのもありました。迷いや不安もあるなかで旅をしながら、ちょっと翻弄されているような感じで日々を過ごしていたので。

――その「書いても納得がいかない」というのは、主にリリックのことですか。

湯川 : そうです。これまでと同じように書くことはできるんだけど、それがいまの自分には合っていない気がしてしまうというか。どうしても「これだ!」と言えない。それでつくったものをぜんぶ消してっていう作業を何度も繰り返していました。「言葉ってなんだろう」というところまで思い悩んでいましたね。

――そこまでいってしまうと、なかなか振り切るのが大変そうですね。

湯川 : 旅に出ることを決めたのは、それをすべてひっくり返したかったというのもあったんですけど、なかなか大変でしたね。あっちでもライヴはけっこうやってたんですよ。セントラルパークでストリート・ライヴをやったり、教会跡地みたいなところで現代アートの展示をするから、そのオープニングで歌ってくれと頼まれたり。そういうだれひとりとして私のことを知らない状況でちょくちょく歌わせてもらえたのは、自分をまっさらな状態にするいい機会にもなって。

家をつくっていく作業って、なんか自分を再構築しているような感じだったんですよね

――ニューヨークに滞在している期間に、その作詞に関する悩みはケリがつけられたんですか。

湯川 : それがだめで、日本に帰ってきてからもしばらく続いたんです。それでどうにかしなきゃと思って、帰国後すぐ鈴木惣一朗さんに電話をして。

――それは鈴木さんに助けを求めたということ?

湯川 : それもあったんですけど、そのころの自分の状態が、惣さんと一緒に『逆上がりの国』(04年にリリースされた湯川のファースト・フルアルバム)を作ったころと似ていたんですよね。それで、「これはいま、惣さんのところに戻るときなのかな」と思って。本当に手探りの状態だったんです。でも、『逆上がりの国』はそういうところから引っ張り出してもらったアルバムだったので。

――そのころに立ち返ってみようと。とはいいつつ、『逆上がりの国』のころと現在ではやはり湯川さんの経験値とスキルもまったく違いますよね。そうなると鈴木さんとの関わり方もいくらか変化しているんじゃないかと思ったんですが。

湯川 : 今回は惣さんから最初の段階で「潮音ちゃんが“これでいきます"というところまでぜんぶやってから僕に渡してくれ」と言われていたんです。アレンジも含めてだいたいの作品のストーリーができたら、そこに色づけする作業を僕がやるよ、と。やっぱり10年前に一緒にやってるから、お互いが出るべきところと引くべきところをわかってくれているんですよね。私、あまり近づきすぎるとすぐに衝突しちゃうんです。惣さんからも「もう泣きたくない」と言われましたし(笑)。

――泣かせてたんですか(笑)。でも、それって『逆上がりの国』の頃から、湯川さんは自分の作りたい音像がはっきりイメージできていたということですよね。

湯川 : そうなんです。私、ものすごく頑固なので(笑)。自分が思っていることを曲げられないというか、仕上がりかけていたものをひっくり返してゼロにしちゃうようなことを平気でやっていたんです(笑)。いまはいくらか柔らかくなったと思うんですけど。

――つまりそれは、自分の作品に他の人が関わることへの抵抗があったということ?

湯川 : そうですね。特に『逆上がりの国』のときは人に委ねることが本当にできなくて、とにかく自分の大切なものを守ろうという気持ちばっかりでした。でも、それがイギリスで録音しながらいろんな人と交流していくうちに、自分から手放してみることのおもしろさも少しずつわかってきて。

――共同作業を楽しめるようになってきたんですね。一方で湯川さんはセルフ・プロデュースできるスキルもこの10年間で着実に身につけていますよね。だからこそ、鈴木さんも今回は「色づけだけ」という関わり方だったんだろうと思ったんですが。

湯川 : そうですね。スタジオに入る段階でアレンジのベーシックはほぼ決まっていました。コンサートをしながら、曲も少しずつ育てていたので。あと、この話はちょっと長くなるんですけど…。

――まったくかまいません。ぜひ。

湯川 : (笑)。日本に帰ってきてまず考えなきゃいけなかったのが、住む家をどうしようかということだったんです。

――それはアメリカに発つ前に住居をはらっていたということ?

湯川 : そうなんです。で、そんなときにうちの祖母が、昔に住んでいた家がもうボロボロだから取り壊すと話していたので、「だったら、私がその家に住む」と言って。でも、それが本当にひどい状態だったんです。それで大工さんに見てもらったら、ちゃんと直すとかなりかかると言われちゃって。で、ちょうどそのときなんですけど、私の履いていた靴下に穴が開いていたんですよね。それを見たその大工さんが、私のことを売れない演歌歌手なんだと思ったらしくて。

――あははは。

湯川 : どうやら「歌手=演歌」という方だったみたいで(笑)。それで「なんとか他の現場の廃材を磨いて使おう。その作業を自分とふたりでやるなら、ほとんど材料費だけでいい」と言ってくれて。それでそこからの半年間、ふたりでずっとその家だけを作ってたんです(笑)。

――売れない演歌歌手に大工さんも情が移ったんですね(笑)。今はもうそこで生活されてるんですか。

湯川 : もう、ものすごく居心地のよい空間になりましたよ。で、そこで初めてピアノを買って。すごく古いピアノなんですけど、それをぽろぽろ弾き始めたのが、いまから半年くらい前のことで。その家を作っていたときは音楽のことも含めてほとんど何も考えてなかったんです。でも、あとになってみて思うと、その家をつくっていく作業って、なんか自分を再構築しているような感じだったんですよね。その大工の親方は私のことを「お嬢」と呼ぶんですけど、親方は「お嬢と俺の仕事は一緒だよ。どっちもなにもないところからつくっていく作業だから」と言ってて。「光の中の家」という曲はそこから生まれたんです。

――親方、ステキですね。でも、なんで湯川さんはその家を立て直すことにこだわったんですか。もし住むのが難しそうであれば、別の選択をすることも出来たと思うんですけど。

湯川 : それはやっぱり、父親が育った家というのもあるし、せっかく脈々と継がれてきたものがなくなってしまうのはもったいないと思って。あと、単純に内装の面影がすごくモダンだったし、手を加えればいい感じになりそうだったんですよね。まあ、それにしては予想もしなかったほど大変な作業になっちゃったんですけど(笑)。

――もしかすると、湯川さんは自分のホームみたいな場所を求めていたりしたんじゃないかなと思って。言ってしまえば湯川さんは今までそういう場所を持たずに海外と日本を行き来してきたわけで。

湯川 : ああ、たしかにそうですね…。うん、そうだったのかもしれない。その家はスタジオとしても使えそうだし、実際にいまそうなりかけているんですよね。それに、自分ひとりになれる場所があればいいなと私もずっと思っていたし。

どうしても荒れ果てた道を行きたくなってしまうんです

――あと、もうひとつ大きいのがピアノですよね。今回のアルバムって、ものすごくピアノの存在感が強い作品で。やっぱり湯川さんといえばギターのイメージがあるんですけど、ピアノもよく弾かれていたんですか。

湯川 : いや、ほぼ触ったことがなかったんです(笑)。ニューヨークにいるときは、もっとギターを勉強しようと思って人から教わったりもしていたんです。でも、曲づくりが難航していくうちに、ちょっとギターと距離を置きたくなって。そんなときにたまたま見つけたのがそのピアノだったんです。すごく見た目もかわいかったので。自分の出したいコード感がうまく出せないところは、藤原マヒトさんに協力してもらって、一音一音をあてはめてもらいました。今回はその作業にけっこう長い時間がかかったんですけど、そのおかげでアルバムの骨組みがだいたい出来上がって。

湯川潮音 / かかとを鳴らそ
湯川潮音 / かかとを鳴らそ

――ピアノで曲をつくりはじめたことでようやくこのアルバムの音像が浮かんできたんですね。では、詞の方はどうなったんですか。

湯川 : それが日本に帰ってきてからも結局1年くらいはずっと悩んでしまって(笑)。しばらくはずっとラララで歌ってました。

――長いスランプですね。そういうことって過去にもあったんですか。

湯川 : なかったんです。だから抜け出し方もわからなくて。結局2年くらいはそういう時期が続いてしまいました。「なんとか抜け出さなきゃ」って、ずっとひとりでもがいてた。それが、今回参加してくれたおおはた雄一さんと延本文音さん(GOOD BYE APRILのベーシスト)に相談して、自分の窓口を広げてみたら、ようやくといった感じで。

――なるほど。詞を共作することが抜け出すきっかけになったんだ。では、どういう流れでそのふたりに相談することになったんですか。

湯川 : おおはたさんは引っ越し先で家が近所だったんです(笑)。それでお茶しようということになって、まるで昭和にタイムスリップしたような喫茶店に連れていってくれて。で、そのときにわかったんですけど、私とおおはたさんは同じノートを使って詞を書いていたんです。そのせいもあって、おおはたさんはその日、間違えて私のノートを持ち帰ってしまって。それがもう、すっごく恥ずかしくて(笑)。しかもツアーがあったりでしばらく返してもらえないという。

――それはつらい(笑)。

湯川 : でも、それがしばらく経っていくうちに、不思議と「別にあのノート、見られてもいいな。むしろ見てもらいたいな」みたいな気分になってきたんですよね(笑)。だんだんと諦めも入ってきて。それで実際に返してもらうとき、おおはたさんの前でそのノートをぜんぶ読んだんです。くだらないメモも含めてぜんぶ。それにおおはたさんも「あ、いまのいいね」とかコメントしてくれたりして(笑)。そこからですね。

――ひとりで抱えていたものを人に明かしたことで気持ちが楽になったんだ。なんかそれはわかる気がします。

湯川 : うん、そういうことですね。自分がただ日記として書いていたことを「それ、歌になってるじゃん」とか言われて、「ああ、これでいいんだ」って。それで実際に曲をつけてみたり。

――いいきっかけを掴みましたね。では、延本さんは?

湯川 : 知り合いに歌詞を悩んでいることを電話で相談したら、おもしろい子がいるよと言われて、延本さんの書いた歌詞だけが送られてきたんです。それで読んでみたらすごくおもしろくて。なんといえばいいかな。噛むほどに味がするというか、さまざまな視点から物事を見ていて、しかもそれをちゃんと言葉にできているんですよね。それってすごい才能で。それで実際に会ってみたら、やっぱりちょっと変な人でした(笑)。でも、彼女も私のことをそう思ったんじゃないかな。マネージャーさんからも、10年前の潮音ちゃんに似ていると言われてましたね(笑)。だから、ぶつかりそうになることもあったし。1日に何度も電話して、けっこうこまめにやりとりをしました。

――さきほどの「光の中の家」にしても、新作の歌詞には湯川さんの実生活がとても素直に反映されている印象があるんですが、湯川さんは最終的にこのアルバムを通してどういうことを言葉にしたいと思ったんですか。

湯川 : これは結果論かもしれないですけど、いままでの作品では、手触りや色、あるいは形みたいなものを表現していたとしたら、今回はその中身にぐっと迫ったような感覚があって。たとえばこのコップのなかに虫がいるとしたら、それを顕微鏡で覗いて羽の皺まで見ていくような感じですね。これまでの歌詞よりもグッと細部に寄って、もっと言葉の核心に迫りたかったんだと思います。

――こうしてようやくアルバムがかたちになって、どうでしょう。音楽家として次のステップに進めたような手ごたえは感じましたか。

湯川 : どうだろう。でも、あの長い空白の時期を乗り切れたのは、単純にうれしくてしょうがないんですよね。母親も、もう死んじゃうんじゃないかってすごく心配してたし(笑)。でも、どこかでこういう時期を乗り越える必要があったんだと思います。

――サウンド面に関しても、新作には過去になかった要素がたくさんありますよね。それはもちろんピアノもそうだし、やっぱりブルックリンで吸収したものが大きかったんだろうなって。

湯川 : それはすごく大きいと思います。あっちでは安い値段でたくさんコンサートが観れたし。それは有名な人だけじゃなくて、たとえばそのへんのパブに入ると誰かがライヴをやってたり、道端で変な楽器を演奏している人のまわりにどんどん人が集まっていって、それがひとつのグループになっていったり。そういうものを近くで感じられたのは、間違いなく自分のストックになったと思います。

――ちなみに、ニューヨーク以外でいま行ってみたいと思っているところはありますか。

湯川 : それは本当にたくさんあって。今はすごくアルゼンチンに行きたいですね。ブルックリンで私が泊まっていたところは、アルゼンチンの人たちが経営していたところで、フアナ・モリーナも泊まりに来ていたんですよ。この先に長い休みが出来たら、ぜひ行ってみたいですね。

――湯川さんは自分の興味が沸くものをどんどん発見できる方なんですね。キャリアが長くなってくるとフットワークが重くなる人も多いと思うんですけど、湯川さんはずっと軽やかで。

湯川 : 慣れるのが苦手なのが大きいと思います(笑)。そもそも私がこういうポップ・シーンのなかで音楽をやろうと思ったのも、ずっとクラシックをやってきた私みたいな人がポップスの世界に入ることで、なんらかの選択肢がふえて、幅が広がるひとつのきっかけになったらいいなっていう気持ちがどこかにずっとあるからなんです。なにかの破片になりたいというか。均された場所があまり好きじゃないから、どうしても荒れ果てた道を行きたくなってしまうんです。そのせいでボロボロになったりもするんですけど(笑)。

RECOMMEND

YeYe / HUE CIRCLE

京都を拠点に活動するシンガー・ソングライターYeYe。2011年のデビュー盤『朝を開けだして、夜をとじるまで』以来となるセカンド・アルバム『HUE CIRCLE』。妹尾立樹(LLama、sistertail)、浜田淳(Lainy J Groove)、田中成道というライヴ・メンバーの3人、Turntable Filmsの井上陽介らゲスト・ミュージシャンの参加に加え、エンジニアとしてWATER WATER CAMELの田辺玄を迎え、彼女の歌声を確かな中心としながら、チェンバー・ポップ、ソフト・サイケ、ダンサブルなエレクトロ・ポップなど、様々なカラーを堪えたサウンドがなだらかに移ろっていく、表情豊かなポップス・アルバム。

>>特集ページはこちら

Babi / Botanical(HQD ver.)

約2年振りとなる新作を、ウッフフククとnobleによるレーベル・コラボレーションでリリース。サックス、クラリネット、ファゴット、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロなど多彩なアコースティック楽器を、奏者を招いて録音しているのは今作の特徴のひとつ。また数曲のミックスとマスタリングを、コーネリアスのサウンド・プログラマーとして知られる美島豊明が担当。色とりどりの美しい鳥達や、咲き微笑む花々、昆虫達が奏でる、カラフルで瑞々しいオーケストラ。センス・オブ・ワンダーを刺激する、生命力に溢れた自由で愛らしいチェンバー・ポップ。

>>特集ページはこちら

Juana Molina / Wed 21

アルゼンチンの女性シンガー・ソングライター、フアナ・モリーナが前作『Un Dia』以来約5年ぶりとなる通算6枚目のオリジナル・アルバム『Wed 21』をベルギーのレーベル、Crammed Discsからリリース。山本精一やEYE (ボアダムス)を魅了し、デヴィット・バーンやファイストと共にツアーを周り、2011年にはフジ・ロック・フェスティバルにコンゴトロニクス vs ロッカーズの一員として参加した彼女が本作で鳴らすのは、これまでになく芳醇で、これまでになく生々しいリズムをもったサイケデリック・ミュージック。

>>特集ページはこちら

LIVE INFORMATION

インストアライヴ
2013年11月8日(金)@タワーレコード 梅田NU茶屋町店 イベントスペース
2013年11月9日(土)@タワーレコード 名古屋近鉄パッセ店9F イベントスペース
2013年11月25日(月)@DAIKANYAMA T-SITE内 GARDEN GALLERY
2013年12月1日(日)@タワーレコード 新宿店7F イベントスペース

クリスマス プラネタリウム ライブ chime
2013年12月25日(水)@北とぴあ プラネタリウム“スペースゆう”

濡れない音符 発売記念 演奏会
2014年1月9日(木)@横浜市開港記念会館

PROFILE

湯川潮音

1983年東京出身。小学校時代より東京少年少女合唱隊に在籍、多くの海外公演などを経験。2001年ポップ・フィールドではじめて披露された歌声が多くの話題を呼ぶ。翌年のアイルランド短期留学から帰国後、自作の曲も発表し本格的な音楽活動をスタート。以降、美しいことばの響きを大切にした歌詞、クラシックやトラディショナルを起点に置いた独自の世界観で音楽を紡ぎ続けている。2011年からのNYでの生活を経て帰国後、2013年初頭より、教会や講堂、洋館など、独特の趣ある会場で開催する「Tada,Imaコンサート」を継続して開催、好評を得ている。オリジナル曲での音楽活動をスタートして10年目をなる今秋、3年ぶり、10枚目の作品となるフル・アルバムを発売。

>>湯川潮音 Official HP

この記事の筆者
渡辺 裕也

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

サマー・ムード纏うフェイク・ノスタルジア──Teen Runnings、5年ぶりアルバム

サマー・ムード纏うフェイク・ノスタルジア──Teen Runnings、5年ぶりアルバム

なにかを変えるほどのインパクトを──betcover!! 堂々のメジャー・デビュー

なにかを変えるほどのインパクトを──betcover!! 堂々のメジャー・デビュー

今年もこの季節がきた! OTOTOYフジロック・ガイド2019

今年もこの季節がきた! OTOTOYフジロック・ガイド2019

ピュアに挑み続ける絶妙なアンバランス──folk enough、新アルバム配信開始

ピュアに挑み続ける絶妙なアンバランス──folk enough、新アルバム配信開始

さらなる躍進、勝算のある未来への一手──FINLANDS新作EP『UTOPIA』独占ハイレゾ配信

さらなる躍進、勝算のある未来への一手──FINLANDS新作EP『UTOPIA』独占ハイレゾ配信

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

美しき夢の行き先──sugar plant、18年ぶりのアルバムをハイレゾ配信

美しき夢の行き先──sugar plant、18年ぶりのアルバムをハイレゾ配信

「好きなことをやり続ける感覚」──待望のニュー・アルバム『彼女の時計』完成への道筋

「好きなことをやり続ける感覚」──待望のニュー・アルバム『彼女の時計』完成への道筋

時代を繋ぐ成熟された楽曲──Lamp、4年ぶりの新作『彼女の時計』をリリース

時代を繋ぐ成熟された楽曲──Lamp、4年ぶりの新作『彼女の時計』をリリース

FINLANDSにとっての「LOVE」とは? 最新作『LOVE』をハイレゾ独占配信!

FINLANDSにとっての「LOVE」とは? 最新作『LOVE』をハイレゾ独占配信!

今年のフジロック、どうでした?ーー岡村詩野と渡辺裕也がふり返る〈フジロック 2017〉対談レポート

今年のフジロック、どうでした?ーー岡村詩野と渡辺裕也がふり返る〈フジロック 2017〉対談レポート

OTOTOYフジロック・ガイド2017ーーいま絶対に見ておくべきアクト21選

OTOTOYフジロック・ガイド2017ーーいま絶対に見ておくべきアクト21選

いわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバムをハイレゾ配信&インタヴュー掲載

いわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバムをハイレゾ配信&インタヴュー掲載

松崎ナオ インタビュー

松崎ナオ インタビュー

JariBu Afrobeat Arkestra『AfroSoundSystem』

JariBu Afrobeat Arkestra『AfroSoundSystem』

小谷美紗子、デビュー20周年プロジェクト第1弾、初の弾き語り作品をハイレゾ配信

小谷美紗子、デビュー20周年プロジェクト第1弾、初の弾き語り作品をハイレゾ配信

THE ANDS『FAB NOISE』インタビュー

THE ANDS『FAB NOISE』インタビュー

サニーデイ・サービス 10枚目のアルバム『DANCE TO YOU』ハイレゾ配信&インタヴュー

サニーデイ・サービス 10枚目のアルバム『DANCE TO YOU』ハイレゾ配信&インタヴュー

LITTLE CREATURES デビュー25周年! ハイレゾ配信& 全員インタヴュー

LITTLE CREATURES デビュー25周年! ハイレゾ配信& 全員インタヴュー

Ryo Hamamoto、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

Ryo Hamamoto、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

OTOTOYフジロック・ガイド2016ーーあなたがチェックすべきアーティストを【6つの項目】にわけてご紹介

OTOTOYフジロック・ガイド2016ーーあなたがチェックすべきアーティストを【6つの項目】にわけてご紹介

オーストラリア・ロック・シーンの雄、4年ぶりの帰還──ザ・テンパー・トラップ配信開始

オーストラリア・ロック・シーンの雄、4年ぶりの帰還──ザ・テンパー・トラップ配信開始

永原真夏、1stミニ・アルバムをハイレゾ配信&フィールドが異なる2人の異色対談

永原真夏、1stミニ・アルバムをハイレゾ配信&フィールドが異なる2人の異色対談

Lantern Parade、4年ぶりのバンド編成アルバム配信&2015年リリース2作品から今のモードを追う

Lantern Parade、4年ぶりのバンド編成アルバム配信&2015年リリース2作品から今のモードを追う

2015年東京インディーの現在地——YOUR ROMANCE×Yogee New Waves×OBKR 鼎談公開

2015年東京インディーの現在地——YOUR ROMANCE×Yogee New Waves×OBKR 鼎談公開

ビデオテープをサンプリングして制作するVIDEOTAPEMUSIC、ニューアルバムをリリース&インタヴュー

ビデオテープをサンプリングして制作するVIDEOTAPEMUSIC、ニューアルバムをリリース&インタヴュー

ニュー・オーダー、10年振りの最高傑作ニュー・アルバムをハイレゾ配信

ニュー・オーダー、10年振りの最高傑作ニュー・アルバムをハイレゾ配信

新生Seagull Screaming Kiss Her Kiss Her、15年ぶりのアルバム完成&リミックス音源フリーDL配信

新生Seagull Screaming Kiss Her Kiss Her、15年ぶりのアルバム完成&リミックス音源フリーDL配信

レディース・ポップ・ユニット、ぱいなっぷるくらぶが初作品リリース&インタヴュー

レディース・ポップ・ユニット、ぱいなっぷるくらぶが初作品リリース&インタヴュー

OTOTOYフジロック・レポート2015

OTOTOYフジロック・レポート2015

ボストン在住のYUKI KANESAKAによるプロジェクト、monolog最新作ハイレゾ配信&インタヴュー

ボストン在住のYUKI KANESAKAによるプロジェクト、monolog最新作ハイレゾ配信&インタヴュー

ex.SEBASTIAN Xのフロントマン永原真夏がソロ・デビュー、そして初のシングル「青い空」をリリース

ex.SEBASTIAN Xのフロントマン永原真夏がソロ・デビュー、そして初のシングル「青い空」をリリース

OTOTOYフジロック・ガイド2015

OTOTOYフジロック・ガイド2015

HINTO安部と伊東のユニット"堕落モーションFOLK2"、3年ぶり新作配信&インタヴュー

HINTO安部と伊東のユニット"堕落モーションFOLK2"、3年ぶり新作配信&インタヴュー

日本から最も遠い日本人ローファイ・ポップ・メーカー、Boys Ageの最新作配信&インタヴュー

日本から最も遠い日本人ローファイ・ポップ・メーカー、Boys Ageの最新作配信&インタヴュー

エリーニョ、母として初めてリリースする4thアルバムを配信

エリーニョ、母として初めてリリースする4thアルバムを配信

(((さらうんど)))、最高傑作と評される3rdアルバム『See you, Blue』をハイレゾ配信

(((さらうんど)))、最高傑作と評される3rdアルバム『See you, Blue』をハイレゾ配信

camellia、バンド初のライヴ音源をハイレゾ&ワンコイン配信!!

camellia、バンド初のライヴ音源をハイレゾ&ワンコイン配信!!

fula、レコ発ワンマンに向けてお試しサンプラー無料配信!!

fula、レコ発ワンマンに向けてお試しサンプラー無料配信!!

The fin.、待望のファースト・アルバムを配信&インタヴュー

The fin.、待望のファースト・アルバムを配信&インタヴュー

クラムボン、結成20周年記念トリビュート・アルバムをハイレゾ配信

クラムボン、結成20周年記念トリビュート・アルバムをハイレゾ配信

THE ANDS『euphorium』をハイレゾ配信スタート&インタヴュー

THE ANDS『euphorium』をハイレゾ配信スタート&インタヴュー

岡田徹 presents ウクレニカ、ムーンライダーズのカヴァー・アルバムをハイレゾでリリース!

岡田徹 presents ウクレニカ、ムーンライダーズのカヴァー・アルバムをハイレゾでリリース!

the chef cooks me×プロデューサー 後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)公開インタヴューUstream!!

the chef cooks me×プロデューサー 後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)公開インタヴューUstream!!

THE BITE『RADIO WALTZ』 インタビュー

THE BITE『RADIO WALTZ』 インタビュー

或る感覚、セカンド・フル・アルバムの全曲フル試聴&特典付き予約スタート

或る感覚、セカンド・フル・アルバムの全曲フル試聴&特典付き予約スタート

リコチェットマイガール、初の全国流通リリースとなる新作を配信開始

リコチェットマイガール、初の全国流通リリースとなる新作を配信開始

曽我部恵一、富士山麓にある氷の洞窟で録音した新作EPを配信開始!

曽我部恵一、富士山麓にある氷の洞窟で録音した新作EPを配信開始!

僕とモンスター『かたち』をハイレゾ配信&インタヴュー

僕とモンスター『かたち』をハイレゾ配信&インタヴュー

アンドロメルト『子供と動物』をハイレゾ配信&インタヴュー

アンドロメルト『子供と動物』をハイレゾ配信&インタヴュー

OTOTOYフジロック・レポート2014

OTOTOYフジロック・レポート2014

SSW沙知によるハリネコのレコ発ライヴをレポート!

SSW沙知によるハリネコのレコ発ライヴをレポート!

folk enough、3年ぶりのアルバムをハイレゾ配信開始

folk enough、3年ぶりのアルバムをハイレゾ配信開始

OTOTOYフジロック・ガイド2014

OTOTOYフジロック・ガイド2014

SSW沙知によるプロジェクト、ハリネコをハイレゾで!

SSW沙知によるプロジェクト、ハリネコをハイレゾで!

女子18人組ビッグバンド、たをやめオルケスタが2ndアルバムを配信開始!!

女子18人組ビッグバンド、たをやめオルケスタが2ndアルバムを配信開始!!

AZUMA HITOMI『CHIIRALITY』を先行でハイレゾ配信&インタヴュー掲載

AZUMA HITOMI『CHIIRALITY』を先行でハイレゾ配信&インタヴュー掲載

delofamilia(ORANGE RANGE・NAOTO×Rie fu)、5作目をハイレゾ音源でリリース

delofamilia(ORANGE RANGE・NAOTO×Rie fu)、5作目をハイレゾ音源でリリース

ハンバートハンバート、4 年振りのフル・アルバムをリリース

ハンバートハンバート、4 年振りのフル・アルバムをリリース

Hanah Spring、5月14日リリースのアルバムより5曲先行ハイレゾ配信&インタヴュー

Hanah Spring、5月14日リリースのアルバムより5曲先行ハイレゾ配信&インタヴュー

amenoto、デビュー・ミニ・アルバム『すべて、憂鬱な夜のために』先行リリース&フリー・ダウンロード

amenoto、デビュー・ミニ・アルバム『すべて、憂鬱な夜のために』先行リリース&フリー・ダウンロード

SEBASTIAN X、3年目の〈TOKYO春告ジャンボリー〉&音沙汰がハイレゾ音源でリリース!!

SEBASTIAN X、3年目の〈TOKYO春告ジャンボリー〉&音沙汰がハイレゾ音源でリリース!!

huenica、新作『あざやかなとうめい』をハイレゾ配信&インタヴュー

huenica、新作『あざやかなとうめい』をハイレゾ配信&インタヴュー

或る感覚、ライヴ会場限定シングルをフル試聴開始&インタヴュー

或る感覚、ライヴ会場限定シングルをフル試聴開始&インタヴュー

トウヤマタケオと徳澤青弦によるピアノとチェロのデュオ、Throwing a Spoonfハイレゾ配信

トウヤマタケオと徳澤青弦によるピアノとチェロのデュオ、Throwing a Spoonfハイレゾ配信

山形発、硬派なポストロック!! dinner、新たな編成で臨んだ4thアルバム

山形発、硬派なポストロック!! dinner、新たな編成で臨んだ4thアルバム

the telephonesのフロントマン、石毛輝のソロ3作目『Dark Becomes Light』リリース

the telephonesのフロントマン、石毛輝のソロ3作目『Dark Becomes Light』リリース

ミツメ、3作目となるアルバム『ささやき』を配信開始&インタビュー

ミツメ、3作目となるアルバム『ささやき』を配信開始&インタビュー

ピラミッドス、配信限定ミニ・アルバムをリリース&インタヴュー

ピラミッドス、配信限定ミニ・アルバムをリリース&インタヴュー

ワンダフルボーイズ、2ndアルバムをリリース&首謀者サンデーカミデにインタヴュー!

ワンダフルボーイズ、2ndアルバムをリリース&首謀者サンデーカミデにインタヴュー!

camellia石渡×それでも世界が続くなら篠塚の対談を開催!

camellia石渡×それでも世界が続くなら篠塚の対談を開催!

湯川潮音、3年ぶりのニュー・アルバム『濡れない音符』リリース&インタヴュー

湯川潮音、3年ぶりのニュー・アルバム『濡れない音符』リリース&インタヴュー

曽我部恵一、2年半ぶりのニュー・アルバム『超越的漫画』をリリース!! レヴュー&インタヴュー

曽我部恵一、2年半ぶりのニュー・アルバム『超越的漫画』をリリース!! レヴュー&インタヴュー

THE ANDS、一年ぶりのニュー・シングルをHQDでリリース

THE ANDS、一年ぶりのニュー・シングルをHQDでリリース

或る感覚のトリプルA面ニュー・シングルを先行フル試聴!!

或る感覚のトリプルA面ニュー・シングルを先行フル試聴!!

ランタンパレード、ニュー・アルバムと7インチ・シングルを同時配信開始&インタビュー

ランタンパレード、ニュー・アルバムと7インチ・シングルを同時配信開始&インタビュー

Neat's × OTOTOY『Bedroom Orchestra』第3弾リリース!!

Neat's × OTOTOY『Bedroom Orchestra』第3弾リリース!!

LIVE REPORT FUJI ROCK FESTIVAL '13 @新潟県 湯沢町 苗場スキー場

LIVE REPORT FUJI ROCK FESTIVAL '13 @新潟県 湯沢町 苗場スキー場

SEBASTIAN X 2ndフル・アルバム『POWER OF NOISE』リリース記念! 楽器隊3人に訊く「永原真夏」とは?

SEBASTIAN X 2ndフル・アルバム『POWER OF NOISE』リリース記念! 楽器隊3人に訊く「永原真夏」とは?

N.Y&Bicycle、真夏のドライヴにピッタリなミニ・アルバム『DANCE & BICYCLE』をリリース!!

N.Y&Bicycle、真夏のドライヴにピッタリなミニ・アルバム『DANCE & BICYCLE』をリリース!!

FUJI ROCK FESTIVAL '13開催目前! フジロックから広げる洋楽入門

FUJI ROCK FESTIVAL '13開催目前! フジロックから広げる洋楽入門

Neat's × OTOTOY『Bedroom Orchestra』第2弾リリース!!

Neat's × OTOTOY『Bedroom Orchestra』第2弾リリース!!

dip、4年振りの新作を2枚同時にリリース

dip、4年振りの新作を2枚同時にリリース

ホテルニュートーキョーが、4年振りの3rd アルバム『yes?』リリース&インタヴュー

ホテルニュートーキョーが、4年振りの3rd アルバム『yes?』リリース&インタヴュー

DAI『The Materialized Garden』配信開始 & インタビュー

DAI『The Materialized Garden』配信開始 & インタビュー

或る感覚のライヴ音源を期間限定フリー・ダウンロード

或る感覚のライヴ音源を期間限定フリー・ダウンロード

エリーニョ『空中ランドリー』配信開始&インタビュー

エリーニョ『空中ランドリー』配信開始&インタビュー

OHAYO MOUNTAIN ROADのファースト・アルバムを配信!

OHAYO MOUNTAIN ROADのファースト・アルバムを配信!

きのこ帝国 ファースト・フル・アルバム『eureka』インタビュー

きのこ帝国 ファースト・フル・アルバム『eureka』インタビュー

sleepy.ab『neuron』リリース記念 成山剛インタビュー

sleepy.ab『neuron』リリース記念 成山剛インタビュー

或る感覚『カウンター』先行全曲フル試聴&インタビュ―

或る感覚『カウンター』先行全曲フル試聴&インタビュ―

after the greenroom『Like a Blanket』全曲フル試聴開始

after the greenroom『Like a Blanket』全曲フル試聴開始

Rie fu、新名義での2年半ぶりの新作が完成 Rie fu & the fu『BIGGER PICTURE』

Rie fu、新名義での2年半ぶりの新作が完成 Rie fu & the fu『BIGGER PICTURE』

PLAGUES『CLOUD CUTTER』インタビュ―

PLAGUES『CLOUD CUTTER』インタビュ―

小島ケイタニーラブ、1stソロ・アルバム『小島敬太』をHQDで!!

小島ケイタニーラブ、1stソロ・アルバム『小島敬太』をHQDで!!

男女混合4人組バンド・herpianoが、5年ぶりの新作『ourseason』をリリース

男女混合4人組バンド・herpianoが、5年ぶりの新作『ourseason』をリリース

LIVE REPORT『 2012年9月26日 GRAPEVINE 15th ANNIVERSARY LIVE@渋谷・NHKホール』

LIVE REPORT『 2012年9月26日 GRAPEVINE 15th ANNIVERSARY LIVE@渋谷・NHKホール』

3ヶ月連続企画 CAPTAIN HAUS RECORDINGS特集 第三弾 kuhインタビュー

3ヶ月連続企画 CAPTAIN HAUS RECORDINGS特集 第三弾 kuhインタビュー

ototoy×disk union 「NEW SENSATION」第6弾 ミツメ

ototoy×disk union 「NEW SENSATION」第6弾 ミツメ

ミツメ『mitsume』インタビュー

ミツメ『mitsume』インタビュー

あっぱ『MANTRA』リリース記念インタビュー

あっぱ『MANTRA』リリース記念インタビュー

Brilliant at Breakfast来日記念インタビュー

Brilliant at Breakfast来日記念インタビュー

カイモクジショウ『発声・源』1曲フリー・ダウンロード!!

カイモクジショウ『発声・源』1曲フリー・ダウンロード!!

伊集院幸希『This Is My Story 憐情のメロディ』インタビュー&配信開始

伊集院幸希『This Is My Story 憐情のメロディ』インタビュー&配信開始

Bloc Party『Four』4年振りの新作配信開始!

Bloc Party『Four』4年振りの新作配信開始!

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.35 - 祝・メジャー・デビュー『PPCC』BiS全力特集

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.35 - 祝・メジャー・デビュー『PPCC』BiS全力特集

活動15周年を迎えるGRAPEVINEの過去作14アルバムのレビュー

活動15周年を迎えるGRAPEVINEの過去作14アルバムのレビュー

タラチネ『ビューティフル・ストーリーズ』発売記念インタビュー

タラチネ『ビューティフル・ストーリーズ』発売記念インタビュー

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.34 - メジャー・デビュー直前!! 渡辺淳之介  インタビュー  -

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.34 - メジャー・デビュー直前!! 渡辺淳之介 インタビュー -

ハグレヤギ デビューEP先行販売&フリー・ダウンロード開始 山脇鉱資 INTERVIEW

ハグレヤギ デビューEP先行販売&フリー・ダウンロード開始 山脇鉱資 INTERVIEW

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.32 - メジャー・デビュー直前!! プー・ルイ  インタビュー  -

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.32 - メジャー・デビュー直前!! プー・ルイ インタビュー -

世武裕子『アデュー 世界戦争』

世武裕子『アデュー 世界戦争』

7月11日@渋谷WWWにて、虚弱。ワンマン・ライヴ開催!

7月11日@渋谷WWWにて、虚弱。ワンマン・ライヴ開催!

acari『陽がよく当たる』先行配信&フリー・ダウンロード

acari『陽がよく当たる』先行配信&フリー・ダウンロード

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.31 - 新メンバー・ワッキー&ミッチェル  インタビュー  -

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.31 - 新メンバー・ワッキー&ミッチェル インタビュー -

Tam Tam×HAKASE-SUNスペシャル鼎談!! Tam Tam『meteorite』リリース

Tam Tam×HAKASE-SUNスペシャル鼎談!! Tam Tam『meteorite』リリース

MAYA『Bluesy Maya in Hi-Fi』インタビュー

MAYA『Bluesy Maya in Hi-Fi』インタビュー

Anrietta『Memoraphonica』1曲先行フリー・ダウンロード開始&インタビュー

Anrietta『Memoraphonica』1曲先行フリー・ダウンロード開始&インタビュー

PoPoyans『ZOO』インタビュー

PoPoyans『ZOO』インタビュー

Turntable Films 『Yellow Yesterday』配信開始&井上陽介インタビュー

Turntable Films 『Yellow Yesterday』配信開始&井上陽介インタビュー

Doit Science『Information』

Doit Science『Information』

SEBASTIAN X 2ndアルバム『僕らのファンタジー』インタビュー

SEBASTIAN X 2ndアルバム『僕らのファンタジー』インタビュー

ドット・アリソン『Room 7 1/2』

ドット・アリソン『Room 7 1/2』

halos

halos

wyolica『僕は忘れない』インタビュー 

wyolica『僕は忘れない』インタビュー 

nhhmbase

nhhmbase

Clean Of Core『Spectacle』

Clean Of Core『Spectacle』

Limited Express(has gone?)  「ナイチンゲール」 高音質で独占配信 レビュー

Limited Express(has gone?) 「ナイチンゲール」 高音質で独占配信 レビュー

森ゆに『夏は来る』 インタビュー

森ゆに『夏は来る』 インタビュー

クラムボン NEUTRAL NATION '09@新木場 STUDIO COAST ライブ・レポ

クラムボン NEUTRAL NATION '09@新木場 STUDIO COAST ライブ・レポ

ゆーきゃん「サイダー」レビュー

ゆーきゃん「サイダー」レビュー

sgt.「銀河の車窓から-reprise-」 レビュー

sgt.「銀河の車窓から-reprise-」 レビュー

moools ライヴ音源リリース企画 酒井泰明のちょっといいとこ見てみたい Vol.3

moools ライヴ音源リリース企画 酒井泰明のちょっといいとこ見てみたい Vol.3

松倉如子『パンパラハラッパ』

松倉如子『パンパラハラッパ』

YOMOYA『Yoi Toy』

YOMOYA『Yoi Toy』

moools ライヴ音源リリース企画 酒井泰明のちょっといいとこ見てみたい Vol.2

moools ライヴ音源リリース企画 酒井泰明のちょっといいとこ見てみたい Vol.2

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.30 - テラシマユフ・インタビュー  -

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.30 - テラシマユフ・インタビュー -

nemlino先行配信開始&フリー・ダウンロード開始

nemlino先行配信開始&フリー・ダウンロード開始

John John Festival 『歌とチューン』配信開始!!

John John Festival 『歌とチューン』配信開始!!

tamamix『u・ku・lu』DSD販売開始 インタビュー&フリーダウンロード

tamamix『u・ku・lu』DSD販売開始 インタビュー&フリーダウンロード

Ryo Hamamoto & The Wetland『Ryo Hamamoto & The Wetland』インタビュー

Ryo Hamamoto & The Wetland『Ryo Hamamoto & The Wetland』インタビュー

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.29 - ヒラノノゾミ・インタビュー 新企画暴進中! -

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.29 - ヒラノノゾミ・インタビュー 新企画暴進中! -

notice it先行配信開始&フリーダウンロード

notice it先行配信開始&フリーダウンロード

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.28 - プー・ルイ インタヴュー「理想のリーダー像とは」連続企画スタート! -

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.28 - プー・ルイ インタヴュー「理想のリーダー像とは」連続企画スタート! -

青葉市子『うたびこ』先行販売&インタビュー

青葉市子『うたびこ』先行販売&インタビュー

tengal6 『まちがう』から先行フリー・ダウンロード開始。

tengal6 『まちがう』から先行フリー・ダウンロード開始。

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.27 - 満員御礼! BiSリキッドルーム・ワンマン・ライヴ! -

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.27 - 満員御礼! BiSリキッドルーム・ワンマン・ライヴ! -

GRAPEVINE×plenty ライヴレポート

GRAPEVINE×plenty ライヴレポート

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.26 - ついにBiSが恵比寿リキッドルームまで! 覚悟のメンバーインタビュー! -

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.26 - ついにBiSが恵比寿リキッドルームまで! 覚悟のメンバーインタビュー! -

camellia音源フリー・ダウンロード配信開始!

camellia音源フリー・ダウンロード配信開始!

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.25 - テラシマユフインタビュー! 優等生の葛藤- -

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.25 - テラシマユフインタビュー! 優等生の葛藤- -

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.24 - BiSタワーレコード限定シングル発売! -

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.24 - BiSタワーレコード限定シングル発売! -

Azumiのソロ作『ぴあのとあずみ』配信開始!

Azumiのソロ作『ぴあのとあずみ』配信開始!

雨ニモ負ケズ『不撓ノ一奏』先行フリー・ダウンロード開始!

雨ニモ負ケズ『不撓ノ一奏』先行フリー・ダウンロード開始!

チャン・ギハと顔たち インタビュー

チャン・ギハと顔たち インタビュー

TELEKOV×CONTAKE対談

TELEKOV×CONTAKE対談

8.15 世界同時多発フェスティバルFUKUSHIMA! 遠藤ミチロウ(ザ・スターリン246)インタビュー

8.15 世界同時多発フェスティバルFUKUSHIMA! 遠藤ミチロウ(ザ・スターリン246)インタビュー

SEBASTIAN X『FUTURES』リリース記念 永原真夏×ヌケメ対談

SEBASTIAN X『FUTURES』リリース記念 永原真夏×ヌケメ対談

THE ANDS『ONE』

THE ANDS『ONE』

LIVE REPORT 2011/08/15 世界同時多発フェスティバルFUKUSHIMA!

LIVE REPORT 2011/08/15 世界同時多発フェスティバルFUKUSHIMA!

GRAPEVINE × OTOTOY presents「LIVE DVD GRAPEVINE tour 2011 Audio Tracks」田中和将×大関泰幸インタビュー

GRAPEVINE × OTOTOY presents「LIVE DVD GRAPEVINE tour 2011 Audio Tracks」田中和将×大関泰幸インタビュー

ATARI TEENAGE RIOT アレック・エンパイア インタビュー

ATARI TEENAGE RIOT アレック・エンパイア インタビュー

sgt.インタビュー

sgt.インタビュー

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.21 - 渋谷WWW『BiSフェス!』レポート!! -

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.21 - 渋谷WWW『BiSフェス!』レポート!! -

LIVE REPORT 2011/07/29-31 FUJIROCK FESTIVAL'11

LIVE REPORT 2011/07/29-31 FUJIROCK FESTIVAL'11

六畳人間『2060』配信開始&インタビュー!

六畳人間『2060』配信開始&インタビュー!

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.20 - WWW目前!プー・ルイは何を思い何考えてきたのか。プー・ルイ、インタビュー -

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.20 - WWW目前!プー・ルイは何を思い何考えてきたのか。プー・ルイ、インタビュー -

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.19 - WWW『BiSフェス!』に向けて突き進め! -

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.19 - WWW『BiSフェス!』に向けて突き進め! -

FUJIROCK FESTIVAL'11特集 渡辺裕也×滝沢時朗対談

FUJIROCK FESTIVAL'11特集 渡辺裕也×滝沢時朗対談

エリーニョ×石川ユウイチ(ANIMA)×高橋ケ無(SOUR)の即興音源がOTOTOYで先行配信!

エリーニョ×石川ユウイチ(ANIMA)×高橋ケ無(SOUR)の即興音源がOTOTOYで先行配信!

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.15 - BiS×tengal6のコラボ楽曲が独占フリー・ダウンロード開始! -

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.15 - BiS×tengal6のコラボ楽曲が独占フリー・ダウンロード開始! -

BACK DROP BOMB『Coming re:Action』

BACK DROP BOMB『Coming re:Action』

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.12 - アイドル・グループ構成員増殖計画セカンド・シーズン突入!! -

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.12 - アイドル・グループ構成員増殖計画セカンド・シーズン突入!! -

APARTMENT『Apartopology』インタビュー

APARTMENT『Apartopology』インタビュー

Radiohead『The King of limbs』配信開始 & 渡辺裕也レビュー

Radiohead『The King of limbs』配信開始 & 渡辺裕也レビュー

虚弱。『donguribouya』リリース!Kilk Recordsレーベル・サンプラーのフリー・ダウンロード

虚弱。『donguribouya』リリース!Kilk Recordsレーベル・サンプラーのフリー・ダウンロード

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.10 - 3月23日発売のBiS初のフル・アルバムから「BiS」をフリー・ダウンロード開始! -

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.10 - 3月23日発売のBiS初のフル・アルバムから「BiS」をフリー・ダウンロード開始! -

sakana『campolano』インタビュー

sakana『campolano』インタビュー

SEBASTIAN X配信限定シングル「光のたてがみ」インタビュー

SEBASTIAN X配信限定シングル「光のたてがみ」インタビュー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

folk enough ニュー・アルバム『DISCO TAPE』より先行でフリー・ダウンロード

folk enough ニュー・アルバム『DISCO TAPE』より先行でフリー・ダウンロード

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.8 - 初レコーディング作品「太陽のじゅもん」先行配信開始! -

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.8 - 初レコーディング作品「太陽のじゅもん」先行配信開始! -

半澤則吉『ネコはどうせかわいいんだ』

半澤則吉『ネコはどうせかわいいんだ』

kilk records特集!!  Aureole & Sundelay配信開始

kilk records特集!! Aureole & Sundelay配信開始

folk enough ニュー・アルバム『DISCO TAPE』より先行でフリー・ダウンロード

folk enough ニュー・アルバム『DISCO TAPE』より先行でフリー・ダウンロード

直枝政広&曽我部恵一『流星』インタビュー

直枝政広&曽我部恵一『流星』インタビュー

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.6 - 初お披露目。そして、グループ名は? -

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.6 - 初お披露目。そして、グループ名は? -

青葉市子 3週連続新曲リリース第3弾「日時計」HQD配信開始&インタビュー後編

青葉市子 3週連続新曲リリース第3弾「日時計」HQD配信開始&インタビュー後編

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.5 - メンバー全員決定 -

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.5 - メンバー全員決定 -

青葉市子 3週連続新曲リリース第1弾「パッチワーク」フリー配信

青葉市子 3週連続新曲リリース第1弾「パッチワーク」フリー配信

LIVE REPORT チャン・ギハと顔たち@渋谷 WWW

LIVE REPORT チャン・ギハと顔たち@渋谷 WWW

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.4 - ヨコヤマリナ編 -

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.4 - ヨコヤマリナ編 -

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.3 - ナカヤマユキコ編 -

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.3 - ナカヤマユキコ編 -

青葉市子 3週連続新曲リリース第2弾「レースのむこう」HQD配信開始&インタビュー

青葉市子 3週連続新曲リリース第2弾「レースのむこう」HQD配信開始&インタビュー

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.2 - オーディション -

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.2 - オーディション -

MOROHA 『MOROHA』インタビュー&配信開始!

MOROHA 『MOROHA』インタビュー&配信開始!

ANTONY & THE JOHNSONS 『Swanlights』』レビュー

ANTONY & THE JOHNSONS 『Swanlights』』レビュー

ふくろうず『ごめんね』レビュー

ふくろうず『ごめんね』レビュー

アイドル・グループ・プー・ルイを結成する前代未聞のプロジェクトがついにスタート!

アイドル・グループ・プー・ルイを結成する前代未聞のプロジェクトがついにスタート!

PLAGUES全曲新録ベスト・アルバムを高音質HQD配信&深沼元昭インタビュー!

PLAGUES全曲新録ベスト・アルバムを高音質HQD配信&深沼元昭インタビュー!

FUJI ROCK FESTIVAL 2010 渾身のライヴ・レポートをアップしました!

FUJI ROCK FESTIVAL 2010 渾身のライヴ・レポートをアップしました!

渡辺裕也×木村直大 ポストロック対談 —現場で感じるポスト・ロックの「今」—

渡辺裕也×木村直大 ポストロック対談 —現場で感じるポスト・ロックの「今」—

FUJI ROCK FESTIVAL'10 「マニアックに行こうぜ! 」

FUJI ROCK FESTIVAL'10 「マニアックに行こうぜ! 」

曽我部恵一「サマー・シンフォニー」高音質でフリー・ダウンロード&インタビュー(後編)

曽我部恵一「サマー・シンフォニー」高音質でフリー・ダウンロード&インタビュー(後編)

曽我部恵一「サマー・シンフォニー」高音質でフリー・ダウンロード&インタビュー

曽我部恵一「サマー・シンフォニー」高音質でフリー・ダウンロード&インタビュー

ホテルニュートーキョー『トーキョーアブストラクト スケーター ep』インタビュー

ホテルニュートーキョー『トーキョーアブストラクト スケーター ep』インタビュー

unkie『Plug it!』@渋谷チェルシー・ホテル

unkie『Plug it!』@渋谷チェルシー・ホテル

扇谷一穂『たくさんのまばたき』リミックスver.配信開始&インタビュー

扇谷一穂『たくさんのまばたき』リミックスver.配信開始&インタビュー

小谷美紗子『ことの は』先行配信開始&インタビュー

小谷美紗子『ことの は』先行配信開始&インタビュー

トクマルシューゴ『Port Entropy』インタビュー

トクマルシューゴ『Port Entropy』インタビュー

ハッキヨイ! わたナベくん!

ハッキヨイ! わたナベくん!

unkie新曲「But Still Beginning」発売記念 12時間限定フリー・ダウンロード & インタビュー

unkie新曲「But Still Beginning」発売記念 12時間限定フリー・ダウンロード & インタビュー

unkie「But Still Beginning」

unkie「But Still Beginning」

クレイジー・フォーク・バンド 有明け『ライディングマン』

クレイジー・フォーク・バンド 有明け『ライディングマン』

関西の吟遊詩人 オガサワラヒロユキ『HAKUCHIZ』

関西の吟遊詩人 オガサワラヒロユキ『HAKUCHIZ』

ハッキヨイ! わたナベくん!VOL.1 DJ 敷島(谷川親方) インタビュー

ハッキヨイ! わたナベくん!VOL.1 DJ 敷島(谷川親方) インタビュー

moools『Weather Sketch Modified』先行で販売開始 インタビュー

moools『Weather Sketch Modified』先行で販売開始 インタビュー

CONVEX LEVEL 10年ぶりの新作『New Moon 1st Contact』よりフリー・ダウンロード

CONVEX LEVEL 10年ぶりの新作『New Moon 1st Contact』よりフリー・ダウンロード

LIVE REPORT ジョアンナ・ニューサム@代官山UNIT

LIVE REPORT ジョアンナ・ニューサム@代官山UNIT

SuiseiNoboAz『SuiseiNoboAz』インタビュー

SuiseiNoboAz『SuiseiNoboAz』インタビュー

bonobos「夕景スケープ」高音質で先行配信 レビュー

bonobos「夕景スケープ」高音質で先行配信 レビュー

HQD高音質ライヴ音源 LITE、Adebisi Shank、tera melos

HQD高音質ライヴ音源 LITE、Adebisi Shank、tera melos

toe『For Long Tomorrow』高音質HQD配信 インタビュー

toe『For Long Tomorrow』高音質HQD配信 インタビュー

カーネーション「さみだれ」高音質で先行配信 インタビュー

カーネーション「さみだれ」高音質で先行配信 インタビュー

ASA『Live in Paris』

ASA『Live in Paris』

マイア・バルー、フリー・ダウンロード「生きる」&HQD配信「ongaku」レビュー

マイア・バルー、フリー・ダウンロード「生きる」&HQD配信「ongaku」レビュー

SEBASTIAN X『ワンダフル・ワールド』 インタビュー

SEBASTIAN X『ワンダフル・ワールド』 インタビュー

イベント・レポート「ボロフェスタ'09」

イベント・レポート「ボロフェスタ'09」

廃校フェスレポート

廃校フェスレポート

TOP